RECORD BOY

Wild Rags Records!!!



今年の正月に売り出して大好評だった、Wild Rags RecordsのデッドストックCDが、数は多くないですがまた各種入荷しました!!!BLASPHEMYの1stアルバムなどで知られる伝説のUSカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Ragsですが、リリースするフォーマットがCDに移行してからの90年代は、初期作品のハードコアなスラッシュ/デスメタルとはちょっとイメージが変わって、オブスキュアなカルト・ドゥームの秀作が多かったことが徐々にわかってきています。今回入荷したのは、いずれもドゥーム・デス系の知られざる名作で、前回入荷したもので反響の大きかったドゥーム・デス系も少し再入荷してます。しかし一番値段の高いFUNERALのCDは今回の分が本当にラストストックだと言われましたので、前回躊躇して逃した人は、ぜひこの機会に押さえてください。



今回も未開封品はケース割れがあっても開封して新品ケースに交換などはせず、そのまま販売致します。ご理解ください。上の Wild Rags Recordsロゴ画像をクリックするとWild Rags商品一覧にリンクするようにしましたので、ぜひチェックしてみてください!



そして今回もWild Ragsデッドストック品(アナログ盤でもOKです)をお買い上げの方に先着で、BLASPHEMYステッカーをお付けします!!!Wild Rags Recordsは当時LAにショップを持っていたので、そこで販売していたモノだと思います。デザインは指定はできませんのでご了承ください。





* BLASPHEMYステッカーは終了しました。







Rockin' Bangers!!



・STUDFAUST - Half Human, Half Dynamite / 1980's Ladies 7" ¥900 (Soulseller)



再入荷お待たせしました!!ゴミみたいなお子様向けメタルパンク・バンドや、メタル・トレンドに便乗する業界関係者をあざ笑うかのような、本物のパンク・メタルヘッズがノルウェーで動き出した!!!ジャケからして極悪で激渋なオーラをガンガンに放ってるから、カート掲載前から店頭でけっこうな枚数売れちゃってます。レコードを手に取って裏ジャケ見ると、いかにも悪そうなメタルヘッズと、白髪交じりのオジサン2人が、ビール片手にガンベルトくわえてます。長髪の方は、OLD FUNERALのギターで、90年代後期にはENSLAVEDやGORGORTHメンバーとドランク・サタニック・アホ・スラッシュメタル DESEKRATORもやってたTore氏!!DESEKRATORはサイコーだったけど、当時売り切るのにホントに苦労した、当店では懐かしくも愛おしいバンドです。そしてGRAVE DESECRATORのTシャツ着てドラムを叩く、初老と言ってもおかしくないこの人、Varg Vikernesと並んで初期ブラックメタル・シーンに於いて重大な事件を起こした、あのBard "Faust" Eithun氏です!!!



革ジャンにガンベルトとウェスタン・ブーツ、ビール瓶にはMOTORHEADのラベルで、Faust氏のドラムのバックにはKISSのポスター。これらのアイテムがSTUDFAUSTのサウンドを的確に表しています。プレ・スラッシュな疾走感よりも、MOTORHEADのR&Rルーツに狙いを定めたブギー調のA面ナンバーは、ゴキゲンにキャッチーだけどワイルドさがやはり並みじゃありません。B面ナンバーはウルトラ・キャッチーなナンバーですが、筋金入りの鋼鉄ミュージシャンらしいアグレッシブな演奏のおかげで、KISSから北欧に受け継がれたスリージーなR&Rと言うより、初期TWISTED SISTER的な、骨太なワイルドさとポップな感覚の融合に近い気がします。



ノルウェー・ブラックメタル・シーンの中で最も高いミュージシャン・シップと壮絶なパワーを備えていたドラマーの一人だったFaust氏に対する印象を、例の事件やEMPEROR時代のイメージで留まってる人にとっては、このSTUDFAUSTのサウンドは驚きでしょう。Slayer MagazineではPOISON IDEAもお気に入りで挙げていたFaust氏と、素晴らしいロックンロールVo.を聴かせるTore氏の、2人の幅広い音楽性がうかがえる必聴大注目のデビュー作です!!







・IMPERIAL STATE ELECTRIC - I Ain't Gonna Be History 7" RED VINYL ¥1200 (Onslaught of Steel)



ニッケ・マニアな方が果たして当店のページをチェックしてるか疑問ですが、たぶんこのEPは日本にほとんど入ってませんから、ニッケの追っかけさんは、さぁ飛びついてください。NIHILIST, ENTOMBED, DEATH BREATH, the HELLACOPTERSなどでおなじみの Nicke Andersson氏が最近やってるR&Rバンド IMPERIAL STATE ELECTRICの、Onslaught of Steel Recordsからリリースした限定EP!!



このバンドはアルバムもリリースしてて、日本盤CDも出てます。Nicke氏がthe HELLACOPTERSで表現していたR&Rのルーツを探究したようなスタイルで、チャック・ベリー・フレーズをキメまくるA面のR&Rナンバーも、そして哀愁を帯びたロック・ナンバーのB面も、どちらも実にNicke氏らしさに満ちてると思います。今年2ndアルバムを発表しましたが、このEPはシングルカットなどではなくどちらも未発表曲!!



ltd.500枚の1stプレスはプレ・オーダーで完売だそうで、2ndプレスのうちのltd.250枚レッドビニールでの入荷です。ちなみにこのバンド、オランダのデスメタル・レーベル Soulseller Recordsからも昨年EPを発表してて、ちょっと聴いてみたいからオーダーしてみようかな~、などと悠長に問い合わせた頃には、既に完売してました。







・STALLION - Violate the Night CD ¥1200 (Onslaught of Steel)



USナッシュビルのR&Rバンドで、"アクション・ロックンロール"などとも呼ばれる、the HELLACOPTERSやTURBONEGROに代表される北欧のガレージR&Rスタイルのバンドです。ここらへんは全然詳しくありませんが、SUPERCHRIST近辺バンドのリリースで最近注目度が高まってる、Onslaught of Steel Recordsからのリリースということで少し入れてみました。あと、やっぱりそうかと気づいたんですが、このOnslaught of Steel RecordsはZUULのメンバーがやってるみたいです。



テネシーのバンドらしい泥臭いフレーズで組み立てたワイルドなスリージーR&Rに、ちょっと陰りのあるメロディーやポップなメロディーをふんだんに盛り込んで、北欧の湿り気は無いけど、初期のIRON LAMBが違和感なく聴けてた人などには問題ないでしょうし、へヴィメタルではありませんが、ナスティー系ハードロック・ファンも問題なくイケると思います。ただ、きらびやかな華やかさ皆無の、巨漢, ヒゲ, 刺青なワイルドさなので、グラム系のモテ要素はありませんが。でもそこが、ZUULなどのイリノイ・ハードロック・メタル連中もシンパシーを感じたのでしょう。







・TOTAL TERROR - S/T CD ¥1400 (Vic)



こんなスウェディッシュ・デスメタル・クラストコア・プロジェクトがあったなんて、全然知らなかった!!EDGE OF SANITYメンバーの3人がやってたバンドで、Andreas Axelsson (現TORMENTED Vo.), Benny Larsson (ex.PAN.THY.MONIUM, ex.OPHTHALAMIA, etc), そしてDan Swanoもいます!!94年に録音してた音源のようです。



リラックスしてやってるのが伝わってきますがファニーなスラッシュじゃなく、当時のパンク・スラッシュのエクストリームなスタイルを貪欲に吸収したような感じです。スウェディッシュ・クラストを基盤にしたオールドスクール・スラッシュで、ブルータル且つロッキンな爆走っぷりはGENOCIDE SSっぽく、"Mangel"なんて曲もあるように、スピードコア調のナンバーは当時のパワーバイオレンスやKRIGSHOTを思わせます。スウェデス・ミュージシャンらしい硬質なサウンドとタイトな演奏はさすがです。Andreas Axelssonの参加は納得だけど、Dan Swanoがこういうのやってたとは驚き。Mieszko氏亡き今、Dan Swanoにこそ GENOCIDE SSやKRIGSHOTみたいな、こういうハードコアをまたやってほしいです。痛快に暴走する全27曲!!

Death Cult from the Graves!!



・SARCOFAGO - Decade of Decay DIGIPACK CD ¥1900 (Cogumelo)



冒涜精神を全面に打ち出し、後のブラックメタルのステレオタイプをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させた伝説のブラジリアン・カルト・サタニック・デスラッシュメタル SARCOFAGOの、95年にCogumeloからリリースされた唯一の幻オフィシャル・ベスト盤CDがデジパックで再発!!



86年1stデモから94年のHateアルバムまで (The WorstアルバムとCrust EPはこのベスト盤リリース後の作品なので、ここには未収録) バランスよく抜粋した全20曲で、イントロ的なインストゥルメンタル・ナンバーですが、1曲目の The Lost of InnocenceはこのCDでしか聴けない未発表曲!!しかしSARCOFAGOファンにとって嬉しいのは、なんと言ってもこのパッケージとミニポスター状のインナーでしょう!!







・VULCANO - Five Skulls and One Chalice DIGIPACK CD ¥1800 (Cogumelo)



恥ずかしながら今頃気づいたけど、VULCANOはどれもカッコいい!!と、先日ストックホルムで行われた、VULCANO vs NIFELHEIMという盟友対決ライブ (奇しくも東京でTERROR SQUADとSABBATの2マンが行われた2012年4月29日) のニュースを知って、今さらながら実感しています。思えばハズレな作品は一つもないし、特に復活後、2000年代に入ってからの油の乗り具合は、初期の崩壊デスラッシュ時代と異質のギラツキで、2004年 Tales from the Black Bookアルバムや、2006年Split w/ NIFELHEIMあたりの作品が一番好き、という人も多いかと思います。



ブラジリアン・デスラッシャー VULCANOの、Split w/ NIFELHEIMの次に発表された2009年アルバム。ここ数年、Cogumelo商品の入荷に苦労してたのを口実に、この作品は当店未入荷でした。デジパックです。このアルバムでもVULCANO節は全開!!SLAYERの影響が強いリフを、南米特有の目の粗いジャキジャキな切れ味で叩き出し、初期の崩壊デスラッシュ時代から備えていた、へヴィメタルの熱血メロディーとドカドカな爆裂さをミックスさせています!!







・VADER - Reborn in Chaos CD ¥1900 (Hammerheart)



ここ最近、何かと話題のキングス・オブ・ポリッシュ・デスメタル VADERのデモ・アルバムがHammerheartから再発!!89年Necrolustと90年Morbid Reichのデモ2種に、ボーナスでPOSSESSEDとMORBID ANGELのカバーもプラス。



今年のNuclear War Now!フェスティバルの参加バンドが発表されたとき、なぜかこのVADERの名前も含まれていて、しかもバンド名の後に (Performing only Necrolust and Morbid Reich material) という信じられない追記があって、世界中のデスメタラーを驚かせました。結局、初期デモの曲だけしか演奏しないなどという事はやっぱり実現不可能で、VADERの出演はキャンセルとなりましたが、しかしNWN!オーナーが「デモの曲以外はやらないで欲しい」とムチャクチャなオファーをする気もわかる、このデモ時代のロウ・ノイジー・デスラッシュ・サウンドは本当にカッコいい!!SLAYER, POSSESSED系統のプレ・デスメタルなスラッシュ・リフをノイジー且つ高速にしたようなデスラッシュ・サウンドは、MERCILESSやSADUSなどのアーリー・デスラッシュ好きなら絶対に必聴デス!!







・A CANOROUS QUINTET - Reflections of the Mirror 7" ¥1200 (Temple of Darkness)



初期作品がThe Cryptからアナログ化再発されてたスウェディッシュ・デスメタルの、94年~95年にリハーサルでしか演奏してなかった幻の未発表曲を再録した2曲入りEP!!MERCILESSの1stを再発してた、あまり流通のよくないスペインのTemple of Darknessからのリリースで、限定500枚です。



メロディックなリフとリードギターを柱にした北欧叙情デスメタルで、終始ドラマチック&アグレッシブに突き進み、パートによってはブラックメタル的なメランコリーも感じさせます。目まぐるしい場面展開も、常に切ない旋律で構成されていて、美しくも激しい北欧デス/ブラックの醍醐味が満喫できます。再発された初期音源では、メロディックな展開をまとめきれない強引な荒削りさがカルトな魅力だったわけですが、このEPはAT THE GATESやFORBOWLなどの北欧叙情デスメタル・ファンならば是非聴いてほしい素晴らしい内容です!!
04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR