RECORD BOY

Me Saco Un Ojo New Releases!!

* 毎度お待たせしてすみません、Me Saco Un Ojo Records新作4種の日本流通バージョンが到着しました!!







・GOREPHILIA - Ascend to Chaos MLP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



Dark Descent RecordsからのCDバージョンが以前入荷して、真性北欧デス・マニアをうならせた傑作1stミニアルバムが、Me Saco Un Ojoからアナログ化!!日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のburgundy vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



Me Saco Un Ojoがライセンス・リリースした2ndデモで一気に脚光を浴びた、SWALLOWEDメンバーも参加のフィンランド・デスメタル。SWALLOWEDメンバーが絡んでくるバンドはどのバンドも一見地味ながらサウンドはかなり個性的ですが、このGOREPHILIAもダイハードなフィンデス崇拝者をノックアウトする、正式1stリリースらしからぬ渋さに満ちています。デモを聴いた時はやはりこのバンドもINCANTATION系ダークネスを強めたフィンランド・デス一派の印象を抱いたけど、この音はやはり正統的フィンデスではないでしょうか。DEMIGODやCONVULSEなどに代表される、病的に偏屈なデスメタルを淡々と地下室で演奏しているようなスタイルは、北欧メタル諸国の中でもすさんだ若者が多かったとされるフィンランドならではデスメタルを踏襲しています。そこにこのバンドは、SADISTIC INTENTやMORBID ANGELなどのテクニカルなフレーズの応酬と攻撃性を両立したアグレッションも時折プラスして、より個性的なオールドスクール・デスメタル・サウンドを既に確立しています。これは安易にオールドスクール・デスメタル・ファン全員にオススメ!などとは言えません。しかしフィンランド・デスメタルの病魔にとりつかれたデス野郎は聴きまくってください!!







・MORBUS CHRON - Sleepers In The Rift LP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



デモと1st EPに続いて大きな反響を呼んだスウェディッシュ・デスメタル期待の若手 MORBUS CHRONの傑作1stアルバムが、Me Saco Un Ojoからアナログ化!!スウェディッシュ・デスメタル界が生んだスター Nicke Andersson氏がロゴをデザインし、デモもNicke氏の全面バックアップで制作されてたこともあって、MIASMALと並んでアルバム発表前から既に人気が上昇していました。プロデュースとレコーディングは今回もNicke氏が担当してます。日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のwhite vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



デモとEPを聴いた時の印象は、ENTOMBED直伝のオールドスクール・デスメタルといった印象でしたが、このアルバムは金の卵的優等生デスメタルなイメージを払拭するかのような、非常に個性的で聴き応えのある作品に仕上がっています。いきなり危険な事言いますが、ノリやすいデスメタルのMIASMALほど日本じゃ人気は出ないでしょう。しかし過去作品のデモとEPより数倍カッコいいデス!!!EPでやってた曲も再録してるんですが、以前から備えていた不穏音階でスロウダウンするパートが全体的に増強していまして、のっけからグルーミーなデスメタル・ワールドが大爆発。しかもスウェデス的不穏音階だけじゃなく、BLACK SABBATHよりBLACK FLAGに近い狂気に満ちたグルーム・パートも次から次へと繰り出してきて、かなりAUTOPSY系の方向に深化してきました。まるでMASTERがAUTOPSYの鈍走デスメタル・チューンを演奏してるような4曲目のように(この曲、モーレツにカッコいい!!!)、荒々しいアグレッシブなデスメタルを通過した不穏デスメタルですし、王道スウェデスのジャリジャリ・タッチを敢えて?避けたようなサウンドは、USデスメタル的なダイナミズムを感じさせて、効果バツグンだと思います。ワウを効かせたリードからBLACK FLAG的神経質音階へと流れるアシッドなギター・ワークを聴かせ、そしてドカドカの疾走デスメタル・パートへと展開するところなんかゾクゾクするカッコよさです!!真性オールドスクール・デスメタラーにぜひ聴いてほしい有望株!!!







・EXANTHEMA / CHRONIC DECAY - Split MLP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



93年にCDで発表された初期スウェディッシュ・デスメタルのレアSplit作品がMe Saco Un Ojoから初アナログ化!!「初期のスウェーデン特有デスメタル 初めてとなる珍しいレコート」の日本語帯が泣けてきます。おかしな日本語だけど注意して治ったら面白くないので、この調子で続けてほしいです。この辺の発掘リイシューも最近はCD再発が主流なだけに、この再発LPは初期デスメタルのアナログ・ファンは大興奮のようで、早々にレーベルでは完売しています。日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のclear vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



EXANTHEMAは王道のスウェディッシュ・スタイルのlowでグロウルなダーク・デスメタル。真っ黒い音壁で圧倒的且つグルーミーに迫る様は当時は没個性な存在だったのかも知れませんが極上のカルト臭で、GRAVEのようなスウェディッシュ・デスメタルが好きなら間違いなく必聴デス!!



未発表アルバムのLP化も大好評だったCHRONIC DECAYは、DISCHANGE/MEANWHILEメンバーなども在籍した伝説のハードコア・デスメタル。SLAYER直系のリフワークでMERCILESSにも通じる突進型スウェディッシュ・デスラッシュで暴走し、そこにハードコアなシャウトのVo.が乗っかって、ハードコア・パンクとデスメタルを両親に持つスウェディッシュ・アンダーグラウンドならではの極上ロウ・レイジング・デスラッシュが激渋カッコいい!!







・ORGANISMOS - Manejos Invisibles LP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



このバンド、私達は全く知りませんでしたが、「Me Saco Un Ojoが今度出すORGANISMOSは楽しみですね!」と、けっこう前から色々な人に言われてた、ある意味今回のMSUO入荷の中で一番の話題作です。伝説のコロンビア最古のデスラッシュ・メタル PARABELLUMメンバーがやってる現代のノイズ・デストロイ・メタル・カルトの2011年2ndアルバム!!1stアルバムCDは流通激悪で相当高い値段になりそうだったので断念し、今回はこの2nd LP(スミマセン、この2ndはCDはリリースされてないようです)に絞ってプッシュさせていただこうと思います。日本流通限定仕様の帯付きで、画像ではほとんどわかりませんが濃紺なltd.100枚のblue vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



初めて聴きましたが、これはコロンビア・カルト好きが熱狂するのも完全に納得です。サイケデリックな感じすらある暴力と原始性に満ちた衝動ノイズ・デスラッシュ・メタルで、一言で言えばPARABELLUMとBLASFEMIAが好きな人は間違いなく必聴です。あのへん特有の、ダラダラな脱力リフの垂れ流しに、BRUJERIAやボリビアのKULTO MALDITOのVo.みたいな、ちょっと南米マフィア系の緊迫感みたいなバイオレンスな空気も漂わせる呪術的Vo.が乗ります。PARABELLUMやBLASFEMIAより少し曲構成みたいなものが感じ取れるので、2011年にコレをやってると言うことは、たぶんこの人達は仮に演奏が上手かろうがヘタクソだろうが、別に欧米のデスメタルみたいなものを目指してのではなく、最初からこういう無秩序な暴力性をエクストリーム・メタルで表現したいのでしょう。ちゃんとした教育受けてる中流階級の人間が作為的にポンコツ狙ってやるのとは、当たりまえですが全くワケが違います。ヤルかヤラレルか!!そんなデンジャラスなムードが充満した極悪カルト作品デス!!

Ataque Thrash!!



・RESTOS DE TRAGIA - Radikal Evolucion LP ¥1900 (F.O.A.D.)



伝説のコロンビア・ハードコアのディスコグラフィーLPが限定300枚ブルービニールでF.O.A.D. Recordsからリリース!!コロンビア3大デタラメ・ノイズ・デスメタルのうちのPARABELLUMとBLASFEMIAでVo.やベースも担当したRamon氏が80年代後期から現在もやってるバンドで、88年1st 7"と同年2nd 7", 90年オムニバス提供曲, 未発表, 2011年Split音源, 2010年オムニバス提供曲, 2008年Split音源の全31曲。



80年代の音源はBLASFEMIAがハードコア・パンクっぽくなったような衝動全開突進ロウ・スラッシュコアで、これは南米極悪スラッシュ・パンク・ファン悶絶の凄い内容です!!崩壊するように突き進むスピードに怒りを込めて、幼稚園児レベルの演奏でブッ放した原始的雑音硬核。曲調などお構いなしに言いたいことをギュウギュウに詰め込んで怒鳴りまくってるようなVo.には圧倒されっぱなしですし、ギターソロはもはやこの世のモノとは思えない、いったいどうやったらこんな音が出せるか不思議な意味不明なモノもあります。進行するにつれて徐々に演奏も少しずつまともになりますが、ムチャクチャには変わりありません。さすがコロンビア!!カルト・ノイズ・スラッシュ・マニア必聴!!







・BLASFEMIA - Guerra Total LP COLOR VINYL ¥1900 (F.O.A.D.)



再入荷!PARABELLUMメンバーが在籍したコロンビア・デスラッシュメタルのディスコグラフィーLPです。88年発表カルト激レアMLP/88年デモ/オムニバス提供曲/88年ライブ収録の全15曲で、数年前にリリースされたCDよりも曲数が多い、恐らく完全盤に近いであろう内容。久しぶりに聴いても、いやはや凄い!!酷すぎる!!!



ファズ・ギターで刻むノイズ・サウンドによる曲は一体何を表現したいのかわからず、そして演奏レベルは小学校の鼓笛隊以下。オムニバスに提供したB面トップの曲がまだ幾分かマシな方ですが、それでもCogumelo recsあたりのバンドの足元にも及ばないノイズ・デスラッシュで、いやはや凄まじいです。完全な拷問メタルだけど、1度聴いて激怒して、そしてまたチャレンジして挫折して、さらにまた聴いてボロボロにされてみたくなる、まさしく麻薬王国コロンビアが生み出したプリミティブ・デストロイ・デスラッシュメタル・カルトの究極!!!666!!! イタリアのF.O.A.D.Recordsからのオフィシャル再発でポスター付き。コロンビア国旗カラー3色を再現した悪趣味な色合わせの限定カラー盤で、New RenaissanceやEaracheなど思わせるファクトリー・ステッカーっぽいのも付いてます。







・KRATHERION - Sermon del Heresiarca CD ¥1500 (Exhumed From the Grave)



確かHADES ARCHERと同時期に1stアルバムが入荷して大好評だったチリ産デス・ブラックメタルの、2004年1stと2005年2ndのデモ2種とリハなどを収録した17曲入りCD。ポスターも付いてます。ちょっと忘れかけてた存在だったけど、今聴いてもやっぱりこのバンドは凶劣です!!



HADES ARCHERが南米云々抜きにして上級なべスチャル・デス・ブラックを完成させているのに対し、このKRATHERIONは南米バンドの特性をフルに生かしたプリミティブ・デス・ブラックで、ギターVo.はAMMITやSENDEROS DEL MALの奴です。この時点で即座に反応してしまった人はこのバンドも絶対いっといて下さい。SENDEROS DEL MALの紹介の時も同じこと言いましたが、まるで80's南米ハードコア・パンクの鈍さにVENOM, BATHORY系イーヴィル・スラッシュ・テイストを加えたような、悪の原始人オーラ全開イーヴィル・プリミティブ・デス・ブラックが最高!!AMITが表現してるVENOMテイストにも通じるものがあって、KRATHERIONはIn League with Satanのカバーもやってますが、オリジナル・ナンバーもIn League with Satanが持つ原始的で呪術的なムードが充満してます。そこにSENDEROS DEL MALのカオスをミックスした感じでしょうか。コロンビア辺りの天然崩壊系とは異質の、南米アウトローな極悪オーラのプリミティブ・ブラック・スラッシュメタル。サイコーです!!あと、レーベルのロゴがかっこいい。







・SODOMIZER / HELLKOMMANDER - Making The Devil Work SPLIT CD ¥1400 (Morbid Tales)



メンバーがモロ被りな2バンドによる兄弟対決のようなブラジリアン・オールドスクール・スラッシュメタルSplit CD!!



SODOMIZERは2008年録音の4曲を提供。へヴィメタル寄りのイーヴィルなスラッシュメタルという基本姿勢をここでも貫いていて、楽曲はSABBATからの影響も随所に感じさせますが、王道のリフやキメを南米らしいドンくささで連発します。違いの分かる世界各国のダイハード・メタル・レーベルから各種作品を発表するバンドですが、このあまりスリルの無い、安心できるパターンの連発が、業界関係者のハートをキャッチしてるのかも知れません。



HELLKOMMANDERはHELLHAMMERウォーシップなスタイルを、やはり南米メタルらしく表現しています。ATOMIC ROARやWHIPSTRIKERにも通じるパンク下地も感じさせるバンドで、今回はちょっとBARBATOSみたいなMISFITSタイプの曲調を、HELLHAMMERパーツでやってるような曲がすごく面白いです!!ブラジルのスラッシュ・パンクメタル好きにオススメです!!







・URSUS - Hijos del Metal LP ¥1900 (F.O.A.D.)



コロンビア産スラッシュメタルの2011年2ndアルバムが限定300枚でイタリアのF.O.A.D.からアナログ化!コロンビアのバンドではありますが、カルトもののリリースが多いF.O.A.D.の中では今までで一番鋼鉄度数が高い作品だと思います。



これぞ南米!これが南米じゃなけりゃ何が南米だ!!といった感じの、スペイン語Vo.でまくしたてるVo.の正統派メタル寄りのスピードメタル。ドラマーが女性だけどなかなかパワフルな直線的且つバタバタしたドラミングがカッコ良くて、南米スラッシュ好きに心地よい爽快な疾走ナンバーを連発します。Vo.の怒鳴りっぷりも素晴らしく、この疾走感とVo.は南米ハードコア・ファンの耳にも十分アピールすることでしょう。そこにクサレ・メタル特有のメロディックなフレーズやドラマチックな展開を随所に盛り込んで、哀愁ガッツ&スラッシュな作品に仕上げています。A面ラストのナンバーが急にジャーマン・スラッシュ系の金属質スラッシュな感触になって思わず身を乗り出しそうになりましたが、初期ジャーマン・スラッシュメタルの代表的名曲 Mad Butcherのギターソロをそのまんまサビに使ってしまうという、アナーキーな展開も南米らしいです。

Late 80's UKHC!!



・MONKS OF SCIENCE / DEFAULT - Inspiration and Escalations CD ¥1800 (Boss Tuneage)



通なLate 80's UKHCファンに人気の高いノッティンガムのバンド DEFAULTが残した唯一のEPが、メンバーが後に始めたバンド MONKS OF SCIENCEとのカップリングで遂にCDで再発!!First Strike Recordsの第一弾リリースとして発表されたこの名作EPは、再発を待ち望んでいた人は多いと思います。しかしこのCDは、In Your Faceリリースの中でもトップクラスの不人気ぶりを長年不動のものとしてきたMONKS OF SCIECNCEに遂に光を当てるべくしてリリースされた再発盤ではないでしょうか。ほとんどの人が相手にしなかったMONKS OF SCIENCEは初期UKメロディック・スラッシュ・ハードコアの極上品です!!



なんて昔から好きなようなテンションで興奮してみましたが、改めて聴いてMONKS OF SCIENCEがこんなに渋かったのか?とビックリしてしまいました。DEFAULTはいかにもこの時代のUSHC影響下UKスラッシュといった感じのサウンドで、MINOR THREATに代表される直線的な疾走感とパワフル&ロウな演奏で叩き出すキャッチーなレイジング・ハードコアがカッコいいです。Vo.がCONCRETE SOXに加入して、残されたメンバーがスタートさせるMONKS OF SCIENCEも、やはりMINOR THREATからの強い影響を思わせるスラッシュ・ハードコアを核にして、そこに当時のUK初期メロディック特有と言える、曇り空の下が似合う青春郷愁メロディーをふんだんに盛り込んでて素晴らしい!!初期EXIT CONDITIONにかなり近い楽曲も多くあって、理屈抜きに懐かしく切なくなる、あの感覚です。MONKS OF SCIENCEの90年LPと92年未発表、そしてDEFAULTの87年EP, 88年ライブ, 87年デモを収録した全28曲。日本語帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いた日本流通バージョン!!そして先着でDEFAULTの88年ライブ収録CDRも付きます!!







・TRENCH FEVER - Saturday Night Trench Fever CD ¥1500 (Boss Tuneage)



存在すら知らなかった初期UKメロディック・ハードコアの隠れた名盤!!しかし調べてみると、SORE THROAT, DOOM, EXIT CONDITIONなども参加して、Meantime Recordsからリリースされてた、日本でもけっこう人気のあったオムニバス Spleurk! LPにも収録されてたバンドだそうです。



BAD DRESS SENCE, STUPIDS, DESTRUCTORSのメンバーが88年に結成したバンドで、サウンドはSTUPIDSと初期SNUFFを掛け合わせたような、ライトな雰囲気の裏にちょっと切なさも見え隠れするメロディーで疾走した、80年代後期の初期UKメロディック・ハードコアならではのサウンドがたまりません。特にデモ音源はハードコア本来のアグレッションを強く出してて、DEFAULTにも通じるレイジング・エモーショナル・スラッシュ!!これはLate 80's UKHCファン必聴のグレート・デモ音源です。90年発表唯一の単独EP, Split w/ BLAGGERS ITA, オムニバス提供曲, 88年1stデモと92年2ndデモ収録の全19曲入りで、日本語帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いた日本流通バージョン!!





*各ジャケ画像をクリックするとBoss Tuneage Records商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR