RECORD BOY

Death Crushers!!



・UNDERGANG - Til Døden Os Skiller LP SPLATTER VINYL ¥2400 / BLACK VINYL ¥1600 / CD ¥1400 (Xtreem Music)



世界中のオールドスクール・デスメタラーを熱狂させるデンマーク UNDERGANGの新作アルバム到着!!ドラマーがアナーコ・ハードコア・パンク ASSASSINATORでもプレイしてたことでパンク・ファンの注目も浴び、前作が大ヒットしました。本作のジャケ・ブックレットには合同ツアーを敢行した日本のANATOMIAとのフォトセッションなども掲載されてます。アナログ盤は限定100枚スプラッタービニールも入荷してます!!



スウェディッシュ・デスやBOLT THROWERなどの重厚さに、AUTOPSYに代表されるデスメタルのlow-endなテイストを盛り込んだ、基本的には前作と同じ路線と言って問題ないかと思います。しかし曲調は前作よりはるかに暴力的にスピードアップして、そしてそのバイオレントなムードをさらに煽るバッキバキにゴリゴリな重厚鋼鉄音壁が今回はモノスゴイ!!ミドル~スロウ・パートの比率は恐らく後退してるものの圧倒的な荘厳さは逆に増幅して、INCANTATION系統の暗黒デスメタル・ファンも熱狂させるであろう作風とも言えます。ツアーを共にしたFUNEBRARUMの世界観にも近づいてるのかも知れません。(ツアーSplit EPは到着遅れてますが手配済みですので、今しばらくお待ちください!) ゴリゴリのリフでダイナミック&ストレートに突進するパートはスウェデス・ファンも楽しめるでしょうし、MAVETHやCORPSESSEDなどの昨今のフィンランド重厚荘厳死鋼鉄にも通じます。ラストはNECROS CHRISTOSも舌を巻きそうな退廃的悲哀スロウ・ナンバーでドラマチックにフィニッシュ。USや北欧他の激烈暗黒美死鋼鉄の最深部に突っ込んで、尚且つデスメタル本来の粗暴でアグリーなアグレッションも全面に打ち出した、前作を余裕で超える傑作と断言させてください!!







・WAR MASTER - Pyramid of the Necropolis CD ¥1200 (Rescued from Life)



デモCDRが反響を呼んで続くEPも好評だったUSテキサス出身BOLT THROWERウォーシッパーが待望の1stアルバムを発表!!SYPHILITIC VAGINASリリースでおなじみのRescued from LifeからCDが出ました。



その名の通りのBOLT THROWER完全崇拝クラスト・デスメタルで、STORMCROWやSANCTUMなどの一連のバンドよりも更にBOLT THROWERのみに焦点を絞ったスタイルが今回も痛快です!!従来のミドルテンポ中心の重戦車イメージな迫り方ですが、疾走ブラスト・パートも以前より効果的に組み込まれていて、ちょっとデスメタル転換期NAPALM DEATHっぽいキメとスピード・パートが大変ナイスです。しかし一昔前のBOLT THROWingクラスト・パンクと違って、爆裂しようがあくまでもBOLT THROWERからブレないのがこのバンドは最高。速くなくてもグラインド・クラッシャーという表現がピッタリする重厚死鉄硬核音は、初期Earache系クラスト・デスメタル好きにオススメです!!







・CANCER SPREADING - The Age Of Desolation CD ¥1400 (Memento Mori)



以前、CHILDREN OF TECHNOLOGYとSplit EPをリリースしてたイタリアン・デスメタル・クラスティーズが1stアルバムをリリース!!C.O.T.の兄貴達にかわいがられているようですが、AgipunkじゃなくてスペインのMemento Moriからのリリースは賢明だと思います。



Split w/ C.O.T.の時は、"Peacevilleスタイル・メタルクラスト"とか自分達で言ってた、かなりショボいメタルクラスト連中で、その痛いトコロが逆に面白かったですが、今回は大胆にもフルアルバムということで、だいぶバンド自身も成長してるのが感じられます。相変わらず危うい演奏ながら黒いステンチ要素はかなり強まってて、HELLSHOCK以降のデスメタリック・クラストとはちょっと違い、MISERYとかのロウ・メタルクラストに近づいてるのが良い方向に向かってます。大味な近年のUSデスメタリック・クラストには無いロウネスがいい感じで、メンバー4人中2人がPROPHECY OF DOOMのTシャツ着てるのもポーズじゃない気がしてきました。こういうバンドには頑張ってほしい!!







・BANISHED FROM INFERNO - Minotaur LP ¥1800 (Black Mass)



GRAVEYARDやMACHETAZOメンバーなどによるスパニッシュ・デスメタル・バンドの1st LPが、FUNERAL BITCHのデモをEP化再発したBlack Mass Recordsからリリース。CDもリリースされてるようですが、多くの日本のメタル・ショップを悩ませるMetal Inquisition Recordsかららしいので、今回はアナログ盤に絞って入荷させてみました。サウンドもアナログ盤好きの方の人に喜んでもらえそうな、かなり当店向きなハードコアな味もある爆走デスメタルです!!



今までクラストやハードコア・ファンにあの手この手で様々なデス/ブラックメタルを強引にオススメしてきたけど、このバンドもハードコア・ファンにぜひとも聴いてもらいたいサウンドでありながら、今までのどのバンドより突っ込んだハードコア・テイストを表現しています。とにかく疾走感が爽快ドライビングで、リフワークもハードコアなストローク中心。これがかなりDISFEARを彷彿させまして、しかもMIASMALのような初期DISFEARタイプじゃなくて、Tomas lindberg加入後の、あのブルータル・ドライビン・ハードコアな傑作 Live the Stormスタイルの暴走ナンバーみたいでカッコいい!!実際、このバンドではハードコア・パンクは重要な要素であることをメンバーも認めているようです。Vo.はTomas Lindbergのような絶叫タイプではなく、イーヴィルな凶悪スタイルでこれも激渋。ラストのCELTIC FROSTカバーは凶悪クールに決まっています。DELLAMORTE, DISFEAR, TYRANTなどのファンは絶対に聴いてください。オススメです!!

Death Kult from the Graves!!



・FUNEBRE - Children of the Scorn CD ¥1400 (Xtreem Music)



フィンランド最古のデスメタルとされるカルト・バンドの91年1stアルバムが待望の再プレス!!89年1st/90年2ndのデモ2種もボーナス収録して2004年に再発されるも長らく廃盤となっていた、初期デスメタル・ファン必聴の北欧デス・マスターピース。この他に2曲入りの7"EPと、日本のNECROPHILEも参加してた"Weird tales of madness vol. I" comp.もリリースしてましたが、それらはデモからの抜粋だったようですので、恐らくコンプリートなディスコグラフィーと言える内容の全18曲です。



チューニングもVo.もlowな低音域中心の楽曲を、黒いジョリジョリ感触でソリッドに繰り出してきて、ギターソロの導入も初期北欧デスメタル・バンドらしいメロディックな絡み方。極上のギター・サウンド、パワフルなリズム・セクション、そしてVo.はかなり激渋なガテラル・ヴォイスで、この感触だけで真性デスメタラーはノックアウト必至でしょう。しかし曲調は起伏に富んでいながら日本人の大好きな起承転結とは異なる場面展開の多さで、恐らく日本でオールドスクール・デスメタルが根付きにくい最大の要因が凝縮されているといってよいタイプです。所謂、山場のようなわかりやすい展開がほとんど無いなのです。かと言って変態テクニカル系でもないし、スウェーデンのバンドのようなハードコア下地も薄い。もちろん疾走アグレッシブなパートとスロウ~ミドル・テンポを織り交ぜて曲調に強弱は付けつつも、それらの低音域俳諧型のパターンを、感情を押し殺してただひたすらと繰り出してきます。しかし、突如無造作に飛び出す叙情インストゥルメンタルは、北欧の水晶系悲哀旋律極上品。これぞ、病的という表現も用いられるフィンランド・デスメタルの醍醐味!!BGMなどには決してできない、聴く時は半日~1日を要する真性絶品初期デスメタルです!!







・SUPURATION - Back from the Crematory CD ¥1400 (Xtreem Music)



フレンチ・デスメタル・バンドの初期音源集がXtreem Musicからリリース!これは個人的に嬉しい再発盤です。なぜなら、全くもって冴えないジャケなのに、Seraphic Decayからのリリースというだけで、昔とりあえず買っておいたmyチープ・コレクションに光が当たるからです。このCDには収録されてませんが、Distorted HarmonyからもEPリリースがあったようです。活動歴の長いバンドで、後にもっとゴシック・ドゥーミーなしっかりしたサウンドに進化していったバンドですが、今回リリースされたのはグラインド時期の初期音源集で、90年1st MCDと同年1stデモ、そして前身バンド ETSICROXEの89年デモと89年ライブを収録した全20曲。



サウンドはいかにもこの時代のグラインド・デスメタルで、ジャケ・ブックレットに掲載のインタビューでメンバーが語ってるように、スラッシュメタル ~ デスメタル ~ グラインドコアに触発されたグラインド・スラッシュ。この時代に腐るほど存在したスタイルですが、後により音楽的に進化しただけあって、テクニカル系まで行かないけど、没個性な中にもオリジナリティーの模索と葛藤が渦巻いてるのがうかがえます。つまり、勢いだけでやろうとしたデス・グラインドではなく、PESTILENCE風のゴリゴリ・リフや、プログレ・スラッシュ期のVOIVODみたいなメカニカル・フレーズなど、いろんなことにチャレンジしてて、こうして1枚のCDで聴くとかなり楽しめます。初期グラインド・デス最高!と再認識させてくれるナイス・リイシューです!!







・BURIAL - Relinquished Souls CD ¥1500 (Memento Mori)



オランダの激渋ドゥーム・デスメタル DELIRIUMの再発CDをリリースしたMemento Moriからまたもや極上のダッチ・デスメタル・クラシック・リイシュー登場!!93年に残した唯一のアルバムに92年1stデモもプラスしたディスコグラフィー。



メンバーがMASSACREのTシャツ着てるけど、サウンドは超DEATH!!ギター・プレイも2ビートのドカドカな疾走感も初期DEATHの影響を強く感じさせるデスメタルで、2曲目などは2nd ~ 3rdの頃のDEATHフレーズが縦横無尽に行き交ったみたいで最高にカッコいい!!リフももちろんそうですが、ギターソロも凄くDEATHっぽくてシビレます。抑揚のないSLAYER系リフで淡々とダークに突進する1曲目はまるで3rdの頃のSEPULTURAみたいで、これも激渋カッコいい。強いて言えば、重厚な感触がフロリダではなく、ダッチ・デスらしさと言えるでしょうか。スカンジ・デスメタル再検証&発掘ブームはとどまることを知らないけど、スラッシュの延長で初期デスメタルに当時触れた日本のファンは、北欧デスの前にDEATHを通過した人がほとんどだったと思います。そんなデス・オッサンには絶対オススメ。北欧だけが初期デスではない!!







・ACROSTICHON - Engraved in Black CD ¥1500 (Memento Mori)



サバス・ジャケのPeacevilleオムニバスVol.4や、Dwell Recordsからの女性メンバー在籍エクストリーム・メタル/ハードコアComp.などにも参加してたオランダの女性Vo.デスメタル・バンド。93年1stアルバムに91年デモ, Peacevilleオムニバス提供曲, 2009年ライブを追加収録した16曲入り限定500枚CD!!



Vol.4ジャケPeacevilleオムニバスやDwell Recordsの女性エクストリーム・バンドComp.など懐かしさが込み上げますが、ぶっちゃけスミマセン、このバンド全く覚えてませんでした。しかし今聴くと素晴らしく激渋なので不思議なものです!!Colin Richardsonプロデュースだけあって、全体的にちょっとUKデスメタルも思わせる非常に完成されたスタイルで、NIHILISTなどの初期スウェデスにも通じるダイナミックな疾走感に、AUTOPSY系シックネスと初期Rise Above Recs系の退廃的叙情ドゥームの中間のようなスロウ・パートが見事に消化されています。エンジニアの腕がモノを言ってるのかも知れませんが、ジャキジャキにソリッドなリフと硬質なドラム・サウンドも素晴らしい。デスメタル・レーベルに転身した最初の頃のPeacevilleやEaracheなどからリリースされてても全くおかしくないクォリティーだと思います。そして圧巻なのが男性顔負けの女性Vo.!!言われて聴かないと女性Vo.と気づかないくらいの渋すぎるデスVo.デス!!







・UNBOUNDED TERROR - Nest of Affliction CD ¥1400 (Xtreem Music)



スペイン・デスメタル最初期バンドの92年に発表した唯一のアルバムに3本のデモと92年ライブ1曲を加えた22曲入りディスコグラフィー。92年アルバムは多くの名作を残した初期重要デスメタル・スパニッシュ・レーベル、Drowned productionsからのリリースで、今回のディスコグラフィーCDはDrowned prod.がRepulse Recordsを経て発展し改名したXtreem Musicがリリース。



スラッシュの延長線上にある構成の楽曲、重厚さが醸し出す荘厳、迫りくるような圧倒的なブルタリティーは、PESTILENCEなどのダッチ・デスメタルやBOLT THROWERの重厚リフ音壁を、TERRORIZERやHarmony Corruption時のNAPALM DEATHなどの直線的疾走感に乗せたような、怒涛の初期デスメタル・サウンド!!US/UK/ユーロ・デスを貪欲に吸収して、非常にバランスの良いサウンドに消化した、初期デスメタルの隠れた傑作です。スウェディッシュ・デスのハードコアなテイストが好きな人にもオススメしたいです!!







・MANGLED TORSOS - Drawings of the Dead CD ¥1500 (Memento Mori)



Memento Moriの再発はホント侮れません!!これも最高です。ジャーマン・デスメタル・バンドの、Morbid Recordsから94年に発表した1stアルバムに93年EPもボーナス収録した12曲入り再発盤。



ジャケとフォト・セッションからも察しがつく、CARCASS影響下のパソロジカル・デスメタル。lowドゥーミィー且つ、繊細で美しい旋律が絡みつくデスメタルは、CARCASSのゴア要素と叙情を同時に増幅させようとしたような、まさしくカルト以外の何物でもない絶品真性地下死鋼鉄!!神経質な展開のlowデスメタルはDEMILICHにも通じますし、哀しく美しいメロディーの導入はPURTENANCEやフューネラル・ドゥーム系にも肉迫する素晴らしさ。つまり、フィンランドの病的暗黒退廃デスメタル好きにもかなりオススメです!!







・EXMORTIS - Resurrection... Book of the Dead MCD ¥1000 (Xtreem Music)



なんと復活!!Necroharmonic RecordsからのディスコグラフィーCDが大好評だったUSメリーランド産デスメタルの2011年録音5曲入りCDがXtreem Musicからリリース!!



以前のデスラッシュ・スタイルの延長線上にあるデスメタル・サウンドで、リフも疾走感もさすが叩き上げのピュア・オールドスクール全開な暴走オッサン・デスラッシャーズ!!変わった点と言えば、SADUSやMERCILESS系のジギジギなドカドカ・スピードから、初期DEATH系のドカドカ2ビートにスウェディッシュっぽさもある感触のリフ・ワークになってるところで、BASTARD PRIESTファンなんかでも全然聴けてしまいそうな爽快暴走デスラッシュ!!
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR