RECORD BOY

Kult of Violence!!



・IMPIETY - Ravage & Conquer CD ¥1500 (Pulverized)



世界中のデス/ブラック・メタルヘッズどもが崇拝するキング・オブ・アジアン・ロウ・ウォー・メタル、シンガポールのIMPIETYの最新作アルバムが解禁!!4月にヨーロッパ、5月に北米と、1か月ごとに順次ワールドワイドにリリースが決定していますが、まずは本国盤が先陣を切って、スーパー・ジュエル・ボックス・ケース仕様でリリースとなりました。



毎度聴くたびにあまりの激烈ぶりに圧倒されてきましたが、今回も凄すぎます!!!ガリガリに尖ったソリッド・デスラッシュ・リフとマシンのごとき鬼神ドラムが今回もモノ凄いんだけど、本作でドラムを担当してるのはSHRAPNELというオーストラリアン・スラッシュメタル・バンド(このバンドの1stアルバム、かなり良さそうですので要注目!近日中にアナログ盤到着予定です)をやってる人で、このドラミングが壮絶。2バス連打も激速2ビートもタムまわしもマシンガンのように炸裂してて、もはやスラッシュな刻みリフとドラミングがユニゾン状態と化しています。普通ここまで壮絶に激烈だと、カオスな音塊か変態テクニカル・フュージョン系に寄るのに、IMPIETYの場合は曲の構成力も演奏も素晴らしく、メタルの様式美にしっかり乗っ取っているのが驚異的です。しかもその楽曲に華を添えるクラシカルなギター・ソロがまた素晴らしい!!Shyaithan氏の極悪クールなVo.も激渋。以前はジャーマン・スラッシュメタルのDARKNESSをカバーしたりしてましたが、今回はブラック・スラッシュの起源的名曲 BATHORYのSacrificeをゴリゴリ・アグレッシブにカバーしてフィニッシュ!!







・URGRUND - S/T CD ¥1600 (Deathrune)



オーストラリア産ブラック・スラッシュメタルの新作アルバム4thアルバムがDeathrune Recordsからリリース。IGNIVOMOUSメンバーなども在籍するバンドで、過去作品は日本のリアル・デス/ブラックメタル・ディストロ/ショップの一部でも入荷していたけど、日本ではまだちょっと地味な存在のようです。Deathrune Recordsのニューリリースということで当店も今回初めて触れたバンドですが、これは過去作品も俄然気になってしまうカッコよさです!!



オーストラリアのバンドで例えるならDESTROYER 666やGOSPEL OF THE HORNSあたりにも通じるタイプだけど、恐らくほとんどの人が聴いた瞬間真っ先に思い出すのはフィンランドのURNでしょう。ゴリゴリのブラックメタル・アグレッションをスラッシュなテイストで表現するスタイルは、まるで1stの頃のURNみたいで激烈にカッコいい!!ジャリジャリに重厚な黒いロウ・サウンドとフルブラストな爆裂パートはIGNIVOMOUS譲りかも知れませんが、凶悪なガッツにみなぎった寒々としたフレーズは、やはりBATHORY影響下北欧ブラック・スラッシュとの共通性を強く感じさせます。1曲目からドラマチックな展開も盛り込んで容赦なく爆走し、そして4曲目あたりでもう完全にノックアウト!!!URN, FLAME, SARCOMA INC.などのファンは何が何でも必聴です!!

Kult of Death!!



・DARKIFIED - Cthulhu Riseth-The Complete Works of Darkified CD ¥1500 (Vic)



とどまることを知らない初期スウェディッシュ・カルト・デスメタル再発リリース!!ex.MARDUK, ex.EDGE OF SANITY / TORMENTEDメンバーなどが在籍したバンドの91年1stデモ, Drowned prod.から発表した92年1st EP, 91年ライブ, リハーサルを収録した、恐らくほぼコンプリートな全14曲入りディスコグラフィーCDです。EDGE OF SANITY人脈というのもあってか、Dan Swano氏がキーボードで参加していて、92年EPの録音や今回のCDに際してのリミックスもDan Swano氏が担当しています。ジャケ・ブックレットにはカラー写真、ファンジン記事、Dan Swano氏他DARK TRANQUILITYやENTOMBEDメンバーなど当時を知る関係者のコメントなども掲載して、完璧な再発盤と言ってよい出来栄えです!!



BATHORYがバイキング・ブラック的雰囲気を初めて打ち出した名曲 Enter The Eternal Fireのカバーをライブでやってる点からもうかがえるように、サウンドはブラックメタルとの共通点も多くみられるスウェディッシュ・デスメタル。スウェデス特有の重厚ロウな感触で黒く激走するサタニック・ダーク・デスメタル・サウンドに、妖しいキーボードをトッピングしてアトモスフェリックなパートもプラスしたスタイルは、GROTESQUEにCRYPT OF KERBEROSやGOREMENT的叙情性もプラスしたみたいな感じにもとれます。オカルティックな雰囲気のスロウ・パートがもちろんこのバンドの個性を強めてるのは確かですが、ジョリジョリした黒さの疾走パートも、全スウェデス・ファン必勝のカッコよさです。ライブ音源もまたかなりカッコよく爆裂してて、黒い雰囲気作りにも徹してたのもうかがえます。初期スウェディッシュ。デス&ブラックメタル好きに絶対聴いてほしい激渋暗黒死鋼鉄!!







・ALTAR - Dark Domains 1989-1995 CD ¥1500 (Konqueror)



絶賛好評発売中またまた再入荷しました!!またもや出てきた、極上絶品の初期スウェディッシュ・デスメタル発掘再発盤!!92年にDrowned prod.からSplit CD w/ CARTILAGE (フィンランド)を発表していたバンドで、そのSplit提供曲と91年/93年/94年/95年のデモを収録した17曲入りディスコグラフィー。2004年に亡くなったNASUMの 故Mieszko Talarczyk氏に捧げるリリースとなってますが、実は94年デモでVo.を担当してるのはそのMieszko氏!!デスメタル・シーンから登場した後、NASUMでグラインドコアの可能性を広げた驚異的なエクストリーム・サウンドを生み出し、GENOCIDE S.S.やKRIGSHOTではスウェディッシュ・ハードコア・パンクの伝統を継承して、さらにスタジオ・エンジニアとしても素晴らしい仕事を残してきた天才的ミュージシャン Mieszko氏が数々のデスメタル・バンドを渡り歩いたのは有名ですが、このバンドへの参加はこれまでほとんど語られていなかったようです。Mieszko氏関連の知られざる初期スウェデス・バンド!とのことで興味を抱いたワケですが、しかしこれがもうMieszko氏云々抜きに激渋な初期スウェディッシュ・デスメタルで完璧デス!!!



Split CD音源からスタートしまして、これがいきなりノックアウト必至のカッコよさ!!感触は紛れもない極上のスウェデス・タッチながら、繰り出されるリフと曲調はかなりゴリゴリのスラッシュinfluensedな爆走デスメタルで、PESTILENCE, SEPULTURA, MORGOTH, MERCILESSなどが好きなデスラッシャーにもぜひ聴いてほしいです。陰鬱ドゥーミーなビートダウンの展開はあまりなく、でもスウェデスらしい不穏音階は随所に絡めてますので、やはり王道のスウェディッシュ・デスメタルらしいグルーム感が全体を覆っていますが、このガリガリにアグレッシブなロウ・サウンドは素晴らしく破壊的です。しかも鍵盤の導入や叙情メロディーもチラホラ顔を出してきて、ブラックメタルにも通じるメランコリックな旋律もあって、もう脱帽としか言えない絶品初期スウェディッシュ・デスメタル音源!!



ひとつ気になったのは、このディスコグラフィーCDの5曲目に収録されてる、Split CDのタイトル曲 "Ex Oblivione"でして、途中不自然なスキップがあります。音飛びだな!?と思ったので、すぐにレーベルに連絡したんですが「イヤ、あれはブレイクだよ。音飛びじゃない」との回答。これはだまされてるかも?と不振に思いリサーチしましたところ、Split CDのオリジナル音源も同様であることが判明しました。かなり唐突な無音パートなので、ブレイクではなくマスタリング上のトラブルか何かのような気がしますが、まぁそういうことだそうです。しかしとにかく、なぜ今までこのような形で再発されてなかったのかが不思議なくらいの完璧な初期スウェディッシュ・デスメタル・サウンドに違いはありません。Mieszko氏在籍時フォトセッション他満載の写真や、バイオグラフィーも掲載のジャケ・ブックレットも必見必読。全オールドスクール・デスメタラー必聴級のグレート・リイシューです!!!
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR