RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!



・ABHORER - Upheaval Of Blasphemy / Rumpus Of The Undead LP PICTURE VINYL ¥3200 / SILVER VINYL ¥2200 / BLACK VINYL ¥2200 (Hells Headbangers)



またしてもHells Headbangersがナイスな再発やらかしてくれました。コレクションCDが大ヒットした東京デスメタル・レジェンド NECROPHILEとのSplitリリースや、1st EPの人気の高さから、日本でもカルト・デスメタル好きの間では知名度の高い伝説のシンガポール・サタニック・デスメタル ABHORERの名作レア音源が、2種同時リリース!!Xtreem Musicから以前ディスコグラフィーCDが出てましたがとっくに廃盤ですし、アナログ盤での再発は確か今回が初だったと思います。こちらは89年1stデモ Rumpus of the Undeadと94年1st 7" Upheaval of Blasphemyの2種をまとめた初期音源集で、限定200枚ピクチャー・ビニール, , レギュラー・バージョン・シルバービニール, 限定ブラックビニールの3種でリリース。



Upheaval of Blasphemy EPは、完全にSARCOFAGOの東南アジア版といった感じの、全身クギ!くぎ!釘!だらけのファッションに目を奪われる、世界中のカルト・ブラック・デスラッシュ・マニアに永遠の人気を誇る名盤。89年1stデモはSARCOFAGOの影響を強く感じさせる曲調やキメも飛び出すイーヴィル・ノイジー・ブラック・デスラッシュ・サウンドですが、今あらためて聴いてみると、後に1stアルバムで素晴らしいデスメタル・サウンドを完成させる片鱗がうかがえる、なだれ込むような激烈スタイルながらリフ・ワークはジョリジョリのデスメタル・タッチという激渋な冒涜サタニック・デスラッシュ!!特にUpheaval of Blasphemy EPでの冒涜サタニックな楽曲にデスメタル・パーツを組み込んだバランス感覚は絶品です。このバンドは、辺境の地やロック発展途上国バンドの色目で接すると痛い目にあうカッコよさです!!







・ABHORER - Zygotical Sabbatory Anabapt LP PICTURE VINYL ¥3200 / SILVER VINYL ¥2200 / BLACK VINYL ¥2200 (Hells Headbangers)



こちらは96年発表唯一のアルバムのアナログ化再発!!限定200枚ピクチャー・ビニール, レギュラー・バージョン・シルバービニール, 限定ブラックビニールの3種でリリース。



キョーレツな全身五寸釘だらけファッションで登場してマニアの注目を浴びたわけですが、改めてしっかり聴けば、デモやEPの時点で既に極上のデスメタル・フレーバーを醸し出していました。この1stアルバムはそのデスメタル色を強く全面に打ち出して、重厚な整合感のある冒涜サタニック・デスメタルに仕上げた大傑作!!冒涜的な激烈さは同じ国のIMPIETYを例えに挙げて説明できなくもないけど、ベスチャル系の混沌さはなく、王道のデスメタル・リフとジョリジョリした質感の黒い重厚さが、まるでサタニックな初期スウェディッシュ・デスメタル・バンドのような、荘厳と言ってもおかしくない絶品のロウ・ダーク ・デスメタルで本当にカッコいいです。このアルバムは、実はMe Saco Un Ojoあたりが再発したかったのではないでしょうか?初期デスメタルのカルト傑作名盤!!







・NUNSLAUGHTER - Hells unholy Fire 2CDs ¥1600 (Hells Headbangers)



ご存知オハイオ・デヴィルメタル・カルトの、長らく廃盤状態だった2000年発表1stアルバムが、99年ライブ・ボーナスCDも付いた2枚組で超待望の再発盤登場!!本編のディスク1は、データ面もカッコいいプリントがされてて、NUNSLAUGHTERマニアならずとも嬉しくなってしまう仕様です。



これぞ病んだアメリカで生まれ得るデスメタルの理想的スタイルの一つとも言えるサウンドで、スラッシュやハードコアからの影響も現れた切れ味もある潔いスピード・ナンバーを、NECROPHAGIAに代表されるUSデスメタルの病的な要素と、ひたすら冒涜的な反キリスト精神で表現したサタニック・デスラッシュです。まるで90年代のUSカルト・デスメタル・レコードな雰囲気を完全に継承してて、NUNSLAUGHTERコレクターでなくとも、この作品は全てのカルト・デスメタル・ファン必聴のマスターピースです!!







・MORSTICE - Deathography 1992-1995 CD ¥1500 (Compilation of Death)



まだまだ出てくる、初期オブスキュア・デスメタル・リイシュー!!90年代初期に活動を始めたUKデスメタルで、ジャケ・ブックレットに記載の当時のファンジン記事を読むと、Peaceville傘下のDeaf Records (PROPHECY OF DOOMやAT THE GATESの1stをリリース)から作品を発表する予定もあったバンドだそうです。活動時期に残した3本のデモを収録した18曲入りCD。



SUFFOCATION, ENTOMBED, GOREFEST, DEICDE, CANNIBAL CORPSEに影響されたそうですが、サウンドはグロウルなlowデスメタルで、フィンランド・デスにも通じるクリプティックな暗黒デスメタルでありながら、ドゥーム・デス系の叙情とUKデスメタルの気品みたいなものも若干漂ってます。鳴かず飛ばずだったであろう当時の状況が手に取るようにわかる突出した要素のないデスメタルですが、だからこそカルトなのです!!Detest RecordsとKonqueror RecordsがこのCDのオフィシャル・ディストリビューションを担当してる事実が、バンドのカルト性を物語っているのではないでしょうか。







・FALLEN ANGEL - An Omen of Apocalypse / Embraced By Shadows LP ¥2000 (Serpent Pulse)



これまた興味深すぎる初期オブスキュア・デスメタル発掘再発逸品!!El ZINEにもインタビューが掲載されて日本のノイズ・ブラックメタル・マニアの間でも評価の高いデンマーク・ブラックメタル LUCIATIONメンバーが過去にやってたデスメタル・バンドで、92年と93年に残したデモ2本をまとめたLPです。



インナースリーブに掲載のメンバー写真がいかにも90's北欧デスメタルで、この写真だけで初期デスメタル・ファンは期待せずにいられないでしょう。DEICIDEのTシャツ着て山羊の死骸を囲んでのフォトセッションなど、かなりサタニックなアティチュードのデスメタル・バンドだったようです。サウンドは北欧の叙情は一切無い、黒い冒涜ロウ・デスメタルでカッコいい!!ブラスト全開ではないけどグラインド的な簡潔な曲の連射で、起伏に富んだlowなゴリゴリ・デスメタルはOLD FUNERALとかもちょっと思わせる、なんて言ったら大げさでしょうか?





* ジャケに角打ちがあるので、なるべくキレイなモノからお売り致します。

RECORD BOY Customers Favorites 2011!!



こういうものは本来なら年明けすぐに公表すべきなのですが、ズルズルと延びてしまい、もう年度末になってしまいました・・・。常連のお客さんで、普段から「こないだ買った○○は良かったです!」と感想を聞かせてくれる方が、昨年買って良かったモノをメールのやり取りの中で挙げてくれたので、これはちょっと面白いと思い、他数人の方にもお願いして2011年作品のベスト5をウェブで公表させてもらおうと考えました。他にもいろいろなお客さんに声を掛けたかったのですが、この通り年度末になってようやく公開してるように、私にそんな多くの方の貴重なご意見をまとめる器量もありませんので、割と普段から気さくにメールで一言いただいてるような方にお願いしてみました。バンドマンや業界関係者の方はそれぞれのブログなどでこういう機会はあるでしょうから、今回は声を掛けていません。



それとこの企画に合わせて、2010年末にFUUDOBRAINさんのご協力/制作によって受注販売されたBOY製ライダース・ジャケットをカスタマイズした方の画像も募りまして、そちらで声を掛けましたお客様には、このベスト5とはダブらないようはずれてもらいました。よろしければ、ぜひそちらのカスタマイズドBOYジャンの写真も合わせてご覧ください!



http://www.myspace.com/recordboyjapan/blog



まぁ、何がやりたかったのかと言いますと、到着した荷物を開封し音源聴いて「コレすっげカッコいいーー!!」とか言って閉店後の店内で独り興奮して、中学生の頃とさして変わんない精神年齢状態で解説書いてる私のテンションにいつも頑張って付いてきてくれてるお客さんが、少しでも私と同じような楽しい気分になってくれれば嬉しいなー、と思ったのです。気を遣ってBOY購入品でまとめていただいたお客様も少なくなくて、本当にうれしい限りです。それと、お互い見ず知らずの方達が、私が予想もしなかった同じ作品をベスト5に挙げてるのは、販売してる側としては凄く興味深いです。



BOYのブログ "PUNK METAL REGIME"も、もっとコラム的な読み物もやってほしい、という意見を以前からいただいてましたが、店が続けられれば今後も年に1回くらいはこういう企画をやっていければ、と思ってます。上の画像からリンクして、ぜひご覧ください!

MASTER'S HAMMER!!



・MASTER'S HAMMER - Vracejte konve na misto LP ¥1900 / DIGIPACK CD ¥1600 (self release)



 当店のお客様で待っててくれてた人がいるのかはビミョーですが、私達は待ってました、コレを。ROOTと並んでチェコを代表するブラック・へヴィメタル・バンドの新作アルバム!!!日本国内の真性メタルヘッズや海外での狂信的な崇拝ぶりは当店ではイマイチ伝わりにくかったようで、Nuclear War Now!が4枚組LPボックスで再発した名作1st+2ndのダイハード盤は、私達の熱の入れようとは裏腹に反応が鈍く、まだ在庫が残っています(まぁ、浮かれすぎてアホみたいなビッグ・オーダーしたBOYがアホだったってのもありますが・・・)。しかし復活第1弾となった2009年発表前作 Mantrasが、MASTER'S HAMMERミュージックの集大成的な素晴らしいストレンジ・ブラックメタル作品だったので今回も楽しみにしていました。そして本作もMASTER'S HAMMERワールドが爆発した、素晴らしいアルバムに仕上がっています!!



東欧の叙情とでも言いたい郷愁漂う薄暗い旋律のフォークロア・ベーシックなペイガン・メタル的手法に、このバンドのもう一つの特徴であるエクスペリメンタルなデジタル要素をモンド・ミュージック並みのいかがわしさで表した、独特の前衛的なオカルト・へヴィメタルに今回も全く変わりありません。民族的ルーツ回帰とスピリチュアルな深化を試みる様は、技巧に走るタイプではないプログレッシブ・メタルとも捉える事ができるでしょうが、インチキくさい独特のイーヴィルなシャウトVo.に現れてるように、いたるところにへヴィメタルの強情な武骨さが充満しています。とにかく、この怪しくいかがわしいMASTER'S HAMMERの魅力には、1度体験してもらわないと絶対にわかりません。そして必ずやその魔力にハマってもらえると思います。オススメです!!!CDにはLPバージョンには収録されていない2曲、Dreaming Bulldog (Intermezzo)とFlammarion Fatal Mixも収録されてます!!

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!各種到着!! ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!









・CARPATHIAN FOREST - Bloodlust and Perversion DIE HARD 2LPs ¥3500 / REGULAR 2LPs WHITE VINYL ¥2600 (Nuclear War Now!)



 ノルウェー・ブラックメタル重鎮の、92年 Bloodlust and Perversion, 同年リハーサル・デモ, 93年 Journey Through the Cold Moors of Svartjernの最初期デモ3作を収録したコンピレーション・アルバムがNWN!から2枚組でアナログ化!!



近年はちょっとコマーシャルなイメージすらあるバンドですが、ここで聴ける1stアルバム以前のサウンドは強烈にカルトです。BATHORYとVENOMのカバーもやってるように、スラッシュ創世記のプレ・ブラックメタルな要素を増幅させたタイプだけど、一聴して感じるのはHELLHAMMERからの大きな影響で、SAMAELの1stアルバムに匹敵するズルズル・デプレッシブなHELLHAMMERウォーシップなドゥーム・ブラックメタル・サウンドは、拷問系ドゥーム・ファンにもオススメです。成熟しつつあったデスメタルから、急進的な深化&退化へと暴走した北欧の初期ブラックメタル・シーンらしい、メタルの暗黒深層部を追求したような真性プリミティブ・ブラックメタル!!初期北欧ブラック・ファンもカルト・メタル・ファンも必聴!!ダイハード・バージョンはレッドビニール仕様で、ステッカーとフェイクレザー地シェイプド刺繍ロゴバックパッチ付き!!レギュラー・バージョンはltd.100のホワイトビニールで入荷!!









・WINTERBLUT - Der 6. Danach, Opus I : Leidenswege + Opus II : Geistermusik & Opus III : Orgelmusik 2LPs SET ¥3500 (Nuclear War Now!)



 最新アルバム、最初期デモ・アルバムに続いて、ジャーマン・カルト・ブラックメタルの1stアルバムもNWN!から遂にアナログ化再発!!99年にABSURDのDarker Than Blackから発表した1stアルバムなんですが、このテのアングラ・ブラックには珍しいコンセプト・アルバム作品で、今回のアナログ盤は前半部分と後半部分を切り離して別個でリリース。確かに本作のドラマ性を考えるとわからなくもない販売方法だけど、やはり1つの作品ですから、レーベルでは2枚セットでの販売もしてます。じゃぁバラで買う必要もないだろうと、今回はセット販売のみに絞りました。ダイハード・バージョンは存在しません。



End All Lifeからのリリースもうなずける近年の作品や、これぞユーロ・ロウ・ブラック!なサウンドのデモ・アルバムとも違って、このアルバムはまるで初期北欧ブラックメタルな激渋フリージング・ブラックメタルで激しく迫ります。突き刺すような極寒旋律に薄くキーボードを被せる手法は初期SATANIC WARMASTERも連想しなくもないけど、よりシンフォニックな装飾も加えながらロウに爆裂するブラックメタルは、ノルウェーのOBTAINED ENSLAVEMENTや、DISSECTIONに代表されるスウェディッシュ・ブラックなども思わせ、凶暴で哀しい北欧ロウ・ブラック好きにはたまらない極上品です。LP2枚目の後半になると、その暗く切ないメロディーをアンビエント風味で表現して、まるで教会で懺悔してる中を流れるオルガンのような暗美旋律が全編にわたっています。そしてこれがまた最高!!







・REVENGE - Scum.Collapse.Eradication CD ¥1600 (Nuclear War Now!)



 ex.CONQUERORの鬼神ドラマー James Read氏によるカナディアン・ウォーブラックメタル REVENGEの4年ぶりとなる新作アルバムCD到着!!



BLASPHEMYの1stアルバムが発表された当時、デス/スラッシュ系ミュージシャン&ファンの多くは、あの作品をグラインドコアの方法論と同じものとして解釈した人が少なくなかったという話をよく耳にしますが、BLASPHEMYを血筋に於いても正統的に継承しているREVENGEのサウンドも、やはりグラインドコアとリンクする要素が多分に含まれています。驚異的なミュージシャン・シップでありながら、相手パートの存在など全く意に留めず、ただひたすら好き勝手にプレイしてるような、まるでグラインド・インプロビゼーションとでも言える現象が、ウォーブラック系バンド特有の統率された一体感と、グラインドコアのカオスとの狭間で、モノ凄いドス黒さの鋼鉄音塊を生み出しています。パワーバイオレンス・ファンも絶対必聴の激烈作!!

Japanese Hardcore Punks!!



・CONFRONT - The Curtain of an Intense Attack 7" ¥800 (Not Very Nice)



ベテランと言ってもおかしくない活動歴でありながら、地道でマイペースな活動で、デモを除くとこれが初単独作品となる三重ハードコア・パンクの6曲入り7"EP。D.E.Z.のディスコグラフィーCDを出してたUSのNot Very Nice Recordsからのリリースで、シーンのトレンドなど関係なく、大好きな伝統的ジャパニーズ・ハードコア・スタイルの作品を出したい!というレーベル・オーナーの気持ちが痛いほど伝わってくる熱血サウンドです。オールドスクール・ジャパコア・ファン必聴の力作!!



ドラマチックなオープニングを聴いた瞬間に、ジャパニーズ・ハードコア・ファンならば期待が膨らむことでしょう。メタル・バンドも真っ青のシンフォニックなキーボードのイントロから昭和風味の泣きのリード・ギターへと展開し、本編がスタートするとガッツみなぎる哀愁メロディック・ジャパニーズ・ハードコアで疾走します。ギターのメロディーもこれでもかと必殺旋律の応酬で、メタルコア風味もありながら昨今のメタルパンク・トレンドとは無縁の、これぞリアル・ジャパニーズ・ハードコア!!演奏も楽曲アレンジも高い完成度で文句なしの内容です!!







・DEATHLIKE SILENCE - S/T CD ¥1050 (Novembre)



ジャパニーズ・ブラックメタル・シーン黎明期に存在した伝説のブラックメタル・バンドではなく、東京で活動するハードコア・バンド。デモのリリースや精力的なライブ活動で着実に知名度を上げて、このたびファースト・アルバムCDを、illya, SUN CHILDREN SUNメンバーの運営するNovembre Recordsからリリース!!



ブラックメタルやデスメタルから影響されたダークネスを、ハードコアのアグレッションで叩き出したブルータル・ダーク・スラッシュ!!ブラックメタルの虚無感やメロディック・デスメタルの叙情を導入しながらも、激情ドラマチックに表現したハードコア・サウンドは、ENVYと接近していた頃の屍のような、悲観的情念を感じさせるエクストリーム・スラッシュが好きな人にオススメです。ANTI CIMEXのカバーも収録。限定500枚!!







・ADA MAX / CONSOCIO SENTENCIA / FILTHY HATE - 3 Venoms Execcutioners(邦題:三毒処刑人) 8.93" ¥1500 (Awesome Mosh Power)



愛知/仙台/東京のオールドスクール・スラッシュコア・パンク3バンドによる、映画のサントラ仕立てで製作された3 Way Split 8.93"EPゴールドビニール!!!



Vo.が変わっての初音源となるADA MAXは、直線的なメタル・リフでありながら起伏に富んだ曲調でダイナミズムも備え、200%クロスオーバー・スラッシュなサウンドの中にも引出しの多さを感じさせるフレーズが多く飛び出し、今回も日本のクロスオーバー・スラッシュ・シーンの中でも確実にトップクラスのセンスと実力であることを証明した痛快ナンバー2曲!!ACCUSEDのBlaineスタイルと捉えることもできますが、よりバイオレンスなシャウトの新任Vo.も素晴らしいです。Studio Zenでの録音で、エンジニアの岡崎氏(ETERNAL ELYSIUM)がサプライズ・ゲストとして登場しています。



CONSOCIO SENTENCIAは人間堂からの3 Way Split 7"よりも、クロスオーバー・スラッシュなテイストを強めたアプローチでブルータルに炸裂!!バンド名から連想させるスパニッシュ・ハードコアな要素は今回は皆無と言って良い爆裂ぶりで、B面に収録のナンバーはLate 80's UKHCオマージュな面もある激烈スラッシュ。先に入荷した3 Way Split 7"とはまた違った印象を与えてくれます。



FILTHY HATEは怒涛のレイジング・ハードコア・サウンドに女性Vo.が醸し出すキャッチーな雰囲気が絶妙にブレンドされていて、今回も独自のハードコア・パンクを聴かせています。ELECTRO HIPPIESなどのLate 80's UKパンク・スラッシュに、CIVILISED SOCIETY?を彷彿させる女性Vo.ポリティカル・メタリック・ハードコアな雰囲気もプラスしたような、唯一無比のブルータル・バンダナ・スラッシュコア!!







・GATE - Hope=Despair(邦題:希望=絶望) 7" ¥900 (Awesome Mosh Power)



栃木の2人組グラインドコア・バンドの、先にCDでリリースされていたモノのアナログ・バージョン。CDには未収録の曲1曲も含む全8曲入りピンク・ビニール!!



屈折した曲を切れ味と原始性を備えながら叩き出した演奏で、これはかなり惹きこまれます!!デスメタル風のメカニカルなフレーズも絡めたり、CEPHALIC CARNAGEなどのフュージョン・グラインド系にも引けを取らないギター&ドラムの壮絶なバトルで、CROSSED OUTが変態テクニカル・デスメタル風味になったらこんな感じになるかな?でもラストのボーナス・トラックは初期デス・グラインドなカッコよさもあって、ASSUCKやNAPALM DEATHなどが好きな正統派グラインド・ファンにもオススメ。デスメタル・ファンにもオススメしたいパワーバイオレンスで、カッコいいです!!







・CARAVANA ANARQUISTA - Mad Max 7" ¥1000 (Detonate)



Fade-InからのCDRが大好評だったIMPARAのメンバーが並行してやってる横浜ハーシュコア・パンク・ノイズ CARAVANA ANARQUISTAの久々の音源となる初単独作が、デンマークのDetonate Recordsから限定200枚でリリース!!



ボーカル, ギター, ベース, ドラムの一般的なバンド編成で、このプリミティブ・ノイズは強烈です。最近多いブラックメタル・インフルエンスドなハーシュ系とも違う、聴きようによってはノイズコア・パンクの劣悪な隠し撮りライブ音源を聴いてるような錯覚も起こさせて、やはり激烈にハードコア・パンクなノイズだと思います。殺伐とした原始的な黒い雑音塊の放射は、パワーバイオレンス・ファンも必聴。ローファイの極北!!







・NOISECAT - チョビ髭糞野郎ノ亡霊 7" ¥1000 (Detonate)



正体不明ジャパニーズ・ノイズコア・パンクの4th EPが、今回もデンマークのDetonate Recordsからリリース!!



80's北九州系のドランク・ノイズコアに脱力系Vo.を乗せたスタイルに変わりありませんが、ノイズでシャーシャー鳴らしてるだけのヤツじゃない、ロウでドカドカなバックの演奏は、VORKRIEGSPHASEなどの骨太なノイズコア・スラッシュ好きにもオススメしたくなります。しかしそこに乗るヤル気ゼロのVo.が最低でサイコーなので、やはりVORKRIEGSPHASEファンにオススメしたら怒られそうですが、でもサイコーにケッサクなんです!!限定250枚!!

Me Saco Un Ojo New Releases!!

* 毎度お待たせしてすみません、Me Saco Un Ojo Records新作4種の日本流通バージョンが到着しました!!







・GOREPHILIA - Ascend to Chaos MLP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



Dark Descent RecordsからのCDバージョンが以前入荷して、真性北欧デス・マニアをうならせた傑作1stミニアルバムが、Me Saco Un Ojoからアナログ化!!日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のburgundy vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



Me Saco Un Ojoがライセンス・リリースした2ndデモで一気に脚光を浴びた、SWALLOWEDメンバーも参加のフィンランド・デスメタル。SWALLOWEDメンバーが絡んでくるバンドはどのバンドも一見地味ながらサウンドはかなり個性的ですが、このGOREPHILIAもダイハードなフィンデス崇拝者をノックアウトする、正式1stリリースらしからぬ渋さに満ちています。デモを聴いた時はやはりこのバンドもINCANTATION系ダークネスを強めたフィンランド・デス一派の印象を抱いたけど、この音はやはり正統的フィンデスではないでしょうか。DEMIGODやCONVULSEなどに代表される、病的に偏屈なデスメタルを淡々と地下室で演奏しているようなスタイルは、北欧メタル諸国の中でもすさんだ若者が多かったとされるフィンランドならではデスメタルを踏襲しています。そこにこのバンドは、SADISTIC INTENTやMORBID ANGELなどのテクニカルなフレーズの応酬と攻撃性を両立したアグレッションも時折プラスして、より個性的なオールドスクール・デスメタル・サウンドを既に確立しています。これは安易にオールドスクール・デスメタル・ファン全員にオススメ!などとは言えません。しかしフィンランド・デスメタルの病魔にとりつかれたデス野郎は聴きまくってください!!







・MORBUS CHRON - Sleepers In The Rift LP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



デモと1st EPに続いて大きな反響を呼んだスウェディッシュ・デスメタル期待の若手 MORBUS CHRONの傑作1stアルバムが、Me Saco Un Ojoからアナログ化!!スウェディッシュ・デスメタル界が生んだスター Nicke Andersson氏がロゴをデザインし、デモもNicke氏の全面バックアップで制作されてたこともあって、MIASMALと並んでアルバム発表前から既に人気が上昇していました。プロデュースとレコーディングは今回もNicke氏が担当してます。日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のwhite vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



デモとEPを聴いた時の印象は、ENTOMBED直伝のオールドスクール・デスメタルといった印象でしたが、このアルバムは金の卵的優等生デスメタルなイメージを払拭するかのような、非常に個性的で聴き応えのある作品に仕上がっています。いきなり危険な事言いますが、ノリやすいデスメタルのMIASMALほど日本じゃ人気は出ないでしょう。しかし過去作品のデモとEPより数倍カッコいいデス!!!EPでやってた曲も再録してるんですが、以前から備えていた不穏音階でスロウダウンするパートが全体的に増強していまして、のっけからグルーミーなデスメタル・ワールドが大爆発。しかもスウェデス的不穏音階だけじゃなく、BLACK SABBATHよりBLACK FLAGに近い狂気に満ちたグルーム・パートも次から次へと繰り出してきて、かなりAUTOPSY系の方向に深化してきました。まるでMASTERがAUTOPSYの鈍走デスメタル・チューンを演奏してるような4曲目のように(この曲、モーレツにカッコいい!!!)、荒々しいアグレッシブなデスメタルを通過した不穏デスメタルですし、王道スウェデスのジャリジャリ・タッチを敢えて?避けたようなサウンドは、USデスメタル的なダイナミズムを感じさせて、効果バツグンだと思います。ワウを効かせたリードからBLACK FLAG的神経質音階へと流れるアシッドなギター・ワークを聴かせ、そしてドカドカの疾走デスメタル・パートへと展開するところなんかゾクゾクするカッコよさです!!真性オールドスクール・デスメタラーにぜひ聴いてほしい有望株!!!







・EXANTHEMA / CHRONIC DECAY - Split MLP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



93年にCDで発表された初期スウェディッシュ・デスメタルのレアSplit作品がMe Saco Un Ojoから初アナログ化!!「初期のスウェーデン特有デスメタル 初めてとなる珍しいレコート」の日本語帯が泣けてきます。おかしな日本語だけど注意して治ったら面白くないので、この調子で続けてほしいです。この辺の発掘リイシューも最近はCD再発が主流なだけに、この再発LPは初期デスメタルのアナログ・ファンは大興奮のようで、早々にレーベルでは完売しています。日本流通限定仕様の帯付きで、ltd.100枚のclear vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



EXANTHEMAは王道のスウェディッシュ・スタイルのlowでグロウルなダーク・デスメタル。真っ黒い音壁で圧倒的且つグルーミーに迫る様は当時は没個性な存在だったのかも知れませんが極上のカルト臭で、GRAVEのようなスウェディッシュ・デスメタルが好きなら間違いなく必聴デス!!



未発表アルバムのLP化も大好評だったCHRONIC DECAYは、DISCHANGE/MEANWHILEメンバーなども在籍した伝説のハードコア・デスメタル。SLAYER直系のリフワークでMERCILESSにも通じる突進型スウェディッシュ・デスラッシュで暴走し、そこにハードコアなシャウトのVo.が乗っかって、ハードコア・パンクとデスメタルを両親に持つスウェディッシュ・アンダーグラウンドならではの極上ロウ・レイジング・デスラッシュが激渋カッコいい!!







・ORGANISMOS - Manejos Invisibles LP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



このバンド、私達は全く知りませんでしたが、「Me Saco Un Ojoが今度出すORGANISMOSは楽しみですね!」と、けっこう前から色々な人に言われてた、ある意味今回のMSUO入荷の中で一番の話題作です。伝説のコロンビア最古のデスラッシュ・メタル PARABELLUMメンバーがやってる現代のノイズ・デストロイ・メタル・カルトの2011年2ndアルバム!!1stアルバムCDは流通激悪で相当高い値段になりそうだったので断念し、今回はこの2nd LP(スミマセン、この2ndはCDはリリースされてないようです)に絞ってプッシュさせていただこうと思います。日本流通限定仕様の帯付きで、画像ではほとんどわかりませんが濃紺なltd.100枚のblue vinylも入荷してますので、ご希望の盤色がございましたらご指定ください!



初めて聴きましたが、これはコロンビア・カルト好きが熱狂するのも完全に納得です。サイケデリックな感じすらある暴力と原始性に満ちた衝動ノイズ・デスラッシュ・メタルで、一言で言えばPARABELLUMとBLASFEMIAが好きな人は間違いなく必聴です。あのへん特有の、ダラダラな脱力リフの垂れ流しに、BRUJERIAやボリビアのKULTO MALDITOのVo.みたいな、ちょっと南米マフィア系の緊迫感みたいなバイオレンスな空気も漂わせる呪術的Vo.が乗ります。PARABELLUMやBLASFEMIAより少し曲構成みたいなものが感じ取れるので、2011年にコレをやってると言うことは、たぶんこの人達は仮に演奏が上手かろうがヘタクソだろうが、別に欧米のデスメタルみたいなものを目指してのではなく、最初からこういう無秩序な暴力性をエクストリーム・メタルで表現したいのでしょう。ちゃんとした教育受けてる中流階級の人間が作為的にポンコツ狙ってやるのとは、当たりまえですが全くワケが違います。ヤルかヤラレルか!!そんなデンジャラスなムードが充満した極悪カルト作品デス!!

Ataque Thrash!!



・RESTOS DE TRAGIA - Radikal Evolucion LP ¥1900 (F.O.A.D.)



伝説のコロンビア・ハードコアのディスコグラフィーLPが限定300枚ブルービニールでF.O.A.D. Recordsからリリース!!コロンビア3大デタラメ・ノイズ・デスメタルのうちのPARABELLUMとBLASFEMIAでVo.やベースも担当したRamon氏が80年代後期から現在もやってるバンドで、88年1st 7"と同年2nd 7", 90年オムニバス提供曲, 未発表, 2011年Split音源, 2010年オムニバス提供曲, 2008年Split音源の全31曲。



80年代の音源はBLASFEMIAがハードコア・パンクっぽくなったような衝動全開突進ロウ・スラッシュコアで、これは南米極悪スラッシュ・パンク・ファン悶絶の凄い内容です!!崩壊するように突き進むスピードに怒りを込めて、幼稚園児レベルの演奏でブッ放した原始的雑音硬核。曲調などお構いなしに言いたいことをギュウギュウに詰め込んで怒鳴りまくってるようなVo.には圧倒されっぱなしですし、ギターソロはもはやこの世のモノとは思えない、いったいどうやったらこんな音が出せるか不思議な意味不明なモノもあります。進行するにつれて徐々に演奏も少しずつまともになりますが、ムチャクチャには変わりありません。さすがコロンビア!!カルト・ノイズ・スラッシュ・マニア必聴!!







・BLASFEMIA - Guerra Total LP COLOR VINYL ¥1900 (F.O.A.D.)



再入荷!PARABELLUMメンバーが在籍したコロンビア・デスラッシュメタルのディスコグラフィーLPです。88年発表カルト激レアMLP/88年デモ/オムニバス提供曲/88年ライブ収録の全15曲で、数年前にリリースされたCDよりも曲数が多い、恐らく完全盤に近いであろう内容。久しぶりに聴いても、いやはや凄い!!酷すぎる!!!



ファズ・ギターで刻むノイズ・サウンドによる曲は一体何を表現したいのかわからず、そして演奏レベルは小学校の鼓笛隊以下。オムニバスに提供したB面トップの曲がまだ幾分かマシな方ですが、それでもCogumelo recsあたりのバンドの足元にも及ばないノイズ・デスラッシュで、いやはや凄まじいです。完全な拷問メタルだけど、1度聴いて激怒して、そしてまたチャレンジして挫折して、さらにまた聴いてボロボロにされてみたくなる、まさしく麻薬王国コロンビアが生み出したプリミティブ・デストロイ・デスラッシュメタル・カルトの究極!!!666!!! イタリアのF.O.A.D.Recordsからのオフィシャル再発でポスター付き。コロンビア国旗カラー3色を再現した悪趣味な色合わせの限定カラー盤で、New RenaissanceやEaracheなど思わせるファクトリー・ステッカーっぽいのも付いてます。







・KRATHERION - Sermon del Heresiarca CD ¥1500 (Exhumed From the Grave)



確かHADES ARCHERと同時期に1stアルバムが入荷して大好評だったチリ産デス・ブラックメタルの、2004年1stと2005年2ndのデモ2種とリハなどを収録した17曲入りCD。ポスターも付いてます。ちょっと忘れかけてた存在だったけど、今聴いてもやっぱりこのバンドは凶劣です!!



HADES ARCHERが南米云々抜きにして上級なべスチャル・デス・ブラックを完成させているのに対し、このKRATHERIONは南米バンドの特性をフルに生かしたプリミティブ・デス・ブラックで、ギターVo.はAMMITやSENDEROS DEL MALの奴です。この時点で即座に反応してしまった人はこのバンドも絶対いっといて下さい。SENDEROS DEL MALの紹介の時も同じこと言いましたが、まるで80's南米ハードコア・パンクの鈍さにVENOM, BATHORY系イーヴィル・スラッシュ・テイストを加えたような、悪の原始人オーラ全開イーヴィル・プリミティブ・デス・ブラックが最高!!AMITが表現してるVENOMテイストにも通じるものがあって、KRATHERIONはIn League with Satanのカバーもやってますが、オリジナル・ナンバーもIn League with Satanが持つ原始的で呪術的なムードが充満してます。そこにSENDEROS DEL MALのカオスをミックスした感じでしょうか。コロンビア辺りの天然崩壊系とは異質の、南米アウトローな極悪オーラのプリミティブ・ブラック・スラッシュメタル。サイコーです!!あと、レーベルのロゴがかっこいい。







・SODOMIZER / HELLKOMMANDER - Making The Devil Work SPLIT CD ¥1400 (Morbid Tales)



メンバーがモロ被りな2バンドによる兄弟対決のようなブラジリアン・オールドスクール・スラッシュメタルSplit CD!!



SODOMIZERは2008年録音の4曲を提供。へヴィメタル寄りのイーヴィルなスラッシュメタルという基本姿勢をここでも貫いていて、楽曲はSABBATからの影響も随所に感じさせますが、王道のリフやキメを南米らしいドンくささで連発します。違いの分かる世界各国のダイハード・メタル・レーベルから各種作品を発表するバンドですが、このあまりスリルの無い、安心できるパターンの連発が、業界関係者のハートをキャッチしてるのかも知れません。



HELLKOMMANDERはHELLHAMMERウォーシップなスタイルを、やはり南米メタルらしく表現しています。ATOMIC ROARやWHIPSTRIKERにも通じるパンク下地も感じさせるバンドで、今回はちょっとBARBATOSみたいなMISFITSタイプの曲調を、HELLHAMMERパーツでやってるような曲がすごく面白いです!!ブラジルのスラッシュ・パンクメタル好きにオススメです!!







・URSUS - Hijos del Metal LP ¥1900 (F.O.A.D.)



コロンビア産スラッシュメタルの2011年2ndアルバムが限定300枚でイタリアのF.O.A.D.からアナログ化!コロンビアのバンドではありますが、カルトもののリリースが多いF.O.A.D.の中では今までで一番鋼鉄度数が高い作品だと思います。



これぞ南米!これが南米じゃなけりゃ何が南米だ!!といった感じの、スペイン語Vo.でまくしたてるVo.の正統派メタル寄りのスピードメタル。ドラマーが女性だけどなかなかパワフルな直線的且つバタバタしたドラミングがカッコ良くて、南米スラッシュ好きに心地よい爽快な疾走ナンバーを連発します。Vo.の怒鳴りっぷりも素晴らしく、この疾走感とVo.は南米ハードコア・ファンの耳にも十分アピールすることでしょう。そこにクサレ・メタル特有のメロディックなフレーズやドラマチックな展開を随所に盛り込んで、哀愁ガッツ&スラッシュな作品に仕上げています。A面ラストのナンバーが急にジャーマン・スラッシュ系の金属質スラッシュな感触になって思わず身を乗り出しそうになりましたが、初期ジャーマン・スラッシュメタルの代表的名曲 Mad Butcherのギターソロをそのまんまサビに使ってしまうという、アナーキーな展開も南米らしいです。

Late 80's UKHC!!



・MONKS OF SCIENCE / DEFAULT - Inspiration and Escalations CD ¥1800 (Boss Tuneage)



通なLate 80's UKHCファンに人気の高いノッティンガムのバンド DEFAULTが残した唯一のEPが、メンバーが後に始めたバンド MONKS OF SCIENCEとのカップリングで遂にCDで再発!!First Strike Recordsの第一弾リリースとして発表されたこの名作EPは、再発を待ち望んでいた人は多いと思います。しかしこのCDは、In Your Faceリリースの中でもトップクラスの不人気ぶりを長年不動のものとしてきたMONKS OF SCIECNCEに遂に光を当てるべくしてリリースされた再発盤ではないでしょうか。ほとんどの人が相手にしなかったMONKS OF SCIENCEは初期UKメロディック・スラッシュ・ハードコアの極上品です!!



なんて昔から好きなようなテンションで興奮してみましたが、改めて聴いてMONKS OF SCIENCEがこんなに渋かったのか?とビックリしてしまいました。DEFAULTはいかにもこの時代のUSHC影響下UKスラッシュといった感じのサウンドで、MINOR THREATに代表される直線的な疾走感とパワフル&ロウな演奏で叩き出すキャッチーなレイジング・ハードコアがカッコいいです。Vo.がCONCRETE SOXに加入して、残されたメンバーがスタートさせるMONKS OF SCIENCEも、やはりMINOR THREATからの強い影響を思わせるスラッシュ・ハードコアを核にして、そこに当時のUK初期メロディック特有と言える、曇り空の下が似合う青春郷愁メロディーをふんだんに盛り込んでて素晴らしい!!初期EXIT CONDITIONにかなり近い楽曲も多くあって、理屈抜きに懐かしく切なくなる、あの感覚です。MONKS OF SCIENCEの90年LPと92年未発表、そしてDEFAULTの87年EP, 88年ライブ, 87年デモを収録した全28曲。日本語帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いた日本流通バージョン!!そして先着でDEFAULTの88年ライブ収録CDRも付きます!!







・TRENCH FEVER - Saturday Night Trench Fever CD ¥1500 (Boss Tuneage)



存在すら知らなかった初期UKメロディック・ハードコアの隠れた名盤!!しかし調べてみると、SORE THROAT, DOOM, EXIT CONDITIONなども参加して、Meantime Recordsからリリースされてた、日本でもけっこう人気のあったオムニバス Spleurk! LPにも収録されてたバンドだそうです。



BAD DRESS SENCE, STUPIDS, DESTRUCTORSのメンバーが88年に結成したバンドで、サウンドはSTUPIDSと初期SNUFFを掛け合わせたような、ライトな雰囲気の裏にちょっと切なさも見え隠れするメロディーで疾走した、80年代後期の初期UKメロディック・ハードコアならではのサウンドがたまりません。特にデモ音源はハードコア本来のアグレッションを強く出してて、DEFAULTにも通じるレイジング・エモーショナル・スラッシュ!!これはLate 80's UKHCファン必聴のグレート・デモ音源です。90年発表唯一の単独EP, Split w/ BLAGGERS ITA, オムニバス提供曲, 88年1stデモと92年2ndデモ収録の全19曲入りで、日本語帯とメンバー自身によるライナーノートの日本語訳も付いた日本流通バージョン!!





*各ジャケ画像をクリックするとBoss Tuneage Records商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!

Crossover Thrash!!



・UNBROKEN BONES - RFHC TAPE ¥700 (Drunk with Power)



ロシアン・メタルパンクスの新作カセット!!本気かギャグかわからないバンド名がきっかけでデモを数年前に入れたら、今じゃすっかり日本のパンク・レコード店でおなじみの存在になってしまったロシア初のメタルパンク・バンドの4曲入りデモ。最初のカセットは音もギャグみたいなポンコツっぷりだったけど、この新作はその名に恥じない200% BROKEN BONESサウンドに大成長した傑作です!!



Seeing through My EyesイントロからスタートしTrader in Deathタイプのクロスオーバー・スラッシュ・チューンで疾走する1曲目、サビが完全にProgramme Control丸出しの2曲目など、BONECRUSHER ~ F.O.A.D. ~ Trader in Deathの頃のBROKEN BONESにしか影響されてない疾走クロスオーバー・スラッシュ・チューン3連発で、トドメはNever Say Dieのカバーでフィニッシュ!!こんなにBROKEN BONESが大好きなバンドも珍しいです。ここまで露骨にBB節全開なサウンドは、今までそうはなかったでしょう。BROKEN BONESファンは絶対に1度聴くべきですし、BROKEN BONESファンじゃなくてもメタリックな刻みギターの直線的スラッシュコア・チューンは、80'sクロスオーバー好きにオススメです!!







・S.O.D. - Crab Society North PICTURE LP + 10" DIE HARD BOX SET 2nd PRESS ¥4800 / REGULAR PICTURE LP ¥2400 (F.O.A.D.)



限定ダイハード・バージョンがltd.150セットで再プレス!!今回はボーナス10"がパープル・ビニールに変わって、バックパッチの代わりにかわいいベビー・シャツが付いてます。レギュラー・バージョンのピクチャーLPとDISCHARGEカバー含む85年リハ17曲入り10"の2枚組で、ピクチャーLPにはちゃんとジャケも付いてますし、ポスターも付きます。ボーナス10"無しのレギュラー・バージョン・ピクチャーLPも再入荷しました。ダイハード・バージョンの2ndエディションもレギュラー・バージョンも、レーベルでは既に完売したそうですので、ずっと悩んでた方や全バージョン制覇したい人は今のうち買ってください。



完全無欠のキング・オブ・クロスオーバー・スラッシャーズ、S.O.D.の85年1stデモがイタリアのF.O.A.D. Recordsから歴史的初オフィシャル・リリース!!!当時から正式に販売されたことがなかった伝説的音源なので、F.O.A.D. Recordsがリリースすると聞いた時はオドロキました。F.O.A.D.とはしょっちゅう揉めてるから、2012年はもう絶交してやる!と、いつタンカを切ろうかと考えてた矢先のこのリリースだったので、手のひら返しですり寄ってしまいました。



ピクチャーLPのA面に本編の85年1stデモを収録して、B面にはDan Lilker氏がNYC MAYHEM / STRAIGHT AHEAD のCraig Setari氏と組んだS.O.D.の前身プロジェクト CRAB SOCIETYの85年デモを収録。Speak English or Dieのイメージでこの音源を聴く全ての人が腰を抜かすハズです。まるでFEAR OF GODやANAL CUNTなどが後に開拓した壮絶な即興ショートカット・ノイズコア・グラインドの嵐!!!しかしジャケに掲載のDan氏のコメントにあるように、Craig氏とのCRAB SOCIETYのスタイルを踏襲した1stデモこそがリアルなS.O.D.だ、ということです。初期カルト・グラインド好きに絶賛されるのも納得のサウンドです。Dan氏は、Scott Ian氏がANTHRAX寄りの音に近づけていった、とも語っています。ポスターに掲載の当時のファンジンから転載したインタビューも興味深く、ジョークと本気が混ざり合った発言だと思いますが、Scott Ian氏はSODOMが嫌いだったようです。しかしダイハード・バージョンに付属のボーナス10"の音源は、これぞまさしく私達が熱狂したS.O.D.サウンドで、やっぱり今聴いても燃えてきちゃいます!!!



S.O.B.が結成時にバンド名のヒントにして、CASBAHも初期の代表的名曲で影響を表してたように、スラッシュのエクストリームを追求した80年代のハードコア/スラッシュメタル・バンドの多くが、S.O.D.からは衝撃を受けたのです。スラッシュの歴史を振り返る意味でも、これは絶対に1度聴いておきたい事件的音源です!!!

Metal Traditions!!



・MANILLA ROAD - Crystal Logic CD ¥1500 (Shadow Kingdom)



ここ最近、MANILLA ROADの過去の各種名作が続々と再発されてますが、彼らの最高傑作とされる83年アルバムがShadow KingdomからCDも再発!!US Metal Vol.3オムニバス提供曲をボーナス収録した9曲入りで、ジャケ・ブックレットにはギターVo.のMark Shelton氏自身によるライナーノートも掲載。歌詞はもちろん、ライブ写真やフォト・セッションも渋すぎです。



この作品を当店で解説するには、第一にBORROWED TIMEがカバーした名曲 Necropolisをとりあげるべきでしょう。一言で言うと、あのBORROWED TIMEカバーにノックアウトされた人は絶対に必聴の合衆国産叙情鋼鉄の大名盤!!勇壮なヨーロッパのエピックメタルとは明らかに異なる泥臭くドラマチック・へヴィメタルは、NWOBHMにも通じるたそがれを帯びていますが、メロディーは親しみやすいのに、リスナーに媚びずに我が道を行く男の叙情、のような味わいに涙します。閉鎖的であることを美学とするへヴィメタルに、音楽的な多様性も存在することが認知されてる今だからこそ、このへヴィメタル以外の何物でもないサウンドでありながら、異端のような孤高の存在感を維持し続けるMANILLA ROADの美学がより際立つのではないでしょうか。全叙情派鋼鉄信者必須の名作!!







・PAGAN ALTAR - The Time Lord LP ¥3200 (Buried by Time and Dust)



2004年にI Hate RecordsからリリースされたMLPがジャケを変えてBBTADから再発!!オリジナルはお墓の写真ジャケの、あのLPです。ちょうどあのI Hate Recs盤と同じ頃に、Black Widow Recordsからの高額な豪華盤1stアルバム再発アナログも入荷したりして、私達も初めてこのバンドの魅力に触れた作品です。I Hate Recs盤は今ではけっこうなプレミアも付いてるそうですが、今回のBBTAD再発も発売後即完売!BOYも危うく逃すところでしたが、いろいろ手を尽くしてなんとか入荷できました。再プレスされない限り再入荷はありません。



78年にロンドンで結成されたNWOBHMバンドで、本作は最初期78年の未発表音源5曲を収録。BLACK SABBATHのダークネスに哀愁メロディーをふんだんにちりばめたような激渋陰鬱メロディアス・オカルト・メタル・サウンドで、ドゥームメタルの始祖の隠れた名バンドの一つとしてドゥーマーからNWOBHMファンにまで熱狂的に支持されています。ちょっとHAWKWIND的な曲調もこの最初期音源では聴けるのが興味深いですが、ラストの号泣必至ナンバーはやはりPAGAN ALTAR本来の英国情緒が炸裂してて最高に切なすぎます。近年盛り上がりを見せる、GHOSTに代表されるヴィンテージ・オカルト・メタルを検証するうえでも重要なドゥームメタル・レジェンド!!







・HEATHEN HOOF - Rock Crusader CD ¥1400 (Iron Shield)



Wild Ragsから初期作品をリリースしていたカルト・ブラック・へヴィメタル MORNINGSTARのメンバーらがやってるフィンランド産へヴィメタル。過去にNuclear War Now!からリリースもあったし、日本でも熱狂的なファンがいるようだからカルトな存在にしては比較的なじみのある名前のような気がしてましたが、これが1stアルバムということになります。



男臭いガッツあるVo.とペラペラに薄い音で演奏される、これぞカルト・へヴィメタル!!牧歌的メロディーを雄々しく歌い上げる様はまるで北欧の木こりのようでもあるし、El Duce on METALUCIFERみたいに聴こえたりもして、とにかく素晴らしい。パンク色はもちろん皆無ですが、ちょっとTHE BLOODやヨーロッパのOiスキンズっぽい、スカスカのサウンドと男臭さの絶妙なバランスにハマったら最後、容易には抜け出せません!!







・IN SOLITUDE - The World. The Flesh. The Devil CD ¥1900 (Metal Blade)



遅ればせながら入荷です。INVIDIOUSメンバーなど、スウェーデン UppsalaのMetal of Death周辺エクストリーム・メタルヘッズらによるMERCYFUL FATEウォーシップ・バンドの、Metal Bladeに移籍して発表した2ndアルバム!!



MERCYFUL FATEの強い影響下にありながら、楽曲もVo.もバンド独自の味に仕上げて成功を収めた、今後も期待大の若手有望株。独特の曲構成で展開するMERCYFUL FATEをより直線的に表現したような曲調で、ダークネスと北欧の叙情性を失うことなく表現。Vo.もKing Diamondを彷彿させながら低音域中心で、黒く妖しく切ない旋律で歌い上げます。ENFORCER, BULLET, PORTRAITなどとともに、今後のスウェディッシュ・ヘヴィメタル・シーンを担う重要バンド!!
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR