RECORD BOY

ROCKET - Son in the Sun CD



・ROCKET - Son in the Sun CD ¥1365 (Rocketcawl)



IGNITIONS、THE BOO、FLUX CORED WIRE、etcで活動してきたken氏をVo.に、COOLER KING McQUEEN、宇宙花、ex.THE ROCKETERSメンバーによって結成された東京パンク・ロックの4曲入り2nd CD!!ソウルフルでエモーショナルなR&Rスピリットに満ちたパンク・ロック・バンドですが、今回はハードコア・テイストの強いナンバーも収録。ELEKTRO HUMANGELやPSYRENメンバーもゲスト・コーラスで参加しています!!

OBSESSOR - Sick Salvation TAPE



・OBSESSOR - Sick Salvation TAPE ¥700 (Tankcrimes)



ENGLISH DOGSクローンに挑戦して恐らく世界で初めて成功した作品と言える1stデモが素晴らしかったUSリッチモンド出身メタルパンクス OBSESSORが2ndデモをリリース!!今回も基本路線は変わりませんが、嫌味な言い方されちゃうとENGLISH DOGSのパクリで片付けられかねない1stデモほどモロではありません。それでも、「俺たちはENGLISH DOGSスタイルだ」と言ってた過去のどのバンドよりもENGILSH DOGS風のナンバーで今回もスタートして、やっぱりこの人はちょっと他とは違います!!2曲入りです。



泣きのギターソロが無いENGLISH DOGSみたいな楽曲は今回も完成度が高くて、ラウドなドラムを土台にしっかりとした構成のスラッシュメタリック・ハードコアを聴かせます。SACRILEGEやANIHILATEDあたりも匂わせる、UKHCパンク上がりっぽいVo.の歌い方やフレーズが絶妙なので、80年代当時のクロスオーバーUS勢とは全く違った放っていたUKメタルコア的雰囲気を充満させてるメタルパンク・バンド(と言っても独りプロジェクトですが)と言えるでしょう。2曲目は今までの楽曲より若干MOTORHEAD系のロッキンなノリを感じさせるミドルテンポのナンバー。しかしこの曲もまた、スラッシーな質感によって、ゴツゴツしたメタルコア・チューンに仕上がってます。一言で言うと、今回はBASTARDATORに近づいたような感じの作風で、前作同様、2曲じゃ全然物足りないゴキゲン・メタルパンク作品です!!1stデモも発売中!!

Thrashing Death Power!!



・GRAVEYARD - The Altar Of Sculpted Skulls CD ¥1200 (Pulverized)



スーパー・ジュエル・ボックス・ケースでCDも出ました!Nuclear War Now!からのSplit EPで世界的に知名度がアップして、前作1stアルバムも好評だったスペイン・デスメタル・シーンをリードするGRAVEYARDの新作ミニアルバム。新曲4曲+過去の曲の再録2曲の全6曲入りです。



前作1stアルバムで、メイデン風正統派インスト・ナンバーや、メサイア・マーコリン唱法でのCANDLEMASSカバーなども披露してフトコロの深さを印象付けてましたが、本作でも器用さを発揮しています。ASPHYX的なドカドカの重厚疾走パートから、CATHEDRALのD-Beatを思わせる鈍遅走パートへとスピードダウンし、そしてまるでBOLT THROWERな圧倒的重圧叙情パートへと沈み込んでいく1曲目に象徴されるように、曲調は全体的に統一感があっても、各曲のアレンジにはかなり工夫が感じられます。もはや風格すら感じさせる雰囲気が漂っていて、盛り上がりを見せる現行スパニッシュ・デスメタル・シーンでアタマ一つ抜き出た感もあります。ASPHYX, BOLT THROWER系の重厚なオールドスクール・デスメタルが好きな人は必聴の現行デスメタル重要バンド!!







・SAURON - Thrash Assault CD ¥1200 (Planet Metal)



再入荷お待たせしました!!モノ凄い作品なので前回も十分な枚数入れたつもりでしたが、思ってた以上にオリジナル盤CDを持ってる人でも買いなおす方が続出だったので、すぐに切らしてしまいました。今回はガッツリ入れましたので、KETZERと合わせてBOYも久しぶりにスラッシュな気分が高まってます。そういえばChris Black氏が言ってて思い出したけど、ここのギタリストはなんとBORROWED TIMEにも参加してました。マジ恐るべしデトロイト・メタル(&パンク)シーンです。



2000年代最凶アンビリーバボーなピュア・ファッキン・ロウ・スラッシュメタル・クラシックの嬉しすぎる再発盤登場ーーー!!! 2000年に結成されたUSミシガンのダーティー・スラッシュメタル・バンド SAURONの2004年1stアルバムがコレです。Witches Brewからの2ndアルバムも大好評でしたが、この1stは、聴いたお客さん全員が例外なくブッ飛んでくれた、驚異的極悪スラッシュメタルの大傑作で、ノルウェーのINFERNO, カナダ AGGRESSIONの1stと並んで、当店の過去入荷商品スラッシュメタル部門の中ではダントツの大反響を記録しました。オリジナル盤CDは流通激悪なうえにプレスミスもありましたが、それでも幾度となくレーベルに再オーダーをコンタクトするも、遂に全く音沙汰がなくなって早数年。この度、2003年 Prepare to Dieデモもボーナス収録した13曲入りで、SUPERCHRISTのPlanet Metalからめでたく再発されました。やっぱりChris Black氏の仕事は素晴らしい!!!



今回はメンバーのセルフ・ライナーノートが掲載されてまして、そのメンバーのコメントに全てが集約されていますので、ゴチャゴチャ解説しないからそれを読んで聴いてくれ!と言いたいところですが、そうはいきません。とにかくこのアグリーなロウ・ノイジー・スラッシュメタル・サウンドは、いつ聴いても大興奮させられますので!!!ホント超汚ねーーー音です!!!こんな汚らしいスラッシュメタルが2000年代に存在してることを、ぜひ良識あるスラッシャー君たちに実感して、ブチのめされてほしいです。KREATORとBATHORYのカバーもやってますが、オリジナル曲もまさしくその2つをミックスして爆発させた感じで、SLAYER影響下スラッシュメタルの極北とも言えます。しかも耳に残る印象的なメロディーも多くて、スピード・ノイズ・スラッシュなのに、驚くほどキャッチーです。とにかく汚くて速くて、でもリフは爽快なまでに刻み倒してくる、こんなスラッシュメタルが聴きたかった人は絶対に多いハズ。凄い。本当に凄いです!!!







・SAURON - Logo WOVEN PATCH ¥500



再発CD大反響につき、Planet Metal製オフィシャル・パッチも入れてみました!!縦約5cm、横約9.5cmです。







・NECRO - Gore Ceremony LP ¥1600 (Iron Bonehead prd.)



イタリアン・デスメタルの1stアルバムLP。AUTOPSYからの強い影響を土台にして、初期デスメタルのさまざまなスタイルをうまく消化したネクロ・ゴァリー・デスメタル!!スピーカーから音が出た瞬間にゲンナリさせられる、腐臭と倦怠感が爆裂した地下デスメタル特有の感触に嫌悪感を催す人には非常にキツいバンドですが、IMPETIGOやNECROVOREなどの初期ゴア・デスメタルの感触でDEATHの1stを演奏したような曲で幕を開けた後は、スウェディッシュ・デス的グルーム・パートへと展開するビートダウンや、CARCASSの影響を思わせるギター・プレイなど、凶劣なサウンドの裏側にいろんな要素が見え隠れして、前作Split EPが気に入ってた人は今回も絶対必聴の、濃厚ダイハード・デスメタル作品デス!!







・ALTAR - Dark Domains 1989-1995 CD ¥1500 (Konqueror)



初回到着分は1日持ちませんでしたが、早速再入荷しました!!またまた出てきた、極上絶品の初期スウェディッシュ・デスメタル発掘再発盤!!92年にDrowned prod.からSplit CD w/ CARTILAGE (フィンランド)を発表していたバンドで、そのSplit提供曲と91年/93年/94年/95年のデモを収録した17曲入りディスコグラフィー。2004年に亡くなったNASUMの 故Mieszko Talarczyk氏に捧げるリリースとなってますが、実は94年デモでVo.を担当してるのはそのMieszko氏!!デスメタル・シーンから登場した後、NASUMでグラインドコアの可能性を広げた驚異的なエクストリーム・サウンドを生み出し、GENOCIDE S.S.やKRIGSHOTではスウェディッシュ・ハードコア・パンクの伝統を継承して、さらにスタジオ・エンジニアとしても素晴らしい仕事を残してきた天才的ミュージシャン Mieszko氏が数々のデスメタル・バンドを渡り歩いたのは有名ですが、このバンドへの参加はこれまでほとんど語られていなかったようです。Mieszko氏関連の知られざる初期スウェデス・バンド!とのことで興味を抱いたワケですが、しかしこれがもうMieszko氏云々抜きに激渋な初期スウェディッシュ・デスメタルで完璧デス!!!



Split CD音源からスタートしまして、これがいきなりノックアウト必至のカッコよさ!!感触は紛れもない極上のスウェデス・タッチながら、繰り出されるリフと曲調はかなりゴリゴリのスラッシュinfluensedな爆走デスメタルで、PESTILENCE, SEPULTURA, MORGOTH, MERCILESSなどが好きなデスラッシャーにもぜひ聴いてほしいです。陰鬱ドゥーミーなビートダウンの展開はあまりなく、でもスウェデスらしい不穏音階は随所に絡めてますので、やはり王道のスウェディッシュ・デスメタルらしいグルーム感が全体を覆っていますが、このガリガリにアグレッシブなロウ・サウンドは素晴らしく破壊的です。しかも鍵盤の導入や叙情メロディーもチラホラ顔を出してきて、ブラックメタルにも通じるメランコリックな旋律もあって、もう脱帽としか言えない絶品初期スウェディッシュ・デスメタル音源!!



ひとつ気になったのは、このディスコグラフィーCDの5曲目に収録されてる、Split CDのタイトル曲 "Ex Oblivione"でして、途中不自然なスキップがあります。音飛びだな!?と思ったので、すぐにレーベルに連絡したんですが「イヤ、あれはブレイクだよ。音飛びじゃない」との回答。これはだまされてるかも?と不振に思いリサーチしましたところ、Split CDのオリジナル音源も同様であることが判明しました。かなり唐突な無音パートなので、ブレイクではなくマスタリング上のトラブルか何かのような気がしますが、まぁそういうことだそうです。しかしとにかく、なぜ今までこのような形で再発されてなかったのかが不思議なくらいの完璧な初期スウェディッシュ・デスメタル・サウンドに違いはありません。Mieszko氏在籍時フォトセッション他満載の写真や、バイオグラフィーも掲載のジャケ・ブックレットも必見必読。全オールドスクール・デスメタラー必聴級のグレート・リイシューです!!!
01 | 2012/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR