RECORD BOY

Metal from the Graves!!





・URCHIN - Get Up and Get Out 2LPs WHITE VINYL ¥2600 / CD ¥1600 (High Roller)



 IRON MAIDENのAdrian Smith氏が在籍した伝説のNWOBHMバンドのレア音源集第2弾!!先にリリースされてる High Rollerアルバムとはもちろん別内容で、さらに今回のアナログ・バージョンは、77年発表1st 7" Black Leather Fantasyと78年発表2nd 7" She's a Rollerの4曲を収録したボーナス12"も付いた2枚組で、遂にあの幻激レア名作EP音源が現代に蘇ってます!!!1st EPタイトル曲は70年代後半の頃のJUDAS PRIEST系のワイルドなへヴィメタルが憂いを帯びたような、NWOBHMファンに高い人気を誇る名曲。2nd EPタイトル曲はポップでキャッチーなR&Rをパワフルでラウドな演奏で表現した、PROFESSIONALS並みにキラーなナンバーで、初期パンク・ファンにも超オススメです!!



NWOBHMファンのみならず、パワーポップ系のマニアにも人気の高いバンドで、今回発表された79年/80年リハ音源を聴いても、やはりハードロック / パンク云々抜きにして、ブリティッシュ・ロック・バンドとして素晴らしい実力を備えていたバンドだったことがわかります。未発表レア・マテリアル第1弾アルバム High Rollerでは、活動時に発表した2枚のEPではあまり感じさせなかったTHIN LIZZY風のスイートな哀愁も印象的でしたが、今回の未発表集第2弾アルバムでもやはりTHIN LIZZYとの共通性を感じさせる曲調があります。ニューウェイブ系ファンにも人気のあったTHIN LIZZYとの共通性や、2nd EPがDR. FEELGOODやMOTORHEADも手掛けたVic Maleによるプロデュースだった点などからも、URCHINがブリティッシュ・ロックのオールドウェーイブとニューウェイブを絶妙なバランスで融合していたことが改めてわかります。そしてなんと言ってもAdrian Smith氏のギター・プレイとVo.がとにかく極上絶品!!!個人的には、メガ・レアなEP2枚のサウンドよりも、この未発表レア音源集1&2で聴ける曲調の方がAdrian Smith氏の表現する哀愁が強く出ているように思います。



アナログ盤は1000枚プレスのうちのltd.250枚ホワイト・ビニールで入荷、CDは日本語帯&ステッカー付き!!







・RENEGADE - Total Armageddon + Demo 1985 LP ¥1900 (Iron Bonehead)



 オリジナル盤は激レア高額幻アイテムの80'sカルト・スラッシュメタル・クラシック、オーストラリアのRENEGADEの87年発表唯一のアルバムが、85年デモもボーナス収録して限定500枚でアナログ再発!!!METALUCIFERのHeavy Metal Drillジャケの壁一面のレコード中にこれがありましたし、日本国内のリアル・メタル・ショップ各店でも話題となってた作品なので、コレは聴いてみたかった!!



クサレ気味の80'sスラッシュメタル・ファン、特にジャーマン・スラッシュメタル好きなら迷わずこの機会にゲットしときましょう。つんのめり気味の直線的疾走感と重厚なスラッシュ・サウンドは、VENDETTAやANGEL DUSTなどがヨレながらも猪突猛進に突き進んでるようで、これはカッコいい!!Vo.のクレイジーなシャウトも激渋で、メンバーのルックスもかなり渋いです。音質良好なデモ音源も最高の熱さで、危うくて良い味だしてるドラムの音を大黒柱にしたようなバランスも素晴らしい、チープ&デストロイなクサレ・スラッシュメタル極上級品!!写真/デモ・アート/歌詞掲載インナーと、ミニポスター付き!!









・S.O.D. - Crab Society North PICTURE LP + 10" DIE HARD BOX SET ¥4800 / REGULAR PICTURE LP ¥2400 (F.O.A.D.)



 再入荷しました!!完全無欠のキング・オブ・クロスオーバー・スラッシャーズ、S.O.D.の85年1stデモがイタリアのF.O.A.D. Recordsからピクチャー盤LPで歴史的初オフィシャル・リリース!!!!!当時から正式に販売されたことがなかった伝説的音源なので、F.O.A.D. Recordsがリリースすると聞いた時はオドロキました。F.O.A.D.とはしょっちゅう揉めてるから、2012年はもう絶交してやる!と、いつタンカを切ろうかと考えてた矢先のこのリリースだったので、手のひら返しですり寄ってダイハード・ボックス・バージョンもしっかり確保しました。ltd.150のダイハード・バージョンは、レギュラー・バージョン同様のピクチャーLP/ポスター/ゲートフォルド・ジャケに加えて、DISCHARGEカバー含む85年リハ17曲入りカラービニール10"とバックパッチが付いて、ボックスに収まってます!!!



ピクチャーLPのA面に本編の85年1stデモを収録して、B面にはDan Lilker氏がNYC MAYHEM / STRAIGHT AHEAD のCraig Setari氏と組んだS.O.D.の前身プロジェクト CRAB SOCIETYの85年デモを収録。Speak English or Dieのイメージでこの音源を聴く全ての人が腰を抜かすハズです。まるでFEAR OF GODやANAL CUNTなどが後に開拓した壮絶な即興ショートカット・ノイズコア・グラインドの嵐!!!しかしジャケに掲載のDan氏のコメントにあるように、Craig氏とのCRAB SOCIETYのスタイルを踏襲した1stデモこそがリアルなS.O.D.だ、ということです。初期カルト・グラインド好きに絶賛されるのも納得のサウンドです。Dan氏は、Scott Ian氏がANTHRAX寄りの音に近づけていった、とも語っています。ポスターに掲載の当時のファンジンから転載したインタビューも興味深く、ジョークと本気が混ざり合った発言だと思いますが、Scott Ian氏はSODOMが嫌いだったようです。しかしダイハード・バージョンに付属のボーナス10"の音源は、これぞまさしく私達が熱狂したS.O.D.サウンドで、やっぱり今聴いても燃えてきちゃいます!!!



S.O.B.が結成時にバンド名のヒントにして、CASBAHも初期の代表的名曲で影響を表してたように、スラッシュのエクストリームを追求した80年代のハードコア/スラッシュメタル・バンドの多くが、S.O.D.からは衝撃を受けたのです。スラッシュの歴史を振り返る意味でも、これは絶対に1度聴いておきたい事件的音源です!!!
12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR