RECORD BOY

Thrash till Death!!



・STRIKE MASTER - Majestic Strike CD ¥1400 (Blower)



 今やメキシカン・メタルのみならず、中南米スラッシュメタル・シーンを代表するまでの存在となったSTRIKE MASTERの待望3rdアルバム!!1stアルバムは中南米のバンドらしい未完成な一直線スラッシュメタルが魅力だったわけですが、Inflexible Steelミニアルバムから楽曲/演奏共に飛躍的に成長します。ビックリするようなメロディアスなフレーズも飛び出すギターとドラマチックな展開が、中南米スラッシュメタルのレベルを既に越えてましたが、今回は目覚ましい成長を遂げてきた彼らの集大成とも言える仕上がりで、ある程度は予想してたけど本当にA級のバンドみたいな完成度で凄い!!!



演奏力やプロダクションが素晴らしいのなどはもはや当たりまえといった感じで、アイデア豊富なギターリフと作曲/アレンジ能力の高さがとにかく驚異的です。特に印象的なリフ・パターンの連打で疾走する様は圧巻のカッコよさ!!前作とチェンジしたらしい新しいドラマーも素晴らしいドラミングで土台を強固に支えています。Beneath the Remainsの頃のSEPULTURAやRelease from AgonyあたりのDESTRUCTIONがダークネスを薄めた分、代わりに畳み掛けるような展開で猛烈なスピード感を強調して、尚且つへヴィメタル・ルーツのメロディックなギター・フレーズも挟みこんだような、スピードとテクニックが嫌味なく完璧な形で両立しています。ちょっとドラマチックなメロディーを安易に取り入れてるようなヤツとは全く違うのです。VIOLATORと肩を並べる現行中南米スラッシュメタル代表格、と言いたいところですが、これを聴く限り実力とセンスはSTRIKE MASTERの方が先を行ってるようにすら思います。ジャケ・ブックレットにはなんとPOSSESSEDのJeff Becerra氏や、OMEN / ex.SAVAGE GRACEのKenny Powell氏などからの賞賛のコメントが載ってるんだけど、これもあながちウソくさくなくて、ギャラ払って良いこと書いてもらったようなコメントじゃない気がします。正直、アクが弱まって普通のメジャー・スラッシュみたいになってるかな?と全く期待してませんでしたが、完全に想定外のカッコよさです!!







・DEATH SQUAD - Bestial Domination CD ¥1400 (Hell Productions)



 他店さんでジャケ画像見た瞬間から「うー、コレはぜひとも当店でも入れたい!」と思わせてくれたイタリアン・スラッシュメタルのCD。もともとCDRでリリースされてたデモにSplit音源も加えてプレスCDで再発したモノです。



ご覧の通り、明らかに初期SEPULTURAを狙ったイーヴィル・デスラッシュなのですけど、実際現物を手にするとジャケ画像やメンバー写真がつぶれちゃっててちょっと残念。チリチリ・パーマ3人+袖切りGジャンの短髪メガネというデコボコなルックスのメンバーもナイスなので、雑なジャケの出来が一層残念ですが、サウンドはやっぱり完全に初期SEPULTURAでいいぞ!!ズクズクした暗くて黒いプリミティブ・スラッシュ・サウンドは、昨今の南米スラッシュメタル・バンドより南米しててサイコー!!ついでに初期SEPULTURAもっと最凶!!







・DEATHHAMMER - Forever Ripping Fast 2LPs ¥2500 (Hells Headbangers)



 DARKTHRONEのF.O.A.D.アルバム・ジャケの墓堀りモヒカン君が着用してる革ジャンに、このDEATHHAMMERのロゴがペイントされてた事で注目を浴びたノルウェーの2人組スラッシュメタルの、CDで数年前にリリースされて大ヒットした2006年/2007年/2008年デモ曲集アルバムが、ボーナス曲を加えた2枚組でアナログ化!!



ジャケからはポンコツ臭がにじみ出てますが、サウンドは80年代の荒々しい直線型スラッシュメタルが好きな人はノックアウトされるであろう暴走突撃ロウ・スラッシュメタルでカッコイイっす!!! ジャーマン・スラッシュ好きはとりあえず間違いナシな内容ですが、強いて言えばDESTRUCTIONがドランク・テイストを増したような感じでしょうか。でもノルウェーINFERNOみたいな完全無欠スラッシュメタルではなく、カナディアンSACRIFICEみたいなSLAYER直属ダーティー・スラッシュメタルなノリもあります。裏返りハイトーン・シャウトのVo.はちょっとABIGAILのYasuyuki氏っぽくもあって、演奏のロウネスと相まってパンクメタル・スラッシャーにもオススメです!!









・MURDER IN THE FRONT ROW - BOOK ¥3500 (Bazillion Points)



 再入荷しました!!トムGウォリアー自伝本 Only Death Is Real、伝説のノルウェー・メタル・ファンジン Slayer ZINE編集版METALLIONに続いて、またしても80'sハードコアメタル・ファン大興奮の写真集がUSから出ました!!!80年代初頭のUSサンフランシスコで爆発した、通称ベイエリア・スラッシュメタル・シーン創世記の激レアなショットが超満載の凄い本です。Only Death Is Real BOOKと同じくらいの大きさの23.5cm x 29cmで、全272ページ・オールカラー写真!!!



METALLICA, MEGADETH, EXODUS, POSSESSED, LEGACY, TESTAMENT, VIO-LENCE, DEATH ANGEL, etcはもちろん、ベイエリア・スラッシュメタル・シーンとも密接だったLAのSLAYERも大々的にフィーチャーされています。ベイエリア・スラッシュと聞いてザクザク爽快なだけのスラッシュメタルを想像してしまうヤング・スラッシャーには絶対見ていただきたいし、当時を知るヘッドバンガーズも、この時代のベイエリア・スラッシュメタルはスルー出来ないハズです。Maximum RocknRoll誌でPusheadが企画したスピードメタル特集でも使われてたSLAYER野外ライブの別ショットが、いきなりカラーで飛び出します。Dave Mustaine氏在籍時のアル中クソガキ全開時代から、故Cliff Burton氏が加入して別格へと上り詰めるMETALLICA, そのMETALLICAとほぼ同時期にLAで全米イチ邪悪なスラッシュメタル・サウンドを叩き出していたSLAYER, METALLICAをクビになったDave Mustaine氏が結成したMEGADETH, METALLICAを兄貴を慕いながらもSLAYERとの親交でサタニックなスピードメタルへと深化し始めたEXODUS, Steve "Zetro" Souza氏がEXODUSに引き抜かれてTESTAMENTへと成る前のLEGACY, 華やかなベイエリア・スラッシュメタル・シーンを血ノリと逆十字で黒く染めたPOSSESSED、などなど、どのバンドもハシャギまくりの写真が初々しく、そして Denim & Leather姿がみんなとにかくカッコイイ!!



西海岸パンクのメッカでもあった地域ですので、ハードコア・パンクとの接点にも触れていて、ATTITUDE ADJUSTMENTを始める前のモヒカン・パンクス時代のChris Kontos氏(後にMACHINE HEAD, EXODUS, TESTAMENT, DEATH ANGEL, etcにも参加)、POISON IDEA Jerry A.氏のお馴染み火吹きパフォーマンス、全員マスクをはずしてるMENTORS,等の写真も掲載。さらに、D.R.I.ライブ最前列でノリノリのDave Lombardo氏,いつもの五寸釘ファッションでMEGADETHでヘルプ・ギターを担当するKerry King氏, Kill'em AllのTシャツ着てるJeff Hanneman氏, そしてきわめつけは、Lars, James, Hanneman, LombardoによるMETALLICA With SLAYERのバック・ステージ・フォトなど、スラッシュメタル2大帝王バンド・メンバーのお宝写真は感動的なまでに震えます!!!
12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR