RECORD BOY

Metal from the Graves!!



・SARCOFAGO - I.N.R.I. PICTURE LP ¥3500 (Mutilation)



 初期ブラジル・デスラッシュ・ファン狂喜発狂待望のアナログ再発!!!666!!!2004年のNuclear War Now!再発盤は、ダイハード・バージョンがオリジナル盤を超える高額人気レア・アイテムと化してる、全デスラッシュ/ブラック・メタル・ファン必須のカルト・クラシック 87年1stアルバムが、オリジナル・ジャケ写真を使用したピクチャー盤LPで再発。NWN!のピクチャー盤は違う写真を使ってましたから、このオリジナル・ジャケ仕様のピクチャーLPは初となります。ブラジルのレーベルからのオフィシャル再発で値段が高いんだけど、ヨーロッパ・プレスのため輸送コストが掛かって高くなってしまった、とレーベルは説明しています。もともとあまり流通のいいレーベルでないのにこのハイ・プライスなので、海外ディストロでもまだあまり見かけません。オリジナルCogumelo盤、2ndプレス青空ジャケ盤、そしてNWN!再発ダイハード盤&レギュラー盤と、この作品は再発されるたびにアナログ全制覇してる方もいらっしゃるでしょう。今回は写真がボケボケだけどポスター付きで、保護ビニールにはロゴ/バーコード・シールも貼られてて、アナログ全制覇に燃えるそんな人達にも嬉しい初仕様となってます。そしてアナログで入手できる日を待ち望んでた人は、この永遠に激渋なジャケ写真をクルクル回るピクチャー盤で聴きまくりの、拝みまくりので、堪能しまくれ!!!666!!!



冒涜精神を全面に打ち出し、後のブラックメタルのステレオタイプとなるスタイルをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させます。デモを発表した頃のカナダのBLASPHEMYと親交を深め、MORBID / MAYHEMのVo.の故Deadが強くインスパイアされたのは有名な話です。今も尚、猛烈にカルトな人気を誇るこの作品は、初期SODOMを南米らしい原始的な邪悪さで再現し、さらにハードコアからの影響による激速ビートを崩壊寸前で叩き出しているので、初期ブラックメタル・ファン以上に、デスラッシュ・マニアに強くアピールする最高級カルト大名盤。これを聴かずして南米デスラッシュ、初期ブラックメタルは語れません!!!







・SARCOFAGO - Rotting PICTURE LP ¥3500 (Mutilation)



 初期ブラジル・デスラッシュ・ファン狂喜発狂待望のアナログ再発!!!666!!!冒涜精神を全面に打ち出し、後のブラックメタルのステレオタイプとなるスタイルをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させた伝説のカルト・サタニック・デスラッシュメタルの、89年2ndミニアルバムがピクチャー盤でアナログ再発。Under One Flagライセンス盤も当時はリリースされてたけど、ピクチャー盤は今回が初です。ブラジルのレーベルからのオフィシャル再発で値段が高いんだけど、ヨーロッパ・プレスのため輸送コストが掛かって高くなってしまった、とレーベルは説明しています。もともとあまり流通のいいレーベルでないのにこのハイ・プライスなので、海外ディストロでもまだあまり見かけません。保護ビニールにはロゴ/バーコード・シールが貼られていて、I.N.R.I.ピクチャー盤付属のモノと違ってポスターも素晴らしい出来栄えになってます!!



SODOM影響下のサタニック・スラッシュを、ハードコアからも強く影響された激速ビートで爆裂させた、前作1stでの南米極悪イーヴィル・デスラッシュの基盤は揺るぎませんが、この作品ではスラッシュ色を増したジャキジャキな刻みリフが強烈!!楽曲アレンジには多少成長が見られるけど、激速ビートは相変わらず崩壊寸前。名曲 Sex, Drinks & Metalは明らかに Sodomy and Lustをパクリまくった曲構成なので、成長してるのか進歩してないのかよくわからなくなるけど、結局のところSARCOFAGOはSARCOFAGO以外何者でもないと痛感させられる、南米プリミティブ・デスラッシュの名盤です。I.N.R.I.の頃とは違った方向に暴走したメンバーのファッションもサイコーで、これより後の作品になるとまた黒で統一した渋いファッションになるので、この時代がルックス的には一番ブッ飛んでるとも言えます。とにかくこの作品も必聴& dieegghh!!!です!!!







・MUTILATOR - Immortal Force PICTURE LP ¥3500 (Mutilation)



 初期ブラジル・デスラッシュ・ファン狂喜発狂!!!Cogumelo Recordsの初期名作が各種アナログ再発されました!!!南米スラッシュメタル・ファンはもちろん、ユーロ系のダーティー・スラッシュメタル好きにも人気の高いMUTILATORの1stまでも、このシリーズで出てました。これは相当感激です。オリジナル盤は日本では本当になかなか見つからないし、オリジナルを持って内容の素晴らしさを知ってる人こそ、この傑作アルバムの初ピクチャーLP化再発はスルーできないでしょう。ブラジルのレーベルからのオフィシャル再発で値段が高いんだけど、ヨーロッパ・プレスのため輸送コストが掛かって高くなってしまった、とレーベルは説明しています。もともとあまり流通のいいレーベルでないのにこのハイ・プライスなので、海外ディストロでもまだあまり見かけません。保護ビニールにはロゴ/バーコード・シールが貼られていて、あのアカ抜けないけどカッコいいメンバー写真を使用したポスターも付いた素晴らしい出来栄えです!!



今回一緒に入荷したSEPULTURAの2ndと並んで、初期ブラジリアン・スラッシュメタルの最高峰と言える87年1stアルバム。重厚ソリッドなリフで、ジャーマン・スラッシュの猪突猛進な荒々しさとブラジリアン・スラッシュのロウ・パワーが完璧な形で融合しています。KREATOR系の落下型突進チューンやSODOM型の邪悪低音域刻み直線型チューンなど、南米カルト云々抜きに、ジャーマン・スラッシュメタル・ファンも絶対に豪ノリ・ヘッドバンギングしてしまうハズです。この作品もヨーロッパ・ライセンス盤などが当時リリースされていれば、SEPULTURAの2nd並みに熱烈支持されたことでしょう。全80'sスラッシュメタル・ファン必聴級の大傑作です!!!







・SEPULTURA - Schizophrenia PICTURE LP ¥3500 (Mutilation)



 初期ブラジル・デスラッシュ・ファン狂喜発狂!!!Cogumelo Recordsの初期名作が各種アナログ再発されました!!!このSEPULTURAの2ndは、ドイツのShark Records盤やオランダ Roadracer Records盤などからもライセンス・リリースされてましたが、ピクチャー盤は今回が初です。ブラジルのレーベルからのオフィシャル再発で値段が高いんだけど、ヨーロッパ・プレスのため輸送コストが掛かって高くなってしまった、とレーベルは説明しています。もともとあまり流通のいいレーベルでないのにこのハイ・プライスなので、海外ディストロでもまだあまり見かけません。保護ビニールにはロゴ/バーコード・シールが貼られていて、Cogumelo盤Wジャケ内側の渋いメンバー写真を使用したポスターも付いた素晴らしい出来栄えです!!



キング・オブ・ブラジリアン・スラッシュメタルのこの87年2ndアルバムは、初期のカルト・アンダーグラウンドなブラジリアン・デスラッシュ風味を残しつつ、ピュア・スラッシュメタルのクォリティーに肉迫した作品として、日本のアラフォー・スラッシャーには全SEPULTURA作品の中でも恐らく最も人気の高いアルバムだと思います。ヨーロッパ盤が当時日本にも多く入ってきて、「ブラジルにダークで激渋なスラッシュメタルがいる!」ってな空気で、かなり話題となりました。SLAYERの影響を打ち出したバンドは当時世界中にたくさんいたけど、低音域徘徊型のリフをソリッド且つ粗さも残した極上の感触で表現し、そこにMax Cavalera氏の感情を押し殺した低音Vo.が乗ったSEPULTURAのスタイルは、パーティー・ノリが横行し軟弱化しつつあったスラッシュメタルに絶縁状を叩き付けたデスメタラー達にも絶賛されました。あらゆる意味で、南米スラッシュメタルの最高峰と断言できる歴史的名作です!!







・THANATOS - Official Live Tape 1987 CD ¥1200 (Konqueror)



 現在も活動を続けるオランダ・デスラッシュメタルを代表するバンドの、90年1stアルバム Emerging from the Netherworldsよりも以前の87年にカセット・テープで発表した幻のライブ・アルバムがCD再発!!中国のArea Deathが1stアルバムをCD再発した時にボーナスとしてこの音源も収録してましたが、今回が初単独再発になります。



「お前らハードコアも好きか!?」と言って(るのかはMCが英語じゃないのでわかりませんが、そんなノリで)D.R.I.の2連発カバーもやってたりするように、SLAYER直系スラッシュメタルがハードコアのスピードに触発されて暴走し、さらに当時台頭しつつあったデスメタルのイーヴィルなダークネスも備えた、Late 80'sデスラッシュの典型であり理想的なサウンドがいかんなく発揮されたライブで、カセット・アルバムとして当時発表したのも納得のカッコよさデス!!ミレ・ペトロッツァ似の吐き捨てシャウトと暴走スピード・デスラッシュメタル・サウンドは、初期MERCILESSやPORTECTORにも匹敵する実力と言っても過言ではありません。ジャケにはメンバーのコメントが掲載されていて、DEATHROWと共演したこの時のライブは、メンバーはなんと平均年齢17歳だったというからオドロキです。THANATOSのDARK ANGELカバーEPもリリースしてたKonqueror Recordsからの限定500枚リリース!!









・FUNERAL BITCH - The Demos 7" ¥900 (Blackmass)



 再入荷かなりお待たせしてスミマセンでした!!MASTERやDEATH STRIKEなど、ここ最近頻繁にリリースされるPaul Speckman氏関連再発の目玉とも言えるリリース。Paul Speckman氏と、後にZNOWHITEにも参加するAlex Olvera氏の2人を中心に83年に始動したバンドの、86年と87年のデモ2種をまとめたEPが限定500枚でリリース!!!シカゴでFUNERAL~と聞くと、Turbo MusicからのアルバムやCCG Underground Recordsからのデモ12"シリーズも出てた激渋デスラッシュ・メタル FUNERAL NATIONが思い浮かびますが、そのFUNERAL NATIONはPaul Speckman氏のABOMINATIONとこのFUNERAL BITCHのメンバーらが後に始めたバンドだそうです。Paul Speckman氏絡みのシカゴ・ハードコア・メタル人脈はややこしいのでマニア以外は完璧に理解する必要もないでしょうけど、ジャケ中のPaul Speckman氏のライナーを読むとその一部分が垣間見えてとても面白いです。



このFUNERAL BITCHもセッション・プロジェクト的な感じで始まったようで、交流のあった初期DEATHなどと小さなクラブでプレイしていたようです。しかし当時人気絶頂だったCRO-MAGSとの共演では300人もの動員があり、このFUNERAL BITCHのブルドーザー級デスラッシュ・サウンドをCRO-MAGSメンバーもいたく気に入ったというエピソードもライナーで記述されていますが、確かにこのバンドはPaul Speckamn氏のこれまでの仕事の中では最もハードコア・テイストが強いです。86年デモはまるでREPULSION状態のMASTER / DEATH STRIKEといった感じの、爆速ドへヴィ・ブルータル・デスコア・スラッシュで驚愕デス!!!!!これはプレ・グラインド好きも腰を抜かすのではないでしょうか。まるで初期Earache周辺スピードコア/ステンチ・クラストの元ネタのようなサウンドです。87年デモでは音質も向上してもう少し整合感も備わってますが、Paul Speckman氏のVo.もちょっと似てるせいか、まるでブルータルな初期RIPCORDに聴こえて、こちらもまた最高のトータル・デス・サウンド!!MASTERのデモ・アルバムに続いて、スラッシュ・ハードコア・ファンはまたしてもPaul Speckamn氏の恐るべき偉業にブチのめされてください。全ロウ・デスメタル・ファン、オブスキュア・スラッシュ・ファン必聴!!!







・ABOMINATION - Abomination / Tragedy Strikes 2CDs ¥2200 (Nuclear Blast)



 MASTER, DEATHSTRIKE, FUNERAL BITCHのおいしいトコロをアンダーグラウンド・レーベルに全て持っていかれたNuclear Blastが、ABOMINATIONを2枚組で再発!!別に今のNuclear Blastにとってはそんなの痛くもかゆくもないでしょうけど、ハードコアにもリンクするデスメタル・レジェンドとしてMASTERやDEATHSTRIKEが世界中で反響を呼んでる中、なんか取り残された感もあったバンドですし、当店もABOMINATIONだけはMetal Mind盤の再発の時も入れてませんでした。実際、サウンドの印象もそんな感じでして、MASTERとの違いにちょっと面食らう人もいるかも知れませんが、今こそ改めて聴いてみますと、黄金期デスメタルらしさとPaul Speckman氏らしさが入り混じったデスラッシュ・メタルで、けっこう楽しめると思います。



スカンジナビアのハードコアにも通じるストローク・リフの重戦車疾走デスメタルのMASTERとはかなり違って、当時のデスメタルの主流に近い複雑な曲展開が特徴です。しかし今聴いてみると、やはりPaul Speckman氏らしい馬力でねじ増える強引な力技の曲展開で、これがけっこうクセになります。さらに疾走パートはMASTERなどよりもスラッシュメタル然としたスタイルで、モロにSLAYERな低音域刻み倒しリフにはやっぱり燃えてしまいます!!つまるところ、Paul Speckman氏のゴリゴリ・パワーをMASTERなどとは違った形で表現したデスラッシュ・メタルと言えるでしょう。



ディスク1には90年1stアルバム Abominationと88年デモ、ディスク2には91年2ndアルバム Tragedy Strikes / 99年 Final War EP / 87年デモを収録した全36曲入り2枚組。デモ・アートやカラー写真も掲載したジャケ・ブックレットも必見です!!







・DEMONTUARY - Of The Fallen Years CD ¥1200 (Heaven and Hell)



 USテキサスで活動するブラックメタル・バンドで、OF THE FALLENと名乗っていた前身バンド時代の97年CDと99年デモをまとめた13曲入りCDです。1st CDはWild Ragsからリリースされていたので、DEMONTUARY名義で初期音源集としてリリースするより、OF THE FALLENのディスコグラフィーCDとしてリリースした方が「?なんか聞き覚えのあるバンド名だぞ?」と引っかかる人もいたでしょうから、あまり上手いやり方ではないです。もっとも、バンドがこういう形で出したかったのなら、周りはとやかく言えませんが。しかし、Wild Ragsと聞いて連想するC級カルトな味も皆無なので、初期USブラックのオブスキュア・グレート・バンドとしてブラックメタル・ファンにしっかりアピールしたい、なかなかのクォリティーにちょっとビックリです!!



Vo.がキーボードも兼ねる4人編成で、北欧ブラックやペイガン・ブラックに強く影響されてたようです。シンフォニックな鍵盤の旋律と、正統派へヴィメタルを基盤にスラッシュ~初期デスメタルも通過したギタリストのプレイがバツグンで、ドラマチックな曲構成も文句なしで、90年代USテキサスでこの劇的コールド・ブラックメタル・サウンドは驚異的です!!EMPERORやDISSECTIONあたりの初期北欧ブラックメタルのメロディックなスタイルが好きな人にもぜひ聴いてもらいたいです!!シルクスクリーン・プリントのDIYなパッチも付けてもらいました。
12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR