RECORD BOY

Kult of Death!!



・NECROPHILE - Mementos in the Misting Woods CD ¥1200 (Dark Descent)



 お待たせしました!!!MESSIAH DEATH, TRANSGRESSOR, そしてMESSIAH DEATHメンバーが発刊していた伝説のファンジン Deathrash Mayhem ZINEなどとともに東京にデスメタル・シーンを築いたバンド NECROPHILEのコレクションCDがやっと到着しました。NAUSEA (LA)のEPなんかも出してたBaphomet Recordsからの92年EP, 91年オムニバスCD提供曲, 89年2ndデモ, 88年1stデモ, そして91年LAでのライブを収録した全11曲入りです。



MULTIPLEXのVo.も兼任してたベース&Vo.の大熊氏, 初期HELLCHILDのベースも担当していたギターの松永氏, そして当時はTRANSGRESSORも兼任して、現在もANATOMIAで日本デスメタル・シーンの牙城を死守するドラムの田中氏の3人編成。BATHORYのレコードのサンクス・リストにメンバーの名前が載ってた知る人ぞ知る西東京のCRUCIFIXION, 現UNHOLY GRAVEの小松氏がやってたDEATHPEED, そして大阪のBELETHなどと並んで、日本でデスメタルをイチ早く実践した伝説のバンドです。ハードコアからのクロスオーバーでS.O.B.とROSE ROSEが海外のEarache周辺のグラインドコア/UKHCシーンとも交流を始める中、MESSIAH DEATH / Deathrash Mayhem ZINEの小久保氏周辺の西東京を拠点にしたNECROPHILEやTRANSGRESSORも海外シーンとコンタクトを積極的に取り、NECROPHILEは91年にUSミニツアーを敢行します。LAでのギグはSADISTIC INTETNTが、バージニアでのギグはDECEASEDがオーガナイズをしたという事実だけで、いかに彼らが海外のデスメタル先駆者バンドとともにシーンを切り開くべく活動していたかがわかると思います。余談ですが、関係者の方からうかがった当時のUSツアーの際の逸話もまた興味深く、フレンドリーなナイスガイだったSADISTIC INTENT周辺はやはりデンジャラスなシチュエーションで、命知らずだった自らの行動は今となっては冷汗モンの思い出だそうです。



NECROPHILEのサウンドは、親交の深かったUSのデスメタルに共通する点が多いです。不穏音階のグルーミー・パートもテクニカル・リフも明らかに北欧のデスメタルとは異質で、さらにグラインドコアからの影響も強かったと思います。USツアー時には、NAUSEA, EXCRUCIATING TERROR, ROTTREVORE, DOOMSTONE, etcとセッションして交流を深めたと、当時のNo Deceptionファンジン掲載インタビューで大熊氏が回答してた通り、それらの交流が見事にNECROPHILEのサウンドの血肉となった、素晴らしく激渋な初期デスメタルのダークネスが堪能できます。日本でオールドスクール・デスメタルが根付かない現代に於いて、このNECROPHILEがUS西海岸デスメタル・ファンを中心に海外での知名度の方が高いというのは嘆かわしいことですが、これを機にぜひジャパニーズ・デスメタル・レジェンドを体験してみてください!!!



再生に支障はありませんが、ディスクにスリキズや汚れがあるものがありましたので、なるべくキレイなものからお売り致します。







・SADISTIC INTENT - Resurrection of the Ancient Black Earth CD ¥1600 (Iron Pegasus)



 再入荷!LAデス/グラインド・シーンの草分け的存在の表の顔がTERRORIZERならば、LAデスメタル裏番長とでも言うべき伝説のデスメタル・バンドの、94年 Resurrection EP, 96年 Ancient Black Earth EP, 2002年 Morbid Face EPを収録したコレクション・アルバム。元々は2000年にLPでリリースされてましたが永い間廃盤状態。このCDとも収録内容の一部がダブってたブートLPが、暴走したマニアの間でとんでもない値段で取引されてる状況に嘆いて、バンドとレーベルが遂にCDで再発しました。



熱狂的な信者を持つカルト・デスメタル・バンドとして今でも恐れられているバンドで、メンバー全員が一時はPOSSESSEDに参加し、唯一残ったPOSSESSEDオリジナル・メンバーのJeff Becerra氏のバックを支えていたのも話題となりました。サウンドもまさにPOSSESSEDの申し子のようなUSデスメタル。不穏な単音リフとストローク・リフを主体に、USデスメタルのインテンスな疾走感で邪悪に爆裂したダーティー・サタニック・デスメタル・サウンドは、「TERRORIZERにもうちょっとデスメタル要素を加えたら...?」とか、「邪悪度をキープしたまま、MORBID ANGELが小ざかしいテクニカル・テイストをちょっと削ったら...?」等と妄想してしまう人には、ドツボのカッコよさでしょう!!! 彼らの取り巻き連中がギャング/チカーノ・マフィアだというのは西海岸エクストリーム・メタル/パワーバイオレンス界隈では有名な話ですが、SADISTIC INTENTのバイオレント且つダーティーでクォリティーの高いデスメタル・サウンドが、本物の極悪連中の心を掴むのかも知れません。激渋なフォトセッション/ライブ写真も掲載のブックレット・ジャケも必見。ラストに収録されてる、師匠POSSESSEDの大名曲 The Exorcistのカバーも極悪邪悪凶悪にカッコイイです!!!







・HAZAEL - Chapel of Doom / Rehearsal '91 DIGIPACK CD ¥1600 (Psycho)



 90年代に活動したポーランド・デスメタルの90年1stデモに、2ndデモとしてリリースされてた91年リハーサル音源をプラスした限定500枚デジパックCD。ジャケからも感じられる通りのオカルティックなムードのデスメタルで、全く無名?なだけに、かなりのインパクトでビビリます!!MERCILESSなどのジギジギ刻みデスラッシュ系よりも暗黒ロウ・サタニックなムードが凶烈すぎて、もはやMORBIDのようなBATHORY影響下ブラック・スラッシュに近いです。アーリー90'sユーロ・デスラッシュ/ブラック・スラッシュ・ファンのドツボを突きまくる不意打ちの極上カルト・オブスキュア・ブラック・デスラッシュ音源!!!







・HAZAEL - Clairvoyance CD ¥1500 (Psycho)



 90年代に活動したポーランド・デスメタルの92年3rdデモを収録した6曲入りCD。1st/2ndデモCDは、ジャケがサウンドの雰囲気もよく表してましたが、この3rdデモCDも裏ジャケの革ジャン姿のメンバー写真見てピクッと来た人なら絶対にイケます。かなり極上の初期スウェディッシュ型ピュア・デスメタルに大成長してて、1st/2ndデモCDとは違った意味での仰天絶品のオブスキュア・デスメタルです!!



スラッシュの名残もあるジョリっとした感触もスウェディッシュっぽいし、かなり聴かせるメロディックなギターソロはアトモスフェリックなムードさえ漂わせて、間違いナシのアーリー・オブスキュア・デスメタル極上品です。ジャケ・ブックレットには当時のファンジン掲載インタビューがたくさん載ってまして、ポーランド語のファンジンばかりなのですが、ENTOMBED, GRAVE, UNLEASHED, TIAMAT,etcの名前を挙げて回答してるので、やはりスウェディッシュ・デスメタルには強く影響されていたようです。そしてそれらのスウェディッシュ・バンドと並んで、ANATHEMAの名前も挙げているのも、完全に納得のいくサウンドです。1st/2ndデモCDはロウ・ブラック・デスラッシュ・マニアに、そしてこの3rdデモCDは初期スカンジ・デスメタル・ファンに自信を持って大推薦できます!!

プリンター/FAX 不具合のお知らせ


boytag-gold.jpg

昨日12/14(水)から、プリンターFAX複合機に不具合が生じまして、通信販売でお買い上げの方の明細と、FAXの受信ができない状態にあります。復旧まで数日掛かりそうですので、いつもFAXでご注文してくださる方は、申し訳ございませんが暫くの間、メールまたはお電話でお願いします。通販でお買い上げの方にも、暫くの間は明細が同封ができません。ご迷惑をお掛けしますが、ご了承願います。復旧次第、またこちらのブログと入荷情報BBSにてお知らせ致します。
11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR