RECORD BOY

Happy Metal Punk Year!!

*先にお知らせしました通り、12/31, 1/1, 1/2の3日間は休業しますので、これが2011年最後のアップデートです。1/3(火)から通常通り営業いたします。今年もお世話になりました。来年2012年もどうぞ宜しくお願いします!!







・DORAID - Alive at Inferno Vol.4-Demon Revival- TAPE ¥500 (拷問装置)



 今回も発売前からお問い合わせ殺到のDORAID新作!!!彼らの名を全国にとどろかせたカセットEPシリーズ第4弾が限定300本でリリースされました。ベースにex.HELLHOUNDのOshino氏が加入しての初音源となる今回のカセットは、もちろん全て初お披露目の4曲なのですが、全てリミックス・テイクを収録。つまり、オリジナル・ミックス・バージョンが発表される前に、先にリミックス・バージョンをリリースしてしまうという、なんともDORAIDらしいルール無用の悪党です。しかも各曲違ったリミックスで、それぞれ個性的な曲がさらにクレイジーなパンチをぶちかます!!!



1曲目から、まるでステンチ・メタルクラスティーなノイジー・サウンドで暴走して、DORAIDのバイオレンス・テイストと相まって強烈な幕開けです。伝統的なジャパニーズ・ハードコア・スタイルの疾走感とコード進行で熱くさせるガッツみなぎるナンバーで、正統派ジャパコア・ファンにもオススメしたくなります。続く2曲目は80'sジャパメタ全開の哀愁メロディック・メタルコア・ミッドテンポのナンバーで、ROMMELなどの影響では?と思わせる節もあります。B面の2曲もまた、伝統のジャパニーズ・スタイルで攻めまくります。これぞ日本メタルコアなバイオレント・ダーク・ドライビング・ナンバーのB1と、メロディックなギターが冴えわたる直線的メタルパンク・スラッシュ・ナンバーのB2で、つまりA1からB2まで、終始DORAIDらしさが隅々まで行き届いた、昭和メタルコア・ファン大満足大興奮の4曲です!!!







・NOIA - Necessary Extinction LP WICKED EDITION ¥2200 / REGULAR EDITION ¥1600 / CD ¥1200 (Plague Island)



 LPもリリースされました!!前作CDを大阪のSabbathid Recordsから出していたイタリアン・ブラックメタル・パンクの2010年3rdアルバム。前作もかなり好印象でしたが、この作品はガツンと一発お見舞い級に付きぬけた傑作!!ジャケ・デザインはDEVIATED INSTINCTのMidが担当してます!!



サウンドはクラスト・パンクやスウェディッシュ・ハードコア・パンク的な爆走ドライブ感が特徴ですが、パンクのライトな感覚は全く取り入れずに、ブラック・スラッシュの獰猛でアグレッシブな姿勢をキープ。前作は北欧ブラック系の冷たい雰囲気や近年のDARKTHRONEみたいな感触もありましたが、今回は極悪ドランク・ドライビング・テイストが際立ってて、ドイツのBLIZZARDやスウェーデンのGEHENNAHなんかが好きなドランク・スラッシュメタル・バンガーズも興奮しちゃうでしょう。"ブラックメタル・ネクロパンク"スタイルから、スラッシュなリフと疾走感が強まって、ノルウェーINFERNOファンにもオススメです。BESTHOVENとのSplit CDがカッコよかったPISTONSといい、イタリアのメタルパンクはあなどれません!!と思ったら、PISTONSのメンバーも在籍してました。メタルパンク・ファンからドランク・スラッシュメタル・ファンにまで満足してもらえるであろう、これはかなり大穴オススメです!!



LPは限定109枚のグレー・ビニールも入荷!CDも久しぶりにガッツリ再入荷しました!!







・PROMISCUITY - Infernal Rock N' Roll TAPE ¥700 (Israhellbangers)



 イスラエルから登場したメタルパンクの3曲入り1stデモ!!タイトルにもあるように、R&Rテイストの疾走メタルパンク・ナンバーでスタートしてゴキゲンな感じ!!CHILDREN OF TECHNOLOGY系のメタルパンク・ファンにオススメだな、と思ってたら、後半はその重厚ロウ・メタリック・スラッジな感触を利用して、続く2曲目などはステンチなメタルクラスト風味もあるミドルテンポ・ナンバー。しかしラストはまた疾走ドライビングなメタルパンク・チューン。総括すると、重厚ダークなタッチで繰り出されるロッキン・テイストもあるメタルパンク、といった感じ!!







・DENIAL FIEND - Horror Holocaust CD ¥1600 (Ibex Moon)



 Split EP w/ INCANTATIONが好評だったフロリダMASSACRE歴代メンバーによるホラーパンキッシュ・デスメタル DENIAL FIENDの2ndアルバムCD入荷!!最初期DEATHのゴア要素を担っていたデスメタル界のカリスマ Kam Lee氏がVo、同じくDEATHの2nd~3rdの絶頂期を支えたベースのTery Butler氏、ドラムに初期NASTY SAVAGEで復活MASSACREにも参加したCurtis Beeson氏、ギターのSam Williams氏も復活MASSACRE参加メンバーなので、もう全員マサカー。だったのですが大きなメンバーチェンジがあって、なんと新Vo.はACCUSEDをまた抜けたBlaine氏!!しかもドラムはD.R.I.やってたRob Rampy氏!!こうなるともうMASSACREじゃないけど、クロスオーバー・スラッシュ・ファンも絶対に無視できないでしょう。



DENIAL FIENDのコンセプトはもともとアメコミ的なキャッチーな感覚のあるホラー・デスラッシュなので、Blaine氏の起用も全く違和感がありません。Kam Lee氏のストロングなVo.とハードコアっぽいオールドスクール・デスラッシュが特徴だったけど、このBlaine氏加入第1弾シングルは、予想はしてましたが、もうまるで完璧ACCUSEDそのまんま!!!まるでGrinning Like an Undertakerの頃のACCUSEDのようで、ACCUSEDファンは絶対に必聴です!!







・MODORRA - The Putrid 12" ¥1600 (Plague Island)



 前にFISTULAとのSplitが入荷してたスウェディッシュ・デスメタル・パンクスの2010年発表最新7曲入りミニアルバム。スウェーデンのデスメタル・パンクと言うとBASTARD PRIESTが真っ先に思い出されますが、このMODORRAはAUTOPSY, REPULSION + SHITLICKERSをモットーにデスメタル・パンクを追求しています。AUTOPSY、ABSCESS、REPULSIONのようなデスメタルと、クラスト・パンクのステンチ具合を調合したようなスカム・トラッシュ・スラッシング・デスメタル・ハードコアでダーティー&アグリーに爆走してて、前作Splitもなかなかカッコ良かったけどコレもかなり強烈カッコいいデス!!!途中、SHITLICKERSオマージュなパートに展開する曲もありますが、この汚さはデスメタル・ルーツならではでしょう。



デスメタル・パンク汚染が世界中にジワジワと広まりつつある昨今に於いても、主流とはかけ離れた存在で、恐らく今後もブレークするようなことはまずないであろうバンドですが、ノルウェーのLOBOTOMIZEDなどとともにイチ早くスカム・デスメタル・パンクを実践してたバンドです。そしてトレンドとは無縁の真性スカム・デス・パンクスならではの渾身の一撃的な素晴らしい内容です。時代がMADORRAに追いついたと考えても良いでしょう。ぶちのめされます!!!







・USURPRESS - Tales Of Possessors 7" ¥800 (Doomentia)



 DELLAMORTE / TYRANT / DISKONTO / IRON LAMBなどを渡り歩き、"Swedish Death Metal"ブック著者でもあるDanne氏がベースで参加するスウェディッシュ・デスメタル・パンクの単独初7"EP!!Death Invocation Recordsから発表した1stデモの時点でちょっと普通じゃないダーク・クラスト・サウンドに引っかかって追いかけてきましたが、Split w/ BOMBS OF HADES発表以降、リリースを連発。ほぼ同時期にリリースされた単独初12"も素晴らしい内容ですので、ぜひ両方合わせて聴いてみてください。



スウェデス特有の不穏音階リフを大胆に導入したクラスト・パンク・サウンドが独特な渋さを持ったバンドですが、このEPのA面はハードコアなストローク・リフが印象的な疾走ナンバーがキャッチーな印象を与えます。でももちろん、随所にスウェデス不穏音階リフを絡めていて、B面ではやはりスロウ・パートのグルーミー・ワールドが炸裂してます。AUTOPSYとBLACK FLAGに通じる、あの精神病質旋律を絡めた鈍走デスメタル・パンクは、ABSCESSやAwakened by Gore コレクション・アルバムで聴ける初期デモ時代のAUTOPSYなどの影響も感じさせます。BASTARD PRIESTみたいな盛り上がりには絶対ならないであろうスウェデス・パンクですが、クラスティーズにはこのEPが一番オススメです!!







・USURPRESS - In Permanent Twilight 12" WICKED EDITION ¥2200 / REGULAR EDITION ¥1600 (Plague Island)



 DELLAMORTE / TYRANT / DISKONTO / IRON LAMBなどを渡り歩き、"Swedish Death Metal"ブック著者でもあるDanne氏がベースで参加するスウェディッシュ・デスメタル・パンクが、8曲入りの単独初12"を発表。Death Invocation Recordsから発表した1stデモの時点でちょっと普通じゃないダーク・クラスト・サウンドに引っかかって追いかけてきましたが、Split w/ BOMBS OF HADES発表以降、リリースを連発。ほぼ同時期にDoomentia Recsからリリースされた単独初EPではもう少しハードコア寄りの印象を強めてますが、この12"はアルバムで聴かせるべく構成された、USURPRESS流スウェディッシュ・デスメタル・クラストが爆発してます!!LTD.111枚ホワイトビニールのWICKED EDITIONと、ブラックビニール・レギュラー・バージョン入荷!!



スウェデス特有の不穏音階リフを大胆に導入したクラスト・パンク・サウンドで、こないだのSplit w/ BOMBS OF HADESの音源もカッコ良かったけど、テクニック的な面を考慮してか、ドラムがちょっと埋もれがちなバランスが引っかかってました。しかし今回は音質も改善されスウェディッシュらしいブルタリティーが全面に出て、デスメタル・リフワークもさらに際立った感があります。そのスウェデス的不穏旋律リフワークの延長線上でAUTOPSY的なグルーミーなムードを醸し出すパートにも展開して、これはデスメタル野郎に大推薦のスウェディッシュ・クラストと言っていいかと思います。逆にハードコア・ファンには、このキャッチーさゼロの作風はキツイかもしれません。疾走感とダークネスはSVART PARADやBOMBANFALL風でも、BASTARD PRIESTファンにオススメするようなタイプでは決してなく、Awakened by Gore コレクション・アルバムで聴ける初期デモ時代のAUTOPSYや、そのAUTOPSYのデスメタル・パンク版とも言えるABSCESS、さらにはクラスト・パンク風味になったMORBUS CHRONかVILLAINS、はたまた1stアルバムの頃のNEUROSISのようなグルームコア・パンク、と言った感じがします。BASTARD PRIESTみたいな盛り上がりには絶対ならないであろうスウェデス・パンクですが、スカンジ・デスメタラーはぜひチェックしてください!!

STAGNATION / CONTROL - Split EP



・STAGNATION / CONTROL - Split 7" ¥800 (Hardcore Survives)



 東京 vs 福岡ノイズコアSplit EP from Hardcore Survives!!海外ではびこるお子様ノイズコア・パンクとは異質の、両者ともに強烈なサウンドに仕上がってます!!



STAGNATIONはフリーキーなノイズコア・スタイルから完全に一皮むけた、破壊的な怒涛のブルータル・カオティック・ノイズコア・スラッシュが極限に達してます!!ノスタルジーに浸るタイプではなく、ノイズコアの理念とも言える、破壊と構築を体現したような凄まじい内容でノックアウトされます。CONTROLはCONFUSEウォーシップなバイオレント・ノイズコアが今回も炸裂。スノッティーなドランク・パーティー・ムード皆無の攻撃的ロウ・ノイズ暴力の嵐で、九州スタイル・ノイズコア云々ぬきに、初期ジャパニーズ・ハードコア・パンクのバイオレンスな空気が好きな人にもオススメです!!

Metal from the Graves!!



・HORRID - The Final Massacre CD ¥1400 (Blasphemous Art prod.)



 80年代後期から活動するイタリアン・デスメタルの、イントロ+3曲の新録/99年1st MCD/96年1st 7"を収録した10曲入りCD。メロディック・デスメタル手前のキャッチーなリフワークで構成した爆走オールドスクール・デスメタルの新録ナンバーは、ダイナミックながらなかなかのカッコよさです。しかしバンドには悪いけど、時代がさかのぼって初期音源部分に突入するとちょっと信じられないカッコよさでビックリ!!やはりダイナミックな疾走型に変わりはないのですが、Sunlightスタジオ録音の99年MCDはまるでスウェデスな、極上の重厚な切れ味でメロディックなリフワークも飛び出して、ENTOMBED系王道スウェディッシュ・デスメタル・ファンは絶対必聴のキラーな音源デス!!96年1st 7"音源も同じ路線でもちろん全く悪くないしカッコいいのですが、99年MCDの完璧さの前では他音源もかすんでしまいます。







・SANCTUM REGNUM - Sanctaneum / Satan's Flesh CD ¥1500 (Fear No Evil)



 南米ボリヴィアで活動したオブスキュア・デスメタル・バンドで、94年と96年に発表したデモをまとめた編集盤CDが、BESTIAL HOLOCAUSTメンバーのレーベルからリリース!!不穏旋律や単音弾き邪悪リフからは北欧デスからの強い影響を感じますが、南米特有の原始性が増幅してるせいでしょうか、SARCOFAGOの邪悪音階が重厚デスメタルに溶け込んだようになってて、南米プリミティブ・メタル・ファンもオブスキュア・デスメタル・マニアも惹きこまれるであろうサウンドです!!デモ音源ということもあって、ノイジーさも熱帯地系らしいカルトなムードを強めています。オブスキュア・デスメタル・ファンにオススメです!!







・ONSLAUGHT - Power from Hell CD 25th ANNIVERSARY EDITION ¥1900 (AFM)



 UKHCメタルコア・パンク大名盤が、ドイツのレーベルから25周年記念盤CDリリース!!ギターのNige Rockett氏とともにバンドの中心メンバーであるSteve Grice氏のライナーノート掲載で、さらに激渋初期写真満載のブックレット・ジャケが素晴らしいです。ガンベルトたすき掛け、革ベストのゴリゴリ硬派なメタル・ファッションが激渋です!!ボーナスで本作収録曲の2011年再録バージョンも2曲追加されています。



COR, Pusmort, Under One Flag, Combatの、80年代ハードコアパンク/スラッシュメタルを代表する4レーベルからアナログリリースされた名盤85年1stアルバム。本人達はUSで巻き起こったクロスオーバー・ムーブメントは意識してなかっただろうけど、その無意識こそがリアルで唯一無比のクロスオーバーサウンドを生み出したのでしょう。誰でも考えつきそうだけど誰もやらなかったSLAYERとDISCHARGEの融合。歌詞を考えるのがめんどくさかっただけのようなインスト・スラッシュチューン Skullcrusherが?も?も最高に燃えます。文句なしにカッコイイ80'sメタルコア(バンド自身やパスヘッドはそう言ってました)大傑作!!







・SACRILEGE - Within the Prophecy CD ¥1500 (Keltic)



 再入荷!SACRILEGEマニアックスにはちょっと嬉しい単独再発!!ベストセラーのBehind The Realms Of Madness 1st MLPとのカップリングCDは聴く分には最高だけど、2作品のオリジナル・ジャケを並べたあのセンスのないジャケがイヤだった人も少なくなかったと思います。これはオリジナル・ジャケどおりに再現して、そしてジャケ・ブックレットにはカラー写真も満載!!勢い余ってVARUKERS時代のジャケも載ってたりします。メタルコア・スタイルから、よりドラマチックなスラッシュメタル・サウンドに向けて進化した名作。80's女性Vo.スラッシュメタルの名作であるとともに、まだ充分メタルパンク要素も残ってて、UKHCファンにとってもマストアイテムな重要作。86年デモや86年ライブなどもボーナス収録!!









・MPIRE OF EVIL - Creatures of the Black LP LTD.100 WHITE VINYL JAPANESE EDITION ¥2200 (Iron Pegasus)



 初回入荷分で終了だと思ってましたが、その反響の大きさをレーベル・オーナーに伝えましたところ、スペアで確保していた最終ストックを特別に提供してもらえました!!!スラッシュ/ブラックメタルのみならず、あらゆるエクストリーム・ミュージックのルーツと言っても過言ではないVENOMのオリジナル・ギタリスト Mantas氏が、VENOM復帰時に活動をともにしたAntton氏(Cronos氏の弟)をドラムに、そしてCronoss氏の後任として80年代後期~90年代初頭にVENOMに参加したDemolition Man氏(ATOMKRAFTもやってた人です)をベースVo.に迎えて始動した新バンドのデビュー作アナログ盤がIron Pegasusからリリース。「世間の評価なんてどーでもいい。永遠のアイドルであるマンタスさんの作品をリリースできるなんて夢のようだ。わかるだろ?」と、Iron Pegasusオーナー氏もこのリリースには大感激で、日本限定100枚のホワイトビニールも作ってくれました!!!VENOMのAssaultシリーズの中でも海外で人気の高い "Japanese Assault"みたいなものを作りたかったということで、全身全霊を注いだ最高の仕上がりです。帯はSABBAT / METALUCIFERのGezol氏が制作して、大阪のRock StakkさんとS.A.Musicさん、そして当店の3店舗のみの販売になります。関西の、いや、日本の2大トゥルー・メタル・ショップさんと共に、あのMantas氏の作品の限定販売に当店も参入できるなんて光栄の極みです。これはもう、今までで一番たくさんビックリマーク!使って、今しか言えないことをBloodlust風に叫びたい!!!カモ―ン、ターニナーップ!!!我らがマンタス!!!!!!!!!!



全6曲中、4曲がカバーなので、まずはお披露目ジャブ程度のデビュー作といった感じだけど、JUDAS PRIEST "Exciter"のゴリゴリに熱いカバーでスタートすると、やはり燃えずにはいられません!!途中、一瞬 "Black Metal"と化しながら、ファースト・スピードメタル・ソングとも言われる疾走へヴィメタル永遠のアンセムをアグレッシブに聴かせてくれます。他にも、MOTORHEAD, AC/DC, KISSをカバーしています。オリジナル・ナンバーの2曲はソリッドなタッチがモダンでも、パワー/スラッシュメタルのオリジネータ―らしい、へヴィメタルの伝統とアグレッションが凄い迫力で圧巻です。Demolition Man氏在籍時VENOMの名作から取って、始動当初はPRIME EVILと名乗っていたそうですが、このEMPIRE OF EVILで表現してるサウンドは、へヴィメタルのルーツを見据えてVENOMらしいアグレッションを表現してた "Prime Evil"の現代版とも捉えていいのかも知れません。年末にかけて私達を興奮させてくれるリリースが続々到着してたけど、業界関係者を一番熱くさせてくれたのは、間違いなくこのMPIRE OF EVILです!!!

Japanese!!



・マッディシャロー - S/T CDR ¥300



 大阪ハードコア・パンク新鋭バンドの4曲入りデモCDR!カラスマスク&鋲ジャンのパンク・ファッションがカッコいいメンバー写真のジャケットから、王道ジャパニーズ・ハードコア・ファンならば期待せずにはいられないでしょう。気合いの入った疾走ジャパニーズHCスタイルだけど、一辺倒にならない曲構成には工夫が感じられて、偉大なる日本のハードコア・パンク諸先輩方と、そのルーツになった80年代海外ハードコアもしっかり踏まえたようなサウンドがスリリングで聴き応えあります!!WARHEADなどのファンは絶対にチェックしてください!!ディスクにシリアル・ナンバーも入ってます。







・VEKTOR - 楽観的識別 CD ¥2100 (Mangrove)



 Freedom Fighterからの7"EPと、前作ライブ・ミックス・アルバム Douri Editionに続いて発表された、VEKTORの連発リリース最終作!今までのVEKTORとは違った印象を与えるジャケットに戸惑いながら再生すると、彼らの最大の魅力である妖艶なメロディーとはまた違った手法の、オールド・エレクトリックなニューウェイビー風味の哀愁ダーク・インストゥルメンタルでスタートして、のっけから彼らの戦略の術中にはまってしまいます。しかしその後は、冒頭の妖しいダークネスを維持しながら、VEKTOR節とも言える葛藤を含んだ郷愁メロディーのなパンク・ロック・ナンバー連発で、今回もVEKTORワールドが見事なまでに表現されています!!80年代のジャパニーズ・パンク・バンド、マネキンノイローゼのカバーも含む全12曲入り。







・MOBSPROOF - Vol.7 BOOK ¥1260



 前号から一年ぶりとなる最新号Vol.7!連発リリースのフィニッシュをむかえたVEKTORの特集に始まり、LAUGHIN' NOSE, SEX PISTOLS / RICH KIDS グレン・マトロック, SRUPIDSジャパン・ツアー・リポート, CONTROL / PEOPLE / STAGNATIONメンバーによるノイズコア座談会, WHITE FLAGインタビュー, 映画オジー降臨,etc、読みどころ多数。中でもRight to Workコーナーの植地毅氏インタビューは、バンドマン以上に豪快ムチャクチャな人生を歩む彼の人柄が垣間見えて、BOY的には一番オススメです!!写真ももちろん満載で、魁! PUNK乙女塾 綴じ込み付録コラボ・カレンダー / 遠藤ミチロウ / ゲタカルビ / JAPAN-狂撃-SPECIAL / LUCY & THE LIPSTIX THE MODS / SA / OKAMOTO'S / 毛皮のマリーズ / THE DRUNK BOi!S / STRANGENESS / THE LAST MOMENT / ROUGH STUFF / VENDETTA / FOLKEIIS / -REJECT- / END OF SEEDS / SKIZOPHRENIA / THE PRISONER / -REJECT- / DEATH DUST EXTRACTOR / THE クルマ / BLONDnewHALF THE MEANS / ELECTRIC WARRIOR / ZETU, などなど!!

Thrash till Death!!





・MURDER IN THE FRONT ROW - BOOK ¥3500 (Bazillion Points)



 トムGウォリアー自伝本 Only Death Is Real、伝説のノルウェー・メタル・ファンジン Slayer ZINE編集版METALLIONに続いて、またしても80'sハードコアメタル・ファン大興奮の写真集がUSから出ました!!!80年代初頭のUSサンフランシスコで爆発した、通称ベイエリア・スラッシュメタル・シーン創世記の激レアなショットが超満載の凄い本です。Only Death Is Real BOOKと同じくらいの大きさの23.5cm x 29cmで、全272ページ・オールカラー写真!!!



METALLICA, MEGADETH, EXODUS, POSSESSED, LEGACY, TESTAMENT, VIO-LENCE, DEATH ANGEL, etcはもちろん、ベイエリア・スラッシュメタル・シーンとも密接だったLAのSLAYERも大々的にフィーチャーされています。ベイエリア・スラッシュと聞いてザクザク爽快なだけのスラッシュメタルを想像してしまうヤング・スラッシャーには絶対見ていただきたいし、当時を知るヘッドバンガーズも、この時代のベイエリア・スラッシュメタルはスルー出来ないハズです。Maximum RocknRoll誌でPusheadが企画したスピードメタル特集でも使われてたSLAYER野外ライブの別ショットが、いきなりカラーで飛び出します。Dave Mustaine氏在籍時のアル中クソガキ全開時代から、故Cliff Burton氏が加入して別格へと上り詰めるMETALLICA, そのMETALLICAとほぼ同時期にLAで全米イチ邪悪なスラッシュメタル・サウンドを叩き出していたSLAYER, METALLICAをクビになったDave Mustaine氏が結成したMEGADETH, METALLICAを兄貴を慕いながらもSLAYERとの親交でサタニックなスピードメタルへと深化し始めたEXODUS, Steve "Zetro" Souza氏がEXODUSに引き抜かれてTESTAMENTへと成る前のLEGACY, 華やかなベイエリア・スラッシュメタル・シーンを血ノリと逆十字で黒く染めたPOSSESSED、などなど、どのバンドもハシャギまくりの写真が初々しく、そして Denim & Leather姿がみんなとにかくカッコイイ!!



西海岸パンクのメッカでもあった地域ですので、ハードコア・パンクとの接点にも触れていて、ATTITUDE ADJUSTMENTを始める前のモヒカン・パンクス時代のChris Kontos氏(後にMACHINE HEAD, EXODUS, TESTAMENT, DEATH ANGEL, etcにも参加)、POISON IDEA Jerry A.氏のお馴染み火吹きパフォーマンス、全員マスクをはずしてるMENTORS,等の写真も掲載。さらに、D.R.I.ライブ最前列でノリノリのDave Lombardo氏,いつもの五寸釘ファッションでMEGADETHでヘルプ・ギターを担当するKerry King氏, Kill'em AllのTシャツ着てるJeff Hanneman氏, そしてきわめつけは、Lars, James, Hanneman, LombardoによるMETALLICA With SLAYERのバック・ステージ・フォトなど、スラッシュメタル2大帝王バンド・メンバーのお宝写真は感動的なまでに震えます!!!







・FASTKILL - Bestial Thrashing Bulldozer 恐怖のスラッシュ殺戮兵器 CD ¥2310 (BxTxHx)



 再入荷!東京スラッシュメタル FASTKILLが3rdアルバムを発表!!Split CDEP w/ CODE REDを即完売させた勢いがそのままパックされたような、ハイテンション/スピード/テク/切れ味 etc、FASTKILLの魅力が大爆発した恐怖のスラッシュ殺戮アルバムです!!



USタイプやユーロ系だのという例えも意味を成さない、80年代型ピュア・スラッシュメタル以外の何物でもないサウンドを、狂ったようなテンションで放出しています。そのクレイジーさは驚異的なテクニックとスピードへと余すことなく注がれて、爽快なカミソリ・スラッシュ・リフで構築された楽曲を、ピュア・オールドスクール・スラッシュメタルとしての速さの限界に挑んだような暴走っぷりで叩き出します。もちろん、FASTKILLの特徴でもある個性的なハイトーンVo.も爆発。NEGAROBOのカバー含む全10曲!!

KAMISORI - ふざけんじゃねぇ CD



・KAMISORI - ふざけんじゃねぇ CD ¥1300 (Kamisori Maniax)



 東京サイコビリー・ハードコア・スラッシャーズの5曲り新作CD!ジャキジャキに粗くソリッドなメタリック・ギターによるドライビングなリフはDISFEARなどのロッキン・スラッシュにも通じる爆走感。そこに乗るジャパコア・テイストの不良日本語Vo.がまたワイルドで、今回もハードコアとサイコビリーのイケイケ・テイストのみを抽出したような暴れっぷりが爽快です!!ラストはGAUZE調のハードコア・ナンバー "戦争反対"でフィニッシュ!!

Metal Traditions!!



・BIBLE OF THE DEVIL / WINTERHAWK - Split 7" ¥800 (Onslaught of Steel)



 ZUULとSplit EPをリリースしていたUSシカゴ・ハードロッキン・メタル BIBLE OF THE DEVILと、地元シカゴでは英雄とされる伝説的ハードロック・バンド WINTERHAWKのSplit 7"EP。BIBLE OF THE DEVIL / ZUUL Split EP, そしてDAWNBRINGERの初期未発表音源EPをリリースしてたシカゴ・へヴィメタル・ファン注目のレーベル Onslaught of Steel Recordsのリリース第3弾です。限定500枚プレスのうちのltd.100枚ホワイト・ビニールも入荷してますので、ご希望の方はお申し付けください!!



WINTERHAWKは70年代から存在するバンドで、数年前に82年デビュー・アルバムがCD化されて、地元シカゴ以外のハードロック・ファンにもようやくその名が知られるようになったカルト・バンド。プログレッシブでアトモスフィカルなハードロック・サウンドで、ストーナー・メタル・ファンにもオススメです!!



ZUULとのSplit EPで当店に初登場したBIBLE OF THE DEVILは、真性ヘッドバンガーズとストーナー系ガレージR&Rファンも巻き込んでUSでは人気のメロディック・ツインギター・へヴィロック・メタル。活動歴が長く、幅広いファンを抱えるアメリカンR&Rバンドという勝手なイメージを持ってたけど、ZUULとのSplitで初めてちゃんと聴いて、これはツインギター・ハーモニー好きに人気が高いのも納得だと実感したのですが、今回のSplitにはヤラレました・・・。も~、超THIN LIZZY!!!サビ以外、まんまTHIN LIZZYなんです!!!冒頭のリード・ギターくらいまでは想定内のTHIN LIZZYテイストだったんですが、Vo.までも完全にPhil Lynottになりきってて凄い!!あまりやりすぎるといやらしいと考えたのか、サビはアメリカン・ハードロック風にシャウトしますが、どうせやるならバッシング覚悟で全編THIN LIZZYで通して欲しかった。そしたら批難ごうごうの中でも、もっと大騒ぎして応援したのに。そう思わせるくらい、聴いた瞬間「やりやがったなー、チクショー!!」と思わず熱くなりました。ニヤリとする程度じゃありません。「ふざけるな!!」とレコード叩き割るか、笑って応援できるか、THIN LIZZYファンに是非聴いてもらって判断してほしい!!こんな気分、BOULDERの2nd聴いた時以来だぜーー!!!







・SLINGBLADE - The Unpredicted Deeds of Molly Black LP BLUE VINYL ¥1900 / CD ¥1600 (High Roller)



 スウェーデン・ストックホルムの女性Vo.へヴィメタル・バンドが1stアルバムをHigh Rollerから発表。最近のHigh RollerはいよいよCDリリースが増えてきたけど、やはりそれなりに話題の作品や力を入れてるリリースがCD化されているように思います。もう脱退したみたいだけど、SONIC RITUALの女性ギタリストが在籍してたので前作1st EPを入れてみたのですが、代わりに加入したWITCHGRAVEもやってるギタリストの起用が功を奏したのか、予想以上にカッコいい作品に仕上がってて、ちょっとビックリです!!アナログ盤は限定500枚で、そのうちのltd.150枚ブルービニールで入荷!!



NWOBHM全般に影響されたというトラディショナルなスタイルですが、1st EPの時はドライブ感を強調したAC/DCやACCEPT路線のロッキン・へヴィメタルで、BULLETにジョーン・ジェット系姉御R&Rもプラスしたような感じがしました。しかし今回は全体的に憂いを強めた曲調で、そこに乗る女性Vo.の80年的郷愁メロディーがまた素晴らしくて、ハッキリ言って1st EPより数倍素晴らしいです!!後期ACIDみたいな、80'sヒットチャート風味メロディック・メタル好きにもオススメ!!







・WITCHGRAVE - The Devil's Night 12" ¥1500 (High Roller)



 発売中!Zombie Ritual TapesからのデモがかっこよかったスラッシュメタルのANTICHRISTメンバーらによるスウェディッシュ・へヴィメタルの4曲入り12"。No Colour Recordsのスラッシュ/へヴィメタル部門レーベル Metal Inquisition Recordsから先にCDで出たモノの限定500枚アナログ・バージョンです。ANTICHRISTメンバー参加ということだから、まぁ間違いない内容だろうと適当にオーダーしたけど、これは相当激渋カッコイイぞ!!! キャラクター/楽曲ともにキャッチーなイメージでブレイクしたENFORCERよりもヤサグレてて、IN SOLITUDEのような透明感とは異質のドス黒い郷愁旋律。RUNNING WILDのみに焦点を定めたCAST IRONのようなクローン型オマージュ・バンドではない、スピードメタル化の時代の波に呑まれても伝統を頑なに守ろうとした80年代ジャーマン・メタルの哀愁を思わせるサウンドが絶品激渋カッコイイです。STORMWITCHやTYRANTなどが好きな鋼鉄親父にぜひ聴いていただきたいです。この黒い雰囲気を失わずにブレイクして欲しいと思いつつ、アンダーグラウンドなシーンの中で独占していたいとも悩ませる、最高に魅力的な大注目株です!!!







・JAGUAR - Opening The Enclosure CD ¥1600 (High Roller)



 日本語帯付きでCDもリリース!!日本のNWOBHMファンにもおなじみのバンド JAGUARのデモ音源集。数年前にリリースされて話題を呼んだレア・コレクション・アルバム Archive Alive Volume Iをベースに、ライブ音源をカットしてデモ/未発表のみでまとめた、美味しいところ盗りの素晴らしいセレクションでHigh Roller Recordsが発売。80年デモ/81年デモ/82年未発表デモ・セッション/83年デモの全10曲。NWOBHMの中でも若々しい粗さを剥き出しにした青春系鋼鉄サウンドで、スピードメタルのルーツ・バンドの一つとも評価されています。IRON MAIDENを兄貴と慕い憧れていたのも伺える激しさとファッションも最高に渋くてカッコいい!!







・SPARTA - Use Your Weapons Well 2CDs ¥1800 (High Roller)



 先にアナログ盤でリリースで好評だったNWOBHMのコレクション・アルバムが、日本語帯付き2枚組CDでもリリース!!最近のHigh Roller Recordsのリリース・ラッシュは凄すぎて、付いていくのが正直しんどいですが、これは最近のリリースではかなり話題となっているそうです。7"EPがNWOBHMコレクターに人気の高い激レア・アイテムだというバンドの、80年1st 7", 81年2nd 7", オムニバス提供曲, 82年ラジオ・セッション, そして84/87/90年の未発表も収録した全25曲入り!!



トラディショナルなR&Rをベースにした曲調をへヴィメタルの硬質な感触で演奏した、NWOBHMの典型の一つとも言えるスタイルは、派手さはないけどまさしく渋いという形容がピッタリのサウンドです。ソウルフルなハード・ブギー調にも攻めたりする中にも、ブリティッシュ・ロック特有の哀愁がチラホラ見え隠れしますが、EP発表以降の音源がより日本人好みのNWOBHMスタイルへと進化しててカッコいいです!!伝統的ハードロックを土台にしたへヴィメタル・サウンドに、控え目の哀愁メロディーがより効果的に印象付けるスタイルは、ちょっとHOLOCAUSTなどにも通じる感じでまた渋い!!







・PAUL CHAIN VIOLET THEATRE - Vivid Eyes in the Dark LP PURPLE VINYL ¥1900 (High Roller)



 イタリアン・オカルト・ホラー・メタル総本山 DEATH SSの初代ギタリスト Paul Chain氏がDEATH SS脱退後に始動したソロ・プロジェクト・バンドの、最初期84年レア音源2曲が、この度めでたくHigh Rollerからアナログ盤で単独リリース!!前にアナログ再発盤が入荷した1stデモ Detaching from Satan のCDバージョンに隠しボーナス・トラックとしてこっそりお披露目してた音源で、今回が正式な再発と考えてよいかと思います。600枚プレスのうちのltd.200枚パープル・ビニールでの入荷です!!



DEATH SSでのドス黒いホラー要素を一身に担っていたのがPaul Chain氏だったと思いますが、DEATH SSのあの吐き気を催すまでの極黒さが苦手な人をも唸らせるであろう極上のオカルト・ドゥームメタルが堪能できます。サイケデリックな怪しさが強いホラー・テイストのハードロックで、2曲で50分弱という曲構成からも、かなりリチュアルなムードの強いオカルト・メタルであることがうかがえると思います。しかしアシッドでサイケな黒さだけでないのがこのバンドのカッコよさで、鋼鉄のリフ攻撃パターンや、荒涼殺伐としたホラー・ドゥーム・パートまで、70年代のメロウなヴィンテージ・ハードロックと80年代へヴィメタルの要素が見事にブレンドされた、叙情と呪情が交錯したこれぞイタリアン・オカルト・ドゥーム・メタル!!

Pounding Metal Thrashing Mad!!





・NECRODEATH / GHOSTRIDER - Back to the Abyss Demo Collection CD ¥1400 (Terror from Hell)



 アナログ盤でリリースされ大ヒットしたイタリアン・デスラッシュ最凶カルト・デモ音源2種がカップリングされて、こんな激渋グレートなデザインのジャケでCD化されました!!!666!!!BULLDOZERに次ぐイタリアン・サタニック・スラッシュ代表格NECRODEATHの85年1stデモ4曲と、NECRODEATHの前身となったGHOSTRIDERの84年デモ+84年リハ8曲を収録した、全12曲入りCD。Metal Deadness SPLITアルバムやMERCILESSのデモのアートなども手掛けたカルト・メタル・アーチスト Baelusによる激渋すぎるNECRODEATHのデモ・アートを使ったジャケが素晴らしいので、アナログ盤買った人もまた欲しくなってしまうと思います。もちろんオフィシャル・リリースです!!



NECRODEATHは1stアルバムが87年発表でしたから、エクストリームなアンダーグラウンド・デスラッシュ全盛だった時代背景を考えれば、イタリアでもあれだけのハードコア・デスラッシュ名作が生まれたのは必然とも言えますが、この1stデモのバラバラに崩れ落ちながらもモノスゲー速さで暴走するスピードが、85年に既に生まれていたと考えるとこれは驚異的です!!POSSESSEDの1stアルバムも85年ですから、プロト・デスメタルの歴史を検証する上で大変重要な事件的音源でしょう。SODOMの崩壊サタニックな感覚を土台にしてる点で、SARCOFAGOとの共通性も強く感じますが、SARCOFAGOの1stアルバムなどよりも遥かに崩壊しまくってますから、デモ時代のSARCOFAGOにより近いと言えます。



そしてさらにさかのぼって84年、まだスラッシュメタルという概念がようやく浸透し始めようとした当時に、業界関係者も戸惑わせたGHOSTRIDERの極悪最凶サウンド!!より過激なメタルを求めてNWOBHMの中でVENOMに出会ったようなプリミティブ・ハードコア・サタニック・ヘビィメタルは、デモ時代のHELLHAMMERとの共通性を感じます。イタリアン・カルト・メタル帝王 DEATH SSにも似たドス黒さを内包したパワーメタルだけど、とにかくその衝動性はムチャクチャ!!!音質の酷さも極悪さに輪をかけて、南米デスラッシュにも全く引けをとらないデストロイ・ノイズ・ブラック・へヴィメタル。極悪原始的なパワー・スラッシュメタルという点でブラジルのVULCANOの初期も思い出しましたが、このGHOSTRIDERの方が相当酷いです。もうREENCARNACIONあたりのファンに聴いてもらいたいくらいに。サウンド、ルックス、ともに間違いなく最凶カルトな禁断の極悪デモ・クラシック!!!







・NEKROMANTHEON - Divinity of Death CD ¥1600 (High Roller)



 ノルウェー若手スラッシュメタルの傑作2ndアルバムCDが、High Roller Recs盤でようやっと再入荷!!Duplicate Recs盤CDの入荷は1回こっきりでその後全然入ってませんでしたが、どうやらアナログ盤に続いてDuplictae Recs盤CDも早々に売り切れてたようです。Duplicate Recs盤CDも再プレスされるようですが、ずいぶん長い間ガマンさせられてましたので、このHigh Roller Recs盤CDのリリースは嬉しいです。



DARKTHRONEに可愛がられてる若手デスメタル OBLITERATIONのメンバー2人と、AURA NOIR/INFERNO周辺スラッシュメタル AUDIOPAINメンバーによるバンドで、専任Vo.が脱退して3ピースになっての2ndです。メンバーが減っても勢いは衰えるどころか、よりノルウェー・スラッシュメタルらしさが強く出た仕上がりでバッチリ文句なしにグレートかっこいいです!!!INFERNOやAURA NOIRにも共通するっぽいDESTRUCTION型リフをエッジを効かせてソリッドに、そしてMERCILESSやSADUS系の暴走スピードでジギジギに爆走してて、ちょっと前にアナログ化再発盤が入荷した前作1stでのハードコアなスラッシュメタルより、デスラッシュ的ダークネスを強めながらもスラッシュの整合感も完璧に備えたサウンドが素晴らしいです。POSSESSEDのパクリと指摘されても言い訳できないフレーズが飛び出す点はご愛嬌としても、Tony Portaro型熱血リフ全開のモロWHIPLASHな激走ナンバーも数曲あったりと、ノルウェー・メタルらしいチンピラ・ダークネスな味わいながら、INFERNO直伝とも言える手数の多いコザカシ・リフをこれでもかと連発しながらドカドカに突っ走る様は圧巻のカッコよさです!!VOIVODのAway氏との記念撮影など見つけることのできる切り張り写真インナーも、まるで80'sスラッシュメタル作品らしいレイアウトで、完璧にオススメの現行スラッシュメタル超名盤です!!







・ANTICHRIST (Sweden) - Forbidden World LP BLACK VINYL ¥1800 / CD ¥1600 (High Roller)



 初回入荷分は即売り切れたので、今回はCDガッツリ再入荷させました!アナログ盤はレーベルでは早々に初回プレスのブラックビニールが完売したそうなので、黒盤LPの入荷はこれが最後になると思います。High Rollerが12"アナログをリリースしていたWITCHGRAVEメンバーらによるスウェディッシュ・スラッシュメタル・バンドが待望の1stアルバムを発表。チェックの早い日本国内のスラッシュメタル・ファンの間でも既に話題の作品で、早速ウワサを聞きつけたであろう方や、店頭で聴いてたらすぐに反応してお買い上げの方など、HP掲載前から評判通りの反響ぶりです!!



スウェーデンのバンドですが、CRUEL FORCE, WITCHING HOUR, HELLISH CROSSFIREなどの現行ジャーマン・スラッシュメタル勢と同じベクトルのイーヴィルでオールドスクールなスラッシュメタルで、これはほんとカッコいいです!!!SLAYERやPOSSESSEDを思わせるミュートしない邪悪リフを多用してるのに、感触はかなり正統派スラッシュしてるのが驚異的です。ジャーマン・スラッシュメタルが洗練されたような感じもあるけど、荒々しさは十分に備わっています。のっけからテンションあげられっぱなしで、そして6曲目で完璧にノックアウトされました。まるでPOSSESSEDがスピードメタル風味になったみたいでマジ最高かっこいい!!!ジャーマン・スラッシュのガサツさが苦手な人にも(そこがいいんですが)自信を持ってオススメできます。これはスラッシュメタル版のENFORCERみたいになりそうな予感!!







・BEEHLER - Messages to the Dead CD ¥1600 (High Roller)



 復活ダン・ビーラーーー!!!スピードメタルの始祖バンドの一つとされるカナダのEXCITERのドラムVo.であり中心人物だったDan Beehler氏が自身のバンドを立ち上げて遂に復活。High Roller Recordsからアルバムをリリースしてくれました。EXCITERはギターのJohn Ricci氏によって今も精力的に活動を続けていますので、このDan Beehler御大再降臨で、EXCIERとBEEHLER、もうどっちが本家と考えていいのかわからなくなりそうですが、そんな戸惑いを払拭させる激烈な内容でビックリです!!



ちょっと悲痛なハイトーンと男臭さがカッコ良かったVo.と、重心の低い重戦車型疾走ドラミングで、EXCITERの土台を支えながらもバンドの顔だった、あの渋い男 Dan Beehler氏が、このバンドではもう吹っ切れたと言いますか、ブチ切れたスラッシュメタル・サウンドで勝負してます。勝手な思い込みでしょうが、あまり前へ前へとシャシャリ出ないイメージのイブシ銀なキャラだと思ってた Dan Beehler氏が、「もー、俺様のハイトーン・シャウトとドラミングを食らいやがれ!!」とでも言ってるかのようなムチャクチャさで、デコボコな展開でアグレッシブに突進するスラッシュメタルにブチ切れハイトーン・シャウトを乗せて、バンドのアンサンブルよりも明らかにドラムとVo.を主体に聴かせる楽曲となってます。ある意味、the GREAT KATと同じ方法論とも言えます。老いて増々お盛ん!!仰天です!!!

Japanese!!



・ENDON - Acme Apathy Amok CD ¥1500 (G.G.R.R. / [...]dotsmark )



 その破壊的なステージングもあって、東京のアンダーグラウンド・エクストリーム・ミュージック・シーンを騒然とさせている話題のバンド、ENDONが1st CDをリリース!!ノイズ系エクストリーム・ミュージックに関しては門外漢なので、少しでも当店に近いバンドやレーベル名を挙げて解説させてもらうしかないのですが、本作のライナーノートを、日本を代表するノイズ・ミュージシャンで、GARADAMAとの暗黒悶絶地獄ドゥーム・コラボ・ユニット GOMIDAMAでの印象も凶裂すぎたPAINJERK氏と、DEATHSPELL OMEGA首謀者でNorthern Heritage RecordsオーナーのMikko氏のお二人が寄稿してるという事実だけで、いかにENDONの地下シーンでの暴れっぷりに期待と注目が集まっているかがわかると思います。Mikko氏はノイズ/インダストリアル・シーンでも世界的に知られるアーティスト/レーベル・オーナーでもありますので、そういった事前情報から、私達程度のノイズの知識ではSSPリリースの残虐ハ―シュ・ノイズを想像していましたが、ENDONはやはりバンド形態ならではの極北雑音であり、Hydraheadあたりのジャンク・アヴァンギャルドな雰囲気も感じました。様式を重んじるメタル・サイドからの過激化とはまるで異質の、エクストリーム・ミュージック・テロリスト!!

Kult Metal from the Graves!!



・EVIL BLOOD - Midnight in Sodom LP ¥3000 (Buried by Time and Dust)



 BBTADがまたしても素晴らしく魅力的でおかしなバンドを再発してきました!!クロアチアで80年代初期に結成され、その後80年代後期にLORD OF DARKNESSと改名してロンドンに拠点を移し、そしてさらにその後スコットランドに移って2007年にまたDIJINNと改名し、しかし今は元のEVIL BLOODの名前に戻って活動を続けてるという死にぞこないカルト・メタル!!!本作は84年に録音されながらも89年まで発表されなかったという、デモとしてまるで意味を成さなかった幻激レア音源をLP化した12曲入り。BBTADリリースでこの生い立ち、そしてまぶしすぎるカラー写真がポスターとインナーシートに満載の、もうこれ以上解説も必要ないような最高のカルト・オブスキュア・メタル発掘盤!!!



しかしサウンドにも少しは触れておきますが、まぁ、ほぼ予想通りの素晴らしい内容です。へヴィメタルの伝統に乗っ取ってスラッシュメタル化した80年代初期のパワーメタルが、バンド活動どころではないのでは?と思わせる政情不安の下で表現していた、メタル後進国バンドの魅力に満ちた、これぞカルト・プリミティブ・メタル、と言った感じです。MOTORHEAD, VENOM, あたりの影響がやはり強かったと思われますが、初期SLAYER的なへヴィメタルとサタニック・スピードメタルのミックスが感じられます。あと、バンド名のせいでしょうか、初期SABBATもちょっと思い出してしまいました。



とにかく、このメンバー写真見てもらえれば、あまり余計な解説をするまでもないでしょう。ジャケ色が赤と黒の2種類でリリースされてますので、ご希望のジャケ色がある方はご指定ください!!







・GENOCIDE (US Michigan) - Stench of Burning Death LP ¥3000 (Buried by Time and Dust)



 再入荷!ちょっと前にブートも出回ってたREPULSION前身バンドのUSミシガンGENOCIDEの音源が、なんとBBTADからオフィシャル再発!!! BBTADと言えばNWOBHMを中心にトラディショナルなメタルばかり再発してる頑固者レーベルですので、このGENOCIDEの再発にはビックリです。そしてBBTADリリースですから、非常に素晴らしい仕上がりで最高です!!! ブックレットにはカラー写真はもちろん、GENOCIDEの母体となったTEMPTERなるへヴィメタル・バンドの写真も掲載してて、これがまた非常に興味をそそります。若々しい袖切りパッチGジャンのメタル・ヤング・ファッションがまぶしいまでにカッコよく、ロゴには "Savage Headbanging With A Melodic Punch"と添えられてて、このバンドも凄く聴いてみたい!!!他にも当時のフライヤーやファンジンのインタビューなどを掲載。ちょっと話が脱線しますが、CRUDE SSやHERESYがGENOCIDE / REPULSUONやCASBAH, SCHIZO,etcと一緒に掲載されていたファンジンが載ってて、エクストリームなスラッシュを求めてクロスオーバーしていた当時のアンダーグラウンド・シーンの傾向もよくわかる、必見のブックレットです。



NAPALM DEATHを筆頭にグラインドコアを確立した歴史的バンド達がこぞって"大きな影響を受けたバンド"としてリスペクトして、その名が浸透したカルト・デスコア・メタル・バンド REPULSION。その前身であるGENOCIDEのサウンドの音源は、REPULSIONの再発盤LPとCDにもボーナス収録されていましたので、REPULSIONファンの方には余計な説明は一切不要でしょう。このLPには、86年WFBEデモ / WFBEアウトテイク / 85年Violent Deathデモ / 84年Armies of the Deadデモの全25曲収録で、James Plotkin氏によって改めてリマスタリングされています。後にREPULSIONで演奏する曲も多くやっているように、当時のスピードコア・パンクにも触発されたダーティー・デスラッシュ・メタルコアが、既に確立され爆裂しまくっています。ロウなスラッシュが好きな80'sハードコア・ファンも、オブスキュアなアーリー・デスラッシュ・マニアのメタルヘッズにもオススメの、極上のダーティー・ノイジー・スピード・サウンドと断言できます。全スラッシャー必聴&必見再発盤!!!
11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR