RECORD BOY

Japanese Punk!!



・PSYREN - 終わりなき衝動 CD ¥1575 (Bloodsucker)



 2009年結成東京ハードコア・パンク・バンド、初音源となる6曲入りCDがBloodsuckerよりリリース!!ジャパニーズ・ハードコア・パンクの血潮に、UKハードコアのストレートでアグレッシブなエッセンスも取り込んだレイジング・ハードコア・パンク6曲を収録!!衝動剥き出しのスピードとパワーもかなりの破壊力で、鋭く切り込んでくるプリミティブでロウなサウンドと気合い十分のコーラスからはバンドの怒涛の勢いを感じます!!先着で2011年6月にEARTHDOMで行われたライブを収録したDVDR付き!



*PSYRENのジャケ画像をクリックするとBloodsucker商品一覧にリンクするようにしました。まだ全ての在庫のアップは完了していませんが、合わせてチェックしてみてください!







・BEARDSLEY - Singles CD + DVD ¥3150 (Youth)



 ジャパニーズ・パンク・クラシックス再発ブームの中、コレが今まで出てなかったのは不思議です。女性版WILLARDなどとも言われ、ハードコア・パンク・ファンにも人気のあったBEARDSLEYの、86年1st FLEXI, 86年2nd EP, 86年3rd EP, 87年3rd EPと特典FLEXI, オムニバス曲と86年デモ収録の22曲入りCDと、1stアルバム発売記念ライブの際に入場者へプレゼントされたビデオ History of Beardsley, 87年のStraight Ahead comp.発売記念ライブを収録したDVDも付いた2枚組セット!!WILLARDのJun氏がバックアップしたBEARDSLEYのサウンドはまさしく女性版WILLARDと言った感じですが、ハードコア・ファンにも心地よいスピードとChiaki氏の哀愁あるメロディックなヴォーカル・ラインのマッチは、80'sユーロ女性Vo.ハードコア・パンクとの共通性も感じさせます。海外でも根強い人気の初期ジャパニーズ・ハード・パンク!!

DE-CULTURES - Ring the Bell CD



・DE-CULTURES - Ring the Bell CD ¥1300 (Mindshocking)



 伝説の横須賀ハードコア・パンク BATTLE ATTACKER、F.V.Kや、EL CAMINO 53、CARMINE STAIN等でも活躍するメンバーらによるバンドの1stアルバムがMindshocking Recordsからリリース。USスタイルの軽快なスピード感で疾走するハードコア・サウンドにキャッチーなメロディーを乗せた、京浜ハードコアの伝統とも言えるサウンドが今回も懐かしさ満点で熱くさせてくれます!!刻みリフでスラッシーに突進したり叙情コードで切なく疾走したりと、ツインによる多彩なギター・ワークが冴えわたっていて、畳み掛けるようなスピード・ナンバーの連射なのに最後まで飽きの来ないバラエティー豊かな印象のある作品です。USHC系バンドやAdventure Familiy系京浜スラッシュ・パンク・ファンはもちろん、青春メロディー系熱血疾走ハードコア・ファンにもオススメ!!

EXIT CONDITION!!



・EXIT CONDITION - Impact Time / Bite Down Hard CD ¥1800 (Boss Tuneage)



 これは今のBOYでも興奮せずにはいられない!!!DISCHARGEの地元 ストーク・オン・トレントの出身でBROKEN BONESに参加してたメンバーも在籍したUKHCパンク・バンドの各種音源をまとめたCDが2種同時発売。以前にリリースされていた1988-1994 CDはランダムに選曲したベスト盤的な内容でしたが、このたび遂に完全収録+ボーナスも加えたCD2種で再発です。ジャケ・ブックレットにはメンバー自身によるライナーノート掲載で、日本流通盤はそのライナーの日本語訳と帯が付いてます。このディスコグラフィー前篇には当時Pusheadがバンドに送った手紙も載ってて、もちろんこれも日本語訳が掲載されています。



Pusheadも大絶賛した88年のImpact Demo, BonesのプロデュースでPusmortから発表した89年1st 7" Bite Down Hard EP, そして各種オムニバスに提供された88~89年録音音源を収録した全23曲入りのディスコグラフィー前編。EXIT CONDITIONと言えばUKの灰色の空気が思い浮かぶメロディック・スラッシュ・ハードコアの印象を誰もが持つだろうけど、ライナーを読んでちょっと意外だったのは、メンバーは当時けっこうスピードにこだわりを持っていたということです。実際、NAPALM DEATHやS.O.D.みたいな秒速ショート・ブラスト・チューンもお遊びで披露してました。しかしやっぱりなんと言ってもこのバンドは素晴らしいメロディー・センス。畳み掛けるようなスピードコアにメタリックな刻みも聴かせる切れ味鋭いリフ、そこに切ないメロディーのVo.とギターのフレーズが乗ってきて、いつ聴いても青春センチメンタルな気分にさせてくれます。イギリスの若者達の思いを熱く切なくぶつけたようなこのEXIT CONDITIONのサウンドは、聴く者にUKの曇り空の下で育ったティーンエイジャーの心情を妄想させてくれます。みんなの歌みたいな青春パンクなんぞはここには一切ございません。レイジング・スラッシュとメロディック・パンクの完璧な形がここにあります!!最高に素晴らしい!!!







・EXIT CONDITION - Days of Wild Skies CD ¥1800 (Boss Tuneage)



 こちらは唯一のアルバムである90年 Days of Wild Skies, 91年Peel Sessions, 未発表に終わった幻のSplit w/ SOFAHEAD用92年録音音源, 92年Split EP w/ REVERSE, 94年未発表, 94年オム二バス提供曲, 94年Split EP w/ LOVEMENの全26曲入りディスコグラフィー後編。UKメロディック・パンク・ファンの間では最高傑作の呼び声も高い90年1st LPは、初期のスピード感を残したままメロディー・センスは円熟味を増し、90年代初頭に席巻したUKメロディック・パンクの理想的スタイルを確立しました。その後の作品は初期のスラッシーな粗さが後退した分、たそがれのメロディーはより強調され、終焉を迎えるバンドの状況を音で表現したような切なさに満ちています。







* 今回の同時再発CD2種 Impact Time / Bite Down Hard と Days of Wild Skiesをまとめてお買い上げの方には、メンバーが再発盤に収録するのを渋ったため本編CDには残念ながら含まれなかった、EXIT CONDITIONの幻の最後のレコーディング・セッション2曲入りCDRが付きます!!


Death Punk!!



・RUINEBELL - Demise in Disgrace 7" ¥1000 (Doomentia)



 ex.DISHAMMER / MACHTAZOのメンバーとHOODED MENACE / PHLEGETHONのメンバー2人による、スペイン&フィンランド・ダーク・デス・パンク・メタル・プロジェクトのデビューEP!!肉厚でグロッシーなWジャケットが豪華な、限定500枚クリア・ビニールです。



AMEBIXやAXEGRINDERに、VOIVOD, GODFLESHなどの要素も加えたサウンドとメンバー自身が説明していますが、確かにこれはエクストリーム・メタル・サイドからのアポカリプティックなクラスト・サウンドといった感じです。AMEBIXフォロワーのパンク・バンドの多くがArise!アルバム以降のスタイルに習っているのに対して、メタル系ミュージシャン達のこのRUINEBELLの方が、初期AMEBIXのアトモスフェリックなスタイルを追求してるのは非常に興味深いです。A面ナンバーの曲は至ってシンプルな構成がミニマルですらあるので、SIXXにも通じるゴス・ダーク・パンク。アルペジオのイントロにしゃがれ声を乗せてスタートし、ダーク・アトモスフィカルにドライブするB面ナンバーは、復活AMEBIXにも共通すると感じてしまうのはあさはかでしょうか?しかしとにかく、こういうアプローチを、パンクにも精通してる連中とはいえ、メタル・ミュージシャンによって表現されるのは、パンクスにとってもかなり刺激的な事件と捉えてもいいかと思います。MORNEやCOUNTERBLASTなどに比べたら大した事はやってないのかも知れませんが、「みんな、AMEBIXが好きでルーツにあるんだろ?本当か?」と問いただされてるような気になります。ぜひアルバムで聴かせてもらいたい、今後要注目のダーク・デス・パンク!!







・ATAKKE - March to the Gallows EP 7" ¥800 (Mountains of Madness)



 先日ご紹介した1stアルバムがかなり好評のNYデスメタル MUTANT SUPREMACYのメンバーがやってた女性Vo.クラスト・パンクの1st EP。ブラック&グレイのマーブル・ビニールです。RAW OF THE LAND! ディスコグラフィー・ブックでも紹介されてました。直線的なメタリック・クラスト・スラッシュ・パンクで、女性Vo.と曲の単調さを逆手に魅力としてるタイプです。少量のみの入荷。







・ATAKKE - Avalanche 7" ¥800 (Mountains of Madness)



 こちらは2nd EP。1stほど単調ではない曲調で、下品なシャウトの女性Vo.もだいぶこなれてきて、所謂SACRILEGEタイプのバンドらしく収まってきました。日本では期待度が高かったバンドですが、この作品を最後に残念ながら解散。少量のみの入荷です。







・INSERVIBLES - S/T LP ¥1400 (La Vida Es Un Mus)



 EL ZINE 9号のラテン・ハードコア特集でも紹介されていたメキシカン・パンクの1stアルバム。これ以前に7"EPもリリースしていたようで、中南米ロウ・ハードコア好きの間では既に話題騒然大注目のバンドです。



これは凄いです。殺伐、不穏、ドス黒さ、ロウ、etcといった言葉が脳内を駆け巡る、凄く危険な匂いが充満したハードコア・パンクです。イマジネーションを掻き立てるんじゃなくて、少しでもわかりやすく音を文字で説明しなければならないレコード屋がこういう解説するのは良くないかも知れないけど、なんて言いますか、この、いつ背後から銃で撃たれたりしてもおかしくない状況で演奏してるような、殺気と恐怖に満ちてます。BLACK FLAGやRUDIMENTARY PENIなどの精神衰弱系ハードコアと、スラッシュ・パンクの猛烈なスピードをミックスしたような感じなのに、感情や血の通った感覚がほとんどありません。リバーブVo.とノイジーなスラッシュ・ハードコア・サウンドは、強いて言えばINVASIONなどのスパニッシュ・ハードコアと同類かも知れませんが、当店的にはVILLAINSファンにぜひ1度聴いてもらたいたいです。あと、MAYHEMのDeathcrushの中南米ハードコア版みたいにも捉えてみたくなります。とにかく凄い!!アンダーグラウンド・ロウ・ハードコア・ファン必聴作!!!
10 | 2011/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR