RECORD BOY

Thrash Death!!



・DISGORGE - Gorelics CD ¥1500 (Obliteration)



 日本にもマニアが存在するメキシカン・カルト・ゴア・グラインドの、オリジナルは2001年に限定1000枚でリリースされ長らく廃盤だった初期音源集がObliteration Recordsから再発!!ex. IMPIETY / PROFANATORのAntimo氏も在籍した頃の音源で、98年プロモ・デモ, Split EP w/ SQUASH BOWELS, 97年デモ, 95年録音マテリアル, 94年リハ, 95年デモ収録の全18曲。五寸釘リストバンド/革パン/ロングブーツ姿のカッコいいライブ写真満載のジャケ・ブックレットを見ても分かるように、ゴア・グラインドと言っても引き出しの多さを感じさせるバンドで、CARCASS直系パソロジカル・グラインドを土台に、安定したテクから繰り出されるテクニカル・デスグラインド・サウンドは、オールドスクールなデスメタラーにも強くアピールする渋いバンドです!!







・NECROCURSE - Chaos Carnage Cataclysm TAPE ¥700 (Death Invocation)



 先に入荷した7"アナログ盤が大反響だったNECROCURSEの1st EPが、ボーナス・トラック入りのカセット・バージョンも入荷!!



世界中のダイハード・バンガーズのカリスマ兄貴的存在で、日本の真性鋼鉄信者とも交流の深いスウェディッシュ・ブラックメタル・カルト NIFELHEIMのVo.であるHellbutcher氏が参加のピュア・オールドスクール・デスメタル!!!あのHellbutcher氏がここまでスウェディッシュ・デスメタルの原点的スタイルでまたバンドをやってるなんて、昨今のデスメタル・ムーブメントが単なるリバイバルではないことを表している、大変興味深いリリースです。RUNEMAGICKメンバーらとやってるバンドで、本作が1stリリースとなります。



サウンドはもう200%超スウェデスど真ん中なジャリジャリ重厚疾走オールドスクール・デスで、初期デスメタラーを完膚なきまでにノックアウトする怒涛のOld Swe-death Feast!!!あまりにも直球ピュアすぎて、NIFELHEIM信者には面白みがないかも?と余計な心配をしてしまうくらい、初期スウェディッシュ・デスメタルしてます。でも、ENTOMBEDやDISMEMBERなどを彷彿させるゴリゴリ疾走チューンをバックにイーヴィルにシャウトするHellbutcher氏のVo.はやっぱりカッコいいです。なんて当たりまえな解説も必要ないでしょう。先にアナログ盤買ったけど、店頭でこのカセット見て即買いする人も多い、満足度200%のデビュー作デス!!







・HIN HALE - Beyond TAPE ¥700 (Death Invocation)



 スウェーデン出身ブラックメタルの4曲入り1stデモ。HPなども存在しないようで、ちょっとミステリアスなムードの漂うバンドです。NIFELHEIMのような、スウェディッシュ・ブラックメタルの中でもプリミティブなオールドスクール・テイストを強く打ち出したタイプで、非常にカルト臭の強い原始的ムードが強烈です!!MORBID INSULTERのようなデスラッシュな切れ味などもあえて避けて、どちらかと言うとスラッシュ以前のスピードメタルのような、メタルのルーツにより迫ったタイプの曲調も個性的です。MEFISTOやTREBLINKAなどの影響もうかがわせる、要注目スウェディッシュ・カルト・サタニック・プリミティブ・メタル!!







・OMISSION - Merciless Jaws From Hell CD ¥1400 (Xtreem Music)



 80'sスパニッシュ・へヴィメタル、MUROのメンバーも在籍するイーヴィル・スラッシュメタルの最新2ndアルバム。Split w/ OLD ~ 前作1stアルバムと、足踏みしながら少~しずつ成長してるようなバンドなのに、2005年の結成当初からなぜかダイハードなスラッシャーに注目を浴び続けてきたバンドですが、この作品で一気に突き抜けています。KREATORやPOSSESSEDなどのプレ・デスメタルな80'sバンドからの影響を感じさせるオールドスクール・スラッシュメタルを、正統派メタルっぽさも思わせる演奏で表現してきたスタイルが遂に開花した感の内容で、スピードメタル風の曲構成やメロディアスなギターソロが随所に決まったサタニック・スラッシュメタルが炸裂しまくってます!!KREATORがJUDAS PRIEST方向に原点回帰したような感じもあって、とにかく痛快カッコいいです。前作1stが通好みすぎる内容だったせいか随分長い間売れ残ってたので、今回は弱気な枚数しか入荷させなかったけど、もっとたくさんオーダーすればよかったです。メンバーのルックスは前から激渋だったけど、今回はサタニック・エロなフォト・セッションもバッチリ決まって文句なし!!









・PROTECTOR - Kain and Abel 2LPs SPLATTER VINYL ¥2800 (F.O.A.D.)



 Area DeathからCDでリリースされてたレア音源集が、イタリアのF.O.A.D.から2枚組アナログ盤も出ました!!しかしCDとはちょっと違う内容なので、既にCDを持ってるPROTECTORファンも要注意です。86年1stデモ Protector of Death, 87年ライブ, 87年に3本目のデモ・テープとして発表されたリハーサル・デモ Kain and Abel, 名作1stアルバム Golemのデモテイク的な88年の貴重リハーサル音源, 2000年デモ Resurrectedをまとめた全21曲。トップに収録の1stデモとラストに収録のResurrectedデモはArea Death CDバージョンには未収録で、1stデモはEchoes from the Past CDに、Resurrectedデモはロシアのレーベルからリリースされたコレクション・アルバム Welcome to Fire CDに収録されていた音源です。あと、87年ライブ音源もどうもArea Death CDバージョンとデータが違う気がします。まぁとにかく、全収録音源ともアナログ化はこの2枚組LPが初だったと思いますので、アナログを待ってた人には申し分ない内容です!!



ジャーマン・スラッシュメタルのイーヴィルな突進ダーティー・ロウ・スタイルを、ハードコアにも強く影響されながらより加速させたサウンドで人気のバンド。クロスオーバー・スピードコア・スラッシュ並みの速さの曲もありながら、ジャーマン・スラッシュメタルらしい黒くバイオレンスな要素を失ってないサウンドで、ハードコア・バンガーズから初期デスラッシャーにも崇められるバンドです。ハードコア・パンクのTシャツを着て五寸釘武装してるファッションが、PROTECTORのサウンドを的確に表現しています。NWN!製みたいなかなり厚手の重量ゲートフォルド・カバーの内側に掲載の初期フォトセッションもカッコいい!!



限定500枚リリースで、今回はそのうちのLTD.100パープル・ビニールで入荷!!このパープル・ビニールは既にレーベル完売ですし、今回は入荷してませんがブラックビニールもほぼソールドアウトだそうですので、アナログを待ってた方は買い逃さないようにしましょう!!







・POSSUIDO PELO CAO - Possessed in the Circle Pit LP ¥2400 (R.A.W.)



 数年前に3"デモCDRが入荷してたブラジリアン・クロスオーバー・スラッシュメタルが1st LPをリリース!!人気スラッシュメタル VIOLATORのVo.らによるプロジェクト・バンドです。刻みメタル・ギターで爆走するクロスオーバー・スピードコアといった様相の、まるでVIOLATOR meets R.D.P.な痛快ノンストップ・スラッシュ!!実力のあるメンバーが集まってるだけに、演奏は申し分無し、そして音はオッサン臭さ無しの暴走スラッシュで、近年のブラジリアン・スラッシュの充実ぶりを表しているクロスオーバー作品です。実力派ベテラン・クロスオーバー・スラッシャー DxFxCxのメンバーも確か参加してたと思いますが、DxFxCxとATTITUDE ADJUSTMENTのカバーも披露しています。ブルービニールです!!







・IMPACT - Take the Pain CD ¥1400 (Stormspell)



 数か月前に発売されて、日本のリアル・メタル・ショップ各店で大ヒットしているという、話題のUSオブスキュア・スラッシュメタル再発盤!!91年にメキシコのAvanzada Metalicaからリリースされたオリジナル盤CDは、ebayでなんと$847で落札されたという伝説を持つ、マニア発狂の再発盤です。



Avanzada Metalicaから作品をリリースしたUSカルト・スラッシュメタルと言えば、MORBID SAINTやSAVAGE THRUSTを思い出しますが、このIMPACTも当時なぜメキシコのレーベルから発表したのかが不思議なくらい、ピュアなUSスラッシュメタル・サウンドです。3rd以降のEXODUSやVIO-LENCEあたりのスラッシュメタルを、クランチを効かせるよりもバッキバキにブルータルでダイナミックなサウンドで叩き出してて、このゴリゴリ・アグレッションは、曲調は全然違うけどMORBID SAINTなんかの馬力型のLate 80's USスラッシュにも通じるかも知れません。90年代はメタル・バンドにとっては風当たりも強く厳しい時代だったわけですが、ここ数年再発されるクォリティーの高いオブスキュア・メタルのメガレア盤に、90年代の作品が多くなってきてるのは非常に興味深いところです。
09 | 2011/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR