RECORD BOY

本日 9/21の営業について

大雨の影響で店舗が雨漏りしてしまいました。商品やパソコンも被害を被ってしまいましたので、通常通りの影響が困難です。通販も明日以降の対応となってしまいます。何卒ご理解願います。

from Peruvian Hell!!



・ANAL VOMIT - From Peruvian Hell CD ¥1400 (Rawforce prod.)



 初期は南米ステンチ・グラインディング・デスラッシュ、NWN!がアナログ化もした近年の作品では南米オールドスクール・デスラッシュの理想的なサウンドを聴かせてくれるペルーのANAL VOMIT。2002年にフランスのLegion of Deathから限定300枚でリリースされた5曲入り7"EP音源に2006年ライブ2曲、さらにビデオ・トラックも収録したエンハンスドCD!!



デモを発表したGOAT SEMENが話題となり、辺境の地バンドばかりリリースするレーベル Legion of Deathが日本でも注目され始めたころでしたが、今と違ってLegion of Deathの作品はとにかく入手が困難でした。今回CD化再発されたANAL VOMITのEPも、ファンには待望の再発と言えます。この頃はSARCOFAGOの影響がかなり強い南米デスラッシュ全開で、GOAT SEMENばりの超ハイトーン・シャウトも飛び出してきて、王道のペルヴィアン・デスラッシュが炸裂!!南米イーヴィル・デスメタル・マニアなら興奮せずにはいられないカッコよさです。ライブではMORTUORIOのカバーもやってます。







・HADEZ - From The Graves 1986-1992 CD ¥1600 (Austral Holocaust)



 再入荷!!ペルーのメタル・バンドとして93年に初めてCDを制作しリリースしたバンドとされるカルト・ブラック・デスラッシュ・バンド。そのペルー初のメタルCD作品 AquelarreはドイツのIron Pegasusが再発したりもして、当店でもけっこう売れた南米原始ブラックの極悪名作ですが、これはAquelarreアルバム以前のデスラッシュ時代初期デモ音源集。Aquelarreアルバムではグッチャングッチャンのドロッドロ南米ブラック・サウンドがヒドすぎて吐き気を催させましたが、初期のデスラッシュ時代は極上の南米ノイジー・デスラッシュが最高!!ノイズにまみれたデスラッシュではありますが、ペルヴィアン・デスラッシュ第一人者らしさは感じさせる演奏で、特にドラムは無意味なまで素晴らしいプレイを聴かせてくれます。SARCOFAGOのデモ時代を彷彿させる激渋南米プリミティブ・デスラッシュ!!!



86年1stデモ/リハーサル,90年ライブ,92年4thデモを収録した16曲入りで、ジャケのメンバー写真は激渋だし、ジャケ内側にも初期写真満載。故Euronymous氏がHADEZに宛てた熱烈ラブコール手紙も載ってます。南米ノイジー・デスラッシュ・ファンは完全必聴ティル・デス!!!







・MORTUORIO - Camara De Torturos CD ¥1600 (Austral Holocaust)



 再入荷!!恐らくほとんどの人がこの再発盤で初めて存在を知ったであろうLate 80'sペルー産デスラッシュ・メタルですが、ANAL VOMITがカバーをして、GOAT SEMENがCD化してるように、ペルーではHADEZに次いでデス原始人どもは避けては通れない重要カルト・バンドなのかもです。



CDにはズバリ、「ぺルビアン・デス・ノイズ!!」と書かれてあるが全くその通り!! NWN!が再発したNECROFAGOや、Warfare Noise 1の頃のHOLOCAUSTOなどに近いタイプで、南米原始的極悪雑音鋼鉄マニアにはたまらないサウンドです。89年にデモを1本出しただけで解散してるようで、そのデモとリハやライブを収録した16曲入りCD。



上記HADEZとこのMORTUORIOのCDは、Rip offで有名なレーベルからのリリースのため、直ルートではなく遠回りしての入荷です。今回も入荷枚数はあまり多くありませんが、毎度買い逃してる人はぜひどうぞ。ジャケに多少のしわや、再生に支障はありませんがディスクにスリキズもありますので、ご了承ください。

STILL I REGRET - S/T CDR



・STILL I REGRET - S/T CDR ¥300 (Endless / Nameless)



 東京を拠点に活動するハードコア・バンドの3曲入りデモCDR。当店ではもう数年は入荷していないタイプのサウンドですが、90年代後期~2000年代初頭にかけてUSのアンダーグラウンド・ハードコア・シーンを中心に世界中を席巻した、激情ハードコア・スタイルのバンドです。オールドスクールなスラッシュとは違った形でハードコアのアグレッションを表現し、エモーショナルなダイナミズムが特徴のサウンドは、UNBROKENやRORSCHACHなどからの影響を強く感じさせます。今で言うエモは軟弱なイメージを感じる人も少なくないでしょうが、ガッチガチに頑固だったころの初期Ebullition Records周辺の、カオティックでブルータルなエモーショナル・ハードコア・ファンにオススメです!!
08 | 2011/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR