RECORD BOY

Japanese Metal!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、国内外のメタル系商品が到着していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降となります。



revenger-blackrider.jpg



・REVENGER - Black Rider EP CD 税込1,620円 (A-No.1)

BATTLE SHRINEの仙田氏がギター&Vo.で在籍する北海道産正統派ヘヴィメタルの自主製作6曲入り1st CDが入荷。以前から関東でも粛誠心報関係者を中心に大いに期待されていたバンドで、先日2018年11月10日に西横浜で行ったライブも話題となり、より注目度が上がっていたバンドです。NWOBHM影響下のジャパニーズ・メタル・ファンは完全必聴作です!!



magane-mortes.jpg

・凶音 (MAGANE) - Mortes Saltantes CD 税込1,500円 (Black Flame)

US盤で超久々入荷!現在はZOMBIE RITUAL, 怒号, MIASMA DEATHでも精力的に活動するYasuhiko氏らによる東京ブラック・メタルの1999年発表1stアルバム。オリジナルは知る人ぞ知るハードコア系カルト・レーベル Loud Hatred Recordsからリリースされて、当時は屍やMETAL SKULLなどのハードコア系バンドとの共演も多かったので、当店でもよく売れましたが、こちらはボーナス曲を追加した9曲入りで2005年にBlack Flame Recordsからライセンス・リリースされたUS盤です。レーベルは機能していないので、デッドストックということになります。



magane-begining.jpg

・凶音 (MAGANE) - 黄泉呪詞 (Beginning at the End) CD 税込1,500円 (Black Flame)

こちらも超久々再入荷!オリジナルは台湾のレーベルからの2003年にリリースされた2ndアルバムの、2006年にBlack Flame Recordsからライセンス・リリースされたUS盤です。前身となったMORTES SALTANTES時代からの特徴であったオリエンタルなテイストを導入したブラック・メタルですが、土台はシンフォニック且つヘヴィメタル基盤の北欧ブラック・メタルに肉迫した激しくも美しい正統派ブラック・メタルで、高い演奏力と個性的な楽曲で海外でも非常に評価の高いジャパニーズ・ブラック・メタルの金字塔的バンドです!!



skullviolence-heritage.jpg

・SKULL VIOLENCE - Heritage of Violence CD 税込1,000円 (Black Satan)

Stinger Recordsのオムニバス・シリーズ Sword of Death to Thrashシリーズに参加もしていた90's東京ハードコア、FORCE SKELTORがSKULL VIOLENCEと改名して復活CDをリリース!!スリムケースで全10曲入り。

メンバーはAPOLOGISTとしてブラック・メタル・シーンで活動していますが、東京のジャパニーズ・ハードコア・シーンで活動していたFORCE SKELTORの頃からメタリックなスラッシュ・サウンドが持ち味でした。やはりブラック・メタルのAPOLOGISTとは違うハードコアな疾走感ながら攻撃的なスタイルは健在で、メタルコア・ジャパニーズ・パンク・ファンにオススメです!!

SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2LP




・SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2LP BROWN VINYL 税込3,456円 / BLACK KVINYL 税込2,916円 (Floga)

CHURCH OF MISERY, ex. G.A.T.E.S.のベーシスト Tatsu氏が在籍した東京のへヴィメタル・バンド SALEMのデモ&ライブ・コレクション2枚組アルバムが、ギリシャFloga Recordsから2枚組でアナログ盤もリリース!!2003年にリリースされたコレクション・アルバム The Legacyは、今では中古市場で人気のレア・アイテムとなっていますので、ファンは間違いなく必須のコンピレーションです。最初期デモ3作と93年のライブを収録の全16曲収録で、2枚組CDと比べると収録曲数は減りましたが、ゲートフォルド・スリーブ内側にはライナーノート(英語)と当時の写真を多数掲載し、ブラウン・ビニールとブラック・ビニールの2種発売され、黒盤はこのレーベルの2枚組モノとしては今回はかなり安い値段ですので、ぜひこの機会にどうぞ!!

Howling Bullからのリリースなどもあって、スラッシュ/パワー・メタル系のシーンで活動したバンドですが、根っこは正統派と言い切ってもよいへヴィメタル・サウンドで、Back to the Frontデモが後にドイツのレーベルからアナログ化されたり、93年にイギリス・ツアーを行うなど、海外バンドやシーンとの交流に非常に積極的でした。パワー/スラッシュ系のソリッドでダイナミックな演奏によるプログレッシブなへヴィメタル・サウンドで、日本では数少ないエピック・パワー/へヴィメタル・スタイルですが、Tatsu氏本人はできれば封印したかったという1stデモは、まだVo.が日本語詞で、80'sジャパニーズ・アングラ・メタル好きの外国人が狂喜する様が目に浮かぶ、最高にカルトな内容でグレート!!後にヴィニール化された3rdデモあたりになると、まるでShadow KingdomやStorm Spellあたりが発掘再発してそうな、極上オブスキュアな合衆国産エピック・メタルにも引けをとらないクォリティー!

A-1 to A-4: Demo I. 1988
B-1 to C-1: Demo II. 1988
C-2 to C-4: Back to the Front. Demo III 1991
D-1 to D-4: Live at Shinjuku Loft, Tokyo 1993

Zero Dimensional New Releases!!


abigail-fucking.jpg



・ABIGAIL - Fucking Louder Than Hell LP 税込2,500円 / REGULAR CD 税込2,000円 / A5 DIGI CD 税込2,300円 (Zero Dimensional)

東京ブラック・パンク・スラッシュ・メタル、ABIGAILの2004年にオランダFrom Beyondから発表した3rdアルバムがZero Dimensionalから再発!!From Beyondが潰れてしまったので、これまでに1度も再発されてなかった、ファン待望の再発です。

この作品では、Yasuyuki氏が大ファンだったカルト・インセイン・パンク・スラッシュ・メタル NMEの故Kurt Struebing氏がゲスト参加して、NMEカバー3曲を披露しています。ABIGAILは前作2ndアルバム Forever Street Metal Bitchあたりからメタルパンク・テイストを強めて、いきなりその2ndアルバムでメタルパンクの傑作を作り上げたわけですが、本作はABIGAIL流メタルパンクの最もえげつなくカルトな部分が際立っていて、それは3曲のみのゲスト参加ながら、ひとえにKurt Struebing氏のとてつもない存在感と影響力ではなかったかと推測できるような作風です。名曲 Beer! Metal! Sex!なんて、改めて聴くと超NMEで最高!!



infernalnecromancy-st.jpg

・INFERNAL NECROMANCY - S/T LP 税込2,500円 (Zero Dimensional)

初ヴィニール化!!

既に10年を越えるキャリアでありながら、徹底したアンダーグラウンドでの活動で露出を拒んできた名古屋ブラック・メタル重鎮の、2008年にNekrokult Nihilismから発表した1stフル・アルバムが、大阪のZero Dimensionalからアナログ盤も初リリース。帯も付いています。

BURZUMやDARKTHRONEに代表される、凍てつくようなロウ・ブラック・メタル・サウンドとメランコリックなメロディーの融合。以前にVLAD TEPESをカバーしていたように、フランスのBlack Legions系やフィンランドのSATANIC WARMASTERのような、原始的な凶暴性と冷徹な悲哀メロディーが一体となって突き刺すようなフリージング・プリミティブ・ブラック・メタル・サウンドが好きならば必聴です。神風の精神を題材にした歌詞とアートワークも、INFERNAL NECROMANCYの孤高性と地下精神を強く表しているように思います。



infernalnecromancy-kisuka.jpg

・INFERNAL NECROMANCY - キスカ 7" 税込1,200円 (Zero Dimensional)

2014年に限定100枚CDRで発表していた2曲入りデモもZero Dimensionalから7"ヴィニール化!!北欧ブラックの凍えるようなメロディーと、フレンチ・ブラックの殺伐としたカルト性をミックスしたような、悲哀混沌ロウ・プリミティブ・ブラック・メタル・サウンドが特徴ですが、このデモはよりフォーキーなメロディーを強調していて、ファンには非常に人気の高い名作デモとされています。



ungodly-departed.jpg



・ungodly - departed CD 税込1,200円 (Zero Dimensional)

Grind Bastardsシリーズの参加や、地元香川でもハードコア・パンク系シーンと交流のある四国産デスラッシュ・メタル ungodlyの5曲入り1st CDがZero Dimensionalからリリース。地方バンドはおろか、国産メタルならではのヘンなクセのない、世界標準型ブラッケンド・デスラッシュ・メタルで、これは度肝を抜かれるクォリティー&かっこよさデス!!メロディック・デスの旋律、スラッシュなソリッド・リフ、アグレッシブな疾走感がいずれも申し分ないギラツキ具合で、AT THE GATESなどのファンは必聴デス!!

類を見ないヘヴィさとグルーヴを纏う暗黒な轟音を鳴らしながら、悲哀かつ荘厳な美旋律を絡ませる国産ブラッケンド・デスラッシュ・メタル。独立した5つの物語で孤高の世界観を描いたミニ・アルバム。(インフォメーションより)



sungoddess-zangai.jpg



・SUNGODDESS - 残骸 CD 税込1,500円 (Zero Dimensional)

FLAGITIOUS IDIOSYNCRASY IN THE DILAPIDATION, REEXAMINE, LIFEBLOODメンバーらが在籍する2005年結成の東京男女混合シンフォニック・ブラック・メタル・バンドの2ndアルバム。2010年にBloodbathから発表した1stアルバム以来の久々の新音源です。

1stアルバムが当店でもけっこう好評だったバンドで、女性メンバー中心のシンフォニック・ブラックと聞いて思い浮かべるようなヤツじゃなく、北欧ブラック・メタル直系のメランコリックな旋律と爆裂感が今回も素晴らしい完成度です。特にアグレッシブなドラミングがシンフォニックな楽曲との相性もバツグンでかっこいい!!北欧シンフォニック/メロディック・ブラック・メタル・ファンにはぜひ聴いてほしいです!!

怒号 (DOGOU) - Furious Black Metal CD


dogou-furious-cd.jpg

・怒号 (DOGOU) - Furious Black Metal CD 税込1,000円

再入荷!2015年結成東京ブラック・メタル 怒号の3曲入りデビューCDEPがバンド自身による自主制作でリリース。東京エクストリーム・メタル&ハードコア・シーンで長らく活動してきたミュージシャン結集のバンドとあって、既に関東ではその名は浸透している注目のバンドです。

ドラムがIronfist辰島氏 (SCAMP, DIE YOU BASTARD!,etc)、ボーカルがYasuhiko氏 (凶音, ZOMBIE RITUAL, MIASMA DEATH)、ギターがmayo odium氏 (STABAT MATER)の、SSORCで活動を共にした3人で結成。現在はベースにKazuko氏 (ミート・ザ・マム, ex.CORBATA)が参加。全て日本語詞でジャパニーズ・ハードコアの攻撃性も土台にした、フルブラスト・ブラック・メタルを掲げています。しかしながら中途半端なブラック・メタルパンクなどとはまるで違い、冷たさとロウ・パワーが爆発した海外のブラック・メタルにも近く、OBTAINED ENSLAVEMENTなどのファンにもぜひ聴いていただきたい本格派ロウ・ブラック・メタル・サウンドが爆裂しています!!

BLACKLAB - Under The Strawberry Moon 2.0 DIGIPACK CD


blacklab-under-cd.jpg



・BLACKLAB - Under The Strawberry Moon 2.0 DIGIPACK CD 税込2,700円 (New Heavy Sounds)

DEPTHというバンドのドラム&ギター/Vo.の2人による大阪女性ドゥーム・メタル・バンドの1stアルバムがUKのドゥーム・レーベル New Heavy SoundsからデジパックCDでリリース。自主制作で発表したCDが話題を呼んでNew Heavy Soundsの目に留まり、今や日本はもとより世界中のドゥーム・メタル・マニアに大注目を集めてるバンドです。

個人的に大阪はパンクとヘヴィ・サイケな音楽シーンが近い位置にある印象を80年代から持っていたので、このBLACKLABも実に大阪のバンドらしい個性だな、と思ったのですが、サウンドは海外ドゥーム・ファンがラブコールを送るのも完全に納得のウィンチング・メタル・ドゥーム全開!!邪悪サイケデリック・ドゥーム・メタル・ファンは確実に必聴です!!

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR