RECORD BOY

Extreme Japan!!


invictus-thecatacombs.jpg



・INVICTUS - The Catacombs of Fear CD 税込1,980円 (Obliteration)

2015年結成、長野の本格派オールドスクール・デス・メタル期待の若手バンド、Obliteration Recordsからの1stフルレングス・アルバムCD。2019年の当店は、日本のバンドのリリースは限定モノなどじゃないとなかなか売れない状況に陥ってしまい、けっこう凹んでたんですが、やはりこういう有望な若手は見過ごすわけにはいきません。ルックス/ロゴ/ジャケの雰囲気からして、現行オールドスクール・デス・メタル・バンドをしっかりフォローしてるファンならばビンビンくるでしょうし、そして期待を裏切らない内容です!!

2015年に長野県で結成。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストで90年代のオールドスクール・デスメタルを現代に継承する日本では数少ない”New Wave of Old School Death Metal”バンド。 2016年には韓国のFECUNATIONとスプリットCDをリリースし韓国、タイ、中国ツアーも経験。国内外でも精力的にライブ活動も行なってきたINVICTUSが結成から5年目、満を持してのファーストフルアルバムをついにリリース。
MALVOLENT CREATION、DEMOLITION HAMMER、SPAWN OF POSSESIONなどから影響を受けたリフワークとヴェリアスなデスヴォーカルスタイル。手数の多いリフと高い演奏力によるアンサンブルで3ピースながら厚み、深みのあるサウンドとスラッシュメタルとデスメタルを横断可能にするレンジの広い楽曲スタイルも魅力。
ミックス・マスタリングに死んだ細胞の塊、BUTCHER ABCなども使用したStudio Chaosk。ロゴデザインはEMPERORなども手がけ日本でも個展を開催したメタルロゴの巨匠、Lord of the LogosことChristophe Szpajdel。アートワークはスペインのDan Seagraveと言われCOFFINS、VARATHRONなど数々のデスメタルバンドのジャケットを手がけるJuanjo Castellano Rosado。
ヨーロッパ盤はドイツのFDA Recordsからの同時リリースとなり長野から世界に向けてデスメタルを発信する有望な若手バンド!!(インフォメーションより)




mortify-japan-stench.jpg



・MORTIFY (Japan) - Stench of Swedish Buzzsaw CD 税込1,320円 (Obliteration)

TRIKORONA, FINAL EXIT, SU19B, DISROTTEDで活動するミュージシャンが集って2017年に結成されたグラインド・デス・メタル・バンドの全21曲入りペーパースリーブCD。楽曲は完璧なる初期グラインドコア、サウンドはスウェディッシュ・デス・メタルのようなダウンチューニングの重量ブルータルで、オールドスクール・デス・メタル・リバイバルが衰えない現代でもありそであまりなかった痛快デス・グラインダーズ!!CARCASSファンにもオススメです。

スウェディッシュデスメタルのトレードマークともいうべきBoss HM-2のエフェクトペダルによるBuzzsawサウンドでオールドスクールグラインドコアをプレイするために結成されたMORTIFY。
ギターにex COFFINSでTRIKORONAでプレイするコレエダ、ドラムにFINAL EXIT / SU19Bのリョウヘイ、ボーカルにDISROTTEDのアダムというスーパーバンド。
ほとんどの曲が1分未満の超速ブラストソングをBuzzsawサウンドで演奏する秒殺グラインドコア。
21曲12分!!のファーストフルアルバム。(インフォメーションより)




molestedhate-shotgun.jpg



・MOLESTED HATE - Shotgun Massacre CDEP 税込660円 (Obliteration)

岡山のグラインドコア・バンドの3曲入りデビュー・シングル、ペーパースリーブCD。メンバーはベテラン・バンドにも所属とのことで、このMOLESTED HATEもデス・グラインド・テイストとサグ系のブルタリティーのミックスが古き良き感覚もあって、オールドスクーラーから、やんちゃなパワーバイオレンス・ファンにまでオススメです!!

2018年9月岡山にて某ベテランバンドで活動する4人によりサタニックデスメタルバンド PROFANATIONとして結成。その後、グラインドコアへ転身するとともにメンバーの素性も隠した覆面バンドとしてMOLESTED HATEと改名。
憎しみをテーマに”Hyper Grinding Brutality”を追求したサウンドを展開。2019年10月に本作デビューシングルCDとなる3曲を録音しObliteration Recordsから限定500枚でリリース。
ゲストミュージシャンにex THANATOLOGY / UNIDAD TRAUMAのWolf Monzqueda、DISUSE / LAST DAYS OF HUMANITYのRogier Kuzeeが参加。今後の活動が期待されるバンド!!(インフォメーションより)




abortmastication-dogmas.jpg



・ABORT MASTICATION - Dogmas CD 税込1,650円 (Obliteration)

東京グラインドコア・バンド ABORT MASTICATIONの復活後初作品となる9曲入り2ndアルバムCD。DEFILEDやCOHOLといったバンドにも在籍したドラマーのKyosuke Nakano氏を中心に、カオティックでテクニカル、且つブルータルでバツグンの切れ味を叩き出すハイパー・サウンドは、間違いなく世界水準のグラインドコアで文句なしカッコイイ!!オススメです!!

2006年から2009年に活動した東京出身のデスメタル・グラインドコア。
フルアルバム1枚を発表し活動休止。短い活動期間だったにも関わらずTokyo Deathfest、ドイツのLudwigshafen Deathfestに出演するなど国際的にもライブ活動を行い、オリジナリティある楽曲とメンバーの存在感でアンダーグラウンドシーンでカルトな支持を得ていたABORT MASTICATION。
休止後、ボーカリストはエレクトログラインド、OZIGIRIを結成。ベーシストはBUTCHER ABCに、ドラマーはCOHOLに加入。ギターリストは爬虫類屋を開業と個々に活動。
2012年に突如、再活動し「本物の苦痛、恐怖を体現する音」を追及するため「Serial Death, Psychopath Grind」というコンセプトを元にセカンドアルバム 「Dogmas」を6年半の歳月をかけて制作。
グラインドコアのエクストリームさ、デスメタルのもつブルタリティがABORT MASTICATIONによって新たに再構築され創り上げられた渾身のアルバム。(インフォメーションより)




punishmentforbarbarian-whilethecityburns.jpg



・PUNISHMENT FOR BARBARIAN / WHILE THE CITY BURNS - 増殖シテイルモンスター SPLIT CD 税込1,100円 (Bloodbath)

超老舗グラインドコア・レーベル Bloodbath Recordsからリリースされた、札幌グラインドコア PUNISHMENT FOR BARBARIANと、関東のベテラン・グラインドコア・ミュージシャンらによるWHILE THE CITY BURNSによるSplit CD。ともに初期型グラインドコアを基盤にしたハードコア・テイストの強いピュア・グラインダーズ!!

初期NAPALM DEATHのリー・ドリアン直系絶叫ヴォーカルが炸裂する札幌シティ・グラインドコア、PUNISHMENT FOR BARBARIANと元O.G.D皆川に加え国産グラインドコアシーンで90年代に活動したVIVISECTION / IxRxFx / 現CorbataのMatsuがドラムで在籍するグラインドコア、WHILE THE CITY BURNSとのスプリットCDがBloodbath Recordsより限定500枚でリリース。
初期Bloodbathのリリース群を彷彿とさせるコアな音像、北海道の旨味が詰まったPxFxBに全身グラインドコア、WxTxCxBによる猛撃。一気に聴ける一枚!
GAMY、GUEVNNAなども手がけMOMENTARY PSYCO ARTで作品展やオリジナルアパレルなども展開するANUSTESがアートワーク!!
各バンド4曲、合計8曲収録(インフォメーションより)


SABBAT New Split CDs


sabbat-krigerewolf.jpg



・SABBAT / KRIGERE WOLF - E.C.A. (Extermination Cult Alliance) SPLIT CD 税込1,760円 (Fallen-Angels prod.)

SABBATの名作各種ライセンス・リリースしている韓国のFallen-Angels prod.からリリースされた、SABBATとイタリアン・ブラック・メタル・バンド KRIGERE WOLFによる2019年Split CD。

KRIGERE WOLFは北欧ブラック・メタル・タイプの冷たさとダイナミズムのバランスで、オールドスクールながらプリミティブにはならず、タイトに突進するサウンドが既に完成されたかっこよさのあるバンドです。2000年代以降のノルウェー・ブラック・メタルっぽい雰囲気ですが、とにかくタイトなドラミングが全体を引き締めていて、非常にナイスです。SABBATはHarmageddonシリーズEPに収録していたスタジオ曲と1993年のライブ音源を提供。


1. Krigere Wolf - Dawn of Emptiness
2. Krigere Wolf - Killing Supremacy
3. Krigere Wolf - Unholy Magical Throne
4. Krigere Wolf - Blood to the Wolves
5. Sabbat - 呪霧
6. Sabbat - Incubus Succubus
7. Sabbat - 極寒魔
8. Sabbat - Snow Woman
9. Sabbat - Sabasius Total Necro (live)
10. Sabbat - Evoke the Evil (live)
11. Sabbat - Evil Nations (live)



sabbat-impurity.jpg

・SABBAT / IMPURITY - Rage and Horrors SPLIT CD 税込1,760円 (Fallen-Angels prod.)

こちらもFallen-Angels prod.からリリースされた、SABBATとブラジリアン・ブラック・メタル・カルト IMPURITYのSplit CD。IMPURITYは1990年から参加して長年に渡りシンガーのRam PriestとIMPURITYを支えてきたRon Seth氏が2017年に脱退してから、これが初のスタジオ音源発表作ではないかと思います(違ってたらすみません)。それだけに、Splitながらなかなか気合の入った音源を提供していて、今回はリチュアルなスタイルよりも、プリミティブなブラック・デス・メタル土台のオールドスクール感の強いナンバーを連発しています。とてもベテランとは思えないピュア・ファッキン・ブラジリアン・デスコア・ブラック・デス・メタルがグレート!!SABBATは詳細不明ですが、Temis氏在籍時の音源を収録。ジャケ・ブックレットの写真も当時のものがふんだんに使われています。


1. Impurity - Under The Spell
2. Impurity - Death Is The Mother of God
3. Impurity - Satanic Metal Kingdom (2019 Version)
4. Impurity - Phuneral
5. Impurity - March to Hell
6. Sabbat - 13 Candles
7. Sabbat - Kamikaze Bomber
8. Sabbat - Rage of Mountains
9. Sabbat - Black Metal Horses
10. Sabbat - Nekromantik

Friday Nightmare!!



**MIDNIGHTオーダーの対応に追われて、1週間商品アップが滞りました。すみません。MIDNIGHTはほとんどが海外からの注文なので、余計にめんどくさい。。。例のマーケットプレイスでも早々に販売禁止となって、ちょっと1年前のMISFITS写真集オーダーfrom海外を思い出すような状況となってきました。JPがスモパケ集荷してくれなくなったので、平日は近所の郵便局窓口に行くため店を数分閉めて外出する時間帯がしばらくあります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。

で、そのMIDNIGHTのAthenar氏も「共演が凄い楽しみ!!」と言ってた復活SACRIFICEの再発CDが当店でもめでたく販売開始となりましたので、再発されたのはTotal Steelですが、今日は13日の金曜日ですから、ややこしいブログ・タイトルですみませんけど張り切ってご紹介いたします!!


sacrifice-japan-totalsteel.jpg

sacrifice-japan-totalsteel-photo.jpg


・SACRIFICE (Japan) - Total Steel CD 税込2,860円 (Carnal Beast)

遅ればせながら当店も遂にこのジャパニーズ・スラッシュ・メタル・クラシック・リイシューCDを販売させてもらえることとなりました。オリジナルは1990年にHowling Bullから発売され、中古市場では長らくプレミアが付いて取引されていた東京のSACRIFICEの2ndアルバムCDが、2020年1月にNYで行われる奇跡の復活ライブを記念して、ボーナストラック追加リマスタリングで初再発!!!

この2ndアルバムは、ご存知G.A.T.E.SのドラマーでもあるミスターMAGNESIUM Samm氏が、SABBAT脱退後に桑名を離れて東京で加入して制作された作品。2020年復活のラインナップは、ミスターSACRIFICEであるAkira Sugiuchi氏(Vo.)と、本作でも参加していたTohru Nishida氏(ベース)&Shinji "Samm" Tachi氏(ドラム)、そしてギターはex.SABBATで現BLIND WITCHシンガーでもあるTemis Osmond氏という、これまたアンビリバボーな面々。サポートはMIDNIGHTやTOXIC HOLOCAUSTといったSACRIFICEを愛してやまない連中から、DEVIL MASTERのような若手メタルパンクまでも迎え撃つ形で、言うまでもなく海外ダイハード・メタル・ヘッズの間では話題騒然となっています。

便宜上スラッシュ・メタルと言うものの、当時のスラッシュ・トレンドとは真逆を行ってた、まるでVENOMやMOTORHEADをこよなく愛するヨーロッパのパワー/スピード・メタル・バンドのような硬派さは、今も国内外の多くのダイハード・バンガーズに熱烈に支持され続けています!!


SPIRITUAL BEASTの新たなサブ・レーベル“CARNAL BEAST”が始動!リリース第一弾は、今もなお海外でも人気を誇る伝説のジャパニーズ・スラッシュ・メタル・バンドSACRIFICE’90年発表の2ndアルバム、初リマスター化での再発!そして2020年、バンドは27年の沈黙を破り遂に復活を遂げる!!

80年代に登場した日本のヘヴィ・メタル/スラッシュ・メタル・シーンにおいて、NWOBHMの音楽性を頑なに継承し、単に“スラッシュ・メタル”とは形容しがたい、ダークでソリッドなリフとファストなロックン・ロールを追求したサウンド・スタイルでシーンを牽引したバンドSACRIFICE。彼らは当時“日本のVENOM”と称され、ダイハードなメタル・ファンは勿論、海外のバンド達からも非常に高い評価を受けた。

今回再発となる2ndアルバムは、1stアルバム「CREST OF BLACK」で聴かせた邪悪でヘヴィなイメージよりも、破壊力と重量感はそのままにバンドのルーツでもある、MOTORHEADやSAXON、TANK等に代表されるNWOBHMに影響を受けたサウンド・スタイルを前面に出した作風で進化を遂げた作品。SPIRITUAL BEASTの新たなサブ・レーベル“CARNAL BEAST”の第一弾リリースとして、初リマスター、ボーナス・トラック、ライナーノーツ付きでのリイシュー!

なおバンドは2020年1月、ニューヨークでのライヴを皮切りに待望の復活を遂げる!

(インフォメーションより)



RISINGFALL - Arise From the Ashes CD


risingfall-arisefrom.jpg



・RISINGFALL - Arise From the Ashes CD 税込1,650円 (Terror Execution prod.)

東京アンダーグラウンド・ヘヴィメタル期待の若手バンド RISINGFALLの、2017年発表 Prologue EPの再録と初公開曲を収録した全6曲入りCD。中国のレーベルからのリリースで、メンバーが推薦するディスク・レビュー・シートと帯が付いてます。

シンガーはメタルパンク・バンド MILITARY SHADOWでもVo.を務めるイトウ氏ですが、サウンドはド正統派鋼鉄。イトウ氏のボーカル・スタイルも200%ヘヴィメタルに徹したハイトーン・メロディック・スタイルで、あまり当店では取り扱いのないメロスピ鋼鉄ファンからも大きな期待を集めるバンドだけど、このCDの印象は他作品よりもかなりパワフルで、1曲目などはBULLDOZER直系のスピード・メタル・スラッシュなかっこよさ。もちろんシケたエピック・テイストもバツグンで、日本語詩のナンバーは往年のジャパニーズ・メタル・ファンも号泣ガッツポーズ必至!!

The Rites of Eeevvvooo!!!666!!!


evil-thegateofhell-ep.jpg



・EVIL (Tokyo, Japan) - The Gate of Hell Demo 2018 7" 税込1,100円 (Urtod Void)

東京ブラック・スラッシュ・メタル EVILの、2018年にNWNからカセットでリリースされて即完売したデモが、7"でアナログ盤もリリース!!こちらはドイツのレーベルからのリリースで、A面に全4曲を収録したシルクプリント片面シングル。ジャケ色もカセットと変わって、バッチリ決まっています。

いずれも1分台のナンバーが占めているところにも現れているように、このデモではRites Of Evil 1stアルバムで突き詰めたEvilスラッシュ・メタル・サウンドから退化して、ブラジリアン・デスラッシュ・タイプのナンバーを連写しています。しかしVENOMとSODOMの土台はしっかり見え隠れしてるし、イントロではサバス・ドゥーミーな70'sヴィンテージ風味まで飛び出して、彼らの若者らしからぬスキルの高さを激烈に印象付けてくれます。締めはSARCOFAGO "Desecration of Virgin"カバーで言う事ナシックス6シックス。素晴らしく個性的なブラック・デスコア・メタル・スラッシュ傑作デモdeath!!!



evil-siegecolumn-ep.jpg



・EVIL (Tokyo, Japan) / SIEGE COLUMN - Split DIE HARD 7" 税込1,980円 (Nuclear War Now!)

7"ヴィニール・バージョン到着!!レギュラー・バージョン少ししか入れなかったら早々に店頭で品切れてしまいました。ダイハードとレギュラーは帯の色が違ってました(もちろん盤色も)。ダイハード・バージョンは各バンドのパッチが付いたカラー・ビニールです。

東京EVILとUSニュージャージーSIEGE COLUMNによるセイタンズ・スラッシュ・メタルSplitシングルがNWNからリリース。EVILは、Evil Way of Liveライブ・アルバムが素晴らしい内容で、個人的には1stアルバム Rites Of Evilよりもお気に入りなのですが、このSplitはあのライブ・アルバムの勢いをそのままスタジオ録音したような最高の2曲+@を聴かせてくれます。SODOMとSARCOFAGOをミックスした従来のスタイルは変わらず、しかし彼らのベスト・レコーディングのようなクォリティーで、確実に成長した内容となっています。ノーマークながら1stアルバムが好評だったSIEGE COLUMNは、EVILの後に聴くと正直ちょっと小粒。別にEVILに媚売って言ってるわけじゃないですが(と言うか、スキあらばハラスメント全開で厳しく指摘してやりたい)、今回はEVILに軍配を上げましょう!!かっこいいぞ!!


maniaclustvol5-oct192019.jpg

そしてEVILは今週末大阪襲撃です!!

"Maniac Lust vol.5"
Oct 19th 2019
at Hokage Osaka
Open/Start 6pm/6:30pm
¥2500+1drink ¥600
Carcinoid (Australia)
Evil (Tokyo)
Blood Church Kommando
Sex Messiah

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR