RECORD BOY

Far East Metal Syndicate!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、ジャパニーズ・アンダーグラウンド・メタル商品が各種入荷していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。



masskontrolgenocide-eternalwinter.jpg

・MASS KONTROL GENOCIDE - Eternal Winter TAPE 税込300円 (Cosmic Garden prod.)

岡山で活動する独りブラック・メタル MASS KONTROL GENOCIDEの2曲入りカセット。全パートを担当するのは伝説の初期ジャパニーズ・ブラック・メタル 岡山のDEATHLIKE SILENCEに現在参加しているSadistic Profanation氏氏で、しかもリリースしたCosmic Garden Productionというレーベルは、これまた日本の初期ブラック・メタルの伝説的バンドである大阪のHURUSOMAとGNOMEのWoods氏が運営するという、ジャパニーズ・ブラック・メタル・ファンのみならずカルト・ブラック・マニアには興味が尽きないデモ。限定100本ナンバリング入り。

そしてサウンドがまた素晴らしい!!寒々とした北欧スタイルのロウ・ブラック・メタルで、A面のナンバーではリズムはマシンを使用していますが、極寒哀愁メロディック・リフと突進力はロウそのもので、SATANIC WARMASTER, GORGOROTH, OBTAINED ENSLAVEMENT, etcの冷たくも凶暴性の強いフリージング・ブラック・メタル・ファンは絶対に必聴です!!



abigail-tractor-split.jpg



・ABIGAIL / TRACTOR - 乱心肉獄 Split CD 税込1,620円 (Thrashing Cult)

東京ブラック・パンク・メタル・スラッシュ ABIGAILと、中国のメタルパンク・スラッシャー TRACTORによるSplit CDが、BIRTH RITUALのデモ&シングル・コレクションCDなどもリリースしていたThrashing Cultから帯付で発売!!

ABIGAILは2017年の新録2曲と、SABBATのGezol氏がVo.で参加した2005年セッション2曲の全4曲という、ABIGAILファンならば絶対にスルーできるはずがない必聴の4曲を惜しげもなく提供!!新曲はブラック・メタリックに回帰してきた近年のロウ・ノイジー・イーヴィル・メタル・パンクが炸裂してますし、Gezol氏参加のセッションもABIGAILファンおなじみのナンバーがいつもと違ったイーヴィル・パンキーさでグレート!!

そして写真からはまだ爽やかな若々しさが感じられる北京のTRACTORもまたダーティー&ナスティーなメタルパンクで、これがまた大先輩相手に善戦していてあなどれません!!ドライビンなロッキン・メタルパンクにブラック・スラッシーなリフとメロディック・ソロをぶち込んで、ABIGAILファンも必聴の注目メタルパンクスです!!AGONY BAGのカバーもやってます。

1. Abigail - Lust (2017)
2. Abigail - Satan's War (2017)
3. Abigail - Apocalyptic Nuclear Hell ~ Extreme mix (Session Vocals by Gezol from SABBAT 2005)
4. Abigail - Prophecy of the Evening Star ~ Extreme mix (Session Vocals by Gezol from SABBAT 2005)
5. Tractör - D.B
6. Tractör - R.F.T.P
7. Tractör - M.E.F.M
8. Tractör - Rabies is



anatomia-gravesite.jpg



・ANATOMIA / GRAVESITE - Split 7" 税込972円 (Nuclear Abominations)

東京ドゥーム・デス・メタル ANATOMIAと、イタリアン・オールドスクール・デス・メタル GRAVESITEのSplit 7"が、先ごろジャパニーズ・ウルトラ・オブスキュア・ゴア・メタル・クラスト・グラインド EUTHANASIAのCDをリリースして話題を呼んだイタリアのNuclear Abominations Recordsから限定500枚でリリース。両バンドともに新曲1曲を提供しています。

ANATOMIAは言うまでもなくズルズルにドゥーミーなlow-endデス・メタル・ナンバー。ペンシルバニアやニュージャージーなどのデス・メタルよりもホラー・ゴアリーな冷たさで、毎度同じような解説で恐縮ですが、シカゴCIANIDEやテキサスDEVINE EVEなどのような、90年代USデス・メタル・シーンに於いてスロウネスを追求したバンドと同じ感触の激渋さデス!!特にこういう7"の片面になると、より一層90'sデス・メタル感が強まる気がして最高です。Xtreem MusicからのCDが予想以上のかっこよさだったGRAVESITEは、SLAYER影響下のスラッシーなリフ&疾走感でスタートしますが、テクニカルなフレーズやメロディックなギターなどはCARCASSスタイル。1曲だけだけど、やっぱりこのバンドはかっこいいと再認識しました。Unspeakable Axe Recordsのようなタイプのバンドが好きな人は絶対チェックを!!

怒号 (DOGOU) - Furious Black Metal CD


*毎週水曜は当店の定休日ですが、東京ブラックメタル 怒号の1st CDなど、国内外のブラック/デス・メタル系商品が各種到着していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。


dogou-furious-cd.jpg

・怒号 (DOGOU) - Furious Black Metal CD 税込1,000円

2015年結成東京ブラック・メタル 怒号の3曲入りデビューCDEPがバンド自身による自主制作でリリース。東京エクストリーム・メタル&ハードコア・シーンで長らく活動してきたミュージシャン結集のバンドとあって、既に関東ではその名は浸透している注目のバンドです。

ドラムがIronfist辰島氏 (SCAMP, DIE YOU BASTARD!,etc)、ボーカルがYasuhiko氏 (凶音, ZOMBIE RITUAL, MIASMA DEATH)、ギターがmayo odium氏 (STABAT MATER)の、SSORCで活動を共にした3人で結成。現在はベースにKazuko氏 (ミート・ザ・マム, ex.CORBATA)が参加。全て日本語詞でジャパニーズ・ハードコアの攻撃性も土台にした、フルブラスト・ブラック・メタルを掲げています。しかしながら中途半端なブラック・メタルパンクなどとはまるで違い、冷たさとロウ・パワーが爆発した海外のブラック・メタルにも近く、OBTAINED ENSLAVEMENTなどのファンにもぜひ聴いていただきたい本格派ロウ・ブラック・メタル・サウンドが爆裂しています!!

DEATHTOPIA - Remember The Pain CD





・DEATHTOPIA - Remember The Pain CD 税込1,296円 (Obliteration)

2010年に大阪で結成され、現在は日本人x1人+イタリア人x3人という編成で活動するデス・メタル・バンドの新曲3曲+再録3曲のCDがObliterationからリリース。EXHUMEDやIMPALEDと同系統のゴア・メタルとして非常に高いクォリティーの内容で、メロディックなソロ、スラッシーな切れ味と疾走感、低音ガテラル+イーヴィル・デス・ボイスなど、CARCASS影響下デス・メタル・ファンを自負するのならば国産デス・メタル・ファン以外の方々に絶対に聴いて欲しい、世界水準の素晴らしい内容death!!オススメ!!


CARCASS "Necroticism" で構築したゴアグラインドとデスメタルの見事な融合をEXHUMEDが引き継ぎゴアメタルというジャンルまでに昇華。そのゴアメタルをプレイするDEATHOPIA。本作は新曲3曲、再録3曲(イントロ含め4曲)を収録。"痛み"をテーマに制作されゴアなツインボーカルをキープしつつも、前作よりもストレートかつブルータルな曲構成、メロディアスなギターソロ、クリアな音像でこれまでのDEATHOPIAの音楽性が凝縮した作品へと仕上がっている。ヨーロッパ盤はドイツのSplatter Zombie Recordsからジャケ色違いでリリース。4月には新宿、横浜、浅草の3箇所でレコ初ツアーを予定している

DEATHTOPIA
2010年、大阪にてMune(Gt、Vo)を中心に結成。大阪を中心に活動を続け、2011年に1stアルバム"Human Anatomy Show"をフィリピンのOne-A Recordsよりリリース。
2ndアルバム"Caesarean Section”はドイツのSplatter Zombie Recordsより2015年にリリース。現在、メンバーはMune以外はイタリア人ミュージシャンという編成。2017年にはチェコのObscene Extreme フェスティバルに出演、3度目のヨーロッパツアーも敢行し国際的に活動するゴアメタルバンド。

(インフォメーションより)

Japanese Steel!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、メタル系商品が各種到着していましたので、先ほどカートアップしました。


birthritual-thewild.jpg



・BIRTH RITUAL - The Wild Evil ~ Demos & Singles Collection CD 税込2,160円 (Thrashing Cult)

札幌メタルコア BIRTH RITUALのコンピレーションCDが、ABIGAILの中国ライブ盤CDをリリースしていたThrashing Cult Recordsによる制作&日本のCaptured Recordsによる流通で、日本語帯とライナーノート付きで発売。今では入手不可能な音源がほとんどですし、DORAID & PARASITEとのThe Savage Beast of Three Head 3 WAY SPLIT LPリリース・ツアー時のライブ会場限定販売だったRitual, Live & RareプロモCD音源もラストに収録されています!!


Tracks 1,2,3 : "Angel Grinder" 7" (2011)
Tracks 4,5,6,7 : "The Savage Beast of Three Head" 3way split LP (2012)
Tracks 8,9 : split 7" with Battle Shrine (2015)
Track 10,11,12 : "Witching Metal" demo (2009)
Track 13,14,15 : "Kumagaya" demo (2010)
Track 16,17,18 : "Ritual, Live & Rare" promo CD (2012)


BIRTH RITUALと言えば今ではVENOMとジャパニーズ・メタルコアの伝統を継承したような王道のサタニック・メタルパンクのイメージが強いですが、ライナーノートにもある通り、結成当初はそのオカルティックな趣向がBLACK SABBATHなどのドゥームなスタイルにもなって表れていました。そしてその当時のドゥーム・パンク・メタルもとても渋かったのが印象的でした。初期の彼らのサウンドに今まで触れる機会のなかった人は、このCDでぜひ聴いてみてください。



significantpoint-attacker.jpg



・SIGNIFICANT POINT - Attacker 7" 税込1,000円 (Inferno)

2014年に配布デモCDRを発表する以前から、関東のヘヴィメタル・シーン関係者の方から、「遂に親の方が俺たちの世代に近いような若いバンドが出てきたんですが、そのギタリストが、ファッションまで昔のマイケル・シェンカーみたいに革ジャン袖まくってて面白いんですよ」と教えてもらったのが、このSIGNIFICANT POINTでした。そのギタリスト Takeuchi氏は現在は東京ブラック・スラッシュ・メタル EVILにも参加し、BARBATOSのギターにも駆り出されたりと精力的に活動してきたけど、彼の本業バンドであるこのSIGINIFICANT POINTもようやく公式デビューとなりました。ドイツInferno Recordsからのアナログ盤1st 7"です。現在はEVILドラマーのItormentorも在籍しています。

そしてこのEPがホントかっこいい!!まるで80年代のジャパニーズ・スピード・メタルのような曲調で突っ走っていて、しかもTakeuchi氏のコンポーザー&バンド統率力にも脱帽です。つまり、彼だけ突出してるのでなく、他メンバーもしっかりSIGINIFICANT POINTの目指すべきスタイルを理解して実直にプレイしているのが素晴らしい。ジャイアンのリサイタル状態な独りよがりのVo.が多い昨今、このSIGNIFICANT POINTシンガー Abe氏のヴォーカル・スタイルも非常80'sジャパニーズ・メタル的で、見事としか言いようがありません。オススメです!!

Japanese Extreme Underground!!

corrupted-felicific.jpg

・CORRUPTED - Felicific Algorithim 12" 税込2,000円 (Cold Spring)

再入荷!ジェネリック・スリーブ、つまり市販の黒ジャケットなんですが、天抜けがあります。このお値段での入荷は恐らく今回が最後になりそうですので、ご了承の上ご注文願います。

エクストリーム・ドゥーム・コア・バンドの世界最高峰、大阪のCORRUPTEDによる2018年作12"が、イギリスのインダストリアル、エクスペリメンタル・レーベル Cold Springよりリリース!!

当店で以前入荷していたCold Springの商品では、Maniac氏のエクスペリメンタル・ドゥーム・ブラック・プロジェクト SKITLIVの1stアルバムが有りました。CORRUPTEDが現在の地位を築いてなお表現の極北を追求し活動を続けるバンドであり、エクストリームを冠する全てのミュージック・シーンから幅広いリスペクトを受けている事実を考えれば、これまでのリリースの中で恐らく最もエクスペリメンタルな要素が強いこのレーベルからのリリースというのも納得できます。今回は黒のダイカットスリーブと外側のビニールにステッカーを貼り付けた仕様で、両面ともに収録曲のタイトルはなく、レコードラベルに記載された情報と付属ポスター以外からはリスナーが視覚的に音を分析することはできませんが、聴き手を突き放すようなCORRUPTEDの世界観に食らいついていくには、素晴らしいフォーマットであると思います。



corrupted-noothgrush-split-reissue.jpg



・CORRUPTED / NOOTHGRUSH - Split LP 税込2,000円 (20 Buck Spin)

再入荷!

オリジナル・リリースは1997年の日米ドゥーム/スラッジSplitアルバムが20 Buck Spinから再発。ちょっと遅くなりましたが、この値段では普通は販売は無理なので、ぜひこの機会に入手してください。NOOTHGRUSH 2曲 / CORRUPTED 1曲の、オリジナルのLPバージョンに習った全3曲の40分にも及ぶ地獄ドゥームSplit傑作。ジャケ・アートは新装されています。

日本のドゥーム/スラッジ・ファンにもお馴染みのNOOTHGRUSHは、GRIEFなどに通じる乾いた感じの荒涼としたドゥーム・サウンドに、いかにもアメリカン・バンドらしい殺伐さが漂います。CORRUPTEDはいつもより比較的速め(と言っても充分遅いですが)、しかも奈落の底に落とすようないつもの暗黒abysmalなドゥームよりも、Split相手に合わせてか、アメリカン・ドゥームも彷彿させるPsychopaSickな荒涼ドゥームが淡々と展開していく20分にも及ぶナンバー。後頭部を殴られるようないつものCORRUPTEDとは違う絶望的な狂気が充満していて、この音源もまた言うまでもなく全ドゥーマー必聴に値します。







・MAGGOTY CORPSE - Requiem CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

再入荷!

千葉/関東を拠点に1990年代前半に活躍したデス・メタル・バンドのコンピレーションCDがスペインのDark Blasphemies Recordsからリリース。1991年にStrange RecordsからIRON CLAWとSplit CDを発表し、Toys FactoryからリリースされたTo The Marrowと、S.O.B.トッツァン氏プロデュースでMCRからリリースされたDeadly Sinsの、初期ジャパニーズ・デス・メタル・オムニバスを代表する2作品に参加するも、単独作品は残すことなく解散しましたが、当時から日本のデス・メタル・ミュージシャンや関係者には非常に高い評価を得て、その名を全国区で轟かせていたバンドです。現BUTCHER ABC / Obliteration RecordsのNarutoshi氏も2ndデモから参加していました。


Tracks 1-4 : Forest of Dismembered Flesh DEMO (1992年)
Tracks 5-7 : Baptisma DEMO (1993年)
Track 8 : To The Marrow ~Japanese Deathnology compilation (1993年)
Track 9 : Deadly Sins compilation (1993年)
Track 10 : Split CDEP w/ IRON CLAW (1991年)


スラッシュ・メタル・バンドを前身としたアーリー・デス・メタル・バンドならではの直線的な疾走感と、MORBID ANGEL, DEATH, PESTILENCE, etcの初期にも通じるSLAYER起源のテクニカル・リフ、さらにはメロディックなギターソロもバツグンで、今聴いても完全に世界的水準に達していたバンドだったのがわかります。AUTOPSY的な神経衰弱グルーミー・パート、スウェディッシュ・デス風エピック・パート、CARCASSなども脳裏によぎるプログレッシブなパーツ構成、シンセ導入など、様々なアプローチにチャレンジしつつ、散漫になることなく見事にまとめています。ちょっとクセの強いレーベルから出てしまったので、これは逃してから泣きを見ないように確実に押さえておきましょう。オススメdeath!!

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR