RECORD BOY

Dystopian Dogs / Arcane Metal Arts New Releases!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。


dystopiandogsrecords-logo.jpg

スラッシュ/ブラック/デス/ドゥーム/トラディショナル、そしてメタルパンクまで、個性的な面々がひしめき合うミシガン・デトロイトのシーンで、音楽面とサポートする側の両方に於いて兄貴的存在として慕われシーンの支柱となっているギタリスト Victor Ruiz氏(SAURON, HARBINGER, WHITE MAGICIAN, BORROWED TIME, etc)のレーベル Dystopian Dogs = Arcane Metal Arts商品が各種入荷しました。Victor氏がレーベル活動を軌道に乗せてからだいぶマシになりましたが、それでもまだこの辺のリリースは全然流通が悪いので、ミシガン・メタル・ファンは逃さず確保しておいてください!!



mortalwhisper-st.jpg



・MORTAL WHISPER - S/T CD 税込1,296円 (Dystopian Dogs)

こちらはチリ・サンチアゴ出身スピード・メタルの4曲入りCDです。これまでにCDRのEPとデモを発表していて、本作がインターナショナルな1stリリースとなります。景気も最悪なので、個人的にあまりのめりこんでないパーティー・スラッシュ・メタルやNWOTHMな雰囲気のスピード・メタルなどの取り扱いは減る一方ですが、Dystopian Dogsリリースならば、、、と思い、さほど乗り気なく試聴してみたら、これは思わず声を上げてしまいました。もう、1曲目のウルトラ・キラー・ナンバーで完全ノックアウト!!!SAVAGE GRACE系統の男泣きガッツ・スピード・メタルだけどムチャクチャ80年代ジャパニーズくさくて、随所にどっかで聴いたことのあるようなフレーズも飛び出します。これはぜひとも欧米のヘッドバンガーズにもすぐさまチェックしてもらい、RANGERまでは無理でもSKULL FISTくらいは認知されて、「MORTAL WHISPERも日本で最初に騒いでたのはBOYだったな~」なんて思い出してもらえたら本望です。あとはトゥルー鋼鉄ショップさん、宜しくお願いします。まぁ、とりあえずすぐに試聴してみてください。さすがDystopan Dogs、アッパレです!!!



theswill-master.jpg



・the SWILL - Master of Delusion CD 税込1,620円 (Dystopian Dogs)

WASTELANDER, HARBINGER, etcのVo.のMatt War氏, ex.BORROWED TIMEギターのMatt Preston氏などが参加しているミシガン・デトロイトのヘヴィメタル・バンドの2017年リリース10曲入りCD。2012年に結成され、本作は2nd EPになるようですが、このCD後半5曲は2013年に自主製作で発表した1st EPの音源ですので、1st&2ndの2in1 CDとなっています。

WASTELANDERとHARBINGERでは弾けたパンキッシュな歌いっぷりが熱いMatt War氏は、このバンドではしっとり歌い上げていて、これがちょっとビックリの渋さです。他メンバーはドゥーム・メタル系のミュージシャンらしく、コシのある重厚なアメリカン・エピック・メタル・サウンドは、SLOUGH FEGやTWISTED TOWER DIREといった、現代に合衆国産叙情鋼鉄の伝統を継承しているバンドが好きな人には絶対チェックしておいてほしいタイプです。BORROWED TIMEのようなシケた叙情じゃなくて、UKのSOLSTICEなどが好きな人にかなりオススメの注目株!!



isenblast-screams-tape.jpg



・ISENBLAST - Screams in Cold Silence TAPE w/ ENAMEL PIN 税込1,296円 (Dystopian Dogs)

DEMON BITCHメンバー3人、うち2人はWHITE MAGICIANで、ドラマーは黒人の4人組ミシガン・ブラック・メタル ISENBLASTの2017年新作6曲入りカセット・アルバム。エナメル・ピン・バッジ付きです!!

DISSECTIONやSATYRYCONなどの影響を感じさせる、起承転結の激しい北欧型ブラック・メタルです。フォーキーなペイガン・メタル・パートや、凍えるような旋律のフリージング・ブラック・メタル・パートを、スラッシーでアグレッシブなタッチで演奏していて、冷徹でありながら非人間的ではなく激情型にも通じる激烈メロディック・ブラック・メタル。スラッシング・ブラックではないけど、オールドスクールなファンにもオススメのブラック・メタルです!!



wandererofthewaste-bleak.jpg



・WANDERER OF THE WASTE - Bleak Horizons CD 税込972円 (Arcane Metal Arts / In Satan's Custody)

こちらはArcane Metal Artsと、恐らくJOINT CUSTODYやISENBLASTメンバーがやってると思われるブラック・メタル・レーベルのIn Satan's Custody Recordsとの共同でリリースされた、地元ミシガンのロンリー・ヤング・ブラック・メタル・プロジェクトの2016年デモ2曲入りCDです。2014年から活動を初めて、過去のデモはマニアックなアンダーグラウンド・ブラック・メタル・ファンには高評価されていたようです。北欧ブラック・メタル型の叙情と不穏な黒さのバランス感覚で、楽曲自体はかなりドラマチックでありながら、全体を覆ったムードはプリミティブなまでに殺伐としています。DISSECTIONの美しく完成された世界を、初期BURZUMのような暴力性で表現したら、こんな感じでしょうか。デトロイトのアンダーグラウンド・メタルは、どこか伝統的なアメリカン・メタルらしいクサレた感覚を備えているバンドが多いけど、このWANDERER OF THE WASTEは初期北欧ブラック・メタル・ファンにぜひチェックしておいてほしい本格派!!



sekkusu-fukk.jpg



・SEKKUSU - Fukk on Loud Night TAPE 税込1,296円 (Dystopian Dogs)

もう、バンド名からしてアタマ悪そうなメタルパンクスが、またしてもミシガン・デトロイトから登場!!Unspeakable Axeからリリースのあるオーストラリアのデスラッシュ・メタル SEWERCIDEにも参加していたメンバーを中心にした3ピースで、去年だか今年の初め頃にメンバーから直接オファーもらってたけど、すぐさま返信したのに全く回答がなかったから、ずいぶん時間が掛かってしまいました。ONSLAUGHTのカバーを含む全5曲入り限定150本リリースです。

ミシガンのメタルパンクってことで、単純にまたSHITFUCKERみたいなヤツかな?と思ってましたが、かなりスピード・メタル・テイストが強いタイプです。DESTRUCTIONやジャーマン・スラッシュ・メタルを基礎にしてる点はノルウェーINFERNOなどの北欧スピード・メタルにも近いけど、ドランク・テイストはさほど強くなく、変わりにジャパニーズ・パンク的なイーヴィル・バイオレンスをプラスしている感じです。メタルパンク・ファンから、VULTUREやBULLDOZING BASTARDなどの荒くれゴリゴリ・ジャーマン・スラッシング・スピード・メタル・ファンにまでオススメ大注目です!!


Ataque Metal from the Graves!!


bloke-demolicion-lp.jpg



・BLOKE - Demolicion LP 税込2,916円 (Utterly Somber Creations)

1980年代に活動したアルゼンチンのヘヴィメタル・バンドの1984年発表唯一のアルバムが、シカゴのダイハード・メタル・レーベル Utterly Somber Creationsから限定500枚でLP再発。オリジナル盤は80'sアルゼンチン・メタルを代表する名作として、中南米メタル・ファンからオブスキュア・クサレ・メタル・コレクターにまで人気のレア盤です。クリア・ビニールでの入荷になります。

アルゼンチンのメタルは数えるほどしか知らないけど、アンデス山脈が貫く南米の他の国々のヘヴィメタルよりも、哀愁の強いスパニッシュ・メタルにも似た印象を個人的には抱いてました。このバンドもそんな感じがありまして、オーソドックスなハードロックを土台にしつつ、情熱的なギターソロが絡みつき、そして疾走ナンバーになるとスピード・メタルにも肉薄する80年代的なスピード感もありながらも、例えば当時のフレンチ・メタルみたく、NWOBHM影響下の第三国バンドとしての宿命を背負ってるような郷愁が漂っているところが渋いです。NWOBHM影響下の80年代のバンドが好きな人には絶対聴いてもらいたいですが、あくまでも80年代限定。この完璧な質感はピュアなフォロワー(not後追い)でなければ出来ない、残念ながら次世代には決して超えることの出来ない壁なのです。例え本国UKやヨーロッパのバンドでも。インナーに掲載の写真を見ても、赤/白/黒を基調としたヘヴィメタル・ファッションはフレンチ・メタルみたいで、オフショットの革ジャン姿はまるでNWOBHMそのもので、80年代ヘヴィメタル・バンドとして完璧なルックスが渋いです。



apokalipsis-st.jpg



・APOCALIPSIS - S/T CD 税込1,620円 (Sade)

1980年代中期に結成され、恐らく90年代初め頃まで活動していたと思われるメキシカン・メタル・バンドの、1991年発表の6曲入りMLPにボーナスでオムニバス提供曲/ライブ/デモをプラスした全15曲入りディスコグラフィーCDです。本編の6曲入りMLPオリジナル盤は、メヒコ・メタル究極のレア盤の1枚とされるメガレア・アイテムとして、コレクターやマニアには有名な作品です。


Tracks 1-6 : "Apocalipsis" MLP (1991年)
Tracks 7-8 : from V.A. "Explosion Metalica" LP (1988年)
Tracks 9-12 : Live
Tracks 13-15 : "Apocalipsis" DEMO (1987年)


80年代中~90年代初頭の音源をまとめたものとあって、中南米産スラッシュの特徴にも似たジャキジャキな質感の重厚なロウ・ヘヴィメタル・サウンドが魅力ですが、基本は正統派鋼鉄の土台がゆるぎないパワー・メタルです。楽曲はちょっとIRON MAIDEN影響下の80年代USパワー・メタルにも近く、ギターソロは熱いガッツがみなぎりながらも哀愁メロディーで惹きつけて、ジャケの雰囲気が醸し出す80'sメタルのクサレたアグレッシブなタイプが好きな人にオススメ。重厚ロウなサウンドがとにかく素晴らしいので、中南米ファン/オブスキュア・メタル・ファンはもちろん、スラッシュ寄りパワー・メタル・ファンにもぜひ聴いてほしいです。


* 再生に支障のないスリキズが多いディスクがありますので、なるべくキレイなものから販売致します。



luzbel-pasaporte.jpg



・LUZBEL - Pasaporte al infierno CD 税込1,944円 (WEA)

1982年に結成されたメキシカン・ヘヴィメタルを代表するバンドの一つ、LUZBELのCDが数種まとめて入荷しました。当店ではデス・メタルやスラッシュ系が中心だけど、知られざる80年代メヒコ・メタル・リイシューの需要は常に多いので、このLUZBELはもうちょっと正統派系ではありますがレジェンド・バンドだと言うことですから、せっかくなので主要作品を少しずつ入荷させてみました。80年代中南米鋼鉄マニアはぜひこの機会にどうぞ。

こちらは1986年に発表された1stアルバムのCDバージョンで、オリジナルのアナログ盤はけっこうな高値で取引されるようです。レーベルがWarnerという時点で信じがたいわけですが、メキシコ製の再発盤に毎度付きまとうリーガルorイリーガルについての真偽については、これは恐らくバンド主体で再プレスしてるものではないかと思います。サウンドはメキシコと聞いてスラッシュ・ファンが思い浮かべるようなガビガビ・ノイジーでチタチタ・チープなものと違い、まるで80年代ヨーロピアン・メタルのようにシケた極上の哀愁クサレ・メタルで、これは渋いです。ジャーマンや北欧のフォーク土台強調型ではなく、スペインやイタリアなんかのエピックさに近いように感じます。オススメ!!



luzbel-otra.jpg



・LUZBEL - ¿Otra vez? CD 税込1,944円 (Discos y Cintas Denver)

こちらは1990年に発表された3rdアルバムのCDバージョンで、2001年にメキシカン・メタル・ファンにおなじみのDiscos y Cintas DenverからCD化再発されたものです。サウンドは初期のスタイルに比べて、メロディックな面をメインストリーム系のような雰囲気で強調した正統派ヘヴィメタルですので、たぶん当店では今回入荷した中で一番スルーされる確率の高い内容ですが、しかしこのCDがあったからこそ、当店でもこのバンドを入れてみよう!と思い立ったのです。その理由は、もちろんこの凄まじいジャケのセンスです。ジャーマン・デス・メタルのメガレア盤 アクセサリーのCDを初めて見たとき以来の衝撃でした。メンバーが当時何歳だったか知らないけど、いい大人が数人集まって、こんな凄いジャケが却下されずに作品化されるなんて、もうその時点でミラクルを起こしている名作と言えます。しかもこのジャケでありながら、サウンド面では成長してるからまた凄い!!ハードポップ・メタル・ナンバーも導入して大衆迎合型メタルへとセルアウトしただけかと思いきや、プログレッシブなスピード・メタル・ナンバーや、初期のシケた抒情も漂わせていて、80~90年代のクサレ・メタル・ファンにはたまらない作品となっています。



luzbel-el.jpg



・LUZBEL - El Comienzo CD 税込1,944円 (Discos y Cintas Denver)

こちらは1997年のリリースですが、内容は1stアルバム Pasaporte al infierno以前の音源をまとめたもので、中心メンバーのギタリスト Raul Fernandez Grenas氏が参加していたREDというバンドの1981年デモ3曲と、LUZBEL始動後1983年に録音されながらお蔵入りとなった9曲の全12曲入りCDです。お蔵入り音源はもともと1stアルバム用に録音されたものでしたが、その録音後にVo.が替わってしまったために封印されたそうです。

最初に収録されてるREDの音源3曲は、他のLUZBEL作品に共通するクサレたエピックはほとんど感じられず、もっとドライブ感の強い疾走ハードロッキン・メタルで、しかもまるで感触がNWOBHMまんまです。と思ったら、実はこのREDはメキシコのヘヴィメタル・バンドではなく、Raul Fernandez Grenas氏がイギリス滞在時期に加入していた、正真正銘のウルトラ・オブスキュアNWOBHMだそうです。当時の他のNWOBHMバンドと比べてパンクからの影響も強く打ち出していたそうで、確かに2曲目と3曲目の疾走感は1981年のものとしては驚異的と言えるスピードです。MOTORHEADが極悪ライブをリリースし、DISCHARGEはWhyを発表、EXCITERやACIDのようなスピード・メタル・バンドに至ってはまだ作品を発表する以前の1981年に、こんなタイトでアグレッシブにプレ・スラッシュな猛スピードのNWOBHMバンドが存在したなんて、これはちょっと凄い発見なのではないでしょうか?そして4曲目以降のオリジナルLUZBELの音源に突入すると、1stアルバム Pasaporte al infiernoにも通じるあの極上のシケた叙情に、Vo.が違うせいかNWOBHMの哀愁にも近くて、これまた絶品。LUZBEL期の音源は、もちろんスペイン語Vo.中心です。オブスキュア・メタル発掘マニアにオススメのグレートなコンピレーションCDです!!


* 再生に支障のないスリキズが多いディスクもありますので、なるべくキレイなものから販売致します。



crazulazy-que.jpg



・CRAZY LAZY - ¡Que Viva El Rock! DIGIPACK CD 税込2,484円 (Unimusik)

カルト・メタル・マニア憧れのメキシカン・メタル・メガレア・クラシック CRAZY LAZYのオフィシャル再発盤CD!!ブートレグも出回ってたようですが、こちらはオフィシャルでリリースされた2013年版デジパックです。2000年代初め頃にメタルのメキシコ盤LPデッドストックがいろいろ入荷してたあの頃となんら変わらない、メキシコ特有の厚めの硬いシュリンク・ラップで超タイトにシールドされてますので、新品未開封ながら既にジャケが波打ってます。LPの時代は、この超キツキツ・シールドが盤反りの原因にもなってたから、メキシコの工場は全く成長していませんが、そんなことはこの際問題ありません。CDは反らないでしょうから。2013年リリースながら、日本国内のヘヴィメタル専門店でもなかなか入荷しずらい再発盤のようですので、ぜひこの機会に入手してください。

とりあえず、このジャケ一発で決まりでしょう。ヘヴィメタルのレコードが好きならば、これを見て衝撃を受けないはずがありません。しかもこのジャケで、サウンドはかなりアダルトなシケシケ・メタルと来たもんだ!!3曲目なんか、WHITESNAKEとか意識したブルージー・ロックになるんでしょうか?この究極のアンバランス感、完璧に素晴らしい。LPチョー欲しい!!!!!


NWOBHM vinyl reissues!!


roksnax.jpg



・V.A. - Roksnax LP 税込3,888円 (Buried by Time and Dust)

オリジナルはSATANの7"などで有名なGuardian Recordsから1980年にリリースされていた、NWOBHMマニアには人気の高い名作3 Way Split LPがBBTADから初オフィシャル再発。本作にまつわる当時のエピソードを、参加した3バンドのメンバーによるセルフ・ライナー・ノート形式でゲートフォルド・スリーブ内側に掲載して、オリジナル盤よりもボリューム感の増した復刻盤となっています。限定500枚プレスで、今回はブラウン・ビニールでの入荷です。

3バンドとも日本のNWOBHMファンにはおなじみのバンド、と思ったら、SAMURAIはEbony RecordsのSAMURAIとは違うし、SARACENも1st LPが日本盤も出てたSARACENじゃないNWOBHMバンドなんですね。どちらもこの3 Way Splitくらいしか音源を残さなかったカルト・バンドのようです。となると、METALLICAのLars Ulrichが企画/編集したNWOBHMコンピレーション NWOBHM '79 Revisitedアルバムで脚光を浴びたHOLLOW GROUNDが一番有名ドコロとなります。実は先週には届いてたレコードで、店頭で見かけた方やそのウワサを聴いた方などからのご注文が既に数件あったので、NWOBHMファンには既に話題の再発盤のようです。各バンドともバラエティに富んだ曲調にするよう心掛けた感じがうかがえ、スピード・ナンバーや熱いメロディーも飛び出しますが、とにかくどのバンドも激しい演奏がバツグンにカッコいい。疾走感80年代ブリティッシュ・ガレージ・メタルならではの硬質さが素晴らしい、これぞNWOBHM!な内容となっています。



demonpact-eaten-ep.jpg



・DEMON PACT - Eaten Alive 7" 税込1,296円 (Stress Hormones)

NWOBHMマニアに人気のDEMON PACTの1981年発表7"EPが、SAURONのLPなどをリリースしてきた中国のStress Hormonesから、帯/メンバー写真ポストカード/ロゴ・カード付きの限定200枚プレスでオフィシャル再発!!過去にHigh Rollerからコンピレーション・アルバムが出てたバンドですが、このEPは最近Skol RecordsからCDシングルでもリリースされたりと、NWOBHMコレクターにはEPフォーマットとして永遠の魅力を放つカルト名盤とされています。ポストカードは2パターン存在するようですが、当店には立ちション風後姿の方が入荷しています。

ブギー調の古典的ハードロックをベースにしたへヴィメタルに、ボン・スコットの影響も思わせるチンピラ・ブルージーなVo.が乗るタイトル曲は、革ジャン姿もカッコいいし、ライブでMOTORHEADをカバーしてたりしたバンドだけあって、ハード・ドライビングなNWOBHM好きは必聴の名曲。ちょっとポール・バーロフがRAVENを歌ってるみたいにも聴こえてきます。そしてB面でしっとりした哀愁を聴かせるこの2面性も、NWOBHMならではでしょう。

Total Steel!!


valhalla-st.jpg



・VALHALLA - S/T LP 税込2,916円 / CD 税込1,944円 (WYLN)

USピッツバーグで1970年代後期に結成されたヘヴィメタル・バンドが、活動時に唯一残した1984年発表6曲入りMLPにボーナスを加えた全11曲収録のオフィシャル再発盤LPです。正統派ヘヴィメタルは苦戦する当店ですが、一緒に入荷してきたLEATHER NUNNとこのVALHALLAを再発すべくWYLN Recordsなる新レーベルを起ち上げた人が「Electric AssaultからRecord Boyを教えてもらった」とコンタクトしてきたので調べてみたところ、どちらも80'sプライベート・メタル・マニアには有名な人気のカルト・レア・クラシックだという事で、アナログ盤はけっこう高い卸値だったんですが、ちょっとチャレンジして入荷させてみました。LPはポスターも付いたレッド・ビニールでの再発で、シールドの上にはハイプ・ステッカーが貼ってあります。

オリジナルは1万円は下らないレア盤で、名作レア作品をピクチャー・ディスクでいろいろブート再発していたMetalized Blood (MERCYFUL FATEが当店には昔入荷してました)製ピクチャー盤LPや、悪名高きギリシャのUnisoundからのCDやNo RemorseからのコンピレーションCDなどで、日本のマイナー・メタル・マニアにも人気と知名度は高いバンドです。サウンドは結成が1979年というのもうなずける、キーボードがプログレッシブ・スペーシーなムードも盛り上げる正統派メタルで、アメリカン正統派メタルの抒情よりもNWOBHMのエピックに近い渋さがあります。Vo.はこれまた80'sマイナー・メタル・ファンにはおなじみのHAWKやMASIでも後に歌ってた人物で、このシンガーのクリーンなハイトーン・ヴォイスも素晴らしいのですが、Night StalkerというBLITZKRIEGのようなNWOBHMタイプの正統派鋼鉄ナンバーではBrian Rossにも似た渋い歌声を聴かせます。そして、こんな極上のエピック・メタルなのに、サンプル貼ったビデオのようにメンバーのルックスは男らしくて激渋カッコいい!!これぞ80'sクサレ・メタルの醍醐味です。



leathernunn-take.jpg



・LEATHER NUNN - Take The Night LP 税込2,916円 / CD 税込1,944円 (WYLN)

1980年代中期に活動し、本作LP1枚だけを残して消滅したUSフロリダのヘヴィメタル・バンド LEATHER NUNNの激レア・アルバム Take The Nightオフィシャル再発アナログ盤です。こちらもWYLN Recordsからの再発盤で、このアルバムは2013年に1度だけ再発されながらその後もオリジナル盤の中古市場相場は高騰し続けていて、まさしくケタ違いの1000ドル/10万円台にまで加熱することも多いウルトラ・メガ最上級レア盤としてコレクターやマニアの間で語り継がれる作品だそうです。LPはポスターも付いたレッド・ビニールでの再発で、シールドの上にはハイプ・ステッカーが貼ってあります。

サウンドは80年代アメリカの正統派メタル以外何者でもないタイプで、「俺たちはPOISONみたいに着飾ってたはいたけど、音はSABBATHだった」なんてメンバーがインタビューで語ってるウェブ・マガジンを見つけましたが、サバスは言い過ぎでも、確かにUK志向のアメリカン・バンドらしい冷たい重さのあるサウンドは、MALICE, LIZZY BORDEN, CRIMSON GLORY, etcなんかの合衆国産鋼鉄型抒情が好きな人にオススメです。しかしとにかくまぁ、やっぱり強調したいのはオリジナルが絶望的なまでに高額レア盤という点ですから、マニアもコレクターもそうでない人もこの機会にぜひどうぞ!!



soundbarrier-speed.jpg



・SOUND BARRIER - Speed of Light DIGIPACK CD 税込2,160円 (Marquee)

出るぞ、出ないぞ、とウワサばかりで10年くらいは経った気がするBLACKDEATHが遂に再発決定というニュースで盛り上がる中、自分は全く知らなかったけど最高のアナザー「ブラック」メタル・カルト・クラシックも再発されました。1980年に結成され、1stアルバムまではフュージョン・メタルだったというLAの黒人4人組バンドが、メンバー・チェンジして黒人3人+白人1人となりMetal Bladeと契約して1986年に発表した2ndアルバムが、ブラジルのMarquee Recordsから初CD化再発。当時のカセット・バージョンのみに収録されてた曲もボーナスで追加した全10曲入りデジパックです。

ギタリストは1997年からFISHBONEに参加した人だそうですが、黒人メタル特有のファンキーなグルーヴは全く感じられず、黒人云々抜きにかなり極上のアメリカン・マイナー・メタルです。オープニングを飾るアルバム・タイトル曲は、まるでCHASTAINのようなDIO影響下合衆国産鋼鉄の哀愁全開で、続くGladiatorはBROCAS HELMのようなエピック・スピード・メタルで大興奮。この80年代ヘヴィメタルならではの哀愁がアルバム全編隅々にまで染み渡っていて、ハッキリ言って80'sメタル好きならば嫌いなわけないであろう作品なのではないでしょうか。そしてやっぱりブックレットの写真がまた最高すぎる!!オススメです!!

Rock Hard!!Metal Free!!


vigilance-hounds.jpg



・VIGILANCE - Hounds Of Megiddo CD 税込1,620円 (Witches Brew)

まだあるWitches Brew商品久々大量入荷の続き!!Witches Brew以外のシカゴやデトロイトのバンドの入荷もあるので、今日はちょっとエピックなヤツとか正統派寄りなヤツでまとめました。

以前にDying Victims prod.からのMLPが入荷してたスロヴェニア出身スピード・メタル・バンドの限定700枚ナンバリング入り9曲入りアルバムCDです。確か、ENFORCER以降のNWOTHMバンドの中でも日本のアングラ鋼鉄ファンには評判の良かったバンドで、NWOBHM影響下の重厚すぎないアメリカン・スピード・メタルみたいなサウンドにちゃんと哀愁も漂わせて、今後の展開にも期待できるバンドでしたが、、、これは日本ではちょっと期待を裏切られた、と思ってしまう人の方が多そうな予想外の進化になっています。もうメンバー写真からして、スウェーデンの売れっ子デザイナー Obsessed by Cruelty臭を匂わせますが(実際はObsessed by Crueltyの仕事ではありません)、まるでNIFELEIMやWATAIN影響下のスウェディッシュ・デス・メタルみたいな極渋な革ジャン姿の加工写真を掲載して、BATHORYのカバーもやってるように、Vo.が変わったせいもあって、イーヴィル・スピード・メタルっぽさが倍増しています!!でも、もともとのメイデン影響下正統派メタル土台を崩していないスピード・メタルなので、NIFELHEIM舎弟バンドやWITCHGRAVE, IN SOLITUDE, ドイツのBURSTING OUTあたりのミックスのような、黒い鈍さと哀愁を融合した、実はあまり居ないタイプのオカルト・スピード・メタルになっています。粗っぽさも強くなったのでクォリティーが落ちた、なんて思われがちですが、全くそんなことはありません。当店としましては、今後もこの路線で行ってほしいです!!



saboter-mankind.jpg



・SABOTER - Mankind Is Damned CD 税込1,620円 (Witches Brew)

前作1st MCDがたいして印象に残ってないギリシャのへヴィメタル・バンドの、Witches Brewからリリースされた限定700枚ナンバリング入り1stフル・アルバムです。「ひたむきさを一番のセールス・ポイントとしたい好印象メタル!!」とか、自分でも関心するくらい、どう言って売っていいのかわからないのをアホな解説でうまくまとめたと思いますが、じゃぁまたなんでそんなバンドを入れたかと言うと、ドラムがギリシャ・デス・メタルの中でもなかなか渋いオールドスクール・タイプだったNERCOVOROUSの人であり、この人はNUCLEAR WINTERと並ぶギリシャ・スロウ・メタル・クラスト重要バンド CHAOTIC ENDの人でもあったとわかったからです。そして実際聴いてみると、そんなこともどうでもよくなるくらい、前作より格段に良くなっててビックリ!!ちょっとハリー・コンクリンにも似た曇り声のVo.と哀愁漂う楽曲が、TITAN FORCEやJAG PANZERも彷彿させます。アメリカン正統派メタル好きはぜひチェックしてください!!



lethalshock-evil.jpg



・LETHAL SHOCK - Evil Aggressor CD 税込1,620円 (Witches Brew)

Planet MetalからCDが出てたデス・メタル・バンド KOMMANDANTや、エピック・ドゥーム・メタルのSTONE MAGNUM, スラッシュ・メタルのINFECTONATORなどのメンバーから成るシカゴ出身で、もともとは2000年代にシカゴで活動したウルトラ・オブスキュア・ブラック・スラッシュ・メタルのVIRGIN KILLERSというバンド・メンバーとその周辺の昔馴染みの連中が集まって始めたバンドの、Witches Brewからリリースされた限定700枚ナンバリング入り1stアルバムCDです。シカゴらしさ全開ながら非常に個性的なサウンドで、ゴリゴリの男臭いへヴィメタルをどこかスリージーなR&Rっぽいノリにしてデス・メタル・ミュージシャンが演奏している、みたいな感じです。SUPERCHRISTのカバーまでやっていますが、シンプルに考えて、MASTERとSUPERCHRISTのミックス、なんて捉えてみてもいいと思います。DECEASEDとWASTELANDERの融合、なんて言いたくもなりますが、DECEASEDを例えに出すと売れないだろうなー。しかしまぁ、これは当店でシカゴ&ミシガンのアングラ・メタルをチェックしてる人にはぜひ聴いてもらいたい個性派です!!



demonbitch-hellfriends.jpg



・DEMON BITCH - Hellfriends LP GREEN VINYL 税込2,484円 (High Roller) / CD 税込1,944円 (Skol)

ここから下はもうWitches Brew以外ではありません。ISENBLAST, JOINT CUSTODY, WHITE MAGICIAN, BORROWED TIME, etcのメンバーによるUSミシガン州デトロイトのへヴィメタル・バンドの1stアルバムです。High RollerからのLPは限定500枚プレスで、そのうちのltd.300枚グリーン・ビニールでの入荷。CDはSkol Recordsからのリリースです。

1stデモ, カセットEP, そしてこの1stアルバムと、着実に成長してきているバンドなので、本作が間違いなく彼らの現時点での最高傑作であり、もっと言えばここまでアメリカン・エピック・メタルのシケた哀愁を踏襲しているバンドは、WHITE MAGICIANとかBORROWED TIMEくらい、つまり世界中探してもこの周辺連中くらいでしょう。ブラック・メタル・バンドをやってるメンバーも参加してるせいもあってか、他のエピック・メタルよりも激しく、スピード・メタル調の疾走感と起伏に富んだ曲構成が特徴で、この辺はBROCAS HELMを彷彿させます。そしてVo.メロディーからギターソロまで、シケシケの旋律が素晴らしく、MANILLA ROADやCIRITH UNGOLなどの合衆国産鋼鉄はもちろん、HEAVY LORDなどのファンにまで聴いてもらいたい、なんて言うと騒ぎすぎでしょうか?80'sエピック・メタル・ファン悶絶必聴の傑作です!!



highspirits-motivator.jpg



・HIGH SPIRITS - Motivator LP ORANGE VINYL 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (High Roller)

SUPERCHRIST, DAWNBRINGERのChris Black氏によるハードロック・バンド HIGH SPIRITSの2016年発表3rdアルバム。LPは1500枚プレスという別格扱いの枚数で、今回はそのうちのltd.700枚オレンジ・ビニールで入荷しました。SUPERCHRISTもDAWNBRINGERもChris氏自身のへヴィメタル・ルーツを体現したプロジェクトで、当店がChris氏とコンタクト取り始めた頃はまだ「NACHTMYSTIUMにも在籍する~」という肩書きにした方がお客さんにはわかりやすい存在でしたが、商業的に成功を収めるには至らなかったSUPERCHRIST時代の苦労(とは本人は全く思ってないだろうけど)が実を結んだような成功をこのHIGH SPIRITSで手に入れても、彼のスピリッツは全く変わってないことがヒシヒシと伝わってくる渾身の内容に仕上がっています。HIGH SPIRITSとしては、間違いなく当店的にベスト・アルバムと断言できるでしょう!!

R&RベースのNWOBHMウォーシップなスタイルだったSUPERCHRISTに対して、HIGH SPIRITSでは80年代へヴィメタルのAOR寄りなソフト・メロディック・ハード・スタイルを実践してきましたが、今回は今までのHIGH SPIRITSよりかなりラウドでアグレッシブな作風になっています。DAWNBRINGERは当初はSENTENCEDやAMORPHISのようなメロディック・デス・メタルっぽさがあったけど、その後Chris氏がソロ・プロジェクトとして継承し(DAWNBRINGERは元々バンド形態でスタートし、Chris氏は実はオリジナル・メンバーではなかった)、エピック・メロディック・ハードロック・メタルに変化しましたが、このHIGH SPIRITSも、先行シングルで感じさせた深化が確実に感じられます。疾走感はSUPERCHRISTにも通じるし、ソフトなメロディーはAOR風と言うよりもだいぶエピック・ハードロックっぽくなってるのではないでしょうか。とにかく、間違いなく今までで一番激しくて切ないので、やっぱりChris氏にはBOYはまだまだこれからも付いて行こうと思います!!

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR