RECORD BOY

LOW CARD de la morte - el Paris Radio Massacre Sessions CD


lowcarddelamorte-elparis.jpg



・LOW CARD de la morte - el Paris Radio Massacre Sessions CD 税込1,620円 (Hardcore Kitchen)

前作7"EPも好評だった名古屋ハードコア・パンク LOW CARD de la morteがHardcore Kitchenから20曲入り1stアルバムCDをリリース。酷暑の夏にふさわしいクレイジーなデザート・パンク・スラッシュ大爆発の痛快作となっています!!

ex. ADA-MAX, ex. FLASH GORDON, SUPER FLOORメンバー5人によって結成され、この作品から4人編成となっています。スラッシュ・ハードコア・パンクにフラメンコやラテンの哀愁をミックスしたような独特のスタイルで、関東でもファンの多いパンク・バンドですが、よりクロスオーバー・テイストを増したスプラッター・スラッシュ・ポンチョ・パンク・サウンドは、ACCUSEDなどのUSクロスオーバー・ファンにもオススメ!!

Japanese Punks!!

swankys-lastpunkshow1988.jpg

・the SWANKYS - Last Punk Show 1988 CD 税込3,024円 (Kings World)

1988年11月3日博多DURM Be-1で行われた福岡でのラスト•ライブを収録した「LAST PUNK SHOW」これまでにリリースされた、ビデオテープ、カセットテープ、アナログレコードには未収録だった「How Long Do You Give Me」「Knife Will Not Open Because Of The Rust」「Good Friends」「FUCKER」「Five Star」を初収録したフルセット全15曲完全盤!



herotheswankys-lastshow.jpg

・HERO THE SWANKYS - Last Show 1989,1,8 CD 税込3,024円 (Kings World)

平成が始まった1989年1月8日SWANKYS最後のパフォーマンスとなった新宿Loftでの伝説のライブが遂にCDでリリース!



hardatider-crucialsection.jpg

・HARDA TIDER / CRUCIAL SECTION - Unleash the Fucking Fury SPLIT 7" 税込1,080円 (Crew For Life)

2015年7月に日本ツアーを行ったスウェーデンのHARDA TIDERとCRUCIAL SECTIONによるSplitシングルが7"アナログ盤もリリース!

HARDA TIDERはここでもUS東海岸ハードコアを思わせるアングリーなスラッシュ・サウンドでぶっちぎります。メタル・エッジは大々的に導入せず、ボストン型の激情とNYHCのブルタリティーで熱く疾走するパンク・スラッシュ2連発!!2曲とも新曲で、以前に入荷したディスコグラフィーには未収録です。

CRUCIAL SECTIONはスパークするハードコア・スラッシュを緩急つけてダイナミックに叩き出した全3曲。ボストンmeetsノッティンガムなUKのGERIATRIC UNITと共鳴するのも納得の、強靭で激烈なハードコア・サウンドです。

Japanese Punks!!


questionsandanswers-tell.jpg

・QUESTIONS AND ANSWERS - Tell Us The Truth 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

東京のパンク・バンド QUESTIONS AND ANSWERSの4曲入り7"が、ポスター・スリーブ/DLコード付きでPogo 77からリリース。インフォメーション読めばもうこれ以上の説明は一切必要がないくらいに、SHAM 69の曲名からであろうバンド名通りの熱いパンク・ロックがGreat R&R Swindleテイストに炸裂したA面と、そして疾走感と男の哀愁がBLOODを完全に彷彿させるB面と、アプローチを変えつつともに実に渋すぎる内容です!!

QUESTIONS AND ANSWERSのブランニュー4曲入りEP。彼らの得意とする湿り気を帯びたストレートなパンクロックは相変わらず健在だし、QAAを語るにあたって「UK80's」「SHAM69」というキーワードは避けては通れないが、それを恐れ多くも真正面から受け止めて1曲目は「Tell Us The Truth」という曲名で勝負してきた。これがどこから切っても「男らしく、切ない」フレーズのオンパレード。いきなり目頭熱くなっちゃたよ~。続く2曲目は同じく「SHAM69」の曲名からいただいたバンド名を、さらにまた堂々と曲名にした「QUESTIONS AND ANSWERS」。キャッチーで力強くドライヴするギターはPROFESSIONALSを彷彿させ何ともカッコいい。そしてツボを押さえたコーラスが印象的な3曲目「Skinhead-town」は、意外にもTHE BLOODが頭をよぎるというセンスの良さを発揮。疾走感と哀愁が入り混じるラスト4曲目の「Rights And Duties」では、隙間なく練り込まれたメロディーラインが何とも言えず素晴らしい出来だ。前作のEP、VAの勢いはそのままに、今作はさらに多彩さが加わり、ただ「UK 80'S」をなぞっているアーカイヴバンドではない事が難なく証明された1枚だと思う。現在の順調なバンド活動が音に繁栄されている充実した内容の4曲だが、もっと聴きたいと思わせる4曲。早くフルアルバムをリリースしてもらいたいバンドの筆頭である。YOSSY (NEVERTRUST) ~インフォメーションより~



sarushibai-yoake.jpg

・猿芝居 (SARUSHIBAI) - 夜明ケハ未ダカ? CDR 税込540円

悲観レーベルから7"をリリースしている群馬のハードコア・パンク・バンド 猿芝居の2014年に自主制作で発表した6曲入りCDR。これまで流通には乗らずバンドの手売りのみでしたが、ショップでの販売も開始となりました。

スターリン、あぶらだこ、奇形児などの影響を感じさせるジャパニーズ・パンクを、ハードコアの潔いスピード感や、独特の歌詞で聴く者を惹きつけ、7"EPで魅了された方はこちらも必聴です!!

FRAMTID - 5 Tracks Devastation EP REPRESS 7"


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。



framtid-5tracks.jpg

・FRAMTID - 5 Tracks Devastation EP REPRESS 7" 税込1,500円 (self release)

限定追加プレスされました!!2017年のA Varning From Montrealフェス用に制作されたシングルで、ジャケットが150枚ほど残っていた分のみ追加されたそうです。前回はあまり海外に行き渡らなかったので、今回の追加プレスは海外ディストロ用に既に大半が確保されてしまったようですから、前回買い逃した方も油断せずに押さえておきましょう。

カナダの名物パンク・フェスティバル A Varning From Montreal に今年2017年遂に念願の参加を果たした大阪クラストコア・ノイズ・ロウ・パンク FRAMTIDの2017年新作EP。King Cobra SquatにてMTRで一発録りされた全5曲収録で、現編成での過去曲の新録4曲と新曲1曲。スカンジナビアン・ハードコアの黒く原始的なスラッシュ・サウンドを継承するスタイルでは、世界中のパンクスから最高峰とあがめられる最重要バンド!!

Japanese Punks!!


parasite-zankyo-cd.jpg



・PARASITE - Reverberation (残響) CD 税込1,944円 (Boss Tuneage)

先にアナログ盤でリリースされて海外で大ヒット中の愛知メタルパンク PARASITEの1stアルバムがCDもリリース!!PARASITEの単独CD作品は今回が初になりますし、しかもボーナスで2009年1stデモ音源も追加!!ペーパーフォルド・スリーブで、日本流通用帯の色がブルーに変わっています。

ジャパニーズ・メタルパンクの中でもひときわ黒い暴力性が際立った存在感ですが、余計な装飾のないシンプルな楽曲とメタリックなギターのコンビネーションには、DISCHARGE影響下のハードコアと同時にVENOMやMOTORHEADも好んでいたような、まさに80年代日本のメタルパンクと同じ衝動性を感じさせます。ゆえに海外のマニアに絶大な人気を誇るのでしょう。今回も挑発的な彼らの魅力が炸裂しています!!



slightslappers-sweet-cd.jpg

・SLIGHT SLAPPERS - Sweet Power Violence CDEP 税込1,296円 (Break The Records)

2017年末に7"アナログ盤で発売され早々に完売した東京パワーバイオレンス重鎮、スラスラの新作EPが、Moonlight-Dance Mix-もボーナス収録した11曲入りペーパースリーブでCDバージョンもリリース!!

パワー・バイオレンス・スタイルのハードコア・パンクを日本でいち早く取り入れたバンドの一つですが、ユーモアを効かせた奇天烈なヒネりとポップな感覚も兼ね備えたスタイルは、当時から見ても独創の存在感を放っていて、、今作でもそれは爆発してます!!ノイジーな質感の音をすさまじいテンションで放つ激速スタイルは変わりませんが、これまで以上に遊び心と緊張感が交錯する、ファン大満足のEPです!!

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR