RECORD BOY

Daymare Recordings


greenmachine-mountains.jpg

・GREENMACHINE - Mountains of Madness CD 税込2,160円 (Daymare Recordings)

2018年にはオランダのRoadburnフェスにも参加した金沢を拠点に全国規模で活動するハードコア・へヴィロック・バンド GREENMACHINEの2019年新作アルバムCD!!


■GREENMACHiNEが『THE ARCHIVES OF ROTTEN BLUES』から実に15年振りにフル・アルバムをリリース!

■新体制となってからリリースした初の音源『FOR THE NIGHT AND BLOOD EP』(2016)、ワールドワイド・リリースが実現したフランスのHANGMAN'S CHAIRとのスプリット作(2017)、Jacob Bannon(CONVERGE)キュレイターによるオランダでのRoadburn Festival 2018への参加、そして国内でのライヴ活動を続けていた近年のGREENMACHiNE。その全てがインパクト大だったが、誰もが待ち望んでいたのはフル・アルバムだった。

■原点回帰を思わせる自発・積極性で、一気に楽曲を書き上げ自らレコーディング。敢えて制作期間を短く設定、その中で繰り返したスタジオ・セッションより生みだした珠玉の13曲を収録。自ら標榜するHARDCORE ROCKをさらに前進させる攻めの姿勢が顕著且つ最大限の効果を生んだアルバムだ。

■これは『Ace of Spades』だ! 『Vol.4』だ! 『…And the Circus Leaves Town』だ! 『…And Justice for All』だ! 『South of Heaven』だ! 『Lip Cream』だ! 何が言いたいかって? サイコーな4thアルバムが完成したってことだ!
(インフォメーションより)




friendship-hatred.jpg



・FRIENDSHIP - Hatred CD 税込2,592円 (Daymare Recordings)

パワーバイオレンス/NYHC系メタルコア/デス・メタル、etc、関東のエクストリーム・シーン各地で話題を呼んでいた千葉拠点の暗黒重量級パワーバイオレンス・バンド FRIENDSHIPの2017年発表1stアルバムCD。Southern Lordからアナログ盤もリリースされた代表的名作です!!


■突然変異的に出現、瞬く間にハードコア・シーンを席巻したグラインド/パワーヴァイオレンス/激ハードコア・アクトFRIENDSHIPが初のフルレンス・アルバムをリリースする。

■東京近郊を中心に活動。ライヴではOrangeアンプのスタックで壁を作り、轟音を超えるさながら音波発信の演奏で圧殺する勢い。ある種の緊迫感に満ちたライヴは、毎回が事件と体験の連続だ。これまでに2枚のEPをリリースしたが、いずれも即完を記録。白地に拷問器具/武器をあしらったジャケットの装丁や、優に100種類は超えているであろうTシャツ・デザインなど、スタイリッシュな世界観も独創的。

■新作はありとあらゆるものを徹底的にアップデイトしてブーストした、恐るべき仕上がり。トレードマークのブラスト・ビートやビートダウンも健在だが、暗く疾走するDビートが大幅に増えており、HIS HERO IS GONE~TRAGEDY的な雰囲気も充満している。人間離れした剛腕ドラムのビート感は、現代最高峰と言っても過言ではない。

■今回はマスタリングをBrad Boatrightが担当。90年代末から活動したアメリカの伝説的ハードコア/クラスト・バンドFROM ASHES RISEのメンバーでもあり、今や世界トップクラスの激音エンジニアとして名を馳せる。CONVERGE、NAILS、WEEKEND NACHOS、SUNN O)))、SLEEP等を手掛けた手腕はさすが。FRIENDSHIPとの相性は想像以上に抜群だ。

■ファースト・アルバムのリリースと前後して、1st&2nd EPをカップリングしたカセットやヴァイナルが海外レーベルからリリース待機中。それらとこのアルバムをもって本格的に世界へ進出していくはずだ。昨年以降NAILS、FULL OF HELL、ENDON等が驚異的な新作をリリースし活気付くシーン。FRIENDSHIPもまた、それらのバンドと同じステージで轟音を鳴らす準備が整った。
(インフォメーションより)




friendship-undercurrent.jpg



・FRIENDSHIP - Undercurrent CD 税込2,592円 (Daymare Recordings)

2018年にはSLEEPとの共演も果たした千葉拠点の暗黒重量級パワーバイオレンス・バンド FRIENDSHIPの2019年発表2ndアルバムCD!!



■突然変異的に出現、瞬く間に東京近郊のハードコア・シーンを席巻したエクストリーム・ミュージック/激ハードコア・アクトFRIENDSHIPが早くも2ndアルバムをリリースする。

■Orangeアンプの壁から放つ常軌を逸した爆音と緊迫感に満ちた演奏、何より殺伐とした強力チューンが蠢く衝撃の1stアルバム『HATRED』(2017)は、ライヴ同様に衝撃を持って受け止められた。このアルバムは名門Southern Lordを通じてアナログ盤が、Sentient Ruinを通じてカセット・テープがワールドワイドでリリース。プロフィールを明かさず、Web上に写真も動画も殆ど無い状況から「ミステリアスなバンド」「何者?」として海外でも大きな話題を呼んだ。

■徹底的な押しの一手がシュアショットだった前作と比較し大胆に言うなれば、2ndアルバムは全てに於いてテクニカル且つ複雑にアップデイト。シャープさとハーモニクスを増し、緩急をつけたことでひとつひとつのリフの強度が格段にアップ。それでいてストレートさは一切失っておらず、Dビートとブラストの切れ味も際立つ。1年近く掛けて書き上げた曲、名エンジニア原浩一氏(SiM/ROTTENGRAFFTY/BABY METAL他)と共に前作の数倍の時間を掛けたサウンド・プロダクションは、スケール感からして比較対象を持たない。エクストリーム・ミュージックの最前線を日本から改めて発信するかたちだ。

■2018年1月に『leave them all behind 2018』で伝説のSLEEPと共演、9月には最新作が年間ベスト・アルバムの呼び声高いPALMとのヨーロッパ・ツアーも敢行。各方面で期待度が上がり続けている。NAILSに代表されるメタルでもハードコアでもない(しかし双方にアプローチし得る)エクストリーム・ミュージックの新興は留まることを知らないが、世界的に見てFRIENDSHIPはそのシーンの中心に位置する。
(インフォメーションより)




granule-pain.jpg

・Granule - Pain, Ritual & Life CD 税込2,592円 (Daymare Recordings)

パワーバイオレンス/デス・メタル/ブラック・メタル/ドゥーム・メタル/エレクトロニクスなど、サブ・ジャンルレスに激しく黒いサウンドを追求する東京エクストリーム・ミュージック・シーン新世代を象徴するバンドの一つ、Granuleの1stフル・アルバムCD!!


■インパクト絶大なライヴが話題を呼び、日毎にその名を広めるGRANULEは2017年活動開始。同年3月に『AURORA』をbandcamp上にてフリー・ダウンロードで発表。その後『AURORA』のカセットテープを制作し、盟友Keigo Kurematsuによる『AURORA』をイメージして作られたジン『Deserter’s Ritual』とのセットでリリース。11月には『DEMO #2』を同じくbandcamp上にてフリー・ダウンロードで公開し、同内容のCD-Rをライヴ会場のみで販売。2018年8月にBlack Hole RecordingsからKLONNSとのSplit 7inchである『Discipline』をリリースしたばかりだ。

■徹底して歪みひしゃげたスラッジーな音像と楽曲はプリミティヴなハードコアを想起させつつ、ダーク・アンビエント的な漆黒音も共存並奏する。そこにあるのはKHANATEの息詰まる音の抜き差し、THE BODYやFULL OF HELLの折衷感、Ho99o9の突然変異性... ライヴで顕著なように、誤解を恐れずに言えばその全てがフィジカル且つダンサブルですらある独創性。ハードコアとクラブ・カルチャーがこのかたちでクロスオーヴァーする様は、正に'今'でしかない。

■戒律と破壊が導く音の粒子。文明崩壊願望という退廃的なテーマが時を超え、東京から広まる。
(インフォメーションより)



Japanese New Releases


crashsyndrom-necroleptic.jpg



・CRASH SYNDROM - Necroleptic CDEP 税込540円 (Anatomical prod.)

東京で活動するウクライナ人&日本人混成グラインドコア・バンドの過去曲2曲を再録したCDEPが、ゴア・グラインド専門レーベル Anatomical Productionsからリリース。極上のロウ・ノイジー・サウンドで繰り出される独創的なカオティック・デス・メタル・リフと、タイト&パワフルなドラミングが素晴らしい、グラインドとしてもデス・メタルとしても、完璧なかっこよさのオールドスクール・ゴア・グラインドです!!

Obliteration Recordsからファーストアルバム、ミニアルバムをリリースし好評を博した東京で活動するウクライナ人 & 日本人によるゴアグラインドバンド。
本作は既発曲を再録の2曲を収録。
CARCASSが作り上げた病理学系歌詞に独特なギターリフを完全咀嚼し”Reek of Putrefaction”、”Symphonies of Sickness”へのリスペクトと愛情を存分に感じることが出来るサウンドプロダクション・アレンジ、そしてジャケットとなっています。
初期CARCASSファンはもちろん初期MALIGNANT TUMOUR, GENERAL SURGERY
The COUNTY MEDICAL EXAMINERSなどのゴアグラインドファンにはぜひとも聞いていただきたい2曲となっています。
これがゴアグラインドで何がゴアグラインドなのか!!
(インフォメーションより)




summerofdeath-bolt.jpg

・SUMMER OF DEATH - Bolt Nine Chambers 7" 税込900円 (Hardcore Survives)

ex. FILTHY HATE, DEATHTRIBE, HARMIT PROSEメンバーによる東京クロスオーバー・スラッシュ・コア・バンドの1st 7"がHardcore Surivesからリリース。EaracheやManic EarsなどのLate 80's UKHC経由でのクロスオーバーを愛してやまないパンク・スラッシュ!!

遂に来たぜ!FILTHY HATE/DEATHTRIBE/HERMIT PROSEと、以前の在籍バンド名を出すまでもなくアクティブに活動をし続けるSUMMER OF DEATH 1st 7"ep!音源としてはDEMO CDRのみながらも、そのサウンドやパフォーマンスに魅了されカテゴライズ問わずに多岐に渡るライブを展開!もはや唯一無二と言っていい程に、古臭くも新しいCROSSOVER THRASH CRUST METAL PUNK HARDCORE! U.K/CONCRETE SOX/SACRILEGE~U.S/D.R.I.はたまたITALY/RAW POWERまで感じさせる、全てのハードミュージックの音楽的魅力を詰め込んだ渾身の初塩ビ音源! 400枚プレス(インフォメーションより)


Japanese Punk!!


butterfly-whitenight.jpg



・BUTTERFLY - White Night CD 税込2,000円

女性シンガー Nora氏率いる札幌のハードコア・パンク・バンド BUTTERFLYの新作アルバムCDが自主制作リリース。ex.FAST DRAW、REALIZED / ANTAGONISTA MILLION STEPSなどのメンバーがバックを固めていますが、やはり耳を惹くのはNora氏の存在感バツグンの迫力あるヴォーカル。癒し系女性Vo.が喜ばれる昨今、こういうストロングで、尚且つジャパニーズ・ハードコア特有の哀愁メロディーを継承したスタイルは絶対に貴重です。ハードコアやメタルなど各方面で活躍してきたミュージシャンによる演奏と楽曲も攻撃的なロック・フィーリングで、90年代ジャパニーズ・ハードコアを思い起こさせる熱いサウンドです!!


札幌FEMALE Vo. HARDCOREの代表格、BUTTERFLYが5年振りとなる新作をリリース!!

'98年の結成以来、メンバーチェンジやより激しいハードコアサウンドへと進化を遂げながら長きに渡り活動を続けてきた彼女ら。
ex.FAST DRAW、REALIZED/ANTAGONISTA MILLION STEPSなどの男性メンバー3人による重く激しい演奏に、結成時からの唯一のメンバーであるVo.NORAの力強く叫ぶジェンダーレスなボーカルと言葉が突き刺さる。
メタリックな要素も持つ日本の王道とも言えるハードコアパンクのスタイルを基盤にしながらも、次から次へと繰り広げられる曲展開の広さと特有の攻撃性を持つ独自の世界観に一気にのまれる。

約8年ぶりの音源リリースとなった前作では衰え知らずなどころか更に激しく凶暴なサウンドへと進化し、今作では確固たるBUTTERFLYの音を提示したと言っても過言ではないだろう一枚。前作まではSTRAIGHT UP RECORDSからのリリースだったが、今作は自主でのリリースという事からもうかがえる今後の精力的な活動にも期待をせずにはいられない。
(インフォメーションより)




asox-st.jpg

・a sox - S/T CD 税込1,620円 (Crew For Life)

Adventure Family Recordsの名作オムニバス Enjoy Your Youth LPなどに参加してたLate 80's東京三多摩シティー・ハードコア・パンク・バンド JELLY BEANSのメンバーなどから成るバンドの1st CDがCrew For Lifeからリリース。

ガレージ・パンク系ミュージシャンも参加しているとはいえ、「初期POISON IDEAやBLACK FLAGをはじめ、70's PUNK/GARAGEファンにも先入観なしに聴いてもらい彼らのライブに足を運んで欲しい」というレーベル・インフォメーションだとなかなか想像しにくいかと思いますが、しかしこの解説どおりのサウンドで、そしてこれがかっこいい!!シンプルなR&Rを基礎にしながらも非常に練られた曲で、これは聴いてもらわないわからないグレートさです。オススメ!!


HARDCORE PUNK from Nishi-Ogi Underground! 新たな「西荻サウンド」が刻まれた1stアルバム遂に発売!

80年代に三多摩CITYで活動していたHARDCORE PUNKバンド"Jelly Beans"のレイジ(Ba)、他のPUNKシーンで活動していたミカワ(Dr)を中心に、独特なタッチのイラスト、アートワークを手掛ける絵描きのテツヤ(Vo)を招き2007年夏に結成。2016年に70'S PUNK/GARAGEシーンで活動していたケイ(Gt)が加入。

西荻窪PitBarを中心に自主企画"ホイドジャンクション"を開催し、HARDCORE PUNKだけではなくアコースティック〜インプロなど独特な組み合わせで個性溢れるバンドと共演を重ね、動員を着実に増やし続けており、西荻で今、最も音源が待たれていると言っても過言ではない、a soxの1stアルバム。それぞれのメンバーの培ってきたPUNK/HARDCOREサウンド(80's US/EURO/JAPAN)に無機質なギターが特徴的なHARDCORE PUNKアルバムに仕上がりました。敢えて例えるならば80年代初頭に勃発したバンドのようなPUNK ROCKを通過しスピードアップさせたHARDCOREの初期衝動サウンドです。初期POISON IDEAやBLACK FLAGをはじめ、70's PUNK/GARAGEファンにも先入観なしに聴いてもらい彼らのライブに足を運んで欲しい。
(インフォメーションより)


Japanese Punks!!


gerogerogenbakutai-cd.jpg

・ゲロゲロ原爆隊 (GEROGEROGENBAKUTAI) - S/T CD 税込1,620円 (Black Konflik)

2016年にマレーシアのレーベルが突如オフィシャルでコンピレーション・カセットをリリースして、それまで日本でもほとんど知られてなかったバンドの発掘再発として話題を呼んだ札幌のハードコア・パンク・バンドの音源集がBlack Konflikから限定350枚でCDバージョンもリリース!!1986年にex.NAPALMのメンバーによって結成されたバンドで、80年代ジャパニーズ・パンク独特の暗くノイジーなサウンドのカルト・バンドです!!

Tracks 1-7 : Demo
Tracks 8-9 : Unreleased Tracks (live)
Track 10 : Live 1987
Tracks 11-16 : Live at Bessie Hall 6.12.1987



deformationquadric-donot-tape.jpg

・DEFORMATION QUADRIC - Do Not Be Fooled By The State TAPE 税込864円 (Black Konflik)

大阪鋲ジャン・ノイズ・パンクスの新作プロコピー・デモ・カセット!!2018年録音の新曲3曲+過去曲再録の全4曲。キャッチーさもあった以前のようなドカドカ・ノイズコア・パンクに、今回はクラスティーなダーク・ブルタリティーも強めたロウ・クラスト・サウンド!!


Pogo 77!!


tomandbootboys-demo1995.jpg

・TOM AND BOOT BOYS - Demo 1995 7"EP 税込1,080円 (Pogo 77)

Pogo 77 Recordsの記念すべき100作目と101作目は、レーベル・オーナーの今村氏率いるTOM AND BOOT BOYSの貴重な初期デモ音源のヴィニール化EP!!こちらは1995年録音の3曲を収録。

SIDE-A
SHUT UP AND DIE 2:47

SIDE-B
UGLY POLICE 2:26
WE ARE STILL PUNKS 2:10

※14"x14"ポスタージャケット / 東洋化成プレス


tomandbootboys-demo1996.jpg

・TOM AND BOOT BOYS - Demo 1996 7"EP 税込1,080円 (Pogo 77)

こちらは1996年録音の3曲を収録で、スノッティー&キャッチーなドタバタ・ドランク・パンク・ナンバーは今も昔も変わらずだけど、デモらしい若々しいロウ・サウンドが楽しめます。

SIDE-A
FUCKED UP 1:32

SIDE-B
LIAR 1:56
FUCK YOU 1:34

※14"x14"ポスタージャケット / 東洋化成プレス



shittyhistoryofpogo77.jpg

・SHITTY HISTORY OF POGO77 BOOK 税込1,080円 (Pogo 77)

海外にも多くの信者が存在するジャパニーズ・スパイキー/ストリート・パンク・シーンを牽引するレーベル Pogo 77のヒストリー・ブック。オーナーの今村氏が今だから本音で語れるレーベル・ディスコグラフィーや、満載の懐かしい写真など、コレクターやマニアならずとも楽しめる本です!!


[内容]
●POGO77作品紹介
(1996年にリリースされたTOM AND BOOT BOYSの1stシングル[POGO1]から、今年2019年にリリースされたTHE TITSの1stアルバム[POGO99]までの作品紹介。あわせて、POGO77 DISTROやKILLED BY POGO77シリーズの紹介も)

●写真コーナー
(90年代半ばの、POGO77 RECORDS周辺のポゴ・パンク~Oi!パンク~クラスト~パンク・ロック・バンドetcのライヴやオフショット写真を多数掲載) ●資料コーナー (ライヴのフライヤーやPOGO77 RECORDSの広告etcをこれまた多数掲載)

●対談コーナー
(POGO77 RECORDSと縁の深いパンクスと、今村さんとの対談。登場して頂いたのは、BLACK AND WHITEのMICK SICK氏、TOM AND BOOT BOYSのMIYOSHI氏とTAKA-44氏、THE ERECTiONS.のKENTARO氏、THE TITSのKYOSUKE氏、EXTINCT GOVERNMENTのRICKY氏、そしてTHE LAST SURVIVORSのMICHIAKI氏とLIFEのABE氏)

●広告コーナー
(POGO77 RECORDSと付き合いの長いショップやレーベルなどの無料広告)


02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR