RECORD BOY

Japanese Hardcore Punx!!


skitklass-primitiv.jpg



・SKITKLASS - Primitiv Kansla CD 税込2,530円 (Break The Records)

これまでのリリースがことごとくパニックを巻き起こしてきたSKITKLASSが1stフルレングス・アルバムを発表。アナログ盤がちょっと遅れていて、CDが先に発売となりました。ゲートフォールド紙ジャケットで、この仕様は初回のみ。そしてSKITKLASS / グチャグチャ(ソノシート/BTR-001:POGO-109)購入抽選券が封入されています。

マスクで顔を覆った正体不明のバンドならではの、サウンドまでも国籍&年代不明な、まるでオランダやイタリアなんかのDISCHARGE影響下80年代初期ハードコア・パンクのようなイブシ銀のロウ・パンク・ナンバーの連打が痛快で、90年代にそれらのメガレア・ハードコア・パンクに飢えて世界中でリリースされたKilled by Hardcoreなコンピレーション・アルバムに収録されている曲を聴いてるような錯覚に陥ります。しかし後半(たぶんアナログ盤でB面になるのかな)は女性の日本語の語りも組み込んで、STALIN作品で有名な宮西計三氏による最高のジャケ・アートワークの雰囲気と完璧にシンクロするような独特の世界を完成させています。サウンド/アート/メッセージ、全てに於いて、これこそまさに渾身の一撃的な文句なしの傑作です!!


2018年初頭頃より突如頭角を表し、その異様なマスク姿により素性が一切謎ながらリリース戦略、ステージ共に人々を混乱と衝動の渦に巻き込んだグループ、SKITKLASSが遂に世に放つ2019年1stフルアルバム!その屈折した存在感とは裏腹の、これ程までに80年代初頭に発生したハードコアパンクという音楽ジャンルの否定と反逆、そして破壊の哲学がかくにも純然たるかたちで提示された作品が今の時代にあって良いのだろうか?答えはNOだ!原始的で生々しい攻撃性に満ちたA面と形而上的カオスを叩き付けるB面の全16曲はジャケット・アートワークの驚嘆すべきインパクトと相まってこんな時代に投下されるにはあまりに不条理だ。だから気をつけろ、奴らはもうそこまで迫っている!(邪奇異/FRAMTID.REVENGE RECORDS)

目玉ヒン剥いてよく見ろ!耳の穴かっポジってよく聴け!『SKITKLASS』は俺の最高のロック・イラストレーションさ!自信をもってtrashを超えたと言えるね。勿論中身も超ウルトラ'B'KLASS!! (宮西計三)

立て続けにスマッシュヒットを連発するSKITKLASSが、セカンドアルバムを出す。マスター音源を聴きチビリましたが、ジャケットデザインはなんと・・・THE STALIN - trashを描いた宮西計三先生!もうこれは音源を聴きながらジャケットを拝むしかない。そして音源にはソノシート購入抽選チケットが封入とのことで、これまた泣くに泣けないマスク仮面達。さぁ12月7日 ワンマンライブもあるようだし、今年はSKITKLASSで締めくくりましょうかね (今村紀康/POGO77 RECORDS)

制作に取り掛かった当初、収録される半分は"STUDIOテイク"、もう半分は"異次元LIVE"との事だったが、これにはすっかり騙された。CD用に渡されたマスター音源の収録曲数は9曲。"異次元LIVE"はこの9曲目の事を指すのだが、皆さんの思い浮かべるであろう"LIVE"とは違うのだ。SKITKLASSは"生活"や"生きる"という意味でこの言葉を選んだのではないだろうか。ある意味ネタバレのような事になってしまうので詳しい収録内容についての言及は避けるが、この1トラックに収められた音には情景が付随してくる。そうか、そういう意味でも"LIVE"なのかも知れない。PRIMITIV KÄNSLA、原始的感覚。目を閉じてこそ、見える景色がある。(安藤竜/BREAK THE RECORDS)




revenant-japan-2019demo.jpg

・REVENANT (Japan) - Demo 2019 CD 税込500円

OUT OF TOUCH, TAKE THE LEAD, WITS END, WITHOUT LIMIT, DIEDRO LOS DIABLOSメンバーによる注目の名古屋ハードコア新バンドの4曲入りデモCD。スリーブ無しでステッカーが付属します。

80年代後期NYHCを彷彿させる、パンク土台のオールドスクール・スラッシュとヘヴィ・モッシーなハードコア・サウンドをミックスしたようなサウンドは、いかにもこのラインナップならではの名古屋ハードコアらしさも感じさせる個性です。90年代の日本産NYHC影響下バンドを追いかけていたファンはぜひチェックを!!


*こちらの商品は、ショッピング・カートのシステム上、税込値段が501円と表記されていますが、500円で販売しています。



pleasureandthepain-moonshine.jpg



・PLEASURE AND THE PAIN - Moonshine CD 税込2,200円

ACROSTIXドラマーのTam氏や、以前にデモが入荷してたcluster amaryllisなどの元メンバーらによる三重のハードコア・バンドの2nd CD。十字型に開くカードボード・フォールドスリーブの凝ったケースで、ブックレット封入。1990's~2000'sカオティック・ハードコアやエモを彷彿させる激しさと悲痛な激情が同居したサウンド。東海地方でいち早く激情スタイルのハードコアを実践していたFRAGMENTのカバーを含む全9曲。


pleasure and the pain are...
VOCAL CHRIS / GUITAR MASAYA / BASS WADA / DRUMS TAM

pleasure and the painが新作「moonshine」をリリースする。

バンドは前作から2年の間、ひたすら曲を作りライブを重ねてきた。自主企画「SEKILALA」に於いては、punk、hardcoreのバンドは勿論、anyo、DEEPCOUNT、NOISECONCRETE × 3CHI5等、様々なスタイルのバンドを招くことにより、企画全体での有機的な反応を楽しむ独自のスタイルで好評を博している。

そのようなバンドを取り巻く環境からの刺激と、多岐に渡るメンバーの音楽的嗜好を制限する事無く取り入れた曲作りが今作の製作プロセスに強く影響を及ぼしている。

前作同様にstudio246東山にて録音が行われ、以降の作業はバンドによるセルフプロデュースでミックスからマスタリングまで行われた。90年代のEbullition Recordsの録音物の質感に00年代の低域の量感をプラスさせた様な音像の今作。

情熱的なリフレインの核にある寂寞。

繊細に編みこまれていく違和感。

その雰囲気はNEIZERのKEITA氏(DILDOS)の手によるアートワークにも感じ取る事ができる。

既にライブで演奏されている8曲に加えメンバーの敬愛するfragmentのカバーを含む全9曲。

2019年11月15日、自主レーベルよりリリースです。
(インフォメーションより)


D-Beat / Crust / Street Punk / Raw Punk, etc New releases


disclose-nightmare.jpg

・DISCLOSE - Nightmare or Reality MLP 税込2,640円 (La Vida Es Un Mus)

FRAMTIDやLIFEも再発していたUKのLa Vida Es Un Musが、DISCLOSEの最高傑作の呼び声高い1999年2nd MLPを再発!!


今や世界的に支持されフォロワーが後を絶たないDーBEAT RAW PUNKグループ伝説DISCLOSE!! オリジナルはMCR COMPANYよりリリースされ、廃盤になった後はまだ一度も再発もCD化もされてなかった1999年2ndミニ・アルバムがUKのLA VIDA ES UN MUSより遂にオフィシャル再発! D-BEAT MASTER KAWAKAMIがその創造過程において常に念頭においていたDISCHARGE "WHY" とDISCARDに代表されるスウェーデン "Bowling Studio" サウンドの究極の融合が実現した、まさにグループ最高傑作と断言できる全10曲入り!(インフォメーションより)

A1 Fear Of The Nuclear Age
A2 War Scars
A3 Battlefield Of Hell
A4 Future Extinction
A5 Just Another Drunkard

B1 War Is Insanity
B2 Ashes Of Death
B3 Nightmare Or Reality
B4 Tragic End
B5 Armed For Killing




malicepanic-what.jpg

・MALiCE PANiC - What Went Wrong CD 税込2,200円 (Alive By Caffeine)

ZEXの日本ツアーのサポートもしていた名古屋のストリート・パンク・バンド MALiCE PANiCが、好評だった1st EPに続いて自主制作で1stアルバムCDをリリース!!


名古屋を拠点に活動を続けているMALiCE PANiCが1st EPに次ぐ待望の1stアルバムをまたしても自らのレーベル "ALIVE BY CAFFEINE RECORDS" からリリースする!MALiCE PANiCはパンクス&スキンズによるパンク・ロック・バンドである。MALiCE PANiCは日米(Hate Trumpな)混合のパンク・ロック・バンドである。MALiCE PANiCを聴くと、俺はあの80年代のNo FutureやSecretとはまた少し違った、あの時代のパンク・ロックを思い浮かべてしまう。誰に似てるとかでは無いけど、あの時代のHardcore PunkとOi!が混沌としていた時代を思い浮かべてしまう。そして、MALiCE PANiCを聴くといつも思うし、今回のアルバムでも思うのだけれど、MALiCE PANiCは上手い!パンク・ロックに於いて『上手い』なんて言葉は褒め言葉にはならないのかも知れないけど、MALiCE PANiCは上手い!Do It Yourselfな活動を続けている彼達がそれを望んでいるかは俺にはわからないが、俺は彼達にはもっともっとメジャーなフィールドに行って欲しいと思っている。パンク・ロックは楽しむ為のモノではある。そして彼達はパンク・ロックを楽しむこと、そして楽しませることを知っている。でも、俺は度々パンク・ロックとはメッセージであるとも言っている。もちろんパンク・ロックは楽しむ為のモノであるというのは前提にあるけど、俺はそれだけでは不十分だと常々思っている。そして彼達も楽しむだけではなく確固としたメッセージを放ち続けている。MALiCE PANiCは全曲がピアスの本場の英語で歌われているけど、このアルバムにも日本語訳が載せられいてるので、必ず彼達の歌詞に目を通して欲しい。そして真剣に考えて欲しい。ここでは敢えて彼達の歌詞について書くことはしないけど、皆のそのパンクな目でしっかりと読んで欲しい。そう、俺がMALiCE PANiCにもっともっとメジャーなフィールドに行って欲しいと言ったのは、パンク・ロックは楽しむ為のモノではあるけど、それだけは不十分だということをもっと広めて欲しいからだ。彼達にはそれが出来ると俺は信じている。MALiCE PANiCは最高の最上級に素敵なパンク・ロック・バンドだから。みんなもこんな素敵な彼達のパンク・ロックに触れて酒呑んで楽しんで踊って、そして考えてみてはいかがですか??? Only Good Nazi Is A Dead Nazi! ナチなんか生きてたって意味ねえぜ!俺はマリパニを支持するぜ!
Takeshi Evolstak(¡Nō! / Professional Punk Listener)





korrosive-thecorroding.jpg



・KORROSIVE - The Corroding World 腐蝕してゆく世界 CD 税込1,870円 (Damaging Instinct)

発売後即完売となったDISTORT NOISE ZINEも発行していたRADIOACTIVE, KAFKA, ex.DROPENDのHal氏による新たなレーベル Damaging Instinct Recordsからリリースされたアメリカのハードコア・パンク・バンドの来日記念限定300枚コンピレーション・アルバムCD。メンバーはManic RelapseというUSロウ・パンクの祭典のようなビッグ・イベントも主催する、現行パンク・シーンの中心的存在。クラスト・ファッションもバッチリきまったアメリカンながら、フィンランド・スタイルのロウ・パンク・ハードコア・サウンドを聴かせるバンドです!!


アメリカ産 カリフォルニア・ベイエリア発!フィニッシュ・ダークネス!!コローシブ!!
日本ツアーに合わせてリリースされる待望の編集版!

収録内容は
*最新フルアルバム2019年OBSERVATIONS FROM THE WEST (12’LP on Agipunk)
*2015年 THE KAAOS B-SIDES(FLEXI on Shithammer&Nightrider rec)
2016年 Syövyttävä Laji (7’EP on Distort Reality)
全14曲!

パンクスによるパンクスの為の日本語対訳、帯/ライナーノーツ付!
トータルアートワーク、ライナーノーツ BY MINAMI (LARVA / HAAVA / S.H.I)

(インフォメーションより)

Novembre Records New Releases!!


confront-trace.jpg



・CONFRONT - Trace ~ Early Years Selection CD 税込1,980円 (Novembre)

Novembre Recordsから6曲追加した全19曲入りで限定300枚CD!

ベテランと言ってもおかしくない活動歴でありながら、一切ブレずに地道でマイペースを崩さない三重ハードコア・パンク CONFRONTのディスコグラフィー・アルバム。シーンのトレンドなど関係なく、大好きな伝統的ジャパニーズ・ハードコア・スタイルの作品を出したい!というレーベル・オーナーの気持ちが痛いほど伝わってくる、素晴らしいリリースです。

敬意を持って、”ジャパコア”サウンドと呼びたい、ガッツみなぎる哀愁疾走メロディック・ハードコアに大興奮です!!ギターはこれでもかとばかりに必殺旋律の応酬で、メタルコア風味もありながら昨今のメタルパンク・トレンドとは無縁の、これぞリアル・ジャパニーズ・ハードコア!!こういうハードコアが聴きたかったんだ!!と思っていた古い日本のパンク・ファンは少なくないことでしょう。



babypleaasekillme-baby.jpg



・BABY, PLEASE KILL ME - Baby, Please Kill Me / Here's A Love Song CD 税込550円 (Novembre)

以外にも、と言ったら失礼ではあるけれど、当店でも過去作品が地道にしっかり売れていて、隠れたファンが多いような気がするBPKMの新作となる5thアルバム。人気の一因にそのお手軽プライスもあるのかも知れませんが、今回もペーパースリーブで税込550円という爆安な限定200枚。ちょっとジャパコア・チックなナンバーからスタートするも、その後は軽くてカオティックなロウ・パンク・パワー・バイオレンス・スラッシュコアを連射する安心のBPKM節炸裂アルバム!!


中京メロディックNAVEL、SUN CHILDREN SUN等のメンバーが在籍するBPKMの5thアルバム!

ごく少数のライブ以外対外的な活動をせず思いつくままに半即興でのレコーディングを続けてきた穴熊バンドだが、3rdアルバム"Hello Again, And Fuck You"以降はある程度スタイルを固定させ、高低デュアルVo&ギターレスの編成で90's西海岸ファストコア~パワーヴァイオレンス~NYHCを曲解して混ぜ合わせた、ノイジーでビートダウンしないモッシュミュージックを標榜している。

本作でもBPKMの全作品を手がけてきた下町のDon Fury a.k.a. ナッカメン氏に依頼してアナログマスタリングによるザラついた音作りに仕上げた22曲23分、紙ジャケCDで200枚プレス。

For Fans Of CROSSED OUT、GODSTOMPER、25 TA LIFE……
(インフォメーションより)


the VERTIGOS - This is Decontrol 7"


thevertigos-thisis.jpg

・the VERTIGOS - This is Decontrol 7" 税込1,100円 (Mangrove)

注目の東京3ピース・フィメール・パンク・バンド the VERTIGOSの4曲入り1st 7"がMangrove Recordsから限定300枚レッド・ビニールでリリース。デモが大好評で即完売し、「R&Rなんだけど、その奥底にDISCHARGEも垣間見ることができる!」と、ワタシの周辺DISCHARGEマニア界隈でもウワサで持ち切りのバンドでした。その意味をぜひともご自身の耳で確かめてみてください!!


韓国HARDCOREバンドSCUMRAIDのドラマー、東京のATFのギタリストでもあるJUYONG(Vo/G)、
HARDCOREシーンを撮影する写真家でもあり、現在はHARDCOREバンドZODIAKでも活躍のSENNA(B)、
そして東京GARAGEシーンでMAGNATONES、TOKOBLACKでも活動中のYAKUMO(Dr)というメンバー
で結成されたTHE VERTIGOS!4曲入り1st7インチが登場!

GLOOM等に影響を受けSCUMRAIDのドラマーでの活躍でしられるJUYONG。実はNIKKI CORVETTEやBABY SHAKES等のガールズロックンロールの大ファンであり、その嗜好を形にすべくTHE VERTIGOSを結成! 
創り出したサウンドと方向性はDISCHARGEとガールルズロックンロールの融合という誰も着目しなかったサウンド!
中々交配しない2つの音楽性がJUYONGの音楽ルーツの中で結合し曲として完成!楽器初心者であったSENNAと
ロックンロールビートをバッチリ決めるYAKUMOと制作した1stDEMOテープは大好評で200枚程を即完売させ、ライブも数多くこなし現在注目を集める中でのシングルリリース!
MAGNATONES他多数のバンドでSAXを吹くKOKOROも1曲参加!

レッドビニール盤!

(インフォメーションより)

Distort Japan!!


zyanose-enzyme.jpg





・ZYANOSE / ENZYME - Split 7" 税込1,210円 (Hardcore Victim)

大阪ノイズコア・クラスティーズ ZYANOSEの2019年夏オーストラリア・ツアーに合わせて発売された、ENZYMEとのSplit 7"。ツアーをサポートしたENZYMEのHardcore Victim Recordsからのリリースで、ツアー・ミニ・ポスターが付きます!

このツアーを終えて活動も終焉を迎えたZYANOSEは、ラストはショート・ナンバーで締めくくる強力なノイズコア・ロウ・パンク・スラッシュ3連発。2019年6月録音されていて、ツアー直前のバンドの緊張感がは生々しく反映されたような怒涛の音源です!!日本のファンにもおなじみENZYMEは、CHAOS UKやDISORDERといったパンク・ノイズコア原点回帰型の曲調を、ジャパニーズ・クラスティーなガッツで叩き出したブルータル・パンクコア・ロウ・ノイズ2曲爆発!!



braincell-zikade.jpg





・BRAINCELL / ZIKADE - Split 7" 税込1,210円 (Hardcore Victim)

東京のLIFEによるサポートで行った日本ツアーが好評だったマレーシアのBRAINCELLと、このところ海外の日本通ハードコア・マニアからの問い合わせが多くなってきている栃木のZIKADEによるSplit EPが、オーストラリアのHardcore Victimからリリース。

BRAINCELLは先ごろ入荷したディスコグラフィーには未収録の最新音源。イギリスのDOOMタイプの黒く重厚なクラストだけど、Vo.がlowデス・メタル・ファンにもビンビン来てしまうグロウル・スタイルで、それによって特別メタル・クラスティーな曲調ではないのに非常にステンチ度が高まってかっこいい!!マスタリングはDOOMのBri氏が担当してるそうです、なるほど。DOOMファン必聴!!

"Local Mate 北関東ハードコアコンピレーション" CDにも参加していたZIKADEもまた伝統的クラストコアを継承するサウンドで、DISCLOSE以降のノイジー・ジャパニーズ・クラスト・スタイルとは違う、今や貴重とも言えるスタイル。DOOMやABRAHAM CROSSタイプの曲と、ロウなドラミングのマッチも新鮮な公害汚染クラストコア注目株!!


10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR