RECORD BOY

Thrash till Death from the Graves!!!






・BOMBARDER - Speed Kill / Bez Milosti DIE HARD 2LP SET 税込5,940円 (Nuclear War Now!)

過去にUtterly SomberからのCD再発が反響を呼んで当店でも大いに盛り上がった旧ユーゴスラビア/現在はボスニア・ヘルツェゴビナで活動するスピード・メタル・バンド BOMBARDERの初期作品がNWNから念願のアナログ盤再発!!CD化の際に大ヒットした1989年1stカセット・アルバム Speed Killの初ヴィニール化と、オリジナル・リリース以来今回が初の再発となる未CD化の1991年2ndアルバムの2種がLPで再発されたのですが、ダイハード・バージョンは抱き合わせて、パッチとステッカーが各2種付属し、そしてNWNオーナー最近お気に入りのトートバッグに収めています。もちろん、カラービニールです。案の定、レーベルでは早々に完売。ぜひ、この機会に逃すことなく入手ください!!


*Speed Kill LP YELLOW VINYL w/ JACKET & INNER SHEET (1989年)
*Bez Milosti LP BLUE VINYL w/ JACKET & INNER SHEET (1991年)
*2 x stickers
*2 x patches
*NWN tote bag


ボスニア内戦中はセルビア・モンテネグロに移住しながら現在まで生き延び活動する、重みある歴史を持つヘヴィメタル・バンドです。基本はMOTORHEADに影響されたスラッシュ創成期のスピード・メタル・バンドのような感じですが、ベルギーのKILLERやフランスのVULCAINみたいなのを想像してはいけません。1stアルバムでの演奏と音質のチープさ、さらに独特の語感のVo.は強烈なインパクトで、まるで80年代初頭の南欧か南米のハードコア・パンクを思わせる生々しすぎるスピード・メタル・サウンドは、生半可なオブスキュア初期スラッシュ・メタルを期待して聴くとエライ目に会うことでしょう。ブラジルやイタリアのDISCHARGE影響下ハードコア・パンクも思い出してしまうけど、実際にメンバーはDISCHARGEのTシャツを着てる写真がインナーに掲載されています(インナーの多数写真、最高です)。最もmotor-chargedなナンバーの一つ、"Crna sjenka"のイントロのバラバラ具合なんかはSODOMの1st以上に理解不能death!!!しかし、困難な状況の中でのバンド活動が音に表れているような殺伐さがとにかく素晴らしい。そして2ndアルバムもかなりクセの強い強烈スピード・メタルで、前作での生々しさから一転、東欧らしい感情移入のない冷徹なバッキングはまるでマシンのようです。BOMBARDERは2000年代に復活した際、リズムマシンを導入しながらもRAZORを彷彿させる素晴らしいスラッシュ・メタル作品も残しているので、この2ndアルバムの時点でドラムはサンプリングかと思ってしまうかも知れないけど、これはちゃんと人力ドラマー時代の作品です。信じられない・・・。しかしVo.は相変わらずの調子で、こちらもまた80年代ハードコアパンク・バンドの末期症状のようなクロスオーバーっぽくて最高です!!



deathwish-attheedge.jpg



・DEATHWISH - At the Edge of Damnation DIGIPACK CD 税込2,160円 (Dissonance prod.)

スラッシュ・メタルの原石を生み出した国でありながら、80年代中期以降は低迷したブリティッシュ・スラッシュ・メタル・シーンに於いて、アメリカナイズやハードコアの影響を全く受けなかった数少ない激渋スラッシャー DEATHWISHのアルバム2種が待望のCD再発。2ndアルバム Demon PreacherはDivebombから2012年にCD再発されましたが完売。こちらの1987年発表1stアルバムに至っては、2005年になぜかORIGINAL SINとのカップリングで再発(しかもアンオフィシャルでしょう、あれは)されていただけで、これが初オフィシャルCD化ということになるはずです。Demon Preacher DIGIPACK CDも入荷しています。

SLAYER型の黒く低くズグズグしたリフワークを駆使し、タイトなリズムセクションでスピード・メタル感の強いスラッシュを演奏しています。イーヴィルなダークネスが漂い、Vo.にはブリティッシュ・メタル・プライドが満ちていて、西ドイツのIRON ANGELや、オランダのFUTURE TENSEなどに通じる、SLAYER影響下ダーク・サタニック・スピード・メタル・スラッシュの最高峰と言っても過言ではありません。IRON ANGELとFUTURE TENSEを例に挙げたのは理由があり、NIFELHEIMのHellbutcher氏かTyrant氏が大ファンだという話も聞いたことがあるからで、確かにNIFELHEIMもインスパイアされてるようなヘヴィメタルの伝統的な雰囲気が充満しています。とにかく渋い。メガトン級にかっこよすぎる。ビックリ・マーク(!)を使わずにおススメしたくなる激渋名盤です。



sodom-demonized-cd.jpg



・SODOM - Demonized LP CLEAR VINYL 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Floga)

DESTRUCTIONのデモを初オフィシャル再発したギリシャFloga RecordsがSODOMのデモもオフィシャル再発!!!666!!!アナログ盤はゲートフォルド・スリーブで、ジャケ内側には当時の写真/歌詞と、Tom Angelripper氏のセルフ・ライナーノートも掲載。ボツにした1stデモのジャケ・デザインなんかも載っててファンにはたまりませんが、ノルウェーの伝説的メタル・ファンジン Slayer MAGAZINE発行人 Metalion氏と、おなじみSnakepit MAGAZINE編集長フランス人 Laurent Ramadier氏のライナーも別紙で付いてて、個人的には特にLaurent氏のライナーがかなり面白いと思いますので必読です。まだ知られてないバンド、いろいろあるんだな・・・。今回はLPはクリア・ビニールで入荷、CDがデジパックで入荷しています。


Tracks 1-4 : Witching Metal DEMO (1982年)
Tracks 5-12 : Victims of Death DEMO (1984年)


MOTORHEADやTANKをこよなく愛し、そしてVENOMに衝撃を受けた結果、これ以上の偶然の産物鋼鉄は今後この世に絶対出現しないであろう、まさに奇跡的なブラック・ハードコア・スピード・メタルとなったデビュー作 In The Sign Of Evil MLP以前の録音ですから、それはもう凄まじいデモ音源であることは言うまでもありません。これまでブートが出まくっていたので、内容についてはご存知の方も多いでしょう。しかしDESTRUCTIONのデモLPでもビックリしたけど、このFloga Recordsによる再発仕事、音質の向上に非常に力を入れていて、これが素晴らしい結果を生み出しています。もちろん、バラバラでヘタな演奏がピタッと合うようなことにはなりませんが、今回の再発聴いて初めて何やってた(またはやろうとしてた)かがわかりました。この再発音源のサンプルはないので、極悪オリジナル音源のyoutube貼っておきます。SODOManixは必聴&death youuuggghh!!!666!!!



paradox-thedemo-lp.jpg



・PARADOX - The Demo Collection 1986-1987 2LP BLUE VINYL 税込3,456円 (Floga)

アナログ盤も出たぜーーー!!!

80年代中期に登場して、日本でも当時から人気の高かったジャーマン・スピード/スラッシュ・メタル・バンドの初期デモ・コレクション・アルバムです。2013年にUSのStormSpell Recordsから2枚組CDで出てましたが、Floga RecordsがLPやってくれました。LPも2枚組で、ゲートフォルド・スリーブを開くと、CDブックレットで初公開されたレア写真が満載です。若い時からオッサン全開のこんな写真、PARADOXファンじゃない人からしたら一体何が嬉しいのか全く理解できないでしょうが、このレア写真は素晴らしくポイント高い。ファンならばわかってくれるでしょう。PARADOXはヴィジュアル・バンドなんだぜ!!ブルー・ビニールで入荷しました!!

1987年に1stアルバムを発表する前から業界関係者の間では評判となっていたバンドで、当時はBurrn!誌のレビューで毎月買うモノを全て決めていた田舎モンの私でも、PARADOXの1st LPだけは、レビュー掲載前に通販注文していたのを覚えています。そして届いたProduct of Imagination LPは、なんだか良くわかんないジャケにダサいロゴ、そして極め付けがメンバー全員キョーレツにカッコ悪いルックスで、当時愕然としたのは私だけじゃなかったと思います。しかしサウンドはルックスやジャケ以上に不思議な魅力を放っていて、HELLOWEENやRUNNING WILDなどに代表されるジャーマン・メタルのクサいメロディーと、METALLICA的でもある王道のドラマチックなスラッシュ・メタルのパターンを掛け合わせたみたいなイモくさいシケシケ欧州型スピード・メタルで、これが実に日本人の感性にピッタリなクサレ・スラッシュ・メタルなのです。このデモ・アルバムは初めて聴く曲も多いですが、これがまた、なぜ当時オリジナル・アルバムに収録されなかったのかが不思議なくらいウルトラ・キラーなスピード・メタル・ナンバーの応酬で、最高傑作の呼び声も多い1989年2ndアルバム Heresyの誕生を予感させるようなAt Night Ever Twiceなんて、PARADOXがHELLOWEEN並みのポテンシャルを秘めていたバンドだったのを証明してるような、アンビリーバボーなカッコよさ!!!これは素晴らしい!!!


LP 1: Demo #1 (1986)

01. Opening Theme
02. Pray to the Godz of Wrath
03. Kill That Beast
04. Paradox
05. Execution
06. Death, Screaming and Pain
07. No Place to Survive
08. Victims of Hell (bonus)
09. Beware the Darkness (bonus)
10. At Night Ever Twice (bonus)
11. The Fox (bonus)

LP 2: Mystery DEMO (1987)

01. Asturias / Beyond Space
02. Mystery
03. Execution / Invasion
04. Kill That Beast
05. Product of Imagination
06. Wotan (Der Wahnwitzige)
07. Death, Screaming and Pain (Recorded live on January 2nd, 1987)
08. Tears of Repentance (bonus)
09. Outro (bonus)


そして最初にちょっと触れた初公開写真の数々も眩しすぎて、あのマリオ・ヒゲ&雷パーマ全開のギター&Vo. Charly Steinhauer氏の、全く若々しくない若かりし頃の垂れサン&たわし状パーマ姿が、震えるほどに素晴らしい!!!全ジャーマン・メタル・ファン/スピード・メタル・ファン必聴の超オススメ盤です!!



target-lp.jpg

80年代ベルギー・スラッシュ・メタル代表格 TARGETのアルバム2枚がギリシャのFloga Recordsからアナログ盤再発。スラッシュ・メタル黎明期を実体験したアラフィフから、ベイエリア・スラッシュ以降の技巧派好きにまで、日本でも常に高い人気と評価を誇るバンドです。CDは模倣品も出回るほど、コレクターに大人気の激レア盤としても有名ですが、アナログ盤は今回まで1度も再発されていませんでした。



target-mission.jpg



・TARGET - Mission Executed LP ORANGE VINYL 税込2,916円 (Floga)

こちらは1987年発表の1stアルバム。限定250枚オレンジ・ビニールで入荷しました。MEKONG DELTAのRalph Hubert氏のレーベル Aaarrg Recordsから発表されたこともあって、MEKONG DELTAとも比較されることの多いバンドですが、確かに共通点は多く、ソリッドなサウンドで緊張感のある展開を、疾走感を失うことなくスリリングに表現しています。しかしこの1stはヨーロピアン・スピード・メタルとしての魅力も備わっていて、ジャーマン・メタルのような牧歌的郷愁の漂うメロディーも随所に飛び出し、モロHELLOWEENみたいなギターも最高です。Vo.もクサレ感のあるヒステリックさがあり、Aaarrg時代のLIVING DEATHファンにも絶対聴いてほしいグレート・ユーロ・スラッシュ・メタル名盤です!!


target-master.jpg



・TARGET - Master Project Genesis LP GREEN VINYL 税込2,916円 (Floga)

こちらは1989年発表の2ndアルバム。限定250枚グリーン・ビニールで入荷。1stはヨーロピアン・スピード・メタルとしての魅力も備えた、MKONG DELTAミーツHELLOWEENのような素晴らしさがありましたが、この2ndはテクニカル・スラッシュ・メタル・ファンから絶大な支持を集める最高傑作とされています。緊張感が増しながらもテクをひけらかすスタイルではなく、VOIVODっぽさも漂うアヴァンギャルドなプログレッシブ感があり、しかもVOIVODのようにニューウェーブには寄らず、スラッシュ・メタルのダイナミズムと切れ味は増しています。スイスのCORONERと並ぶ、ユーロ・テクニカル・スラッシュ・メタルの金字塔的名作!!



formicide-demology.jpg



・FORMICIDE - Demo-logy 1987-1989 CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

Century Mediaから90年代にアルバムを2枚発表していたボストンのメタルコア・スラッシュ・バンド ONLY LIVING WITNESSを後に結成するリズム隊が1987~1989年の短期間にやっていたスラッシュ・メタル・バンドのディスコグラフィーCDが、Dark Symphoniesからリリース。2006年にコンピレーションCDが自主リリースされて世界中のオブスキュア・スラッシュ・メタル発掘マニアの間で絶賛され、そのCDも近年は人気のレア盤となっていたようです。


Tracks 1-4 : '87 Demo
Tracks 5-8 : '88 Demo
Tracks 9-12 : '89 Demo


当時ボストン・ハードコア・ファンの間では、ONLY LIVING WITNESSはNYのLEEWAYと似たようなタイプのバンドと認知されていて、ハードコア・シーンでメタル・エッヂのサウンドが当たり前になっていたあの時代でも、「ONLY LIVING WITNESSはスラッシュ・メタル」として見ていたハードコア・ファンが少なからず居ました。Too Damn Hype名物コンピレーション East Coast Assaultへの参加などがありながらも、そういう捉え方をされていたのは、もしかしたらこのFORMICIDEの存在が影響していたのかも知れません。かなり正統派のパワー・スラッシュを聴かせるバンドで、楽曲はけっこうライトな雰囲気もあるのに、西海岸のスラッシュとはやはりどこか違う硬質な感じです。日本のUNITEDの初期のような、ANTHRAX影響下の硬派スラッシュ・メタル・ファンにオススメ!!


Scandinavian Jawbreakers Metal!!


encyrcle-burning.jpg



・ENCYRCLE - Burning Child CD 税込1,404円 (Unspeakable Axe)

USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsの兄弟レーベルのUnspeakable Axeからリリースされた、デンマーク出身へヴィメタル・バンドの2017年発表4曲入りCDです。前作以上に、Unspeakable Axe / Dark Descent全作品中最も正統派ヘヴィメタル・テイストの強い内容に仕上がっています。

1stアルバムはスピード・メタルにエピック・メタルのドラマ性も取り入れたようなスタイルで、IRON MAIDEN起源の若々しいパワーとシケ気味のオッサン臭いエピック・メタルの融合がなかなか面白いアルバムでした。「デビューしたての前途洋々な若者にいきなり失礼なことを言いますが、IN SOLITUDEなどの才能あふれる新世代スウェディッシュ・メタルあたりを一線級とすれば、このENCYRCLEは非常にB級臭い80年代クサレの血が脈々と流れているように感じます」と前作で解説した自分はバンドに平謝りするしかありませんね・・・。スピード・メタル・ナンバーにスラッシュなリフと疾走感や北欧らしい叙情性を残しているけど、もはやエピックなタッチとドラマ性がアメリカン正統派メタルのようなプログレッシブさに近づいてきていて、これはもうスウェーデンのTRIALファンもビックリの哀愁と完成度です!!母国の偉大なるオカルト・メタル・キング MERCYFUL FATEからの影響もやはり感じさせる展開と叙情もあるので、IN SOLITUDEなどのファンも必聴。いよいよヨーロッパの大手が引っ張ってきそうな風格が出てきましたが、ジャケのセンスと硬派でやさぐれた感すらあるルックスは相変わらずで渋い。



vornth-blackpyres.jpg



・VORNTH - Black Pyres LP 税込2,808円 / CD 税込1,944円 (Iron Tyrant)

前作1stアルバムが痛快な暴走イーヴィル・スラッシュ・メタル作品で当店では大好評だったわりには、日本でも海外でもあまり盛り上がることのなかったスウェーデンのVORNTHの新作2ndアルバムです。今回もイタリアのダイハード・メタル・レーベル Iron Tyrantからのリリースで、ここはSABBATやNIFELHEIMなどをフルリスペクトするヘルバンガーズ南欧支部のような存在のレーベルなので、日本のSABBATマニアにはお馴染みだろうけどいまだに流通もあまりよくありません。アナログ盤は限定500枚。

いかにもNIFELHEIM周辺バンドらしい、世のメタル・トレンドとは無縁の頑固な雰囲気だけで十分カッコいいのですが、前作はMERCILESSやHYPNOSIAなどのスウェディッシュ・デスラッシュの伝統を継承したような猛烈なスピードがとにかく印象的でした。今回も基本は変わってないけど、以前から備わっていたピュアな正統派メタル・プライドをより強めた感があり、やはりこのベテラン・バンドも昨今の北欧ヤング・スラッシュ・メタル同様にSABBATからのインスピレーションを感じさせます。しかし若い連中とはまるで手法が違い、スロウ・エピックなナンバーなどもやってて、このクサレ感がまた最高に渋いです。大味になることなく、圧縮して隙間を埋めない音作りと演奏は、近年のDESASTERに追随したようなフィンランドのURNの手法とは違って、アンダーグラウンド体質をより強く放っています。Vo.は相変わらずミレ・ペトロッツァ・スタイルでシャウトしまくり、倍速KREATORのようなスピード・スラッシュ・ナンバーからトレモロ・リフのイーヴィル・スピード・メタル・ナンバーまで、超乱暴に言ってしまえばMERCILESSミーツNIFELHEIMのような、これぞスウェディッシュなイーヴィル・スラッシュ・メタル・アルバム!!やはりこのバンドは、40代後半メタルヘッズに激烈オススメです。



urn-theburning.jpg



・URN - The Burning LP 税込2,808円 / CD 税込1,944円 (Iron Bonehead prod.)

FLAMEと並ぶヘルバンガーズ・スオミ支部代表ということもあり、日本のダイハード・メタルヘッズにも長年親しまれてきているフィンランド・ブラック・スラッシュ・メタル URNの最新4thアルバムが、Iron Boneheadからリリース。元々メンバーチェンジの多いバンドでしたが、BARATHRUMもやってたSulphur氏以外が今回また一新され、EVIL ANGELメンバーらが新たに加入。その辺の事情がサウンドにも微妙に反映された、興味深い内容となっています。アナログ盤は限定500枚で、観音開きジャケとなっています。

前作Soul Destroyersアルバムから徐々に強めていたスピード・メタル・スラッシュ・テイストが一段とアップし、正統派メタル・ヘッズも思わずガッツポーズなエピック・ナンバーや、スウェーデンのDIE HARDなんかにも通じるモータードライビンVENOMousスピード・メタル・チューンなど、かなり本気度の高さを感じさせるアルバムに仕上がっています。ドイツのDESASTERやオーストラリアのDESTROYER 666などのファンにはたまらないであろう作風ですので、初期の凶暴ブラック・メタル・テイストは後退しましたが、よりヘルバンガーズ系ダイハード鋼鉄ファンにアピールすることでしょう。レーベルはIron Boneheadですが、これは完全にIron Pegasusの音。ジャーマン・アンホリー・スラッシュ・メタル・ファンにも大推薦デス!!

Evil Thrashing Mad Power Death!!


antichrist-sinful-lp.jpg




・ANTICHRIST (Sweden) - Sinful Birth LP パッチ付き 税込3,240円 / パッチ無し 税込2,808円 (Electric Assault) / CD 税込1,836円 (I Hate)

アナログ盤お待たせしました!!先にスウェーデン I Hate Records盤CDが入荷して大好評発売中のスウェディッシュ・スラッシュ・メタル ANTICHRISTの2017年発表2ndアルバムです。I Hate盤のアナログ盤もリリースされていますが、今回入荷したNYのElectric Assault Records盤は厚手の紙質で、両面プリントの歌詞インナーはスリーブになっています。さらに今回はレーベル直販限定100枚のパッチ付きバージョンも特別に卸してもらいました!!盤の色などはレコード本体は全く同じモノですので、パッチ無しかパッチ付き、ご希望のバージョンをお選び下さい。パッチは単体でお買い上げよりもちょっとだけお得です。

EVISCERATEDやGRAVELESSなど、Blood Harvest Recordsのデモ・テープ部門 Zombie Ritual Tapesをコマメにチェックしていたスラッシュ・メタル・マニア達には既に高い評価を得ていたバンドの面々が集まり2005年に始動。このANTICHRISTもまた、デモの時点でアンダーグラウンド・スラッシャー達から大きな期待を集め、2011年にHigh Rollerから1stアルバム Forbidden Worldを発表した時点では、既に鳴り物入りでデビューしたような騒ぎとなっていましたが、アルバムの内容自体もその期待を完全に上回るような完成度で、一気に北欧スラッシュ・メタルの中心的存在となりました。ANTICHRISTの登場が、近年のノルウェー・スラッシュ・メタルの充実ぶりを誘発したようにも思えるけど、むしろANTICHRISTの方が先にノルウェー・ブラック・スラッシュへの接近を試みたような感覚があり、KREATOR型デスラッシュを継承するMERCILESS ~ HYPNOSIAなどのスウェディッシュ・スラッシュ・スタイルよりも、Hell Awaitsの頃のSLAYERや初期POSSESSED的なリフ・ワークを基礎にしながら、INFERNOやAURA NOIRが実践していたDESTRUCTION影響下のノルウェー・ブラック・スラッシュのクレイジー・リフやドライブ感も融合したような感じがあります。それをアメリカン・スラッシュにも太刀打ち出来る整然としたアレンジ力とドラマ性でまとめあげていて、とにかく今回もアッパレすぎるピュア・スラッシュ・メタル・アルバムに仕上がっています。全編息をのむような緊迫感に満ちていて言うことなしですが、クライマックスを強いて上げるならば、やはり7~8曲目ではないでしょうか。先に7"でリリースされていたBurned Beyond Recognition、この曲は本当に最強必殺キラーかっこいい!!!7"バージョンよりかなり良いと思いますが、いかがでしょうか?これぞ2010年代型スカンジナビアン・スラッシュ・メタル!!!ですが、全スラッシャー間違いなく必聴death!!!



antichrist-sinful-patch.jpg

・ANTICHRIST (Sweden) - Sinful Birth WOVEN PATCH 税込648円 (Electric Assault)

本来はSinful BirthアルバムのElectric Assault盤LP直販にのみ付属するパッチで、レーベルでも単独販売はされてないと思いますが、「CDを先に買ったけどパッチは欲しい」、「LPをパッチ付きで買うけどパッチはもう1枚欲しい」などという方もいるかと思うので、少しだけ単独販売してみようと思います。

ただし、あくまでもLPの付属品でLPと対一の枚数しか用意してないので、ややこしい話なんですが、ショッピングカートの在庫数調整が出来ません。つまり、カートに入っても受注回答で明細メールが届くまで在庫の確保はお約束出来ないので、その点をご了承のうえご注文ください。



eurynomos-thetrilogy.jpg



・EURYNOMOS - The Trilogy CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

見た瞬間に??!!となってしまうバンド名とメンバーの経歴からデビューの時点で大きな話題となり、2015年に発表した1st 7"が即完売していたジャーマン・ブラック・スピード・メタル・バンド EURYNOMOSが遂にCDをリリース。1st, 2ndの7"はもちろん、3rd 7"音源と、さらにその3rdシングルにも未収録の最新録音1曲も追加した、全10曲入りのシングル・コンピレーヨンCD!!


Tracks 1-3 : "Unchained from the Crypt" 7" (2015年)
Tracks 4-6 : "Eye of the Pantheon" 7" (2015年)
Tracks 7-9 : "Fierce Alliance" 7" (2016年)
Track 10 : new song


ユーロニモウスではありません。ユーリノモス、って読むのでしょうか?このバンドはDESASTERの初代ヴォーカリスト Okkulto氏がシーンに戻ってきて始めたジャーマン・ブラック・メタルということで、1st 7"発表のアナウンスと同時にファンの間で熱い注目を浴びていたバンドです。サウンドもHellbangers系メタルヘッズは狂喜乱舞、そしてヨーロッパ/北欧のブラック・スピード・メタルが好きならば絶対にオススメのオールドスクール・プライド全開で、POSSESSEDのトレモロ・リフで初期BATHORYのブラック・スピード・メタルをやったような感じは、DESASTERよりも80'sスピード・メタルっぽさが強いです。メンバーのルックスもまた激渋カッコいい!!



occvlta-night-lp.jpg



・OCCVLTA - Night Without End LP 税込2,808円 (Electric Assault)

先に母国ドイツで発売されたCDが入荷して当店でも好評だったジャーマン・ブラック・メタル OCCVLTAの1stアルバムが、NYのElectric Assaultからアナログ盤もリリース。過去にSALUTEとのSplit 7"も入荷していたバンドですが、当店で付き合いのあるレーベルやバンドの近況をチェックしたりしているとけっこう頻繁に登場してくるバンドで、実際そういった業界関係者にもすこぶる好評です。インナーは昔懐かしの新聞紙型の歌詞/写真両面刷り特大ポスター!!これはやられましたね。80'sパンク・ファンでも、これを現代に再現しようと考えてた人はあまりいないんじゃないでしょうか?良く考えるとメタルのレコードではこのタイプはほとんど無かったけど、Pusmortのリリースを代表に、80年代のハードコア・パンクのLPに付属してたポスターは、このタイプがかなり多かったです。

完全なHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイルで、ブラック/デス/スピード・メタルのシーンでこのスタイルを1つのサブ・ジャンルとして確立させたWARHAMMERもドイツ出身だったのを思い出してしまいましたが、OCCVLTAの場合はかなりDARKTHRONEテイストが強いのが特徴です。WARHAMMERは凶暴さよりもオタクなマニアックさが強くて、そこもまたナイスだったわけだけど、このバンドはより殺伐とした退廃感が強いです。AURA NOIRのヨーロッパ・ツアーに同行するサポート・バンドにも抜擢されて、特に北欧のメタル・シーン関係者に注目されるのも納得の冷たさが素晴らしく渋い。と言うか、ホントまるでDARKTHRONEのPanzerfaustアルバムでHellhammer-Frostパートを聴いてるように錯覚してきます!!しかもラストはCELTIC FROSTも越えて完璧なDARKTHRONEウォーシップ・ブラック・メタル・ナンバーでフィニッシュ!!おすすめデス。



ripper-theexit.jpg



・RIPPER (Chile) - The Exit / Destroy the World CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

現行オールドスクール・スラッシュ・メタル最高峰バンドの一つと言い切ってしまいたい、南米チリのRIPPERの初期デモ集コンピレーションCDが、ドイツのIron Pegasusからリリース。日本を代表するバンドも抱えていながら、すっかり流通激悪レーベルになってしまいましたが、RIPPERのデモ再発となると指をくわえているわけにはいきません。次回入荷はいつになるか全く見当のつかないレーベルですので、なるべく取りこぼしのないよう確保してください。


Tracks 1-6 : "Destroy The World" Demo 2009
Tracks 7-9 : "The Exit" Demo 2010
Track 10 : 2008年未発表曲
Tracks 11-14 : 2008年リハーサル


2014年発表1stアルバム Raising the CorpseをIron Pegasusがボーナスを加えてライセンス・リリースしたことにより、一気に世界中のダイハード・スラッシャーから注目を集めたバンドです。その1stアルバムIron Pegasus盤CDを聴くと、アルバム本編はMERCILESSやHYPNOSIAなどを彷彿させる猛速デスラッシュが最高で、ボーナス部分はPOSSESSEDやSEPULTURAなんかの影響を色濃くしたスタイルでしたが、このコンピレーションではKREATORやDESTRUCTIONなどのジャーマン・スラッシュ・テイストも当初はかなり強かったのがわかります。そしてこのコンピレーション・アルバムでジャケがそのまま使われている2010年の The Exitデモになると邪悪デスラッシュ指数がグッと上がり、KREATOR ~ SADUS ~ MERCILESSといった王道のデスラッシュ進化論を継承するスタイルとして完璧な形に近づいています。何度も言いますが現代のスラッシュ、そしてデスラッシュ・メタルというサブ・ジャンルが好きならば絶対に聴いておかねばなりません!!



venustorment-theoverdose-lp.jpg



・VENUS TORMENT - The Overdose Of Suffering LP 税込2,484円 / CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

チリアン・スラッシュ・メタル RIPPERのギター&Vo.を務めるVenus Torment氏のソロ・プロジェクト・バンドの1stアルバムLP。ヴィーナス・トーメント、なんてちょっとおかしな名前のバンドだな、と思い込んでしまい、そもそもRIPPERの人がこんなニックネームで名乗ってたことも気付いてませんでしたが、とにかく、このバンド名からいろいろ勝手に思い込んでいたモノが全てひっくり返されるような作品で、到着して聴いてから大変後悔しています。もっとオーダーすべきだった!!!

MERCILESSやHYPNOSIAなどの激速デスラッシュ・ファンは大興奮首折れ必至の猛スピード・スラッシュなので、RIPPERファンは全員必聴間違いナシではありますが、ではどこがRIPPERとは違うか?と言えば、やはり未完成ならではの獰猛性でしょうか。RIPPERは激速スピードがダウンすることなく正統派スラッシュ・メタルとして考えても素晴らしく完成度を高めてきていますが、このVENUS TORMENTは起伏の激しい展開と猛速スピード・スラッシュの中にやりたいことをギュウギュウに詰め込んだような性急感が最高で、まるでカナダAGGRESSIONのスピードにHOLY TERRORやFORBIDDENの要素も無理やり押し込んだような感覚もあります。ドラムだけセッション・メンバーを迎えて制作していて、何者か知りませんがこのRottenというドラマーのタイム感もまた素晴らしく、若干ウラに入りかけてるくらいつんのめっていて、まさに暴走が止まらないといった様相です。DEATHSTORMなんかのファンにも絶対おすすめグレートです!!



mortem-deinos.jpg



・MORTEM - Deinos Nekromantis CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

HADEZと並ぶぺルビアン・デス・メタル帝王 MORTEMの2016年発表、待望の新作5thアルバムです。2013年にオランダのPENTACLEとのSplit 7"でようやく動き出したかと思ったら、その後はやっぱり変わらずのマイペースな活動で、しかもIron Pegasusがすっかり流通最悪レーベルになってしまったので、この最新作も2016年秋のリリースでしたがまだほとんど日本に入ってきてないようです。フル・アルバムとしては実に11年ぶりとなります。

前作4thアルバム De Natura DaemonumはMORBID ANGELやDEICIDEタイプのテクニカル・デス・メタルを南米らしい原始性も残して表現した名作でしたが、Split w/ PENTACLEでは、SEPULTURAなどのデスラッシュ・テイストも取り戻していました。そして本作はそのスラッシュ・ルーツにかなり回帰した作風で、これはちょっと想定以上のLate 80'sオールドスクール・テイスト爆発で、デスラッシャーもガッツポーズ&ヘッドバンギングのカッコよさデス!!VENOMのカバーも激渋。SLAYER ~ POSSESSED ~ SEPULTURA ~ PENTAGRAM CHILE系列の南米デスラッシュ・メタル・ファン必聴の傑作!!

Wax Maniax New Release!!






・ARTILLERY - Fear of Tomorrow 2LP 税込3,996円 (Wax Maniax)

VIO-LENCE 1st, SODOM初期作各種、そしてVENOMのSkeletons in the Closet初ヴィニール化と、80'sスラッシュ/スピード・メタル・クラシック・バンドのレア度の高い作品をデラックスなバージョンでアナログ盤再発してきたWax Maniaxが、デンマークのスラッシュ・メタルを代表するバンド ARTILLERYの1985年発表1stアルバムをボーナスを加えた2枚組LPで再発。オリジナル盤はNeat Recordsからリリースされ、当時オランダのRoadrunnerからもライセンス・リリースされていた、日本のスピード・メタル・ファンにもおなじみの大名盤ですが、アナログ盤はこれまでにその2種しか存在していなく、今回がオリジナル・リリース以来30年以上ぶりとなる初のヴィニール再発ということになります。個人的にも大好きなアルバムなのでこれは凄く嬉しい再発だけど、オリジナル盤が高額プレミア盤という印象はさほど抱いていなかったら、Neat盤オリジナルは近年けっこう人気が高まってきているようです。


Side A
1. Time Has Come (5:18)
2. The Almighty (4:12)
3. Show Your Hate (4:46)
Side B
4. King, Thy Name Is Slayer (3:37)
5. Out of the Sky (3:35)
6. Into the Universe (3:45)
Side C
7. The Eternal War (5:24)
8. Fear of Tomorrow (3:27)
9. Deeds of Darkness (6:34)
Side D
10. Out of the Sky (3:40) *Bonus
11. Fear of Tomorrow (3:42) *Bonus
12. Hey Woman (3:30) *Bonus


2ndアルバム "Terror Squad"以降はバツグンのテクをより前面に打ち出したベイエリア・スラッシュ・メタルも真っ青のテクニカルなリフと起伏に富んだ曲調で突進するスタイルで、日本では2nd以降の作品の方が評価が高い気がしますが、この1stアルバムはダークな初期スピード・メタルを好むファンにとってマスターピースの傑作です。ラーズ・ウルリッヒ母国のデンマークのファースト・スラッシュ・メタル・バンドということもあって初期の頃からMETALLICAと仲が良く、また同時にSLAYERとも親交もあって、ARTILLERYの本作でのサウンドもまるでSLAYERの"Show No Mercy"がMETALLICAの起伏の激しさとソリッドな切れ味を身につけ、さらにところどころSAVAGE GRACE風でもあるドラマチック・パワー・スラッシュ的でもあるような激渋さでした。80年代のジャーマン・スラッシュのスタイルにも表れている通り、多くのヨーロピアン初期スラッシュ・メタル・バンドがガムシャラなパワーを制御しきれなかったのに対し、ARITILLERYはこの1stアルバムの時点で暗く黒いユーロ・スラッシュ・メタルをアメリカン・バンド並みに整然としたスタイルで完成させていたのは驚異的です。

そしてARTILLERYと言えばHey Woman!!!New RenaissanceのSpeed Metal Hell Compilation LPにも提供されたこの必殺のウルトラ名曲の1985年バージョンを含むデモ3曲が今回はボーナス追加されています。しかも"Hey Woman"は2代目シンガー Carsten Lohmann時のバージョンで、これがモノ凄い・・・。Speed Metal Hell Compilation LPバージョンよりも遙かに破壊的ブルータルで、その感触はまるでMASTERの1985 Demoのようなブルドーザー・デス・クラストの如し、そしてVo.はオカルト・メタル風という究極のミスマッチ・メガトン・キラー・ナンバーで即死級のカッコよさ!!!Wax Maniaxお得意のカラー写真満載のWジャケットにはSLAYERやMETALLICAとの記念撮影もあり、「ジェイムス・ヘットフィールドはよくリハに遊びに来て、Hey Womanでヘッドバンギングしまくってったよ」などのライナーも必読のインサート・シート付き。今回はグレイ掛かったブルー・ビニールで入荷しています!!!








・DESTRUCTION - Thrash Anthems 2LP 税込3,996円 (Wax Maniax)

VIO-LENCE 1st, SODOM初期作各種, VENOMのSkeletons in the Closet初ヴィニール化など、80'sスラッシュ/スピード・メタル・クラシック・バンドのレア度の高い作品をデラックスなバージョンでアナログ盤再発してきたWax Maniaxが、DESTRUCTIONの2007年発表アルバム Thrash Anthems 2枚組LPを再発。これまでのWax Maniaxリリースのコンセプトと若干異なる再発盤のように思われますが、このアルバムは1984年のSentence Of Deathから1990年のCracked Brainまでの初期作名曲の数々を再録したもので、オリジナルのLPバージョンはコレクターズ・アイテムとしてアナログ盤好きには人気の高いレア盤となっていました。Wax Maniaxファン毎度の楽しみの1つでもある見開きゲートフォルド・ジャケの内側は各曲の解説にオリジナル当時の写真を添えて、両面の歌詞インナーも付属。今回はブルー・ビニールで入荷しました!!


Side A
1. Bestial Invasion [Infernal Overkill]
2. Profanity (2007年新曲)
3. Release from Agony [Release from Agony]
4. Mad Butcher [Mad Butcher]
Side B
5. Reject Emotions [Mad Butcher]
6. Cracked Brain [Cracked Brain]
7. Total Desaster [Sentence of Death]
8. Deposition (Your Heads Would Roll) (2007年新曲)
Side C

9. Invincible Force [Infernal Overkill]
10. Life Without Sense [Eternal Devestation]
11. Unconscious Ruins [Release from Agony]
12. Tormentor [Infernal Overkill]
Side D
13. Curse the Gods [Eternal Devestation]
14. Sign of Fear [Release from Agony]
15. Death Trap [Infernal Overkill]


若いスラッシャーに好まれるだけならまだしも、オリジナル世代の正統派スラッシュ・メタル好きにも大好評だという再録アルバムで、確かに初期DESTRUCTIONのポンコツさが解消されて完成度が高まったら・・・と妄想していたような良識あるスラッシュ・メタル・ファンには確実にこちらの再録バージョンの方がオススメです。さらに、Schmier離脱時のCracked Brainアルバムからの曲もSchmierが歌うという、オリジナルDESTRUCTION崇拝のダイハード信者にとっては考えもしなかった夢のセッションも実現させています!!Release From Agony後の脱退を"解雇"と捉えているSchmierが、自身が参加しなかったCracked Brainアルバムからの曲を歌うというのは、当時の経緯を知る古いファンならばスルーできるはずのない非常に興味深い再録セッションです。








・VENOM - Skeletons In The Closet 2LP 税込4,968円 (Wax Maniax)

祝入荷!!!666!!VIO-LENCEの1stアルバム再発でヘヴィメタル・シーンに戻ってきた元Heavy Artillery Recordsによる再発専門レーベル Wax Maniaxが世界中でパニックを引き起こしたイワク付きのVENOMベスト盤2枚組LPがようやく当店にも入荷しました。SODOMの再発盤も大きな話題を呼んで大ヒットしたので、ある程度の枚数制限は覚悟の上で、発売告知の半年以上前から予約していましたが、予想を遙かに上回るオーダー殺到によってWax Maniaxはショップへの配給を大幅にカットせざるを得なくなり、初回は当店も含め世界各地のWax Maniax取り扱い店のほとんどで販売されないまま終了してしまいました。


1. Tour Intro Tape ('83/84) / Welcome To Hell (Re-mix)
2. Dead On Arrival
3. Snots Shit
4. Black Metal (Re-mix)
5. Hounds Of Hell
6. At War With Satan (TV Adverts)
7. At War With Satan (Full Re-edited Version)
8. Bitch Witch
9. Intro Tapes (Tours '85/86)
10. Possessed (Re-mix)
11. Sadist (Mistress Of The Whip)
12. Manitou (Abbey Road Un-cut Mix)
13. Angel Dust (Demo 1980)
14. Raise The Dead (Demo 1980)
15. Red Light Fever (Demo 1980)
16. Venom Station (I.D.s For America & Spain)


1994年にCDでリリースされたVENOMの初期デモやアウトテイクなどをまとめたレア音源集で、"Snots Shit", "Hounds Of Hell", "Bitch Witch", "Sadist (Mistress Of The Whip)"の未発表曲が当時話題となりました。しかしなんと言ってもVENOM信者が狂喜したのはVENOMの初レコーディング音源とされる1980年デモで、これは以前入荷したIron Fist MAGAZINEでもカラー写真が掲載されて薄気味悪い異様な姿があらわとなった幻の初代シンガー Clive "Jesus Christ" Archer氏在籍の4人編成オリジナル・ラインナップの貴重な音源。若かりし頃のCronosが歌ってる音源と勘違いされることも多いClive "Jesus Christ" Archerのボーカルの怪しさはウルトラ・メガ激渋で、Clive "Jesus Christ" Archerのバンド内での影響力が、もしかしたらVENOMのキャラクターそのものを確立したのでは?とすら妄想してしまうほど強烈なインパクトを放っています。VENOM脱退後、この人何かやってたのかな~?

そしてWax Maniaxリリースなんで仕上がりがまた完璧に素晴らしい!!質素なオリジナルCDジャケとはまるで違うカラーのメンバー写真をジャケに使用し、Live at Hammersmith Odeonビデオのパッケージ・フォトセッションと別ショットの裏ジャケは、日本盤レーザーディスクのジャケを彷彿させます。Wジャケット内側ももちろん激渋写真満載で両面インナーのライナーノートも必読。この追加プレス分の詳細はまだ明らかにされていませんが、初回カラー・バリエーションには存在しなかったオリーブ・グリーン・ビニールをディスク1にして、ディスク2がライト・ブルーだったりビアー・カラーだったりというランダム・カラー・ビニールで入荷しました。Blaclk Metal LPのNeat盤2ndプレスの激レア・カラー盤ダーク・グリーン・ビニールよりは明るめだけど、ちょっとあのBlack Metal LP Neat盤カラー・ビニール狂騒曲も彷彿させるVENOMコレクターにはたまらないリリースですので、ぜひあるうちに入手しといてください!!

Thrash from the Graves!!


wargasm-fireball.jpg



・WARGASM - Fireball CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

The Crypt / Dark Symphoniesによる一連のWARGASM再発シリーズが、今度は1994年に発表したEPに初CD化音源もボーナス収録したコンピレーション・アルバムをリリース。ブックレットにはベース&Vo.のBob Mayo氏によるセルフ・ライナーノートと、TANKARDとのツアー時のものなど当時の初公開写真も掲載しています。


1. Fireball
2. Suicide Squad
3. Power of the Hunter
4. Engine (Rock Band Mix)
5. Jigsaw Man (Rock Band Remix)
6. Dreadnaut Day (Video Edit)
7. Little Drummer Boy (Radio Mix)
8. Jingle Hell (Radio Mix)
9. Wasteland (Live In-Studio)
10. Enemy Mine (Live In-Studio)
11. Revenge (Live In-Studio)
12. Grievous Angel (Live In-Studio)


ジャケからすぐにわかる通り、オープニングを飾るタイトル曲はDEEP PURPLEのカバー。続いてSuicide Squadは前身バンド MANIAC時代から演奏されていた名曲で、Power Of The Hunterはご存知TANKカバー。この2~3曲目は、先に7"EPで発掘リリースされていた音源です。スタジオ・ライブ録音による1stアルバム曲は、リズムがいかにも90年代らしいアレンジになっていたりしますが、それにしてもこのバンドの演奏力の切れ味とダイナミズムは素晴らしい。聴いててすぐには一発録りだと気づかないくらいです。



epidemic-decameron-lp.jpg



・EPIDEMIC - Decameron LP 税込3,240円 (The Crypt)

Divebombからのデモ・コンピレーションCDも好評だったUSサンフランシスコのスラッシュ・メタル・バンド EPIDEMICの1992年にMetal Bladeから発表した2ndアルバムが、アナログ盤も限定500枚で再発!!ltd.150枚のレッド・ビニールでの入荷です。

SACRILEGE 1stミニアルバムのUSライセンス再発やATROCITYなどもリリースしてたMetalcoreから1989年に1stアルバム The Truth of What Will Beを発表していたバンドの2ndアルバム。なんですが、ライナーノートを読むとThe Truth of What Will Beアルバムはもともとデモとして制作されたものであって、当人達は本作を実質の1stアルバムと捉えているようです。ちなみにそのライナーノートには、「Metalcoreは現Candlelight」のように言ってますが、これは本当なのかな?CandlelightはDISGUSTのベースだった人のレーベルだから、これが本当なら凄く面白いけど、未確認情報です。

ベイエリア・スラッシュの伝統芸には背を向けて、DARK ANGELのようなLA周辺のハードコア・スラッシュに接近した、90'sスラッシュ・メタルの名盤と評価の高い作品です。SOLSTICEやEXHORDERのようなMorrisoundデスラッシュとはドラム・サウンドがまるで違うので感触も異なっていて、デス・メタルのダイナミズムには完全に呑み込まれずに、なお且つモダン・へヴィネスなんかにも全く毒されることなく、これだけ過激にSLAYER起源の西海岸スラッシュ・メタルを猛スピードで表現していたのは驚異的です。デスラッシャー超待望の再発盤、と最初に言ったけど、これはデスラッシュじゃないですね。最上級に過激な壮烈スラッシュ・メタルdeath!!!

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR