RECORD BOY

Metal Thrashing mad!!


imminentattack-deliver.jpg

imminentattack-welcome.jpg

・IMMINENT ATTACK - Deliver Us from Ourselves DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)
・IMMINENT ATTACK - Welcome to my Funeral DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

ブラジル出身クロスオーバー・スラッシュ・メタルの2012年発表 Deliver Us from Ourselvesと、2015年発表 Welcome to my Funeral の2種CD。Wehrmachtのサメに対抗したような象さんが目印のスラッシュ・メタル。今回はお試し価格ですので、安いCDが欲しい人にオススメ!



angelofsodom-divine.jpg

・ANGEL OF SODOM - Divine Retribution DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

フィンランド出身スラッシュ・メタルの12曲入りデジパックCD。ソリッドなクランチ・リフとダイナミックなサウンドでゴリゴリのヴォーカル。ベイエリア・スラッシュ影響下のバンドが好きな人にオススメ。



acutor-dios.jpg



・ACUTOR - Dios ha Muerto CD 税込1,728円 (Mort Discos)

1990年代に活動したコロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドが1998年に残した唯一のアルバムが再発。SODOMのカバーをボーナスで追加した全11曲入りです。

とりあえずこのジャケが最高なんで内容なんかどーでもいい気もしますが、その通りです。すっごく良く言えばFARSCAPEなんかの系統のジャーマン・スラッシュ影響下南米バンドのような感じで、けっこう悪くないんだけど聴き終わるとなんも印象の残らないピュア・スラッシュ・メタル。ベースは女性のようで、メンバーのルックスもなかなかです。しかしジャケが素晴らしいなぁー。初ヴィニール化再発もされてるようなので、ぜひ入れてみたいけど、たぶん入れないでしょう。これぞまさしく愛すべきクサレ・スラッシング・マッド!!ちょっとオススメ!!



agony-millenium-lp.jpg



・AGONY (Colombia) - Millennium 2LP 税込2,916円 (Headless Cross)

1992年結成コロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドの1996年発表1stアルバムが、以前にコロンビアのカルト・ブラック・メタル TYPHONのLPも再発していたHeadless Crossから2枚組で初ヴィニール化オフィシャル再発。ゲートフォルド・ジャケットで、インナー・スリーブ、ダウンロード・コード、パッチが付いた限定500枚リリースで、現地じゃどの程度の人気かわからないけど、けっこう豪華なアナログ盤です。インナー・スリーブの宿命とも言える抜けがインナーにありますので、ご了承ください。ジャケは抜けダメージありません。

いかにも90年代南米らしいスラッシュで、低音域中心に重心低く疾走する様はSEPULTURAのようなデス・メタル手前のダークネスで、メロディックなギターソロもなかなかです。90年代らしさはやはりグルーヴ感重視のようなパートに表れていますが、冒頭でいや予感をさせるほどグルーヴ・メタル・パートはその後ほとんどなくて、かなり速いSLAYER型突進スラッシュ・ナンバーなどでアグレッシブに迫ります。SEPULTURAファンや、90'sオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンにオススメです!!


Evil Thrashing Mad!!


maligner-demon.jpg



・MALIGNER - Demon CD 税込2,484円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、2015年結成スウェーデンMalmo出身デスラッシュ・メタルの5曲入り1st CDです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしているレーベルです。

MERCILESSからHYPNOSIAへと継承されたような、もう完全にあのスウェディッシュ暴走ノンストップ・スタイルのデスラッシュ爆発で、スラッシャーは絶対に血が沸騰することでしょう!!ミドル・テンポのパートになるとダウンチューニングの感触がスウェディッシュ・デス・メタルらしさを感じさせるけど、ラストにはハイトーン・シャウトも飛び出すし、これはやはりスウェディッシュ・デスラッシュ・メタルの古典的スタイルとして絶賛したいところです。ギタリストはかなりのテクニシャンで、ギター・オリエンテドなスラッシュ・ファンも耳を奪われそうなフレーズも飛び出します。北欧スラッシュ・メタル・ファン必聴大注目デス!!



obscureevil-midnightforce.jpg



・OBSCURE EVIL - Midnight Forces CD 税込1,512円 (Unspeakable Axe / Dark Descent:)

2014年結成南米ペルー・リマ出身ブラック・スピード・メタル・バンドの2016年発表4曲入りデビュー・デモが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable AxeからCDバージョンがリリース。恐らく今までのUnspeakable Axeリリースの中で最もサタニック・ブラックなテイストの強いバンドの登場ではないでしょうか。

こういうVENOMとBATHORYを原点とするブラック・スピード・メタルは、今まではMIDNIGHTに影響されてパンキーなキャッチーさを強調するか、またはSYPYLITIC VAGINASのようなメタルコア・パンクのようなプリミティブさに寄るかのどちらかのタイプがほとんどでしたが、スウェーデンからVAMPIREが登場してからは、REPUGNANTのスウェディッシュ・イーヴィル・デスラッシュの手法を取り戻したようなスタイルのバンドのクオリティーの高さが目立ち始めました。このバンドも南米出身でありながらパンキッシュはドライブ感のみで、構成力とリフ・パーツは近年の才能ある北欧スラッシュ・メタルにも通じるクォリティーで、これはこないだ入荷して反響の大きかったフランスのVENEFIXIONなどにグッと来た人は絶対にチェックでしょう!!



obscureevil-voidfumes.jpg



・OBSCURE EVIL - Void Fumes CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

こちらもUnspeakable Axeからリリースされた、2016年発表6曲入りCDです。

メロディックなギター・ソロも目立ち始め、デモCDよりもさらにスウェーデンやノルウェーなどのスカンジナビアン・スラッシュに肉薄していて、とてもペルーのバンドには聴こえません!!



witchtrap-sorceressbitch.jpg



・WITCHTRAP - Sorceress Bitch CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

2002年に発表されたコロンビア・スラッシュ・メタル名作中の名作、WITCHTRAPの1stフル・アルバムがHells Headbangersから待望のCD再発。2009年のデジパック再発は気付いた時にはレーベル完売状態で1度しか入荷できませんでしたが、この作品は全スラッシュ・メタル・ファンに1度は聴いてもらいたい本当に素晴らしい大傑作なので、未聴の若いスラッシャーはぜひこの機会に入手してください。

DESTRUCTIONが生み出したあの変態チョリチョリ・ピロピロ・リフをここまで痛快にカッコよく連発してくれる作品はそうありません。ドライブ感満点でノイジーなノルウェーのINFERNOの手法とは違い、薄いサウンドなのに、まるで80年代のレコードのようなこのタッチ。そしてとにかくアグレッシブ&ダーティー&イーヴィル!!Vo.はKREATOR ミレ・ペトロッツァ・タイプの吐き捨て型で、これも最高に激渋です。伝説のジャーマン・サタニック・スラッシュメタル POISONにも例えて絶賛されたりもした超名作ですが、それは曲調やスタイルを指したのではなく、まさにあの当時のジャーマン・アンダーグラウンド・スラッシュ・メタルまんまな雰囲気が完全に再現されていたからなのでしょう。しかもコロンビアという凄い国で。久しぶりに聴いたけど、やっぱり超燃えるカッコよさです!!



witchtrap-trapthewitch.jpg



・WITCHTRAP - Trap the Witch CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

そして最新4thアルバムもHells Headbangersからリリース。2002年に発表した名作アルバム Sorceress BitchがDeathrash Armageddonでの大絶賛激プッシュを発端に日本で大ヒット。その盛り上がりが欧米にも飛び火して、Hells Headbangersがその後の作品や初期音源をライセンス・リリースするも、メンバーはより正統派のへヴィメタルを体現すべく、NIGHTMAREというバンドを結成し、WITCHTRAPと平行して活動を開始しました。決して低迷していたわけではないですが、Sorceress Bitchアルバム以降はWITCHTRAPの音楽性もNIGHTMAREと同化しつつあったので、どうも地味な印象がぬぐえませんでした。しかし今回は久しぶりにピュア・スラッシュに専念したような改心の一撃となっています。

DESTRUCTION系統ジャーマン・スラッシュ・メタルの完全無欠なサウンドを確立したSorceress Bitchのあの切れ味鋭いリフワークに、今回はドラムのトテトテ具合がリフのドライブ感とかなり一体感を増し、全体的な切れ味と疾走感がバツグンです。のっけから直線的刻みも素晴らしいので、もはやDESTRUCTION云々の説明は必要ないでしょう。疾走感はSorceress Bitchアルバムを上回っていると言っても過言ではないかも知れません!!



powerfromhell-devilswhorehouse.jpg



・POWER FROM HELL - Devil's Whorehouse CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

日本のアンダーグラウンド・ブラック・スピード・メタル・ファンにもお馴染みのブラジリアン人気バンド、Sodomic氏によるPOWER FROM HELLのHells Headbangersからリリースされた5thアルバムCDです。

VENOM, BATHORY, ONSLAUGHT, CELTIC FROSTなどから影響されたプレ・ブラックなスラッシュ・メタルを、近年はよりスピード・メタル・テイストに寄って表現していましたが、今回は地下臭をさらに強めながら、元々備わっていたハードコア・パンク・テイストもかなり濃厚なスタイルにマイナー・チェンジしています。リフワークはほぼパンクで、特に4曲目のArmageddonなんて最初のリフは完全にNever Againまんまです。しかしパンク・テイストを強めてもMIDNIGHTフォロワーと一緒くたにされるような雰囲気は無くて、サタニックなプリミティブさはむしろ近年作よりも増幅している感もあります。パーティー・パンク・ムードのない、オカルト・サタニックなパンキッシュ・ブラック・スピード・メタル好き全員にオススメです!!



powerfromhell-voicesfromthegrave.jpg



・POWER FROM HELL - Voices from the Grave 7" 税込1,296円 (Fukking Death Division)

Sodomic氏によるブラジリアン・ブラック・スピード・メタルの、2014年にコロンビアのレーベルから限定300枚でリリースされた3曲入り7"です。B面には2002年のリハーサルとライブを収録。

VENOM, BATHORY, ONSLAUGHT, CELTIC FROSTなどから影響されたプレ・ブラックなスラッシュ・メタルを、近年はよりスピード・メタル・テイストに寄って表現していましたが、このEPは初期TOXIC HOLOCAUSTやメタルパンクに通じるキャッチーさが良く出たリリースとなっています。そして、このバンドのライブ音源というのも、ファンにはかなり興味津々ではないでしょうか?けっこう客も熱狂してて、実際演奏もカッコいいので、ファンは必聴のレア音源です。

Metallic Vinyls!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、休んでなんかいられないような大興奮のアナログ盤が到着しましたので、先ほどカートアップ致しました。昨晩のスラッシュ・メタル系CDのご注文もまとめて、受注対応は明日木曜日以降になります。スピード・フリークスの方々は、ぜひまとめてごっそりといっちゃってください!!!



aggression-thefulltreatment-piclp.jpg



・AGGRESSION (Canada) - The Full Treatment PICTURE LP 税込3,240円 (Weird Face prod.)

このレコードの再発をどれだけ待ち望んだことか!!!!!!!!!!トロントのSLAUGHTERと並んでカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタルの頂点的カルト・バンド、モントリオールのAGGRESSIONの1987年にBanzai Recordsから発表した1stアルバムが、ピクチャー・ディスクでアナログ盤も超念願待望の再発です!!!!!

2015年にMORBID SAINTのDestruction Systemをアナログ盤で初オフィシャル・リリースして、世界中のスラッシャーはもとより、アンダーグラウンド・メタル・シーンの業界関係者をも驚かせたギリシャのWeird Face prod.からのオフィシャル再発で、ピクチャー盤ですがインナーもオリジナル通りの写真/歌詞の両面プリントで再現し、アウター・カバーにハンド・ナンバリングが入った限定250枚リリース。今回もMORBID SAINTのWeird Face prod.盤LPと同様に日本国内の流通をBOYで依頼されましたので、S.A. MusicさんとRock Stakkさんにご協力をお願いしているところですが、みなさんご存知の通りFRAMTIDのJacky氏が遂に自身のお店であるRevenge Recordsをオープンしましたので、DISCHARGE & BATHORYを2大巨頭に掲げるRevenge RecordsさんをBOYとしても勝手に盟友として慕い、Jackyさんにもご協力をお願いしています。ただ、ミニマム・リリースで入荷枚数も限られていますので、各店入荷枚数は少ないのですが、、、。すみません、、、。

スピード狂スラッシャーの度肝を抜く内容で知られるバンドですが、New RenaissanceのSpeed Metal Hell IIやThrash Metal Attack comp.への参加でちょっと取り上げられた程度で、CRYPTIC SLAUGHTERやWEHRMACHTなどよりも当時はあまり話題になってなかった印象があります。SLAYERを基礎にハードコアのスピードへと挑戦したWHERMACHTにも近いけど、荒々しくもバツグンの切れ味で畳み掛ける演奏力と楽曲のキャッチーさのバランスが完璧で、未完成でも過激さの追求がバンドの魅力を決定していた当時のハードコア・メタル・スラッシュの中では、やりたいことが出来てる数少ない成功例とも言える驚異的なスピードコア・メタル・スラッシュ・クラシックです。かくいう自分も、Old Metal RecordsによるThe Full TreatmentアルバムCDの再発まで、このバンドがこんな驚愕の猛速スラッシュ・メタルだったとは知らなかったですし、最近はあのTom G. Warrior氏が昔CELTIC FROSTにAGGRESSIONのギタリスト Denis Barthe氏を誘おうとしたことがあるというエピソードなども発覚して、カルトな人気は近年急上昇していました。当店でスラッシュと名のつくヤツを聴いてきた方は1人残らず聴いてもらいたい、いや、聴かねばならない最上級メガトン・カルト・スラッシュ必須作!!!!!



sodom-get-lp1.jpg

sodom-get-lp2.jpg



・SODOM - Get What You Deserve / Aber Bitte mit Sahne 2LP 税込4,968円 (Wax Maniax)

Obsessed by Crueltyの30周年記念盤2枚組LP、Persecution Mania + Expurse of Sodomyのカップリング2枚組LP、そしてIn The Sign Of Evilの片面エッヂングMLPと、いずれも大反響を呼び即座に完売させてきたアナログ盤再発レーベル Wax ManiaxによるSODOMアーリー・クラシックス・リイシュー・シリーズもいよいよ最終章に突入です。今回は1994年発表6thフル・アルバム Get What You Deserveを、1993年リリースのAber Bitte mit Sahne 12"EPもボーナスでカップリングにした2枚組でのリリースで、このWax ManiaxのSODOM再発シリーズは本当に楽しかったので非常に残念なのですが、残すは1995年発表7thアルバム Masquerade in Bloodの発売を今春に控えてるのみで、それで打ち止めとなるそうです。Agent OrangeとBetter Off Deadは2010年に本家SteamhammerがLP再発してたから多分ないだろうとは思ってましたが、Tapping The VeinやMortal Way of LiveもWax Maniaxでの再発は無いそうです。このシリーズを楽しみにしてきた人は、最期まで気をゆるめずにいきましょう。

BATHORYやHELLHAMMERらとともに全世界にその悪名をとどろかせていた初期の極悪カオティックなブラック・スピード・メタル・サウンドから、Expurse Of Sodomy EPやPersecution Maniaアルバムでは本格的なスラッシュ・メタルへと進化しながらも、ハードコア・メタル・バンガーズをも失望させることなく突っ走ってきたSODOMは、これの前の1992年5thアルバム Tapping The VeinからギターがAndy Brings氏に交代しました。さらに初期からの信者達に衝撃を与えたのは、Tapping The Veinアルバムを最後に、Tom Angelripper氏の相棒だったChris Witchhunter氏が遂に離脱。この2枚組LPのボーナスとなっているAber Bitte mit Sahne 12"からドラムとして参加したのは、ジャーマン・スラッシュ・メタル・シーン随一とも言われたバツグンの疾走感でスラッシャーを熱狂させてきた、LIVING DEATH, VIOLENT FORCE, HOLLY MOSES, etcのAtomic Steif氏でした。このGet What You Deserveアルバムはその衝撃的な人事移動がまさにAngelripper氏の思惑通りな成功を収めたような作品として、90年代のスラッシュ・メタル・ファンには熱狂的に支持される名作です。故に初期からのブラック・スピード・メタル・スラッシャーの中には、Witchhunter氏の脱退という事実も拍車をかけてSODOMから離れる人も少なくはなかったのですが、サウンド・スタイルとしては当時猛威を振るっていたモダン・スラッシュのグルーヴやダイナミズムとはまるで正反対で、初期のSODOMとも異質ながら非常にダーティー&ノイジーなハードコア・スラッシュ・メタルを開拓しています。80年代期の名曲Ausgebombtに代表されるMOTORHEAD型のドライビンでパンキーなキャッチーさもあるナンバーを基礎に、そこに残忍なタッチの切れ味を加えて、改めて考えるとTOXIC HOLOCAUST以降の2000年代スラッシュ・メタル・リバイバル・ムーブメントへのSODOMの影響力は、むしろこの作品あたりの頃の方が大きいような気がします。あと、やっぱりAtomic Steif氏の爆発的なスピード感は最高!!

90年代のSteamhammerリリースのアナログ盤はプレス枚数が少なかったものが多く、Overnight Sensation以降のMOTORHEADなんかその最たるものですが、この時代のSODOMのレコードも80年代のものよりも希少価値が高くて、コレクターに高い人気を誇ります。オリジナルのSteamhammer盤以来初のLP再発となるこのWax Maniax盤カップリング・リイシューは、Steamhammer盤LPではメンバー写真ジャケに差し替えられた殺人現場風写真オリジナル・ジャケを表面にして、ゲートフォルド・スリーブ内側にSteamhammer盤LPのジャケになってたメンバー写真と当時の激レア写真を多数散りばめています。さらに個人的にこの再発で一番グッときたポイントは、当時差し替えられたオリジナル・ジャケを「Banned」アートワークとしてCensoredカバーにしているトコロ。そうです、あの名作ライブ・アルバム Mortal Way Of Liveみたいなことをやってくれてるんです!!盤色確認とジャケ抜けダメージ防止のためレーベルから送ってもらった時点でシールドが開封されていますが、センサー・インナーが挟んでラッピングされていますので、オリジナル・アートの殺人現場風ジャケを隠しています。例によって流通分のレーベル在庫は初回出荷で完売したそうなので、再プレスされない限り当店の入荷は今回のみとなります。限定(150枚?)ブルー・マーブル・ビニールで入荷しています!!!



sodom-engine-lp.jpg



・ACID - Engine Beast LP CLEAR VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Wax Maniax)

VIO-LENCEの1stアルバム2枚組LP再発を皮切りに、SODOMの初期作品のLP再発でアナログ盤ファンを大興奮させているWax Maniaxによるアナザー・グレート・リイシュー・シリーズ、ベルギーの女性Vo.スピード・メタル・バンド ACIDの再発もこれが最終章です。3rdアルバムにしてラスト・アルバムとなった1985年作品で、レギュラー・ブラック・ビニールと限定クリア・ビニールの2種入荷しています。インナーにはライナーノートや当時のカッコいい写真ももちろん掲載されていますが、オリジナル・リリース以来初となるこのアナログ盤再発シリーズの一番のセールス・ポイントは歌詞を掲載している点で、これはACIDマニアックスには嬉しいようです。

まだスラッシュ・メタルも確立される前の80年代初頭に、ヨーロピアン・へヴィメタルをMOTORHEADの2バス・ドコドコなスピード感で表現したようなサウンドで登場し、スピード・フリークなヘッドバンバーズを熱狂させた元祖スピード・メタル・バンドです。近年はABIGAILによるカバーも話題となり、日本では昔からのダイハードなメタル・ヘッドバンガーズに加えて、NWOBHMやメタル・パンクも許容範囲内のオールドスクール・パンク・ファンにも注目を集める存在となりましたが、この作品はACIDの魅力の一つでもあるキャッチーさを強調した曲も際立っていて、スラッシャーよりは80年代の哀愁ハードなメタル&パンクが好きな方々にぜひとも聴いてもらって再評価してほしいアルバムです。もちろんギンギンのスピード・メタル・ナンバーもありますが、前作までのRAINBOWやDEEP PURPLEのハードロックの古典的方法論をMOTORHEADのスピードで表現したようなスタイルから、当時の新興勢力であったスラッシュ・メタルにも触発されたような感触が強まり、3連の鋼鉄ナンバーもメイデン型よりもSLAYERの1stの頃のような雰囲気が感じられます。ただ、そこに乗るKateのVo.は80年代ポップス・シンガーとしても通用しそうなまでキャッチーなので、ACID本来の「鋼鉄butキャッチー」な魅力もピークに達したような感があります。サンプル曲は、恐らく当時は一番物議をかもし出したのでは?と思われる最高にスウィートな名曲 "She Loves You"を敢えて貼ってみましょう。

Faster Than The Speed Of Light!!



* 毎週水曜は当店の定休日ですので、受注メール返信/発送業務は木曜日以降となります。


evilarmy-command.jpg

EVIL ARMY - Command, Attack & Destroy CD TRK 08 - "Under Attack"

EVIL ARMY - Command, Attack & Destroy CD TRK 10 - "I, Commander"


・EVIL ARMY - Command, Attack & Destroy CD 税込1,944円 (Vulkan)

2006年に地元のパンク・レーベルから発表した1stアルバムがアンダーグラウンドで大ヒットを記録し、その後Hells Headbangersから再発もされてメタルヘッズの間でも認知され始めた頃に、メンバーの投獄によって2010年~2012年の間は活動が止まっていたUSメンフィス出身スラッシュ・メタル・バンド EVIL ARMYの初期コンピレーションCDです。2015年に単独&Splitの7"EP計3種をまとめた全8曲入りでバンドが自主リリースしていましたが、今回入荷したのはVulkan Recordsという新興レーベルが限定300枚で発売したもので、ジャケのタイトル文字が赤に変わっています。そして、なぜかバンド自主バージョンCDではカットされた最初期7" Conquer Human Life EPと、さらに未発表セッション3曲も加えた全15曲入り増量盤の限定300枚リリースです!!


TRACKS 1-3 : Split 7"EP w/ CLEANCUT (2004年)
TRACKS 4-7 : "Conquer Human Life" 7"EP (2004年)
TRACKS 8-9 : "Under Attack" 7"EP (2008年)
TRACKS 10-12 : "I, Commander" 7"EP (2013年)
TRACKS 13-15 : "Evil Army" LP OUTTAKES (2005年)


このバンド、とにかくスラッシュ・リフの刻みが素晴らしく熱くて、1stアルバム以前はWHIPLASHとTANKARDのミックスみたいでしたが、復活後はTANKARD的なロッキン・テイストは後退して、ひたすら刻みまくり倒すという、ハードコア・スラッシュの原点であり完成形を目指したようなスタイルを突き詰めています。しかも、このCD、たぶんリミックス?リマスター?よくわからないけど復活後EPのサウンドがオリジナルEP音源よりも確実にロウに変わっていて、スラッジな感触のノイジーさが爆発しまくってます!!いつもはbandcampやsoundcloudなどの音源をサンプルで貼ってますが、今回はレーベルのページのMP3サンプルを貼ってみました。I, Commanderなんか違いが歴然だし、Under AttackもこんなまるでUKメタルコアみたいなロウ・ノイジーさだったかな?行く先々でいろいろと問題を起こしてきた悪ガキ・スラッシャーですが、サウンドは文句なしのロウ・ハードコア・クロスオーバー・スラッシュ一直線で、とにかく最高にカッコいいぞ!!



criticalfear-conflicts.jpg



・CRITICAL FEAR - Conflicts DIGIPACK CD 税込2,160円 (Marquee)

2008年結成ブラジル・サンパウロ出身スラッシュ・メタルの、2010年にカセットで発表した1stアルバムにデモをプラスしたCD化再発盤です。平均年齢を上げている中心メンバーらしきギタリストはTatooなんて名乗っちゃってるし、そしてこんなジャケなんで、まぁーーーったく期待してなかったんですが、これはかなりの大穴です。


Tracks 1-9 : Conflicts ALBUM (2010)
Tracks 10-14 : Demo (2013/2014)
Tracks 15-18 : Promo Demo (2009)


2000年代以降のブラジリアン・スラッシュらしい、北半球のパーティー・モッシュ・スラッシュに憧れながらも、住んでる環境のせいか、欧米バンドのパーティー・スラッシュ・バンドには無い緊迫したテンションがどこか感じられて、ポリティカルなハードコア・テイストもあるスラッシュです。Tatooさんの刻みはかなりの速さで、もちろんビートもファストコア・スラッシュ並みの猛速スピード。甲高いシャウトのVo.も切迫した感じがあってカッコよく、日本のSHELLSHOCKもかなり彷彿させます。現在、ドラマーはどうやら女の子らしいですが、このアルバムでのドラマーの爆裂感も素晴らしい。ブラジリアンで言えばBLASTHRASH, ETERNAL DEVASTATION, DEATHRAISERなどのファンや、フィンランドのFORESEEN, USのEVIL ARMYなど、とにかく暴走一直線に速いハードコア・スラッシュ・メタルが好きな人は絶対にチェックです!!



vapour-violent.jpg



・VAPOUR - Violent Primitive Force TAPE 税込864円 (Me Saco Un Ojo)

Me Saco Un Ojoから発表した1st MLPが素晴らしかったフィンランド・デス・メタル MALICIOUSのドラマーによる独りスラッシュ・メタルの4曲入りデモ・カセットです。ライブもちゃんと行ってるようで、ライブの際のサポート・メンバーも全てMALISIOUSメンバーだったりする、ちょっと微笑ましくも、しかし本気のピュア・スラッシュ・メタル・バンドです。

最近よく耳にすることの多い気がするスタイルの、WHIPLASHとTANKARDのミックスのようなキャッチーさもあるスピード・メタル・スラッシュですが、これがまるでEVIL ARMYのヨーロッパ版のような荒くれっぷりで、今日一緒に紹介するブラジルのCRITICAL FEARと並ぶ予想外の大ヒット新鋭デス!!特に後半の2曲なんか、もうほぼEVIL ARMYまんまな状態のカッコヨサ。80年代型クロスオーバー・スラッシュを現代に再現するFORESEENや、今やフィンランド産スピード・メタルの代表的な存在となりつつあるRANGERなど、近年のフィニッシュ・スラッシュ/スピード・メタルは硬派な印象を強めていて、ちょっとここ数年おとなし気味のような気もするゴリゴリのジャーマン/ユーロ・スラッシュ継承型のノルウェー・スラッシュや、若々しい華やかさと伝統を見事に同居させるスピード・メタル傾向の強いスウェディッシュ・スラッシュ・メタルなどから、北欧スラッシュのムーブメントが移行してるような感すらある充実ぶりです。限定150本リリースですので、北欧スラッシュ/スピード・メタル・ファンはお買い逃しなく確保しておきましょう!

Speed Death to Thrash!!

abyssals-thehole.jpg



・ABYSSALS - The Hole 0f Souls MLP 税込2,484円 (Triumph Ov Death)

知られざる極上オブスキュア・カルト・フレンチ・デス・メタルのデモ音源が、MUTILATEDの各種再発をリリースしていたTriumph ov Deathから発掘リイシュー。この1994年デモの3曲のみしか音源は残していないバンドだったようですが、実はMUTILATED解散後にメンバーが始めた、言わばMUTILATEDの発展形のようなバンドだったそうです。Snakepit Magazine発行人のおなじみLaurent Ramadier氏によるライナーノート付きで、限定300枚ナンバリング入り。ジャケ・デザインはChris Moyen氏によるアートです。

Fenriz (DARKTHRONE), Martin van Drunen (ASPHYX, PESTILENCE, etc), Chris Reifert (AUTOPSY, etc), TRANSGRESSER / NECROPHILE / ANATOMIAのTanaka氏など、名だたるデス・メタル開拓者ミュージシャンと当時積極的に交流していたフランスのMUTILATEDは、MERCILESSやSADUSなどにも通じるデスラッシュ・スタイルからスタートし、徐々にNAPALM DEATHやTERRORIZERなどのグラインド・デス・メタルからの影響を反映させていった、という印象でした。Triumph ov Deathが再発するまではブラジル製ブートLPなどが出回り、初期デス・メタル・マニアの間では名の知れた存在だったけど、Triumph ov Deathの再発シリーズがちょっとあざとさも感じられるくらい小出しにしすぎて、あれをまとめてディスコグラフィーにした方が絶対に反響が大きかったのに、、、と思うのですが、まぁとりあえず、前身のMUTILATORのLPまでなんとか食らいついて入荷させました。そんなMUTILATEDの再発シリーズもようやく終わったと思ったら、まだこんな最高の関連バンドが残っていたとは。ABYSSALSのこのデモは、もう完全なるMORBID ANGELウォーシップ・スタイルで、これがまたデモや1stの頃のような荒々しい初期のMORBID ANGELのようで最高メガ渋カッコいい!!テクニカルなリフや展開も、まだSLAYERからPOSSESSEDくらいまでの発展で留まってた80年代後期~90年代初めのデスラッシュ的な感じが強く、ロウ・ノイジーなブルータル・スラッシュ好きにも聴いてほしいです。MORBID ANGEL, INCUBUS, SADUS, AMON ~ 初期DEICIDE, などのファン必聴death!!



lethalpresence-unholy-cd.jpg



・LETHAL PRESENCE - Unholy Alliance CD 税込1,728円 (Ripping Storm)

先にアナログ盤で発売されて、カナディアン・スラッシュ・ファンや初期デスラッシュ・マニアに大好評だったトロントのLETHAL PRESENCEの1987年に発表デモ・アルバムが、イタリアのRipping StormからCDバージョンもリリース。このデモ・アルバムで初めて再発されたバンドですが、マニアックなスラッシャーや、初期デス・メタル・ファンでも名前に聞き覚えのある方がいるかも知れません。このバンドは、OBITUARYの前身バンド XECUTIONERが収録されていたことでも有名な初期デスラッシュ・メタル名作オムニバス Raging Death LPに参加していたバンドで、後期SLAUGHTERやSTRAPPADOのギタリストだったBobby Sadzak氏らが1985年~1988年の短期間にやってた、知る人ぞ知るスラッシュ・メタル・バンドです。ドラムが流動的だったみたいで、Raging Deathの時は最初期SACRIFICEドラマーのCraig Boyle氏が、そして本作デモではINFERNAL MAJESTYの名作1stアルバムで叩いていたRick Nemes氏がドラムを担当しています。


Tracks 1-7 : Unholy Alliance DEMO 1986
Tracks 8-9 : Rehearsal 1986
Track 10 : Live Toronto Oct.19.1985
Track 11 : Rehearsal 1987


もう、以上のバイオグラフィー紹介だけで、カルト・スラッシュ・メタル・ファンならばガマンならないはずでしょう。SLAYER起源のキラー・テクニカル・リフが随所にきまるスラッシュ・メタルで、SACRIFICEとDARK ANGEL (Don Dotty時代)の中間のようなサウンドが文句なし激渋のオブスキュア・スラッシュ・メタルです。POSSESSEDが正統派スラッシュに寄ったような感覚もあったり、RECIPIENTS OF DEATHっぽくもあるし、当店の過去入荷作品で例えたら、SAVAGE DEATHやFANTOM WARIORのようなアメリカン・パワー・スラッシュ/スピード・メタル好きにもオススメです。RAZORのシープドッグや、INFERNAL MAJESTYのクリス・ベイリーみたいな低音のクールなVo.も激渋で、ハードコアとメタル・ダークネスの融合では極上のスラッシュ・メタルを生み出してきたカナダのバンドらしさも満点なので、初期デモ時代のSOOTHSAYERやAGGRESSIONなどのファンにも非常に魅力的なサウンドです。たいがいは埋め合わせのようなものが多いリハーサル音源もこのバンドは素晴らしくて、ラストのリハがまた最高にカッコいい!!このLPで1番のキラー・トラックと言っても過言ではないでしょう。

LPのインナーにはデモ・カセットのオリジナル・スリーブ写真/フライヤー/メンバー写真などを掲載して、さらにBobby Sadzak氏のインタビューも掲載してましたが、CDでも見開きジャケにそれらの貴重な資料をしっかり掲載。このインタビューもかなり面白いです。Fringe / Diabolic ForceのBrian Taylerって、YOUTH YOUTH YOUTHのVo.かーーー!!!





LAオブスキュア・スラッシュ・メタル、F.C.D.N. TORMENTOR!!LAにもTORMENTORは居たのか~、なんて思いながらブックレット見たら、昔Deep Sixから7"が出てたバンドでした。その7"は1991年にリリースされて、2000年代までフツーに売ってたけど、情報も乏しく、さして気にも留めないでいましたが、このバンドは後に伝説的パワー・バイオレンス・バンド NO COMMENTで叩くRaul Calzada氏がドラムで在籍したスラッシュ・メタルで、当時はCRYPTIC SLAUGHTERと激似のスピードコア・スラッシュとして、US西海岸のスピード狂スラッシャーには一目置かれたカルト・バンドだったそうです。このたび、F.O.A.D.からレア音源をコンパイルしたLPが2種同時リリースされました。



fcdntormentor-demonic-lp.jpg

・F.C.D.N. TORMENTOR - Demonic Thereafter LP DIE HARD COLOR VINYL 税込2,808円 (F.O.A.D.)

こちらは初期音源全17曲入りLPで、ltd.100枚カラー・ビニールのダイハード・バージョンです。ブックレットには当時の写真やファンジンのインタビューなどが転載されていて、その中にはWild Rags ZINEのVol.2に掲載されてたインタビューもあり、これがとても面白い。CRYPTIC SLAUGHTERとの共通性についてWild Ragsが尋ねたのに対し、F.C.D.N. TORMENTORは、「CRYTIC SLAUGHTERよりも先にこのスタイルで演奏してたし、彼らはもっとパンクだ」と回答。確かに、アフロにも近いパーマ・ヘアーのラテン系メンバーが揃い、袖切Gジャン着てBitchギターを持ってる姿などは、US西海岸の治安の悪いハードコア・スラッシュよりも、まるでメキシコあたりのデスラッシュなメタル・ヘッズな雰囲気満点です。さらに、Wild Ragsと契約まで交わして、名物シリーズ企画 Hardcore Demo Seriesでリリースの予定まであったということです。


Demonic DEMO (1986年)
Rehearsal 1986
F.C.D.N. 7"EP (1991年)
Los Angeles Death Coalition 4 WAY SPLIT (1991年)


そしてサウンドが本当にCRYPTIC SLAUGHTERそっくりでサイコーなんです。でも、その辺のスピードコア・クロスオーバー・スラッシュ特有のファニーな雰囲気はあまり無く、SLAYERを原点にしたスラッシュであったのがうかがえるので、確かにメンバーの言う通りCRYPTIC SLAUGHTERほどパンキーではなく、楽曲自体は初期のWHERMACHTの方が近いかも知れません。これは素晴らしい・・・。その後デス・メタルに行った人も、グラインドに行った人も、ノイズコアに行った人も、ハードコアに行った人も、そしてスラッシュにとどまった人も、今40代になってるオッサン達がこぞって「最速」を競って追求した、まさにあの時代以外の何物でもないスピードコア・スラッシュが全開!!若いコからすると、「あの時点で一番速かったのは、、、」とか「あれが〇〇年の録音というのは凄い!」とかオッサン達が言ってるのはコッケイなんだろうけど、こういう再発見にこそ面白さがあるのです。WEHRMACHTやCRYPTIC SLAUGHTERファンはもちろん、ミシガンGENOCIDE, ニュージャージーREGURGITATION, イギリスAZAGTHOTH, サンフランシスコINSANITY, そしてやはりF.C.D.N. TORMENTORも大いにインスパイアされていたらしいロスアンゼルスARCHENEMYなど、スピード・デスの原石となったレジェンド・バンド・ファンも必聴のカルト・スラッシュdeath!!!



fcdntormentor-dungeon-lp.jpg

・F.C.D.N. TORMENTOR - Dungeon Days 1982-1985 LP+CD DIE HARD COLOR VINYL 税込2,916円 (F.O.A.D.)

こちらはボーナスのような扱いのCDが全て古い初期音源で、本編のLPに2015年の新録を収めていますが、この新録も、彼らの最初のスタジオ・セッションだったCD前半収録の1985年リハをほぼそのままの曲順で再録音しています。大方の意見を集約して正直に言ってしまいますと、LPに収めた再録音はぶっちゃけ必要なく、CD音源だけLPにしてくれれば、たぶんもっと反響を呼ぶのかと思いますが、しかしバンドとしては恥ずかしい最初のリハなどメインにするなら、再録させてくれ、と言う気持ちもよくわかります。なので、CD音源メインで解説してみます。


LP 1-9 : 1985年最初期曲再録 (2015年)
CD 1-9 : REHERSAL 1985
CD 10-17 : Live at Fender's Ballroom, Long Beach, CA, 1986
CD 18-22 : Live at Balboa Theatre, Los Angeles, CA, 1986


まず、1985年リハはかなりハードコア寄りなスラッシュで、クロスオーバーと言ってもSUDDEN IMPACT, FINAL CONFLICT, RIPCORDなんかにちょっと漂うクロスオーバー臭みたいなロウ・ノイジー・スラッシュに近いですから、80'sハードコア・パンク/killed byスラッシュなオブスキュア・ハードコア好きにはかなり楽しめる音源です。そして、ライブ音源が凄い!!これは地元で伝説になるのもうなずけます。1986年ならばボチボチとスピードコアなアプローチは出没してた頃だけど、Raul Calzada氏のドラミングが他パートを待ちきれないようなつんのめり感で、でもキレ味はもう既にNO COMMENT状態!!

こちらのブックレットもまた素晴らしい仕上がりで、ジェフ・ハネマンとの記念撮影や、当時のフライヤーを多数掲載。Snakepit MAGAZINE転載のインタビューを読んでもSuicidal一派にはけっこう入れ込んでいてたのがわかりますが、中でもCYCOTIC YOUTHとはよく共演してたみたいです。ltd.100枚カラー・ビニールのダイハード・バージョンです!!


02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR