RECORD BOY

Dystopian Dogs New Releases!!


witchfist-st-tape.jpg



・WITCHFIST - S/T TAPE w/ PATCH 税込972円 (Dystopian Dogs)

SAURONギタリストVictor Ruiz氏によるミシガンのダイハード・メタル・レーベル Dystopain Dogsがまたしても個性的な地元バンドをリリース。女性ギタリストと、たぶんドラムも女性の2人編成によるほぼインストゥルメンタル・ストーナー・ドゥーム・メタル・デュオの7曲入りカセットです。ロゴパッチ付き。

自らは「パンク・インフルエンスドなプリミティブ・メタル・バンド」と言っていますが、ハードコアやR&Rなパンキッシュさではなく、サイケデリックなスロウ・ストーナー感のある曲調を、ただひたすらロウ&プリミティブに演奏している点を指してパンクと言っているのかと思います。たまに速いパートもありますが、そこまで行くまでもなく、演奏は確かに超プリミティブ。ハッキリ言って、素人級かと思われます。これは久しぶりにハードル高いぞ、、、。Victor氏の友達なのか?(まぁそうだろうけど)。ドラムはマスクしてるから、まさかの重鎮なのか?わからない、、、。しかし、パンクで考えたら完全にこれはカルトですし、「ノー・トレンドで全く親しみやすくない、骨まで響くドゥームだ!」と解説するVictor氏の言葉通りでもあるので、BOYはだまって彼に付いて行くのみなのです。



whitemagician-preludetoruin.jpg





・WHITE MAGICIAN / the GREAT KAISER'S WHITE MAGICIAN / PRELUDE TO RUIN - Split 10" 税込2,484円 (Dystopian Dogs)

昨年から到着を待っていたうちの一つがようやく届きました。BORROWED TIMEに端を発したデトロイト・メタル・パンク・シティーに於けるエピック・メタル攻勢の切り札とも言えるWHITE MAGICIANが、PRELUDE TO RUINなるバンドとSplit 10"をリリース。イントロをわざわざTHE GREAT KAISER'S WHITE MAGICIAN名義のクレジットにして3 Way Split形式のように見せかけてややこしいですが、The Great KaiserはWHITE MAGICIANのギター&Vo.で中心人物 Derek DiBella氏の別名ですので、WHITE MAGICIANとPRELUDE TO RUINの2バンドによるSplitと考えてもらって問題ないかと思います。しかしそんなイントロからもう完璧すぎるアメリカン・エピック・メタルの号泣叙情全開で、2010年代を締めくくる&代表する1枚になるであろう、強烈なエピック・メタル・クラシック作品の登場です!!!

おんなじこと繰り返して言いますが、WHITE MAGICIANはT.G.Kのイントロからとにかく終始シケシケの泣き泣きエピックが爆発。まだまだエピック・メタルは未開拓なので恥ずかしい解説しか出来ませんが、VIRGIN STEELE, CIRITH UNGOL, MANILLA ROAD, BROCAS HELM, etcのアメリカン・エピック・メタル堅物信者の方々も、ぜひとも1度だけでいいので貼り付けたサンプルをポチってみてください。素晴らしすぎますから!!

そして謎多き対戦相手バンド PRELUDE TO RUINがまた負けじと号泣スタイルで最高!!!このバンド、PRELUDE TO RUIZと表記されてたりすることもあって(実際、ジャケットの背中はPRELUDE TO RUIZになってる)、もしかしてこのレコードもリリースしているSAURONギタリストのVictor Ruiz氏がやってるのかな?全くの憶測ですので、言いふらさないように。でもそんな勘繰りもしたくなるような必殺のメロディック・スピード・メタル2曲を披露していて、まるでTony Moore eraのRIOTとBLIND GUARDIANをミックスして、ちょっとChris Black氏風ソフト・エピカスに仕上げたような具合です。

とにかく、久しぶりにデトロイト・メタルのドくされエピック・パワーにノックアウトされた次第です。これに至っては、当店向きのサウンドではないなど心配無用。永遠に店のストックにあってもかまいません。しかしそんな状態にさせないでください。大推薦盤!!!



demonbitch-hellfriends.jpg



・DEMON BITCH - Hellfriends CD 税込1,728円 (Dystopian Dogs)

Dystopian DogsからUSバージョンCDもリリースされました!!ISENBLAST, JOINT CUSTODY, WHITE MAGICIAN, BORROWED TIME, etcのメンバーによるUSミシガン州デトロイトのへヴィメタル・バンドの2015年録音傑作1stアルバムです。

1stデモ, カセットEP, そしてこの1stアルバムと、着実に成長してきているバンドなので、本作が間違いなく彼らの現時点での最高傑作であり、もっと言えばここまでアメリカン・エピック・メタルのシケた哀愁を踏襲しているバンドは、WHITE MAGICIANとかBORROWED TIMEくらい、つまり世界中探してもこの周辺連中くらいでしょう。ブラック・メタル・バンドをやってるメンバーも参加してるせいもあってか、他のエピック・メタルよりも激しく、スピード・メタル調の疾走感と起伏に富んだ曲構成が特徴で、この辺はBROCAS HELMを彷彿させます。そしてVo.メロディーからギターソロまで、シケシケの旋律が素晴らしく、MANILLA ROADやCIRITH UNGOLなどの合衆国産鋼鉄はもちろん、HEAVY LORDなどのファンにまで聴いてもらいたい、なんて言うと騒ぎすぎでしょうか?80'sエピック・メタル・ファン悶絶必聴の傑作です!!



wandererofthewaste-voyage.jpg



・WANDERER OF THE WASTE - Voyage Through Obscurity CD 税込1,296円 (Dystopian Dogs)

USミシガンで活動するワンマン・ブラック・メタル WANDERER OF THE WASTEの1st EPがDystopian Dogsからリリース。ISENBLAST / DEMON BITCH / WHITE MAGICIANのメンバーが加わってライブも行っているバンドで、正統派メタルとブラック・メタルの違いはありますが、デトロイト・メタル・シーンのエピックな要素が好きならば、DEMON BITCHやWHITE MAGICIANのファンもぜひチェックして欲しいグレートな内容です!!

2曲で全20分という収録時間が物語る通り、ドラマ性のあるエピック・プログレッシブなブラック・メタルです。ISENBLASTが徐々にフォーキーなテイストを薄めてきている分、こちらのWANDERER OF THE WASTEの方の叙情性が際立ってきているようにも感じますが、それを抜きにしてもこのCDは本当に素晴らしい内容だと思います。ギター・サウンドはフリージングで、Vo.もイーヴィルなグリム・ブラック・メタルではあるけど、全編に漂うメランコリック・フォーキーな旋律がアメリカン・ヤングとは思えないほどにお見事!!時折、どこかWHITE MAGICIANっぽいシケ具合に聴こえてくるのも最高です。オススメ!!



isenblast-demommxviii.jpg



・ISENBLAST - Demo MMXVIII CDR 税込972円 (Dystopian Dogs)

DEMON BITCHメンバー3人、うち2人はWHITE MAGICIANもやってるUSミシガンの4人組ブラック・メタル・バンドの2018年2曲入り新作デモCDR。ミシガン・メタル・シーンの頼れる兄貴 SAURONギタリスト Victor Ruiz氏によるレーベル Dystopian Dogsからのリリース。

本作からドラムが替わってWANDERER OF THE WASTEもやってる人になっています。以前はDISSECTIONやSATYRYCONなど北欧ブラックからの影響も感じさせる、冷たく起承転結の激しいブラック・メタルだったけど、近年作では起伏の激しさはそのままに、よりアグレッシブ&スラッシーなテイストを強めてきていました。本作では新しく入ったドラマーのロウ・パワーと、個性的且つゴリゴリなファスト・スラッシング・ブラック・メタルのミックスが、ちょっとABSUっぽさも漂わせてかっこいいです。アメリカン・ブラック・メタル・ファンはぜひチェックしてください!!



hostilefaith-mortal.jpg



・HOSTILE FAITH - Mortal Signs...To Death TAPE 税込972円 (Dystopian Dogs)

2014年結成チリ・サンチアゴ出身スラッシュ・メタルの6曲入りカセットが、ミシガンのDystopian Dogsからリリース。これまではデモを制作していたのみの母国でひっそり活動していた若手バンドによる、公式デビュー作となります。

当店では近年めっきり取り扱いの減った正統派と言っても差し支えないほどのスラッシュ・メタルですが、やはりチリのバンドだからなのか、もしくはさすがSAURONギタリストVictor氏のDystopain Dogsに目を付けらるくらいの逸材なのか、パーティー・ムードの一切ない重厚さで、しかもジャーマン・スラッシュなどのガサツで粗い突進型でなく、例えば80年代中~後期にこれが登場してたなら、まるで「TESTAMENT, OUTRAGE, MORTAL SINと並ぶMETALLICA型有望株」などとBurrn!なんかで評価されそうなタイプです。Vo.がデス寄りのダーティーなシャウト・スタイルなのもかっこいい。千葉のEXCROWとドイツANGEL DUSTが融合したらこんなでしょうか?チリアン・スラッシュ・メタル恐るべし。硬派スラッシュ・メタルに飢えてる人はぜひチェックしてください!!


Metal Thrashing Occult!!


*昨晩アップしてMALLEUSとVEHEMENTERは一晩もたなかったけど、ブラック・スピード・メタル好きには良いのがまだそろってますので、ぜひチェックください!!


thirdstorm-thegrand.jpg



・THIRD STORM - The Grand Manifestation CD 税込1,836円 (Dark Descent)

SARCASMのヴォーカル Heval Bozarslan氏が1980年代にやっていたスウェーデンUppsalaの知る人ぞ知るブラッケンド・デス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバムCD。2014年に復活し、Swedish Death Metal BOOKの著者でありDELLAMORTEやIRON LAMBなどでもおなじみのDaniel Ekeroth氏がベース、ANGUISHやVETERNUSもやってたDavid Eriksson氏がギターを担当。80年代はデモを2本残したのみで、2015年発表の復活第一弾作品 Taritiya Me EPは、David Eriksson氏の父親でこのバンドのオリジナル・ギタリストだったJimmy氏も参加し親子ツイン・ギター編成も話題を呼びました。

前作は10分以上に及ぶ長尺ナンバー2曲で構成されたEPで、まるでMetal Of Death版NIFELHEIMのようなカオティック&オカルトな独特のノリと、ANGUISHにも共通するCANDLEMASS影響下北欧トラディショナル・テイストもあるブラック・ドゥームをミックスしたような感じでしたが、今回はMetal Of Death的カオティックな要素は後退し、よりトラディショナルな北欧ブラッケンド・デス・メタルで勝負しています。ドラマチック且つ邪悪なトレモロ・フレーズのタッチがスピード・メタル風味も増してるので、MORBID INSULTERやBEASTIALITYなどよりも、NECROPHOBICやDISSECTIONにNIFELHEIMのアングラ・スピリッツが乗り移ったようにも聴こえます。スウェディッシュ・オカルト・ヴィンテージ・デス・スピード・メタル・ファンも必聴の圧巻力作!!



plaguestorm-eternal.jpg



・PLAGUESTORM - Eternal Throne LP 税込2,484円 (Blood Harvest)

スウェーデン・マルメで2013年に結成されたブラック・スピード・メタル・バンドの4曲入り1st 12"。ラベルにはA面/B面に各2曲を振り分けたように表記されていますが、実際は片面に4曲全てを収録した両面同内容の12"です。スウェーデン・マルメと言ったらメタルもパンクもこの男、ロドリゴ氏の運営するBlood Harvestからのリリースです。

ジャケットから匂わせる通りのサウンドで、VAMPIREがブレークして2010年代に北欧/ヨーロッパでちょっとした盛り上がりも見せたブラック・メタルとスピード・メタルのミックスのようなスタイルです。BATHORYやNIFELHEIMなどを頂点とするスタイルなわけですが、このPLAGUESTORMはよりメロディックなギターが特徴で、それが時にフィンランド・ブラック・メタル・ファンの耳をも刺激するようなメランコリックでフリージングなフレーズだったり、また時にはちょっとSYPHILITIC VAGINASやDEVIL MASTERなどのジャパニーズ・パンク・ウォーシップのメタルコア風だったりと、日本でもけっこう注目を集めて人気が出そうなタイプです!!流通良ければ、の話だけど。



throaat-reflections.jpg



・THROAAT - Reflections in Darkness LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Dying Victims prod.)

NATURのギタリスト Dino Destroyer氏が在籍するNYブルックリンのブラック・メタル THROAATの2017年発表1stアルバム。遅ればせながら入荷しました。当時まだ名前の浸透していないバンドばかりだったけど、オカルティックなテイストを強く打ち出していたヴィンテージ・サタニック・メタルとでも呼ぶべきブラック・スピード・メタルの新興勢力でまとめて興味深いコンピレーションだったインターナショナル・イーヴィル・メタル・オムニバス Evil Spells vol.1 LPにも参加していたバンドです。CDはデジパックでステッカー付、LPにはさらにレーベルのステッカーも付いてます。

そのヴィンテージ・ブラック/オカルト・スピード・メタルの新しいムーブメントに強く影響を与えてるのは、日本のSABBATとスウェーデンのNIFELHEIM、あと、SABBATとNIFELHEIMを結ぶ存在としてダイハードなメタルヘッズにアピールしていたスウェーデンのMORDANTの役割も大きいかと思いますが、このTHROAATの音楽的背景を推測する時に、SABBAT, NIFELHEIMにもう一つ加えたいヴィンテージ・ブラック・メタル・レジェンド・バンドが、チェコのMASTER'S HAMMERです。2015年に発表したThe Light / Evil Dead 7"ではスラッシュ/スピード・メタルなテイストを極限まで抑えた結果、かなりMASTER'S HAMMERスタイルに近いエピック・オカルト・へヴィメタルで最高に激渋でしたが、当店での反響は残念ながらサッパリでした。この1stアルバムはスピード・メタル調の疾走スラッシュ・チューンで幕を開け、ドカドカ・ビートのブラック・メタル・ナンバーもあったりと、速いパートのオールドスクール感もかっこいいけど、でもやっぱりこのバンドの最大の魅力はオカルト・エピックな黄昏だと再認識させてくれます。この叙情的なヴィンテージ・ブラック・メタルがホントかっこいい!!VAMPIREが発端となってヨーロッパと北欧で盛り上がったタイプや、ペイガン・フォーク系ブラック・メタルともちょっと違い、もっと正統派鋼鉄土台のオカルト・メタル・ファンにも聴いてもらいたい、間違いなくこのバンドの最高傑作に仕上がっています!!



hellish-thespectre.jpg



・HELLISH - The Spectre of Lonely Souls CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

VENUS TORMENTや RIPPERにも参加していたメンバーらによる2010年結成チリ・サンチアゴのスラッシュ・メタル・バンドの2ndフル・アルバムCDが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリース。

ジャーマン・スタイルの猪突猛進スラッシュを、スピード命!な壮絶な速さの刻みリフで叩き出しつつ、ドラマチックなパートも挟み込んでいます。DESTRUCTIONリフで構成した完成度の高い楽曲で勝負する北欧スラッシュ・メタル新人バンドのハイ・クォリティーさとちょっと違い、マイナー臭強いガムシャラさが魅力のスタイルですので、NOCTURNALやHellbangers周辺の荒くれたスラッシュの伝統を頑なに継承し続けるジャーマン・スラッシュ・メタル・ファンにオススメです!!

Thrash from the Graves!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、メタル系商品が到着していましたので先ほどカートアップ致しました。


blackvirgin-most-lp.jpg



・BLACK VIRGIN - Most Likely To Exceed LP 税込3,240円 (WYLN)

NYカルト・へヴィメタル BLACK VIRGINの各種作品がアナログ盤各種オフィシャル再発!!以前にハンガリーのレーベルからCDで再発されて当店でもかなりプッシュしたバンドですので、覚えてる人も少なくないのではと思います。褐色の用心棒風体ベーシスト、ウィッチング・ビリーなオバサン・メタルヘッズ・ドラマー、そんなキョーレツな2人にも負けないガッツがみなぎる中心メンバーらしきギターVo.の3人がとてもインパクト強く、そしてサウンドがまたルックス以上の素晴らしさの真性クサレ・パワー・スラッシュ・メタル・カルトです!!

こちらは1986年に発表された唯一のアルバムの再発盤LPです。アメリカン・パワー・メタルの濃厚カルトな部分を抽出したようなサウンドはとにかくキョーレツ。SATAN'S HOSTやDESTRUCTORみたいな、全開のパワーと反比例してるような感触が好きなヘッドバンガーズは必聴&die。女性ドラマーが他パートも巻き込みながら崩壊するようなボロボロの演奏力が輪をかけてカルト臭を強めます。あと、だいたいこういうUSカルト・バンドはローカルなガレージ・テイストが強いけど、このバンドはNYバンドらしい冷たく都会的な質感も非常に面白いです。



blackvirgin-sleghammer-lp.jpg



・BLACK VIRGIN - Sledgehammer Justice LP 税込3,240円 (WYLN)

こちらは1990年に発表したデモ7曲を初ヴィニール化したものです。1stアルバムに比べると幾分真っ当なスピード/スラッシュ・メタルの疾走パートもあって、ユーロ寄りのダークネスで聴かせるオープニング・ナンバーなんて、ちょっとIRON ANGELとARTILLERYのミックスをNYらしい都会的な冷たで演奏してるような感じだし、2曲目はHALLOW'S EVEみたいなメイデン・パワー・スラッシュですが、演奏は相変わらずボロッボロの音質はスッカスカ。ドラムは酷いもんです。でもパワーはやっぱり最高!!コブシを効かせまくるVo.がちょっとリー・ヴィングに似てますが、実際パンク・ファンにもけっこうオススメできると思います。



blackvirgin-44-ep.jpg



・BLACK VIRGIN - 44 Killer 7" 税込1,296円 (WYLN)

このEPはまだ用心棒みたいなベーシストが入る前の音源で、初代ベーシストがVo.も兼任しています。しかもレミーにあこがれてるようなコスプレ・ファッションのこのベーシストのヴォーカルがまるで女性のような甲高い声で、最初聴いた時、ドラムのおばさんが歌ってるのかと思いました。もちろん演奏はヘタクソ、そして空回りパワー全開!!こちらのEPはハンガリー盤コンピレーションCDにも収録されなかった、BLACK VIRGIN作品の中で最もレアな音源です!!



betrayer-grandma.jpg



・BETRAYER - Grandma 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

オーストラリアのスーパー・ウルトラ・オブスキュア・スラッシュ・メタル・バンドの作品がDark Symhoniesから再発。1993年にCDでリリースされた1stアルバムと、1991年デモをまとめた2枚組ディスコグラフィーとなっています。あまりにも無名すぎて、まだ中古市場での相場も定まってなく、オリジナル盤はレアなのかレアじゃないのかよくわかりませんが、実は入荷する前からなぜか海外の人にまで、「入荷しますか?予約したいんですけど」なんてメールもらってましたので、ちょっと気になっていた再発盤ではあります。


CD 1 : "Grandma" (1993年)
CD 2 : "Older Than God" (1991年)


しかし、、、ところが、、、これが、、、スラッシュ・メタルの最もダサい部分を凝縮したような内容で、いやはや、クソだせーーーーよーーーー!!!デッケネのカバーやってますが、スラッシュでモテたいからパンキーなテイストも入れてる、みたいな、ほんとカンベンしてほしいタイプで、タイトル曲なんて腹立たしいくらいチャラいです。ま、売り切れたら2度と入荷させないでしょう。



hydravein-after-lp.jpg

・HYDRA VEIN - After the Dream LP MINT GREEN VINYL / YELLOW VINYL 各税込3,240円 (The Crypt)

アナログ盤も再発!

スラッシュ・メタル生誕の地でありながら、他国から明らかに後れを取っていた80年代後期のUKスラッシュ・メタル・シーンで奮闘したHYDRA VEINの1989年発表2ndアルバムが、The Crypt / Dark Symphoniesから限定500枚でLPも再発。ゲートフォルド・スリーブで、ltd.150枚ミント・グリーン・ビニールとltd.150枚イエロー・ビニールの2種入荷しています。

DEATHWISHのリズム隊だったDamon & Nathanの兄弟がDEATHWISH脱退後に結成したバンドで、1stアルバムでは随所にSLAYERリフが飛び出してましたが、実際Damon & Nathan兄弟にはUKからのSLAYERへの回答を狙ってたところもあったそうです。1stアルバムはそこにどこかへヴィメタルのクサレた感覚も漂ってるのもポイントでしたが、本作ではよりアメリカン・スラッシュ・メタルの正統派路線を推し進めたような感じで、FORBIDDENミーツANTHRAXのような感じになっています。1stアルバムではいきなりSLAYERから拝借したようなリフでスタートしてたけど、この2ndはFORBIDDENのパクリ?みたいなハイトーンで幕を開けます。そう言えば、Martin Walkyier氏が離脱した時にブリティッシュSABBATのオーディションも受けていたという故Mike Keen氏のVo.は、ちょっとFORBIDDENのRuss Andersonにも似ています。

しかしHYDRA VEINと言えばなんと言っても毎度素晴らしいジャケ・アートです。R.K.T.スラッシュ・ファンから、初期EaracheやNuclear Blastなどのデス・メタル名盤でもおなじみのDan Seagrave氏の作品の中でも最高の部類と言ってもよいアートワークです。



torr-armageddon.jpg



・TORR - Armageddon CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

Dark Symphoniesからチェコのブラック・スラッシュ・メタル TORRの初期2作品がCD再発。昔は都内のヘヴィメタル輸入盤屋でもLPをチョクチョク見かけた記憶があるので、ブラック・メタルのROOTと並んで比較的日本でもマニアには認知されている東欧メタル・バンドではないかと思います。しかし当時は手を出す勇気がなく、そして今回再発された2作はどちらもCDバージョンが中古市場でとんでもない値段で取引されるコレクターには有名な激レア・カルト名盤として人気が高いと知り、驚いてしまいました(LPはたいしてレアじゃないみたい)。

こちらは1990年発表1stアルバムで、ボーナスとして1990年オムニバス "Death Metal Session"アルバム提供曲と同年EPの曲も追加した13曲入りとなっています。もうこれこそチェコ・メタル!な独特の質感が爆発していますが、曲やフレーズにはけっこうCELTIC FROSTからの影響が随所にうかがえます。じゃぁ、CELTIC FROSTファンにオススメできるか?と言われれば、そう単純な話ではありません。むしろ薦めません。しかし、東欧メタル・ファンを自負するならば全員必聴級の内容です。裏打ちしないスピード、でも重いビートのスロウ~ミドル・テンポ、そして独特の語感で、MASTER'S HAMMERがCELTIC FROST影響下のあまり速くないダーク・スラッシュ・メタルをやってるような感じに聴こえます。1度は行ってみたい、有名なこのセドレツ・ボーン・チャーチで撮影したジャケもウルトラ・クール!!



torr-institut.jpg



・TORR - Institut Klinicke Smrti CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

こちらは1991年発表2ndアルバムです。1stはCELTIC FROST影響下ながらもチェコ・メタル独特の質感が爆発していましたが、この2ndはかなり西欧スラッシュ・メタル、もっと言うとCELTIC FROSTスタイルからDESTRUCTIONスタイルに鞍替えしたようなサウンドになっています。しかし、アクの強いチェコ・メタルの感覚が体質に合わなかったスラッシュ・メタル優等生には、ジャーマン・スラッシュ・タイプになったこちらの2ndが高く評価されているようです。優等生は言い過ぎましたが、東欧メタルの重いビートが、疾走パートにあまりドライブ感を必要としないDESTRUCTION型のジョリジョリ・スラッシュに非常にマッチしていて、NECRONOMICONなどのDESTRUCTIONフォロワー・スラッシュ好きにオススメ!!でもやっぱりチェコ・メタルらしさがぬぐいきれないところが最高です。

Hot Metal Thrashing Mad!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったEXCELの再発盤と女性Vo.スピード・メタルものを少しカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。


xandril-demo1.jpg

・XANDRIL - Demo I '83 7" 税込1,080円 (HMH)

1987年にRoadrunnerからリリースされてジャーマン・スラッシュ・メタル第2世代の充実ぶりを世に知らしめた名作オムニバス Teutonic Invasion Part One LPにも参加していたハンブルグのスピード・メタル・バンド XANDRILの各種音源が初オフィシャル再発。こちらはタイトル通り1983年の1stデモ2曲を収録したEPで、これぞ80'sヨーロピアン・メタルヘッズなかっこいいメンバー写真掲載のインナーと裏ジャケも良い仕上がりのレコードです。

Teutonic Invasion Part One LPはPOISON以外にも、PARADOXの哀愁名曲や、VIOLENT FORCEのSODOM直系スピード・スラッシュ・メタル・ナンバーなど、各バンドが最高のベスト・トラック/テイクを提供していたけど、このXANDRILは参加中唯一の女性Vo.メタル・バンドとして耳を惹きました。今回再発された3枚のレコードのうち、7"EPでリリースされたこの最初期デモ2種はまだ男性シンガー時代の音源で、後に女性シンガーで再録される曲もやってますが、これが意外にもかなりパンキッシュ!!いきなりGBHやBLITZみたいなギターで幕を開けて、曲調は私にはTHE VIBRATORSとかみたいに聴こえるんですけど。しかしVo.はスタイリッシュじゃない、いかにも欧州産ガレージ・メタルらしいガッツ・シャウトで、それがまたナイスです。



xandril-demo2.jpg

・XANDRIL - Demo II '83 7" 税込1,080円 (HMH)

こちらは1stデモと同年1983年の2ndデモ2曲を収録したEPです。Teutonic Invasion Part Oneアルバムと言えば、結局レーベルとの契約が実らずに作品を残すことなく消えていったPOISONが、活動時にレコードとして唯一残した音源が収録されたコンピレーションとして、後に脚光を浴びたLPですが、このXANDRILもまさにPOISONと同様の運命をたどったバンドで、このたびの再発まで音源は1度も公式リリースされてませんでした。このデモもまだ男性シンガー時代の音源で、かなりNWOBHMテイストのクサレ感が強い鋼鉄サウンドが堪能できますが、やっぱりけっこうパンキッシュ。A面はメイデン風哀愁ギターだけど、B面ナンバーはGENERATION Xみたいな曲だぞ!!もちろん、あんなに躍動感なく、いかにも欧州産ガレージ・メタルらしいドタバタだけど、それもまたナイスです。



xandril-thevion-2lp.jpg



・XANDRIL - The Vision of Rotting Darkness : The Demos 1985-1988 2LP 税込3,996円 (HMH)

こちらは1985~1987年のデモ3種&初公開リハーサル音源を収録した2枚組LPで、切り張り写真満載の見開きジャケットに、歌詞/ライナーノート掲載インナー&ポストカードも付いた素晴らしい仕上がりです。限定500枚ナンバリング入り。PARADOXにも通じる欧州産牧歌鋼鉄哀愁が最高ですで、浅香光代のような顔面の女性シンガーの歌いっぷりも素晴らしい!!



wardance-heaven-lp.jpg



・WARDANCE - Heaven Is for Sale LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (Dying Victims prod.)

ジャーマン・スピード・メタル名門レーベル No Remorse Recordsから1990年に発表された女性Vo.スピード・メタル・バンドの1stフル・アルバムがDying Victimsから初オフィシャル・リイシュー。アナログ盤はジャケ・アートのポスター&ステッカー付で、レーベルのロゴ・ステッカーも付きます。インナーは歌詞/カラー写真満載で、このレーベルの仕事は毎度しっかりしていて安心の仕上がりとなっています。CDは自主制作でリリースした1st 12"と1994年デモから抜粋したボーナス5曲を追加収録した全17曲入りで、ジャケ・デザインのステッカー付。

No Remorseリリースで90年発表なのでジャーマン・スラッシュの第3世代くらいかと思いきや、前身バンドは1986年に既に始動していて、LIVING DEATH, ANGEL DUST, TANKARD, VIOLENT FORCE, あと日本の古いハードコア・パンク・ファンにもお馴染みのSPERMBIRDSなんかとよく共演していたとのこと。楽曲はDisaster Recordsから出てそうな正統派ユーロ・スピード・メタルで演奏も安定していますが、女性Vo.がパンク系リスナーにも魅力的であろうキュートなボイスで、ORIGINAL SIN, MESSIAH FORCE, CARRIEのようなスクールウォーズ系80's熟女哀愁よりも、シカゴZNOWHITE初代シンガーのニコルさんやベルギーACIDのケイトさんのようなタイプが好きな人にオススメです!!

Thrash till Death!!


destruction-bestial-lp-white.jpg



・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell CD 税込1,836円 (Vic)

CDもリリース!!

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモ、初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!先にギリシャFloga RecordsからLPでリリースで大反響を呼びましたが、CDバージョンはオランダVic Recordsからのリリースです。ジャケ・ブックレットには、ゲートフォルド・ジャケLPで発売された時に目を引いた、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどをもちろん掲載しています。音質もビックリするくらい良すぎる!!

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!



outrage-germany-1985demons.jpg



・OUTRAGE (Germany) - 1985 Demo(n)s CD 税込1,836円 (Vic)

1983年~1988年にかけて活動し、2004年の復活以降もマイペースに地下で活動するカルト・ジャーマン・ブラック・スラッシュ・メタル・バンドの、1985年録音の1st&2ndデモをまとめた9曲入りCDです。これまでアナログ・フォーマットでは再発されてきてマニアに好評でしたが、オリジナル音源の録音から30年以上経過してようやく初めてデジタル・フォーマットでの初再発となりました。音質もバツグンにいいです。

インナーに掲載のフライヤーでPOIOSNとの共演した時のモノがあるけど、ジャーマンPOISONの人気が沸騰して、SLAUGHTERLORD, NECROVORE, SADISTIK EXEKUTIONなどのpre.デス/ブラック・メタルの再検証が盛んだった2000年代にちょっとだけこのバンドの名前もあがったりしたものですが、再発などには至らず、現在までそれらカルト・バンド代表格からは人気では一歩遅れをとっているような存在です。しかしプロト・ブラック・メタルな初期スラッシュ・メタル検証好きは絶対にチェックしておいてほしいアナザー・カルト・バンドです。サウンドはSODOMとHELLHAMMERのミックスのようなプリミティブ・ブラック・スラッシュで、NECROVOREやジャーマンPOISONなどの邪悪ブラック・デスラッシュ・ファンは、特に1stデモは必聴です。非人間的且つ原始人的なドラムのチタチタ具合は南米バンドをかなり思わせます。2ndデモは数ミリだけSLAYERっぽく進化していますが、欧州地下鋼鉄特有の殺伐旋律も絡めて、MANTASなんかがジャーマン・デスラッシュっぽくなったような感じでもあります。インタビュー、写真、フライヤーなど掲載のブックレットも見てて楽しいナイス・リイシューdeath!!



infected-dark.jpg



・INFECTED - Dark Century CD 税込1,836円 (Vic)

スイス・チューリッヒのスラッシュ・メタル・バンドの1989年発表唯一のアルバムがオランダVic Recordsから初CD化。残した音源はこのアルバムの9曲と、Swiss Avalanche UndergroundというコンピレーションLPに参加したのみで、そのオムニバス提供曲2曲も追加収録した全11曲入りディスコグラフィーとなっています。

しかしまぁ、これまたオランダのNOCTURNと並んで、「あぁ、これもオブスキュア・スラッシュ・メタル・カルト・クラシック化してるのかぁ、、、」と、40代ハードコア・パンク・マニアにとってはため息が出そうになるくらい懐かしく、そして何十回と3桁プライス中古コーナーで手に取りスルーしてきたレコードです。リリースしてるのがNYHCのUNDERDOG "Demos" LPのヨーロッパ・ライセンス盤やFEAR OF GODの1st 7"の最初の再発盤出してたFar Out Recordsという完全なパンク・レーベルで、しかもこのダッサいジャケですから、実は私も今回の再発まで1度も聴いたことがなく、また興味すら抱いたことがなかったのですが、サウンドはまさにパンク流通されたユーロ・スラッシュ・メタル、といった感じのクサレ・マイナー感が絶妙です。Roadrunner移籍後初期のSEPULTURA型のようなSLAYER系統スラッシュ・メタルが、ジャーマン・スラッシュ(メタル&パンク)的なアカ抜けないガムシャラ感を導入したような感じで、無意味に主張の強いベース・サウンドとロウなドラミングのリズム隊はハードコアな個性があります。よくもこれだけ書くことあるな、ってくらいの文字数のライナーノートと当時の写真も満載で、ブックレットも超充実。Shark Recordsあたりのユーロ・スラッシュ・メタル好きに大推薦です!!



disciplesofpower-ominous.jpg



・DISCIPLES OF POWER - Ominous Prophecy CD 税込1,836円 (Vic)

先に1stアルバム Power Trap CDが再発されて話題を呼んだカナディアン・デスラッシュ・メタル・バンド DISCIPLES OF POWERの1992年発表2ndアルバムCDが、オランダVic Recordsから再発。1st同様、オリジナル・リリースはカナディアン・スラッシュ・メタル&ハードコア名門 Fringe Productからのリリースで、当時アナログ盤は発売されずCDとカセットのみだったようです。やはりオリジナルCDはけっこうな高額で取引されるレア盤だそうですから、ぜひこの機会に入手してください。

1993年の3rdアルバム Invincible Enemyも流通の良くないスモール・レーベルから再発されて以前1度だけ入荷し、その時に初めて聴いて1stと3rdの音楽性の違いの激しさにちょっと驚かされたけど、この2ndの時点で既に一気にテクニカル・デス・メタルな領域に突入しています。土台にはDBC, BLIND ILLUSION, CORONERなどのテクニカル・スラッシュ・メタル的なインテリジェント・クールなムードが漂い、しかし繊細でテクニカルなフレーズはアヴァンギャルドなテイストも強く、MARTYR, GORGUTS, CRYPTOPSY, etcのカナディアン・テクニカル・デス・メタル・ファンに断然オススメ。オブスキュア・デス・メタル発掘マニア必聴death!!

12 | 2019/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR