RECORD BOY

Thrash till Death!!






・EARLY DEATH - The Bleakest Force CD 税込1,620円 (Me Saco Un Ojo)

Tas Danazoglou氏の衝撃的なルックスでも話題を集めサタニック・スピード・メタル SATAN'S WARTHの2ndアルバム Aeons of Satan's Reignでベースを担当したギリシャ出身のヘヴィメタル・ミュージシャン Costa氏がドイツに移住して始めたスピード・メタル・バンドの4曲入りデビュー作。もともとMe Saco Un Ojoから限定100本のデモとしてリリースされ即完売しましたが、Dark DescentからCDで再発となりました。

Costa氏はあの伝説のクラスト・デス・メタル NUCLEAR WINTERにも在籍していたそうですし、SATAN'S WRATHに参加していたことも考えればMSUOからリリースされていたのも納得いきますが、EARLY DEATHのサウンド自体は今までのMSUOやDark Descent作品ではほとんどないサタニック・スピード・メタルなタイプです。昨今のオカルト・ヴィンテージ・スピード・メタル・ムーブメントの中では、やはり一番近いのはSATAN'S WRATHになるでしょうか。ただ、SATAN'S WRATHは極悪性とメジャー感のバランスがバツグンに絶妙だったけど、このEARLY DEATHはマイナー・メタル臭全開で、そこがSATAN'S WRATHファンに受け入れられるかどうかがポイントとなるでしょう。ダイハードなジャーマン・スピード・メタル・マニアはぜひチェックを!







・CRITICAL DEFIANCE - Misconception CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

またしてもチリから登場した期待の新鋭スラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムがUnspekable Axeからリリース。RIPPER, VENUS TORMENT, INVINCIBLE FORCEといった、Unspeakable Axe / Dark Descent関連チリ・スラッシュのファンは間違いなくいっておいてほしいですが、それらのバンドとも違う魅力も十分に備えたバンドです。

まず、いきなりしょーもないこと言いますが、ロゴがかっこいい!!裏ジャケの3Dロゴをマジマジ見てると、非常に計算されたデザインで、授業中にノートに書きまくりたくなるようなロゴです。サウンドはハードコアな突貫スピードとテクニカルなギターのコンビネーションを武器にしたスタイルで、カナディアンSACRIFICEなどの系統になるでしょうか。しかもメロディックなツインギターも既にかなり完成されているので、ギター・オリエンテッド・スラッシュ好きも必聴。しかし南米の若者らしい荒々しさももちろんあるので、悪く言えばバラつきがある、しかしアルバムを通して聴くと中盤~後半はかなり濃密な内容となっています。パワーを制御できないようなこの感覚は、オーストリアのDEATHSTORMを初めて聴いた時も彷彿させて、特にメロディックなインスト・ナンバーの4曲目を過ぎたあたりからの猛烈さは凄まじい!!北欧やヨーロピアン・スラッシュ・メタル好きにもオススメdeath!!







・LACERATION - Remnants CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

2006年結成USカリフォルニアのスラッシュ・メタル・バンドのコンピレーションCDが、Unspeakable Axeよりリリース。このCDの発売以前に日本でチェックしていた人が果たして存在するのかはわかりませんが、なかなか日本人好みのオールドスクール・スタイルですので、ぜひチェックを。


Tracks 1-3 : Realms of the Unconscious DEMO (2010年)
Tracks 4-6 : Split w/ TINNITUS (2013年)
Tracks 7-10 : Consuming Reality EP (2009年)


デス・メタルの重厚ダイナミズムにも触発された90年代スラッシュ・メタルのような感触で、DEMOLITION HAMMERなどのファンにオススメです。リフはSLAYER起源、整合感とドラマチックな展開はベイエリア・スラッシュ、しかしドラミングは重心低くパワフルで、低いリフと低いバタバタ感のリズムが非常に良くマッチしています。メロディックなギターソロが絡んできたりすると、Leprosyの頃のDEATHが、ビルさんbeatじゃなくてロウ・パワフル・ドラミングになったような感じもあります。スピード・メタル要素とデス・メタル要素を兼ね備えたRIGOR MORTISっぽさもあるテクニカルなダーク・スラッシュなナンバーなどは、オッサンもかなりグッとくる渋さ。地味なタイプではありますが、チャラくないアメリカン・ストリート・スラッシュ・メタル好きは必聴デス!!







・SADISTIC RITUAL - Visionaire Of Death CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

デス・メタル・バンド ECTOVOIDのメンバーも在籍するUSアトランタのスラッシュ・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバム10曲入りCD。Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからのリリースで、当店に入荷するのは2015年のEP以来2作目なので、あまりわかったようなことは言えませんが、「前作もこんな感じだったかな?」と思わせるほど、ファースト・フルレングス作品らしい気合が充満した力作です。

とにかく、もう1曲目のオープニングからノックアウトされてしまうテクニカル・リフ大爆発のスピード・メタル・スラッシュで、ジャーマンVULTUREなどのファンは悶絶首振暴動迷惑行為必至&必死でしょう!!続く2曲目も素晴らしい疾走感で、1曲目だけで全パワー放電するタイプではありません。タイトなドラムがアメリカン・スラッシュらしい整合性でビシッと引き締めて、尚且つVULTUREなどよりもデス・メタル的ダークネス&イーヴォーなテイストが強く、アメリカン・バンドのダイナミズムと、ジャーマン・スラッシュのゴリゴリ要素が見事にミックスされたようなスタイルです。これはEL ZINE#38の対談相手某氏にもチェックしてもらって、もっとBOYで買ってもらわねば!!

Thrash from the Graves!!

panic-rottenchurch-lpl.jpg



・ PANIC - Rotten Church LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

先ごろ2ndアルバム Best Before End(1992年作)もCD化再発されていたブラジリアン・スラッシュ・メタル PANICの最初期作品が、BLACK VIRGINなどのカルト・メタル・リイシューで最近注目を集めているWYLNからオフィシャル再発。こちらはオリジナルはWoodstock Discosからリリースされていた1st LPの再発盤LPです。

本作は録音が1987年でしたが、発売がちょっと遅れてスラッシュが衰退しかけていた1990年にリリースされたせいか、2000年代までデッドストックも出回るほどに当時はあまり話題にならなかった不遇の名作。SODOM型のプリミティブなリフで突進するスタイルは、明らかにSEPULTURAの強い影響を感じさせますが、このバンドはイーヴィルなムードよりハードコアなテイストが強く、R.D.P.の2nd~3rdあたりのクロスオーバー期にも近い感覚もあって、SODOM "Agent Orange", SEPULTURA "Schizophremia", RATOS DE PORAO "Descanse Em Paz", SACRED REICH "Ignorance", etcのようなズグズグ・リフ&ドカドカ・スピードなスラッシュ好き必聴death!!



panic-deeds-ep.jpg

・PANIC - Seeds of Hate Demo 7" 税込1,296円 (WYLN)

こちらは1987年デモを7"EP化した初単独再発。Rotten ChurchのCDにもボーナス収録されている音源です。1stアルバムよりさらにブラジリアン・スラッシュらしい魅力にあふれた名作デモで、1stアルバムがSEPULTURAミーツR.D.P.ならば、こっちはまるでMUTILATORミーツR.D.P.のごとく、ジャーマン・スラッシュ・メタルが南米ハードコア化したようなスピードコア・ロウ・プリミティブ・スラッシュでグレート!!ちょっとSLAUGHTERのSurrender or Dieデモにも通じるスピードと破壊力です。



deathsquad-eashington-thedemos.jpg



・ DEATH SQUAD (Washington, US) - The Demos TAPE 税込972円 (WYLN)

よくあるバンド名ですが、これは80年代中期~90年代のUSワシントンに存在したというDEATH SQUADのデモ2種をまとめたコンピレーション・カセット。LP&CDも再発してるカルト・メタル・リイシュー専門レーベル WYLNからのリリースで、1stアルバム再発CDのボーナス音源となってる全9曲です。


SIDE A : 1987 DEMO
A1. Cheese Death
A2. No Hell
A3. Instrumental Death
A4. Eat It

SIDE B : 1988 Body Damage DEMO
B1. The Pit
B2. Burn M/F
B3. Body Damage
B4. Instrumental Death II
B5. Things I Like To Kill


MACEやCOVENをはじめ、シアトルのカルト・スラッシュ好きにはたまらないバンドを輩出していた、スラッシュ・マニアに良く知られているEver Rat Recordsから1stアルバムがリリースされていたバンド。個人的には知らないバンドだったけど、Ever Ratリリースならば遂にMACEのオフィシャルCDや、ジャケが最強素晴らしかったCOVEN(MENTORS故El Duceのバックもやってました)の1stも再発されないかな?なんてちょっとワクワクしてしまいますが、調べるとこのDEATH SQUADにもCOVENのメンバーが参加していたようです。

サウンドはTESTAMENTやFORBIDDENに影響されながらも、地元のCOVENやACCUSEDなどとよく共演していたということで、ベイエリア・スラッシュの影響は大きくても、ミドルテンポの退屈なパートに終始するようなタイプではなく、このデモ音源はちょっとテキサスあたりのテクニカル・パワー・スラッシュがゴリゴリ・アグレッシブに激しく展開していくようなスタイルが渋いです。これぞアメリカン・プライベート・メタル・スラッシュ!な荒々しさと魅力が凝縮されていて、カルト・スラッシュ・メタル・ファンは間違いなくガッツポーズ&ヘッドバンギングでしょう!!



destructor-maximum-lp.jpg



・DESTRUCTOR - Maximum Destruction LP 税込2,916円 / 2CD 税込2,592円 (Reaper Metal)

再入荷!!

アメリカン・マイナー・メタル・パワー・スラッシュ・カルト・クラシック、DESTRUCTORの1985年1stアルバムが、遂に決定版とも言える完璧な仕様で、Hells HeadbangersファミリーのReaper Metalが再発!!!Auburnオリジナルのリイシューは何かと難儀しますが、BLACK DEATHが結局Hells Headbangersで落ち着いたところで、このDESTRUCTORもようやく満足のいく再発盤が出てくれました。CDは2枚組で大量&極上のボーナス音源追加して、Auburn Recsオリジナル盤LPインナースリーブのカラー写真(Roadrunner盤だとインナー写真がモノクロでガッカリだった)はインレイに完全再現してます。オリジナル・リリース以来初のアナログ盤復刻となるLPのインナーは、Dave Overkill氏提供のカラー写真&資料多数(CDではブックレットに掲載)のものに一新。限定500枚プレスでカラー盤は存在しませんので、オリジナルAuburn盤持ってる人も安心してしっかり確保してください。オリジナル・ジャケで復刻したCDはこれが初だし、ラベルもAuburn盤LPそっくりで、もうホント最高だーーー!!!

USクリーブランドを拠点に活動していたDESTRUCTORは、ベーシストのDave Holocaust氏が1988年に刺殺されるというショッキングな事件で、日本でもBurrn!のスラッシュ情報だけ収集してたようなマニアックスには当時そこそこ有名になった悲劇のカルト・バンドです。MIDNIGHTのAthenar氏が90年代にやっていたBOULDERは、1994年のデモのサブタイトルを、"Dave Holocaust Is a Lucky Man"と付けていましたが、それが縁で結びついたのか(実はそんな簡単に収まった話じゃないという噂を聞いたことがあります。そりゃそうだよな。。。)、2000年代にはAthenar氏が一時DESTRUCTORにもベーシストとして在籍していました。

などと、説明する必要も今更なかったかと思いますが、DESTRUCTORが常に世界中のヘッドバンガーズに人気が高いのは、それらカルトなトリビアだけに所以してるからではありません。とにかくこの80'sマイナー・メタル・レーベルならでは低予算音質と、生粋のガレージ・メタル・バンドだからこそ成せるロウ・パワーが奇跡の融合を生み出したゴリッゴリの演奏とサウンドは、アメリカン・スラッシュの、いや、あらゆる人力音楽がこうであってほしいと乱暴なことを言いたくなるくらいに、ヘヴィメタルの一つの理想のような最高級逸品です。インナーにブルース・ディッキンソンが写ってるけど(BLACK DEATHも居る)、代表曲 Iron CurtainのKillersパクリ・ベースラインなどにも表れてる通りIRON MAIDEN影響下アメリカン・メタル・パワー・スラッシュながら、HALLOWS EVEのようにツイン・ギター・ハーモニーを継承したタイプとちょっと異なる、バカバカしいまでのパワーにいつ聴いてもノックアウトされます。もうね、いろいろ凹みますけど、これ聴いてホント元気出た!!!Auburn盤LP持っててもインナー最高なのでLP買いなおし必須。andボーナス必聴なんでCDも必聴。つまり両方BUY&Dieeeggghhh!!!!!必聴&死ね!!!!!で、皆様死なずにお願いしますよ、ホント!!!!!


CD 1:
01-10: "Maximum Destruction" Lp 1985

CD 2:
01: from "Speed Kills II" Compilation Lp 1986
02-05: "Decibel Casualties" Demo 1987
06-11: from "Unmixed & Heavy" Tape 1985.
12-16: "Smash Your Skulls With Power" Demo 1984


Maximum Destructor!!


destructor-maximum-lp.jpg



・DESTRUCTOR - Maximum Destruction LP 税込2,916円 / 2CD 税込2,592円 (Reaper Metal)

アメリカン・マイナー・メタル・パワー・スラッシュ・カルト・クラシック、DESTRUCTORの1985年1stアルバムが、遂に決定版とも言える完璧な仕様で、Hells HeadbangersファミリーのReaper Metalが再発!!!Auburnオリジナルのリイシューは何かと難儀しますが、BLACK DEATHが結局Hells Headbangersで落ち着いたところで、このDESTRUCTORもようやく満足のいく再発盤が出てくれました。CDは2枚組で大量&極上のボーナス音源追加して、Auburn Recsオリジナル盤LPインナースリーブのカラー写真(Roadrunner盤だとインナー写真がモノクロでガッカリだった)はインレイに完全再現してます。オリジナル・リリース以来初のアナログ盤復刻となるLPのインナーは、Dave Overkill氏提供のカラー写真&資料多数(CDではブックレットに掲載)のものに一新。限定500枚プレスでカラー盤は存在しませんので、オリジナルAuburn盤持ってる人も安心してしっかり確保してください。オリジナル・ジャケで復刻したCDはこれが初だし、ラベルもAuburn盤LPそっくりで、もうホント最高だーーー!!!

USクリーブランドを拠点に活動していたDESTRUCTORは、ベーシストのDave Holocaust氏が1988年に刺殺されるというショッキングな事件で、日本でもBurrn!のスラッシュ情報だけ収集してたようなマニアックスには当時そこそこ有名になった悲劇のカルト・バンドです。MIDNIGHTのAthenar氏が90年代にやっていたBOULDERは、1994年のデモのサブタイトルを、"Dave Holocaust Is a Lucky Man"と付けていましたが、それが縁で結びついたのか(実はそんな簡単に収まった話じゃないという噂を聞いたことがあります。そりゃそうだよな。。。)、2000年代にはAthenar氏が一時DESTRUCTORにもベーシストとして在籍していました。

などと、説明する必要も今更なかったかと思いますが、DESTRUCTORが常に世界中のヘッドバンガーズに人気が高いのは、それらカルトなトリビアだけに所以してるからではありません。とにかくこの80'sマイナー・メタル・レーベルならでは低予算音質と、生粋のガレージ・メタル・バンドだからこそ成せるロウ・パワーが奇跡の融合を生み出したゴリッゴリの演奏とサウンドは、アメリカン・スラッシュの、いや、あらゆる人力音楽がこうであってほしいと乱暴なことを言いたくなるくらいに、ヘヴィメタルの一つの理想のような最高級逸品です。インナーにブルース・ディッキンソンが写ってるけど(BLACK DEATHも居る)、代表曲 Iron CurtainのKillersパクリ・ベースラインなどにも表れてる通りIRON MAIDEN影響下アメリカン・メタル・パワー・スラッシュながら、HALLOWS EVEのようにツイン・ギター・ハーモニーを継承したタイプとちょっと異なる、バカバカしいまでのパワーにいつ聴いてもノックアウトされます。もうね、いろいろ凹みますけど、これ聴いてホント元気出た!!!Auburn盤LP持っててもインナー最高なのでLP買いなおし必須。andボーナス必聴なんでCDも必聴。つまり両方BUY&Dieeeggghhh!!!!!必聴&死ね!!!!!で、皆様死なずにお願いしますよ、ホント!!!!!


CD 1:
01-10: "Maximum Destruction" Lp 1985

CD 2:
01: from "Speed Kills II" Compilation Lp 1986
02-05: "Decibel Casualties" Demo 1987
06-11: from "Unmixed & Heavy" Tape 1985.
12-16: "Smash Your Skulls With Power" Demo 1984

Thrash till Death!!






・WITCHES HAMMER - Canadian Speed Metal DIE HARD LP 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

後にBLASPHEMYに加入して"Fallen Angel of Doom"アルバム制作にも参加した、白い方のムキムキ・マッチョ・ギタリストであり、現在はTYRANTS BLOODを率いる Marco氏が在籍した、80'sカナダ・バンクーバーのスラッシュ・メタル・バンド WITCHES HAMMERのLP2種が待望の再発!!こちらは2003年にNWN!がリリースしたコンピレーションLPで、初期デモ2種を収録。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、パッチ&ステッカー付。


SIDE Witches A1-A5 : Demo I 1985
SIDE Hammer B1-B5 : "Fuckin' Rights" Demo II 1986


個性的なバンドの多いカナディアン・スラッシュ・メタルのレジェンド、RAZOR, VOIVOD, SLAUGHTER, SACRIFICE, AGGRESSION, etcにもまったく引けをとらない、最高のスラッシュ・メタル・サウンドです。1987年 Stretching into Infinity MLPよりもスピード・メタル・テイストもあるスラッシュで、Stretching into InfinityがSLAUGHTER "Surrender or Die"に匹敵するハードコア・スラッシュ・メタルだとしたら、こちらはRAZORウォーシップ・カナディアン・グレート・スラッシュ・メタルと位置づけたいような内容ですが、このバンドの特徴であるSLAYER型邪悪リフがクレイジーになったようなカオティック・リフは既に随所に顔をのぞかせていて激渋です!!







・WITCHES HAMMER - Stretching Into Infinity DIE HARD LP 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

こちらは2005年にNWN!がリリースしたコンピレーションLPで、1987年の激レア12"と1988年録音未発表LP音源を収録。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、パッチ&ステッカー付。


Tracks A1 - A5 : S/T 12" EP (1987年)
Tracks A6 - B7 : 1988 unreleased MLP


そしてこの1987年MLPはいつ聴いても震えるほどにカッコいいーーー!!!ARTILLERY "Hey Woman"のSpeed Metal Hellバージョンも彷彿させる、コードを刻んでるような粗い轟音ノイジーなサウンドで狂ったように暴れまくるテクニカル・リフの応酬。ハードコア・バンドとの共演の多さもうなずける、USクロスオーバー的なつんのめり猛スピードと、スピードメタリックな直線的疾走感のミックス。他音源はハードコア寄りのスタイルもありますが、この87年MLP音源は、SLAUGHTERのSurrender or Dieに匹敵する、究極のハードコア・スラッシュメタルと断言できます。極悪スカル・ロゴも激渋カッコよすぎの、最強の爆音カナディアン・クレイジー・スラッシュメタル!!!







・INFERNAL MAJESTY - Unholier Than Thou LP +7" YELLOW VINYL 税込3,240円 (High Roller)

80'sスラッシュ・メタル, ブラック・スピード・メタル, デス・メタルなど、ダイハードなアンダーグラウンド層に熱烈な支持者の多いカナディアン・スラッシュ・メタル INFERNAL MAJESTYの1998年発表2ndアルバム、High Roller Recordsによる初ヴィニール化再発です。1997年デモ2曲収録のボーナスEP付きで、今回はイエロー・ビニールで入荷しました。

スラッシュ=メジャーのような図式が世界各地で定着してきて、衰退はまださほど顕著に感じられる前だったけど、大御所も若手もスラッシュはどうもメジャー意識なバンドばかりになってきた1987年に、当時のスラッシュ・トレンドに真っ向から反発したような暗~い雰囲気とクサれたジャケ、そして全員がレザー&スタッズで固めたメンバーのルックスが最高にクールだった大名盤1stアルバム None Shall Defyで登場して、全世界の頑固スラッシュ・メタル・バンガーズを虜にしたカナダ・トロント出身のバンドです。1stアルバムでのセンセーショナルな登場から10年以上間が空いての2ndアルバムだったし、完全にスラッシュ・メタルが死んだとされていた90年代後期ですから、この作品はノーチェックだった人も居るかと思いますが、これがまた文句なしにカッコいいです。サタニックなムードよりテクニカルな面を強めていて、まるで同郷カナダ・トロントのスラッシュ・メタル・キングス SACRIFICEの2nd~3rdの辺りに匹敵する充実した作品です。さらにChris Bailey氏のVo.もダーティーでストロングなデス・メタル風になっていて激渋!!カナディアンSACRIFICEや、DEATHROWの3rdみたいなテクニカルでアグレッシブなスラッシュ・メタル好きは絶対必聴の隠れた名盤デス!!







・VODU - The Final Conflict CD 税込2,160円 (Voice Music)

オリジナルLPはブラジリアン・メタル・コレクターには有名なRock Brigade Recordsから1986年にリリースされていたサンパウロ出身スピード・メタル・バンドの1stアルバム再発CDです。南米メタルの再発もまったく珍しくなくなったこのご時世まで過去に1度も真っ当に評価されてこなかったのか、30年以上経過して初のCD化再発となります。

しかしサウンドは実に素晴らしいオブスキュア・パワーが爆発したグレート・リイシューです。スラッシュなスピード感で突っ走りますが土台は正統派鋼鉄で、ハイトーンVo.と突き抜けるような疾走感はAGENT STEELなどの影響なのかもだけど、ブリブリとテクニカルなフレーズをムチャクチャ好き放題に弾きまくるクレイジーなベースラインとの絡みっぷりは、ちょっとサンフランシスコのカルト・オール・ブラック(黒人)スラッシュ・メタル STONE VENGEANCEなんかも思い出してしまいました。ジャケ・アートと、バンド名も意味知らないけどとりあえず激渋な、極上のクサレ・スピード・メタル発掘盤!!

Norwegian Thrash Metal Dogs of Hell!!


inferno-thrashmetaldogs.jpg



・INFERNO (Norway) - Thrash Metal Dogs Of Hell 12" YELLOW VINYL 税込2,916円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Duplicate)

aaarrrggghhh!!!!!!!!!!

もはやカルト・レーベルと言いきってしまいたいくらいにダメッダメのグッダグダなレジェンダリー・ドランク・ドラマー Einar aka Necrodevil氏(INFERNO, etc)自身が運営するDuplicate Recordsから遂にリリースされた、ノルウェー・キングス・オブ・リアル・スラッシュ・メタル INFERNOの2000's eraコンピレーション12"です。と言っても、2004年大復活シングル Thrash Metal Dogs Of Hell 7"の2曲と、Uberthrash 4 WAY SPLITシリーズEPのVol.1とVol.2に提供の各1曲、つまりたったの全4曲という、アーカイブものとしては前代未聞のコンパクトな容量ですから、15年遅れてリリースされたボーナス曲入り12"バージョンEPといった感じですが、そんなことはこのバンドにとってはどーでもいーのです。収録時間の数十倍は楽しめる素晴らしいスラッシュ・メタルですから。これこそがトゥルー・スラッシュ・メタルです、BOYにとっての!!!!!


SIDE A1 : "Thrash Metal Dogs of Hell" (Thrash Metal Dogs Of Hell 7" / 2004年)
SIDE A2 : "Death Squad" (Thrash Metal Dogs Of Hell 7" / 2004年)
SIDE B1 : "When the Children Die" (Uberthrash 4 WAY SPLIT 7" / 2004年)
SIDE B2 : "Metal Commando Attack" (Uberthrash II 4 WAY SPLIT 7" / 2005年)


90年代のスラッシュ・メタル・バンドの中で一番カッコよかったバンドと断言してしまいたいし、このノルウェーのINFERNOこそが、ハードコア・パンク専門店だった当店をアンダーグラウンド・メタルにのめりこませるキッカケを作った最重要メタル・バンドなのです。1996年、1997年と立て続けにOsmoseからアルバムを2枚リリースし、一部のスラッシュ・メタル・ファンの間で話題に。ギターのAggressor氏がAURA NOIR、ドラムのNecrodevil氏がBEYOND DAWNやVIRUS(オスロー)というちょっと意外な毛色違いのバンドもやってたせいかINFERONOはアルバム発表後しばらく沈黙して、そして2004年にThrash Metal Dogs Of Hell 7"で健在ぶりをアピールしました。

オールドスクールな80'sスタイルのスラッシュ・メタルが一般的にも認知されて、当店以外のパンク専門レコード店でさえフツーにスラッシュ・メタル商品を販売してる現在ではちょっと考えられないでしょうが、ブラック・メタルがアンダーグラウンド・エクストリーム・メタルの主流だった1990年代当時に純正ピュア・スラッシュ・メタルのINFERNOが登場した時は本当に衝撃的で、そして最高に痛快な気分にさせられました。ウザいくらいにフィルインを盛り込んだDESTRUCTIONミーツWHIPLASH型リフ。それをVENOMのドランキーなスピード感を完璧に表現したような暴走ドライヴィン・スラッシュ・メタル・サウンドは、いつ聴いても完全無欠にカッコよすぎます。ドランクなイメージを打ち出したキャラクターは、ヨーロッパのオヤジ・メタルヘッズらしいチンピラ臭満点でこれまたカッコイイ。限定300枚。イエロービニールはltd.100枚death。必聴 till Diiieeeggghhh Deaaattthhh!!!



shakma-house.jpg



・SHAKMA - House Of Possession LP 税込2,916円 / CD 税込1,944円 (Duplicate)

2014年結成ノルウェー・スラッシュ・メタル若手バンドの10曲入り1stアルバム。もはやカルト・レーベルと言いきってしまいたいくらいにダメッダメのグッダグダなレジェンダリー・ドラマー Einar aka Necrodevil氏(INFERNO, etc)の運営するDuplicate Recordsからのリリースです。

ピュア・スラッシュ・メタル一直線のスタイルですが、一連のKolbtn Thrashers Unionバンドのようなゴリゴリ・パワー炸裂なアグレッションではなく、もっとHellbangers系ダイハード・イーヴィル・スラッシュ・メタルにも近い感触で、NOCTURNALなどのファンにこそ是非チェックしてもらいたいタイプです。この辺は最初全くガツンと来なかったINCULTERが大化けしたことがあったので、デビュー作からいきなり完成されたようなバンドが多いノルウェー・スラッシュ・メタルの若手の中では、今後が楽しみな存在です。器用なヤング・ノルウェジャン・スラッシュ・メタルよりも、不器用なジャーマン・スラッシュ・メタル好きにオススメです!!



nekromantheon-wererotting-lp.jpg



・NEKROMANTHEON - We're Rotting LP CLEAR VINYL 税込3,240円 / BLACK VINYL 税込2,916円 (Duplicate)

DARKTHRONEのホームタウンであるオスローのKolbotnという町から2000年代に続々と登場した個性的な若手スラッシュ/デス・メタル一派、コルボン・スラッシャーズ・ユニオンの代表的存在であり、近年ノルウェー・スラッシュ・メタル・ムーブメントの間違いなく起爆剤となった実力/人気ともにナンバーワンのバンド NEKROMANTHEONの2007年デビューEPがアナログ盤再発。オリジナル・リリースは7曲入りCDで、今ではけっこうなレア盤としてプレミアが付いて取引されていますが、ABIGAILとのSplit EP音源と未発表もボーナス収録して2011年にジャケ色を変えて500枚プレスで初ヴィニール化もされていました。今回もその2011年LPと同じコンテンツの全11曲入りだけど、ジャケ色がオリジナルCDと同じホワイトに戻り、そして本作初めてのカラー(クリアですが)ビニールもltd.100枚でプレスされています。レギュラー・ブラック・ビニールは200枚プレスなので、初回アナログ盤よりも少ない2ndエディションとなっています。

RelapseからのABIGAILとのSplit EPで知名度を上げ、その後発表した2ndアルバムが激渋な傑作で一気にノルウェー・スラッシュ・メタル・シーンの充実ぶりを世界中に知らしめたバンドです。このオリジナル1st MCDは発売当時から流通が非常に弱く、当店は結局1度っきりの入荷で終わっていましたので、いまだ未聴の方も少なくないかと思います。メンバーの2/3がOBLITERATIONもやってるのは良く知られてるけど、本作は専任シンガーが在籍した4人編成での唯一の音源。インナーが今回は付いてないのですが、そのシンガーは革ジャンにBLITZのワッペンも付けていたモホーク・ヘアーの完全パンクスなルックスで、しかも再生すると飛び出すサウンドがINFERNOやAURA NOIR直系のゴリゴリ・スラッシュ・メタルというのにも完全ノックアウトされました。改めて聴いても、「これ、INFERNO兄貴達に怒られないかな?」と余計な心配してしまうほどモロINFERNOまんまなリフや曲もあります。よって最強グレート!!!


08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR