RECORD BOY

Thrashing Rage from the Graves to the Death!!


* まだ昨日のご注文メールに返信しきれていないところ申し訳ないのですが、待ってたのが遂に届いたので、これはどうしても連日のスラッシュ・メタル・アップで盛り上げたかったのです!!INSANEなどご注文のお客様には明日から順次返信していきますので、その返信を待たずにぜひともこれらもチェックして追加ご注文ください!!


infernalmajesty-unholier.jpg



・INFERNAL MAJESTY - Unholier Than Thou CD 税込1,728円 (Vic)

80'sスラッシュ・メタル, ブラック・スピード・メタル, デス・メタルなど、ダイハードなアンダーグラウンド層に熱烈な支持者の多いカナディアン・スラッシュ・メタル INFERNAL MAJESTYの1998年発表2ndアルバムが、デモ集CDをリリースしていたオランダのVic RecordsからCDが再発。過去の再発盤はジャケが変わってましたが今回はオリジナル・ジャケ再現で、ブックレットにはヴォーカルのChris Bailey氏のインタビューや激渋写真も多数掲載。2000年のライブ5曲をボーナス収録した全13曲入りです。

スラッシュ=メジャーのような図式が世界各地で定着してきて、衰退はまださほど顕著に感じられる前だったけど、大御所も若手もスラッシュはどうもメジャー意識なバンドばかりになってきた1987年に、当時のスラッシュ・トレンドに真っ向から反発したような暗~い雰囲気とクサれたジャケ、そして全員がレザー&スタッズで固めたメンバーのルックスが最高にクールだった大名盤1stアルバム None Shall Defyで登場して、全世界の頑固スラッシュ・メタル・バンガーズを虜にしたカナダ・トロント出身のバンドです。1stアルバムでのセンセーショナルな登場から10年以上間が空いての2ndアルバムだったし、完全にスラッシュ・メタルが死んだとされていた90年代後期ですから、この作品はノーチェックだった人も居るかと思いますが、これがまた文句なしにカッコいいです。サタニックなムードよりテクニカルな面を強めつつも、1st発表後に交代したドラマーが素晴らしくパワフルなロウ・ドラミングで、まるで同郷カナダ・トロントのスラッシュ・メタル・キングス SACRIFICEの2nd~3rdの辺りをアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンで表現したようなロウ・パワーが充満しています。さらにChris Bailey氏のVo.もダーティーでストロングなデス・メタル風になっていて激渋!!カナディアンSACRIFICEや、DEATHROWの3rdみたいなテクニカルでアグレッシブなスラッシュ・メタル好きは絶対必聴の隠れた名盤デス!!



oblivion-cyclogenesis.jpg



・OBLIVION (New Jersey, US) - Cyclogenesis: Songs For Armageddon 2CD 税込2,484円 (Divebomb)

世界各地に数多く存在するバンド名ですが、こちらはアメリカ・ニュージャージーで1984年に結成されたスラッシュ・メタル・バンドです。多数のデモを残しながら、単独公式作品やオムニバスなどの参加もなかったと思われる知られざるバンドで、LETHAL AGGRESSIONやMENTAL ABUSE(!!)といった、USハードコア・ファンに良く知られるバンドで活躍したメンバーが在籍していたようです。デモ全7種を完全収録した2枚組CDです。


Disc 1
Tracks 1-6 : Contents Under Pleasure DEMO (1990年)
Tracks 7-12 : Why Did Johnny Kill DEMO (1989年)
Tracks 13-18 : War Gives Me Peace Of Mind DEMO (1988年)

Disc 2
Tracks 1-6 : Intoxicated With Agony DEMO (1988年)
Tracks 7-10 : Back To Maim DEMO (1987年)
Tracks 11-13 : Intention To Kill DEMO (1985年)
Tracks 14-17 : Oblivion DEMO (1985年)


時代をさかのぼっていくように進行する構成のコンピレーション・アルバムなので、後期音源にあたるCD前半を聴いてるうちは、東海岸スラッシュよりもFORBIDDENなんかのベイエリア・スラッシュの方が近いかな、という印象ですが、CDが進むにつれ荒々しさを増し、LETHAL AGGRESSIONメンバーが居たスラッシュ・メタル・バンド、と言われて完全に納得できるような、ドカドカ・ロウ・ハードコア・クロスオーバー・スラッシュ・メタル・ナンバーが増えてきます。ディスク2はロウ・スラッシュ・メタル・ファン必聴!!



temporaryinsanity-final.jpg



・TEMPORARY INSANITY - Final Walk CD 税込1,944円 (Divebomb)

アメリカン・オブスキュア・スラッシュ・メタル・リイシューでは他レーベルより抜きんでた極上の発掘品を多くリリースしてきたDivebombがまた面白い再発をしてきました。1980年代中期~1990年代初めに活動して、デモを3種残したのみで消滅したUSボストン出身スラッシュ・メタルの限定500枚ディスコグラフィーCDです。ドラマーとギタリストは、なんと後のGRIEFメンバー!!ドラムの方はDISRUPTからやってた人です!!!

サウンドもまた非常にUS東海岸バンドらしいストロング・ブルータルなクロスオーバー・スラッシュでカッコいいです。曲調は王道のクロスオーバー・スラッシュだけど、音質がバツグンに良いせいもあるのか、演奏はタイト&骨太で硬質なNYHCのような感触。グルーヴィンなパート(は皆無と言っていいですが)なんかもバッチリ決まりそうな芯の強いコシのある質感です。あと、低音Vo.も東海岸スラッシュらしい男臭さで、CARNIVORE, SCHOOL OF VIOLENCE, 初期PRONGのようなNYスラッシュと、シカゴSINDROMEをミックスしたようなゴリゴリのアメリカン・ハードコア・スラッシュ・メタル!!



degradation-revelation.jpg



・DEGRADATION - Revelation In Blood CD 税込1,944円 (Divebomb)

USフロリダで1990年代前半の短期間活動したテクニカル・スラッシュ・メタル・バンドが、1994年にメンバー自身が運営するレーベルから発表した唯一のアルバムが、Divebombから再発。オリジナルの8曲に1994年デモもボーナス収録した全13曲入りです。

レコーディングはMorrsoundで、プロデュース/エンジニアはScot Burnsが担当。本作制作時のギタリストは、この後にBRUTALITYに参加したようです。そういったデス・メタル・ファンにもアピールする要素も備えたテクニカル・スラッシュ・メタルで、MALEVOLENT CREATIONを彷彿させる、起伏に富んだ展開をゴリゴリにソリッドなMorrisoundタッチで爆発させています。しかし、このバンドはそういったスラッシュとデスの中間的なバンドよりもプログレッシブで正統派メタル・ルーツも感じさせるのが特徴で、WATCHTOWERやREALMなんかがブルータルになったような感覚も渋いです。プライベート・リリースだったオリジナル盤は近年中古市場価格も高騰しているようですので、テクニカル・デスラッシュやオブスキュア・スラッシュ好きはぜひこの機会に聴いてみてください。かなり聴き応えのあるクォリティー高い隠れた名作です!!



faithcollapsing-lost.jpg



・FAITH COLLAPSING - Lost CD 税込1,944円 (Divebomb)

1990年結成のUSノースカロライナ出身スラッシュ・メタル・バンドが、1995年に自主製作で発表した唯一のCDアルバムが、デモなどもボーナス収録してDivebombから限定500枚で再発。全く無名ゆえ、オリジナル盤CDは超知る人ぞ知るアイテムのようですので、この再発をきっかけにオリジナル盤の市場価格が高騰、なんてことになるのかも知れませんが、Divebombの得意とする90年代のスラッシュ衰退期に存在した隠れた名盤を掘ってる人なら堪能しまくれる作品でしょう。

1990年代なので、やはりさほどスピードのある曲をやるタイプではなく、ゴリゴリにソリッドなリフで押しまくる起伏の激しいスラッシュ・メタルです。グルーブ・メタルに毒された90年代のスラッシュは、スピードに命を懸けたスラッシャーにとってはホントに退屈だったけど、ノースカロライナと聴いて真っ先に思い浮かぶC.O.C.だけは、90年代も最強でした。このバンドのゴリゴリな感触もグランジ・スラッシュな泥臭さのないC.O.C.っぽくもあって、Vo.はペッパー・キーナンやMETALLICAジェイムズ風のコブシ・スタイルです。シカゴCYCLONE TEMPLE, ボストンWARGASM, ノースカロライナC.O.C.、この辺の90'sアメリカン・スラッシュ・メタル・ファンにはかなりオススメの高水準掘り出し物ではないでしょうか。スピード・スラッシュ・ナンバーの殺傷力もかなり高い!!当店っぽくなくて意外に思われそうだけど、けっこうオススメです。



assortedheap-mindwaves.jpg



・ASSORTED HEAP - Mindwaves CD 税込1,728円 (Vic)

1stアルバムの再発が好評だったジャーマン・デスラッシュ・メタル ASSORTED HEAPの、1992年発表2ndアルバムもめでたくCD再発。こちらもまた、オリジナルはアナログ盤よりもCDの方が中古市場価格が高く人気の作品ですので、CDコレクターには嬉しい再発でしょう。ボーナスで1992年ライブ4曲をプラスした全13曲入りです。

SEPULTURAとVIO-LENCE, MORGOTHをミックスしたような突進力がカッコかった1stから、プログレッシブな雰囲気も強めた作風に進化していて、スラッシュ・メタル・テイストはむしろこちらの2ndの方が強い気がします。リフは2nd以降のPOSSESSEDやPESTILENCEのような暗さのある刻みを中心に、けっこう大胆に組み込んでくるツイン・ギターのメロディック・パートがTESTAMENTのようなギター・オリエンテッド・スラッシュっぽく、このドラマチック・パートがけっこう付け焼刃的なレベルではないのが驚きです。しかしメインのデスラッシュ・パートとのマッチがかなり強引なので、アンダーグラウンドらしいレベルにまとまっていますが、最終的に、SPULTURAのAriseの頃のデスラッシュを土台に、カナダのD.B.C.のようなプログレッシブ感をミックスしたような内容となっています。SEPULTURA, PESTILENCE, POSSESSED, DEATHなどのスラッシュからデス・メタルへと移行していた頃のバンドが好きな人から、スラッシュ衰退期の90年代に踏ん張っていたスラッシュ・メタル発掘を満喫している人ににまでオススメのカルト・クラシック・リイシューです!!



arbitrater-balance1.jpg


arbitrater-photo.jpg


arbitrater-magnet.jpg



・ARBITRATER - Balance Of Power / Darkened Reality 2CD 税込3,240円 (Divebomb)

「遂にコレが出てしまいました!!!メタル・パンク・クラシックでまだ再発されてないのは、アレとコレとソレが残ってるな、と常々悶々と考えていたうちの1つ」と、ORALのブートCDが入荷した時に興奮して解説しましたが、その時の冒頭部分を敢えて再利用致します。このARBITRATERこそがまさにその再発を待ち焦がれたBOY的メタル・パンク・クラシックのウチの一つなのです。1stのジャケットは40代メタル・マニアなら見覚えある人も少なくないとは思いますが、パンク・テイストを強く放っていたスラッシュと言うわけではないので、壊滅的な状況だったUKスラッシュ・メタル・シーンに存在したオブスキュア・バンド、と言う印象止まりの人がほとんどでしょう。しかし、UKHCパンク・ファンならば、LP裏ジャケの写真と、インナースリーブのメンバー似顔絵を見た瞬間に笑撃で持つ手が震えたに違いありません。このバンドのシンガーの名前はTony Martin、そうです、あのVARUKERSのVo.のRat氏が人生で唯一度だけメタルにチャレンジして、やめて、闇に葬っていた知られざる過去なんです!!!Mosh Tuneageで再発やるようケシかけた時は脈ナシだったみたいだけど、ようやくこの輝かしい実績を公表する気になってくれたようです。USのDivebombからのリイシューで、ギャラが高いから他のDivebombリリースより高くせざるを得ない、とのコト。さすがRatさん、メタル・シーンで売り込む時でも相変わらずです。

スタジオ録音作品では、1985年のOne Struggle One Fight LPから1994年のNothing's Changed 7"までの間、確かにVARUKERSは空白の期間があり、特にクラストコア・ムーブメント最盛期の1990年代前半は、スカンジナビアのバンドと並んでVARUKERSは神格化されていましたが、そんな時にRatが、トレンドに便乗するには出遅れてるし、イギリスでは完全に死に体だったスラッシュ・メタルにチャレンジしていたなんて、最高にいい話じゃないですか。BOLT THROWERとXENTRIXとこのARBITRATERの3バンドでツアーもやってたそうです。自分もこのレコードは昔しょっちゅう見かけてたけど気に留めたことは一度もなく、後からUKのメタルパンクスに教えてもらって慌てて入手しました。しかし2ndまで出してたなんて知らなかったなぁ(ラップ調Vo.もやってる、、、スゲェ、、、)。昨今のデス/スラッシュ系プライベート・メタル・オブスキュア・カルト盤の中古市場価格高騰の波に、このARBITRATERも今は完全に乗ってるようで、CDだけでひっそりとリリースされていた2ndはちょっと考えられないような高額で取引され、正規にCDリリースされなかった1stもブート再発CDが100ドル以上で取引される有り様です。

そして肝心のサウンドなんですが、これが予想通りながら期待以上のカッコ良さでビックリする人も多いのではないでしょうか?UKスラッシュ・メタルの特徴と最大の魅力であるパンキーな荒っぽさは前述の通り顕著ではなくても、やはりSACRILEGE, ENGLISH DOGS, ANIHILATED等と似たハードコア上がり正統派スラッシュ・メタルな血は至る所に出ていて、ENGLISH DOGSがやってたSLAYER "Evil Har No Boundaries"まんまな歌乗せをRatもこのバンドでやってます。その曲は1stアルバム・ラストの"Deadly Assassin"なんですが、実はこの曲はARBITRATERの魅力を集約したような代表的ナンバーでもあり、PARADOXやAGENT ATEELなんかのファンにもぜひ聴いてもらいたいメロディックなスピード・メタル要素も強いところが、SACRILEGEやENGLISH DOGSなどよりもオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアックス達を熱くさせる要因の一つでもあります。しかしそんな真性メタルヘッズに大不評なのがVARUKERSの時と全く変わらないスタイルのRatのボーカルで、そこがパンク・ファンにはたまらないところなわけです。サラサラ・ヘアーのRatはONSLAUGHTのSy Keelerにそっくり。LP裏ジャケの写真なんか、ブルース・ディッキンソンと坂上二郎をミックスしたような最高の表情で収まってるので、チャンスがあればぜひ見つけてみてください(添付した白黒のプロ・ショットは違います。家でLP探して写真撮ってくればよかった)。

今回は全てシールド品で入荷して、Divebombお得意のシルバーのハイプ・ステッカーが貼ってあります。さらに、けっこう張り切って入荷させましたので、ジャケ・デザインのマグネットもいただきました。1stアルバム・ジャケ・デザインと2ndアルバム・ジャケ・デザインの2種ありますので、必然的に1stジャケ・デザインの方から先着順で付けて販売致しますが、2種類合わせても今回入荷した全ての分には足りません。1stジャケ → 2ndジャケ → マグネット付き終了、と言う感じで販売していきますので、ご了承ください。マグネット無しならキャンセル、とかはカンベンしてください。SACRILEGE, ENGLISH DOGS, ONSLAUGHT, ANIHILATED, etcのUKメタルパンク・ファンも、オブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンも大満足してもらえるであろう最高のカルト・スラッシュ・クラシック・リイシューです!!!


Disc 1 "Balance Of Power" ALBUM (1991年)
1. Allegiance
2. The Treaty
3. Evil Emperor
4. Conquest
5. Life Line
6. Graveyard of Fools
7. Time for Destiny
8. Deadly Assasin
9. Conquest (Demo)
10. Mystical Dreamworld (Demo)
11. Crash of Thunder (Demo)

Disc 2 "Darkened Reality" ALBUM (1993年)
1. Judge and Jury
2. Suicide Commercially
3. Guilty of No Crime
4. No Second Chance
5. Racist Nation
6. Deadline
7. Nightmare Vision
8. Choose Your Weapons
9. Darkened Reallity
10. Memories of Yesterday (Bonus Track)


INSANE (Sweden) New Album on Duplicate Records


insane-sweden-evil-lp.jpg



・INSANE (Sweden) - Evil LP 税込2,700円 / CD 税込1,944円 (Duplicate)

NEKROMANTHEONを世に出したノルウェーのDuplicate Recordsが久しぶりにヤング・スラッシュ・メタル・バンドのフルレングス作品をリリース。過去にSplit 7"や12"などを発表していたスウェーデンのINSANEの1stフル・アルバムです。Duplicate Recordsのオーナーはノルウェー・スラッシュ・メタル・ドッグス・オブ・ヘル、あのINFERNOのドラマー NecrodevilでもあったEinar氏ですから、彼のところからのスラッシュ系リリースとなれば期待が膨らみます。アナログ盤は限定500枚。

このスウェディッシュINSANEは、WITCH GRAVEのギタリストも在籍しています。同じスウェーデンのANTICHRIST等と比べると地味な存在でしたが、このバンドはANTICHRISTやノルウェー勢よりもスピード・メタル的な感覚が強く、昨今のゴリゴリ・スカンジナビアン・スラッシュ・メタルとはちょっと狙いも違うような気がします。リフ・ワークと疾走感はもちろんスカンジナビアンらしい荒々しさで、WHIPLASHやDEATHROWを彷彿させるキラー・リフで突進しながらも、VENDETTAやEXUMERあたりのジャーマン・スラッシュっぽいB級臭さが強いところがナイスです。とは言え、サンプル動画聴いてもおわかりの通り、やはりこのへんのスカンジナビアン・スラッシュ・メタルの鬼リフ・ワークとドカドカした疾走感は文句なしに素晴らしい!!にしても、このギター&Vo.のにいちゃん、思い切った断髪で若手俳優やモデルも真っ青のルックスになってしまってますね。


Death till Thrash from the Graves!!!


* 今日はなかなか濃厚なスラッシュ・レジェンドでまとまってます!!


aggression-fragmented.jpg



・AGGRESSION (Canada) - Fragmented Spirit Devils CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

トロントのSLAUGHTERと並んでカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタルの頂点的カルト・バンド、モントリオールのAGGRESSIONの復活後初のフル・レングス・アルバムが、The Full Treatment CDも再発していたスペインの老舗レーベル Xtreem Musicからリリース。オリジナル・ギタリスト主導のもと、TYRANTS BLOODのVo.も参加しています。

Galy Recordsからのコンピレーション・アルバム Fractured Psyche Demons CDでも新録を披露していましたが、このアルバムでも相も変わらず暴走アグレッシブなスラッシュ・メタルでブッ飛ばしてて、オリジナル・メンバーが独り、という情報から抱いていたような不安は再生直後に解消されます。リフワークはSLAYERを基礎にデス・メタリックなパートもところどころあるけど、しかしPOSSESSEDやKREATOR型のにいくのではなく、どちらかと言うとWHIPLASHとカナディアンSACRIFICEのミックスのようなテクニカルでゴリゴリなオールドスクール・スラッシュ・メタル作品に仕上げています。Vo.の上手さも際立っていて、途中、Kyle Thomasスタイルのブルータル・ブルージーに歌い上げたりもして(アンセルモ・スタイルと言わない心中お察しください)、EXHORDERのようなタイプのブルータル・アメリカン・スラッシュ・メタル・ファンにもオススメです!!



anialator-mission.jpg



・ANIALATOR - Mission of Death CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

テキサスのカルト・スラッシュ・メタル ANIALATORのディスコグラフィーCDが、スペインの老舗レーベル Xtreem Musicからリリース。同郷スラッシュで日本でも知名度の高かったDEVASTATIONのメンバーが在籍したという点よりも、初期Wild Ragsを代表するバンドの一つとして認知されてる、アンダーグラウンド・スラッシュ・メタル・ファンには根強い人気を誇るバンドです。


Tracks 1-4 : "Anialator" 12"EP (1988年)
Tracks 5-9 : "Anialator II" 12"EP (1989年)
Tracks 10-12 : "Demo 1990" (未発表)
Tracks 13-16 : "Demo 1987"


たいして工夫のないところを正統派と見るかガムシャラと捉えるか、いずれにしても絶対にメジャーで成功するはずのない純度120%のアメリカン・マイナー・スラッシュ・メタルが最高に渋いです。土台になってるのはSLAYERで、随所にSLAYERのアイデアを拝借したようなキメやフレーズが聴かれます。しかしこのバンドの愛おしいところは、DARK ANGELの2ndのような完全無欠のゴリ押しアグレッションではなく、Show No Mercy ~ Haunting The Chapelの頃のSLAYERをスピードアップしたようなスタイルで、ニュージャージーのBLOOD FEASTのファンなどのファンには絶対に聴いてほしいグレート・カルト・スラッシュ・メタルです!!



cyanide-newjersey-world.jpg



・CYANIDE (New Jersey, US) - World Peace Six Feet Under LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

ピッツバーグVALHALLAとフロリダLEATHER NUNNという80's USクサレ・メタルのカルト・レア・クラシック2種を同時再発して、正統派/エピック系メタルの再発盤を鬼門とする当店でもなかなか好評だったカルト・メタル・リイシュー専門新興レーベル WYLN Recordsが、今度はスラッシュ系のプライベート・メタル2種を発掘リリース。よくあるバンド名ですが、このCYANIDEは80年代中期~90年代初めにかけて活動したというニュージャージーのバンドです。オリジナル盤は地元ニュージャージーのMutha Recordsから1989年にLPで発表していて、このレーベルはCHRONIC SICKやTHE WORSTなど、USHCパンク・コレクターには有名な超メガレア盤をリリースしていました。LP再発はオリジナルとは盤色を変えてレッド・ビニールになっていて、CD化は今回が初です。

TOXIMIAなんかを彷彿させる雰囲気のジャケで、いかにもUS東海岸らしい男臭いハードコアなメタル・スラッシュかな?と思いきや、クロスオーバー色は濃厚だけどLUDICHRIST, D.R.I., THE ACCUSED, CRYPTIC SLAUGHTER, etcを思い起こさせるライトな感覚もある曲調です。しかし演奏はかなりゴリゴリ・アグレッシブで、起伏ある曲調を力技で強引に展開していく様は、やはりUS東海岸ならではかと思います。New RenaissanceなんかのComp.にでも入ってたら、もうちょっと認知されていたことでしょう。NYのUNSANEやメリーランドIRONCHRIST、あと地元も一緒で親交もあったというRIPPING CORPSEのゴリゴリ・スラッシュだった初期デモなんかが好きな人にオススメのカルト・スラッシュ発掘盤!!



deathsquad-US-splityour.jpg



・DEATH SQUAD (Washington, US) - Split You At The Seams LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

こちらのWYLN Recordsリイシューもよくあるバンド名ですが、これは80年代中期~90年代のUSワシントンに存在したというDEATH SQUADの1991年発表1stアルバム。オリジナル盤はスラッシュ・マニアには良く知られているEver Rat RecordsからCDとカセットのみのリリースだったので、ヴィニール化は今回が初となります。Ever RatはMACEやCOVENをはじめ、シアトルのカルト・スラッシュ好きにはたまらないバンドを輩出していたレーベルでしたが、アナログ盤はたいしてレアじゃないけどCDが発見難易度が高く高額レアなものがいくつかあって、このDEATH SQUADもオリジナル盤CDはコレクターに人気の高額レア盤だそうです。個人的には知らないバンドだったけど、Ever Ratリリースならば遂にMACEのオフィシャルCDや、ジャケが最強素晴らしかったCOVEN(MENTORS故El Duceのバックもやってました)の1stも再発されないかな?なんてちょっとワクワクしてしまいますが、調べるとこのDEATH SQUADにもCOVENのメンバーが参加していたようです。

サウンドはTESTAMENTやFORBIDDENに影響されながらも、地元のCOVENやACCUSEDなどとよく共演していたということで、ベイエリア・スラッシュの影響は大きくても、ミドルテンポの退屈なパートに終始するようなタイプではなくアグレッシブに疾走&激しく展開しています。没個性と言ってしまったらそれまでですが、これぞアメリカン・プライベート・メタル・スラッシュ!な荒々しさと魅力が凝縮されていて、カルト・スラッシュ・メタル・ファンは間違いなくガッツポーズ&ヘッドバンギングでしょう。ジャケも最高!!



madator-perfect.jpg



・MANDATOR - Perfect Progeny CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1stアルバム Initial Velocityと前身バンドのMYSTO DYSTOも再発していたDark Symphoniesによるオランダ MANDATORのCD再発シリーズ最終章(だと思います)は、1989年発表2ndアルバム Perfect Progenyに、1993年のStrangledデモもボーナス収録した全12曲入り。オリジナル盤は1stアルバム同様にLPとCDでドイツの名門 Disaster Recordsからリリースされ、LPは別にたいした高額じゃないけど、CDが中古市場で$100以上で取引されるメガレア盤と化していて、リプロ・ブート盤も出回っていました。今回が初オフィシャル再発で、限定1000枚プレスです。

1stアルバムはMYSTO DYSTOの進化形とも言えるような、スラッシュと言うよりもヨーロピアン・スピード・メタルの伝統を継承したスタイルでしたが、この2ndアルバムは完全にスラッシュな切れ味を身に着けて、TESTAMENTあたりのアメリカン・スラッシュ・メタルの影響を感じさせます。しかし、曲調はやはりどこかヨーロピアンらしい陰りが見え隠れしますし、切れ味もベイエリア・クランチのダイナミズムとは異質で、同じDisaster Recordsリリースの名盤であるANGEL DUSTの1stにかなり近いジャキジャキさのように感じます。PARADOXやANGEL DUSTなどのファンにオススメの、Late 80'sユーロ・スラッシュ・メタル隠れた名盤!!



excruciation-lastjugement-CD.jpg



・EXCRUCIATION - Last Judgement CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

スイス・チューリッヒのスラッシュ・メタル・バンドの、1993年発表1st MLPにボーナスも追加したCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚でリリース。Chainsaw Murderからのオリジナル盤MLPはけっこうデッドストック残ってたし、F.O.A.D.からのコンピレーション・アルバム2枚組LPもあったので新鮮味感じない人もいるかも知れないけど、このバンドの初期音源CDは今までに確かJL America / Turbo MusicからのデモCDくらいだったはずので、CDを待ってた人も密かに居たのではないでしょうか。もちろん本作も初CD化です。


Tracks 01-05 : "Last Judgement" EP 1987
Tracks 06-11 : "The Fourth Apocalyptic Rider" DEMO 1985
Tracks 12-18 : "First Assault - 2nd Edition" DEMO 1986
Track 19 : Outtake from "First Assault - 2nd Edition" DEMO SESSION 1986


オリジナル盤12"アナログ盤は、MESSIAHやチリのPENTAGRAMのEPなどをリリースしてたChainsaw Murder Recordsから1987年にリリース。裏ジャケの全員白いTシャツ姿が印象強かったバンドですが、ジャケ・ブックレットにはさらに激渋な写真が盛りだくさんで、MESSIAHやPOISONなんかも彷彿させるカッコいいルックスの初期写真も、CONFLICTとSODのTシャツ姿が並んだ掟破りのファッションも、この時代ならではのクロスオーバーを象徴していて最高です。サウンドはDESTRUCTIONの影響を強く感じさせるダーク・スラッシュ・メタルで、ジャーマン・スラッシュ・メタル・ファンにもオススメのカッコよさ。もちろんクサレ・スラッシュの範疇での話ですが、こんなにカッコ良かったっけかな?スイス・バンドらしいモロにCELTIC FROSTなリフも飛び出すし、今聴くとかなり渋いです。NECRONOMICONまで完成されてませんがDESTRUCTION影響下スラッシュメタル好きや、昔聴いてなんとも思わなかった人も、絶対もう一度聴くことをオススメします!!



destruction-bestialinvation-lp.jpg



・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell LP CLEAR VINYL 税込3,240円 (Floga)

再入荷お待たせしました!!!

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモが遂に初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!ギリシャFloga Recordsからのリリースで、ゲートフォルド・スリーブ内側には、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどを掲載して、さらに激渋なポスターも付いてます!!DESTRUCTIONファンならば見たことある人も多いであろう、ギターとベースを十字に重ねた当時の最高にクールなあの写真です。実はTシャツ&パッチ付きのボックス・セットもあったのですが、オリジナルのデモ・アートではあるけどTシャツ・デザインもこのジャケまんまだったし、サイズはどうしたものか・・・などとマゴマゴしてるうちに完売してしまいました。ltd.500枚クリア・ビニールで入荷しています。

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!

South of Metal Hell!!


hellish-grimoire.jpg



・HELLISH - Grimoire CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

2010年にチリ・サンチアゴで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの1stフル・アルバムCDが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリース。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーなエクストリーム・メタル傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

既に過去作EPやデモなどでマニアックなスラッシャーに注目を集めていた存在のようですが、これが若手スラッシュ・メタル・バンドの世界デビュー作としては完璧な一例のような素晴らしい作品に仕上がっています。ジャーマン・スタイルの猪突猛進スラッシュを、スピード命!な壮絶な速さの刻みリフで叩き出しつつ、ドラマチックなパートも挟み込んで見事な構成力でまとめています。新人でも非の打ち所のないようなバンドばかり続々登場する北欧スラッシュ・メタルや、80年代からの荒くれたスラッシュの伝統を頑なに継承し続けるジャーマン・スラッシュなど、欧米の若手スラッシュ・メタルに対抗できる南米スラッシュの拠点は、もはやブラジルからチリへと移行しているような気がしますが、陽気なブラジリアン・スラッシュよりもアンダーグラウンドらしさとクオリティーの高さを両立させる昨今のチリアン・スラッシュ・メタル好きは絶対にチェックの要注目バンドです!!



heavensdecay-thegreat.jpg



・HEAVENS DECAY - The Great Void of Mystery CD 税込1,728円 (Chaos)

SHUB NIGGURATHの中心的メンバーで、CENOTAPHやTHE CHASMといったメキシカン・デス・メタル・レジェンド・バンドでも活躍してきたギタリスト Julio Viterbo氏が、自身のルーツに回帰したトラディショナル・ヘヴィメタル・プロジェクトを新たに始動。SHUBB NIGGURATHやCENOTAPHで活動を共にしたドラマーのOscar Clorio氏をパートナーとし、Vo.にはミシガン・エピック・ドゥーム・メタル STONE MAGNUMのVo.のNick Hernandez氏を抜擢するという、このラインナップだけで渋すぎるであろうことが容易に想像できる大注目の正統派ヘヴィメタル・バンドのデビュー・アルバム。マスタリングはDan Swano氏が担当しています。

大注目とは言いましたが、メキシカン・デス・メタル・ファンにアピールするサウンドではありませんし、STONE MAGNUMもダイハードな真性鋼鉄信者以外には知名度は低いでしょうが、このメンツで期待を抱いた人は絶対に裏切らないサウンドです。Nick Hernandez氏のアメリカン・マイナー・メタルの抒情を継承するようなNick Hernandez氏のVo.と、Julio Viterbo氏のエピックなギター・プレイのマッチが素晴らしく硬派で、2ndの頃のOMENのような、IRON MAIDEN影響下の合衆国産鋼鉄が好きな人には間違いなくオススメ!!メキシコChaos Recordsリリースですので、正統派メタルが強い他店さんではなかなか入荷しずらいのではないかと思います。

Thrashing Rage from the Graves!!






・SODOM - Masquerade in Blood LP GREEN VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Wax Maniax)

Obsessed by Crueltyの30周年記念盤2枚組LP、Persecution Mania + Expurse of Sodomyのカップリング2枚組LP、そしてIn The Sign Of Evilの片面エッヂングMLPと、いずれも大反響を呼び即座に完売させてきたアナログ盤再発レーベル Wax ManiaxによるSODOMアーリー・クラシックス・リイシュー・シリーズの最後は、1995年にSteamhammerから発表した7thフル・アルバムの超待望念願のLP初再発!!90年代のSteamhammerリリースのアナログ盤はプレス枚数が少なかったものが多く、Overnight Sensation以降のMOTORHEADなんかその最たるものですが、この時代のSODOMのレコードも80年代のものよりも希少価値が高くて、コレクターに高い人気を誇ります。オリジナルのLPはANTI-NOWHERE LEAGUEのカバーでフィニッシュしてましたが、今回の再発盤LPはテイチクからの日本初版盤CDだけに収録されていたSAXONの20,000 Feetカバーも追加した全14曲入り。このSAXONカバーは、これまでテイチク盤CD以外では聴けなかったレア・トラックだったと思うのですが、間違ってますでしょうか?グリーン・ビニールとブラック・ビニールが入荷しました。

BATHORYやHELLHAMMERらとともに全世界にその悪名をとどろかせていた初期の極悪カオティックなブラック・スピード・メタル・サウンドから、Expurse Of Sodomy EPやPersecution Maniaアルバムでは本格的なスラッシュ・メタルへと進化しながらも、ハードコア・メタル・バンガーズをも失望させることなく突っ走ってきたSODOMは、1992年5thアルバム Tapping The Veinアルバムを最後に、Tom Angelripper氏の相棒だったドラムのChris Witchhunter氏が遂に離脱し、ジャーマン・スラッシュ・メタル・シーン随一とも言われたバツグンの疾走感でスラッシャーを熱狂させてきた、LIVING DEATH, VIOLENT FORCE, HOLLY MOSES, etcのAtomic Steif氏がドラムを担当。90年代はオーバーグラウンドのヘヴィメタルが最も虐げられた暗黒時代で、既にスラッシュ・メタルも牙を失っていたバンドがほとんどだった中、この時代のSODOMは当時のグルーヴ>スピードな傾向よりも、どちらかと言うとAngelripper氏のパンク趣味をSODOM本来のロウ・ノイジーなバイオレント・スラッシュ・メタルににじませたような印象が強かったので、このアルバムな実は90年代当時的クロスオーバーな曲調やフレーズがあるにも関わらず、整然とした感じをほとんど受けない、非常にハードコアでブルータルな作風に仕上がっています。Atomic Steif氏のタイトでパワフルなドラミングと、本作発表後にドラッグで逮捕/収監されてこの1枚のみの参加に終わったギタリスト Strahli(2011年にドラッグ過剰摂取により亡くなってるようです)のノイジーなギター・サウンドもその効果を高めていたかと思いますが、LAHCパンク WASTED YOUTHの個人的には大好きだったメタル化クロスオーバー・アルバム Black Dazeにそっくりなフレーズもあったりして(2曲目 Gathering of Mindsのリフは、WASTED YOUTHのAny Gun Can Playによく似てる)、SODOMにはハードコアのパーティー・パンクなノリよりも、強靭でタフな部分との相性が良かったのを実感させる作品ではないかと思います。

実は今回はすったもんだがありましたので恥をしのんで暴露しますと、これより一足先にWax ManiaxがリリースしたVENOMのベスト盤2枚組LP "Skeletons In The Closet"とCLOVEN HOOFの1st LPも、もちろん張り切ってけっこうな枚数を昨年11月には予約オーダーしてましたが、レーベルはVENOMでパニックとなってしまい、「VENOMは5枚しか提供できなくなったが、代わりにCLOVEN HOOFを倍にしてやろう」と言われてカチンときてしまい、猛抗議しましたところ、結局VENOMもCLOVEN HOOFも両方キョヒられるという最悪の事態を招いてしまいました・・・(泣)。こりゃ、SODOM再発シリーズ最終作のコレも入荷が危ぶまれてマズイぞ、、、と、圧力より対話路線に転じて、と言うか平謝りして、このSODOMはなんとか入荷させた次第でございます。Wax ManiaxのSODOM再発シリーズは本当に楽しかったので非常に残念なのですが、Agent OrangeとBetter Off Deadは2010年に本家SteamhammerがLP再発してたから多分ないだろうとは思ってたけど、Tapping The VeinやMortal Way of LiveもWax Maniaxでの再発は無いそうですので、このシリーズを楽しみにしてきた人は、取りこぼしのないように、ここでしっかり完結させましょう!!







・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell LP 税込3,240円 (Floga)

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモが遂に初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!ギリシャFloga Recordsからのリリースで、ゲートフォルド・スリーブ内側には、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどを掲載して、さらに激渋なポスターも付いてます!!DESTRUCTIONファンならば見たことある人も多いであろう、ギターとベースを十字に重ねた当時の最高にクールなあの写真です。実はTシャツ&パッチ付きのボックス・セットもあったのですが、オリジナルのデモ・アートではあるけどTシャツ・デザインもこのジャケまんまだったし、サイズはどうしたものか・・・などとマゴマゴしてるうちに完売してしまいました。ltd.500枚クリア・ビニールで入荷しています。

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!







・PRIME EVIL (NY) - Underground Origins LP 税込2,808円 / CD 税込1,944円 (Floga)

1984年に結成され1990年代初期まで活動したNYデスラッシャーのデモ集アルバムが、ギリシャのFloga Recordsからリリース。2010年から活動を再開し、過去にも1度デモ集CDがリリースされて、日本でもマニアックなスラッシュ/デス・メタル・ファンの一部でちょっと話題となりましたが、アナログ盤でのコンピレーション・アルバムのリリースは今回が初となります。LPはltd.200枚のレッド・ビニールで入荷しました。

EXMORTISのEPなどもリリースしていたRage Recordsから1992年に7"を発表していたバンドで、ギタリストはDEMOLITION HAMMERにも在籍していたことがあります。サウンドは東海岸のバンドらしいデス・メタル手前ハードコア・スラッシュ・メタルで、メンバーもTシャツ着用率の高いDARK ANGELやカナディアンSACRIFICEなどのSLAYER影響下スラッシュ・メタルをハードコアに激化させ、初期デス・メタルとも通じる重厚ロウ・ノイジーなサウンドで叩き出しています。グロッシーなゲートフォルド・スリーブで、Wジャケ内側に満載の写真やフライヤーの数々も眺めてるだけ楽しくなってきて、アメリカン・オブスキュア・スラッシュ好きにはたまらないであろうコンピレーション・アルバムです!!





・VIO-LENCE - Eternal Nightmare DELUXE EDITION 2LP 税込3,996円 (Wax Maniax)

元Heavy Artilleryの新レーベル Wax Maniax第一弾リリースとして話題を呼んだベイエリア・スラッシュ・メタルを代表するバンドの一つ、VIO-LENCEの1988年発表1stアルバム・デラックス・エディションがカラー・ビニールで再プレス!!今回は初回盤より1000円近く安くなりましたし、何よりも裏ジャケの写真が変わってる!!こっちの方が初回裏ジャケより絶対カッコいいですね。


Tracklist

A1. Eternal Nightmare
A2. Serial Killer
A3. Phobophobia
B4. Calling In The Coroner
B5. T.D.S. (Take It As You Will)
B6. Bodies On Bodies
C7. Kill On Command
C8. Torture Tactics (Previously Unreleased Album Version)
C9. Eternal Nightmare (Mechanic Demo)
D10. Paraplegic (Mechanic Demo)
D11. Bodies On Bodies (Mechanic Demo)
D12. Kill On Command (Mechanic Demo)


後のMACHINE HEADメンバー在籍バンドという事実が短パン系さわやかスラッシャーにアピールして人気が高い反面、頑固なヘッドバンガ―には拒絶反応を起こす人も多い、ベイエリア・スラッシュいちの異端とも言えるバンドです。その最大の要因と言うか全責任はVo.のSean Killian氏のキング・オブ・すっとんきょうなスタイルにあったのは言うまでもありません。ファンの暴れっぷりはNYHCシーンよりもワイルドだったと当時悪評の高かったボストン・ハードコア・キッズから指をさされて笑われていたという逸話がEL ZINE#17でのボストン・ハードコア・パンク WRECKING CREWインタビューの中で語られてましたが、Sean Killian氏のあのまさしく唯一無比のVo.スタイルは、恐らくハードコアというものを少し勘違いして取り入れてしまったものだったのでしょう。どうやらSean Killian氏は他のVIO-LENCEメンバーよりも世代がちょっと上だったようですし、ギタリストで中心メンバーのPhil Demmel氏は付属インナーに掲載のライナー・ノートで、「MechanicデモからSeanは進化したハイ・レンジ・スタイルのVo.になった」と言ってるように、Sean Killian氏参加後初の音源である86年デモの時点ではまだ、いかにも当時のUSマイナー・スピード・メタル・バンドのVo.らしいヘタウマ・バイオレンスなスタイルだったわけですから、Sean Killian氏はやはり根っこは完全なメタル・ヘッズだったのは疑いがありません。

しかし、そのSean Killian氏の暴走したVo.スタイルを迷走と片づけるわけにはいかない魅力を強烈に放っているのがこの1988年発表1stアルバムです。ハードコアへの接近はSean Killian氏の独断だったわけではなく、明らかにバンドが一丸となってベイエリア・スラッシュ・シーン随一のスピード志向スラッシュを目指していたような感じがありました。FORBIDDENは名作1stアルバム Forbidden Evilで、もう少しアメリカン・スピード・メタル土台も匂わせるサウンドでデビューし、TESTAMENTは2ndアルバム The New Orderでスリルのない退屈なミドル・テンポ・スラッシュに成り下がり、DEATH ANGELに至っては2ndアルバム Frolic Through the Parkでファンク・スラッシュにチャレンジして早々に軟派になったけど、それらは全て本作と同じ1988年に発表されていましたから、ベイエリア・スラッシュというものが確立されてしまった中で各々が個性を磨くのに躍起だったであろう当時、最も荒く直線的でスピードにこだわったベイエリア・スラッシュ・メタルだったのはこのアルバムです。

この2枚組LPはゲートフォルド・スリーブで、見開いた内側は写真/フライヤー/ZINE掲載記事など満載した、さすが元Heavy Artilleryな完璧な仕上がり。そしてPhil Demmel氏のライナー・ノートが「ここまで言っていいのか?」と思うくらい面白くて、FORBIDDEN EVILのデモ・ブートCDの紹介の時、「FORBIDDEN EVILの最初の2本のデモの時はRob Flynnが在籍してたので、もしかしたら後にVIO-LENCEの曲で使った部分がある曲なのかも?」なんて冗談半分で書いたけど、しかしそれが事実だったようで、しかもPhil Demmel氏が指示した計画的犯行だったことを暴露しています。ゼトロをLEGACY (TESTAMENT)から引き抜いたEXODUSの話は有名ですが、2ndアルバム Oppressing The Massesの日本盤CDで初めて世に出たVIO-LENCEファンには有名な最強レア名曲 Torture Tactics誕生秘話なども、当時のベイエリア・スラッシュ界隈の上昇志向のえげつなさが垣間見えてきて、この暴露ライナー・ノートは絶対に必読です。

さらにボーナスが素晴らしい内容で、Sean Killian氏参加後初の86年2ndデモを1988年に再録してMechanic Recordsが配布した、通称Mechanicデモが怒涛のブルータル・スラッシュで激カッコよくてビックリ!!Sean Killian氏のVo.も、アルバム本編よりもこの重厚ゴリゴリ・ロウ・ソリッドなスラッジ・スラッシュ・サウンドの方が不思議にマッチしてます。いやー、このデモは本当ビックリするカッコよさです。この音源はブートCDが出回ったことが過去にあったようですが、公式リリースは今回が初めてです。2005年版2枚組CDでの再発の際はボーナスは2001年再結成ライブ音源でしたし、ファンならばよくご存じの通り、"FIRST TIME ON VINYL SINCE 1988!"のハイプ・ステッカーも貼ってあるように、このアナログ盤はオリジナル・リリース以来これまで1度も再発されたことがなく、LP / CDともにレアでコレクターに人気の高い作品です。日本盤CDなんか、桁違いのとんでもない値段で取引されています。前述した最強レア名曲 Torture Tacticsの未発表アルバム・バージョンも収録してます。

仮に2ndアルバムが再発されても果たしてBOYで入荷させるかは微妙なバンドですが、Ed Repka氏の仕事の中でも上位にランクする素晴らしいカッコよさのジャケのせいもあって、なんだかんだ言って自分もこのLPは1度も手放さずに所有してきました。数か月前から海外でも大々的に告知されていて、当店にも以前からボチボチ問い合わせありましたし、高額ながらも早速店頭で購入/確保していく方も数人いらっしゃいました。まさしく「オリジナル盤を持ってる人も必須」な売り文句がピッタリなグレート・リイシューです!!







・ORIGINAL SIN - Sin Will Find You Out LP RED VINYL 税込2,916円 / BLACK VINYL 税込2,700円 / 2CD 税込2,484円 (High Roller)

1986年にカナダのCobra Recordsからリリースされた、アメリカNYのオール・フィメール・スピード・メタル・バンドの唯一の作品となったアルバムが、High Roller Recordsから遂にオフィシャル再発。10年以上前にチリのKeltic RecordsからイギリスのDEATHWISHとのカップリング再発CDが入荷して当店でも大好評だった作品ですが、今ではご存じの方も多い通り、先にHRRから再発されていたCobra RecordsリリースのEXORCISTとともに、実はVIRGIN STEELEの覆面バンド+女性Vo.というデッチアゲ・レディース・メタルで、しかも唯一のリアル女性メンバーであるVo.はVIRGIN STEELEメンバーの妹だったというカルト・バンドです。アナログ盤は限定500枚で、ltd.300枚レッド・ビニールとltd.200枚ブラック・ビニールの2種入荷しています。CDは別ミックス含む計3バージョンのミックス違いを収録して、さらにボーナスも加えた全39曲入り2枚組。スリップケースも付きます。

しかしこのVo.のDanielle Draconisさんが堂々とした歌いっぷりで、女性Vo.スピード・メタル作品として素晴らしいクオリティーに仕上がっています。楽曲は後にVIRGIN STEELEでも再録されたというだけあってお遊びセッション的な感じは全く無く、オーソドックスながらツボを押さえた直性的刻みで疾走するスラッシーなスピード・メタル・チューンは、まるでEXORCISTやジャーマンWARRENTあたりも彷彿させる楽曲を、カナディアン女性Vo.スピード・メタル MESSIAH FORCEのような実力派女性シンガーが歌ってるような感じでカッコいい!!


06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR