RECORD BOY

Wax Maniax New Release!!






・ARTILLERY - Fear of Tomorrow 2LP 税込3,996円 (Wax Maniax)

VIO-LENCE 1st, SODOM初期作各種、そしてVENOMのSkeletons in the Closet初ヴィニール化と、80'sスラッシュ/スピード・メタル・クラシック・バンドのレア度の高い作品をデラックスなバージョンでアナログ盤再発してきたWax Maniaxが、デンマークのスラッシュ・メタルを代表するバンド ARTILLERYの1985年発表1stアルバムをボーナスを加えた2枚組LPで再発。オリジナル盤はNeat Recordsからリリースされ、当時オランダのRoadrunnerからもライセンス・リリースされていた、日本のスピード・メタル・ファンにもおなじみの大名盤ですが、アナログ盤はこれまでにその2種しか存在していなく、今回がオリジナル・リリース以来30年以上ぶりとなる初のヴィニール再発ということになります。個人的にも大好きなアルバムなのでこれは凄く嬉しい再発だけど、オリジナル盤が高額プレミア盤という印象はさほど抱いていなかったら、Neat盤オリジナルは近年けっこう人気が高まってきているようです。


Side A
1. Time Has Come (5:18)
2. The Almighty (4:12)
3. Show Your Hate (4:46)
Side B
4. King, Thy Name Is Slayer (3:37)
5. Out of the Sky (3:35)
6. Into the Universe (3:45)
Side C
7. The Eternal War (5:24)
8. Fear of Tomorrow (3:27)
9. Deeds of Darkness (6:34)
Side D
10. Out of the Sky (3:40) *Bonus
11. Fear of Tomorrow (3:42) *Bonus
12. Hey Woman (3:30) *Bonus


2ndアルバム "Terror Squad"以降はバツグンのテクをより前面に打ち出したベイエリア・スラッシュ・メタルも真っ青のテクニカルなリフと起伏に富んだ曲調で突進するスタイルで、日本では2nd以降の作品の方が評価が高い気がしますが、この1stアルバムはダークな初期スピード・メタルを好むファンにとってマスターピースの傑作です。ラーズ・ウルリッヒ母国のデンマークのファースト・スラッシュ・メタル・バンドということもあって初期の頃からMETALLICAと仲が良く、また同時にSLAYERとも親交もあって、ARTILLERYの本作でのサウンドもまるでSLAYERの"Show No Mercy"がMETALLICAの起伏の激しさとソリッドな切れ味を身につけ、さらにところどころSAVAGE GRACE風でもあるドラマチック・パワー・スラッシュ的でもあるような激渋さでした。80年代のジャーマン・スラッシュのスタイルにも表れている通り、多くのヨーロピアン初期スラッシュ・メタル・バンドがガムシャラなパワーを制御しきれなかったのに対し、ARITILLERYはこの1stアルバムの時点で暗く黒いユーロ・スラッシュ・メタルをアメリカン・バンド並みに整然としたスタイルで完成させていたのは驚異的です。

そしてARTILLERYと言えばHey Woman!!!New RenaissanceのSpeed Metal Hell Compilation LPにも提供されたこの必殺のウルトラ名曲の1985年バージョンを含むデモ3曲が今回はボーナス追加されています。しかも"Hey Woman"は2代目シンガー Carsten Lohmann時のバージョンで、これがモノ凄い・・・。Speed Metal Hell Compilation LPバージョンよりも遙かに破壊的ブルータルで、その感触はまるでMASTERの1985 Demoのようなブルドーザー・デス・クラストの如し、そしてVo.はオカルト・メタル風という究極のミスマッチ・メガトン・キラー・ナンバーで即死級のカッコよさ!!!Wax Maniaxお得意のカラー写真満載のWジャケットにはSLAYERやMETALLICAとの記念撮影もあり、「ジェイムス・ヘットフィールドはよくリハに遊びに来て、Hey Womanでヘッドバンギングしまくってったよ」などのライナーも必読のインサート・シート付き。今回はグレイ掛かったブルー・ビニールで入荷しています!!!








・DESTRUCTION - Thrash Anthems 2LP 税込3,996円 (Wax Maniax)

VIO-LENCE 1st, SODOM初期作各種, VENOMのSkeletons in the Closet初ヴィニール化など、80'sスラッシュ/スピード・メタル・クラシック・バンドのレア度の高い作品をデラックスなバージョンでアナログ盤再発してきたWax Maniaxが、DESTRUCTIONの2007年発表アルバム Thrash Anthems 2枚組LPを再発。これまでのWax Maniaxリリースのコンセプトと若干異なる再発盤のように思われますが、このアルバムは1984年のSentence Of Deathから1990年のCracked Brainまでの初期作名曲の数々を再録したもので、オリジナルのLPバージョンはコレクターズ・アイテムとしてアナログ盤好きには人気の高いレア盤となっていました。Wax Maniaxファン毎度の楽しみの1つでもある見開きゲートフォルド・ジャケの内側は各曲の解説にオリジナル当時の写真を添えて、両面の歌詞インナーも付属。今回はブルー・ビニールで入荷しました!!


Side A
1. Bestial Invasion [Infernal Overkill]
2. Profanity (2007年新曲)
3. Release from Agony [Release from Agony]
4. Mad Butcher [Mad Butcher]
Side B
5. Reject Emotions [Mad Butcher]
6. Cracked Brain [Cracked Brain]
7. Total Desaster [Sentence of Death]
8. Deposition (Your Heads Would Roll) (2007年新曲)
Side C

9. Invincible Force [Infernal Overkill]
10. Life Without Sense [Eternal Devestation]
11. Unconscious Ruins [Release from Agony]
12. Tormentor [Infernal Overkill]
Side D
13. Curse the Gods [Eternal Devestation]
14. Sign of Fear [Release from Agony]
15. Death Trap [Infernal Overkill]


若いスラッシャーに好まれるだけならまだしも、オリジナル世代の正統派スラッシュ・メタル好きにも大好評だという再録アルバムで、確かに初期DESTRUCTIONのポンコツさが解消されて完成度が高まったら・・・と妄想していたような良識あるスラッシュ・メタル・ファンには確実にこちらの再録バージョンの方がオススメです。さらに、Schmier離脱時のCracked Brainアルバムからの曲もSchmierが歌うという、オリジナルDESTRUCTION崇拝のダイハード信者にとっては考えもしなかった夢のセッションも実現させています!!Release From Agony後の脱退を"解雇"と捉えているSchmierが、自身が参加しなかったCracked Brainアルバムからの曲を歌うというのは、当時の経緯を知る古いファンならばスルーできるはずのない非常に興味深い再録セッションです。








・VENOM - Skeletons In The Closet 2LP 税込4,968円 (Wax Maniax)

祝入荷!!!666!!VIO-LENCEの1stアルバム再発でヘヴィメタル・シーンに戻ってきた元Heavy Artillery Recordsによる再発専門レーベル Wax Maniaxが世界中でパニックを引き起こしたイワク付きのVENOMベスト盤2枚組LPがようやく当店にも入荷しました。SODOMの再発盤も大きな話題を呼んで大ヒットしたので、ある程度の枚数制限は覚悟の上で、発売告知の半年以上前から予約していましたが、予想を遙かに上回るオーダー殺到によってWax Maniaxはショップへの配給を大幅にカットせざるを得なくなり、初回は当店も含め世界各地のWax Maniax取り扱い店のほとんどで販売されないまま終了してしまいました。


1. Tour Intro Tape ('83/84) / Welcome To Hell (Re-mix)
2. Dead On Arrival
3. Snots Shit
4. Black Metal (Re-mix)
5. Hounds Of Hell
6. At War With Satan (TV Adverts)
7. At War With Satan (Full Re-edited Version)
8. Bitch Witch
9. Intro Tapes (Tours '85/86)
10. Possessed (Re-mix)
11. Sadist (Mistress Of The Whip)
12. Manitou (Abbey Road Un-cut Mix)
13. Angel Dust (Demo 1980)
14. Raise The Dead (Demo 1980)
15. Red Light Fever (Demo 1980)
16. Venom Station (I.D.s For America & Spain)


1994年にCDでリリースされたVENOMの初期デモやアウトテイクなどをまとめたレア音源集で、"Snots Shit", "Hounds Of Hell", "Bitch Witch", "Sadist (Mistress Of The Whip)"の未発表曲が当時話題となりました。しかしなんと言ってもVENOM信者が狂喜したのはVENOMの初レコーディング音源とされる1980年デモで、これは以前入荷したIron Fist MAGAZINEでもカラー写真が掲載されて薄気味悪い異様な姿があらわとなった幻の初代シンガー Clive "Jesus Christ" Archer氏在籍の4人編成オリジナル・ラインナップの貴重な音源。若かりし頃のCronosが歌ってる音源と勘違いされることも多いClive "Jesus Christ" Archerのボーカルの怪しさはウルトラ・メガ激渋で、Clive "Jesus Christ" Archerのバンド内での影響力が、もしかしたらVENOMのキャラクターそのものを確立したのでは?とすら妄想してしまうほど強烈なインパクトを放っています。VENOM脱退後、この人何かやってたのかな~?

そしてWax Maniaxリリースなんで仕上がりがまた完璧に素晴らしい!!質素なオリジナルCDジャケとはまるで違うカラーのメンバー写真をジャケに使用し、Live at Hammersmith Odeonビデオのパッケージ・フォトセッションと別ショットの裏ジャケは、日本盤レーザーディスクのジャケを彷彿させます。Wジャケット内側ももちろん激渋写真満載で両面インナーのライナーノートも必読。この追加プレス分の詳細はまだ明らかにされていませんが、初回カラー・バリエーションには存在しなかったオリーブ・グリーン・ビニールをディスク1にして、ディスク2がライト・ブルーだったりビアー・カラーだったりというランダム・カラー・ビニールで入荷しました。Blaclk Metal LPのNeat盤2ndプレスの激レア・カラー盤ダーク・グリーン・ビニールよりは明るめだけど、ちょっとあのBlack Metal LP Neat盤カラー・ビニール狂騒曲も彷彿させるVENOMコレクターにはたまらないリリースですので、ぜひあるうちに入手しといてください!!

Thrash from the Graves!!


wargasm-fireball.jpg



・WARGASM - Fireball CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

The Crypt / Dark Symphoniesによる一連のWARGASM再発シリーズが、今度は1994年に発表したEPに初CD化音源もボーナス収録したコンピレーション・アルバムをリリース。ブックレットにはベース&Vo.のBob Mayo氏によるセルフ・ライナーノートと、TANKARDとのツアー時のものなど当時の初公開写真も掲載しています。


1. Fireball
2. Suicide Squad
3. Power of the Hunter
4. Engine (Rock Band Mix)
5. Jigsaw Man (Rock Band Remix)
6. Dreadnaut Day (Video Edit)
7. Little Drummer Boy (Radio Mix)
8. Jingle Hell (Radio Mix)
9. Wasteland (Live In-Studio)
10. Enemy Mine (Live In-Studio)
11. Revenge (Live In-Studio)
12. Grievous Angel (Live In-Studio)


ジャケからすぐにわかる通り、オープニングを飾るタイトル曲はDEEP PURPLEのカバー。続いてSuicide Squadは前身バンド MANIAC時代から演奏されていた名曲で、Power Of The Hunterはご存知TANKカバー。この2~3曲目は、先に7"EPで発掘リリースされていた音源です。スタジオ・ライブ録音による1stアルバム曲は、リズムがいかにも90年代らしいアレンジになっていたりしますが、それにしてもこのバンドの演奏力の切れ味とダイナミズムは素晴らしい。聴いててすぐには一発録りだと気づかないくらいです。



epidemic-decameron-lp.jpg



・EPIDEMIC - Decameron LP 税込3,240円 (The Crypt)

Divebombからのデモ・コンピレーションCDも好評だったUSサンフランシスコのスラッシュ・メタル・バンド EPIDEMICの1992年にMetal Bladeから発表した2ndアルバムが、アナログ盤も限定500枚で再発!!ltd.150枚のレッド・ビニールでの入荷です。

SACRILEGE 1stミニアルバムのUSライセンス再発やATROCITYなどもリリースしてたMetalcoreから1989年に1stアルバム The Truth of What Will Beを発表していたバンドの2ndアルバム。なんですが、ライナーノートを読むとThe Truth of What Will Beアルバムはもともとデモとして制作されたものであって、当人達は本作を実質の1stアルバムと捉えているようです。ちなみにそのライナーノートには、「Metalcoreは現Candlelight」のように言ってますが、これは本当なのかな?CandlelightはDISGUSTのベースだった人のレーベルだから、これが本当なら凄く面白いけど、未確認情報です。

ベイエリア・スラッシュの伝統芸には背を向けて、DARK ANGELのようなLA周辺のハードコア・スラッシュに接近した、90'sスラッシュ・メタルの名盤と評価の高い作品です。SOLSTICEやEXHORDERのようなMorrisoundデスラッシュとはドラム・サウンドがまるで違うので感触も異なっていて、デス・メタルのダイナミズムには完全に呑み込まれずに、なお且つモダン・へヴィネスなんかにも全く毒されることなく、これだけ過激にSLAYER起源の西海岸スラッシュ・メタルを猛スピードで表現していたのは驚異的です。デスラッシャー超待望の再発盤、と最初に言ったけど、これはデスラッシュじゃないですね。最上級に過激な壮烈スラッシュ・メタルdeath!!!

Thrash till Death!!


sauron-conquest-lp.jpg



・SAURON - Conquest Through Attrition LP 税込2,916円 (Sangreal)

アナログ盤も出ました!!Sangreal Recordsなるこのレーベル、実はBitchy Witch RecordsやってたAlejandra姐さんの新レーベルなのです。"有り金全部、BOYに振り込みな!!"の素晴らしい名言を生み出した(インタビューやった私がかなり盛った意訳ではありますが)彼女、ホント見た目も性格もキュートで最高なんです。NYでお会いしたG.A.T.E.Sメンバーがうらやましい・・・。初回プレスは500枚で全てブラック・ビニール。流通はやはり今も良くないので、このバンドのアナログ盤を待ってた人は、Sangreal Recordsサポートの意味も含めて、ぜひお買い上げ願います!!

規模は小さいものの、へヴィメタルとパンクがクロスオーバーしている現在のシーンではアメリカ随一、いや、世界中を見回しても強烈に個性的なバンドの人口密度は一番かも知れないミシガン・デトロイトの最凶スラッシャー SAURONが前作以来8年ぶりとなる3rdアルバムです。ノルウェーのINFERNO, カナダ AGGRESSIONの1stと並んで、当店の過去入荷商品スラッシュ・メタル部門の中ではダントツの大反響を記録した2004年発表1stアルバム Thrash Assaultと、2008年にWitches Brewから発表した2ndアルバム Satanic Assassinsではけっこう感触が違っていて、1stアルバムはノイジーなギターにリズム隊を埋もれさせてブラック・メタルにも通じる感触で極悪に刻みまくりスラッシュ・メタルをぶちまけてましたが、2ndアルバムは猛烈なドライブ感のベースとロウな爆裂ドラミングを強調して暴走していました。しかし楽曲自体は1stから本作3rdまでなんら変わりのないブラック・スラッシュ・メタルを貫いていて、今回も猛速スピード・スラッシュとドライビング・パートを併用し、ちょうど1stと2ndの中間のような感じに仕上がっています。さらに、今回はVictor氏のギターソロに印象的なメロディーがかなり多く、これはちょっと今までのSAURONにはなかった点かも知れません。とは言ってもVictor氏は初期BORROWED TIMEをはじめいくつものエピック・メタル・バンドでも演奏してきましたから付け焼き刃のようなメロディック・ソロではなく、あと何度も言いますが、楽曲自体は相も変わらずサタニック・バイオレンスに暴走しまくっていて、ほぼブラック・メタルなパートもあります。HYPNOSIA, RUST, VORNTH, INFANT DEATH, INCULTER, DEATHSTORM, のような北欧(またはそのスタイル)のブラック・スラッシュ・メタル・ファンは絶対に聴くべき数少ないアメリカン・イーヴィル・スラッシュ・メタル!!



euphoria-operation.jpg



・EUPHORIA - Operation : Genesis CD 税込1,836円

WASTELANDERの元ドラマーが在籍するUSデトロイトのスラッシュ・メタル・バンドの10曲入り1stアルバム。バンドによる自主製作盤で、ポスター状のジャケはちょっとシワや角スレが多いですが、非常に流通が悪いので、未聴の方はぜひこの機会にチェックしてほしい、個性的なスラッシュ/スピード・メタル・バンドです。

ジャケットからはスラッシュな雰囲気はちょっと感じられませんが、サイエンス・フィクション・テーマのスラッシュ・メタルだそうで、いわばSci-Fiスラッシュ・メタルということになります。リフと疾走感はスラッシュだけど、起伏のある展開にメロディックなギターが絡んでくるドラマチック・パートは、TESTAMENT影響下のギター・オリエンテッドなクランチ・スラッシュと言うよりは、確かにSFデス・メタル・バンドにも通じるコズミックなエピックを感じさせます。BLIND ILLUSION, DEAD BRAIN CELLS, 最近だとVEKTORなんかと同系統なのかもだけど、このEUPHORIAの方がもうちょっと正統派までいかないけど、スピード・メタルっぽさが強いかな?若い感覚とオールドスクール・メタルを融合した、素晴らしい成功例の一つではないでしょうか。クセの強いデトロイト・シーンからの登場ですが、これは正統派スラッシュ・メタル・ファンも要注目です!!

Thrash 'till Death!!


wehrmacht-thecomplete-tapebox.jpg

・WEHRMACHT - The Complete Beer-Soaked Collection 6xTAPE BOXSET 税込6,912円 (F.O.A.D.)

2014年にアナログ盤+CDの計6枚セットで発売されて即完売したWEHRMACHTの完全音源集が、カセット6本組ボックスで再発!!限定200個生産のナンバリング入りで、レプリカ・カセットと、あと付属品のバンダナがかなりグッドルッキングな仕上がりです。FlogaのNUCLEAR DEATHもそうだったけど、カセットをレプリカ再発するなら、やっぱりNew RenaissanceとかWild Ragsとかに勝るものはありません。スリーブがフルカラーで、New Renaissanceファンにはカセットもコレクションしてる人も当然いますので、そんな人達にはこれはたまらないでしょう。LP+CDのボックスは日本にはあまり入荷しなかったので、買い逃してた人も少なくないかと思いますが、そんな人はもちろん、そしてWEHRMACHT信者は確実に押さえておきましょう。


TAPE 1 :“Shark attack” + bonus tracks
TAPE 2 :“Beermacht”
TAPE 3 :“Live 1989/1989”
TAPE 4 :“Thrash Metal” demo/reh. 1985
TAPE 5 :“Beermacht” Demo + rehearsal 1986
TAPE 6 : Rare recordings and Live in Kirkland 1987


85年頃からデモを数本リリースし始め、「もの凄いスピードのスラッシュメタル・バンドがアメリカにいる!」と、世界中のテープ・トレーダーの間やファンジンで話題騒然に。後にNAPALM DEATHに参加するシェーン・エンバリーがこのバンドやSIEGE, REPULSIONに影響されてNAPALM DEATHのサウンドに反映させていったのは有名な話です。バンド名はドイツ語なので呼び方は人それぞれですが、ヴェルマクトでもウォウマヒトでも好きに読んでください。既にみなさんご存知でしょうが、Earacheからアルバムを出してたキチガイ・クロスオーバー・グラインド・スラッシュコア・バンド SPAZZTIC BLURRのボーカルとギターはWEHRMACHTのメンバーです。カルト・レーベルという概念を確立したと言っても過言ではないUSメタル・レーベル New Renaissanceから、87年に1stアルバム Shark Attackを、89年に2ndアルバム Biermachtを発表。New Renaissanceのオムニバスにもいくつか登場してましたが、あまり語られないところでは、87年発表のCity Of ThornsというオムニバスLPにも参加していて、それはあのMystic Recordsからのリリースでした。1stアルバムはそのハードコアなサウンドとリアルなゲロS.E.のおかげで、BURRN!誌で歴史に残る低得点を樹立。コレに怒ったニュールネ側が日本に輸出を停止したという逸話もあります。2ndではファニーなテイストもあるクロスオーバー風味の強いスラッシュ・サウンドを確立します。デモ曲は1stアルバム以上に汚いスピードコア・スラッシュ・メタルで、SLAYER影響下のハードコア・スラッシュ・メタル好きならば絶対に聴いてほしいカッコよさです!!



solanum-judge.jpg



・SOLANUM - Judge-Mental CD 税込1,296円 (Unspeakable Axe)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、BESIEGEDメンバーも在籍するカナディアン・クロスオーバー・スラッシュ・メタルの4曲入りCDEPです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーなエクストリーム・メタル傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

HPGD prod.からリリースもあるバンドで、常にアンテナ張り巡らせている日本のアンダーグラウンド・スラッシュ・メタル・ファンで既にこのバンドに注目していた方も居たかと思います。Vo.がモホーク・ヘアーでパンクな印象がかなり強いですが、BESIEGEDメンバーというキーワードに反応した人は絶対に首折大満足できるサウンドです。オープニング・ナンバーがいきなりBL'ASTみたいなオールドスクールUSHCテイスト満点のナンバーでオッサンものっけからテンション上がってしまいますが、この曲の後半から一気に加速して、その後はBESIEGEDにも匹敵する直線的刻みのハードコア・スラッシュ・メタルで爆走!!ノンストップ暴走一直線、と言うよりは、1曲目のBLACK FLAG型USHC風味のダイナミズムもうまく導入して起伏に富んだ曲調ですが、C.O.C.のようなサバス・テイストではなく、スピード・スラッシュ期の初期PRONGやメリーランドIRONCHRISTのような感じです。こういうUS東海岸っぽい雰囲気の硬派なクロスオーバーは本当カッコいい!!オススメです!!

Thrashing Rage from the Graves to the Death!!


* まだ昨日のご注文メールに返信しきれていないところ申し訳ないのですが、待ってたのが遂に届いたので、これはどうしても連日のスラッシュ・メタル・アップで盛り上げたかったのです!!INSANEなどご注文のお客様には明日から順次返信していきますので、その返信を待たずにぜひともこれらもチェックして追加ご注文ください!!


infernalmajesty-unholier.jpg



・INFERNAL MAJESTY - Unholier Than Thou CD 税込1,728円 (Vic)

80'sスラッシュ・メタル, ブラック・スピード・メタル, デス・メタルなど、ダイハードなアンダーグラウンド層に熱烈な支持者の多いカナディアン・スラッシュ・メタル INFERNAL MAJESTYの1998年発表2ndアルバムが、デモ集CDをリリースしていたオランダのVic RecordsからCDが再発。過去の再発盤はジャケが変わってましたが今回はオリジナル・ジャケ再現で、ブックレットにはヴォーカルのChris Bailey氏のインタビューや激渋写真も多数掲載。2000年のライブ5曲をボーナス収録した全13曲入りです。

スラッシュ=メジャーのような図式が世界各地で定着してきて、衰退はまださほど顕著に感じられる前だったけど、大御所も若手もスラッシュはどうもメジャー意識なバンドばかりになってきた1987年に、当時のスラッシュ・トレンドに真っ向から反発したような暗~い雰囲気とクサれたジャケ、そして全員がレザー&スタッズで固めたメンバーのルックスが最高にクールだった大名盤1stアルバム None Shall Defyで登場して、全世界の頑固スラッシュ・メタル・バンガーズを虜にしたカナダ・トロント出身のバンドです。1stアルバムでのセンセーショナルな登場から10年以上間が空いての2ndアルバムだったし、完全にスラッシュ・メタルが死んだとされていた90年代後期ですから、この作品はノーチェックだった人も居るかと思いますが、これがまた文句なしにカッコいいです。サタニックなムードよりテクニカルな面を強めつつも、1st発表後に交代したドラマーが素晴らしくパワフルなロウ・ドラミングで、まるで同郷カナダ・トロントのスラッシュ・メタル・キングス SACRIFICEの2nd~3rdの辺りをアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンで表現したようなロウ・パワーが充満しています。さらにChris Bailey氏のVo.もダーティーでストロングなデス・メタル風になっていて激渋!!カナディアンSACRIFICEや、DEATHROWの3rdみたいなテクニカルでアグレッシブなスラッシュ・メタル好きは絶対必聴の隠れた名盤デス!!



oblivion-cyclogenesis.jpg



・OBLIVION (New Jersey, US) - Cyclogenesis: Songs For Armageddon 2CD 税込2,484円 (Divebomb)

世界各地に数多く存在するバンド名ですが、こちらはアメリカ・ニュージャージーで1984年に結成されたスラッシュ・メタル・バンドです。多数のデモを残しながら、単独公式作品やオムニバスなどの参加もなかったと思われる知られざるバンドで、LETHAL AGGRESSIONやMENTAL ABUSE(!!)といった、USハードコア・ファンに良く知られるバンドで活躍したメンバーが在籍していたようです。デモ全7種を完全収録した2枚組CDです。


Disc 1
Tracks 1-6 : Contents Under Pleasure DEMO (1990年)
Tracks 7-12 : Why Did Johnny Kill DEMO (1989年)
Tracks 13-18 : War Gives Me Peace Of Mind DEMO (1988年)

Disc 2
Tracks 1-6 : Intoxicated With Agony DEMO (1988年)
Tracks 7-10 : Back To Maim DEMO (1987年)
Tracks 11-13 : Intention To Kill DEMO (1985年)
Tracks 14-17 : Oblivion DEMO (1985年)


時代をさかのぼっていくように進行する構成のコンピレーション・アルバムなので、後期音源にあたるCD前半を聴いてるうちは、東海岸スラッシュよりもFORBIDDENなんかのベイエリア・スラッシュの方が近いかな、という印象ですが、CDが進むにつれ荒々しさを増し、LETHAL AGGRESSIONメンバーが居たスラッシュ・メタル・バンド、と言われて完全に納得できるような、ドカドカ・ロウ・ハードコア・クロスオーバー・スラッシュ・メタル・ナンバーが増えてきます。ディスク2はロウ・スラッシュ・メタル・ファン必聴!!



temporaryinsanity-final.jpg



・TEMPORARY INSANITY - Final Walk CD 税込1,944円 (Divebomb)

アメリカン・オブスキュア・スラッシュ・メタル・リイシューでは他レーベルより抜きんでた極上の発掘品を多くリリースしてきたDivebombがまた面白い再発をしてきました。1980年代中期~1990年代初めに活動して、デモを3種残したのみで消滅したUSボストン出身スラッシュ・メタルの限定500枚ディスコグラフィーCDです。ドラマーとギタリストは、なんと後のGRIEFメンバー!!ドラムの方はDISRUPTからやってた人です!!!

サウンドもまた非常にUS東海岸バンドらしいストロング・ブルータルなクロスオーバー・スラッシュでカッコいいです。曲調は王道のクロスオーバー・スラッシュだけど、音質がバツグンに良いせいもあるのか、演奏はタイト&骨太で硬質なNYHCのような感触。グルーヴィンなパート(は皆無と言っていいですが)なんかもバッチリ決まりそうな芯の強いコシのある質感です。あと、低音Vo.も東海岸スラッシュらしい男臭さで、CARNIVORE, SCHOOL OF VIOLENCE, 初期PRONGのようなNYスラッシュと、シカゴSINDROMEをミックスしたようなゴリゴリのアメリカン・ハードコア・スラッシュ・メタル!!



degradation-revelation.jpg



・DEGRADATION - Revelation In Blood CD 税込1,944円 (Divebomb)

USフロリダで1990年代前半の短期間活動したテクニカル・スラッシュ・メタル・バンドが、1994年にメンバー自身が運営するレーベルから発表した唯一のアルバムが、Divebombから再発。オリジナルの8曲に1994年デモもボーナス収録した全13曲入りです。

レコーディングはMorrsoundで、プロデュース/エンジニアはScot Burnsが担当。本作制作時のギタリストは、この後にBRUTALITYに参加したようです。そういったデス・メタル・ファンにもアピールする要素も備えたテクニカル・スラッシュ・メタルで、MALEVOLENT CREATIONを彷彿させる、起伏に富んだ展開をゴリゴリにソリッドなMorrisoundタッチで爆発させています。しかし、このバンドはそういったスラッシュとデスの中間的なバンドよりもプログレッシブで正統派メタル・ルーツも感じさせるのが特徴で、WATCHTOWERやREALMなんかがブルータルになったような感覚も渋いです。プライベート・リリースだったオリジナル盤は近年中古市場価格も高騰しているようですので、テクニカル・デスラッシュやオブスキュア・スラッシュ好きはぜひこの機会に聴いてみてください。かなり聴き応えのあるクォリティー高い隠れた名作です!!



faithcollapsing-lost.jpg



・FAITH COLLAPSING - Lost CD 税込1,944円 (Divebomb)

1990年結成のUSノースカロライナ出身スラッシュ・メタル・バンドが、1995年に自主製作で発表した唯一のCDアルバムが、デモなどもボーナス収録してDivebombから限定500枚で再発。全く無名ゆえ、オリジナル盤CDは超知る人ぞ知るアイテムのようですので、この再発をきっかけにオリジナル盤の市場価格が高騰、なんてことになるのかも知れませんが、Divebombの得意とする90年代のスラッシュ衰退期に存在した隠れた名盤を掘ってる人なら堪能しまくれる作品でしょう。

1990年代なので、やはりさほどスピードのある曲をやるタイプではなく、ゴリゴリにソリッドなリフで押しまくる起伏の激しいスラッシュ・メタルです。グルーブ・メタルに毒された90年代のスラッシュは、スピードに命を懸けたスラッシャーにとってはホントに退屈だったけど、ノースカロライナと聴いて真っ先に思い浮かぶC.O.C.だけは、90年代も最強でした。このバンドのゴリゴリな感触もグランジ・スラッシュな泥臭さのないC.O.C.っぽくもあって、Vo.はペッパー・キーナンやMETALLICAジェイムズ風のコブシ・スタイルです。シカゴCYCLONE TEMPLE, ボストンWARGASM, ノースカロライナC.O.C.、この辺の90'sアメリカン・スラッシュ・メタル・ファンにはかなりオススメの高水準掘り出し物ではないでしょうか。スピード・スラッシュ・ナンバーの殺傷力もかなり高い!!当店っぽくなくて意外に思われそうだけど、けっこうオススメです。



assortedheap-mindwaves.jpg



・ASSORTED HEAP - Mindwaves CD 税込1,728円 (Vic)

1stアルバムの再発が好評だったジャーマン・デスラッシュ・メタル ASSORTED HEAPの、1992年発表2ndアルバムもめでたくCD再発。こちらもまた、オリジナルはアナログ盤よりもCDの方が中古市場価格が高く人気の作品ですので、CDコレクターには嬉しい再発でしょう。ボーナスで1992年ライブ4曲をプラスした全13曲入りです。

SEPULTURAとVIO-LENCE, MORGOTHをミックスしたような突進力がカッコかった1stから、プログレッシブな雰囲気も強めた作風に進化していて、スラッシュ・メタル・テイストはむしろこちらの2ndの方が強い気がします。リフは2nd以降のPOSSESSEDやPESTILENCEのような暗さのある刻みを中心に、けっこう大胆に組み込んでくるツイン・ギターのメロディック・パートがTESTAMENTのようなギター・オリエンテッド・スラッシュっぽく、このドラマチック・パートがけっこう付け焼刃的なレベルではないのが驚きです。しかしメインのデスラッシュ・パートとのマッチがかなり強引なので、アンダーグラウンドらしいレベルにまとまっていますが、最終的に、SPULTURAのAriseの頃のデスラッシュを土台に、カナダのD.B.C.のようなプログレッシブ感をミックスしたような内容となっています。SEPULTURA, PESTILENCE, POSSESSED, DEATHなどのスラッシュからデス・メタルへと移行していた頃のバンドが好きな人から、スラッシュ衰退期の90年代に踏ん張っていたスラッシュ・メタル発掘を満喫している人ににまでオススメのカルト・クラシック・リイシューです!!



arbitrater-balance1.jpg


arbitrater-photo.jpg


arbitrater-magnet.jpg



・ARBITRATER - Balance Of Power / Darkened Reality 2CD 税込3,240円 (Divebomb)

「遂にコレが出てしまいました!!!メタル・パンク・クラシックでまだ再発されてないのは、アレとコレとソレが残ってるな、と常々悶々と考えていたうちの1つ」と、ORALのブートCDが入荷した時に興奮して解説しましたが、その時の冒頭部分を敢えて再利用致します。このARBITRATERこそがまさにその再発を待ち焦がれたBOY的メタル・パンク・クラシックのウチの一つなのです。1stのジャケットは40代メタル・マニアなら見覚えある人も少なくないとは思いますが、パンク・テイストを強く放っていたスラッシュと言うわけではないので、壊滅的な状況だったUKスラッシュ・メタル・シーンに存在したオブスキュア・バンド、と言う印象止まりの人がほとんどでしょう。しかし、UKHCパンク・ファンならば、LP裏ジャケの写真と、インナースリーブのメンバー似顔絵を見た瞬間に笑撃で持つ手が震えたに違いありません。このバンドのシンガーの名前はTony Martin、そうです、あのVARUKERSのVo.のRat氏が人生で唯一度だけメタルにチャレンジして、やめて、闇に葬っていた知られざる過去なんです!!!Mosh Tuneageで再発やるようケシかけた時は脈ナシだったみたいだけど、ようやくこの輝かしい実績を公表する気になってくれたようです。USのDivebombからのリイシューで、ギャラが高いから他のDivebombリリースより高くせざるを得ない、とのコト。さすがRatさん、メタル・シーンで売り込む時でも相変わらずです。

スタジオ録音作品では、1985年のOne Struggle One Fight LPから1994年のNothing's Changed 7"までの間、確かにVARUKERSは空白の期間があり、特にクラストコア・ムーブメント最盛期の1990年代前半は、スカンジナビアのバンドと並んでVARUKERSは神格化されていましたが、そんな時にRatが、トレンドに便乗するには出遅れてるし、イギリスでは完全に死に体だったスラッシュ・メタルにチャレンジしていたなんて、最高にいい話じゃないですか。BOLT THROWERとXENTRIXとこのARBITRATERの3バンドでツアーもやってたそうです。自分もこのレコードは昔しょっちゅう見かけてたけど気に留めたことは一度もなく、後からUKのメタルパンクスに教えてもらって慌てて入手しました。しかし2ndまで出してたなんて知らなかったなぁ(ラップ調Vo.もやってる、、、スゲェ、、、)。昨今のデス/スラッシュ系プライベート・メタル・オブスキュア・カルト盤の中古市場価格高騰の波に、このARBITRATERも今は完全に乗ってるようで、CDだけでひっそりとリリースされていた2ndはちょっと考えられないような高額で取引され、正規にCDリリースされなかった1stもブート再発CDが100ドル以上で取引される有り様です。

そして肝心のサウンドなんですが、これが予想通りながら期待以上のカッコ良さでビックリする人も多いのではないでしょうか?UKスラッシュ・メタルの特徴と最大の魅力であるパンキーな荒っぽさは前述の通り顕著ではなくても、やはりSACRILEGE, ENGLISH DOGS, ANIHILATED等と似たハードコア上がり正統派スラッシュ・メタルな血は至る所に出ていて、ENGLISH DOGSがやってたSLAYER "Evil Har No Boundaries"まんまな歌乗せをRatもこのバンドでやってます。その曲は1stアルバム・ラストの"Deadly Assassin"なんですが、実はこの曲はARBITRATERの魅力を集約したような代表的ナンバーでもあり、PARADOXやAGENT ATEELなんかのファンにもぜひ聴いてもらいたいメロディックなスピード・メタル要素も強いところが、SACRILEGEやENGLISH DOGSなどよりもオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアックス達を熱くさせる要因の一つでもあります。しかしそんな真性メタルヘッズに大不評なのがVARUKERSの時と全く変わらないスタイルのRatのボーカルで、そこがパンク・ファンにはたまらないところなわけです。サラサラ・ヘアーのRatはONSLAUGHTのSy Keelerにそっくり。LP裏ジャケの写真なんか、ブルース・ディッキンソンと坂上二郎をミックスしたような最高の表情で収まってるので、チャンスがあればぜひ見つけてみてください(添付した白黒のプロ・ショットは違います。家でLP探して写真撮ってくればよかった)。

今回は全てシールド品で入荷して、Divebombお得意のシルバーのハイプ・ステッカーが貼ってあります。さらに、けっこう張り切って入荷させましたので、ジャケ・デザインのマグネットもいただきました。1stアルバム・ジャケ・デザインと2ndアルバム・ジャケ・デザインの2種ありますので、必然的に1stジャケ・デザインの方から先着順で付けて販売致しますが、2種類合わせても今回入荷した全ての分には足りません。1stジャケ → 2ndジャケ → マグネット付き終了、と言う感じで販売していきますので、ご了承ください。マグネット無しならキャンセル、とかはカンベンしてください。SACRILEGE, ENGLISH DOGS, ONSLAUGHT, ANIHILATED, etcのUKメタルパンク・ファンも、オブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンも大満足してもらえるであろう最高のカルト・スラッシュ・クラシック・リイシューです!!!


Disc 1 "Balance Of Power" ALBUM (1991年)
1. Allegiance
2. The Treaty
3. Evil Emperor
4. Conquest
5. Life Line
6. Graveyard of Fools
7. Time for Destiny
8. Deadly Assasin
9. Conquest (Demo)
10. Mystical Dreamworld (Demo)
11. Crash of Thunder (Demo)

Disc 2 "Darkened Reality" ALBUM (1993年)
1. Judge and Jury
2. Suicide Commercially
3. Guilty of No Crime
4. No Second Chance
5. Racist Nation
6. Deadline
7. Nightmare Vision
8. Choose Your Weapons
9. Darkened Reallity
10. Memories of Yesterday (Bonus Track)


08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR