RECORD BOY

Deathrash Armageddon!!


gladiador-in.jpg



・GLADIADOR - In...Requiescat in Pace CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

南米パラグアイ出身スラッシュ・メタルの2014年にバンドが自主製作CDRで発表した1stアルバムを、日本のDeathrash Armageddonが初プレスCD化したものです。Deathrash Armageddonのパラグアイ・バンドと聞くと、MASTER OF CRUELTYが真っ先に思い浮かびますが、このバンドもまた、初めてMASTER OF CRUELTYを聴いた時とは違った驚きを与えてくれます。

これまでのD.A.作品の中で最も鋼鉄感の強いスラッシュ・メタルではないでしょうか?と言うか、驚異的テクとかじゃないのですが、演奏が素晴らしい。小気味よくタイトで、ドラムのリズム感は最高です。リフやソロなど、ギターの演奏と楽曲もしっかりヘヴィメタルの基礎を積み重ねたスピード・メタルと言った感じで、崩壊感ゼロという点では真性D.A.信者向きではないかもですが、パーティー感覚ゼロのこういう南米スピード・メタルは応援したいです。ちょっとパンキーなキャッチー・ナンバーですらパーティー・スラッシュになってないのもエライ。ぜひとも正統派スラッシュ/スピード・メタル・バンガーズにチェックしてもらいたいD.A.リリースです!!



vomitofdoom-magnus.jpg



・VOMIT OF DOOM - Magnus Cruelty 7"+CDR 税込1,200円 (Deathrash Armageddon)

Deathrash Armageddon、久しぶりの7"アナログ盤リリース!!2009年結成アルゼンチン出身スラッシュ・ブラック・スピード・メタル・バンドの3曲入り7"と7曲入りリハーサルCDRのセットです。

チリのバンドを彷彿させる硬派なイーヴィル・スラッシュですが、リフが完全にスラッシュ/スピード・メタル土台なので、ブラスト・ビート・パートがあってもデス・メタル以降のエクストリームな感触は全くありません。要するに、非常にオールドスクールな質感です。SODOMを基盤にしたガリガリなリフなどは、ちょっとVOMITORなどの影響もありそうだし、現行の北欧スラッシュのような熱血ヘッドバンギングなリフも飛び出します。スピード・メタル寄りのブラック・スラッシュ好きは要チェックです!!

Thrash To The Death!!


attomica-1stlp.jpg



・ATTOMICA - S/T LP DIE HARD ORANGE VINYL 税込2,916円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

ブラジル・サンパウロ出身スラッシュ・メタルの1987年発表1stアルバムが、アナログ盤ファン待望のLP再発。CDはこれまにも再発されていましたが、LPはオリジナルのEquinox Discos盤以降1度も再発されていなかったので、これは嬉しいです。ゲートフォルド・スリーブで、ジャケ内側にはメンバー写真も多く掲載したお決まりのパターンながら、見事な仕上がりです。ltd.100枚のダイハード・オレンジ・ビニールと、レギュラー・ブラック・ビニールの2種入荷しました。

リオデジャネイロのTAURUSと並んで、初期ブラジリアン・スラッシュ・メタルの中ではUSスラッシュ・メタルの影響が色濃く出た数少ないバンドのうちの一つです。ノイジーで粗っぽい演奏ではありますが、刻みや曲構成はしっかり考えられていて、この1stの次点で既にけっこう難易度の高い起伏に富んだスラッシュ・メタルにチャレンジしています。しかしいかにもこの時代のブラジリアン・スラッシュ・メタル・バンドらしい、母国の崩壊形ブラック・ハードコア・スピード・デスラッシュ・メタルから触発されたであろう激速パートも随所に飛び出して、ジャキジャキのノイジー刻みスピード・デスラッシュ・サウンドは2nd以降のSARCOFAGOやイタリアのSCHIZOなどのファンにオススメです!!


poison-sonsofevil-lp.jpg

・POISON (Germany) - Sons of Evil LP CLAER VINYL / RED VINYL 各税込2,700円 (F.O.A.D.)

1982年に結成され、活動時にはデモを発表したのみでしたが、2000年代からブラック・メタルの始祖的バンドとしてアンダーグラウンドで再評価が高まり、Further Down Into The Abyssアルバムのリリースで遂にヴェールを脱ぎ、世界中のサタニック・スラッシュ・メタル・マニアを狂喜させた伝説のジャーマン・デスラッシュ・イーヴィル・スピード・メタル POISONの、1984年発表1stデモ再発LPがめでたく再プレス!!

確かに、Into The Abyssデモは極上のブラック・スピード・メタルで、世界中のVENOMチルドレン・メタル・ヘッズをウォーシップさせる名作ですが、この1stデモは完全にエクストリーム・メタルの歴史と進化を先取りしたような凄い内容です。SODOMが1st MLP、DESTRUCTIONも1st MLP、BATHORYが1st LP、POSSESSEDは1stデモ、フロリダDEATHも1stデモ、SAINT VITUSは1st LP、さらにパンクと比較するならSIEGEがDrop Deadデモを録音した84年に、こんな究極のサタニック・スピード・デスコア・メタルが既に存在してたなんて、今更ながらまだちょっと信じられません。確かに(SODOMは別として)、84年の時点で既にレコード・デビューを果たしていたDESTRUCTIONやBATHORYとは比べ物にならないくらい崩壊しているけど、SARCOFAGOに代表される南米バンドに多い、ハードコアの制御不能スピードをこの時点で既に導入しているのです。POSSESSED, フロリダDEATHと比較して例えたのはわけがあって、付属のブックレットに掲載されてるインタビューでは、「SODOMやDESTRUCTIONなどよりも、POSSESSEDやDEATHにノックアウトされていた」と語っていて、そのインタビューはSnakepit MAGAZINEからの転載なので活動当時の発言ではないのは確かなのですが、それにしたってPOSSESSEDやDEATHの同年録音デモよりもデスコア・メタルとしての究極度は明らかに先を進んでいた凄い内容なのです。あと、SAINT VITUSからの影響も語っていて、そのへんの感覚も確かに感じ取ることができるけど、やっぱりサタニック・ダークネスは並みじゃなく、サバス・ルーツのドゥーミーというより、どう聴いたって80年代後期サタニック・デス/ブラック・メタルの不穏なダークネスです。MAYHEMあたりも、このPOISONの1stデモは聴いていたのでしょうか?

この後の2ndと3rdのデモLPは買ったけど、これは逃してた、って人も居たかと思います。今回もミニマム・プレスの限定300枚で、それぞれltd.150枚のクリア・ビニールとレッド・ビニールの2種入荷しています。インタビューや当時のファンジン掲載記事などをまとめたブックレットも最高の内容で、全サタニック・ハードコア・メタルヘッズ必須のグレート・リイシューです!!



crypticslaughter-thelowlife-cd.jpg



・CRYPTIC SLAUGHTER - The Lowlife Chronicles Cryptic Slaughter 1984-1988 CD+DVD 税込2,484円 (F.O.A.D.)

NAPALM DEATHなどの初期グラインドコア・ミュージシャンや、クロスオーバー・スラッシャー、あとMAYHEMメンバーも昔よくTシャツを着てお気に入りだったりと、影響力は現在に至るまで実はけっこう大きいUSカリフォルニア・スピードコア・スラッシャー CRYPTIC SLAUGHTERのコンピレーション・アルバムがF.O.A.D.からリリース。ありがちなライブやリハーサルなどをかき集めた内容ではありますが、スピードを競っていたこの時代のバンドはこういう一発録音に驚くべき音源が多いですから、ハードコアとメタルがこぞって速さ世界一を追求してた80年代後期のスピード・スラッシュ・ファンはやはり絶対に1度は聴いておきたいコンピレーションです。84年~88年のヒストリー形式となった2時間にも及ぶDVDも言うまでもなく必見です!!


DISC 1
Tracks 1-7 Live at Balboa Theatre, Los Angeles May 28th, 1988
Track 8 Live at Blondie's, Detroit July 14th, 1988
Tracks 9-10 Live at The Warehouse, Corpus Christi July 1st, 1988
Track 11 Live at The Club, Las Vegas June 20th, 1987
Track 12 Live at Crescent Ballroom, Tacoma July 3rd, 1987
Tracks 13-14 Live at Bel-Air Party, Los Angeles June 21st, 1986
Tracks 15-24 Live at Fenders Ballroom, Long Beach September 6th, 1986
Tracks 25-26 Rehearsal 1986
Tracks 27-28 Live at Ruthie's Inn, Berkeley December 12th, 1985
Tracks 29-31 Live at Midnight Party, Los Angeles 1985

DISC 2
The Lowlife Chronicles 1984-1988 Documentary DVD

Metal Thrashing mad!!


imminentattack-deliver.jpg

imminentattack-welcome.jpg

・IMMINENT ATTACK - Deliver Us from Ourselves DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)
・IMMINENT ATTACK - Welcome to my Funeral DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

ブラジル出身クロスオーバー・スラッシュ・メタルの2012年発表 Deliver Us from Ourselvesと、2015年発表 Welcome to my Funeral の2種CD。Wehrmachtのサメに対抗したような象さんが目印のスラッシュ・メタル。今回はお試し価格ですので、安いCDが欲しい人にオススメ!



angelofsodom-divine.jpg

・ANGEL OF SODOM - Divine Retribution DIGIPACK CD 税込1,296円 (Marquee)

フィンランド出身スラッシュ・メタルの12曲入りデジパックCD。ソリッドなクランチ・リフとダイナミックなサウンドでゴリゴリのヴォーカル。ベイエリア・スラッシュ影響下のバンドが好きな人にオススメ。



acutor-dios.jpg



・ACUTOR - Dios ha Muerto CD 税込1,728円 (Mort Discos)

1990年代に活動したコロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドが1998年に残した唯一のアルバムが再発。SODOMのカバーをボーナスで追加した全11曲入りです。

とりあえずこのジャケが最高なんで内容なんかどーでもいい気もしますが、その通りです。すっごく良く言えばFARSCAPEなんかの系統のジャーマン・スラッシュ影響下南米バンドのような感じで、けっこう悪くないんだけど聴き終わるとなんも印象の残らないピュア・スラッシュ・メタル。ベースは女性のようで、メンバーのルックスもなかなかです。しかしジャケが素晴らしいなぁー。初ヴィニール化再発もされてるようなので、ぜひ入れてみたいけど、たぶん入れないでしょう。これぞまさしく愛すべきクサレ・スラッシング・マッド!!ちょっとオススメ!!



agony-millenium-lp.jpg



・AGONY (Colombia) - Millennium 2LP 税込2,916円 (Headless Cross)

1992年結成コロンビア出身スラッシュ・メタル・バンドの1996年発表1stアルバムが、以前にコロンビアのカルト・ブラック・メタル TYPHONのLPも再発していたHeadless Crossから2枚組で初ヴィニール化オフィシャル再発。ゲートフォルド・ジャケットで、インナー・スリーブ、ダウンロード・コード、パッチが付いた限定500枚リリースで、現地じゃどの程度の人気かわからないけど、けっこう豪華なアナログ盤です。インナー・スリーブの宿命とも言える抜けがインナーにありますので、ご了承ください。ジャケは抜けダメージありません。

いかにも90年代南米らしいスラッシュで、低音域中心に重心低く疾走する様はSEPULTURAのようなデス・メタル手前のダークネスで、メロディックなギターソロもなかなかです。90年代らしさはやはりグルーヴ感重視のようなパートに表れていますが、冒頭でいや予感をさせるほどグルーヴ・メタル・パートはその後ほとんどなくて、かなり速いSLAYER型突進スラッシュ・ナンバーなどでアグレッシブに迫ります。SEPULTURAファンや、90'sオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンにオススメです!!


Evil Thrashing Mad!!


maligner-demon.jpg



・MALIGNER - Demon CD 税込2,484円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、2015年結成スウェーデンMalmo出身デスラッシュ・メタルの5曲入り1st CDです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしているレーベルです。

MERCILESSからHYPNOSIAへと継承されたような、もう完全にあのスウェディッシュ暴走ノンストップ・スタイルのデスラッシュ爆発で、スラッシャーは絶対に血が沸騰することでしょう!!ミドル・テンポのパートになるとダウンチューニングの感触がスウェディッシュ・デス・メタルらしさを感じさせるけど、ラストにはハイトーン・シャウトも飛び出すし、これはやはりスウェディッシュ・デスラッシュ・メタルの古典的スタイルとして絶賛したいところです。ギタリストはかなりのテクニシャンで、ギター・オリエンテドなスラッシュ・ファンも耳を奪われそうなフレーズも飛び出します。北欧スラッシュ・メタル・ファン必聴大注目デス!!



obscureevil-midnightforce.jpg



・OBSCURE EVIL - Midnight Forces CD 税込1,512円 (Unspeakable Axe / Dark Descent:)

2014年結成南米ペルー・リマ出身ブラック・スピード・メタル・バンドの2016年発表4曲入りデビュー・デモが、USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable AxeからCDバージョンがリリース。恐らく今までのUnspeakable Axeリリースの中で最もサタニック・ブラックなテイストの強いバンドの登場ではないでしょうか。

こういうVENOMとBATHORYを原点とするブラック・スピード・メタルは、今まではMIDNIGHTに影響されてパンキーなキャッチーさを強調するか、またはSYPYLITIC VAGINASのようなメタルコア・パンクのようなプリミティブさに寄るかのどちらかのタイプがほとんどでしたが、スウェーデンからVAMPIREが登場してからは、REPUGNANTのスウェディッシュ・イーヴィル・デスラッシュの手法を取り戻したようなスタイルのバンドのクオリティーの高さが目立ち始めました。このバンドも南米出身でありながらパンキッシュはドライブ感のみで、構成力とリフ・パーツは近年の才能ある北欧スラッシュ・メタルにも通じるクォリティーで、これはこないだ入荷して反響の大きかったフランスのVENEFIXIONなどにグッと来た人は絶対にチェックでしょう!!



obscureevil-voidfumes.jpg



・OBSCURE EVIL - Void Fumes CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

こちらもUnspeakable Axeからリリースされた、2016年発表6曲入りCDです。

メロディックなギター・ソロも目立ち始め、デモCDよりもさらにスウェーデンやノルウェーなどのスカンジナビアン・スラッシュに肉薄していて、とてもペルーのバンドには聴こえません!!



witchtrap-sorceressbitch.jpg



・WITCHTRAP - Sorceress Bitch CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

2002年に発表されたコロンビア・スラッシュ・メタル名作中の名作、WITCHTRAPの1stフル・アルバムがHells Headbangersから待望のCD再発。2009年のデジパック再発は気付いた時にはレーベル完売状態で1度しか入荷できませんでしたが、この作品は全スラッシュ・メタル・ファンに1度は聴いてもらいたい本当に素晴らしい大傑作なので、未聴の若いスラッシャーはぜひこの機会に入手してください。

DESTRUCTIONが生み出したあの変態チョリチョリ・ピロピロ・リフをここまで痛快にカッコよく連発してくれる作品はそうありません。ドライブ感満点でノイジーなノルウェーのINFERNOの手法とは違い、薄いサウンドなのに、まるで80年代のレコードのようなこのタッチ。そしてとにかくアグレッシブ&ダーティー&イーヴィル!!Vo.はKREATOR ミレ・ペトロッツァ・タイプの吐き捨て型で、これも最高に激渋です。伝説のジャーマン・サタニック・スラッシュメタル POISONにも例えて絶賛されたりもした超名作ですが、それは曲調やスタイルを指したのではなく、まさにあの当時のジャーマン・アンダーグラウンド・スラッシュ・メタルまんまな雰囲気が完全に再現されていたからなのでしょう。しかもコロンビアという凄い国で。久しぶりに聴いたけど、やっぱり超燃えるカッコよさです!!



witchtrap-trapthewitch.jpg



・WITCHTRAP - Trap the Witch CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

そして最新4thアルバムもHells Headbangersからリリース。2002年に発表した名作アルバム Sorceress BitchがDeathrash Armageddonでの大絶賛激プッシュを発端に日本で大ヒット。その盛り上がりが欧米にも飛び火して、Hells Headbangersがその後の作品や初期音源をライセンス・リリースするも、メンバーはより正統派のへヴィメタルを体現すべく、NIGHTMAREというバンドを結成し、WITCHTRAPと平行して活動を開始しました。決して低迷していたわけではないですが、Sorceress Bitchアルバム以降はWITCHTRAPの音楽性もNIGHTMAREと同化しつつあったので、どうも地味な印象がぬぐえませんでした。しかし今回は久しぶりにピュア・スラッシュに専念したような改心の一撃となっています。

DESTRUCTION系統ジャーマン・スラッシュ・メタルの完全無欠なサウンドを確立したSorceress Bitchのあの切れ味鋭いリフワークに、今回はドラムのトテトテ具合がリフのドライブ感とかなり一体感を増し、全体的な切れ味と疾走感がバツグンです。のっけから直線的刻みも素晴らしいので、もはやDESTRUCTION云々の説明は必要ないでしょう。疾走感はSorceress Bitchアルバムを上回っていると言っても過言ではないかも知れません!!



powerfromhell-devilswhorehouse.jpg



・POWER FROM HELL - Devil's Whorehouse CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

日本のアンダーグラウンド・ブラック・スピード・メタル・ファンにもお馴染みのブラジリアン人気バンド、Sodomic氏によるPOWER FROM HELLのHells Headbangersからリリースされた5thアルバムCDです。

VENOM, BATHORY, ONSLAUGHT, CELTIC FROSTなどから影響されたプレ・ブラックなスラッシュ・メタルを、近年はよりスピード・メタル・テイストに寄って表現していましたが、今回は地下臭をさらに強めながら、元々備わっていたハードコア・パンク・テイストもかなり濃厚なスタイルにマイナー・チェンジしています。リフワークはほぼパンクで、特に4曲目のArmageddonなんて最初のリフは完全にNever Againまんまです。しかしパンク・テイストを強めてもMIDNIGHTフォロワーと一緒くたにされるような雰囲気は無くて、サタニックなプリミティブさはむしろ近年作よりも増幅している感もあります。パーティー・パンク・ムードのない、オカルト・サタニックなパンキッシュ・ブラック・スピード・メタル好き全員にオススメです!!



powerfromhell-voicesfromthegrave.jpg



・POWER FROM HELL - Voices from the Grave 7" 税込1,296円 (Fukking Death Division)

Sodomic氏によるブラジリアン・ブラック・スピード・メタルの、2014年にコロンビアのレーベルから限定300枚でリリースされた3曲入り7"です。B面には2002年のリハーサルとライブを収録。

VENOM, BATHORY, ONSLAUGHT, CELTIC FROSTなどから影響されたプレ・ブラックなスラッシュ・メタルを、近年はよりスピード・メタル・テイストに寄って表現していましたが、このEPは初期TOXIC HOLOCAUSTやメタルパンクに通じるキャッチーさが良く出たリリースとなっています。そして、このバンドのライブ音源というのも、ファンにはかなり興味津々ではないでしょうか?けっこう客も熱狂してて、実際演奏もカッコいいので、ファンは必聴のレア音源です。

Metallic Vinyls!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、休んでなんかいられないような大興奮のアナログ盤が到着しましたので、先ほどカートアップ致しました。昨晩のスラッシュ・メタル系CDのご注文もまとめて、受注対応は明日木曜日以降になります。スピード・フリークスの方々は、ぜひまとめてごっそりといっちゃってください!!!



aggression-thefulltreatment-piclp.jpg



・AGGRESSION (Canada) - The Full Treatment PICTURE LP 税込3,240円 (Weird Face prod.)

このレコードの再発をどれだけ待ち望んだことか!!!!!!!!!!トロントのSLAUGHTERと並んでカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタルの頂点的カルト・バンド、モントリオールのAGGRESSIONの1987年にBanzai Recordsから発表した1stアルバムが、ピクチャー・ディスクでアナログ盤も超念願待望の再発です!!!!!

2015年にMORBID SAINTのDestruction Systemをアナログ盤で初オフィシャル・リリースして、世界中のスラッシャーはもとより、アンダーグラウンド・メタル・シーンの業界関係者をも驚かせたギリシャのWeird Face prod.からのオフィシャル再発で、ピクチャー盤ですがインナーもオリジナル通りの写真/歌詞の両面プリントで再現し、アウター・カバーにハンド・ナンバリングが入った限定250枚リリース。今回もMORBID SAINTのWeird Face prod.盤LPと同様に日本国内の流通をBOYで依頼されましたので、S.A. MusicさんとRock Stakkさんにご協力をお願いしているところですが、みなさんご存知の通りFRAMTIDのJacky氏が遂に自身のお店であるRevenge Recordsをオープンしましたので、DISCHARGE & BATHORYを2大巨頭に掲げるRevenge RecordsさんをBOYとしても勝手に盟友として慕い、Jackyさんにもご協力をお願いしています。ただ、ミニマム・リリースで入荷枚数も限られていますので、各店入荷枚数は少ないのですが、、、。すみません、、、。

スピード狂スラッシャーの度肝を抜く内容で知られるバンドですが、New RenaissanceのSpeed Metal Hell IIやThrash Metal Attack comp.への参加でちょっと取り上げられた程度で、CRYPTIC SLAUGHTERやWEHRMACHTなどよりも当時はあまり話題になってなかった印象があります。SLAYERを基礎にハードコアのスピードへと挑戦したWHERMACHTにも近いけど、荒々しくもバツグンの切れ味で畳み掛ける演奏力と楽曲のキャッチーさのバランスが完璧で、未完成でも過激さの追求がバンドの魅力を決定していた当時のハードコア・メタル・スラッシュの中では、やりたいことが出来てる数少ない成功例とも言える驚異的なスピードコア・メタル・スラッシュ・クラシックです。かくいう自分も、Old Metal RecordsによるThe Full TreatmentアルバムCDの再発まで、このバンドがこんな驚愕の猛速スラッシュ・メタルだったとは知らなかったですし、最近はあのTom G. Warrior氏が昔CELTIC FROSTにAGGRESSIONのギタリスト Denis Barthe氏を誘おうとしたことがあるというエピソードなども発覚して、カルトな人気は近年急上昇していました。当店でスラッシュと名のつくヤツを聴いてきた方は1人残らず聴いてもらいたい、いや、聴かねばならない最上級メガトン・カルト・スラッシュ必須作!!!!!



sodom-get-lp1.jpg

sodom-get-lp2.jpg



・SODOM - Get What You Deserve / Aber Bitte mit Sahne 2LP 税込4,968円 (Wax Maniax)

Obsessed by Crueltyの30周年記念盤2枚組LP、Persecution Mania + Expurse of Sodomyのカップリング2枚組LP、そしてIn The Sign Of Evilの片面エッヂングMLPと、いずれも大反響を呼び即座に完売させてきたアナログ盤再発レーベル Wax ManiaxによるSODOMアーリー・クラシックス・リイシュー・シリーズもいよいよ最終章に突入です。今回は1994年発表6thフル・アルバム Get What You Deserveを、1993年リリースのAber Bitte mit Sahne 12"EPもボーナスでカップリングにした2枚組でのリリースで、このWax ManiaxのSODOM再発シリーズは本当に楽しかったので非常に残念なのですが、残すは1995年発表7thアルバム Masquerade in Bloodの発売を今春に控えてるのみで、それで打ち止めとなるそうです。Agent OrangeとBetter Off Deadは2010年に本家SteamhammerがLP再発してたから多分ないだろうとは思ってましたが、Tapping The VeinやMortal Way of LiveもWax Maniaxでの再発は無いそうです。このシリーズを楽しみにしてきた人は、最期まで気をゆるめずにいきましょう。

BATHORYやHELLHAMMERらとともに全世界にその悪名をとどろかせていた初期の極悪カオティックなブラック・スピード・メタル・サウンドから、Expurse Of Sodomy EPやPersecution Maniaアルバムでは本格的なスラッシュ・メタルへと進化しながらも、ハードコア・メタル・バンガーズをも失望させることなく突っ走ってきたSODOMは、これの前の1992年5thアルバム Tapping The VeinからギターがAndy Brings氏に交代しました。さらに初期からの信者達に衝撃を与えたのは、Tapping The Veinアルバムを最後に、Tom Angelripper氏の相棒だったChris Witchhunter氏が遂に離脱。この2枚組LPのボーナスとなっているAber Bitte mit Sahne 12"からドラムとして参加したのは、ジャーマン・スラッシュ・メタル・シーン随一とも言われたバツグンの疾走感でスラッシャーを熱狂させてきた、LIVING DEATH, VIOLENT FORCE, HOLLY MOSES, etcのAtomic Steif氏でした。このGet What You Deserveアルバムはその衝撃的な人事移動がまさにAngelripper氏の思惑通りな成功を収めたような作品として、90年代のスラッシュ・メタル・ファンには熱狂的に支持される名作です。故に初期からのブラック・スピード・メタル・スラッシャーの中には、Witchhunter氏の脱退という事実も拍車をかけてSODOMから離れる人も少なくはなかったのですが、サウンド・スタイルとしては当時猛威を振るっていたモダン・スラッシュのグルーヴやダイナミズムとはまるで正反対で、初期のSODOMとも異質ながら非常にダーティー&ノイジーなハードコア・スラッシュ・メタルを開拓しています。80年代期の名曲Ausgebombtに代表されるMOTORHEAD型のドライビンでパンキーなキャッチーさもあるナンバーを基礎に、そこに残忍なタッチの切れ味を加えて、改めて考えるとTOXIC HOLOCAUST以降の2000年代スラッシュ・メタル・リバイバル・ムーブメントへのSODOMの影響力は、むしろこの作品あたりの頃の方が大きいような気がします。あと、やっぱりAtomic Steif氏の爆発的なスピード感は最高!!

90年代のSteamhammerリリースのアナログ盤はプレス枚数が少なかったものが多く、Overnight Sensation以降のMOTORHEADなんかその最たるものですが、この時代のSODOMのレコードも80年代のものよりも希少価値が高くて、コレクターに高い人気を誇ります。オリジナルのSteamhammer盤以来初のLP再発となるこのWax Maniax盤カップリング・リイシューは、Steamhammer盤LPではメンバー写真ジャケに差し替えられた殺人現場風写真オリジナル・ジャケを表面にして、ゲートフォルド・スリーブ内側にSteamhammer盤LPのジャケになってたメンバー写真と当時の激レア写真を多数散りばめています。さらに個人的にこの再発で一番グッときたポイントは、当時差し替えられたオリジナル・ジャケを「Banned」アートワークとしてCensoredカバーにしているトコロ。そうです、あの名作ライブ・アルバム Mortal Way Of Liveみたいなことをやってくれてるんです!!盤色確認とジャケ抜けダメージ防止のためレーベルから送ってもらった時点でシールドが開封されていますが、センサー・インナーが挟んでラッピングされていますので、オリジナル・アートの殺人現場風ジャケを隠しています。例によって流通分のレーベル在庫は初回出荷で完売したそうなので、再プレスされない限り当店の入荷は今回のみとなります。限定(150枚?)ブルー・マーブル・ビニールで入荷しています!!!



sodom-engine-lp.jpg



・ACID - Engine Beast LP CLEAR VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Wax Maniax)

VIO-LENCEの1stアルバム2枚組LP再発を皮切りに、SODOMの初期作品のLP再発でアナログ盤ファンを大興奮させているWax Maniaxによるアナザー・グレート・リイシュー・シリーズ、ベルギーの女性Vo.スピード・メタル・バンド ACIDの再発もこれが最終章です。3rdアルバムにしてラスト・アルバムとなった1985年作品で、レギュラー・ブラック・ビニールと限定クリア・ビニールの2種入荷しています。インナーにはライナーノートや当時のカッコいい写真ももちろん掲載されていますが、オリジナル・リリース以来初となるこのアナログ盤再発シリーズの一番のセールス・ポイントは歌詞を掲載している点で、これはACIDマニアックスには嬉しいようです。

まだスラッシュ・メタルも確立される前の80年代初頭に、ヨーロピアン・へヴィメタルをMOTORHEADの2バス・ドコドコなスピード感で表現したようなサウンドで登場し、スピード・フリークなヘッドバンバーズを熱狂させた元祖スピード・メタル・バンドです。近年はABIGAILによるカバーも話題となり、日本では昔からのダイハードなメタル・ヘッドバンガーズに加えて、NWOBHMやメタル・パンクも許容範囲内のオールドスクール・パンク・ファンにも注目を集める存在となりましたが、この作品はACIDの魅力の一つでもあるキャッチーさを強調した曲も際立っていて、スラッシャーよりは80年代の哀愁ハードなメタル&パンクが好きな方々にぜひとも聴いてもらって再評価してほしいアルバムです。もちろんギンギンのスピード・メタル・ナンバーもありますが、前作までのRAINBOWやDEEP PURPLEのハードロックの古典的方法論をMOTORHEADのスピードで表現したようなスタイルから、当時の新興勢力であったスラッシュ・メタルにも触発されたような感触が強まり、3連の鋼鉄ナンバーもメイデン型よりもSLAYERの1stの頃のような雰囲気が感じられます。ただ、そこに乗るKateのVo.は80年代ポップス・シンガーとしても通用しそうなまでキャッチーなので、ACID本来の「鋼鉄butキャッチー」な魅力もピークに達したような感があります。サンプル曲は、恐らく当時は一番物議をかもし出したのでは?と思われる最高にスウィートな名曲 "She Loves You"を敢えて貼ってみましょう。

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR