RECORD BOY

Scandinavian Death Cult Jawbreakers!!


ultradamaged-book.jpg

・ULTRA DAMAGED : DAMAGE INC. ZINE ANTHOLOGY 1985-2017 BOOK 税込2,916円 (Cult Never Dies)

30年以上ぶりに復活して先ごろ第3号が発刊され、メタル&パンク双方のシーン関係者とファンを仰天させた、ノルウェー・ブラック・メタル MAYHEMの初期ボーカリストとして知られるManiac氏によるファンジン DAMAGE INC.の編集版がUKのブラック・メタル・レーベルからリリース!!今日届くまで、1号と2号の合併号的な再版本かと思ってましたが、第3号まで含めて編集されています。第3号は日本のバンドが多数掲載されていますが、過去の2号はやはりあの当時のハードコア・メタル/スラッシュ・ファンジンらしい内容で、80'sスラッシュ・ファンにはたまらない記事や写真が満載です。

1号では北欧ツアーに来ていたMETALLICAをとりあげていて、古くからのスラッシュ・ファンには良く知られた話ですが、このツアー前にスケボーで怪我したJames Hetfield氏はギターが弾けない状態で、ギターを持たずに専任Vo.としてライブを行っていた写真が掲載されています。さらにはManiac氏はKirk Hammett氏にインタビューして、その時のお二人の2ショット記念撮影という素晴らしくレアな写真もありす。第2号では、Maniac氏との交友関係が有名で、WARDULKも一緒にやってたKilljoy氏のNECROPHAGIAや、スウェーデンのMEFISTOとAGONY (ex. AGONI)、DEAD KENNEDYS、そしてNYが生んだ人類史上最悪のバカ・ラップ・スラッシュ INTENSE MUTILATIONのインタビューまでも掲載!!まさか、自分がINTENSE MUTILATIONと同じ本に載るなんて夢にも思いませんでしたので、これは最高な人生の想い出がまた一つ出来ました。嬉しいです。

DAMAGE INC.のオリジナルはどの号もホチキス留めのDIYな体裁ですが、これはしっかり製本された背表紙のある、グロッシーな表紙も高品質な全117ページに及ぶアーカイブ・ブック。Maniac氏の直筆サインも入ってます!!


掲載バンド :
THE CRAMPS, DEAD KENNEDYS, NECROPHAGIA, ASSASSIN, MASSACRE, CORROSION OF CONFORMITY, CRUMBSUCKERS, METALLICA, MAYHEM, SEPULTURA, TEITANBLOOD, Fenriz of DARKTHRONE, Mikko Aspa of CLANDESTINE BLAZE, BIRTH RITUAL, DÖRAID, ANATOMIA, KNAVE, FRAMTID, etc



oldfunela-our-2lp-clear.jpg

・OLD FUNERAL - Our Condolences (1988 - 1992) 2LP CLEAR VINYL 税込3,888円 (Soulseller)

待望の再プレス!!!今回も500枚プレスで、盤はクリアー・ビニールになっています。ゲートフォルド・スリーブとインナー・スリーブは当初のままで、これが非常に素晴らしい仕上がりなので、今まで買い逃していた方は今度こそはしっかり確保してください。

世界中のデス/ブラック・メタル・マニアが待ち望んだ、初期デスメタルの幻封印音源が、20年以上の歳月を経て遂に解禁。IMMORTALメンバーらが80年代後期に始めたノルウェーのベルゲン出身デスメタル・バンドで、BURZUMのVarg Vikerness氏もギターで一時参加したことでも知られているバンドです。90年2ndデモ / 91年EP / 92年音源を収録したコレクション・アルバム "The Older Ones" CDが、99年にHammerheart Recordsからリリースされてましたが、長らく廃盤で、その後はブートCDも出回っていました。コンテンツを増量してオフィシャル再発された、このオランダ Soulseller Records盤の一番のセールス・ポイントは、何と言っても、50本のみ製作された89年オリジナル・リリースのカセット・テープ以降、一切世に出ることのなかった1stデモ音源7曲を収録していることです!!!


- 89年1stデモ
- 91年未発表ライブ
- 90年 "Abduction Of Limbs" 2ndデモ
- 91年 "Devoured Carcass" 7" EP
- 91年録音 "Forced To Be Lost"
- 92年9月録音アドバンス・テープ
- 91年ライブ


遂に姿を現した89年1stデモは、ジャーマンPOISONあたりと同じ匂いがする、ロウ・ノイジーなスピード・デスラッシュで、いかにもこの時代のユーロ・ローカルなデスメタルではありますが、演奏や楽曲は、既にけっこうしっかりしてます。今回の再発盤はあえてリミックスはしてないそうですが、この1stデモはそれでも十分に良好と言える音質で、待ち望んだデスメタル・マニアを十分に満足させてくれる内容です。90年2ndデモもまだスラッシュメタルのルーツが見え隠れするサウンドで、めまぐるしい展開を突進力失わず猛烈なスピードで繰り出すファスト・デスメタルは、初期DEICIDEがちょっとデスラッシュっぽい直線的なスピードになったようにも聴こえてきます。Vikerness氏が参加した91年EPは、リリースしたバンド/作品がことごとくカルトな素晴らしい作品ばかりで後に高い評価を得たフランスの伝説デスメタル・レーベル Thrash Recordsから発表。この頃になると、CARCASS影響下のスカンジ・デスメタル、といった感じのサウンドへと深化。Vikernss氏は当時、「OLD FUNERALのスラッシュなサウンドに興味があったのに、どんどんデスメタルな方向に進んだので面白くなくて辞めた」とLord of Chaosの中で語ってましたが、Vikernss氏在籍時のこの頃のゴリゴリのraw & lowデスメタル・サウンドも、やっぱり激渋にカッコイいいです。そしてHammerheart Recordsが発掘再発した当時、スカンジナビアン・メタル・ファンを唸らせた92年マテリアルは、ブラックメタル的スタイルへと進んだ、BATHORY影響下デスメタルといった感じのサウンドでこれがまたカッコいい!!

他にも、初公開の91年ライブでは、AGATHOCLESのカバーをやってるし、NAPALM DEATHやDOOMはまだしも、M.O.D.やTOY DOLLSまで登場する、"好きなバンド・サンクス・リスト"や、恥ずかしいくらい衝動大暴走のパッチ・デニム武装メタル・ファッションなど、釘付けになる興味深いポイントが至るところにちりばめられた、凄い再発盤です。だって、CountがAGATHOCLESカバーしてたんですよ!!!他力本願レジェンド化マイセルフが得意のAGATHOCLESが、またしても伝説に一歩近づいた衝撃的事実です。ノルウェー・ブラックメタル、スカンジナビアン・デスメタル他、そして全てのカルト・アンダーグラウンド・エクストリーム・スラッシュ・ファン必聴の再発盤!!



repugnant-epitome-lp-clear.jpg



・REPUGNANT - Epitome of Darkness LP CLEAR VINYL 税込2,808円 / CD 税込2,376円 (Soulseller)

待望のLP再プレス!!!666!!!もう何回プレスされたも忘れましたが、これはあらゆる意味で常に市場に流通して入手できる状態であるべき歴史的名作だと思いますので、今回のバージョンも張り切って入荷させました。この2017年版は500枚プレスで、クリア・ビニール。もう、今までのバージョンも全てそろえたい!!改めて今聴いても、やはりそう思わされました。CDも久しぶりに再入荷しました!!

今やニッケ・アンダーソン以上にスウェディッシュ・デス・メタル・シーンを代表する世界的ロック・スターになってしまったGHOSTのPapa Emeritus IIIことTobias Forge氏がギター&Vo.のMary Goore、ベースのCarlos Sathanasは自身のR&Rプロジェクト Grgaで7"もリリースしていたIRON LAMBの初代シンガー Gustaf Lindström、ギターのSid E. BurnsことJohan Wallin氏とドラムのTom Bones = Thomas Daun氏の2人もIRON LAMBでex.DISMEMBERという、スウェーデンのデス・メタルとパンクとR&Rのオールスター集合だった伝説的バンド REPUGNANTの、2002年に録音され2006年まで陽の目を見なかった唯一のアルバムです。

まずはサタニックなルックスがカッコイイけど、サウンドはルックスも豪華なメンバー編成も関係なくなるほどに脳天ブチ抜かれるるダーティー・ロウ・デスラッシュでグレート最強カッコイイ破壊力抜群の名作です。鉛のように重厚な感触と時折ブラストするドラミングはデス・メタルですが、楽曲はPOSSESSEDや初期SEPULTURAなどのプロト・デス・メタルな80's スラッシュ・メタルを土台にしたダーク・スラッシュ。ドイツのEXCORIATEもそうだったけど、このバンドもロゴにSEPULTURAからの影響が表れてます。低音域を邪悪に這いずり回るデスラッシュを、初期PROTECTORのようなジャーマン・スラッシュっぽくもあるサウンドで叩きつけていて、ルックス/サウンドともに文句なし。まさに知られざる名曲だったMORBIDカバー Another Visionは、GASTUNKとの共通性も感じさせる最凶悪ドラマチック・ナンバーです。ジャケ、ルックス、サウンド、全てが完璧すぎるスカンジナビアン・デスラッシュ奇跡の歴史的名作!!!必聴&Dieeeeggghhh!!!



maim-ornaments.jpg



・MAIM - Ornaments of Severity LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Soulseller)

2006年結成のスウェディッシュ・デス・メタル MAIMの2017年発表3rdアルバムです。アナログ盤はブラック・ビニールのみの500枚プレスで、ゲートフォルド・スリーブ。

デビュー・アルバムは当店でもけっこう好評でしたが、当時このバンドと掛け持ちしていた(ヘルプのような参加だったみたいですが)メンバーが他でやってたMORBUS CHRONやGHOSTなどがビッグになっていくのに、このバンドの方はなぜか地味な存在のまま地道に続けています。本作はメンバー2人で制作されたようですが、内容は全く問題なくカッコいいです。

スウェディッシュ・デス・メタルの中でもAUTOPSYの影響を強く打ち出したタイプですが、AUTOPSYのアシッドな要素からスカムなテイストを排除して美しいまでに昇華させてしまったMORBUS CHRONのような手法ではなく、もっと王道スウェディッシュ・デス・メタル流のAUTOPSYウォーシップで、NIHILISTと似たところを強く感じます。スロウ・パートもありますがグルーム感をさほど強調せず、シンプルにDISMEMBERなどのスウェディッシュ・デス・メタル・ファンが聴いても気持ちよくヘッドバンギングできる疾走感がメインです。大味なスウェデスだとアルバム1枚持たない、というような人でも、AUTOPSYを通過したこういうタイプならば聴きこめるでしょう。音圧でカバーしようとしないところも素晴らしい。NIHILIST系スウェディッシュ・デス・メタル・ファンと、AUTOPSY影響下デス・メタル好きはぜひチェックしてください!!


Death Cult from the Graves!!


exempt-awakening.jpg



・EXEMPT - Awakening Morbidity CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

スウェーデン・ヨーテボリで1990年に結成され4年ほど活動したデス・メタル・バンドのデモ集CDが、スペインのDark Blasphemiesから限定500枚でリリース。INVERTEDやNOMINONのメンバーも在籍して、活動時はデモのみの発表で終わったようですが、1992年のIll Health DEMOは、USカルト・レーベル Wild Ragsからのリリースだったそうです。


Tracks 1-8 : Wake Up DEMO (1991年)
Tracks 9-14 : Ill Health DEMO (1992年)
Tracks 15- 18 : Demo 1993


スラッシュ土台のデス・メタルで、KREATORからの影響を感じさせるフレーズやリフが随所に聴かれるけど、スウェディッシュ・デスラッシュ代表格のMERCILESSとはスタイルが違い、Extreme Aggression期あたりのKREATORっぽいソリッドさとフレーズです。特に最後期の音源となったDemo 1993はオブスキュア・デス・メタル・ファンにはたまらない感覚が充満していて、ダッチ・デス的でもあるゴリゴリ・ソリッドな感触や、東海岸型USデス・メタル風のダイナミズムが、これぞスカンジ・デス!なエピックさと展開の激しい曲調の中でぶつかり合っています。INVERTEDやSORCERYなどのスウェディッシュ・デス・メタル・ファンは間違いなく必聴デス!!



abiosis-absence.jpg



・ABIOSIS - Absence of Life CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

1990年代前半のUSカリフォルニアに存在したデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDが、スペインのDark Blasphemiesから限定500枚でリリース。1992年にデモを2種残してた以外は記録の見つからないバンドで、恐らくここに収録されている7曲が全録音ではないかと思います。


Tracks 1-3 : Abiosis DEMO (1992年)
Tracks 4-7 : The Killing DEMO (1992年)


MORBID ANGELとSLAYERの中間地点のような、ズグズグと低音域を徘徊するスラッシュ・リフとテクニカルなフレーズとで構成された楽曲は、初期Wild Ragsバンドのようなデスラッシュ好きにはかなりオススメです。MORBID ANGELとSLAYERをつなぐ場合、普通はPOSSESSEDの存在が重要になるのですが、このバンドはなぜかPOSSESSEDのテクニカル・スラッシュな雰囲気はほとんど感じられなくて、どちらかと言えば低音Vo.のせいもあってSEPULTURAっぽく聴こえたりもします。うまく説明出来ませんが、アメリカのスラッシュからデスへの過渡期バンドが好きでしたら、スラッシャーにもオススメのナイス発掘盤デス!!

Death Cult from the Graves!!






・CIANIDE - The Dying Truth LP 税込3,240円 (The Crypt)

アメリカン・デス・メタルにおけるHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイル最高峰の一つ、シカゴのCIANIDEの1992年発表1stアルバムが、アナログ盤も待望の再発。オリジナルはコレクターに人気のGrindcore InternationalからCDでリリースされ、2011年にThe Cryptからデモもプラスした2枚組で初ヴィニール化されるも早々に完売しました。今回はオリジナル・アルバムそのままの内容での初単独LP化再発で限定500枚プレス。ltd.200枚プレスのクリア・ビニールで入荷しています。

HELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイル最高峰の一つ、と言いましたが、同類のUS最高峰バンドのWINTERやDIVINE EVEなどのような退廃感より殺伐とした荒涼感が凄まじく、最高峰と呼ぶよりは極悪度指数ナンバーワン、と言った方が良いのかも知れません。シカゴ・デス・メタルならではの無骨さも激渋で、HELLHAMMERではなく回転数を落としたCELTIC FROSTに近いブルタリティーは、SHEER TERRORやSECOND TO NONEなどのビートダウンの極北バンドが好きなファンにもぜひ聴いてもらいたいです。ドゥーム・デス・メタル・ファン必聴のマスターピース!!







・DUSK - Dusk / ...Majestic Thou In Ruin 2LP 税込3,996円 (Dark Symphonies / The Crypt)

USウィスコンシンのドゥーム・デス・メタル・バンドの、94年発表1stと95年発表2ndをカップリングした2枚組LPが、The Cryptから限定500枚でリリース。ltd.150枚オックス・ブラッド・ビニールと、同じくltd.150枚のシルバー・マーブル・ビニールの2種入荷しています。1st CDのオリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、2ndが地元の超ド・マイナーなレーベルから出ていましたが、近年高まってきた再評価と比例して、超オブスキュアなリリースだった2ndの方のオリジナル盤CDが最近では1万円以上で取引される人気のメガ・レア高額アイテムと化しています。


LP1 : Dusk (1994年)
LP2 : ...Majestic Thou In Ruin (1995年)


オーストラリアの伝説的ドゥーム・デス・メタルdiSEMBOWELMENTからの影響を公言していて、サウンドもまさしくdiSEMBOWELMENT直系のエピック・グルーミィー・デス・メタルです。1st CDはスロウ・パートと言うよりもミドル・テンポ中心に変拍子や転調を繰り返しながらも、曲を構成するデス・メタル・リフは沈み込むような北欧バンドのような叙情的感触で、さらにそこにキーボードでゴシックな展開も大胆に盛り込んで、ストレンジですがアングラ・デス・メタルとしてのカルトな魅力と完成度は文句なし!!MORTHRA, DEAD END, PHLEBOTOMISED, MOURNINGなんかのダッチ・デス・メタルのlowエピックなバンドが好きな人には絶対オススメです。2ndはIT IS IやMORGIONのようなカリフォルニアのエピック・ドゥーム・デスにも似た雰囲気も出てきてますが、アヴァンギャルドな感覚はやはりdiSEMBOWELMENT直系でしょう。ラストは耽美な雰囲気漂う女性Vo.でフィニッシュ。実にThe Crypt / Dark Symphonisらしいグレートなリイシューと断言し、自信を持ってオススメできる内容デス!!







・SCARECROW / INDULGENCE - Deo Optimo Maximo SPLIT CD+DVD 税込2,484円 (Thrashing Madness prod.)

NWN!からのアナログ盤が先に入荷していたポーランド・スラッシュ/デス・メタル SCARECROWのディスコグラフィーCDです。後にメンバーが関わったINDULGENCEというバンドとのカップリングで、ボーナスDVDもセットにした2枚組。ブックレットの作りも良いですし、大きな帯も付いています。


DISC 1 CD
Tracks 1-6 : SCARECROW "Deo Optimo Maximo" (Demo 1989).
Tracks 7-9 : SCARECROW - Rehearsal 1991 /bonus/
Tracks 10-17 : INDULGENCE "Embodiment of Evil" (Demo 1992)

DISC 2 DVD
Tracks 1-5 : INDULGENCE - Live at Klub Kabel, Bydgoszcz, 11.11.1992
Tracks 6-10 : INDULGENCE - Live at Klub Solna, Bydgoszcz, 13.06.1992
Track 11 : SCARECROW - Live at Dom Kultury ZNTK, Bydgoszcz, 02.02.1991


SCARECROWはジャーマン・スラッシュ・メタルに影響を受け1987年に結成されたそうで、解散した1991年までに2種のデモを残しているようですが、もう1種は恐らくこのデモを英語詩で再録したものではないかと思います。ジャーマン・スラッシュのどの辺に影響されたのか?と推測するようなレベルには達していない、冷戦時代の東欧らしいミステリアスな薄暗さが充満した極上のオブスキュア・サウンドです。ジャーマンPOISONやSARCOFAGO的なハードコア・スピードでデスラッシュをやったような感じは、最初期ROOTやペルーのHADEZなんかのNWN!カルト・リイシューが好きだった人に超おすすめ!!INDULGENCEはSCARECROWよりはもうちょっと整然とされた感はありますが、楽曲はハードコア・クロスオーバー風の部分もあるけど、チャラけたムードは一切なく、東欧独特の暗さが覆ったスピードコア・デスラッシュが異様でこれまた最高カルトdeath!!







・PANDEMONIUM (Poland) - The Ancient Catatonia CD 税込1,620円 (Old Temple)

先にThe Crypptからのアナログ盤が入荷していた1989年結成で今も現役の東欧ポーランドのブラック・デス・メタル・バンド PANDEMONIUMの1994年発表した1stアルバム再発盤CDです。手書きナンバリング入り。

これとほぼ同時にNWN!から1992年のデモもLP化再発されて、ちょっと注目を集めていたバンドです。東欧らしい独特の感覚を持ったドゥーミー・ブラック・デス・メタルで、これはまさにカルト・クラシック。CELTIC FROSTリフじゃないドゥーム・スラッシュをブラック・デス風味に演奏、なんて言うと全く何言ってるのかわかりませんが、つまりスラッシュやデス・メタルのスロウ・パートで使われるような"捨てリフ"をつなぎ合わせたような非常に不思議な感触で、ドゥーム・メタルの脱力感とは違う退廃感が充満しています。美意識が欠如したSAMAELのような感じでもありますが、その美意識の皆無を補ってるのが東欧独特の無感情な冷徹さで、機械的な暗黒インダストリアル・ドゥーム的でもあります。しかも"捨てリフ"のオンパレードなので、無感情でありながら恐ろしいまでにプリミティブ。これ以上説明しても、「拷問級ゴミだけど激渋」とか、相反することしか言えないので、とにかくコレは1度聴いてもらうしかありません。ジャケの雰囲気も素晴らしい。これぞ東欧鋼鉄の醍醐味!!







・CRYPT OF KERBEROS - Cyclone of Insanity / Visions Beyond Darkness + Demos CD 税込1,944円 (Dark Symphonies / The Crypt)

日本でも初期デス・メタル・ファンに人気の高いスウェーデンのCRYPT OF KERBEROSのコンピレーションCDが、Dark Symphoniesからリリース。Dark Symphoniesのアナログ盤専門レーベル The Cryptから2010年にリリースされたボックスセットはもちろん入手困難ですし、CDのコンピレーションとなると、2005年にオーストラリアのレーベルからリリースされたThe Macrodex Of War CD以来となりますから、これは嬉しいデス・メタル・ファンも多いことでしょう。アルバム音源以外のデモとシングルをまとめた全17曲入りです。


Tracks 1-5 : Demo 91
Tracks 6-11 : Promo 91
Tracks 12-13 : Cyclone of Insanity 7" (1992)
Tracks 14-15 : Visions Beyond Darkness 7" (1991年)
Tracks 16-17 : Into The Ruins EP (2012年)


復活後の2012年EPも最後に入ってますが、基本的には1993年に1stアルバム "World of Myths"でメロディック且つプログレッシブなデス・メタルを確立する以前の、まさにマニアのためのような暗黒時代音源で構成されたCDです。BOLT THROWERの淡々としたスロウネスをPROPHECY OF DOOMやDEVIATED INSTINCTなども彷彿させるステンチネスで表現したようなサウンドは、ドゥーム・クラスト好きにもオススメしたいカッコよさ。しかし2nd 7"からメロディックなギターを前面に出し、楽曲自体もエピックさを備えた重厚さへと深化しました。この、1st 7"のロウ・ノイジー・アグリネスと、2nd 7"でのスウェディッシュ・デスの完成形のようなスタイルとの対比は、いつ聴いても本当に凄い。そしてカッコいい!!GRAVEやETERNAL DARKNESSなどのファンはもちろん必須の暗黒スウェデス・カルト!!

Black till Death!!

occvlta-nightwithout.jpg



・OCCVLTA - Night Without End CD 税込2,160円 (Dying Victims prod.)

ジャーマン・ブラック・メタル OCCVLTAの1stアルバムCDが、ドイツのDying Victimsからリリース。当店には過去にSALUTEとのSplit 7"が入荷していたバンドですが、当店で付き合いのあるレーベルやバンドの近況をチェックしたりしているとけっこう頻繁に登場してくるバンドで、実際そういった業界関係者にもすこぶる好評です。この1stアルバムは、NYのElectric Assaultからアナログ盤も近々リリースされる予定です。

完全なHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイルで、ブラック/デス/スピード・メタルのシーンでこのスタイルを1つのサブ・ジャンルとして確立させたWARHAMMERもドイツ出身だったのを思い出してしまいましたが、OCCVLTAの場合はかなりDARKTHRONEテイストが強いのが特徴です。WARHAMMERは凶暴さよりもオタクなマニアックさが強くて、そこもまたナイスだったわけだけど、このバンドはより殺伐とした退廃感が強いです。AURA NOIRのヨーロッパ・ツアーに同行するサポート・バンドにも抜擢されて、特に北欧のメタル・シーン関係者に注目されるのも納得の冷たさが素晴らしく渋い。と言うか、ホントまるでDARKTHRONEのPanzerfaustアルバムでHellhammer-Frostパートを聴いてるように錯覚してきます!!しかもラストはCELTIC FROSTも越えて完璧なDARKTHRONEウォーシップ・ブラック・メタル・ナンバーでフィニッシュ!!おすすめデス。



clandestineblaze-cityof.jpg



・CLANDESTINE BLAZE - City Of Slaughter CD 税込1,620円 (Northern Heritage)

DEATHSPELL OMEGA, STABAT MATER, FLESHPRESS, GRUNT, CREAMFACE, Northern Heritage Records, Lolita Slavinder Records, etc、ブラック・メタル/ドゥーム・メタル/ノイズ/インダストリアル/グラインドコア/レーベル活動/ポルノ雑誌&ビデオ・プロデューサーなど、音楽活動も越えた各方面でアンチ・ヒューマン/タブーを表現するアーティスト Mikko Aspa氏によるフィンランド・ブラック・メタル代表格 CLANDESTINE BLAZEの2017年発表最新9thアルバムCD。

CLANDESTINE BLAZEの作品をBOYで入れるのはかなり久しぶりです。確か、DEATHSPELL OMEGAもいろいろ追いかけて、Crushing the Holy Trinityコンピレーションくらいまで頑張って勉強してた頃だったから、もうかれこれ10年くらいぶりの入荷でしょうか。伝統的なフィンランド・スタイルの悲哀叙情ブラック・メタルに、Mikko氏らしい殺伐アトモスフィアーなパートも導入して、個人的にも久しぶりに聴いたけど、やっぱり今も素晴らしく激渋カッコいい。北欧の人々の心の闇を集約したようなブラックホール国 フィンランドならではのブラック・メタル最高峰。全作品入れるのしんどいから今回は最新作だけですが、全ブラック・メタル・ファン間違いなく必聴です!!



imhotepzine11.jpg



・IMHOTEP ZINE #11 + ABIGOR "Kingdom of Darkness" 7" 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

ノルウェー・ブラック・メタルの伝説的な時代とも言える1990年代から不定期ながら発刊を続ける、Slayer MAGAZINEと並び北欧ブラック・メタル・ファンには有名なノルウェーのIMHOTEP ZINEの最新11号。この号はNWN!とコラボレーションして、オーストリア・ブラック・メタル ABIGORの7"付きで発売されました。入荷遅れましたが、ABIGORのEPは先着100枚限定のパープル・ビニールです!!

この号は、オーストリアABIGOR、ノルウェーMAYHEM、スウェーデンWATAINのブラック・メタル・レジェンド3バンドのみに限定して掲載した特別号で、3バンドのインタビューが膨大な量で掲載されています。どのバンドも歴史を振り返ったバイオグラフィー的な箇所から、より突っ込んだブラック・メタル論などまで語っていて、ダイハードすぎない信者でもけっこう取っつきやすいインタビュー構成ではないかと思います。WATAINなんかErik氏のレコード・コレクションやフェイバリットみたいな話までして、さすがスター性とマニア性の両面をアピールするErik氏らしく、カッコいい写真の数々に紛れて自分の部屋の写真も載せています。A4サイズ/全108ページ。

そしてABIGORの付属シングルがブラック・メタル・コレクターにはかなり魅力的で、A面は初期曲の2016年再録、そしてB面は1994年と1996年のインストゥルメンタル・リハーサルを収録。EMPERORに匹敵する残虐なシンフォニック・メタル・サウンドが素晴らしかった初期の曲は、再録バージョンでも本当にカッコいいです。7"のジャケも最高!!



ukulten-keziah.jpg



・UNAUSSPRECHLICHEN KULTEN - Keziah Lilith Medea (Chapter X) DIGIPACK CD 税込1,944円 (Iron Bonehead prod.)

現行クトゥルー・デス・メタル最高峰バンドの一つ、チリのUNAUSSPRECHLICHEN KULTENの2017年発表最新4thアルバム・デジパックCD。今回はDark Descentを離れて、前作Split 7" / PENTAGRAM CHILEも出していたドイツのIron Boneheadからのリリースです。

その前作Split 7"では、MORBID ANGEL系のカオティックな激烈性よりもメロディックなギターが印象的でしたが、本作も過去作品より混沌さがだいぶ黄昏ていて、FATHER BEFOULEDのようなINCANTATION系デス・メタルのファンにも強くアピールするような作風になっています。メロディックなギターも要所を見事に押さえていて、ちょっとGOREPHILIAの最新作 Severed Monolithにも通じるところがありますが、BLOOD INCANTATIONほどTIMEGHOUL型SFデス・メタルには接近していなく、やはりUNAUSSPRECHLICHEN KULTENらしい激烈性は損なわれてはいません。前より聴きやすくなった分、ダイハードな信者で物足りなく感じる人もいるかもだけど、完成度は文句なしでしょう!!


warfield-conquering.jpg



・WARFIELD - Conquering the Black Horde CD 税込1,620円 (Calamity prod.)

RAPED GOD 666やHACAVITZのメンバーが在籍するメキシカン・ブラッケンド・デス・メタルの2009年1stアルバムです。ラストにSEPULTURAの名曲 Tropps of Doomカバーを追加収録した9曲入りのタイ盤での入荷です。

北欧ブラックに影響されたスタイルで、RAPED GOD 666ファンならばそんな偏見もないでしょうが、中南米特産のボロボロな演奏などとまるで違う、むしろ演奏力はかなり高い方で、マシンのようなドラミングもモノ凄いです。ギタリストがex.RAPED GOD 666なので演奏も素晴らしくシャープ。北欧ブラックの中でも、スウェディッシュ・ブラックのスタイルに近いでしょうか。ドラマチック&ブルータルにキラーなオールドスクール・デス・メタル・リフ&メロディック・フレーズを連射する、WATAIN, NECROPHOBIC, AT THE GATES, DISSECTIONなどのブラッケンド・デス・メタル・ファンにオススメ!!



iskra-ruins.jpg



・ISKRA - Ruins DIGIPACK CD 税込1,944円 (Southern Lord)

カナダ・ブリティッシュコロンビアのベテラン・ブラック・メタル・クラスティーズ ISKRAの、2015年にLPで発表した最新作3rdアルバムが、Southern LordからデジパックでCD化。クラスト・パンク・シーンに於いてアナーキスト・メタルというスタンスを早くから実践していたバンドでしたが、アンダーグラウンド・ポリティカル・クラスト・シーンでの風格とは裏腹に、日本ではメタル・シーンでは全くと言っていいほど知られていなかったと思います。この作品のアナログ盤は北米/南米/欧州の3レーベルでリリースされていましたが、いずれもクラスト・シーンで活動するレーベルからだったため、このSouthern LordsからのCD化によってISKRAを初めて知った日本のエクストリーム・メタル・ファンも少なくないことでしょう。オリジナルの10曲にボーナス3曲をプラスした全13曲入り。

これはSouthern Lord、良い仕事したのではないでしょうか。当店も久しぶりに入荷したバンドですが、クラスト・ブラック・メタルとして完成され尽くしていて、しかもハードコアの攻撃性の土台は揺らいでなく、エクストリーム・メタル・ファンに絶対に聴いてほしい傑作です。オールドスクールなブラッケンド・デス・メタル・リフとアグレッシブなリズム隊のコンビネーションが素晴らしくロウで、起承転結も踏まえた曲構成は、メタル・トレンドのデス・アンビエントなエクスペリメンタル要素が皆無だから、言わば人力ドラマチック、とでも言いたいガムシャラなパワーが最高です。このままDark DescentかUnspeakable Axeから出しても全く違和感なし。LOOKING FOR ANSWERの新作と並んでメタル・ヘッズに大推薦のブラッケンド・クラスト・メタル強力作!!あまりにもゴリゴリ・アグレッシブなので忘れてたけど、そういえばVo.は女性です。



crurifragium-beast.jpg



・CRURIFRAGIUM - Beasts of the Temple of Satan CD 税込1,728円 (Invictus prod.)

Invictus prod.からリリースされたUSシアトル出身ブラック・デス・メタル・バンドの2017年発表1stアルバムCDです。熱心なマニアの方から注目バンドと教えてもらってたWARPVOMITというバンドが居まして、そのバンドが発展して今やってるのが、このCRURIFRAGIUMになります。全員、元WARPVOMITです。北米ウォー・ブラック・メタル・ファンは、ぜひチェックしておいてください。

BEHERITがエレクトロニクスやミニマルな要素をブラック・メタルに持ち込み、非メタルのノイズ/アヴァンギャルド方面のリスナーも呼び込んだ結果、現在の欧米ブラック・メタルのファン層はそういったアヴァンギャルド・ミュージックの方が根っこにある人と、ヘヴィメタルの歴史をたどって究極の原始的サブ・ジャンルにまで行き着いた人とで形成されているのかと思います。ベルギーのPERVERTED CEREMONYが、無名の新人では異例の爆発的な反響を呼んでいる最大の要因は、その双方のタイプのブラック・メタル・ファンを惹きつけるキャッチーさにあると思うけど、このCRURIFAGIUMは現代の北米ベスチャル・デス・メタル代表格 WEREGOATにもじるスタイルを、REVENGEやCONQUERORも彷彿させるアグレッシブな演奏でタイト且つカオティックに表現しています。プリミティブなデス・メタルのルーツも感じさせて、PROCLAMATION, ARCHGOAT, BESTIAL WARLUSTなどのファンにも絶対オススメの注目株!!

Ataque Thrash!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩完了できなかったスラッシュ・メタル系と南米デスラッシュ/パンク系商品を先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。



rodrigod-cd.jpg

・V.A. - Rodrigo D. No Futuro CD 税込1,944円 (Madman prod.)

2007年版CDも入荷!当時の写真はもちろんピンボケばかりですが、ブックレットもなかなか良く出来ています。

オリジナルは1990年にリリースされていて、南米カルト・パンク&メタル双方のマニアックスには伝説的に語り継がれているという幻メガ・レア・コンピレーションの再発盤です。ギャング映画のサウンドトラックとして発売されてたそうですが、オリジナル盤は$200前後で取引される南米コレクター憧れのレコードのようです。NWN!オーナー氏も「知らない人が多いけど、これは最高のオムニバスなんだぜ!」と言ってました。


SIDE A / LADO PUNK :
1. PESTES - Dinero
2. PESTES - Nunca Triunfé
3. PESTES - No-No
4. MUTANTEX - Sin Reacción
5. MUTANTEX - Ramera Del Barrio
6. MUTANTEX - Estúpidas Miradas
7. MUTANTEX - No Te Desanimes Mátate
8. P-NE - No Mas Clases
9. AMEN - Sala Negra (Heavy Metal)

SIDE B / LADO METAL :
10. EKRION - Violentas Arenas
11. AGRESSOR - Poseido
12. PROFANACION - Profanación
13. DEXKONCIERTO - Tu Futuro Es Muerte
14. BLASFEMIA - Postmortem
15. MIERDA - Sucias Entrañas


A面のパンク・サイドに関しては全く知らないバンドばかりなので、もうちょっと南米パンクに詳しいお客さんにも尋ねてみましたが、やっぱり1つも知ってるバンドはないそうです。前半は70'sパンク・スタイル中心ながら、P-NEはイタリアン・ハードコアのようなレイジング・スラッシュでカッコいいですし、A面ラストのAMENは完全なスラッシュ・メタルで、しかもB面に名を連ねるアナーキーなノイズ・デスラッシュ連中より全然真っ当なサウンドです。そしてB面はもう・・・BLASFEMIAが入ってる時点で想像できる通りの、意味不明の展開とただ怒ってしゃべってるだけのようなデスラッシュ・メタル・チューンの連発で最凶素晴らしい!!こんなのをサントラにしてるんですから、映画自体もかなりバイオレンスなカルト・ムービーらしいです。南米デストロイ・ノイズ・メタル・ファン必聴&Dieee!!!



reencarnacion-visiones.jpg



・REENCARNACION - Visiones terrenales CD 税込1,620円 (Sudaca)

コロンビアが生んだ究極のカルト・ノイズ・メタル REENCARNACIONの2000年発表3rdアルバムCD!!!888!!!この辺の迷走期作品も以前から入れてみたかったんです。このアルバムのオリジナルは限定150枚というミニマムなプレス枚数で自主リリースされてた作品で、もはやメタルでもない音楽なのですが、内容の奇怪さがウワサを呼んでいました。限定500枚の再発盤です。

この作品ではなんとフォークにチャレンジしていて、延々とアコースティック・ギターで暗い旋律を奏でています。でもやっぱりアタマがおかしいので、時々アンプにつなげて音を出したかったのか、楽器屋で試奏してここぞとばかりにメタル・ギターを弾いてる人のような音がかぶさってきます。ジプシーキングスの出来損ないみたいな哀愁もあって、驚いたことに最後まで聴ける作品なので、珍盤/怪盤マニアにはかなりオススメです。



reencarnacion-mas.jpg



・REENCARNACION - Mas hombres, menos estatuas CD 税込1,620円 (Sudaca)

こちらは2006年発表4thアルバムCDで、オリジナルは自主リリースされていたようです。これは2015年版の限定300枚再発CDです。

MAYHEMが影響されたと語ったことで注目を集めたコロンビアのREENCARNACIONは、PARABELLUMやBLASFEMIA等のコロンビア・ノイズ・メタル・バンドよりも独創性が強かったことでも知られていますが、この作品はその差別化が完全に裏目に出てしまい、マニアからは駄作として大ブーイングを浴びました。クソ長い語りに続いてスタートしたオープニング・ナンバーの時点で、ダイハード・デス・ノイズ野郎はもう我慢の限界に達してるかも知れませんが、「南米ハードコア・パンクっぽさもあるスラッシュになってるんだな?」と強引に納得して、もうちょっとだけ辛抱して2曲目まで聴いてください。そして2曲目が始まった途端にプレイヤーを破壊して、ディスクを叩き割りましょう!!!これがあの、REENCARNACIONのなれの果ての姿です。ホント最高だなぁ、この人達。REENCARNACION信者は必聴と敢えて言わせてください!!



blasfemia-30anos.jpg



・BLASFEMIA - 30 Anos 1986-2016 DIGIPACK CD 税込2,160円 (Triumvirate of Evil)

PARABELLUMメンバーが在籍した伝説のコロンビア・カルト・デスラッシュ・メタルのディスコグラフィー・アルバムCDバージョンが、装いも新たに久しぶりに限定500枚デジパックでリリース。F.O.A.D.のアナログ盤は日本にもたくさん入ってきてたけど、CDで探してた人も多いのではないでしょうか?今回はRAMONとのSplitデモCDR音源も追加してあります!!


Tracks 01-04 : "Guerra Total" EP (1988年)
Track 05 : Unreleased track from "Guerra Total" CD
Tracks 06-07 : from "Dioses/Humanos y bestias" CD (2013年)
Track 08 : from Split CDR with RAMON (2015年)


ファズ・ギターで刻むノイズ・サウンドによる曲は一体何を表現したいのかわからず、そして演奏レベルは小学校の鼓笛隊以下で、Cogumelo recsあたりのバンドの足元にも及ばないノイズ・デスラッシュは、いつ聴いても凄まじいです。完全な拷問メタルだけど、1度聴いて激怒して、そしてまたチャレンジして挫折して、さらにまた聴いてボロボロにされてみたくなる、まさしく麻薬王国コロンビアが生み出した中毒性の高い原始的雑音鋼鉄カルトの究極!!!666!!!限定500枚って枚数は十分すぎるような気もしますが、非常に流通薄なので、逃すことなく確保してください。


lapestilencia-lamuerte.jpg



・LA PESTILENCIA - La muerte... un compromiso de todos / Las nuevas aventuras de... CD 税込1,944円 (Malicia Indigena)

コロンビア・デス・メタル・キングス MASACREの初期中心メンバーだったギタリスト Dilson Diaz氏がVo.をとるハードコア・パンク/スラッシュ・バンドの、1989年発表1stアルバムと1993年発表2ndアルバムのカップリングCD、2001年版?です、たぶん。Mercury? Polydor? 目を疑うような会社名とロゴが掲載されてますが、流通がメジャー・レーベル、っていう意味なんでしょうか?いや、絶対違うな。それにしては完全な地下流通で当店に流れてきたし、ジャケ・ブックレットもまぁ考えられないような箇所で折れ目が入ってたりしてるので、南米クォリティーは覚悟のうえでご注文願います。


Tracks 01-18 : "La Muerte... Un Compromiso de Todos" (1989年)
Tracks 19-31 : "Las Nuevas Aventuras de..." (1993年)
Track 32 : ボーナス・トラック (クレジット表記なし)


Dilson Diaz氏は、愛知のカルト・グラインド・パンク・レーベル Standard Of Rebellion aka Sound Of Burialから7"出してたグラインドコア・バンドのCONFUSIONもやってたし、この2作品でのギターはコロンビアNEUROSISのメンバーが担当していて、さらに2ndアルバムはMASACREの他メンバーとREENCARNACION初期ドラマーまでも参加しています。コロンビア・カルト・メタル・オールスター・ラインナップのような編成で、1999年にMETALLICAが初めてコロンビアでコンサートをやった時のオープニング・アクトも務めたそうです。しかしサウンドはかなりパンキーな南米クロスオーバーで、ハードコア・パンクと言っても差し支えないでしょう。南米グラインド・パンクによくある、陽気なパンク・ナンバーにいきなり低音Vo.のブラスト・パートが割り込んでくるようなところもあります。ジャケのセンスも含めて、コロンビア・パンク/メタル・ファンならばコレクションに加えたくなるようなCDですので、この機会にぜひ確保してください!!



contumacy-reverence.jpg



・CONTUMACY - Reverence of Putrefaction CD 税込1,728円 (NecroNausea)

以前に1stデモ7"EPが入荷して好評だった南米チリのデス・メタル・バンドのデモ音源集CDです。グロッシーな紙質でインサートも付いた、南米レーベル製作とは思えないなかなか良いし仕上がりです。限定300枚!!


Tracks 01-04 : "Ciudad Del Infierno" Demo 2015
Tracks 05-09 : Demo/Rehearsal 2014
Tracks 10-13 : Demo/Rehearsal 1992
Tracks 14-18 : Demo/Rehearsal 1990


ペルー・デス・メタル重鎮 KRANIUMや、Deathrash ArmageddonがCD再発したILLAPAのメンバーが在籍した、知る人ぞ知るオブスキュア・デス・メタルでしたが、2013年から活動を再開しているようです。そしていきなり復活後の音源からCDはスタートするんですが、これがかなりカッコいい!!DEATHやOBITUARYに強く影響された南米デス・メタル、といった感じの王道スタイルだけど、ホントかっこいい。そしてCDが進むにつれて90年代の音源になると、
ブラック・メタル期HADEZも彷彿させるグダグダのズルズル・プリミティブ・デス・メタル・サウンドで、これぞ南米シーンでも要注意ランキングの高いペルーらしい極悪サウンドです。南米崩壊デス・ノイズ・メタル・ファン必聴!!



coprofagia-sades.jpg



・COPROFAGIA - Sade's Inheritance DIGIPACK CD 税込1,728円 (Rex Bagude)

1991年結成メキシカン・スラッシュ・メタル・バンドの1994年デモにボーナスを加えた7曲入りデジパックCDです。1996年にIRAと改名して、現在も活動を続けるベテラン・バンドの前身時代音源となります。

Metal Archivesではデス・メタルにくくられていますが、サウンドはかなり正統派なパワー・スラッシュで、しかもメヒコの94年音源と言われて思い浮かぶようなプアー・クオリティーじゃないカッコよさで、ちょっとビックリです。ギターが素晴らしくエピックで、IRA発展後は完全なメロディック・パワー・スタイルになってるようですが、このCOPROFAGIA時代デモCDだと、エピックさがちょっとROOTとかCRUXみたいな感じもあってとにかく渋い!!中南米産とか関係なく、エピック・パワー・メタル・ファンにオススメです!!



atoxxxico-demos-lp.jpg



・ATOXXXICO - Demos, Rarities LP + Punks de Mierda EP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,780円 (F.O.A.D.)

1987年に結成され、M.E.L.I., MASSACRE 68, XENOFOBIA, SEDICION, GPK, etcとともに80年代のメキシカン・ハードコア・パンク・シーンを盛り上げたカルト・パンク・スピードコア・スラッシュ ATOXXXICOのデモ・コンピレーション・アルバムがF.O.A.D.から結成30周年記念盤としてリリース。日本でも人気の高いバンドですが、Speed StateからのディスコグラフィーCD以降、コンピレーション・アルバムなどは全く出てなかったし、アナログ盤でのコレクション・アルバムは今回が初のリリースではなかったかと思います。写真やフライヤー満載の大充実全12ページ・ブックレットと、そして1987年発表幻のメガレア・シングル "Punks De Mierda" 7"のレプリカがボーナスEPで付いた嬉しすぎる記念盤リイシュー!!限定ダイハード・バージョンはカラー・ビニールで、7"も同じカラーの盤になっています。


* TV Demo (1988)
* the Demo 1993 recorded in LA,
* 6 songs recorded live in D.F. in 1989
* Punks de mierda 7" (1987)


メヒコ・スラッシュ、と聞くとメタル・ヘッズならばTRANS METALのような直線刻みのズグズグズグズグ・・・というのが思い浮かぶでしょうし、デスやグラインド・ファンならばやはりプリミティブなノイズ・メタル・スタイルを思い出す人が多いでしょう。このATOXXXICOはHERESYやD.R.I.なんかにも通じるスピードコアを素晴らしくタイトで畳みかけるような疾走感で演奏したハードコア・スラッシュで、個人的にはこのLPでも収録されているTV Demo 1988なんか、ガビガビ・ノイズとスピード感が最高にマッチしていた頃だと思います。1993年のデモはけっこうクロスオーバー・テイストが増してますが、そう言えば初期ANARCHUSのギタリスト Miguel "Thrasher" Cortesも在籍してました。そういうこともあって、昔も今もメタル・シーンと密接なハードコア・パンク・バンドでもあって、Avanzada Metalica主催のライブでFEAR FACTORYの前座や、近年はSTRIKE MASTERなんかと共演のライブ・フライヤーもブックレットに掲載しています。しかし、ファンにとってやっぱり嬉しいのは、1st 7"のレプリカがボーナスで付属してるところでしょうか。これは本当にめったにお目にかかれない超お宝ウルトラ・レア・クラシックですよ!!

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR