RECORD BOY

Southern Death Cult Metal!!


**毎週水曜は当店の定休日ですが、中南米デス・メタル再発商品が少し到着していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。


nemesis-colombia-loque-diehard.jpg



・NEMESIS (Colombia) - Lo Que Siento Por Ti / Hombre: Oveja Negra del Universo DIE HARD 2LP 税込4,620円 / REGULAR 2LP 税込3,300円 (Nuclear War Now!)

2017年にフランスのEpidemia RecordsがEPとデモを発掘再発して南米崩壊メタル・マニアに大好評だったコロンビア NEMESISのコンピレーション・アルバムがNWNからリリース。1988年EPと1990年デモをまとめて、活動時に残したスタジオ音源を恐らく全てここに集約した2枚組LPで、ミニポスター状インナーの写真も良い具合です。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、パッチ&ステッカー付。


Tracks 1-9 : “Lo que siento por ti” Demo (1990年)
Tracks 10-11 : “Hombre: oveja negra del universo” EP (1988年)


このバンドは1980年代前~中期にPARABELLUMとBLASFEMIAに在籍して、当時は犯罪都市として悪名の高かったメデジンで勃発した一大崩壊鋼鉄ムーブメント、通称 "ウルトラ・メタル"シーンを担ったギタリストの故Jhon Jairo Martinez氏が80年代後期~90年代に率いてたバンドです。彼は1998年に刺殺されこの世を去りましたが、もしかしたら彼の人生の最後期は、このバンドにかなりの情熱を費やしていたのかも知れません。

ドラマーがREENCARNACIONにも在籍したこともある人物とのことで、これはもうコロンビア産崩壊音楽の中でも最凶の部類のデタラメ・メタルが飛び出すのかと思いきや、やはり人間は成長するもので、かなり欧米のスラッシュ・メタルのパターンの模倣っぽくはなってきています。しかも、けっこうメロディックなソロも入れたりしながら、楽曲はちょっとヨーロッパのテクニカル・スラッシュのような変拍子を繰り返した複雑な構成にチャレンジしてるみたいな感じで、まるでDESTRUCTIONやCORONERなんかに影響された南米デスラッシュのようです。しかし技術もセンスも音質も、全てもちろん南米クォリティーなのでやっぱり最凶!!TOXODETHファンに絶対オススメです。デモは7"では時間制限があって出来なかったことを好き放題やってるような感じもあり、これがまたヘヴィメタルの様式とアヴァンギャルドな感覚の絶妙なブレンドとなっていて、曲の複雑さがMEKONG DELTA級になってしまったせいで、REENCARNACIONにも近づいたような凄いことになっています。演奏力は数ミリ成長しても、精神状態は7"の時よりもムチャクチャそう。ウルトラ・メタル・ファン狂喜のコンピレーションdeath!!



genocidio-brazil-depression.jpg



・GENOCIDIO (Brazil) - Depression DIGIPACK CD 税込2,200円 (Black Hearts)

1988年発表1st 12"が、HOLOCAUSTOやEXTERMINATOR級の初期ブラジル・デスラッシュ崩壊カルト名盤として語り継がれるサンパウロ出身バンド GENOCIDIOの1990年発表1stフルレングス・アルバムCDが、デジパック新装再発。CDは1999年に母国ブラジル盤で1度だけリリースされていましたが、なかなかお目にかかれない流通極悪盤でしたので、これはマニアには嬉しい再発かと思います。

イーヴィルだけどSARCOFAGOほどブラック・サタニック色は強くなく、KREATORの2ndっぽい落下型イーヴィル・スラッシュが、南米テイスト満点に崩壊したような感じの1st 12"から少しだけ進歩していますが、基本スタイルがさほど変化していないので、ブラジリアン・デスラッシュ・マニアにとっては最高の仕上がりになっています。もちろんドヘタではありますし、VOIVODあたりまで視野に入れようとしてしまったようなフレーズまであって、相変わらずの崩壊感ですが、1st 12"の崩壊っぷりは極めてグダグダで手に負えない状態でしたから、本作ではデストロイ・ロウ・パワーがかなり前に向かって放出されているような感じがあります。あと、かなりハードコアなテイストも強いですね。総括すると、PROTECTORのようなジャーマン・ハードコア・デスラッシュをブラジリアンがやったような感じ、でしょうか。とにかく、南米プリミティブ・デスラッシュ・マニアックスは必聴&death!!



cenotaph-damnedcross.jpg



・CENOTAPH (Mexico) / DAMNED CROSS - Reek from the Grave (Dark Hymns from the Past) SPLIT CD 税込1,980円 (Dark Recollections prod.)

キングス・オブ・メキシカン・デス・メタル CENOTAPHの初期レア音源コレクションCDがDark Recollectionsからリリース。初期デス・メタルの重要バンドやカルト音源をリリースしまくっているレーベルとしてマニアには名の知れるDark Recollectionsですが、いまだに流通が悪く入手しずらいものばかりで、このCDも1年以上前に発売されていたようです。CENOTAPHの前身となったウルトラ・オブスキュア・デスラッシュ・メタル DAMNED CROSSのデモも含む全17曲入り。


Tracks 01-05 : CENOTAPH "Rise of Excruciation" Demo 1990
Track 06 : CENOTAPH Live Bonus Song
Track 07 : CENOTAPH "Pantalgia" Compilation ALBUM 1992
Tracks 08-12 : DAMNED CROSS "Soldiers of Wotan" Demo 1988
Tracks 13-17 : DAMNED CROSS "Excretion of Infected Corpses" Demo 1989


"The Gloomy Reflection of Our Hidden Sorrows" 1stアルバムで欧米バンドに全く引けを取らないオールドスクール・デス・メタルの完璧なスタイルを完成させて、中南米マニアのみならず初期デス・メタル・ファンに熱狂的に支持されるバンドですが、このCDで聴ける頃は極めて原始的なデス・メタルで、プリミティブ・メタル・マニアにオススメのカルトな音源が凝縮されています。1990年デモは初期グラインディング・デスとしても極上の激渋さで、刻みリフも随所に聴かせるあたりがメキシカンらしいデスラッシュな感じもありますが、確実に当時のメキシコ・シーンではズバ抜けていた存在であったのがうかがえる名作デモ。激レア名作オムニバス・アルバム "Pantalgia"提供曲は、DEMILICHも彷彿させるウルトラlowデス・メタルが極渋。そして前身バンドのDAMNED CROSSの1stデモは、とても後のCENOTAPHの音楽性は想像できないデストロイ・ノイズ・メタルが極悪!!あまりにもビックリしてサンプルはおもわずこの最凶デモ音源を貼ってしまいましたが、2ndデモはもうちょびっとマシになってますし、CENOTAPHはもちろんこんなことにはなってないので、CENOTAPHファン良識派の方々も安心して、そして油断せず確保してください!!



pyphomgertum-gorific-revisited.jpg

・PYPHOMGERTUM - Gorific Carnal Confessions (Revisited 1995) CD 税込1,980円 (American Line prod.)

1994年に発表されたスウェーデンのDAWNとのSplit CDオリジナル盤が初期デス・メタル屈指のメガレア盤としてコレクターに有名なバンドで、そのSplit CDが2014年にいきなり再発された際も大きな話題を呼んだメキシカン・デス・メタル・レジェンド PYPHOMGERTUMの、1996年発表1stアルバム未発表バージョンCD。オリジナル・リリースはSplit w/ DAWNと同じくBellphegot Recordsからのリリースですが、このCDは2009年にAmerican Lineが限定500枚で発掘リリースした1995年の別レコーディング音源。ナンバリング部分がブランクなので、恐らく再プレスされたものではないかと思います。

メキシカン・ゴア・デス・メタルの始祖的にも崇められる激烈なスタイルで、鈍さと切れ味が同居した、CANNIBAL CORPSE影響下中南米残忍デス・メタルといった感じです。しかし、曲数の少ないSplit w/ DAWNではさほど感じさせなかった、メロディックでエピックなギターなども耳を惹きますし、初期デス・メタルならではの極上raw & lowブルタリティーもあって、ROTTREVOREやGORGUTSなどのファンにもチャレンジしてもらいたいような感じもあります。オリジナル1996年版CDを持ってるカルト・メタル・コレクターも、そしてオリジナル盤を探している人も、ぜひどうぞ!!

Metal Deadness!!


undergang-ufrivillig-yellow.jpg



・UNDERGANG - Ufrivillig donation af vitale organer 12" YELLOW VINYL 税込2,592円 / BLACK VINYL 税込2,376円 (Me Saco un Ojo)

Asakusa DeathFest来日前に間に合いました。2010年代コペンハーゲンを拠点としたデンマーク・デス・メタル・シーンの底上げと繁栄に最も貢献した、というか起爆剤になったと言って過言ではない、おなじみUNDERGANGの2019年新作4曲入り12"EP!!A面の2曲は2019年の新録ホヤホヤ最新音源、B面のFUNEBREカバーも同じく2019年最新録音で、ラストは初期代表曲の2018年ライブ。限定イエロー・ビニールとレギュラー・ブラック・ビニールの2種入荷しています。


1. Ufrivillig donation af vitale organer (2019)
2. Man binder ikke et dødt menneske (2019)
3. Grip of Insanity (Funebre cover 2019)
4. Indhentet af døden (live 2018)


新曲もAUTOPSY影響下のlow-endデス・メタルがもちろん全開で、FUNEBREカバーもやってるという予備知識があるせいか、奇怪フレーズとDavid氏の極lowボーカルがDEMILICHなどのフィンランド・デス・メタル・スタイルに接近した印象も持たせてくれます。現代的なアレンジに走るバンドがほとんどのINCANTATION型デス・メタルを、AUTOPSYの手法で原始的に表現した形ともとれます。FUNEBREのカバーもベッタベタのプリミティブ根暗デス爆発で最高。ライブでの実力は、先にリリースされたLevende forradnelse ... Live i USAでも証明済み。もちろん音源はそのライブ・アルバムとは全く別のモノで、Obscene Extreme 2018の際のライブなんですが、ヨーロッパ野外フェス録音ライブ音源七不思議の一つ、音質が今回もまた文句なし良好。David氏のいでたちも完成一歩手前の仕上がりっぷりで衝撃的。10月のAsakusa DeathFestは心して迎えましょう!!



undergang-den.jpg



・UNDERGANG - Den Dobbelte Grav 7" 税込1,296円 (Corto)

こちらは2018年にリリースされていた2曲入り7"シングル。これは、同名の本を執筆した作家 Benni Bodker氏が歌詞を提供して、中心メンバー David Mikkelsen氏の運営するカセット・レーベル Extremely Rottenから2015年にリリースされた、Split w/ CORPSESSED & SOLOTHUS TAPEに収録されていた曲を2016年にUSオークランドで再録したEPで、B面にはBOLT THROWERカバーを収録。初回は即完売して入荷できませんでしたが、このたびジャケ色が黒から白に変わって500枚追加プレスされて、なんとか少し入荷しました。オーバーサイズのゲートフォルド・スリーブとなっています。

オリジナルが2015年の曲で、その2016年再録音源ですので、ちょうどDoden laeger alle sarアルバムで彼らの方向性が極度に沈み込み始めた頃。やはり今聴いても(と言っても、前述Splitカセットと今回の再録EP以外では収録されてなかった曲なので初めて聴いたんですけど)、この当時のスロウネスはすさまじい。lowデス・メタル・ファン必聴のキラー・ナンバーです。そしてB面のBOLT THROWERカバーは、Mercenaryアルバムから、ちょっと哀愁のあるギターが耳を惹いたPowder Burnsを披露しています。



deiquisitor-towards.jpg



・DEIQUISITOR - Towards Our Impending Doom LP 税込2,592円 (Night Shroud)

LUCIATION, BLODFEST, PURIFICATION KOMMANDO, SADOMATORといったブラック・メタル・ミュージシャンらによるデンマーク・デス・メタル DEIQUISITORの3rdアルバム。今回もアナログ盤がNight Shroud、カセットがExtremely Rottenからリリースされています。

いかついイメージもあるブラック・メタル方面の諸先輩がやってるということで、UNDERGANGのDavid氏のカセット・レーベルからのリリースや、あとフィンランド GALVANIZERメンバーもTシャツ着てたし、北欧では後輩ミュージシャンに慕われてるような感じがありますが、日本では知名度激低で相変わらずサッパリ人気などありません。IMMOLATIONやMORBID ANGELタイプの曲を鉛のような鈍さで叩き出した、2010年代型INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルとは真逆の方向に突き進んでいるバンドで、Necroharmonicなんかから出てた方がピッタリはまるやさぐれ感もあります。MAVETHとかCORPSESSEDとか、フィンランド・デス・メタルのちょっと前のスタイルにも近いかな?オススメしたいですが、まぁいつも買ってくれてる人の分くらいしか今回は入荷させてません、売れないから。でも、こういうところにこそアングラ・デス・メタルの本質があると思うので、リリースされるたびには今後も入れていこうと思います。



gravedust-pale.jpg



・GRAVE DUST - Pale Hand LP 税込2,592円 (Crypt of the Wizard)

女性シンガー擁するUSオレゴン州ポートランドのデス・メタル・バンドの6曲入り1st MLP。UKロンドンのヘヴィメタル・レコード・ショップ Crypt Of The Wizardからの限定250枚リリースです。

2000年代以降の北米エクストリーム・メタル重要拠点でもあるポートランドですが、このバンドは一昔前のこの地域のデス・メタル・バンドに近いオールドスクール感が特徴で、スロウ~ファストなパートまでパターンはけっこうあるけど、リフも曲構成もテクニカルにならず、ホラー風味のダークネスが漂っています。しかしドロドロしたサタニック・テイストではなく、クラスト・デス・メタルに近いノリもあります。本作発表後にドラムとギターが変わって、ギタリストがASCENDED DEAD, RITUAL NECROMANCY, GHOULGOTHA, etcの人になったようなので、今後期待大です!!

Deathrash Cult from the Graves!!


disgrace-greymisery-lp.jpg



・DISGRACE (Finland) - Grey Misery-The Complete Death Metal Years 2LP+7" 税込4,860円 / 2CD 税込2,592円 (Svart)

フィンランド・デス・メタルの最下層アンダーグラウンドからロック・バンドへと進化したDISGRACEのデス・メタル・イヤーズ音源集アルバムがSvat Recordsからリリース。1992年発表1stアルバム Grey Miseryと、2011年にリリースされた初期デモ&EP集 "1990" コンピレーション・アルバムをまとめた内容で、アナログ盤は今回はDebts Of God 7"を分離してくれてるのも嬉しいです。初回はグレイ・ビニール。2枚組CDにはボーナストラックが2曲追加されています。


LP1 : Grey Misery ALBUM (1992年)
LP2 SIDE A : Beyond The Immortalized Existence DEMO (1990年)
LP2 SIDE B : Inside The Labyrinth Of Depression DEMO (1991年)
EP : Debts Of God 7" (1990年)


初期北欧デス・メタルのバンドに多いハードコアからの転身組とは逆で、デス・メタル・バンドとしてスタートしながら後にパンク色の濃いロック・バンドへと変貌したバンドです。1stアルバム Grey Miseryはプログレッシブな展開にロック的なウネリとメロディックなギターを散りばめたデス・メタルの名盤として名高いですが、改めて1stアルバム以前のデモやEPを聴くと、既にあの極悪バフバフ低音lowデス・メタル時代から独特な前衛性が漂っていたのがよくわかります。特にドゥーミー・パートのアヴァンギャルド感は、ちょっとPROPHECY OF DOOMの感覚と共通するものを感じてしまいます。DEMILICH, XYSMAと並ぶ、これぞSuomi変態デス・メタル金字塔!!これもXYSMA 5枚組LPボックスと併せて予約募って、もっと盛り上げるべきでしたね。



mephisterror-gods.jpg



・MEPHISTERROR - Gods CD 税込1,944円 (American Line prod.)

おなじみAmerican Lineからリリースされた90'sメキシカン・デス・メタルの1994年未発表デモと、このバンド・メンバーのサイド・プロジェクトだったABSIDEというバンドの1996年デモを収録したCD。ジャケ・ブックレットには当時のカラー写真なども掲載しています。


Tracks 01-05 : "Gods" Unreleased Demo (1994年)
Tracks 06-10 : ABSIDE Rehearsal Demo (1996年)


本編のMEPHISTERRORのデモは中南米デス発掘再発モノとしてはかなりの高音質で、起伏の激しいアメリカン東海岸型デス・メタルのブルタリティーを、メヒコ・デスらしくプリミティブ&ロウに叩き出しています。CENOTAPH, SARGATANS, etcのクォリティーにはもちろん達していませんが、その辺のバンドに共通するメキシカン・デス特有の低い原始性が好きな人にぜひチェックしてほしいです。ボーナスのような形で収録されているABSIDEの方が2年後の音源らしいですが、、、これが完全に退化してしまってるポンコツ・ブラック・デス・メタルで、こちらは中南米ポンコツ・アディクト必聴&death!!!Vo.の声や、音程度外視のVENOMカバーなど、これはカルト・マニアックスに悶絶してもらいましょう!!!



enslaveditaly-demo1989.jpg



・ENSLAVED (Italy) - Demo 1989 ONE-SIDED LP 税込2,484円 (Ripping Storm)

知られざるイタリアン・スラッシュ・メタル・バンドの1989年録音4曲入りデモがRipping Stormから限定300枚の片面LPで発掘再発。インナーはデモ・スリーブを再現したレプリカで、音源や情報など残された記録が非常に少ないためバンドのため、デラックスなリイシューが氾濫するこのご時世ではちょっと質素な作りにも思われるでしょうが、内容は極上文句なし!!現代まで再発されてこなかったバンドで、まだこんな素晴らしいものもあるんですね。

1989年結成で残した音源はこのデモのみですが、ENSLAVEDと名乗る以前はMAYHEMというバンド名だったそうで、偶然にしては興味深いセンスをこの時点で感じさせます。しかもサウンドは、SLAUGHTERLORD, SADUS, MERCILESS, HYPNOSIA, etcのKREATOR影響型スピード・デスラッシュ・ファン発狂のクォリティーで、オープニングの刻みリフと突進力はカナダAGGRESSIONのThe Full Treatmentも彷彿させます。ま、これ以上ゴチャゴチャ言う必要ないでしょう。デスラッシュ・マニア必聴&Open The Grave!!!

Death Cult from the Graves!!


crematory-denial-represslp.jpg

・CREMATORY - Denial 2LP 税込3,240円 (Necroharmonic)

またしても再プレス!!!

2009年にCDでリリースされた初期スウェディッシュ・デスメタル・バンドのコンピレーション・アルバムの、ロングセラー・アナログ盤ですが、またしても以前と仕様が変わってるので厄介です。今までWジャケだったのがシングル・ジャケットになって、インナー・スリーブではなくなり、フライヤー・レプリカが3種付属になっています。以前もフライヤー・レプリカ付いてましたが2枚だけでしたので、1枚増えています。盤のカラーはグレー&ホワイト。まぁ毎度入荷させてきた者としては、その都度変わってるのは楽しいですが(特にシングル・ジャケに変わってるのはナイス)、コレクションしてる人にとっては大変でしょう。その分、以前よりけっこう値段下がりましたので、純粋に毎度買い逃してた方はぜひどうぞ。Necroharmonicのオンラインショップからは既に消えています。

REGURGITATE, GENERAL SURGERY, NASUM, NECROPHOBIC, etcで後に活躍するメンバーらが参加していた、伝説のスウェディッシュ・デス・メタル・バンドです。近年はオークションでも高額落札人気アイテムの92年EPと、90~92年に発表されたデモ3種を収録したコンプリートなディスコグラフィー・アルバムです。さらにこの2枚組アナログ盤は90年のリハーサルも追加しているので、CDより1曲多い全18曲入りです。


"Denial" MLP (1992年)
A1. Into Celephais
A2. Chunks Of Flesh
A3. Denial
A4. Unconsecrated Ground

"The Exordium" Demo I (1990年)
B1. The Exordium
B2. Chunks Of Flesh
B3. Unevasive Possession
B4. Requiem Of The Dead

"Wrath From The Unknown" Demo II (1991年)
C1. Beneath The Crypts...
C2. Unconsecrated Ground
C3. Wrath From The Unknown
C4. Mastication

Rehearsal Track 1990
C5. Wrath From The Unknown

"Netherworlds Of The Mind" Demo III (1992年)
D1. Enshrouded (In The River Of Eternity)
D2. Netherworlds Of The Mind
D3. Souls Astray
D4Dwellers In Twilight

Promo 1989
D5. Mortal Torment


ジャリジャリの重厚サウンドと陰鬱メロディーといったパターンの初期王道スウェディッシュ・スタイルよりも、CARCASSやNAPALM DEATHあたりのUKハードコア・デス・メタルからの影響を感じさせるスタイルで、テンポ・チェンジを多用した場面展開によって焦燥感を維持したグラインディング・パートが鋭く切り込みながらも、キラーなデス・メタル・リフによるグルーブとスウェディッシュ・デスらしい陰鬱ハーモニー・ギターも要所要所に盛り込んだ92年MLPは、初期デス・メタル・ファン必聴の名作とされています。日本の初期デス・メタル・シーン関係者の間で当時絶賛されて局地的に話題になったというデモ音源は、さらにダイハードなデス・メタラーを悶絶させるオブスキュア・クラシック作品で、黒い音の塊と言った様相のraw and lowサウンドは、まさにUKHCデスメタルmeetsスウェディッシュ・デス・メタルな極上カルト・アーリー・デス・メタル!!


immortalfate-demos-cd.jpg



・IMMORTAL FATE - 1990 Demo, 1991 Demo's, 1992 Demo, 1993 Live at KZSU Radio Show CD 税込1,944円 (Nuclear Ass)

メンバーが後にNO LESSを始めたことで、PLUTOCRACYやANGENTS OF SATANなどのレッドウッド・シティ・ギャングス好きのパワー・バイオレンス・ファンにも名の知られるグラインドコア・デス・メタル・バンド IMMORTAL FATEのデモ集コンピレーションCD。ペーパーフォールド・スリーブで、ステッカー付です。


Tracks 01-04 : Demo 1990
Tracks 05-08 : Demo 1991
Tracks 09-12 : "Faceless Burial" Demo 1992
Tracks 13-14 : Full Live Show on KZSU 1993


初期デス・メタル・ファンには名門Drowned prod.から1992年にリリースした"Faceless Burial" 1st 7"(同名デモから抜粋したEP)が有名で、2000年に625 ThrashcoreからLPを発表した時は、日本ではパワーバイオレンス・ファンよりもデス・メタル寄りグラインドコア・マニアの方で話題となってた記憶があります。実際そ1stアルバムは、ROTTREVOREなどのファンにオススメの低く徘徊するようなグルーミーでツイステッドなlowグラインディング・デス・メタルに、西海岸パワーバイオレンス・チームらしいスラッジな窒息パートもミックスしたような名作でした。ここで聴ける音源も、基本的にはLPで完成されたスタイルのデス・メタル・サウンドですが、1stデモの時はかなりクロスオーバー色の濃いグラインディング・スラッシュでちょっとビックリ!!ロゴの雰囲気も後の良く知ってるタイプと違いますね。93年のライブ音源は、2012年にSplit LP w/PLUTOCRACYの形でヒッソリ出ていた音源です。



dripping-bring.jpg



・DRIPPING - Bring The Suffering CD 税込1,620円 (Necroharmonic)

2000年代に活動し、日本のレーベルから1stアルバムCDを発表していたUSニュージャージーのブルータル・デス・メタル DRIPPINGの、前身バンド CADAVERMENT時代の音源も含むデモ集コンピレーション・アルバム。2005年にNecroharmonicからリリースされ、その後長らく廃盤状態でしたがめでたく再プレスされました。


Tracks 1-2 : Demo 2000
Tracks 3-4 : Promo '01
Tracks 5-12 : 2001年未発表音源
Tracks 13-16 : CADAVERMENT Demo #2 (1999年)
Tracks 17-19 : CADAVERMENT "Bring the Suffering” Demo #1 (1999年)


個人的にはブル・デスと聞いて連想するイメージとは真逆の部分も持ち合わせたサウンドで、真性デス・メタラーに高く評価されているのも完全にうなずける必聴の内容です。ビートダウン/スラミング・パートのハードコア要素と、エクスペリメンタル・グラインドをミックスしたようなサウンドは、残虐性をダイナミックに表現するSKINLESSなどのブルデスと違い、神経質でアヴァンギャルドな感覚が漂います。DEVOURMENT, INTERNAL BLEEDING, GORGUTS, CRYPTOPSY, CYNIC, etcのミックス、と言ったら安易でしょうが、カルト・レーベル・リリースですので、ぜひともオールドスクール・デス・メタル・ファン全般に聴いてもらいたいdeath!!



necroharmonic-ts-2019sep.jpg

*禁断のNecroharmonic製アンオフィシャルTシャツも各種入荷!!!

80~90年代にはカルト・レーベルと呼ばれるメタルのレーベルがいくつか存在しましたが、カルトの称号を得たレーベルがそろって満たしてた条件がリップオフ。つまり、金だけ払わしといて商品は送らずトンズラ。もちろんそんなことを繰り返してたら自滅するだけですし、現代ではその払った金をいろいろと回収する方法もあるので、リップオフ・レーベルは昔よりも減ったけど、それでもまだ世界各地に存在します。Necroharmonicもリップオフの悪評の絶えない代表的な老舗デス・メタル・カルト・レーベルの一つで、それを誘発する行為が、自身で制作/販売しているTシャツのオーダー。CDやレコードはちゃんと送ってきたから、今度はTシャツも、、、などと考えだすとアウトで、数年間or一生送ってこないor別のものを送ってくる、などの痛い目にあうという話が、デス・メタル業界関係者には有名です。Necroharmonicでリリースもしてる日本の某バンドの某氏ですら、オーダーして数年間待って、遂に届いたTシャツが穴開いてた、だの、NWNオーナーが来日してBOYに来ると、「Necroharmonicリリースがある!!凄い!!!アメリカじゃたぶん誰もやらないよ」と言ってたり、まぁいろんな話を耳にします。

で、性懲りもなく数年ぶりにトライしました。前回入荷したCREMATORYの各種シャツは一応はバンドに承諾得てたと思うけど、今回入荷したのは、INCANTATIONロングスリーブ以外はアンオフィシャルでしょうね。良くも悪くもリアル・オールドスクールな仕上がりとなっています。

Metal Deadness!!


**カスタム・キリングなDark DescentとF.O.A.D.がよーーーーーーーーやく販売できるところまでこぎつけたところに、待望のオールドスクール・デスメタル・ガイドブックも到着しましたので、デス・メタル/グラインド系商品をまとめてカートアップしました。水曜は当店の定休日ですので、受注対応は木曜日以降となります。カスタムなめんなや!!痛い目にあいますよ。。。



oldschooldeathmetalguidebook1-1.jpg

oldschooldeathmetalguidebook1-2.jpg

・オールドスクール・デスメタル・メタル・ガイドブック 上巻 アメリカ・オセアニア・アジア編 BOOK 税込2,592円 (パブリブ)

ハマザキガク氏監修の「世界過激音楽」シリーズも遂にオールドスクール・デスメタル編が出ました!!当店も日頃お世話になっている村田恭基氏著書によるオールドスクール・デスメタル・ガイドブックは、その歴史とサブジャンル幅の情報量が膨大になるため、上中下の3巻で発表されるそうです。まずはアメリカ/オセアニア/アジア編に絞った上巻の発売death!!

今回はカラーページで、1990年代末までのバンドと作品を検証。インタビューが取れてるバンドもあって、AUTOPSY Chris Reiferrt氏、MASTER / DEATH STRIKE / ABOMINATION, etcのPaul Speckmann氏ら超重鎮と並んで、(実際、そのお二人と同格の超重鎮ではあるけど)DECEASEDのOld Metal大将、King Fowley氏のインタビューも載ってるのには、「よっしゃぁーー!!」と思わずデストラーデ・ガッツポーズを部屋で一人でかましてしまいました。ワタクシ大倉もコラムを依頼されて、またノコノコ出てきて少し書いていますので、よかったら読んでみて下さい。一家に一冊、一生涯の書として、皆様お買い上げ宜しくお願いします!!


目次
2 前書き

5 アメリカ合衆国南部
6 サブジャンルでカテゴライズされる事はない最も偉大なデスメタル Cannibal Corpse
11 デスメタルの生みの親の一人で、後のテクニカル・デスメタルの源流 Death
16 結果的にデスメタルではレアな反キリスト主義者、自殺も撤回 Deicide
22 スラッシュからの影響を公言しハードコアとも関係するフルブラスト Malevolent Creation
27 数々の人材を輩出し、最重要アルバムを創作した「デスメタルの帝王」 Morbid Angel
31 鉛のようなヘヴィネスで独自のスタイルを開拓するレジェンド Obituary
35 80'sマイナーメタルとホラーな世界観を融合したRelapse初バンド Deceased...
36 Kingsley "King" Fowleyインタビュー
39 Acheron/Assück/Astaroth/Atheist
40 Atheist/Brutality/Brutality/Cynic
41 Cynic/Dead/Diabolic/Disincarnate
42 DVC/Equinox/Eulogy/Hellwitch
43 Judecca/Killing Addiction/Lowbrow/Mendacity
44 Massacre/Monstrosity/Monstrosity
45 Naphobia/Nocturnus/Nocturnus/Resurrection
46 Sickness/Six Feet Under/Solstice/Incubus
47 Nile/Abominog/Crucifer/Abominant
48 Excruciating Pain/Skeletal Earth/Incubus/Paralysis
49 Absu/Crimson Relic/Crucifixion/Divine Eve
50 Embalmed/Imprecation/Magus/Necrovore
51 オールドスクール・デスメタル前史

53 アメリカ合衆国東部
54 ニューヨークからブルータルデスとも見なされる無調の実力者 Immolation
58 後年のドローン・ドゥームに多大な影響を与えつつも無理解に苦しむ Winter
60 現代暗黒主義的リヴァイバルの礎を築いたペンシルベニアの野蛮 Incantation
65 音源が多すぎて全てを収集するのは不可能なカルトデスメタル最古参 Nunslaughter
67 Don of the Deadインタビュー
70 日系人やGlen Benton加盟でも知られるサタニック・デスメタル Vital Remains
73 Banished/Baphomet/Brutal Truth/Ceremonium
74 Deathrune/Fallen Christ/Malicious Onslaught/Morpheus Descends
75 Mortician/Mutilation/Sorrow/Suffocation
76 Damonacy/Deteriorot/Dim Mak/Evoken
77 Mass Psychosis/Nokturnel/O.L.D./Regurgitation
78 Revenant/Ripping Corpse/Savage Death/Symphony of Grief
79 Bathym/Crucifier/Derkéta/Deteriorate
80 Dream Death/Goreaphobia/Insatanity/Lethal Prayer
81 Necrotion/Rottrevore/Atrocity/Evilution
82 Tyrant Trooper/Perpetual Doom/Exmortis/Horror of Horrors
83 Necrosis/Phlegm/Corpus Rottus/Morbius
84 デスメタルに直接的な影響を与えた重要バンドと名盤を考察
84 Hellhammer/Cryptic Slaughter
85 Slayer/Possessed
86 Post Mortem/Repulsion/Voivod
87 Kreator/Destruction/Sodom/Sacrilege
88 Napalm Death/Carcass

89 アメリカ合衆国中西部
90 アンダーグラウンドで再評価されたシカゴのカルト・ドゥーム・デス Cianide
94 近年はチェコで活動するスラッシュと境界線上にあるシーン最古参 Master
99 Paul Speckmannインタビュー
103 中西部から登場したブルータルデスとデスコアの狭間のダウンビート Jungle Rot
106 Dave Matriseショートインタビュー
108 Phil AnselmoやSigh川嶋も関わるホラーな世界観を確立した先駆者 Necrophagia
111 Body Bag/Broken Hope/CorpseVomit/Dark Oasis
112 Demented Ted/Devastation/Disinter/Funeral Nation
113 Haruspex/Impetigo/Macabre/Morgue
114 Not Us (Natas)/Num Skull/Oppressor/Sarcophagus
115 Sindrome/Terminal Death/Accidental Suicide/Dr. Shrinker
116 Dusk/Morbid Saint/Morta Skuld/Morta Skuld
117 Phantasm/Viogression/Fatal/Subsidence
118 Blessed Sickness/Cabal/Carved in Flesh/Decrepit
119 Embalmer/Gutted/Afterlife/Radiation Sickness
120 Angelcorpse/Corrosive/Order from Chaos/Psychopath
121 Timeghoul/Crimson Thorn/Ossuary Insane/Diabolic Possession
122 Xenomorph/Possession/Skeleton of God/Legion of Death
123 レーベル特集

127 アメリカ合衆国西部
128 ブラックメタルと捉えられる事もあった地下ダーク・カーニバル Drawn and Quartered
132 近年のリヴァイバルで再評価されるオールドスクールの元祖中の元祖 Autopsy
138 Chris Reifertインタビュー
142 ブラックメタルシーンで活動したUSデスメタルという特異な存在 Sadistic Intent
144 Infester/NME/Demise/Mythic
145 Victims of Internal Decay/Abiosis/Archenemy/Desecration
146 Epidemic/Fear Factory/Genocide/Hexx
147 Insanity/Majesty/Mindrot/Nausea
148 Rise/Sadus/Terminus/Terrorizer
149 The Ravenous/Defecation/Goatlord/Righteous Pigs
150 Cadaverous Quartet/Nuclear Death/Nuctemeron/Psychic Pawn
151 ブルータル・デスメタル側から見たオールドスクール・デスメタル ハマザキカク対談

157 カナダ
158 ケベックが放ったアヴァンギャルド・デスメタルのパイオニア Gorguts
161 Armoros/Blood of Christ/Corruption/Cremation
162 Disciples of Power/Discomposed/Gorelust/Kataklysm
163 Necronomicon/Necrosis/Necrotic Mutation/Obliveon
164 Procreation/Slaughter/Summertime Daisies/Voor
165 『オールドスクール・デスメタルとウォー・ベスチャル・ブラックメタルの距離感』アウトブレイク・ショウ特別寄稿

167 南米
168 メキシコ政府から表彰され、後年メロディック・デスメタル化 Cenotaph
170 メキシコで北欧アンダーグラウンドを体現し、シカゴに移住 The Chasm
173 Daniel Corchadoインタビュー
182 オカルティズムを取り入れたペルーのオールドスクール巨魁 Mortem
184 Acrostic/Aphses/Blackthorn/Bloodsoaked
185 Brujeria/Crossing Death/Dark Half/Eternal
186 Hellnomorf/Leprosy/Malicious Prophecies/Mictlan
187 Mortuary/Noctambulism/Pyphomgertum/Ripping Flesh
188 R'lyeh/Sarcastic/Shub Niggurath/Tenebrarum
189 Tormentor/Toxodeth/Transmetal/Ultratumba
190 Vociferous/Enslaver/Organic Infest/Calvary Death
191 Chemical Disaster/Corpse Grinder/Expulser/Genocídio
192 Headhunter D.C./Incrust/Infernal/Insanity
193 Lou Cyfer/Lustful/NervoChaos/Pentacrostic
194 P.U.S./Sarcófago/Slavery/Sepultura
195 Sepultura/The Endoparasites/Violent Hate/Avernal
196 Crematorio/Devastación/Escabios/Mental Distortion
197 Vibrion/Abhorrent/Atomic Aggressor/Belial
198 Criminal/Death Yell/Execrator/Necrodead
199 Necrophago/Pentagram/Sadism
200 Torturer/Totten Korps/Undercroft/Etnocidio
201 Masacre/Graf Spee/Inner Sanctvm
202 デスメタルとハードコアの関係性について RECORD BOY大倉了特別寄稿

205 オセアニア・アジア
206 Abramelin/Alchemist/Armoured Angel/Cohort
207 Cruciform/Deracination/Discarnated/diSEMBOWELMENT
208 Killengod/Martire/Metanoia/Mortification
209 Misery
209 Miseryインタビュー
212 Open Festering Wounds/Orgy of Pigs/Persecution/Sadistik Exekution
213 Sanctum/Slaughter Lord/Clotted Symmetric Sexual Organ/Deathpeed
214 DYINGRACE/Eroded/Grudge/Hellchild
215 Maggoty Corpse/Messiah Death/Multiplex/Necrophile
216 ROSEROSE/S.O.B/Transgressor/Unholy Grave
217 Voidd/Brain Dead/Senseless/Silent Death
218 Suffercation/Abhorer/Macaroni/ดีเซมเบอร์
219 Salem/Gutted Remains/Malignant Saviour
220 サブジャンルの隆盛とオールドスクール・デスメタルの終焉、そして再興

222 あとがき




lvcifyre-sacrament.jpg



・LVCIFYRE - Sacrament CD 税込1,620円 (Dark Descent)

GRAVE MIASMA, CRAVEN IDOLとともにUKロンドンでオールドスクール・デス/ブラック・メタルの地下シーンを支えてきたLVCIFYREの2019年新作5曲入りCD。ラストは意外にもポーランド・スピード・メタル KATの1stアルバム(しかもポーランド語バージョン "666"アルバム)収録曲のカバーで締めくくっています。

あれだけ多く存在したリチュアル・デス・メタルのブームも去って、最近はめっきり減ってきたタイプの音ですが、KATのカバーやってようが、このバンドは以前とまーーーーったく変わってません!!INCANTATIONウォーシップな混沌激烈暗黒デス・メタル・サウンドはたくさん存在してきたけど、そこからさらに深化して壮大なスケールで聴かせるスタイルを追求するバンドは、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニアのバンドが得意とする手法のように思います。このLVCIFYREはそのタイプに近くて、VASSAFOR, TEMPLE NIGHTSIDE, IMPETUOUS RITUALあたりのファンにかなりオススメdeath!!などと思いつつ解説書いてる間にKATのカバーまで来てしまったけど、凄いアレンジで見事にやりきってます。で、これがかっこいい!!KATもまた久しぶりに聴きたくなった。



kever-primordial.jpg



・KEVER - Primordial Offerings CD 税込1,620円 (Dark Descent)

2013年のデビューEPが素晴らしい内容だったイスラエルのデス・メタル・バンド KEVERの5曲入り待望2nd EP。今思えばデビュー作 Eon of Cycling Deathのドラム・サウンドは、同年発表のノルウェーOBLITERATIONにも共通するグレートなlow & rawパワー炸裂でしたが、その後メンバーチェンジがあったので、本作では必然的にスタイルも微妙な変化が見られます。

乱暴に言うと、ASPHYXやPESTILENCEなどのゴリゴリ・パワー・デス・タイプから、激しさと叙情性を構成力で聴かせるDEMIGODタイプのlowデス・メタルへと深化していて、しかも1stのサウンドから考えるとちょっと信じられないくらいエピックな要素が見事です。テクニカル・リフで構成するプログレッシブ・デスが土台ではないので、BLOOD INCANTATIONなどのタイプとは異質ですが、不気味さと荘厳さの中間のようなキーボードの導入も効果的ですし、ネオクラ手前のメロディック・ギター・ソロもピッタリはまっててかっこよくて、ATARAXYミーツKRYPTS、といったところでしょうか?Dark Descent & MSUOファンには間違いなしの内容death!!



hyperdontia-avessel.jpg



・HYPERDONTIA - A Vessel Forlorn CD 税込1,620円 (Dark Descent)

CDも到着しました!

UNDERGANG, WORMRIDDEN, PHRENELITH, Extreme Rotten Recordsなどで精力的に活動するDavid Torturdod氏がシンガーに専念し、ギターがMustafa Gurcalioglu氏 (ENGULFED, BURIAL INVOCATION, etc)、ドラムがTuna氏 (PHRENELITH, etc)、ベースがMalik Camlıca氏 (BURIAL INVOCATION, NECROWRETCH,etc)、そして現在は2ndギタリストとしてMathias Friborg氏 (SULPHUROUS, TAPHOS, あとパンク・バンドのNIGHT FEVERもやってる)が加入して5人編成となった、デンマーク&トルコ混合デス・メタル・バンド HYPERDONTIAのコンピレーションCDです。タイトル曲は5人体制での初公開新曲。


Track 1 : 2018~2019年録音新曲
Tracks 2-3 : 2018年12月1日トルコ・イスタンブールでのライブ
Tracks 4-6 : "Abhorrence Veil" EP (2017年)


コペンハーゲン・チームの所属する本業バンドの特徴から、low-endなデス・メタル・サウンドを想像しがちですが、このHYPERDONTIAのスタイルはむしろイスタンブール・チームのバンドのカラーに近く、BURIAL INVOCATIONやENGULFEDのファンは必聴級のかっこよさです。細かく分類すればINCANTATIONウォーシップの部類ではあるけど、ドゥーム・スロウネスを強調する以前の、激烈にlowブルータルで、鈍くもあり切れ味もあった、Onward to Golgotha ~ Mortal Throne of Nazarene eraのINCANTATIONスタイルですから、オールドスクール・デス・メタラーならば反射神経レベルでかっこいいと感じるはずです。じゃなきゃモグリです。新曲も路線変更なしで文句なし。EPはまだ入手できると思って一応オーダーしたんだけど音沙汰なくなったので、ここで収録されてるってことは、もう完売なのかも。1st EPもバツグンにかっこよくて、これが一番ターキー・デス・メタル色が強い気がしたりもします。そしてライブがまた激渋!!UNDERGANGのライブ盤でも実証されていますが、David氏のlowボイスは天然記念物級にグレートdeath!!



korpsesoturi-tape.jpg



・KORPSESOTURI - S/T TAPE JAPANESE EDITION 税込972円 (税込972円)

ドイツのデス・メタル・カセット・レーベル Caco-Daemon Recordsによるジャパニーズ・バージョン・テープ・シリーズ新作!!このリリースの仕込みをやったのはもうずいぶん前なので、自分もすっかり忘れてましたが、無事リリースされて良かった。。。シリーズ第5弾となる本作は、2014年に結成されたフィンランドの新鋭デス・メタル・バンドの2017年デビューEPで、日本限定カセット・バージョンはボーナス1曲を追加した全6曲入り。スプラッター・シェル、ロゴ・ステッカー/ナンバリング入りレーベル・カード/日本語箱型帯を付けた25本限定生産!!

サウンドはCANNIBAL CORPSE, SUFFOCATION, IMMOLATION, SINISTER, etcのファンにオススメのタイプ。BLOOD INCANTATIONがブレークしてちょっと盛り上がったSFデス・メタル人気も落ち着き、昨今のオールドスクール・デス・メタル・トレンドは明らかにNYデス・メタル系のブルタリティーに移行しつつありますが、フィンランドからもそのタイプに近いのが出てきた、という感じです。まぁ、フィンランドのデス・メタルは、US東海岸とはけっこう相性は良いですからね。このバンドは曲も短めで、数年前の大作志向リチュアル・デス・メタルの重厚さとはより明確に違いを強調したような感もあります。このジャパニーズ・エディション・カセット・シリーズは、海外からの問い合わせに「通販は1080円以上で」ってイチイチ説明するのが面倒なので、今回も日本のみで完売ご協力をぜひお願いします。毎度の必殺締め文句で恐縮ですが、Dark Descent, MSUO, Blood Harvest, etcのファンは要チェック!!



krypts-cadaver.jpg



・KRYPTS - Cadaver Circulation CD 税込1,836円 (Dark Descent)

2010年代北欧デス・メタル・シーンのフィンランド代表格の一つと言っても過言ではない、ヘルシンキ出身バンド KRYPTSの2019年3rdアルバムCD。前作から参加した2ndギタリストのJukka Aho氏はこの作品を最後に離脱。彼はオリジナル・シンガー Nemesis氏の自殺により4人編成となったGOREPHILIAを立て直すべく、現在はヴォーカルを兼任した形でGOREPHILIAに専念しています。

Jukka氏が強めた要素だったかは定かではないけど、前作Remnants of Expansionでは、それまでのKRYPTSの暗黒音壁の向こうに隠れていた叙情性をより表に引き出したような、slow, deep and hardな作風を強めていましたが、本作はいきなり激しく突進するファスト・パートからスタートするところにも表れているように、ちょっと1stアルバム Unending Degradationの頃に戻ったような曲調もあります。しかし、トーンは完全に前作を継承していて、むしろさらにサイケなディープさも増しているので、激しさと黒さと叙情性のバランスが、過去2作をブレンドしたような絶妙さに仕上がっています。INCANTATION型バンドの宝庫フィンランドのデス・メタルとして完璧な形であり、(SWALLOWEDがしばらく留まってるので)HOODED MENACEと双璧を成すフィンランド暗黒エピック・デス・メタルの最高峰と断言できる大傑作!!



torso-demonic-tape.jpg



・TORSO (Finland) - Demonic Vomiting TAPE 税込972円 / 税込1,620円 (Me Saco un Ojo / Dark Descent)

ドラマーのTuomas Karppinen氏はTORSOFUCK, ARCHGOAT, CADAVERIC INCUBATOR, etc、フィンランド・デス/ブラック・メタル・シーンの多くのバンドで活躍してきた人物で、現在はDEMIGODにも在籍。ギタリストのMikko Friberg氏もex. TORSOFUCKということで、ゴア・グラインダーからブルデス・ファン、そして真性Suomiデス・メタル・マニアまで注目せざる得ない新バンドの3曲入りデビュー・デモです。カセット・バージョンはMSUO、CDバージョンはDark Descentからのリリース。

首無し死姦写真ジャケが有名なTORSOFUCKメンバーが2人居るのでゴアリーなサウンドを期待する人も、そしてりリリースしているレーベル・カラーで反応してしまったオールドスクーラーも、双方のファンにアピールしそうなサウンドです。テキサスDEVOURMENTのスラミング・パートをBOLT THROWER型の重厚感に置き換えつつ、INCANTATION影響下デス・メタルの猛攻に応戦するような形でスタイルがさらに確立された2010年代型フィンランド・デスの暗黒音から荘厳さを除いたようなスタイルは、最終的に非常にSuomiデス・メタルらしいsicknessに満ちています。パワーバイオレンス系ハードコア・ファンにも喜ばれそう。要注目death!!


cadavericincubator-sermons.jpg



・CADAVERIC INCUBATOR - Sermons Of The Devouring Dead CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

フィンランド・デス・メタルのカルト・オブ・カルト、SLUGATHORのAntti Oinonen氏が中心となり2004年に結成されたヘルシンキのデス・メタル・バンドの、2017年にHells Headbangersから発表され、一部のマニアに熱烈な支持を集め高い評価を得ている1stアルバムです。EL ZINE vol.33掲載のフィンランド・デス・メタル特集対談の際にBUTCHER ABC / Obliteration Recordsの関根氏に教えてもらうまで恥ずかしながらノーマークでしたが、この作品はマニアックな当店のお客様からもチョクチョクお問い合わせいただいてました。

昨今の音圧重視デス・メタルの質感よりもオールドスクールなタッチで、しかもキャッチーな一面すらある、1stアルバムにしてとても完成度の高い作品です。REPULSIONやCARCASSといった初期グラインド・デス・メタルの感覚に、NASUM, ROTTEN SOUND, EXHUMED, CRETINほどではないにしても、ハードコアとも接点のあるデス・メタル/グラインドコアにも通じるわかりやすさがあり、遅ればせながら入荷してるくせに偉そうに言いますと、なぜいまだ日本ではさほど話題となってないのか?と不思議なくらいです。病的で神経衰弱なデス・メタルが当店の取り扱いでは多いフィンランド・デス・メタル・シーンの中では、SONIC POISONやGALVANIZERなどのファンにもオススメのタイプですし、なによりオールドスクール・グラインドコア・ファンは必聴&death!!



insectwarfare-entomological.jpg



・INSECT WARFARE - Entomological Siege 2CD+DVD 税込2,592円 (F.O.A.D.)

WAR MASTERやHATRED SURGEメンバーらによるテキサス・グラインドコア INSECT WARFAREのボリューム満点コンピレーション・アルバムがイタリアF.O.A.D.からリリース。デモやらシングルやらオムニバス曲やら、アルバム音源以外の細かく発表された音源を網羅しまくったCD2枚と、さらに2007年サンフランシスコでのライブ収録DVDも付いた3枚セット。CDは未発表音源も含む全99曲!!

BOLT STEIN, CARCASS GRINDERS, F.I.T.D.といった日本のグラインド/ハードコア・バンドとのSplitリリースや、2008年の来日ツアーなど、わが国でも初期からなじみ深いグラインドコア・バンドでしたが、来日直後に解散。その後復活を果たし、NAPALM DEATHとのSplitシングルを発表して、さらには2007年の名作1stアルバム World ExterminationがEaracheから再発されるなど、けっこうビッグな展開を果たすバンドとなりました。このコンピレーションに収録されてる各種音源や、1stアルバムを625 Thrashcoreからリリースしたりしてた頃は当店でも当時は軒並み好評だったけど、今改めて聴いてもハードコア・ファンからグラインド・メタル・ファンにまで高い人気を誇るのが納得の猛烈なサウンドです。パワーバイオレンス・ハードコア土台の激烈グラインドに、クラスト風味やゴア・テイスト、80'sスラッシュ・メタル・ネタなど、彼らを形成する様々な要素をブレンドして爆発させた、2000年代グラインドコアを代表するバンドです!!


CD1
Tracks 1-6 taken from ''Gulf Coast Infestation'' Demo (2004)
Tracks 7-14 taken from ''At War with Grindcore'' EP (2005)
Track 15 is untitled and was previously unreleased.
Track 16 is a compilation track from ''Gulf Coast Infestation'' Demo (2004)
Tracks 17-19 taken from split EP with Bolt Stein (2006)
Track 20 is an outtake from the split with Bolt Stein (2006)
Tracks 21-27 taken from "Endless Execution Thru Violent Restitution" compilation (2006)
Tracks 28-32 taken from split EP with Hated Surge (2006)
Tracks 33-36 taken from split EP with Carcass Grinder (2007)
Tracks 37-46 taken from ''Evolved into Obliteration'' EP (2007)
Tracks 47-48 taken from ''Trapped in a Scene'' Compilation (2007)
Tracks 49-62 recorded live at KJFC Radio with Unholy Grave

CD2
Tracks 1-4 taken from an alternative recording of split EP with Carcass Grinder (2006)
Tracks 5-11 taken from split EP with Agoraphobic Nosebleed (2008)
Tracks 12-15 taken from ''This Comp Kills Fascits'' Compilation (2008)
Tracks 16-21 taken from split with Flagitious Idiosyncrasy in the Dilapidation (2008)
Track 22 taken from "Grind Bastards #2" compilation
Track 23 taken from ''Noise Grind Power Death'' EP (2009)
Tracks 24-38 recorded live at Kurx 91.7 Austin Live Radio

DVD
Live At Annie's, San Francisco, (3/11/2007)



fatherbefouled-holy.jpg



・FATHER BEFOULED - Holy Rotten Blood CD 税込1,620円 (Dark Descent)

ENCOFFINATION, VOMITCHAPEL, etc多くのバンド/プロジェクトで活躍するJustin Blake Stubbs氏率いるUSジョージア州アトランタ拠点のおなじみFATHER BEFOULEDの2019年作6曲入りCDがDark Descentからリリース。

USではペンシルバニアやニュージャージーなど、やはり総帥周辺に多く生息するタイプのINCANTATION崇拝型デス・メタルですが、アトランタ拠点のFATHER BEFOULEDも既にこのテのスタイルでは世界的に見てもトップクラスに位置する人気バンドの一つで、深化はしても進化はしない、今回もINCANTATIONウォーシップのみを突き詰めたような作品となっています。黄昏たスロウ・パートでかもし出す叙情性も絶妙なのに、北欧バンドのようなサイケデリックなエピックな印象をほとんど与えないのは、INCANTATIONの冒涜性を継承したような、このプリミティブで呪術的なノリが彼らの強烈な個性となってるからではないかと思います。無感情なファスト・パートは、今回もちょっとVON影響下ベスチャル・デス・メタルみたいにも聴こえてくる。こういう所が、NWNからも以前リリースされた要因となったのでしょう。暗黒デス・メタル派閥イチの冒涜性が、今回も爆発しています!!



nucleus-entity.jpg



・NUCLEUS - Entity CD 税込1,836円 (Dark Descent)

CDも到着しました!!

1stフル・アルバム Sentientが好評だったUSシカゴのデス・メタル・バンド NUCLEUSの2ndアルバム。CDはDark Descentからのリリースで、発売直後から高い評価を得ている話題作です。

2010年代に小規模噴火ながらアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンに勃発しかけたSFデス・メタル・ムーブメントを担った新鋭バンドの一つで、1stアルバムはジャケ・アートをDan Seagrave氏が担当したことから、ちょっと金の卵的にシーンでの期待感もあったバンドです。しかしこの2ndはいい意味でそんな優等生的レールから逸脱していて、より一層MSUOやDark Descentのカラーにマッチしたアングラ臭が強まってきました。もう、再生して本編スタートした瞬間から前作と感触が全然違う。以前はTIMEGHOULのカバーも堅実に再現する演奏力の高さに加え、若さ溢れるアグレッションも痛快で、MORBID ANGELやATHEISTなどのファンにも十分アピールするポテンシャルを感じさせてたけど、本作ではDEMILICHタイプの奇怪フレーズと神経衰弱ツイステッドな展開が、より内向的な表現方法を突き詰めていて、ザックリ言って非常に鬱なプログレッシブ感を増しています。これはもう、今の行き詰った当店のテンションに危険なくらいグッとくる!!!こういう、くすぶった若者のような感覚とストイックな音楽的姿勢のバランスが絶妙なデス・メタルを聴くと、逆に救われたような気分にすらなります。ZEALOTRYやCHTHE'ILISTファンにも絶対オススメ!!グレートーーー!!!


09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR