RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


infester-tothedepths-2cd.jpg



・INFESTER (USA) - To the Depths, in Degradation 2CD 税込1,980円 (Krucyator prod.)

2017年にDEAD CONGREGATION, NUCLEAR WINTER, etcのAnastasis Valtsanis氏の運営するギリシャ老舗レーベル Martyrdoom prod. (aka Nuclear Winter Records)から再発されて当店でも大反響を呼んだ、1994年発表USカルト・デス・メタル・クラシックのリイシューが、今度は1992年デモ4曲を収録した2枚組でフランスのKrucyator prod.から限定500枚リリース!!最初のMartyrdoom prod.の再発の時もお客さんに教えてもらったけど、今回も熱心なお客さん数名から問い合わせいただいて入荷することが出来ました。ちょっとてこずったけど。


DISC 1 : To the Depths, in Degradation ALBUM (1994年)
DISC 2 : Darkness Unveiled DEMO (1992年)


INFESTERはシアトルのバンドで、ドラムのNuminas氏はEVOKEN, FUNEBRARUM, DRAWN AND QUARTEREDなどを経て、現在はRITUAL CHAMBERでの活動で良く知られる人物。Moribund Recordsからリリースされたオリジナル盤CDは、デス・メタル・コレクターには大人気のレア盤として1万円以上で取引されてきたカルト・クラシックです。内容もまさに激レア・カルトになるべくしてなったようなモノ凄い作品で、とにかくとてつもないlow-endデス・メタルに圧倒されます。グラインド・テイストも強いカオティックなブラスト・ビートも駆使しながら、USで例えたらROTTREVOREとINCANTATION、フィンランドなら初期XYSMAとDEMILICHのミックスのような、精神が屈折したかのごとく偏屈な展開で終始畳みかける、sicknessの最上級スタイル。で、しかも前述したそれらのカルト・バンドをも上回るような最低(最も低い)lowestサウンドがとにかく凄い!!サイエンス・フィクション・デス・メタルのリバイバルの後は、NYデス・メタルのスタイルが徐々にブームになりそうな気がしてたけど、このINFESTERの再発はかなり世界的に熱狂していたので、今後はこういうスタイルも盛り上がってくるかも?と、デンマークやフィンランドのシーンを見てると期待してしまいます。とにかく、未聴の人はこの機会にぜひ体験して、精神ズタボロにされてください!!



agretator-delusions-lp.jpg

・AGRETATOR - Delusions LP 税込3,300円 (The Crypt)

ARCH ENEMYにも参加していたドラマーのPeter Wildoer氏によるメロディック・デス・メタル・バンド DARKANEの前身となったスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの1994年発表唯一のフルアルバムが、The Cryptから初ビニール化アナログ盤リリース。限定300枚リリースで、今回はそのうちの各ltd.100枚のクリア・ビニールとレッド・ビニールで入荷しました。

ギタリストとベーシストも現DARKANEメンバーで、メロディック・デス・メタル・ファンならば興味が尽きないバンドということもあり、オリジナル盤のCDはとんでもない値段で取引される、北欧デス・メタル・ファンには有名なメガトン・ウルトラ・レア・アルバムです。ドラムものっけから凄いし、ギターはこの時点でもうメロデス・バンドでも通用しそうなクラシカルでメロディアスな美麗ソロを絡めてきますが、楽曲はメジャー臭皆無の非常にアングラ・テイストの強いテクニカル・デス・メタルで、この最高のアンバランスな感覚はメガレア・カルト・デスならでは醍醐味です。CARCASS影響下のバンドよりもアヴァンギャルドな雰囲気も強く、PAN.THY.MONIUMやMOURNING SIGNなどのスウェディッシュ・プログレッシブ・デス・メタル・ファンから、フランスのSUPURATIONなどのファンにも超オススメ。これぞまさにカルト・デスです!!

Metal Deadness!!


ripper-chile-sensory.jpg



・RIPPER (Chile) - Sensory Stagnation CD 税込1,650円 (Unspeakable Axe)

既に日本のマニアックなスラッシャーにはお馴染みの南米チリ出身グレート・デスラッシュ・メタル RIPPERの5曲入り2019年新作CD。今回もいつもと同じくアメリカ盤はDark Descentからのリリース。

南米バンドらしいガムシャラさ、猛烈なスピード、そしてテクニックと楽曲クォリティー、全てが完全に欧米バンド・クラスの高い水準でしたが、本作ではそのテクニカルな部分をよりフォーカスしたような作風で、ベーシストは今回もSteve DiGiorgio的なフレーズをガンガン聴かせてくれます。しかも、プログレッシブ且つドラマチックでもありながら、RIPPER本来の畳みかけるようなスピード感も維持していて、やはりこのバンドはかっこいい!!インテリジェントな雰囲気すら漂ってきたので、今までの勢い重視のスラッシュを求める人にはちょっと物足りないと感じる人もいるかも知れませんが、ぜひともこの路線でプログレッシブ・スラッシュ・メタルとしての超絶さを突き詰めて欲しい。オススメです!!



aggravator-st.jpg



・AGGRAVATOR - S/T CD 税込1,650円 (Unspeakable Axe)

2008年結成で、フルレングス・アルバムも2枚発表しているUSテキサスのスラッシュ・メタル・バンドの2019年新作6曲入りCD。Dark Descent Recordsの兄弟レーベル Unspeakable Axeからのリリース。

初期デス・メタルの雰囲気も漂うスラッシュ・サウンドですが、デスラッシュ!と言われて思い浮かべやすいKREATOR, SADUS, MERCILESSのラインにあるタイプでなく、退屈なリフなのにかっこよく聴かせるSODOMやSEPULTURAのような低音域徘徊型のリフ・ワークを、変拍子などのテクニックも駆使して、なかなかスリリングに聴かせてくれます。ギターソロも短めなくせにかなり上手い。この陰気臭さを地味と感じてしまう人にはオススメできませんが、カナディアンSACRIFICE, DEATH, SEPULTURA, DEATHWISH, etcのファンや、80年代後期のマイナー・スラッシュ・メタルが好きだった人なんかにオススメです!!



bloodincantation-hidden.jpg



・BLOOD INCANTATION - Hidden History of the Human Race LP 税込2,640円 / CD 税込1,760円 (Dark Descent)

ようやく届きました。。。今まさに、デス・メタル・シーンをも飛びだすまでの勢いで世界中のエクストリーム・ミュージック・ファンから熱いまなざしが注がれるUSコロラドのBLOOD INCANTATIONの2019年発表2ndフルレングス・アルバムです。ヨーロッパはCentury Mediaからリリースされましたが、こちらは彼らの拠点レーベル、コロラドのDark Descent盤で、LPはゲートフォルド・ジャケット/インナースリーブ付き/ブックレット付き/ポスター付き/DLコード付きとなっています。

ずいぶん待たされて、到着するまではイライラも増す一方でしたが、「そもそもなんであのBLOOD INCANTATIONが、そこまで世の中をにぎわしてるんだ??」とけっこう不思議にも思っていました。到着してじっくり聴いてみますと、基本的なスタイルに変化はありません。NOCTURNUSやTIMEGHOULを頂点とするSci-Fiデス・メタルの特徴である、目まぐるしく唐突に展開していくプログレッシブな楽曲にエピックなメロディーをふんだんに導入して、キーボードを導入することなくコズミックなムードを見事に表現しています。強いて言えば、以前はズグズグした徘徊リフがDEMILICHやROTTREVOREなどの変態性も少し垣間見せてたけど、そういう雰囲気は除き、よりエピックなプログレ・テイストが強まっていますでしょうか。しかし、このコンセプトの思考力などは、やっぱり大したもんです。この先、世の中が一体どうなるのかわからない不安を抱えたような若者は、こういう世界観にも惹かれたりするのでしょう。ま、とにかく、到着は2020年になってしまいましたが、2019年もデス・メタルを聴いた証として、これは絶対に聴いておかねばなりません!!



sempiternaldusk-cenotaph.jpg



・SEMPITERNAL DUSK - Cenotaph of Defectuous Creation CD 税込1,870円 (Dark descent)

Parasitic Recordsオーナーで、WEREGOAT, ALDEBARAN, MOURNFUL CONGREGATION, etc多数のバンドでも活動し、日本のデス/ドゥーム・メタル・シーンでも交流のある関係者の多いTim Call氏がドラムとVo.を担当。他メンバーも同じくWEREGOAT, ALDEBARAN, ANHEDONIST, EXCOMMUNION, etcに参加してきた人物らが在籍する、USポートランドのデス・メタル・バンドの2019年最新アルバム。フルレングス作品は2014年発表の1stアルバム以来となりますので、5年ぶりの2ndフルアルバムです。

Tim氏は2010年代前半頃から一気に世界的に注目を集めるようになった北米エクストリーム・メタル・シーンの繁栄に大いに貢献した人物の1人だと思いますが、このSEMPITERNAL DUSKはまだ日本では地味な存在ながらも、RITUAL NECROMANCYと並んでポートランド・アンダーグラウンド・メタル・シーンを象徴するような印象を個人的には強く抱いていました。その理由はこのバンドの音楽性で、INCANTATIONトレンドがデス・メタル・シーンを席巻した2010年代、ポートランドやカナダまで及んだ北米デス・メタル・シーンのバンドは、INCANTATIONムーブメントの本場とも言えるペンシルバニアやニュージャージーのバンド群とは違った魅力を引き出して、冷たい質感を上手く表現していたけど、本作もそういったUS東海岸のスタイルよりも、フィンランドのKRYPTSに近い深みと黒さ、そしてその奥底に叙情も渦巻いています。未聴の方はぜひ聴いてほしいバンドの一つです。

Death Cult from the Graves!!


necrovore-divus-tape.jpg



・NECROVORE - Divus De Mortuus TAPE 税込1,650円 (Valour Music)

今年2019年中にカタをつけないとなかったオーダーが2つありまして、それを回収するまでは店はつぶれてもつぶれきれないほどイライラさせらてたうちの1つがようやく届きました。。。一向にオフィシャル再発される気配がなかった最後のNecro-cultバンド、USテキサスのNECROVOREの1987年発表ウルトラ・メガ・ファッキン・アーマゲドン・クラシック・デモが、まさかのオリジナル・フォーマットで限定350本ナンバリング入りオフィシャル・カセット再発!!!666!!!

インドネシアのValour Musicっていうふざけたレーベルなんですが、一応ここは全てオフィシャル・ライセンスを売りにしていたのでコンタクトしてみたら、送金から半年待たされて届きました。他のリリースも十分高いのに、このNECROVOREは群を抜いて高かったから「足元見やがって、、」とムカついたけど、届いたらステッカーとバッジを封入した手作りデラックス・バージョンみたく作ってます(全然たいした出来じゃないけど)。あと、オフィシャルというのも納得いくのが、音質がかなり良いのでちょっとオドロキ。でも、売り切れても2度とコンタクトしたくないので、逃さぬようお願い致します。

今や初期カルト・デス・メタルの代名詞的存在とも言えるNECROVOREは、この1987年名作デモ Divus De Mortuusと、New Renaissanceの名物シリーズ・オムニバス Satan's Revengeのパート2に提供した1988年テイクが確認されてましたが、後に1988年テイクの他の曲(曲自体は1987年デモと同じモノ)や1987年ライブがブートで出回って、多数のブートが存在するカルト・バンドとして2000年代以降はキング・オブ・カルトの称号を得ました。プロト・ブラック・メタルと評価されるそのサウンドは、まさにサタニック・デス・メタルという形容がピッタリで、スラッシュ・メタルを超越したSODOMやPOSSESSEDなどのプレ・ブラック/デス・メタル・バンドの直情型暴走スピードを、原始的なリフ・ワークと曲構成でさらに突き詰めて、ジャーマンPOISONと並んで後のブラック・メタルのスタイルを先駆けていました。迷うことなく必聴 & diiieeeggghhhデス!!!



cynic-reflections-tape.jpg



cynic-demo1990-tape.jpg



・CYNIC - Reflections Of A Dying World TAPE 税込1,320円 (Valour Music)
・CYNIC - Demo 1990 TAPE 税込1,320円 (Valour Music)

こちらも上記NECROVORE同様、インドネシアのValour Musicによるオフィシャル・リイシュー。故Chuck Shuldiner氏が自身のバンド DEATHをプログレッシブ・メタルとして進化させていったうえで大きな影響を与えたバンドとされるCYNICの、1989年2ndデモと1990年発表3rdデモの2種です。

初期のデモ時代はまだ完全にテクニカル・スラッシュ・メタルの延長線上のプログレッシブ・スタイルで、デス・メタル・ファンよりもスラッシュ・メタル・ファンに絶対オススメです。ガリガリのスラッシュ・リフと畳みかけるようなスピード感にジャジーなセンスもミックスしたようなスタイルは、合衆国産に多いパワー・メタル土台のプログレッシブ・メタルじゃなくて、ドイツMEKONG DELTA, ベルギーTARGET, スイスCORONERなどのファンが手に汗握るような緊張感と疾走感です。カッコイイ!!



purtenanceavulsion-demo1-tape.jpg



・PURTENANCE AVULSION - Demo 1 '91 TAPE 税込1,320円 (Valour Music)

1992年の1stアルバム Member of Immortal Damnationが再発/再プレスのたびに完売するフィンランド・カルト・デス・メタル PURTENANCEが、最初期にPURTENANCE AVULSION名義で製作した1991年の4曲入りデモも、オリジナル・フォーマットで限定100本ナンバリング入りオフィシャル・カセット再発!!!

しかし、レーベルがダメな奴でも、バンドの渋さに変わりはありません。CONVULSEの初期ギタリストがベースで参加してたバンドで、やはりこのバンドもフィンランド特有の低く病的なデス・メタル・サウンドが特徴です。PURTENNANCE名義になってから発表したMember of Immortal Damnationアルバムは叙情性も加味して完成度を高めていたけど、このデモはCONVULSEファン狂喜のlowスタイルが極上級に絶品。ファスト・パートへの展開が初期グラインド的で、スロウ・パートはHELLHAMMERルーツっぽいところも、初期デス・メタルならではのかっこよさです。



retrosatan-grito-cd.jpg



・RETROSATAN - Grito Mortal CD 税込1,980円 (Iron Goat Commando)

ブラジルのDies Irae Recordsが2005年にヴィニール化再発した際に当店にも入荷して、当時かなりの反響を呼んだアルゼンチン・ヘヴィメタル・バンドのデモ・コンピレーション・アルバムが、限定500枚でめでたくCD再発。1987年発表の同名デモにエクストラ・トラックもプラスして、さらにLP未収録だったライブもボーナスで追加した全10曲入り。2015年にもCD化されてましたが今回はインレイのレイアウトが変わって、あの激渋なメンバー写真もバッチリきまってます。

このバンド、とにかくシケっぷりがいつ聴いても素晴らしい!!イタリアのSTRANA OFFICINAとかギリシャのDARK QUARTERERのような地中海エピック・メタルにも似た叙情で号泣させてくれますが、スピード・メタル調の曲も多いのが特徴です。東欧メタル・エピカスが牧歌土台だとしたら、このRETROSATANに代表されるアルゼンチン・メタルの叙情は、「コンドルは飛んで行く」みたいな、南半球すぎて寒い地域の民謡が根っこがあるのでしょう。他のアルゼンチン・メタルほとんど知りませんが。あと、このバンドはルックスが完璧でまたかっこいい!!オススメです!!



wildrags2019dec.jpg

**BLASPHEMYの1stアルバムなどで知られる伝説のUSカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Rags Recordsのデッドストックがまた久しぶりに入荷!!!今回はWild Rags以外のデッドストックもポツポツ一緒に入ってますので、ぜひチェックしてください!!

Deathrash Armageddon!!


goatsemen-raids.jpg



・GOAT SEMEN - Raids The North~地獄の襲来 CD 税込1,650円 (Deathrash Armageddon)

Deathrash Armageddonがレーベル発足当初から企んでいたという、ペルー・ブラック・メタル GOAT SEMENの2007年に限定300枚のピクチャーディスクLPでリリースされたメタル史上最も極悪なライブ音源が、遂にCD化!!En Vivo En Lima Hell ライブ盤とは別のライブ音源とスタジオ・テイクを1曲収録した全7曲。En Vivo En Lima Hell のペルー盤CDにはこのアルバムから抜粋でボーナストラックが収録されてましたが、これが完全盤ということになります。

高音質なんぞクソ食らえだ、Only Raw Is Real!!!のコメント通り、En Vivo En Lima Hellライブ盤よりもさらに悪音質。しかしこれぞGOAT SEMENの本領発揮といった感じのプリミティブ・ロウエスト・ベスチャル・デス・ブラック・サウンド地獄で素晴らしい!!スタジオ曲は2003年の録音で、ちょうどこの頃は2002年大傑作デモが話題となり、Legion Of DeathからのLEVIFERとのSplit 7"がアッと言う間に売り切れて、日本でもGOAT SEMEN旋風が吹き始めた頃です。Vo.エリックの壮絶な暗黒鋼鉄原始人ファッションのジャケ写もカッコいい、リアル・オンリー for ダイハード・ベスチャル・メタル・マニアックス・ライブ・アルバム!!!666!!!



quemos-ii.jpg



・QUEMOS - II The Rebirth~蘇生 ザ・リバース CD 税込1,650円 (Deathrash Armageddon)

ペルー出身ドゥーム・ロック・バンドの2ndアルバムCD。今回も函館Deathrash Armageddonからのリリースで帯付。

南米の呪術的な雰囲気と、ブラック・メタルのリチュアルなムードが交錯したような、ABRUPTUMとSLEEPのJerusalemのミックスという路線に変更はないけど、より一層非メタルなエクスペリメンタルが強まった感があります。南米ドゥーム/プログレ・ファンにオススメ!!

Metal Deadness!!



ignivomous-hieroglossia-2019europeatour.jpg



・IGNIVOMOUS - Hieroglossia 2019 CD EUROPEAN TOUR EDITION 税込1,980円 (Nuclear War Now!)

DESTROYER 666, ABOMINATOR, DENOUNCEMENT PYRE, etc, オーストラリアン・デス・メタルを代表するバンドを渡り歩いたドラマー Chris Volcano氏率いる現行OZデス・メタル最高峰の一つ、IGNIVOMOUSの待望3rdアルバムCD。今回は2019年ヨーロッパ・ツアー用限定ペーパーフォールド・スリーブで入荷しました。レギュラー・バージョンとジャケ・デザインも違うようです。

今回も隅々までIGNIVOMOUSらしさが充満した暗黒世界を完璧に表現しきっています。INCANTATION影響下の呪術的デス・メタルを、IMMOLATIONやGORGUTS型のテクニカル・リフと起伏の激しさで叩き出していて、PORTALのカオスを原始的な黒さに差し替えたようなサウンドが圧巻です。このテはアヴァンギャルドだったりサイケな手法を取り入れるバンドが多い中、IGNIVOMOUSはオールドスクール・デス・メタル・プライドを貫いているところも心強いです。過去作を堪能してきた人は今回も完全必聴作death!!!



fuilnaseanchoille-thecrossing.jpg



・FUIL NA SEANCHOILLE - The Crossing LP 税込2,640円 (Me Saco Un Ojo)

MSUOがリリースするバンドで数少ないブラック・メタルの一つ、アイルランド・ダブリン出身ミュージシャン Cormac O'Siochain氏によるロンリー・ブラック・メタル・プロジェクトの2019年新作LP。この人物はMSUOオーナーのメタルパンク業界人仲間で、デンマークのNUCLEAR DEATH TERROR (ギター), THE ASSASSINATORS (ベース), オーストラリアのKROMOSOM (ギター)といった日本でもおなじみの海外パンク・バンドでも在籍してきた、一体どこに住んでるの?と不思議になるくらいワールドワイドに活躍されてきた方です。

サウンドはアトモスフィカルなギター・サウンドとプリミティブな楽曲のミスマッチが最大の特徴。バンド形態にせず独りで作品を制作するブラック・メタル・ミュージシャンは、既存のスタイルや世間の評価などを気にせず、好きなことを思う存分に表現するためにワンマン形態を貫いていると思うのですが、このFUIL NA SEANCHOILLEはまさにそのものズバリではないかと思います。本作では前半は女性ボーカルのフォーク・パートとアンビエンタルなパートが占めていて、そこからいつものFUIL NA SEANCHOILLE節とも言える浮遊ギター・サウンドによる原始的ブラック・メタルへと進んでいきます。ブラック・メタル全体で見ても非常にクセの強いサウンドですので、あまりMSUOリリースという点に惑わされずに、カセット・バージョンをリリースしているのがカナダのTour de Gardeという視点などから考察して楽しんでみると良いのではないかと思います。アヴァンギャルドなブラック・メタル好きはぜひチェックしてみてください。



swampbeast-voidterror.jpg



・SWAMPBEAST / VOID TERROR - Holocaust of Terrestrial Empires SPLIT 12" w/ POSTER 税込2,640円 (Me Saco Un Ojo)

LAのSWAMPBEASTと、ケンタッキーのVOID TERRORによるSplit 12"がMe Saco Un Ojoからリリース。ともにこれまでデモを1本のみリリースしてる新鋭で、このリリースは限定カラー盤は存在しないブラック・ビニールのみの300枚プレス。ですが、先着100枚にポスターが付きます。今回はポスター付きで入荷しました。

まず、また幼稚なことから言いますが大事なポイント。両バンドともロゴが素晴らしい!!毛細血管みたいな、または藻草みたいな、ほぼ解読できないロゴで、VOID TERRORのロゴはデモの時より複雑化と言うか意味不明化しています。

で、まずSWAMPBEASTですが、グラインディングなパートも強力なデス・メタルで、テクニカルなリフでブラスト・ビートとスロウ・パートを使い分け、あまりカオティックになりすぎず突進力を維持しているので、INCANTATIONの重苦しい面ではなく、MORBID ANGELとも通じる部分の方を根っこにしたようなタイプかと思います。

VOID TERRORはデモで聴かせた冷たいリフワークがさらに冴えわたり、SPECTRAL VOICEなどのファンにも嬉しい感触。しかし曲調はアヴァンギャルド感なく、むしろプリミティブにドカドカだし、そのビートを叩き出すドラミングもかなり良くて、さらにSci-Fi系デス・メタル・ファンもグッとくるようなメロディック・ソロも飛び出し、これはちょっとBLOOD INCANTATION & SPECTRAL VOICEの後を追うバンドとして期待したくなる成長っぷりではないでしょうか!!



cadavericincubator-unburied.jpg



・CADAVERIC INCUBATOR - Unburied Morbidity CD 税込1,980円 (Terror From Hell)

フィンランド・デス・メタルのカルト・オブ・カルト、SLUGATHORのAntti Oinonen氏が中心となり2004年に結成されたヘルシンキのデス・メタル・バンドのデモ・コンピレーション・アルバム。Hells Headbangersから2017年に発表された1stアルバムが遅ればせながら入荷していたバンドですが、このコンピレーション・アルバムはイタリアのTerror From Hellからなリリースで、リクエストいただいてから入荷まで大変難儀しました。ぜひこの機会にどうぞ。


Tracks A1-A6 : "Unburied Abominations" DEMO 2014
Tracks B1-B6 : "Resurgence Of Morbidity DEMO 2005
Track B7 : "Coffin Defiler" UNRELEASED DEMO II


昨今の音圧重視デス・メタルの質感とは異質の、キャッチーな一面すらあるグラインドコア・テイストの強いサウンドが、オールドスクーラーに好評のバンドです。1stアルバムはREPULSIONやCARCASSといった初期グラインド・デス・メタルの感覚に、NASUM, ROTTEN SOUND, EXHUMED, CRETINほどではないにしても、ハードコアとも接点のあるデス・メタル/グラインドコアにも通じるわかりやすさがありましたが、このコンピレーションを聴くと最初期はキャッチーさがゴアリーな要素も含んでいて、徐々にハードコア・グラインディングなノリを強めてきているのが分かります。そしてそのゴアな初期も、XYSMAのようなフィンランドらしいCARCASS型グラインド汚濁音で、これがまたいい!!現在の当店では1stアルバムよりこちらの方が好みのお客様が多いと思います。

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR