RECORD BOY

Metal Deadness!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、Me Saco Un OjoやDark Descentなどが到着したので、デス・メタル系商品を先ほどカートアップしました。


inert-obliteration-tape.jpg



・INERT - Obliteration of the Self TAPE JAPANESE EDITION 税込972円 (Caco-Daemon)

スペインとスウェーデンでゴシック/ドゥーム系メタルのバンドに在籍していた2名による完全スウェディッシュ型デス・メタル・プロジェクトのデビュー・デモEPです。なかなかこういった王道のスウェデス・バンドも最近はそんなに多く入ってなかったのでチャレンジしてみましたが、ぜひともジャパニーズ・バージョンを作りたいから手伝ってほしい、とレーベルに言われて、少し協力しました。既にアンダーグラウンドでは評判も良いみたいで、もともとはカセット・バージョンとCDバージョン(プレスCDかは不明)を各50本/50枚のltd.100生産のデモだったそうですが早々に完売したため、カセット本体をスプラッター・シェルにして、ロゴ・ステッカーとナンバリング入りレーベル・カード、さらに日本語の箱型帯を付けて25本限定で追加生産したモノです。

サウンドは帯にある通りで、ENTOMBEDやGRAVEなどのタイプが好きな人はぜひチェックしておいてほしいです。無名ながらゴシック/ドゥーム系のメタル・バンドでプレイしていたとあって演奏力や曲センスも全く問題なく、音質も素晴らしいので、このまますぐにでも7"EPでリリースされてもおかしくないクォリティーです。と思って聴いてたら、やはり7"EPでもリリースするレーベルが決まったようです。しかしこの人達、外見だけ日本語を使ったジャパニーズ・エディションで満足するような連中でなく、この日本版カセットのみのボーナス・トラックで、"Kamen o Tuketa Tenshi"なる日本語詞ナンバーも追加収録!!そしてこれが凄い、、、。まぁ、とにかく一生懸命で熱心なので、彼らの熱意には本当に関心してしまいました。スウェデス・ファン必聴!!



gorephilia-severed-lp.jpg



・GOREPHILIA - Severed Monolith LP BLUE VINYL w/ POSTER 税込2,484円 (Me Saco Un Ojo)

アナログ盤も到着!!SWALLOWEDやKRYPTSとともに2000年代以降のフィンランド・アンダーグラウンド・デス・メタル・シーン中堅としてシーンを盛り立てるGOREPHILIAの2017年発表2ndアルバム。LPはMe Saco Un Ojoからのリリースで、限定ブルー・ビニールにはポスターが付きます。

ギタリストのJukka氏が2015年からKRYPTSにも参加したこともあり、こちらのバンドも以前より注目度が上がってきているようです。KRYPTSやSWALLOWEDがまるで終わりのない谷底を目指して突き進むような暗黒のデス・メタルを深めているのに対し、このGOREPHLIAはCONVULSEのようなシックネスな感触は徐々に薄れてきている気がしましたが、今回はDEMIGOD型のフィンランド・スタイルと、MORBID ANGELやINCANTATIONなどのアメリカン・デス・メタルの融合のようなサウンドを完璧に確立させています。時折顔をのぞかせる抒情的なギター・フレーズや展開がDEMIGOD直系のようでもありながら、アングラ・デス・メタル・シーン近年のトレンドでもあるNOCTURNUSやTIMEGHOUL的なコズミック感も漂います。爆走するパートの切れ味も素晴らしく、MORBID ANGEL, INCANTATION, TIMEGHOUL, etcのアメリカン・デス・メタル影響下の北欧デス・メタルらしい傑作に仕上がっています。オススメ!!



undergang-misantropologi-lp.jpg



・UNDERGANG - Misantropologi LP CLEAR VINYL w/ POSTER 税込2,808円 / BLACK VINYL 税込2,484円 / CD 税込1,836円 (Me Saco Un Ojo / Dark Descent)

到着前からお問い合わせも少なからずいただいて、日本のアンダーグラウンド・デス・メタル・ファンの間でも人気の高さがうかがえるデンマークのUNDERGANGの2017年新作4thアルバムです。フィンランドDISGRACEのカバーも含む全10曲入り。アナログ盤はMe Saco Un Ojoからのリリースで、限定クリア・ビニールはポスター付き。CDはDark Descentからのリリースです。

いきなりAUTOPSY節全開なリフで幕を開け、前作で頂点に達したlow-endスタイル路線ももちろんキープし、今回もファンは安心の内容です。ただ、前作よりさらに顕著になって気付いたのは、曲の短さです。今回は5分以上の曲は1曲もなく、「これはもう速くないゴア・グラインド・デス・メタルだ!!」なんて前作で言ったのが、だいぶ真っ当な意見になってきたような感じの作風です。あと、こういう曲の短さになるとやはりハードコアな初期デス・メタルっぽさも増していて、しかもこの激lowゴアグリーなVo.が乗るから、まるでPROPHECY OF DOOMのようなステンチネスも感じさせます。曲調はパンキーでなくてもパンクのスカム・シックネスを漂わせるあたりも、AUTOPSYウォーシップ・デス・メタルの現行バンドで最高峰とされる所以でしょう。最高に最凶death!!!



deiquisitor-st-lp.jpg



・DEIQUISITOR - S/T LP 税込2,160円 (Night Shroud)

先にMe Saco Un Ojoからの7"が入荷していたデンマークのデス・メタル・バンドの2016年発表1stアルバムです。CDはデンマークを代表するブラック・メタル・レーベルの一つ、Ancient Darkness prod.からリリースされてますが、このアナログ盤はよりアンダーグラウンドなプライベート・レーベルから限定300枚プレスで出ています。

メンバーはLUCIATIONやBLODFESTなどのブラック・メタル方面のミュージシャンで、ドラマーはSADOMATORでもサポートしている人物。その辺の感触が絶妙に混ざり合ったようなINCANTATION影響下のデス・メタルで、今名前をあげているバンドをチェックしていた人ならばぜひ聴いてほしいです。IMMOLATIONやMORBID ANGELタイプのテクニカルなフレーズを鉛のような鈍さで叩き出したか、またはINCANTATION型の荘厳デス・メタル・リフを奇怪にしたような感じで、VASAELTH, RITUAL NECROMANCY, IMPETUOUS RITUALなどのUS/カナダ/オセアニアのバンドとは違う黒く冷たい質感は、やはり北欧の血がそうさせてるのでしょうか。プリミティブでありながらBEHERIT影響下のノイズ・アプローチではなく、DIOCLETIANのような切れ味も備えています。Raw War系のファンからINCANTATIONウォーシップ・デス・メタル・ファンにまで極烈オススメ!!



heresiarch-death.jpg



・HERESIARCH - Death Ordinance CD 税込1,728円 (Dark Descent)

DIOCLETIAN, WITCHRISTメンバーらによって2008年に結成。2011年にSSPからデモを発表して注目を集めたニュージーランドのブラック・デス・メタル・バンド HERESIARCHが、待望の1stフル・アルバムをDark Descentからリリース。

BATHORYのカバーもやってたデモの時はオールドスクールなブラック/デス・メタル要素が強かったですが、Hammer of Intransigenceミニ・アルバムはこれぞオセアニアンraw warメタルな破壊力を爆発させた素晴らしい内容でした。今回もあの激烈なパワーを維持しつつ、フル・レングスで聴かせる構成力も身につけて、DIOCLETIANを彷彿とさせるクラシック起源のような荘厳フレーズを激烈に叩き出す土台に、REVENGE型の冷徹カオス・パートもミックスし、オセアニアのバンドらしい身体能力にモノを言わせたパワーで表現しています。プリミティブなオールドスクール・ベスチャル・デス・ブラック・メタルの若手は、最近はヨーロッパ/中南米/アジアのバンドの方が勢いがあったので、このところオセアニアのウォー・ブラック/ベスチャル・デス系は、DIOCLETIANの影響力はちょっと薄れ、VASSAFORのようにリチュアルな手法を取り入れるスタイルの方が目立っていたような気がしますが、これは久しぶりにOZ/NZ Raw War Metalファンはガッツポーズの作品ではないでしょうか。オススメdeath!!



stargazer-thescream.jpg



・STARGAZER - The Scream That Tore the Sky LP 税込2,916円 (Parasitic)

MARTIRE, CAULDRON BLACK RAM, MOURNFUL CONGREGATION, TZUN TZUのメンバーから成る1995年結成オーストラリアのデス・メタル・バンド STARGAZERの2005年発表1stアルバムが念願の初ヴィニール化再発。来日経験もあるレジェンドですが、当店ではいまだに2014年発表アルバムのダイハード・バージョンが残ってるという情けない状況で、このLPの入荷も悩んだけど、やはり我慢ならずにちょっとだけ入れてみました。2000年代以降の北米エクストリーム・メタルの盛り上がりを支えたParasitic Recordsからの再発で、ジャケはツヤツヤ・グロッシーな硬質のゲートフォルド・スリーブです。オリジナルは悪名高きポーランドのAgonia RecordsからCDでリリースされていました。

PORTALのブレイクで注目を浴びたオーストラリアのアヴァンギャルド・デス・メタル・シーンをCAULDRON BLACK RAMと並んで代表するバンドで、メンバーが平行して活動するフューネラル・ドゥーム・メタル重鎮 MOURNFUL CONGREGATIONと、カオティック・デス・メタル MARTIREを結ぶような存在、とでも言えるでしょうか。しかし楽曲はそんな単純なものではなく、MARTIRE流テクニカル・デス・メタルの激烈性に変態性もプラスして独特のフレーズが絡みつき、そして曲調はMORBID ANGELやNOCTURNUSからシンセを除いた替わりに超絶プレイをジャジーに増幅させ、PINK FLOYDも思わせるプログレッシブな静寂さも導入しながら、最終的に全体の9割以上はガムシャラに突き進んでいくようなアグレッションで表現した驚異のアヴァンギャルド・デス・カオス・メタル。ARGHOSLENTとSplitが出ていたそうですが、その組み合わせ、最高に絶妙すぎる対決です。一般的なOZデス/ブラック・メタル・ファンよりも、カナディアン・デス/ブラックのファンにオススメしたいような感じでもあります。このバンドはホント凄すぎる!!



fatherbefouled-desolate.jpg



・FATHER BEFOULED - Desolate Gods CD 税込1,728円 (Dark Descent)

INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルの最高峰と言っても過言ではないUSアトランタ出身デス・メタル FATHER BEFOULEDの2017年発表4thアルバムCD on Dark Descent Records。2012年のRevulsion of Seraphic Grace以来のアルバムとなります。

スラッシュやハードコアをルーツとしたデス・メタルとは一線を画し、エクストリーム・メタルのフィジカルな面を重視した80年代の傾向よりも、強いて言うならばBLACK SABBATHの黒く渦巻く混沌さをデス・メタルのパーツ構成でスピリチュアルに表現したようなINCANTATIONは、プリミティブでリチュアルなブラック・メタル原理主義の復活を目指すベスチャル・メタル勢の後押しもあり、2000年代以降のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンに大きな影響を及ぼしました。その牽引役となったバンドの代表格の1つがこのFATHER BEFOULEDだったわけですが、この作品でも完全なるINCANTATIONウォーシップを体現しながらも、今回とても印象的なのはモーンフルなギター・ソロで、以前からギター・プレイには呪術的な妖しさは漂わせていましたが、リチュアルなスロウ・ドゥーム・パートに絡まってくると、ドイツのNECROS CHRISTOSなどよりもMORGIONやMINDROT後期なんかに近いエピックも感じさせます。

デス・メタルの流派の中でも最もダイハードな気質、つまり一見さんを寄せ付けない突き放すような感覚も魅力として絶対に意識しているようなタイプなので、抑揚や引くポイントなどが生まれると、拒絶反応を起こすマニアもいるかもしれませんが、聴き応えは間違いなく増しています。絶対に1度は聴いてほしい、バンドの意欲が激烈に伝わってくる超力作!!

Death Cult from the Graves!!


blood-mental.jpg



・BLOOD (Germany) - Mental Conflicts CD 税込1,728円 (Vic)

BLASPHEMYメンバーとの交流が有名で、NAKED WHIPPERとともにウォー・ブラック・マニアにも崇拝されるジャーマン・サタニック・グラインド・デス・メタル BLOODの1994年発表4thアルバムが、1995年の"Spiddle of Red Blood" 7"EPの音源もボーナス収録した全24曲入りで再発。


Tracks 1-20 : "Mental Conflicts" ALBUM (1994年)
Tracks 21-24 : "Spiddle of Red Blood" 7" (1995年)


1stアルバム Impulse To Destroyと2ndアルバム O Agios Pethaneは、後のウォー・ブラックの原点の一つともされるのも納得のプリミティブ・カオスが色濃いですが、3rdアルバム Christbaitとこの4thアルバムは、グラインド・パンクのキャッチーさと、デス・メタルの整合感のバランスが上手く取れてしまったが故に、NAKED WHIPPERとは違った形で個性的なグラインドコア・メタル作品に仕上がっています。ジャーマンらしいキャッチーさもありながら、CARCASSルーツのモッシュ・ゴアにはない殴打されるような鈍さがあるし、カルト・グラインドの魅力を堪能できるアルバムとなっています。



sinister-godsof.jpg

・SINISTER - Gods of the Abyss CD 税込1,620円 (Vic)

オランダ・デス・メタル代表格 SINISTERが2003年に解散した後、オリジナル・メンバーのAad Kloosterwaard氏らがNO FACE SLAVEというバンド名で新たなデス・メタル・バンドを始動させ、2004年~2005年に掛けて録音していた未発表デモ4曲をVic Recordsがリリースした蔵出し音源です。結局そのNO FACE SLAVEというバンドは新生SINISTERの母体となったため、このCDもSINISTER名義でリリースされました。

女性ヴォーカリスト Rachel Heyzerが加入してブルータル・デス・メタルなスタイルを極めていった解散前のSINISTERよりも、原点に立ち返ったようなテクニカルでソリッドなスラッシュ・リフで突進していて、2006年アルバム Afterburnerでも後に録音されますが、初期SINISTERファンにとってはまさに起死回生のような内容のオールドスクールな4曲です。しかもAfterburnerアルバムよりガッツンガッツンにアグレッシブで、異様にテンションが高い!!KREATOR影響下デスラッシュを土台に、勇壮なパートなどもあるあたりは、2nd以降のMERCILESSなども彷彿させます。



gatesofishtar-abloodred.jpg



・GATES OF ISHTAR - A Bloodred Path CD 税込1,728円 (Vic)

初期スウェディッシュ・デス・メタル名作 GATES OF ISHTARの1996年発表1stアルバムCD、オランダVic Recordsライセンス盤です。Century Mediaからもほぼ同時期に別ジャケで再発されましたが、こちらはオリジナル・アートを再現したものとなっています。

オリジナルは今や一流企業と言ってもいいくらいビッグ・レーベルになったフィンランドのSpinefarmからリリースされ、コレクターに大人気のMPIシリーズとして日本でも流通されていました。これぞスカンジナビアン・メロディック・デス!!な、美しい旋律とテクニカルな演奏で構成されたデス・メタルで、ブラスト・ビートで突進するアグレッシブな・ファスト・パートと、スロウ・ダウンしてドラマチックに展開するフォーキー・エピック・パートの対比が素晴らしいうえに、ドラマーの激烈アグレッシブ且つ適格なプレイも脱帽するしかありません。DARK TRANQUILITYやDISSECTIONなどのファンにはもちろんオススメなのですが、しかしそれら同じ土俵で語られるバンドよりもデス・メタルの重厚な感触は薄く、もっとトラディショナルなエピック・メタルっぽい質感で激しくアグレッシブに演奏しているようなところがまた素晴らしく渋い名作スウェデスです!!


Death the Brutal Way!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



infester-tothedepths-lp.jpg



・INFESTER (USA) - To the Depths, in Degradation LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Martyrdoom prod.)

再入荷お待たせしました!!ちょっと輸送トラブルが発生して大幅に遅れてしまいましたが、無事揃いましたので晴れて販売再開できます。アナログ盤は前回はカート・アップ前にお問い合わせのみで終了してしまいましたので、LPを待っていた方には本当に長らくお待たせしました。

今年上半期のデス・メタル・リイシューではダントツの話題性&注目度と言っても過言ではない、USシアトルのINFESTERの1994年発表アルバム再発盤です。熱心なデス・メタル・ファンの方から問い合わせをいただいてたので調べたら、海外でも各地のディトロ/ショップでは大いに盛り上がり、売り切れ/再入荷を繰り返している大ヒット・リリースです。それもそのはずで、オリジナルのMoribund盤CDはデス・メタル・コレクターには大人気のレア盤として1万円以上で取引されてきたカルト・クラシックです。LP化は今回が初です!!

マイナー・メタルのメガレア盤は、時にその内容云々を超越して、なぜかいたってフツーなB級クォリティーがとんでもない値段で取引されることも少なくないですが、このINFESTERに限っては、まさに激レア・カルトになるべくしてなったようなモノ凄い内容です。とにかくとてつもないlow-endデス・メタルで、AUTOPSYやINCANTATIONとは別次元の地獄級暗黒デス・メタル・サウンドが渦巻いています。グラインド・テイストも強いカオティックなつんのめりブラスト・ビートと、USで例えたらROTTREVOREとINCANTATION、フィンランドならDEMILICHとCONVULSEのミックスのような、sicknessの最上級のようなスタイルで、しかもそれらのバンドをも上回るような最低(最も低い)lowestサウンドがとにかく凄い。感触だけで言えば、もはやBLASPHEMYやNUCLEAR DEATH並みです。しかしゲテモノ・ゴアリーになってないのは、sicknessでありながら曲調はグルーミー&ツイステッドな混沌カオスで、とても良く練られているからでしょう。今回再発したのはDEAD CONGREGATIONのMartyrdoom Productionですが、近年のOSDMリバイバル・ムーブメントの中でもNuclear Winter~Martyrdoom Productionがサポートしてきたようなバンド群の深層部を凝縮したようなサウンドだと思います。とにかくコレは必聴&Dieeegghh deathh!!!



deteriorot-inancient.jpg



・DETERIOROT - In Ancient Beliefs CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

USニュージャージー出身デス・メタル DETERIOROTの2001年発表1stアルバムが、スペインの老舗レーベル Xtreem Musicから再発。オリジナル・リリースもXtreem Musicの前身レーベル Repulse Recordsからでしたが、今回の再発は発表から15周年を記念した新装バージョンで、ジャケ・アート/ブックレットを一新しています。

Thrash Recordsからアルバムのリリース予定もあったニュージャージーのMORTUARYというバンドを母体にして1990年に結成され、1993年にはRepulseの前身レーベル Drowned prod.から7"EPを発表しています。本作1stアルバムは、INCANTATIONに代表されるUS東海岸デス・メタルの名盤の一つとして高く評価されていますが、昨今のINCANTATIONウォーシップ・バンドと違うのは、聴き手を突き放すか奈落の底に落とすような音圧で圧倒する暗黒さではなく、キャッチーさも持ち合わせているという点です。DISIMAのようなBOLT THROWER的な重戦車エピックだったり、グルーミー・エピックなパートはMORGIONみたいだったり、ソロはAUTOPSYっぽかったりと、楽曲の隅々にオールドスクール・プライドがにじみ出ていて、スロウ・パートのドゥーム感なんかもかなりドゥーム・メタル本業バンドに近い殺伐さです。音圧でねじ伏せる現代のデス・メタルがどうもなじめないオールドスクールな人でも、この生身の重さは心地よいのではないでしょうか。



neuntoter-stench.jpg



・NEUNTOTER - Stench to Stench CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

1988年に結成されたスペインのグラインド・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。調べてみたところ活動時に残した音源はデモ2種と、Drowned prod.プロデュースのオムニバス・カセット Defaced Compilation vol.2への参加くらいで、恐らく知る人ぞ知るバンドのような存在だったのではないかと思います。


Tracks 1-15 : "Consummed in Gore" DEMO (1991年)
Tracks 16-18 : "Slaughter" DEMO (1990年)
Track 19 : Live in Zizur-Navarra, (1991年)
Tracks 20-26 : Live in Barcelona, (1992年)
Track 27 : Rehearsal


サウンドは初期グラインド・ファンからサタニック・モッシャーまで大興奮であろうカルト・テイスト満点で、F.O.A.D.の発掘スピードコア再発を毎度楽しみにしているような人にも絶対オススメです。SODOMなどのプレ・ブラックな初期スラッシュ・メタルに影響され、NAPALM DEATH, CARCASS, DEATHなどにのめりこんでいったような感じは、ジャーマンPOISONやSARCOFAGOウォーシップのNECROBUTCHERなども彷彿させるところがあります。AGATHOCLESやジャーマンBLOODなどの初期グラインドのファンにも超オススメ!!しかしこの激アグリー・デスコア・スピード・ノイズ・メタル・サウンドでなぜレジェンドにならなかったんだ?と良く考えたら、音源は全て90年代以降のものなので、時代を先取りしたのではなく、時代についていけなかったカルト・バンドだったようです。ジャケ・ブックレット内の写真の数々も90年代ではなく完全に80年代的で素晴らしい!!



infestus-origen.jpg



・INFESTUS - Origen CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

1990年代初~中期に活動したスペインのデス・メタル・バンドのディスコグラフィー18曲入りCD。2本のデモとオムニバスへの参加のみを残して1996年に解散していますが、2015年に再始動にトライしかけたようで、2015年の未発表デモも収録したコンプリート・ディスコグラフィーCDとなっています。


Tracks 1-5 : "Unnatural Legacy" DEMO (1993年)
Tracks 6-10 : "Atmósfera de Asfixia" DEMO (1994年未発表)
Tracks 11-18 : "Origen" DEMO (2015年未発表)


1stデモがかなり極上のアメリカン・テクニカル・スタイルで、邪悪性も漂うMORBID ANGEL型の楽曲に、メロディック・ギターがTIMEGHOULやNOCTURNUSなどのSFデス・メタル的に絡みつきます。2ndデモ以降も基本路線は変わりませんが、テクニカル志向をより強めてGORGUTSなどのタイプに接近しています。2015年デモも悪くなく、アヴァンギャルドな感覚も古臭さがにじみ出てて、そこがナイスです。地味な存在で消えていったのは納得できる自己主張控えめなキャラクターだけど、オブスキュア・デス・メタル発掘ファンには申し分ないどころか存分に楽しめることでしょう。地味におすすめデス!!



treblinka-shrine-tapebox.jpg



・TREBLINKA - Shrine of the Pentagram 3xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

後にTIAMATへと進化して、エクストリーム・メタルの表舞台で花開いた初期スウェディッシュ・デス・メタルのカルト・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、Floga Recordsからカセット3本ボックスセットもリリース。Century Mediaバージョンでのボーナス的部分だったリハーサルやライブ音源はカットして、活動時に発表したデモ2種のレプリカ+7"EPの初カセット・フォーマット化再発の3本セットです。


TAPE 1 : "Crawling in Vomits" DEMO (1988年)
TAPE 2 : "The Sign of the Pentagram" DEMO (1989年)
TAPE 3 : "Severe Abominations" 7"EP (1989年)


Century Mediaのアーリー・デス・メタル・リイシュー・シリーズも、思い切ったバンドをとんでもないボリュームでリリースするもんだ、と、発売当時話題となりましたが、確かにデス・メタル初心者には非常にハードルの高い極悪サウンドですので、オリジナル作品3種のみでまとめたこちらのカセット・バージョンの方が地獄のようなボリュームのCentury Mediaバージョンよりも良いと思います。後にTIAMATやる連中とは信じがたい、このTREBLINKA時代のスーパー・アグリー・ロウ・プリミティブ・ブラック・デス・メタル・サウンドは、とにかくいつ聴いても凄まじい!!!HELLHAMMAERがルーツと思われるズルズルしたドゥーム・ブラック・テイストが強烈なデス・メタルは、スイスのSAMAELの最初期にも近い感触で、スウェディッシュ・デス・メタル黎明期バンド群の中でも間違いなく極北に位置したはずです。バンド名はヨーロッパではタブーとされるところから取ったもののようで、"Swedish Death Metal" BOOK発売記念で2008年に1回限りの再結成ライブを行った際も、ギターVo.の Johan Edlund氏は、"TREBLINKAには今後一切かかわりあいたくない" と声明を出して参加を拒み、NIFELHEIMのTyrant氏 & Hellbutcher氏が代役を務めたという逸話もあります。他メンバーは現在、MR.DEATHを始動させてデス・メタル・シーンに返り咲いてます。2ndデモには当時NIHILISTのニッケもゲスト参加していたそうです。

スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん必聴!と言いたいところですが、良識あるスウェデス・ファンはむしろ避けて通ったほうが賢明であろう、極悪カルト・デス・リイシュー!!!666!!!



thechasm-awaiting10.jpg



・the CHASM - Awaiting the Day of Liberation 10" 税込2,808円 (Bellphegot)

1992年にメキシコで結成され、CENOTAPHらとともに初期メキシカン・デス・メタル・シーンを形成した、現在はUSシカゴを拠点とするTHE CHASMの、1993年1stデモを収録した4曲入りEPです。1993年リリースのオリジナル盤CDは高額で取引される人気のレア盤で、この再発はPYPHOMGERTUM / DAWN Split CD, THERIONの1st CDに続いてBellphegot Records名義を復活させたバンド無許可のアンオフィシャル・リリースですが、レーベルの奴自身はどうも本当に当時Bellphegot Recordsをやってた人物らしいです。アナログ盤でのリリースは今回が初。ナンバリング入ってないので怪しいけど限定250枚プレスで、そのうちのltd.100枚クリア・ビニールと、ltd150枚ブラック・ビニールの2種入荷しました。付属画像にあるカード状のフライヤーは、今回入荷分はクリア・ビニールのみに付いてます。

メキシコのバンドの特徴として、古代の神秘的テーマを取り扱うバンドの質が非常に高く、ブラック・メタル系ですが、NWN!がアナログ再発したXIBALBAも、DARKTHRONEなどの寒々としたメロディーをきっかけにしながらも、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律へと深化したような、極上級のエピック・ブラック・メタル・サウンドを確立して、世界各地に熱狂的な信者を獲得しています。このTHE CHASMの初期も、起伏に富んだ北欧型プログレッシブ・デス・メタルとNOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSci-Fiデス・メタルをミックスしたような土台に、宗教的退廃感や宇宙的神秘とはまた違った土着的な陰鬱旋律が絡まる独特のスタイルで、まさしく唯一無比のエピック・デス・メタルと言えるカッコよさです。何はともあれ、カルト・デス・メタル・ファンはこの機会に必ずや入手しておきましょう!!



crypticbrood-brain.jpg



・CRYPTIC BROOD - Brain Eater CD 税込1,620円 (Xtreem Music)

前作Wormhead MCDがAUTOPSYウォーシップ・デス・メタル・マニアに注目を集めたジャーマン・デス・メタル CRYPTIC BROODが1stフル・アルバムを発表。Asakusa Deathfest 2017の参加も決まっていますので、ぜひ多くのAUTOPSYファンにチェックしておいてほしいバンドです。スペインの老舗デス・メタル・レーベル Xtreem Musicからのリリースです。

ドゥーム・パートの比率が大きいので、2ndアルバムのAUTOPSYに近いタイプではありますが、疾走パートのドッカドッカ具合がちょっと物足りないかな?なんて、前作MCDを聴いた時は感じました。今回もMental Funeralアルバム路線だけど1曲目から疾走していて、前作よりもだいぶAUTOPSY流の突進力に近づいた感じで、ドラムの生々しさも前面に出ています。ちゃんとVo.も兼任するスタイルを踏襲してるのも好印象です。それと、ブラスト・パートも取り入れてるのも個人的には大成功ではないかと思います。あの、そのまま止まってしまいそうなメいっぱいタメを利かせた殺伐フレーズ・スロウ・パートとの対比がバツグンです。現代的には物足りないくらいの音圧もちょうどいい。なのでKRYPTSとかのファンにはオススメじゃないけど、ANATOMIAやUNDERGANGなどのファンには確実にオススメです!!

Metal Deadness!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



morbit-metalion.jpg



・MÖRBIT - Metalion : 50 Years of Fucking Off Life MLP LTD.320 BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

国内外から多数お問い合わせいただいてました究極のパーティー・メタル・デスラッシュ・ブラック・メタル・プロジェクト MÖRBIT!!!これは伝説のノルウェー・メタル・ファンジン Slayer MAGAZINE発行人のMetalion氏の夢を実現すべく、スウェディッシュ・デス・メタル・レジェンド達が親切にも人肌脱いであげたら、世界中でモノ凄い反響となってしまってるレコードです。Metalion氏が50歳の誕生日に、自身のレコード・コレクション中毒を満たす究極のレコードが欲しいと願い、かねてから親交もあり、ジャーマンPOISONの再発など大いに興奮させられるオブスキュア・メタルの発掘リイシューを多く手掛けるイタリアのF.O.A.D.に相談したところ意気投合してリリースされたものです。

さぁそこで何が欲しいか?とMetalion氏は悩み、WATAINのシンガー Erik Danielsson氏に相談。昔のバンドの音源を出すには権利などもクリアにしなければならないから正直ちょっと厄介。すると、2011年にCentury MediaがMORBIDのコンピレーション・アルバムをリリースした際、発売記念パーティーでMORBIDのカバー・バンドをやるためにリハーサルした時の良い音源がある、とErik氏からナイス・アイデアが提案されて、めでたく実現となったMetalion氏50歳誕生記念レコードです。凄い話だな!!

しかしこれがカバー・セッション・プロジェクトとは言え、参加ミュージシャンの豪華ラインナップと、あとやっぱりなんと言ってもその時のライブがまたウルトラ・メガ激渋カッコよかったという評判も以前からあったため、プライベートなリリースで終わらせるつもりが予想をはるかに上回る反響となり、予約オーダー受付開始後、レーベルで早々に完売してしまいました!!ブラック・ビニールがltd.320枚と、レッド・スプラッター・ビニールがltd.100枚、そしてこのリリースはMetalion氏も大ファンだったPOISONのデモ再発同様、ウルトラ・リミテッド・バージョンとしてltd.50枚のレッド・ビニールが存在します。このltd.50枚バージョンはMetalion氏とバンド・メンバー、あとF.O.A.D.直販でほぼシェアされたのですが、なぜかそこに当店も食い込むことができちゃったため、お問い合わせたくさんいただいています。昨日到着して、ようやく販売できる!と思ったら、ltd.50枚バージョンのみに付属するポスターが入ってない、、、。すぐにF.O.A.D.にメールしてレーベルに置き去りにされてるのを確認して、すぐに送ってもらうよう手配し、ちょっとホッとしましたが、実際に届くまでは油断できません。でも、これ以上外国からの問い合わせ突っぱねるのは面倒なので、ltd.50枚バージョンは予約カートを別に作って受注開始致します。そちらをご希望の方は、注意点をしっかりご承知いただいたうえで、予約で確保してください。

こちらはブラック・ビニールです。既にレーベルで完売しているため、このブラック・ヴィニールも今回のみの入荷です。ltd.50枚バージョンの日本での販売をオファーされてすっかり舞い上がってたら、ltd.100枚バージョンのスプラッター・ヴィニールも秒殺で完売してしまい、ltd.100枚バージョンは逃してしまいました、すみません、、、。ちなみにそのltd.100枚バージョンも日本には超極少量しか入ってきてないそうです。


MÖRBIT was :
Drums : Peter Stjärnvind (MERCILESS, ENTOMBED, NIFELHEIM, BLACK TRIP, LOUD PIPES, etc)
Bass : Tyrant (NIFELHEIM, PAGAN RITES, etc)
Guitar : Erik Wallin (MERCILESS, etc)
Guitar : David Blomqvist (DISMEMBER, CARNAGE, DAGGER, etc)
Vocals : Erik Danielsson (WATAIN, etc)


A1. My Dark Subconscious
A2. Disgusting Semla
B1. Wings Of Funeral
B2. From The Dark


後にMAYHEMに参加するDeadらが在籍したスウェディッシュ・メタル・バンド MORBIDは、言うまでもなくDeadのVo.が強烈な印象を放っていたわけですが、BATHORYやKREATOR等の影響を強く出したジギジギの刻みで突進する楽曲自体が既に完璧なカッコよさで、スラッシュ・メタルであり、デス・メタルでもあり、そしてブラック・メタルでもあったという点で、VENOM, CELTIC FROST, BATHORY, SODOM, etcなどの伝説バンドと同等の創造力/可能性/完成度を身につけていた、カルトでありながら別格だった伝説バンドです。そのMORBIDの曲をこれだけのラインナップでカバーすればそれはカッコいいに違いない、なんて単純なものではありません。トリビュートto MORBIDであり、おめでとうto Metalion君、なレコードだけど、もはやMORBIDと別次元のカッコよさに達していたプロジェクトだったのが、サンプルで貼ったライブ動画からうかがえます。レコード自体はリハ音質ですが、音質も演奏もテンションも文句なしのクォリティーで、これは世に出すべきだった音源でしょう。両面刷りのインナー写真もみんなカッコよすぎて、北欧メタル・フェチなヤングから、ハゲとヒゲで究極のカッコよさにあこがれる中年まで、大興奮できる企画盤です!!



morbit-metalion-redvinyl.jpg

morbit-metalion-poster.jpg

・MÖRBIT - Metalion : 50 Years of Fucking Off Life MLP LTD.50 RED VINYL ご予約受付商品 税込4,860円 (F.O.A.D.)

このltd.50枚バージョンのみに付属するポスターが未着ですので、ご希望の方は、以下の注意点をしっかりご承知いただいたうえで、予約で確保してください。

*ポスターはすぐ送る、とは言ってくれたけど、郵便事情の悪さで有名なイタリアからですので、既に他の商品をお取り置き中のお客様の場合は、申し訳ございませんがこの商品もポスター到着後まとめてご精算、というのは今はお受けできません。何かお取り置きが既にある方は、大変恐縮ですがそちらのご精算を済ませてから、こちらを新規でご注文願います。新規でご注文のお客様は、他商品と併せてのご注文も承りますが、ポスター到着の遅延がひどい場合は、この商品は別でご精算をお願いする可能性もあります。何卒ご理解願います。



unknowndeath-demo1987.jpg

・UNKNOWN DEATH - Demo 1987 LP LTD.100 BEER YELLOW VINYL 税込2,916円 / LTD.200 BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

F.O.A.D.によるTERRORIZER関連リイシューの最終兵器登場!!! Oscar Garcia氏と故Jesse Pintado氏がTERRORIZERの直前に短期間やってたバンドで、CRIPPLE BASTARDS / F.O.A.D.のGiulio氏が数年前にLAに行ってNAUSEA / MAJESTYのCarlos "Cosmo" Reveles氏宅にお邪魔した際にこのテープを見つけて今回の再発に至ったそうです。日本にもTERRORIZER信者は昔からたくさんいますが、これは本当に「知られざる」発掘バンドではないでしょうか!!


A1. Antagonist
A2. Satans Rising
A3. Deceptions
A4. Unholy Grave
A5. Legions Of Doom
A6. Wrath Of The Antichrist
B1. Death
B2. Back From The Dead
B3. Creation Of Darkness
B4. Abusement
B5. Kill
B6. Beyond My Infernal Grave


一連のTERRORIZER人脈バンドと大きく違うのは、このバンドはVENOMやBATHORYなどの影響も打ち出してたらしいという点です。いかにも80年代のデモらしいロウ・ノイジーなドカドカ・デス・メタル・サウンドは、この時代の発掘音源が好きな人にはたまらないでろう汚い音だけど、確かに明らかにVENOMとBATHORYの影響を感じさせるミドル・テンポのナンバーがあります。しかし、DEATHやMANTAS、それにブラストは無いけどREPULSIONとその前身のミシガンGENOCIDEといったアメリカン・プレ・デス・メタルの感触が一番近く、この極上のノイズ・デス・メタル・サウンドは、MASTERの1985デモ・アルバムが好きな人なんか一発でノックアウトでしょう。F.O.A.D.から同時リリースのMÖRBIT同様、このリリースも予想通り大反響で、レーベルではltd.100枚ビアー・イエロー・ビニールもltd.200枚ブラック・ビニールもどちらも即完売してますので、TERRORIZER信者の方々はお買い逃がしなく!!

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



gravestone-simphony.jpg



・GRAVESTONE (Italy) - Simphony of Pain CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

日本ではジャーマン・メタルのGRAVESTONEがよく知られてるけど、こちらはイタリアで1993~1995年の短期間に活動したデス・メタル・バンドのGRAVESTONEです。1994年発表の6曲入りCDにオムニバス曲もボーナス収録して、恐らく当時残した全音源を収録したCDが、Dark Symphoniesから限定1000枚でリリース。

無名ながらカルト・オブスキュア・デス・メタル・マニアには非常に評価が高いという、プログレッシブでアヴァンギャルドな要素もあるデス・メタルで、なるほどいかにもDark Symphoniesが発掘再発しそうな聴き応え満点の作品です。ただ単にテクニカルで超絶という感じではなく、クラシックやジャズっぽい展開やフレーズが飛び交うアヴァンギャルド・デス・メタルは、SIGHやKING DIAMONDのような映画のサントラをメタルで表現したような世界と、CARCASS型メロディック・デス・メタルの融合のように聴こえます。しかもドラマーはVo.も兼任していたそうですから驚異的です。ホラー・ヴィンテージ風味ではないけど、これはイタリアン・メタル・マニアも魅了するプログレッシブ・デス・メタルではないでしょうか。オススメdeath!!

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR