RECORD BOY

Scandinavian Metal Jawbreakers!!


cardinalsin-spiteful.jpg



・CARDINAL SIN - Spiteful Intents TAPE 税込972円 (Blood Harvest)

遂に再発!!!カセットだけでだけど。。。オリジナルCDは人気のレア盤だし、ヴィニール化も今まで1度もなってないから、もっとちゃんと再発すべき名作ですが、まぁ仕方ありません。故Jon Nodtveidt氏のパートナーとしてDISSECTIONの1stアルバム The Somberlainに参加していたギタリスト John Zwetsloot氏が、The Somberlain制作後にDISSECTIONを脱退して結成したCARDINAL SINの唯一の作品となった1995年録音4曲入りEPです。ここ数年は極度に流通激悪レーベルになってしまったスウェーデンのBlood Harvest Recordsからの再発で、このリリースに気付いて今年の夏前にやりとり再開してから、レーベル・オーナーが姿くらましたりと難産でしたが、Blood Harvestは今後もなんとか続けていきたいと思います。返信あればだけど。。。赤&黒各100本の限定200本生産。

DISSECTIONで表現した叙情旋律がより繊細に際立ったような北欧フォークロア土台のメロディック・デス・メタルは、故Jon Nodtveidt氏の伝説的な狂気キャラクターのイメージがまとわりつくDISSECTIONよりも透明感が強く、スラッシーな疾走感とドラマチックな展開は北欧メタルの伝統的スタイルの継承も随所に感じさせ、 John Zwetsloot氏の才能とセンスを凝縮したようなスウェディッシュ・メロディック・エクストリーム・メタル最高峰の一つと言っても過言ではないでしょう。



serpentobscene-chaos-lp.jpg



・SERPENT OBSCENE - Chaos Reign Supreme LP 税込2,592円 (War Anthem)

ex.MAZE OF TORMENTで現在はGENERAL SURGERYやUNDER THE CHURCHでも活躍するシンガーのErik Sahlstrom氏や、KAAMOSのギタリスト2人らが1997年に結成したスウェーデン・ストックホルムのデス・メタル・バンドの、ラスト・アルバムとなった2006年発表3rdアルバム。ドイツからライセンス・リリースされたアナログ盤は、ゲートフォルド・スリーブでミニ・ポスター付きです。

参加メンバーは豪華ラインナップながら、スウェディッシュ・デスラッシュ・メタル勢の中ではイマイチ地味な存在で、実際当店も初入荷になります。しかしこれはデスラッシュと聞いて反応してしまう人全員必聴の凄まじい破壊力とスピードです。KREATORの影響が強いMERCILESSやHYPNOSIAといった伝統的スウェディッシュ・スタイルのデスラッシュを、さらに一歩デス・メタル寄りに接近させたようなタイプなのですが、MAZE OF TORMENTのように北欧ドラマチックなフレーズは導入せず、スラッシュよりハードコアなメタルとしてのみデス・メタルを追求したような暴走アグレッションがとにかく激烈!!SADUSやSCHIZOなどのファンにもオススメのトータル・デスラッシュ!!



paganrites-bloodlust.jpg



・PAGAN RITES - Bloodlust and Devastation LP 税込2,484円 (Lake Of Fire prod.)

Devil Lee Rot率いるスウェディッシュ・ブラック・メタル・バンドの、2000年にカルト・スウェディッシュ・メタル・レーベル Primitive Art Recordsからアナログ盤のみで発表された7曲入りMLPの2013年リマスター再発盤です。666枚プレスだったオリジナル盤の半数である333枚プレスながら、当時しっかり流通やプロモーションされたのかも疑わしく、まだ少しレーベルに残ってるようです。

Devil Lee Rotソロをはじめ、AUTOPSY TORMENTやこのPAGAN RITESも、生半可な興味本位で近づく者を決して寄せ付けない地獄のカルト・ムードが拷問級に最凶ですが、この作品は本当にかっこいいぞ!!!666!!!あの、独特のグダグダ荒涼感がなく、ピュアにBATHORY&VENOMウォーシップ・ブラック・メタルが激ダークネス・ロウで最高に渋いです。こういうの知っちゃうと、BATHORY影響下メタルパンク、とか言ってるようなヤツがほぼクソだってのがわかりますよ。もっと入れるべきだった。。。これだけじゃなく、ぜひ他作品と一緒に買ってくれ!!



flameacausal-contra.jpg



・FLAME ACAUSAL - Contra Mundum in Aeternum CD 税込1,728円 (Blood Harvest)

2013年結成スウェディッシュ・ブラック・メタル・バンドが、2016年に92本限定カセットで自主リリースした4曲入り1stデモの限定500枚CDバージョン。GoatwaRexが限定200枚でヴィニール化して当店で大反響のあったあの作品です。このCDは、一時はTo The Deathとも提携してリリースを重ねてきましたが数年前に決別し、ここ数年は極度に流通激悪レーベルになってしまったスウェーデンのBlood Harvest Recordsからのリリース。Blood Harvestオーナー氏は有名メロコア・バンドのシンガーとしてちょくちょく来日もするほど多忙ですから仕方ないですが(NECROVATIONでサポート・ギターもやってたし)、MSUOとDark Descentが台頭して以降はすっかり影が薄まった感がありました。しかし、リリースする作品のセンスは相変わらずダイハードで凄い!!近年また急速に作品が増えて、セレクトが追い付かないほど出てるけど、今後もなんとか続けていこうと思います。返信あればだけど。。。

フィンランドのSADOKISTとKALTERITを聴いて燃えた2017年は、"スパイキー・メタル・スラッシュ/ブラック"の猛攻が始まることだろう、なんてことを希望的観測として期待して、これははまさにその起爆剤にも成り得る最凶のリリースでしたが、そんなムーブメントは起こりませんでした。しかし、このFLAME ACAUSALは無名のバンドながら、再生した瞬間にピュア・ファッキン・ブラック・メタラーはガッツポーズ必至の凶暴サウンドが飛び出して、改めて聴いても極渋です。

スパイキー・スラッシュ/ブラックと言っても、RANCIDやCASUALTIESなどとBATHORYの融合なんてバカな話ではありません。スパイクとは、もちろん五寸釘です。INFANT DEATHなどのノルウェー勢や、荒くれたジャーマン・イーヴィル・スラッシュ・メタルよりも、北欧ブラックならではの極寒ノイジー・サウンドでスピード・メタルの基礎を剥き出しにしながら突進するフリージング・スラッシュの登場をKALTERITを聴いてから期待していたのですが、このFLAME ACAUSALはKREATORあたりを起源としたようなひたすら破壊的な爆発力が魅力です。と言うか、超ーーーBESTIAL MOCKERY!!!666!!!ハードコア・パンクも好んでいたBESTIAL MOCKERYがさほど強調してなかった北欧の冷たさをノイジーなサウンドで表現していて、80'sスラッシュなリフやフレーズも飛び出すけど、もっとデスラッシュ登場以降のハードコアなロウネスが強いです。ノルウェー・スラッシング・ブラック最高峰 SARCOMA INCや、GORGOROTHの80'sスラッシュ風な曲とかも思い起こさせますが、ブラック・メタルのビートだけどフォーキーなコード・リフなどは無く、パーツがデスラッシュなのでつんのめった焦燥感でガツガツ突進してきて、最初期MORBID ANGELやpre.DEICIDEのAMONのような凶暴テクニカル・デスが北欧ブラック・スラッシュとミックスしたような感じもあります。が、これはやはりBESTIAL MOCKERYやNIFELHEIMなどのスウェディッシュなスタイルのスラッシング・ブラック・メタルとして大絶賛したいところです。オススメdeath!!!666!!!

Southern Death Metal Cult!!


necrodeus-womb.jpg



・NECRODEUS - Womb of Sathanas TAPE 税込864円 (Zombi Danz)

ブラジル出身という情報以外は詳細不明のブラック・メタル・バンドの1stデモ・カセット。そもそもブラジリアンという情報も確証がなく、リリースしたのがベルギーのレーベルなので、ベルギーのバンドと紹介してるところもあったりと、情報も少々混乱しています。しかし確実に言えることは、ベルギーとブラジルという2つの国名を聞いてソワソワするプリミティブ・ブラック・メタル/ロウ・ベスチャル・デス・メタル・マニアは、このバンドもレーベルも、今後かなり要注目だと思います。

NECRODEUSのサウンドは完全にブラジリアン・スタイルなのですが、レーベルのインフォメーションがまた南米マニア悶絶級です。NECROBUTCHER, DIFFAMATOR, INVOKER, INSULTER, NECROFAGO, etcのブラジリアン・ブラック・デスコア・スタイル、と言い切るそのサウンドは、まさにそのまんまなブラック・サタニック・コア・メタル・デス・ノイズ!!!新人バンドですがサウンドの解説として一番わかりやすいと思うので敢えてズルい言い方で言いますと、NWN!とDeathrash Armageddonが南米の秘境奥地から連れ出してきて世にさらしたような深海魚メタル、いや、川口浩メタルとでも呼びたくなるような南米マニア必聴till deathデス!!!666!!!



necromante-themagickal.jpg



・NECROMANTE - The Magickal Presence of Occult Forces DIGIPACK CD 税込1,944円 (Iron Bonehead prod.)

2007年の結成以降、デモやEPなどのリリースを重ねてきたブラジル・ミナスジェライス出身ブラック・メタル・バンドの1stアルバム・デジパックCD。ドイツIron Boneheadからのリリースです。

ブラジリアン・ブラック・メタルの特徴を欧州型ブラック・メタルにミックス、と文字にして説明しても全く新鮮さが感じられないでしょうが、ところがこれが案外ありそでなかったタイプで結構渋いです。MYSTIFIERやIMPURITYなどのSARCOFAGOフォロワー・ブラック・メタルが、MASTER'S HAMMER, BATHORY, NIFELHEIMなどの冷たくオカルト性を積極的に導入したようなスタイルで、近年の欧米のMASTER'S HAMMERウォーシップ・オカルト・メタルとの同時代性を感じさながらも、このタイプの優良バンド宝庫のチリのメタルとは明らかに違う、ブラジリアン・ブラック・メタル・プライドが強いのもグレード。これは今後注目かも知れません!



expulser-theunholyone-tape.jpg



・EXPULSER - The Unholy One TAPE 税込1,080円 (Greyhaze)

1989年にブラジル・ミナスジェライスで結成されたデスラッシュ・メタル・バンド EXPULSERの1992年発表名作1stアルバムがカセットで再発。お、再発CDはわりと安い!とレーベル・カタログ見て良く確認せずオーダーしたら、カセット・バージョンでした。。。でも海外では今カセットがエライ盛り上がってるせいで、この再発もけっこう話題となっているようです。当時Cogumeloによるリリースのカセット・バージョンが存在しなかった(みたいです、たぶん)というのもカセット・マニアの心をくすぐる再発となっています。

公式デビュー作のSplit LP w/ BRUTAL DISTORTIONの時点でSARCOFAGOウォーシップ・デスラッシュとして既に完成の域に達していたバンドですが、やはり最高傑作は本作ではないでしょうか。ベイエリア・スラッシュやフロリダ・デスラッシュに匹敵する、とまでは言わないけど、それら世界の第一線であった米国産スラッシュにも全く劣らないダイナミズムを手に入れながらも、ブラジリアンCogumeloメタル・デスラッシュのスタイルから逸脱せず高い完成度を実現させたのは、SEPULTURAでもSARCOFAGOでもなく、EXPULSERのこのアルバムだと思います。南米ファンのみならず、全デスラッシュ・メタル・ファン必聴のマスターピース!!



nebiros-demorehearsal91.jpg



・NEBIROS - Demo Rehearsal 91 DIGIPACK CD 税込2,484円 (Seol prod.)

REENCARNACIONやBLASFEMIAなどの第1世代に次ぐ90'sカルト・コロンビア・ブラック/デス・メタル群の中では断トツで高い人気を誇るNEBIROSの1991年発表1stデモがデジパックCDで再発!!1992年ライブもボーナス収録した全12曲入りです。


1. Intro (Presagio)
2. Misa negra
3. Pudrición
4. Almas Perdidas (Intro)
5. Nebiros
6. Intro Realidad Oculta
7. Realidad Oculta
8. The Dark (Arpegio)
9. Deathcrush (Mayhem cover)
10. Into the Pentagram (Samael cover)
11. Bull Metal Presenta Misa Negra, La Cortina de Hierro
12. Jesus a Muerto (en vivo 1992)


カバーもやってるSAMAELの極悪初期スタイルを、ギリシャ・デス・ブラック・メタルのような黄昏感と、南米ならではのグダグダな酷い演奏力で表現したような感じが特徴のカルト・バンドですが、この1stデモはやはりファースト音源らしい勢いも感じられるナンバーもあります。しかし何をやろうがキメはバラバラ、叙情パートもズッコケるし、テクニカルなフレーズのカオスっぷりも素晴らしい。さらにこの音源を語るうえで忘れてはならないのは、1992年に銃殺されてこの世を去ったオリジナル・シンガー 故Sacrilegusが残した唯一の録音だという点。NEBIROSのミステリアスなエピックと殺伐さを一身に背負ったような彼のヴォーカルは言うまでもなく必聴です。

Metal Deadness!!


demilich-nespithe-lp.jpg



・DEMILICH - Nespithe LP RED VINYL 税込3,240円 (Svart)

2014年の復活以降もカルト性を失わずにアンダーグラウンド・デス・メタル・マニアックスに絶大な人気を誇るキングス・オブ・カルト・フィニッシュ・デス・メタル、DEMILICHの音源がSvart Recordsからアナログ盤再発。唯一のアルバムとなったこの1993年作は、オリジナルPavement Music盤、Xtreem Music前身Repulsive Recordsによるジャケ違いライセンス・リリース・ユーロ盤、2004年のジャケ違いNecropolis盤、2009年のジャケ違いXtreem Music盤がこれまでありましたが、アナログ盤は2009年のXtreem Music盤まで存在しませんでした。オリジナルPavement Music盤アートのジャケでのLP化は20周年記念盤ボックスセットの際に初めて実現しましたが、単独販売されるLPでのオリジナル・アート・ジャケ・バージョンは今回が初ということになります。ltd.200枚ゴールド・ビニールは即完売、ltd.500枚レッド・ビニールも恐らく今回のみの入荷になりそうなくらいバカ売れしてるそうなので、逃すことなくぜひ入手してください。

オーストラリアのPORTALに代表されるようなアバンギャルド・デス・メタルのルーツとも言えるバンドであり、またオールドスクール・デス・メタラーにとっては、CONVULSE, DEMIGOD, ABHORRENCE, SENTENCEDなどと並んで初期フィンランド・デス・メタル最重要バンドの一つとして崇めらますが、他のフィンランド・デス・メタル・バンドよりもカルト性が一層強く、またフィンランド・デス・メタルならではの病的な特徴も色濃く反映しているバンドだと思います。這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのようにうめくウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが凶裂で、しかも本作ではその変態性を維持したまま、北欧デスらしエピックなギター・ソロ、CARCASSフレーバー漂うフィンランドらしいほのかなロック・フィーリングのアバンギャルド感、そしてプログレッシブな展開も完成度が高い。病的で変態で知的なデス・メタル美学を集約した、これぞまさにフィンランド・デス・メタルなカルト・クラシックdeath!!!



demilich-em9t2ness.jpg



・DEMILICH - Em9t2ness of Van2s1ing / V34ish6ng 0f Emptiness 2LP CLEAR VINYL 税込4,860円 / BLACK VINYL 税込3,780円 (Svart)

こちらのコンピレーション2枚組LPはゲートフォルド・スリーブでブックレット付き。唯一のアルバムとなった1993年作 NespitheアルバムのXtreem Music盤CDは当店ではもう何年も入荷してませんが、2014年に20周年記念盤としてSvart Recordがコンプリート・ディスコグラフィーをリリースした際もまんまと逃していました。その時はアナログ・バージョンが3枚組ボックスセットで値段もかなり高かったため躊躇した、というのはもはや言い訳として全く説得力がないくらいその3枚組LPボックスは今では高額で取引されています。今回はNespitheアルバムとコンピレーション・アルバムを切り離して再発してくれたので、それでもまだ高額なSvartリリースではありますが、ぜひ押さえておきましょう。限定200枚クリア・ビニールはレーベルで即完売しております!!


SIDE A1-A4 : The Four Instructive Tales …Of Decomposition (1991)
SIDE B1-B5 : …Somewhere Inside The Bowels Of Endlessness… (1992)
SIDE C1-C5 : The Echo (1992)
SIDE D1-D3 : Vanishing Sessions (2006)
SIDE D4 : Regurgitation Of Blood (1991)


ここに収録されている初期デモは、這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのように、まるでご臨終直前の爺さんのつぶやきのような世界最低記録のウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが炸裂してて、初めて聴く誰もが驚愕することでしょう。Nespitheアルバムの完成度は申し分なしに激渋ですが、DEMILICHの凶裂な変態性を実感したいのならばデモも絶対に聴かねばなりません。実感したくなても聴け!!これぞフィンランド・デス・メタル!!!



undergang-gorephilia-ep.jpg



・UNDERGANG / GOREAPHILIA - Split 7" WHITE VINYL 税込1,296円 / BLACK VINYL 税込972円 (Me Saco Un Ojo)

デンマークのUNDERGANGとフィンランドのGOREPHILIA、ともにMe Saco Un Ojoを代表する2バンドによるSplit 7"シングルが実現。こういった実力も人気も安定したバンド同士のSplitは互いに捨て曲を提供し内容が伴わない失敗例もありますが、共に新曲を披露したこのEPはその心配はなく、そしてどちらも本当にカッコいい!!ホワイト・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷しています。

UNDERGANGはいつものグルーミーなダークネスに偏屈さも今回は強調していて、尚且つギター・ソロも普段よりエピックなフィーリングがあるから、DIMILCHやROTTREVORE型の極上low-twistedデス・メタルで激渋death!!!INCANTATION影響下の王道フィンランド・スタイルから徐々にコズミックなテイストも導入して、それが見事に成功しているGOREPHILIAも、テクニカルなリフ&フレーズ、展開のダイナミズム&神経質さ、爆発力&エピックなど全ての要素が完璧なバランスで成り立った素晴らしいナンバーを披露。両バンド、文句なしにオススメの新曲death!!



hyperdontia-nexus-lp.jpg

・HYPERDONTIA - Nexus of Teeth LP OXBLOOD VINYL 税込3,240円 (Me Saco Un Ojo)

UNDERGANG, WORMRIDDEN, PHRENELITH, そして自身の運営するカセット・レーベル Extreme Rotten Recordsなど、もうデス・メタルでやりたいことがありすぎて止まらない!といった具合で精力的に活動するDavid Torturdod氏のまた新たなるデス・メタル・バンドが注目を集めています。2015年に始動し、2017年に1st EPを7"ヴィニールとカセットでリリースしてデビューしたHYPERDONTIAの1stフル・アルバム。先にがDark DescentからのCDが入荷して好評でしたが、お待ちかねのMe Saco Un Ojoからのアナログ盤も到着しました。注目のメンバー構成は以下の通り。


Mustafa Gurcalioglu (ENGULFED, BURIAL INVOCATION, etc) Guitars
Tuna (from PHRENELITH, etc) Drums
Malik Camlıca (from BURIAL INVOCATION, NECROWRETCH,etc) Bass
David Mikkelsen (UNDERGANG, WORMRIDDEN, PHRENELITH) Vocals


ご覧の通り、トルコ&デンマーク混合の編成で、現在はデンマーク・パンク・バンド NIGHT FEVERのギタリストも加わって5人編成のもよう。サウンドはこれまでDavid君が追求してきたlow-endなデス・メタルとちょっと違い、弦楽隊のBURIAL INVOCATIONチームのカラーに近いのですが、これがオールドスクール・デス・メタラーはガッツポーズ必至のかっこよさ!!昨今の暗黒音圧に埋もれて死にかけていたアラフィフ・デス・メタラーはこれでまたムクムクと精力回復することでしょう。これぞ我々が聴いてたデス・メタル!なキラー・リフ連発、疾走感も畳みかける&ドラマチックな展開もバツグン、不穏エピックなフレーズもテクニカル・リフも見事な切り込み具合。USもUKも北欧も余計な先入観なく色んな国や地域のデス・メタルの最新情報をむさぼるように求めていた90年代のデス・メタルが蘇りますが、強いて言えばMORBID ANGELやINCANTATIONの系統に部類されるタイプでしょうか。でもあまりその辺を強調せずに、当店としましてはトルコENGULFEDやイスラエルKEVERといった、素晴らしい作品を発表しながらもまるで日本では人気の出ない中東デス・メタルもチェックしてた人達必聴と言ってプッシュしたい感じです。再プレス動いてると思いますが、初回プレスはoxbloodカラー盤もブラック・ビニールもレーベルで即完売していますので、待っていた方は確保お早めに。オススメdeath!!

ANATOMIA / CRYPTIC BROOD - Infectious Decay SPLIT CD


anatomia-crypticbrood.jpg

・ANATOMIA / CRYPTIC BROOD - Infectious Decay SPLIT CD 税込864円 (Obliteration)

東京デス・メタル ANATOMIAとドイツのCRYPTIC BROODによる2018年秋ヨーロッパ・ツアーに合せてObliteration Recordsからリリースされた各バンド新曲1曲収録の2曲入りCDEP。

ANATOMIAはAUTOPSY / DIVINE EVE / CIANIDE / INCANTATION といったドゥーム暗黒デス・メタルが交錯したような、実にANATOMIAらしい2018年新録 The Macabreを提供。Xtreem Musicからの2枚のCDが素晴らしくダイハードな内容で、2017年の浅草デスフェストにも参加したCRYPTIC BROODは、昨今の音圧でねじ伏せるドゥーム・デスとは一線を画す、窒息するような激スロウネスで隙間を埋め尽くさない退廃感が今回も激渋!!最高の組み合わせのSplitだと思います。


後期80s~初期90年に活動した国産デスメタル、TRANSGRESSORでNECROPHILEのメンバーでもあるTakashiと同じく初期90年に活動した国産デスメタル、SADONDETHのTonosakiが2002年に結成したデスメタルバンド、ANATOMIA。これまでに3枚のフルアルバム、数々のスプリット音源をリリース。セカンド、サードアルバムはアメリカのカルトレーベル、Nuclear War Now!から発表。ドゥームメタルよりも遅く重いデスメタルパート、地獄の底から聞こえる苦悶のようなヴォーカル、チューニングダウンしたドロドロ、ずるずるのギターリフ。腐臭ただよう楽曲で日本国内よりも欧米のデスメタルシーンにて知名度、人気が非常に高いバンド。

CRYPTIC BROODは2013年に結成したドイツの若手デスメタルバンド。2017年にファーストフルアルバムをスペインのXrreemからリリース。AUTOPSYをはじめ90年初期のデスメタル、ドゥーム・デスから多大な影響を受けた腐臭ただよう楽曲。ヨーロッパを中心に精力的にライブ活動も行い、2017年には日本の浅草デスフェストにも出演。
本作は2018年9月29日からスタートするANATOMIA / CRYPTIC BROODのヨーロッパツアーに合わせてリリースされたスプリット音源。各バンド、新曲1曲づつを収録。

(インフォメーションより)


Deathrash Cult from the Graves!!


infernaldeath-1989.jpg



・INFERNAL DEATH (US) - 1989-1993 LP 税込3,780円 (Buried by Time and Dust)

NWOBHMなどのトラディショナル・メタル系を中心に、ミシガンGENOCIDE (pre. REPULSION)やAMON (pre. DEICIDE)などのプレ・デス・メタル・バンドも再発してきたBBTADが、ワシントンDCのMALFEITORに続いてまたしても極上のアメリカン・プレ・ブラック・デスラッシュ・メタル・バンドを発掘リリース。テキサス州エルパソで1988年~1997年という比較的長期にわたり活動したものの、これまで全くもって語られることのなかったウルトラ・ローカル・カルト・オブスキュア・ブラック・デスラッシュ・メタル INFERNAL DEATHの1989年 "Incantations of the Gates"デモと1993年の未発表デモを収録した全9曲入り限定350枚LP!!

サウンドはBBTADリリースの中でも恐らくトップランクに位置するであろう極悪ロウ・ブラック・デスラッシュ。1989年デモは完全にSLAYERのChemical Warfareをパクったリフでスタートし、NECROVOREやpre. DEATHのMANTASなどと似たタイプですが、原始性やポンコツ・パワーは南米デスコア・サタニック・スラッシュ並みです。そして1993年デモはその衝動的プリミティブを完璧に維持したまま曲構成や演奏力が少し向上してて最高!!!666!!!A面の89年デモのポンコツさにズッコケそうになった人も、B面のこの93年未発表デモには殺られるんではないでしょうか?未発表デモはまだネットで見つからない音源ですので、ぜひともお買い上げのうえご自分の耳で確認してください。BBTADは毎度高いけどいつものように1度切れたら再入荷は絶望的ですので、オブスキュア・デスラッシュ/プレ・ブラック・メタル発掘マニアは絶対に逃さないでください!!



deathraid-submit.jpg



・DEATHRAID - Submit to the Will of Chaos MLP 税込2,592円 (Iron Tyrant)

活動期間は1997年~2001年の短命に終わった知られざるイタリアン・デスラッシュ・メタルの唯一の音源となった2001年デモ5曲を収録したMLP。ドゥーム・メタルのDOOMSWORDやデス・メタルのHORRIDといった、なんか以前聞いたことあるような名前や、過去に入荷したことあるようなバンド名程度のメンバー情報で、しかもこのヴィニール化再発も流通激悪のIron Tyrantによる限定300枚の2016年リリースという、再発されたこと自体ほとんど知られてない地味なリイシューですが(実際自分も今まで全く知りませんでした)、これはかなりノックアウト級の発掘再発です!!

NECRODEATHとの共演経験もあったということですが、イタリアン・デスラッシュというとやはりその辺の、どちらかというとドタバタなロウ・パワーで崩壊するカルト・サタニック・デスラッシュのイメージが強いけど、このバンドはイタリアで言えばSCHIZO型、でももっとスウェーデンMERCILESSやアメリカSADUSなどのKREATOR影響下スラッシュを極限の速さでデス・メタル化させたような暴走ノンストップ・デスラッシュでグレート!!メンバーのルックスも五寸釘リスト、スタッズ、ガンベルトでデニムというファッションで完璧。イタリアンでこのタイプは非常に希少だったと思うし、2001年音源だから革命的なサウンドではないにしても、この時代にこのスタイルならば、出るとこ出ればスウェーデンHYPNOSIAに肉迫する存在として熱狂的に迎えられたはずです。スピード・デスラッシャー必聴till death!!!

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR