RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったデス/スラッシュ・メタル系再発盤商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。


slaughter-nocturnalhellsurrender.jpg



・SLAUGHTER - Nocturnal Hell, Surrender or Die CD 税込1,836円 (Vic)

モントリオールのAGGRESSIONと並ぶカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタル最高峰、トロントのSLAUGHTERの最高傑作音源と断言できる1985年デモ Surrender or Dieが、1986年にFringe prod.からリリースされた Nocturnal Hell 7"EPとカップリングでVic RecordsからCD再発。Surrender or Dieデモは、Marquee RecordsからのStrappadoアルバム25周年記念盤のボーナス音源としてここ数年は聴くことができましたが、過去に2度ヴィニールLP化され、CDも単独リリースされていた、SLAUGHTERファン必須の最凶音源ですので、やはりこのMad Marc Rude画伯のチェインソー・スカルon Second Comingを恐らく勝手に拝借したと思われるジャケ体裁で永遠に存在すべきなのです(このBATTALION OF SAINTSジャケ・パクリの真相については、ブックレットに掲載のライナーで触れてます)。Nocturnal Hellは過去にあまり再発されていなかった音源で、AgipunkからのNocturnal Karnage LPか、Terror from HellからのOne Foot In The Grave CDでしか確か再発されていなかったと思います。


1. Nocturnal Hell (Nocturnal Hell 7")
2. One Foot in the Grave (Nocturnal Hell 7")
3. Tortured Souls (Nocturnal Hell 7")
4. Disintegrator (Surrender or Die DEMO)
5. Incinerator (Surrender or Die DEMO)
6. Maim to Please (Surrender or Die DEMO)
7. Tyrant of Hell (Surrender or Die DEMO)
8. Shadow of Death (Surrender or Die DEMO)
9. Death Dealer (Surrender or Die DEMO)
10. One Foot in the Grave (Surrender or Die DEMO)
11. Surrender or Die (Surrender or Die DEMO)
12. Eve of Darkness (Surrender or Die DEMO)
13. Strappado (Surrender or Die DEMO)
14. Tales of the Macabre (Surrender or Die DEMO)
15. Cult of the Dead : Instro-Mental (Surrender or Die DEMO)


なだれ込むように落下するビートと、一応は刻んでるけど反復リフのシンプルなパターンで展開する楽曲を組み合わせたハードコア・スラッシュ・サウンドは、SHITLICKERS型D-Beatパンクとの奇跡的な共通性を感じさせる驚異のロウエスト・スラッシュ・メタルで、それが顕著に表れているのがSurrender or Dieデモです。HELLHAMMER, CELTIC FROSTを刻みリフにしたスラッシュを目指して、そこにハードコアからの影響も実際かなりあったと思う突進力をプラス。これほど "ドカドカドカ!!!"という表現がピッタリ来るスラッシュメタル・バンドは他には絶対にありません。Nocturnal Hell 7"EPもStrappadoアルバム直前の音源でかっこよくて、よりCELTIC FROSTの影響を強くしたミドルテンポのナンバーでは、トムG「ウッ!」を連発しています。シカゴのMASTERのデモ・アルバムと並んで、クラスティーズも腰を抜かすロウ・ダーティー・デスラッシュ最上級バンド!!



demise-endlesstorment.jpg



・DEMISE (US Oregon) - Endless Torment LP CLEAR VINYL 税込2,808円 (Floga)

1992年に7"を1枚発表していたUSポートランドのデス/スラッシュ・メタル・バンドのコンピレーション・アルバムが、ギリシャのFloga RecordsからLPでリリース。ブラックx200枚とクリアx200枚の計400枚プレスで、今回はクリア・ビニールで入荷しました。


Tracks A1-A4 : "Inevitable Exit" DEMO (1990年)
Tracks A5-A6 : "Devious Deception" 7" (1992年)
Track B1 : "Devious Deception" 7" (1992年)
Tracks B2-B5 : "Sadistic Summoning" DEMO (1990年)


世界各国&ハードコア・シーンにも多いバンド名なのでややこしいですが、7"はListenableからのリリースだったので、このシングルは昔よく見かけたような気もします。初期はDEAD CONSPIRACYのギタリストが参加していて、インナー・シートに掲載の当時のフライヤーを見ると、DEAD CONSPIRACYやINSECTICIDEと頻繁にライブをやっていたようです。サウンド・スタイルもその2バンドと共通性の多い、と言うかいかにも80年代後期~90年代初めのアメリカン・デスラッシュらしいタイプで、テクニカルなスラッシュをインテリ方面に進めずに、ハードコアのスピードとデス・メタルのダークネスも加えて表現していて、SOOTHSAYERのデモ時代などカナディアン・スピード・デスラッシュ・メタルが好きな人にもかなりオススメです!!



mercyless-inmemorylp.jpg



・MERCYLESS - In Memory of Agrazabeth 2LP OXBLOOD VINYL 税込3,456円 (Floga)

Legion Of Death Recordsの再発部門レーベル Armee de la Mort RecordsからCDで出ていたフレンチ・デスラッシュ・メタルのコンピレーション・アルバムが、ギリシャのFloga Recordsから2枚組でヴィニール化。CDはリハーサルやライブも収録していましたが、このアナログ盤はデモ音源のみで構成された2枚組となっています。ブラックx250枚とオックスブラッド・カラーx250枚の計500枚プレスで、今回はオックス・ブラッド・カラー・ビニールで入荷しました。


LP1 SIDE A : "Immortal Harmonies" DEMO (1988年)
LP1 SIDE B : "Visions from the Past" DEMO (1989年)
LP2 SIDE C : "Visions from the Past" DEMO (1989年)
LP2 SIDE D : "Vomiting Nausea" DEMO (1990年)


CCG Underground Demo Seriesで12"が出てた(7"バージョンも存在するようです)ので、日本でも年配のマニアには名の知られているバンドですし、The Cryptからの1stアルバム再発アナログ盤も大好評でしたから、当店ではおなじみと言っていいバンドです。その1stアルバムで、フロリダSOLSTICE, DEMOLITION HAMMER, MORBID SAINTの2ndのようなブルータル・スラッシュ・メタルのユーロ版のごとき猛烈ダイナミックなゴリゴリ・デスラッシュを確立する以前のデモ3種を収録していますが、この初期デモ時代もカルト・デスラッシュ・ファンにはたまらない魅力があります。1stデモはメロディックなギターも印象的なDEATHROW型ジャーマン・スラッシュを彷彿させる金属質リフの突進ロウ・ノイジー・スラッシュ。ちょっとANIHILATEDみたいなUKメタルコアっぽさも感じたります。2ndデモからはSLAYER影響下USブルータル・スラッシュ・メタルのような暴走ダイナミズムにベクトルが向き、ヨーロピアン・バンドならではのガムシャラさとバツグンにマッチしています。スピードコアとも呼べるような激速パートもあって、アメリカン・スピードコア・スラッシュのようなクロスオーバー・ムードになっていない硬質さも聴きどころです。ゲートフォルド・スリーブを開くと内側には当時の写真やフライヤー画像など満載で、最高の仕上がりのアナログ盤です!!サンプル貼った曲なんか、DARK ANGEL, KREATOR, DEATHROW, MEKONG DELTAのミックスみたいで最高ですね。



soulburn-1996demo.jpg



・SOULBURN - 1996 Demo LP WHITE VINYL 税込2,700円 (Floga)

ASPHYXが解散状態にあった1996年に、ドラムのBob Bagchus氏とギターのEric Daniels氏がPENTACLEのベース&Vo.のWannes Gubbels氏を誘って始めたオランダ・デス・メタルの1stデモ音源が、Floga Recordsから限定500枚のLPでリリース。今回はltd.150枚のホワイト・ビニールで入荷しました。

この後、1998年にCentury Mediaから1stアルバムを発表して以降は、Martin van Drunen抜きのASPHYXのような存在感とサウンドで今日まで活動を続けていますが、このデモは後のアルバムで聴けるようなダッチ・デス・メタル・サウンドよりも非常にオカルティックなムードが強くて、ドゥーム・デス・ファンやブラック・メタル・ファンにも絶対オススメのカルト・ムード満点です。もちろんASPHYX組のお二人がメインですが、このデモで強烈な存在感をアピールしてるのはPENTACLEのWannes Gubbels氏。まるで初期PENTACLEがCELTIC FROSTウォーシップから若干BATHORYに寄ったような暗黒of doomブラック・デス・スピード・メタル・サウンドでメチャクチャかっこいい!!Wannes Gubbels氏のVo.はこの時もやっぱりメガ渋だし、ASPHYXファンに認知度の高いバンドですが、この音源に限ってはPENTACLEファン必聴&Die Death!!!



autopsy-skin-tapebox.jpg



・AUTOPSY - Skin Begins to Rot 3xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

最も影響力のあるデス・メタル・レジェンドの一つ、USオークランドのAUTOPSYの初期3作品をカセットで再現してボックスに収めた、コレクターにはすっかりおなじみとなっているFloga Recordsによるカセット・ボックスセット・シリーズです。先にTHERIONがアップされた時から、おそらくこちらを待ってた人も多くいたことでしょう。PROTECTORのカセット・ボックスはスルーしました。ご要望があればPROTECTORのカセット・ボックスも次回やりますが、今回はTHERIONとこのAUTOPSYのみですので、今は安心してガンガンご注文ください。


TAPE 1. Severed Survival ALBUM (1989年)
TAPE 2. Mental Funeral ALBUM (1991年)
TAPE 3. Acts of the Unspeakable ALBUM (1992年)


アメリカのデス・メタル・バンドのほとんどは、SLAYERやPOSSESSEDなどのスピード・メタル/スラッシュ・メタルを土台に過激に進化した結果生まれたわけですが、AUTOPSYの場合はカリフォルニア・オークランドというパンクやハードコアなどオルタナティブなロックに於いて鋭いセンスを発揮していた土地柄が作用していたせいか、1stアルバムはハードコア・パンクの基礎が強く出ていて、ハードコアにだいぶ接近していた当時のアンダーグラウンド・メタル・シーンでも、AUTOPSYの1stアルバムは衝撃的でした。UKデスもスウェディッシュ・デスも、スラッシュ・メタルよりハードコア・パンクから枝分かれして生まれたようなものでしたので、そういう意味ではAUTOPSYはアメリカン・デス・メタルよりもイギリスやスウェーデンのデス・メタルと強く共鳴したような感性があります。しかし実は伝統を重んじていた英国のハードコアや、美しさも備えていた北欧デス・メタルとは違い、BLACK SABBATHにインスパイアされたBLACK FLAG的なサイコパスや、GG Allinのスカム・バイオレンスなど、アメリカン・パンクの狂気がヘヴィメタルの様式に土足で踏み入れたようなタブーを犯してる感覚が凶劣なのがAUTOPSYの最大の魅力です。ストローク・リフのハードコアなリフで構成して絶妙にメロディックなソロも乗せながら、中心的存在であるChris Reifert氏の独特のタイム感のドラミングでバッタバッタと突き進む1stから、スロウなナーバス・ブレークダウン・パートをより強調していった2ndと3rd、誰もがAUTOPSYの最凶傑作と認める3作ですので、マニアやコレクター以外の方もぜひどうぞ!!


Scandinavian Jawbreakers Death!!


mordicus-dancesfromleft.jpg



・MORDICUS - Dances from Left CD 税込2,160円 (Temple of Darkness)

80年代後期~90年代に活動したフィンランド出身デス・メタル・バンドの1993年発表名作1stアルバムCD、2015年オフィシャル再発盤CDです。MERCILESSの1stやMORPHEUSなど、これまでにも初期デス・メタルの名作をいくつか再発しながらも流通が薄くてあまり頻繁に入荷してこなかったスペインのTemple of Darknessからの再発で、この2015年版も日本にはあまり入荷してきてなかったようです。2008年の最初の再発盤もTemple of Darknessからでしたが、2015年にロシアで悪質な模倣ブートCDが出回った事に対抗してか、ボーナス・トラックを1曲増やした全17曲入り新バージョンになっています!!


Tracks 1-10 : "Dances from Left" ALBUM (1993年)
Tracks 11-13 : "Wrathorn" TAPE (1992年)
Tracks 14-16 : "Three Way Dissection" 7" (1992年)
Track 17 : "Grown Under Shade of Sorrow" DEMO (1992年)


オリジナルはフランスのThrash RecordsからCDのみでリリースされていて、ボーナスで収録のWrathornカセットはWild Rags、Three Way Dissection 7"はSeraphic Decayの別名義レーベル Skin Drill Recordsからという、名だたるカルト・デス・メタル・レーベルから作品を発表していたバンドです。もちろんそれらのオリジナル盤は今では相当な高額で取引されていますが、しかしバンド自体はカルトの域を超えた非常に質の高いデス・メタルを演奏していて、ハッキリ言ってカルト・デス・メタル・ファンのみならず北欧デス・メタル・ファン全員必聴級のマスターピースだと断言できます。フィンランド出身ながら完全なスウェディッシュ・スタイルで、スラッシュ/ヘヴィメタル/ハードコア/ロックンロールといったデス・メタル誕生以前の北欧様式の伝統を継承して純正のデス・メタルを作り上げたENTOMBED直系超ど真ん中スタイルで、これは本当に凄い!!ジャジーなプログレ感もあるパートなどにフィンランド・デス・メタルらしいアヴァンギャルドさも漂いますが、こういうのを聴くと、初期HORRENDOUSはやっぱりENTOMBEDやこのMORDICUSあたりが一番近かったのかな、なんて再発見もあります。フィニッシュ・デスの病的さが無いのが物足りない人も居るかも知れませんが、このクォリティーを前にしては、そんなことはどうでもよくなります。ジャケ・ブックレットも素晴らしい仕上がりで、絶対にオススメdeath!!



cromlech-eschatological.jpg



・CROMLECH (Sweden) - Eschatological Horrors CD 税込1,836円 (Dark Blasphemies)

活動中はデモ2本を残したのみで消滅した知られざるスウェーデンのデス・メタル・バンドのコンピレーションCDが、スペインのDark Blasphemiesから限定500枚でリリース。MESHUGGAHメンバーが在籍した同名バンドがスウェーデン国内にも居たようですが、今回リリースされた方のCROMLECHは当時オムニバスに参加したりといった情報も確認されてなく、まぁこのDark Blasphemiesは毎度よくここまで誰も知らないようなバンドで、しかも文句ないクォリティーのバンドを発掘してくるものだと感心してしまいます。


Tracks 1-3 : Deleterious Eschathological DEMO (1993年)
Tracks 4-7 : As One With The Earth DEMO (1994年未発表)
Tracks 8-10 : Forbidden Tombs of Horror DEMO (1991年)
Tracks 11-14 : Hidden DEMO (1992年未発表)


バリバリにスウェディッシュ・デスど真ん中なサウンドながら、バンド名はDARKTHRONEのSoulside Journeyアルバムの曲名から名付けたというだけあって、初期のデモは陰鬱なシックネスの強い曲調が目立ち、ベタベタしたスピード・パートの上に北欧メランコリーなリフで構成した曲をアグリーなlowボーカルがうなりまくるところなんかは、スウェディッシュ・デス云々抜きにカルト・デス・マニアにはたまらない真性の90's地下バンドらしい魅力にあふれています。しかしTHERION, TIAMAT, ENTOMBED, AFFLICTED, MERCILESS, DISMEMBER, etcのA級バンドとの共演を重ねていった成果か、後期のデモはもうENTOMBEDやDISMEMBERファンは万々歳なダイナミックな疾走感とメロディック・ギターのコンビネーションを備えて、スウェデス・ファンは文句なしのクォリティーに大成長しています。強いて言うならば、後期までハードコアな地下ムードがなぜかぬぐい切れなかったような雰囲気があると言えばあるような気がしなくもない気もしてくるようにも感じられなくもない気がしなくもない、、、ので、そこが陽の目を見なかった原因なのでしょうか。だからこそ、マニアには確実にオススメです!!



therion-orderofthe dragon



・THERION - Order Of The Dragon 5xTAPE BOXSET 税込5,400円 (Floga)

大好評のFloga Recordsによるカセット・ボックス・セット・シリーズ、今回はTHERIONです!!1本ごとに換算すれば各税抜1000円ということですから妥当な値段ですが(現状、カセットは製作コストが非常に高いのです)、5本組となるとけっこうボリュームのある値段ですし、THERIONを当店ではどこで線引きしていいのか悩むところなので悶々としていましたら、やはりそこそこお問い合わせもいただきましたので、少し入荷させてみました。限定500セットです。

CARBONIZEDのギター&Vo.でもあったChristofer Johnsson氏らによるTHERIONは、スウェーデンのアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンから登場して後に大きな成功を収めたバンドの代表的存在ですが、1stアルバムは今も地下デス・メタラーを熱狂させるカルト・クラシックとして高い人気を誇ります。ちょっとアヴァンギャルドさも漂っていたCARBONIZEDが、NAPALM DEATHやCARCASSなどのUKグラインド・デス・メタルのアグリネスに接近したような雰囲気が感じられて、しかもSunlightスタジオでの録音によってスウェディッシュ・デス特有のグルーム感とダイナミズムの完璧な融合で表現されています。目まぐるしく激しい曲展開を、起伏に富んでるのにここまで流れるように表現できるのは驚異的過ぎます。2ndアルバムにはそこにアトモスフィカルなパートも絶妙にプラスして、これまた文句なしにカッコいい大傑作。2ndが一番好きな人も多いのではないでしょうか?3rdからシンフォニックでオペラチックなヘヴィメタルを追求していきますが、どの作品も高いクォリティーを維持していて、メタルヘッズにはあまり評判のよくない(個人的には案外聴けたりしますが・・・)A'arab Zaraq-Lucid Dreamingまで含めずに、Theliアルバムで留めた5本組となってますので、ファンには納得のいく編集の初期5作品コンピレーション・ボックスセットでしょう。


1. Of Darkness.... ALBUM (1991年)
2. Beyond Sanctorum ALBUM (1992年)
3. Symphony Masses : Ho Drakon Ho Megas ALBUM (1993年)
4. Lepaca Kliffoth ALBUM (1995年)
5. Theli ALBUM (1996年)



morpheus-inthearmsof.jpg



・MORPHEUS (Sweden) - In the Arms of... LP 税込2,808円 / CD 税込1,944円 (Temple of Darkness)

ようやくアナログ盤も入荷しました!!

流通があまり良くないけど極上の初期デス/ブラック系再発も多いスペインのTemple of Darknessからのホームラン級オブスキュア・クラシック・デス・メタル・リイシュー盤です。スウェーデンのEXHUMEDが発展/改名して1991年に限定1000枚で発表した4曲入り1st MLPを、オリジナル・リリース以来20年以上の歳月を経て遂に初再発。オリジナル盤アナログは昨今では人気の高い入手困難レア・アイテムですし、この再発盤はEXHUMEDの1990年デモもボーナス収録した7曲入りとなっています!!CDも再入荷してます!


MORPHEUS "In The Arms Of..." EP (1991年)
A1. MORPHEUS - No Mans Land
A2. MORPHEUS - Among Others
A3. MORPHEUS - The Third Reich 3797 A.C.
A4. MORPHEUS - Thoughts Of Distrust

EXHUMED (Sweden) "Obscurity" DEMO (1990年)
B1. EXHUMED (Sweden) Obscure Desolation
B2. EXHUMED (Sweden) - Satanic Verses
B3. EXHUMED (Sweden) - What Life Has Brought


後にNECROPHOBIC ~ NIFELHEIMを渡り歩くJohan Bergeback氏とSebastian Ramstedt氏2人の、恐らくデスメタル・バンドのデビューがこのEXHUMED ~ MORPHEUSだと思います。極悪なお二人もまだ初々しさがあって、STRYPERにションベンかけてたSebastian Ramstedt氏も(既にちょっと怖いけど)とても若いです。スウェディッシュ・デスメタルの殿堂、Sunlightスタジオで録音されたこの1stミニは、極上のスウェデス・ダークネスだったEXHUMEDのスタイルを基本的には継承したスタイルですが、ズグズグ・リフが最強にキラーなEXHUMEDよりも、王道のスウェデスらしい展開の起伏とダイナミズムがバランスよくまとまっています。Vo.がEXCRUCIATEのオリジナルVo.だったようですが、EXCRUCIATEのようなスウェディッシュ・デス好きも必聴のサウンドです。しかし、やはり何と言っても鬱系の黒さが最大の特徴で、ロウ(low)&クリプティックなデスメタル・サウンドは、 ETERNAL DARKNESS, KRYPT OF KERBEROS, DARKIFIEDなどの雰囲気のスウェデス・ファンにもオススメかと思います。そしてボーナス・トラックのEXHUMEDがまたカッコいい!!フィンデスとは違うlownessが絶品で、低く徘徊しながらも爆裂する様がマジで激渋デス。全スウェディッシュ・デス・マニア必聴デス!!



graveyardaftergraveyard-hellhound.jpg



・GRAVEYARD AFTER GRAVEYARD - Hellhound On My Trail CD 税込1,728円 (Chaos)

ex.PAGANIZERドラマーと現GRAVEギタリストの2人によるスウェディッシュ・スラッシュ・デス・メタル・バンドの2015年発表7曲入り最新作CDです。ジャケ・アートは、ASPHYXやSOULBURNなどを手がけてきたRob Toderico氏によるデザインです。

スラッシュを土台にした、いかにもスウェディッシュらしいブラッケンドなデス・メタルは、トラディショナル・メタルのルーツもにじませるメロディックなギターも印象的で、MORDANTとBEWITCHEDの中間のような感覚です。そしてこのバンドの最大の特徴であるVo.のバイオレントっぷりが最高にかっこよくて、これは日本のメタルコア・ファンも「オッ!?」と思ってしまうのはないでしょうか。たぶん遊び半分なプロジェクトで人気が爆発するような感じは全くありませんが、北欧アンダーグラウンド・メタル・シーンの面白さはこういうところにこそあると思います。MORDANT, NIFELHEIM, BEWITCHED, あとPrimitive Art関連バンドが好きだったような人はぜひチェックを!!



decomposed-wither.jpg



・DECOMPOSED - Wither CD 税込1,728円 (Chaos)

Blood Harvestからの1st、Memento Moriからの2ndともに好評だったスウェディッシュ・デス・メタル・バンドの2016年3rdアルバムCDです。現行デス・メタルを追いかけているファンならば安心のBlood HarvestとMemento Moriという2レーベルから、今回はメキシコのChaos Recordsに移籍しての発表となっていますが、実は前作発表後にギタリスト以外全員が脱退していて、このアルバムはギタリスト+セッション・メンバーという編成で製作された、ターニング・ポイント的な重みのある作品となっています。

NIHILISTとAUTOPSYのミックスのような王道のオールドスクール・スタイルから、前作ではMORBUS CHRONやTRIBULATIONなどのスウェディッシュ・デス・メタル・ニュー・ジェネレーションにも共鳴したかのサイケデリックな感触もプラスしてましたが、本作ではその暗黒感覚が倍増しています。ただ、MORBUS CHRONやTRIBULATIONなどの耽美なプログレッシブ風味を強調してるのではなく、窒息しそうな重苦しい曲調に退廃的な叙情をミックスしていて、VANHELGDに近いブルタリティーとグルーム感のバランスに仕上げています。Dark Descent, Me saco Un Ojo, Sepulchral Voice,etcのファンは大満足であろう、ダーク・エピック・デス・メタル力作death!!

Cult of Death!!


* 土曜日にG.A.T.E.Sマーチャンダイズが到着して、この土日は終始バタバタしっぱなしでした。ご予約の方にはまだほとんど連絡が出来てませんが、最高のカルト・デス・メタル系商品も到着してますので、G.A.T.E.Sマーチャンダイズと併せて是非お買い求めください!!



sarcofago-diehard.jpg



・SARCOFAGO - Die...Hard! 2LP YELLOW VINYL 税込5,400円 / BLACK VINYL 税込4,968円 (Greyhaze)

キングス・オブ・カルト・ブラック・メタル SARCOFAGOの、これまで20年以上に渡って世界中で出まくってきたブートレグに終止符を打つべく、Vo.のWagner Antichrist氏の全面協力のもとに遂にリリースされたデモ音源集オフィシャル・コレクション・アルバムが、2枚組でアナログ盤もリリース!!!666!!!店頭ではけっこう前から既に販売開始してたのでもっと早くにご紹介すべきでしたが、ダイハード・バージョンが出るのか出ないのかハッキリしないリリースでして、しばらく様子を見ていました。ダイハード・バージョン出たとしても、このレーベルはとんでもない値段になるので、とりあえずlt.200枚のイエロー・ビニールとlt.300枚のブラック・ビニールで入荷しています。ちなみにダイハード・バージョンはスリップケースのアウター・カバーを付けるそうで、それがもう数か月も完成してない、とレーベルは釈明しています。ここまで説明しておきながら何ですが、ダイハード・バージョンを入荷させる予定はありません。このレギュラー・バージョン2種も激渋写真満載のブックレット&ポスター付きで文句なしの仕上がりですので!!!666!!!


Tracks 1-4 taken from 1st demo tape (first version)
Tracks 5-8 taken from 1st demo tape (second version)
Tracks 9-12 taken from "Satanic Lust" demo tape
Track 13 taken from "Black Vomit" demo tape
Track 14 is an "I.N.R.I." demo rehearsal version
Track 15 to 17 taken from "Christ's Death" demo tape
Track 18 is an "Alcoholic Coma" rehearsal demo version from "Rehearsals 89"
Track 19 is a "Secrets of a Window" demo version
Track 20 is a "Satanic Lust" instrumental demo version


ファッションからサウンドまで、冒涜精神を全面に打ち出し、ブラック・メタルのスタイルと概念をイチ早く実践&確立して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニアックスやミュージシャンを震撼させた、ブラジリアン・バンドです。デモを発表した頃のカナダのBLASPHEMYと親交を深め、MORBID / MAYHEMのVo.の故Deadが強くインスパイアされたのは有名な話です。初期SODOMを南米らしい原始的な邪悪さで再現し、さらにハードコアからの影響による激速ビートを崩壊寸前で叩き出して、サウンド面に於いてもブラック・メタルの原型を作り上げたバンドですが、ここで聴けるアルバム発表前のデモ音源は、さらに後のブラック・メタルに近いと言うか、ノイズ・ブラックをも凌駕する壮絶なデストロイ・メタル・ノイズでいつ聴いても凄まじい!!!666!!!



sextrash-funeral-cd-dvd.jpg



・SEXTRASH - Funeral Serenade CD+DVD 税込3,240円 (Greyhaze)

伝説のブラジリアン・サタニック・デス・メタル SEXTRASHの1992年発表2ndアルバムが、オリジナル・リリース以来20年以上経過して遂に念願の初再発!!1stアルバム Sexual Carnageは南米デスラッシュ・マニアには必須アイテムとして良く知られる名作ですが、この2ndは存在について語られることすら少ない作品で、特にアナログ盤は発見難易度が極めて高いです。三面鏡のように開く6パネル・デジパックで、1991年のライブ5曲を収録したボーナスDVD付き2枚組です!!!666!!!(リージョンが不明なので、DVDはPCで再生確認しています)


CD1. Intro / Funeral Serenade
CD2. Dead Man Visions
CD3. Bizarre
CD4. Wind Assassin
CD5. Prohibited Angels
CD6. Make Sex Not War
CD7. Torment Of A Suicide
CD8. Your Future
CD9. Hot Juicy & Bitch

DVD - Live In Belo Horizonte 12 April 1991
DVD1. Alcoholic Mosh
DVD2. Seduced by Evil
DVD3. Delirium Tremens
DVD4. Obscene Symphony
DVD5. Genital Tumor


ex.SAROFAGOドラマーのD.D.Crazy氏が在籍した1st 7"と1stアルバムの2枚だけでSEXTRASHの追及やコレクションを完結させる南米ファンも居るようですが、それは間違いです。まずはボーナスDVDを観て震えましょう。Funeral Serenade Concertと銘打った1991年のライブなので、1992年に発売されたとされる本作の発売記念か、発売先行ライブか、もしくは2ndアルバムはこの時のライブ・イベントのタイトルから引用したのか定かではないけど、このDVDで観られる6曲は全て1stアルバムからの名曲で、しかしラインナップは既に2ndアルバムの時のツイン・ギターの5人編成です。いや、5人編成には間違いないですが、この映像で顔面まで確認できるメンバーは全員ブラジリアン・スタイルのアリス・クーパー型オリジナル・コープス・ペイントしてるので、実際のところ誰が誰だかわかりません。ドラマーも長髪だけど、D.D,Crazy氏は1991年までSEXTRASHに在籍したそうなので、もしかしたらD.D.Crazy氏なのかも?なんて妄想しながらも大興奮してしまうカッコよさです。しかもVo.の故Pussy Ripper氏は、クォーソンやゲゾル氏スタイルのビキニ・ファッションで両手両足五寸釘だらけという最凶ルッキング!!!666!!!会場はけっこう大きいステージで、VULCANOのライブ1stアルバムやHeadthrasherライブ・オムニバスが絶対にあり得ない大歓声の中でやってるように修正されてたけど、実際のところ、当時のブラジルではこのクラスのカルト・バンドもホール並みの会場でやってたようで、このSEXTRASHのライブも観客はもちろん熱狂しています。

1stアルバムはPOSSESSEDやKREATORに代表されるプレ・デス・メタルな80'sスラッシュ土台のリフで構築した曲を、D.D.Crazy氏がクレイジー・クールな暴走崩壊ビートでぶち壊し、さらに楽曲に絶妙なキャッチーさが備わっていた奇跡の名作でした。この2ndアルバムはかなり当時のデス・メタル・ムーブメントに触発されたようなダークネスとブルタリティーになっていて、前作での耳に残るキャッチーさは後退し、90年代初期デス・メタル・アルバムらしいサウンドになっています。普通のバンドならばこれは進化なのかも知れませんが、1stでのサタニック・モッシュコア・スピード・デスラッシュに魅了された人には物足りなく感じるのも十分理解できます。しかし演奏力が向上したわけでもなく、欧米バンドには到底及ばないサタニック・デス・メタルを堂々とやってのける姿は南米プリミティブ・デス・メタル以外の何者でもないですし、そして何よりSARCOFAGOへの対抗心みたいなモノはやはり強烈に感じられます。その結果、SARCOFAGOと同一線上に並んでいるのではなく、まるでSARCOFAGOフォロワーのように聴こえてしまう箇所が随所にあるのは、なんとも皮肉な話ですが。しかし、"Make Sex Not War"や"Hot Juicy & Bitch"など、Pussy Ripper氏のSex & Deathへの飽くなき追求は果てることなく、やはりこれはSARCOFAGOフォロワーと一緒にすべきではないブラジリアン・デスラッシュのカルト・クラシックとしてオススメしたいアルバムです!!LP欲しい!!!



altar-andgod.jpg



・ALTAR - And God Created Satan To Blame For His Mistakes CD 税込1,836円 (Vic)

THANATOS, ASPHYX, PESTILENCE, SINISTER, etcの初期オランダ・デス・メタルを代表するバンドらと同期で、後にMYSTO DYSTO / MANDATORのギタリストも加入してDispleasedなどからアルバムを数枚発表していたバンドの1992年録音1stデモにライブもボーナスで加えた全10曲入りCDが、Vic Recordsからリリース。ジャケ・ブックレットには当時の写真やインタビューも載ってて、文句なしの仕上がりです。


Track 1-4 : "And God Created Satan To Blame For His Mistakes" DEMO 1992
Track 5-10 : Live in Rotterdam 1993


MANTICOREというバンドを母体にして1990年に結成され、そのMANTICOREのギタリストはベルリンに渡ってGOD DETHRONEDに参加しています。MYSTO DYSTO ~ MANDATORのギタリストが参加するようになってからはVo.以外、つまりMANTICOREもやってたメンバーは全て脱退しましたので、この1stデモと93年ライブは、オリジナル・ラインナップ時代の音源でまとめられています。

MANTICORE時代はもっとスラッシュのテイストが強かったようだけど、ALTARの初期はDEICIDEから強く影響が強されていたそうです。テクニカルなリフと曲構成をブルータルに演奏していて、アメリカのデス・メタル全般からの影響は感じさせますが、それをヨーロッパのバンドらしい粗野なダイナミズムで表現しているので、デスラッシュな疾走感もブラスト・パートも、pre.ブルデスなアメリカン・バンドと違い、非常にオールドスクール感が強くてカッコいいです。ダッチ・デス・メタル・ファンはもちろん、Vicが再発しているジャーマン・デス・メタルが好きな人にもオススメ。ライブ音源も良好で、初期デス・メタル・マニアには申し分のないコンピレーションCDです!!



xysma-yeah.jpg



・XYSMA - Yeah LP 税込2,160円 / Yeah / Above The Mind Of Morbidity / Fata Morgana CD 税込1,836円 (Vic)

デス・メタルにロック・フィーリングを大胆に導入して、DISGRACEなどと並びフィンランド・デス・メタル異端派の代表的な存在として知られるXYSMAの1991年発表1stアルバムが、オランダのVic Recordsから再発。初期デス・メタル・オリジナル盤の高騰にともない、この作品もLP/CDともに近年は高値で取引されていましたので、これは嬉しいファンも多いでしょう。CDは1st 12"& 7"もまとめた、グラインド・ロック化以前のデス・メタル時期音源集となっています!!


Tracks 1-12 : Yeah ALBUM (1991年)
Tracks 13-18 : Above The Mind Of Morbidity MLP (1990年)
Tracks 19-21 : Fata Morgana 7" (1990年)


1993年に発表した2ndアルバム First & Magicalがグラインド・ロック・デス・メタルの代表的名作とされていますが、1stアルバムの時点で既にかなりロック色を強めたデス・メタルへと深化しています。スウェーデンのSunlightスタジオで録音された Yeahアルバムは、テクニカル・デス・メタル・グラインドをよりアヴァンギャルド且つキャッチーに表現していて、初期のゴアリー・テクニカルなグラインド・デス・メタルの頃から強く影響されていたCARCASSの独創性を超越しかねない力作です。やはりCARCASS影響下のデス・メタル・バンドが多かったスウェディッシュ・デスの美意識の代わりに、フュージョン感覚が変態的なところがフィンランド・デスならではの魅力ではないでしょうか。そしてAbove The Mind Of Morbidity MLPとFata Morgana 7"は、アンダーグラウンドの魅力に満ちたlow & rawノイジー・グラインド・デス・メタルが最高!!フィンランド・デスの真相を垣間見るうえで、絶対に外せないバンドです。



cannibalcorpse-cleveland1997.jpg

・CANNIBAL CORPSE - Cannibalizing Cleveland 1997 CD 税込1,296円 (Reek of Death)

1997年2月17日のオハイオ州クリーブランドでのライブ全16曲を収録した限定350枚ナンバリング入りブートCD。サウンドボード・レコーディングで音質超良です。これまでブートやyoutubeなどで世に出た音源では断じてなく、初めて出回るレアな音源、というのが売りのようです。オハイオのライブで初公開って、もう作ってる奴がバレバレですね・・・。


1.Perverse Suffering
2.Stripped, Raped and Strangled
3.Covered With Sores
4.Monolith
5.Addicted to Vaginal Skin
6.Force Fed Broken Glass
7.Fucked With a Knife
8.Gutted
9.Bloodlands
10.Puncture Wound Massacre
11.Mummified in Barbed Wire
12.Orgasm Through Torture
13.Staring Through the Eyes of the Dead
14.A Skull full of Maggots
15.Devoured by Vermin
16.Hammer Smashed Face

Blasphemous Psycho Sonic!!


floodedchurchof-satans.jpg



・FLOODED CHURCH OF ASMODEUS - Satan's Punishment : The Ultimatum CD 税込1,728円 (Bestial Burst)

ノイズ/グラインド/ブラック・メタルなどを実験的に同一線上で表現するフィンランド・エクスペリメンタル/エクストリーム・ミュージック・シーンの中心となる人物の代表格は、言うまでもなくMikko Aspa (DEATHSPELL OMEGA, CLANDESTINE BLAZE, Northern Heritage Records, etc)となるのでしょうが、これはMikkoと並びそのシーンの最重要人物であるPasi Markkula (BIZARRE UPROAR, XENOPHOBIC EJACULATION, etc)とSami Kettunen (RIDE FOR REVENGE, INCRIMINATED, SIVIILIMURPHA, etc)の2人らによるブラック・ノイズコア・メタル・ドゥーム・プロジェクト・バンドです。

こちらは2012年発表1stアルバムです。ドゥーム・ノイズコアなグラインド・ブラックを主体に、ダラダラ垂れ流される1個の脱力ドゥーム・リフの上でフィードバック・ノイズがガラガラ・ギャンギャン・ピュルピュル飛び交う様は、BLACK FLAG, FLIPPER, MELVINS, etcのオルタナ系アメリカン・ドゥーム・パンクのルーツも感じさせます。しかしこのプロジェクト、実は狙いは今や伝説的な存在となったBLACK MASS OF ABSUと、そのB.M.O.AとSplitを出していた我らがGONKULATORだそうです。



floodedchurchof-piss.jpg



・FLOODED CHURCH OF ASMODEUS - Piss Soaked Church of the Wrong CD 税込1,728円 (Bestial Burst)

こちらは2016年発表の新作2ndアルバムです。このアルバムもやっぱり1stと全く変わってませんが、この新作の方がヴォーカルもしっかり一つのパートとして断末魔シャウトを至る所で発してるので、狙いとしてる伝説のノイズコア・ブラック・メタル・ドゥーム BLACK MASS OF ABSUやGONKULATORに近づいてるような気がします。精神が破壊されるような狂気のエクストリーム・ミュージックが好きな人には絶対オススメのバンドです!!



ritualviolence-st.jpg



・RITUAL VIOLENCE - S/T DIGIPACK CD 税込1,944円 (Bestial Burst)

こちらはPasi MarkkulaとSami Kettunenの2人と、さらにBELOWというUSのブラック・ドゥーム・ノイズコアのメンバーの3人によるフィンランド&US混合プロジェクト・バンドです。2014年にフィンランド・ヘルシンキで行ったライブを収録した、全2曲で40分弱にも及ぶ拷問CDです。これがファースト・リリースとなります。デジパック。

これもまたピュルピュルonプリミティブ・ノイズコア・ドゥームで、FLOODED CHURCH OF ASMODEUSとさして変わらない気がしますが、FLOODED CHURCH OF ASMODEUSが狙ってるBLACK MASS OF ABSUやGONKULATORのようなブラック感はほんのちょっとだけ薄いです。いや、やっぱ変わんないかな?しかしかなり気合の入ったライブ音源で、Pasi Markkulaのドラミングは非常にカッコいい!!MELVINSやCORRUPTEDファンも相当楽しめるんではないでしょうか。FLOODED CHURCH OF ASMODEUSがNIGHTSTICKやFULL BLOWN AIDSに寄った感じでもあります。あと、BELOWはRIDE FOR REVENGEとSplitカセットを出してるようですが、この人もけっこう凶劣なキャラです。サイコパス系ドゥーム・ファン必聴!!



intolitarian-suicidal.jpg



・INTOLITARIAN - Suicidal Allegiance 7" 税込1,296円 / DIGIPACK CD 税込1,836円 (New Era prod.)

ジャンルレスにエクストリームな思想と音楽性を追求するレーベル Deathangle Absolutionを運営するKramer氏によるノイズコア・バンド INTOLITARIANの2016年発表11曲入りEPです。BESTIAL SUMMONING関連や、STALAGGHのリリースにも関与していたオランダのNew Era prod.から。

DEATHKEYでの活躍でインダストリアル/ノイズ・ミュージシャンとして名が知られていたAntichrist Kramer氏が、ブラック・メタルとハードコアの融合を目指したようなバンドで、AxCxなどのノイズコア・グラインドと、人力ドラマー在籍でありながらパワー・エレクトロニクス/インダストリアル系の非人間的な冷徹さが融合しています。SSPがヴィニール化したSARCOFAGOの最終作品 "Crust"を彷彿させるソニック・バイオレンス・ブラックに、BEHERITのプリミティブ・ノイズ要素も加え、ミニマルな曲構成ではなく初期FEAR OF GOD的ノイズ・グラインドにも通じる方法論で表現した極悪カオス!!



nyogthaeblisz-apex.jpg



・NYOGTHAEBLISZ - Apex Satanist CD 税込2,160円 (Iron Bonehead prod.)

SSPからデビューして地下シーンで話題を呼び、ベース&Vo.担当のAlal'Xhaaszturが故Tregendaの後釜としてBLACK WITCHERYにも参加してブラック・メタル・ファンに広く注目を集める存在となったUSテキサスのNYOGTHAEBLISZの未発表デモ集コンピレーションCDです。


"Apex Satanist" (Tracks 1-4)
"Daemonic Singularity : Annihilating Frequency" (Tracks 5-7)
"Esoteric Fascism" (Tracks 8-9)


黒頭巾姿のブラック・メタル・ファッションが近寄りがたい極悪なオーラを放っている通り、SSPファンは必聴の凶暴極まりないサウンドです。ひたすらバイオレント・ハーシュなロウ・ノイジー・カオティック・ブラック・メタル・サウンドは、ローファイなノイズコアではなくて、ベスチャル・ハーシュ・ブラックとでも呼べそうな極悪さを感じさせます。"Crust"の頃のSARCOFAGOのようなパワー・エレクトロ・ソニックな感触と、BEHERIT影響下Raw War系のミックスのようにも思えますし、潔い曲調はパワーバイオレンス的でもあります。INTOLITARIANファンは必聴!!



funeralmourning-descent.jpg



・FUNERAL MOURNING - Descent-MMXV 10" 税込2,916円 (GoatwaRex)

ILL OMEN, TEMPLE NIGHTSIDE, NAZXUL, etc多数のバンドやプロジェクトで才能を発揮しているIV aka Desolate氏によるOZフューネラル・ドゥーム・メタル・ワンマン・プロジェクトです。これまでアルバム2種とデモを数種発表していますが、フィジカルなリリースはほぼ自身のレーベルかGoatwaRexの2レーベルでしかリリースしていなかったようです。よって流通も悪く、あまり知られていない存在かと思いますが、ILL OMENファンは絶対に聴いておくべき内容です。GoatowaRexはSATANIC WARMASTERやDROWNING THE LIGHTなどの超限定リリースで知られるカルト・レーベルで、プレス枚数が毎度少ないためお値段は安くはないですが、相変わらず流通は非常に薄いですから、毎度楽しみにしている人はしっかり確保してください。2015年のデモをヴィニール化したモノで、100枚オンリーのミニマム・プレスによる帯付10"です。

もう、再生した途端にあのILL OMENワールドが大爆発です。黒と言うよりも限りなく暗い灰色の膜で覆ったような黄昏が隅々にまで漂うエピック・ブラック・フューネラル・ドゥームは、ヨーロッパ/北欧/英国のフューネラル・ドゥームに備わっている宗教的な荘厳さや透明感とは違う、まるで地響きの中に呑み込まれて迎える終末のような哀しみに満ちています。なるべくならピュルピュルとかウガーーとかジギジギジギジギとかいった擬音を使って幼稚な手段で音をテキスト化したいと考えていますので、こういう詩人ぶった抽象的な商品解説は極力したくないのですが、ILL OMEN関連はそれが出来ません。なので聴いたことない人には伝わらないでしょうが、その反面ILL OMEN作品に1度でも触れたことのある人なら、「あー、ILL OMENのあの音で完全なスロウ・ドゥームをやってるんだな」と容易に想像してもらえるかと思います。まぁ、ぜひじっくり試聴してみてください。ILL OMENファン必聴&Death!!!


Death Spikes!!!666!!!


denouncementpyre-blacksun.jpg



・DENOUNCEMENT PYRE - Black Sun Unbound CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

NOCTURNAL GRAVESやFUNERARY PITメンバーによるオーストラリア産ブラッケンド・デス・メタルの2016年発表3rdアルバムCD。今回もHell Headbangersからのリリースです。

最初期は、ウォー・ブラックの激烈さと、オールドスクールなデス/ブラック/スラッシュのテイストが同居したスタイルが特徴のバンドでしたが、1stアルバムあたりから、よりオールドスクールな感触が強まりました。本作もその延長線上で、GOSPEL OF THE HORNSのルーツであるBATHORY系統のブラック・スラッシュから、DESTROYER 666的な勇壮さまで、劇的アグレッシブな作風に仕上がっています。DESTROYER 666を頂点とするOZスタイルの伝統デス・ブラック・メタル好きはもちろん、DESASTERなどのHellbangers系ダイハードなヘッドバンギング・デス・メタル・ファンにもオススメです!!



flameacausal-contra-lp.jpg



・FLAME ACAUSAL - Contra Mundum in Aeternum LP 税込3,780円 (GoatwaRex)

2013年結成スウェディッシュ・ブラック・メタル・バンドが、2016年に92本限定カセットで自主リリースした1stデモを、GoatwaRexが限定200枚でヴィニール化再発。GoatowaRexはSATANIC WARMASTERやDROWNING THE LIGHTなどの超限定リリースで知られるカルト・レーベルで、2000年代初め頃からオーストラリアと中国を拠点にマイペースにリリースを続けています。プレス枚数が毎度少ないためお値段は安くはないですが、相変わらず流通は非常に薄いですから、毎度楽しみにしている人はしっかり確保してください。今回は無名のバンドながら、針を落とした瞬間にピュア・ファッキン・ブラック・メタラーはガッツポーズ必至の凶暴サウンドが飛び出してきて、GoatwaRexの目の付け所の鋭さに改めて脱帽してしまいました!!!666!!!

昨年Deathrash ArmageddonがリリースしたフィンランドのSADOKISTとKALTERITを聴いた頃から、2017年は、"スパイキー・メタル・スラッシュ/ブラック"の猛攻が始まることだろう、なんてことを希望的観測として期待しているのですが、これははまさにその起爆剤にも成り得る最凶のリリースです。スパイキー・スラッシュ/ブラックと言っても、RANCIDやCASUALTIESなどとBATHORYの融合なんてバカな話ではありません。スパイクとは、もちろん五寸釘です。INFANT DEATHなどのノルウェー勢や、荒くれたジャーマン・イーヴィル・スラッシュ・メタルよりも、北欧ブラックならではの極寒ノイジー・サウンドでスピード・メタルの基礎を剥き出しにしながら突進するフリージング・スラッシュの登場をKALTERITを聴いてから期待しているのですが、このFLAME ACAUSALはKREATORあたりを起源としたようなひたすら破壊的な爆発力が魅力です。と言うか、超ーーーBESTIAL MOCKERY!!!666!!!ハードコア・パンクも好んでいたBESTIAL MOCKERYがさほど強調してなかった北欧の冷たさをノイジーなサウンドで表現していて、80'sスラッシュなリフやフレーズも飛び出すけど、もっとデスラッシュ登場以降のハードコアなロウネスが強いです。ノルウェー・スラッシング・ブラック最高峰 SARCOMA INCや、GORGOROTHの80'sスラッシュ風な曲とかも思い起こさせますが、ブラック・メタルのビートだけどフォーキーなコード・リフなどは無く、パーツがデスラッシュなのでつんのめった焦燥感でガツガツ突進してきて、最初期MORBID ANGELやpre.DEICIDEのAMONのような凶暴テクニカル・デスが北欧ブラック・スラッシュとミックスしたような感じもあります。が、これはやはりBESTIAL MOCKERYやNIFELHEIMなどのスウェディッシュなスタイルのスラッシング・ブラック・メタルとして大絶賛したいところです。オススメdeath!!!666!!!

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR