RECORD BOY

Speed Noise Deathcore Rags!!


**毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は木曜日以降になります。


prophecyofdoom-insanity.jpg



・PROPHECY OF DOOM - Insanity Reigns Supreme CD 税込1,620円 (Black Konflik)

このところすっぱ抜きまくって調子づいてるマレーシアのBlack Konflik Recordsがまたやってくれました。近年はメタルクラスティーズにカルトな人気が高まっているイングランド・デス・メタル・ステンチ・グラインダーズ PROPHECY OF DOOMの1988年発表1stデモの初オフィシャル・リイシューdeath!!

PROPHECY OF DOOMはAXEGRINDERやDEVIATED INSTINCTが日本で大人気だった2000年代前後あたりは完全にミソッカス状態で、クラスト・パンクスにもほとんど相手にしてもらえなかったけど、クラスティーズがデス・メタルやグラインドに再接近し始めた2010年くらいになると形勢が逆転し、最も再発が待たれるバンドの仲間入りを果たしました。このリリースよりも一足先に、Boss Tuneage / Break The Connectionが遂に初期音源集アルバムのリリースをアナウンスして、1st LPやEPを収録した待望のコンピレーション・アルバムも発売が待たれていたところでしたが、その初期音源集からは外された1stデモ音源のCD化再発をBlack Konflik Recordsが発表。幻の2ndアルバム "Matrix"よりも前のグラインド・デス期を一区切りとしたいファンにととっては、Boss Tuneage / Break The Connectionの初期音源集と、このBlack Konflikのリリースの1stデモCDで、一通り網羅できますから、とりあえず一安心です。

そもそもなぜ初期音源集アルバムにこの1stデモを入れなかったんだ?と考えてしまうわけですが、長年リクエストがありながらも再発を実現しなかったバンドの思惑も読みとれるような音楽性の違いが、この1stデモにはあります。彼らの作品の中では最も非デス・メタルのグラインド色が強いサウンドで、SEPTIC DEATHのカバーもやってる通り、感覚的にはWEHRMACHT, REPULSION, ELECTRO HIPPIES, UNSEEN TERROR, NAPALM DEATH, etcと似た雰囲気のスピードコア・グラインド状態です。この後、Prophecy RecordsやDeaf Recordsといった初期デス・メタルのカルト・レア・クラシックを多く輩出したレーベルから作品を発表して聴かせていた、あの独特のステンチな感触とは異なり、ハードコアがスピード志向で先を行っていた当時のUKバンドらしいスタイルだと言えます。UKグラインド/デス・メタル黎明期の混沌とした過激志向を垣間見たい初期デス・メタル・ファンから、当時を実体験したハードコア・スラッシュ・マニアックスにまでオススメの再発death!!限定350枚だそうなので油断なきようお願いします!!



cyanamid-thisis-lp.jpg



・CYANAMID - This Is Hell-A NJ Hardcore Anthology LP+CD LTD.100 DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,240円 (F.O.A.D.)

1980年代中頃にアメリカ・ニュージャージーで活動したハードコア・パンク・バンドのコンピレーション・アルバムが、イタリアF.O.A.D.からリリース。F.O.A.Dお得意の、プレ・グラインドな80'sオブスキュア・スピードコア発掘シリーズを毎度楽しみにしている人は絶対に必聴のリリースです。限定100枚スプラッター・ビニールのダイハード・バージョンは既にレーベルで完売していますので、今回のみの入荷になります。


LP A1-A6 : "Stop The World" 7" EP (1984年リリース)
LP A7-A9 : "I Love NJ" DEMO (1984年リリース)
LP B1-B2 : "New Jersey's Got It?" Compilation LP (1985年リリース)
LP B3-B8 : 1984 Session SPLIT LP w/ AGATHOCLES (2004年リリース)
LP B9 : BONUS TRACK
CD 1-12 : Live At Elks Club, Manville, NJ 1983
CD 13-20 : "I Love NJ" DEMO LIVE TRACKS (1983年~1984年録音)
CD 21-33 : Live At The Court Tavern, New Brunswick, NJ, 11/15/2014


ADRENALIN O.D.で有名なBuy Our Recordsのオムニバス New Jersey's Got It? LPは日本でも比較的よく見かけるので見覚えのある人も少なくないかと思いますが、唯一の単独作 Stop The World 7"は必殺のウルトラ・レア・リリース多数輩出のMutha Recordsから出ていて、やはりそのオリジナル盤も激烈に高額レア・アイテムです。AGATHOCLESやFEAR OF GODといった、プレ・グラインドなスピード・フリークス・レジェンドに崇めらて、AGATHOCLESに至っては2004年にSplit LPのリリースにまでこぎつけています(それももはや高額人気盤)。サウンドは驚異のスピード・プリミティブ・スラッシュ!!グラインドコアの始祖バンドよりも即興性が高く、もはや完全にノイズコア・グラインド状態なので、ニュージャージーでこの年代にこれをやっていたということは、フランスからNJに移住して結成されたPSYCHO SINとの関係性や接点なども推測出来てきて、非常に興味深いです。当時のフライヤーブカラー写真も多数掲載のブックレットも必見!!

Noise Grind The Enemy!!


cripplebastards-lafine.jpg



・CRIPPLE BASTARDS - La Fine Cresce Da Dentro CD 税込1,728円 (Relapse)

日本のUNHOLY GRAVE, ベルギーのAGATHOCLES, ブラジルのROTなどと並んで、グラインドコア・シーン初期から活動を続けて現存する四天王バンドの一つと言っても過言ではないイタリアのCRIPPLE BASTARDSの2018年最新アルバムCD。前作同様、グラインドコア老舗レーベル Relapseからのリリースで、AT THE GATES, DARK TRANQUILITY, ARCH ENEMYなどを手掛けてきたFredrik Nordstrom氏がエンジニアを担当しています。

90年代に勃発したパワー・バイオレンスの衝動的スピードとカオティックな展開に、叙情フレーズも織り交ぜたクラスティーなダイナミズム、そしてメタリックなタッチも加えながら爆発させています。Vo.でF.O.A.D. RecordsオーナーでもあるGiulio氏の世界トップクラスのマニアックなコレクター・キャラが有名すぎてCRIPPLE BASTARDSも永遠のアングラ・カルト・バンドのように思われがちだけど、エクストリーム・メタル・シーンでもグラインドコア・レジェンドとして認知される彼らの実力を遺憾なく発揮した、非常に質の高い作品に仕上がっています!!



psychosin-youaxed.jpg



・PSYCHO SIN - You Axed For It 7" 税込1,620円 (Jerk Off)

AxCxなど後のノイズコアを先駆けたバンドとしてカルトな人気を誇るフランスのノイズ・パンク・スラッシュ RAPTのメンバーがアメリカに渡り、ニュージャージーでルンペン詩人(本物のホームレスだったそうです)Carl Casanovaをスカウトして1986~1988年の2年間活動した伝説のハードコア・ノイズ・バンド PSYCHO SINの1987年発表激レアEPが、限定200枚で突如オフィシャル再発!!!!!当初は100枚プレスという情報でしたが、それじゃまるでオリジナル盤と変わらないプレミア付くのは必至だったからか、急遽100枚追加してトータル200枚になったようです。ちょっと長年貸しのあったレーベルだったので当店はなんとか無事入荷しましたが、梱包のヒドいレーベルでして、折り畳みのゼロックス・ジャケの角にちょっとシワが入ってますので、ご了承ください。

RAPTはまだハードコア・パンクとしての原型をかろうじて留めていたけど、このPSYCHO SINはVo.の素性からもわかるように、前衛的な感覚が増幅していて、より後のノイズコアに近いスタイルのグラインド・スピード・ノイズを実践していましたが、意外にも、CAUSE FOR ALARM, REST IN PEICES, LEEWAY, etcのNYHCバンドとも頻繁に共演していたようです。地元ニュージャージーでは、LETHAL AGGRESSIONとは仲良しだったそうですが、そういった東海岸クロスオーバーな名バンドとも接触があったのを考えると、EXECUTIONER時代の故Seth Putnamや、うんこ首からぶらさげてた史上最悪のNYうんこラップ・ゴミ人間スラッシュ INTENSE MUTILATION (80年代中期のデモ時代はかなりノイズコアにアプローチが近い)なども、接触はなくてもお互い触発されてたりしたのかな?なんて楽しい妄想ができます。ノイズコア・グラインド・マニア必聴のカルト・レコードです!!



agathocles-psychosin.jpg

・AGATHOCLES / PSYCHO SIN - Split 7" LTD.50 RED VINYL / LTD.50 CLEAR VINYL 各税込1,620円 (Jerk Off)

ベルギーAGATHOCLESと、USニュージャージーPSYCHO SINという凄い組み合わせのグラインド・レジェンドSplit 7"!!ちょっと長年貸しのあったレーベルだったので、限定400枚リリースのうちの各ltd.50枚のレッド・ビニールとクリア・ビニールで入荷しましたが、梱包のヒドいレーベルでして、折り畳みのジャケの角にちょっとシワが入ってますので、ご了承ください。DLコード付きです。

ミンスコア・レジェンド AxGxは2014年録音の10曲。レーザーシャープドダガーなAxGxらしいピュア・クラシック・グラインドコア・チューン連発で文句なしにかっこいい!!そしてPSYCHO SINは、、、2020年目前だろうが何も変わらない、と言うかさらに退化したルンペン詩人の怒号フォーク・ノイズコア状態!!!こんなもん、限定50枚カラー盤だろうが再入荷不要death!!!!!あ、でもAxGxはホントかっこいいからどうしようかな、売り切れたらやっぱり再入荷させるかも。



agathocles-dechecharge.jpg



・AGATHOCLES / DECHE-CHARGE - Agatho Charge SPLIT 7" LTD.100 GREEN VINYL / LTD.100 WHITE VINYL 各税込1,620円 (Jerk Off)

ベルギー・ミンスコア・レジェンド AGATHOCLESと、1990年結成カナダ・ケベック・ノイズコア・グラインド・カルト DECHE-CHARGEによるSplit EP。ちょっと長年貸しのあったレーベルだったので、限定400枚リリースのうちの各ltd.100枚のグリーン・ビニールとホワイト・ビニールで入荷しましたが、梱包のヒドいレーベルでして、折り畳みのジャケの角にちょっとシワが入ってますので、ご了承ください。DLコード付きです。

AxGxは今回はかなりハードコアな内容で、Vo.とかスピードコア調スラッシュな楽曲は、まるでHERESYみたいです。DECHE-CHARGEは説明無用不要不可能な356曲収録暴力ノイズコアァァーーー!!!FEAR OF GOD, 7MONファン必聴&Dieです



bastardnoise-nohuman.jpg

・BASTARD NOISE - No Human Mercy 7" 税込1,296円 (Jerk Off)

カリフォルニアの突然変異エクストリームSxExハードコア PISSED HAPPY CHILDRENがPHCになり、さらに前衛的&原始的なMAN IS THE BASTARDへと発展してパワーバイオレンス・ムーブメントの担い手として活躍し、そして現在はノイズ/パワーエレクトロニクスのシーンに於いて確固たる地位を築いたEric Wood氏の最終形 BASTARD NOISE。当店でフォローしなくなってからもうけっこうな年月になりますが、この2019年新作はちょっとレーベルに貸しがあったので久しぶりに入れてみました。梱包のヒドいレーベルで、折り畳みのジャケだけど、ちょっと角にシワが入ってますのでご了承ください。限定500枚プレスのピンク・ビニールです。

今回ゲストVo.として参加してるHuffというクレジットの人物、実はex.DETESTATION / 現QUESTIONのSaira姐さんでして、サウンドについてはうまく説明できませんが、ぴゅるぴゅるぴゅるーーー!!!っていう、あのBASTARD NOISEノイズがさらに殺伐プリミティブな感じで、Sairaさんのアジテーションとマッチしてるかと思います。しかもジャケはあのMorbid Mark画伯による久々の仕事!!STIKKYのドイツ盤EPとか、うんこ首からぶら下げてた伝説のゴミ・ラップ・スラッシュ INTENSE MUTILATIONのNew RenaissanceからのLPのジャケとかも手掛けてたあのアーチストです。これらの要素だけで充分買いなレコードです。ステッカーも付いてます。

Death Noise Dies!!


newworld-die.jpg

・new world - Die In Eden TAPE 税込1,000円 (死体カセット)

再始動してリリースしたCDも好評の大阪ノイズコア WORLDのメンバーが2012年に結成した楽器lessエクスペリメンタル・ノイズ new worldのカセットが死体カセットから限定200本でリリース。本作からex. CORRUPTEDのJose氏が参加し、圧巻の長尺暗黒ノイズを聴かせてくれます!!


超限定リリースだった“地獄の断頭台”から一年、大阪のグラインドコアバンド・new worldの最新作が死体カセットからリリース!

2013年 WORLD休止時にノイズVo担当のTama氏が東京にて結成。数回のメンバーチェンジ後、活動拠点を大阪に移しボーカリストとしてdie suck氏(ex.サイケアウツ/ex.Ego Fix/現 ear taker)が合流。ツインドラム体制で前述の“地獄の断頭台”を録音、3inch ep/4 inch epの超限定作としてマケドニアのレーベルからリリースされた。その後、ドラマーとしてJose氏(ex.Corrupted)が加入。最強の布陣で製作されたのが今リリース “die in eden” である。

今年、奇跡の復活を遂げたGRIND OSAKAの伝説・WORLDと同じく、ノイズVo/Vocal/Drumsといった弦楽器不在の特殊編成を持つnew worldではあるが、Jose氏の加入が大きく影響したのであろう、今作は12分一曲の
どす黒い音塊に仕上がった。静寂の後、彼等が具象化した悪という概念が聴く者の鼓膜に襲いかかる。new world 新体制の暴力的な幕開けである。

ジャケットのコラージュはTAMA氏の盟友・WORLDのkovLA氏が担当、デザインはkito-mizukumi rouberやASTRO等の作品も手掛けるNEKONEKO DESIGNの手に依る物である。

(インフォメーションより)




atrofiacerebral-neuronas.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Neuronas Destruidas CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

1万曲入りデモを1990年に出していたAUDICION IRRITABLEのディスコグラフィーが以前に入荷した時の商品解説で、「ATROFIA CEREBRALというバンドと並んで、ペルーでいち早くノイズ・コアを演奏したとされるバンド」と書いた記憶がありますが、このバンドがそのペルビアン・アナザー・ファースト・ノイズコア・カルト ATROFIA CEREBRALです。1989年発表の1100曲入り1stデモがCD化再発されました。

ボーカル/ドラム/ギターの3人編成で、7 MINUTES OF NAUSEAに通じるウルトラ・ショートカット・スピード・ノイズの連打なわけですが、やはりデタラメっぷりは南米らしさが充満していて、基本的にはドラムが叩き始めるとVo.が怒鳴り散らかし、そしてギターを単音弾きしてるかベースのような素人以下の弦楽器担当の人が、「よし、始まったな!」と必死にくらいつこうと弾き始めようとするともう終わる、みたいなことを繰り返すだけの、時間の無駄音源再発death!!



atrofiacerebral-infeliz.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Infeliz Resignacion CD 税込1,836円 (Bulla Extrema)

こちらは2014年録音の52曲入りCDで、1994年に発表した7 MINUTES OF NAUSEAとのSplitカセットを最後に、これとEstirpe Inmundaの2種アルバムの発表までリリースの記録が残ってないので、恐らく20年ぶりの復活作のような作品ではないかと思います。

そしてこれがなかなか南米ノイズコアとしてパワーアップした内容となっています。Vo.がギターを兼任したことによって、たとえ楽器素人であろうが呼吸を合わせる相手がドラムだけのマンツーマン・デタラメになることで、そのデタラメ・パワーも集約されて放出し轟音さがアップしています。と、自分で書いてて本当にどうしようもない幼稚な解説でウンザリしますが、聴いてもっとウンザリしてください。ノイズコア期OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOファンにおすすめ!!



atrofiacerebral-estipre.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Estirpe Inmunda CD 税込1,836円 (Bulla Extrema)

こちらは2015年録音の43曲入り限定300枚CDです。作品発表ごとに徐々に曲数も減ってきますが、サウンドもノイズコアとしてかなり真っ当なスピード・カオスになってきていて、このCDなんかは7 MINUTES OF NAUSEAファンにはけっこう本当にオススメです。ノイズコアはパワーエレクトロニクスともリンクするするところがあるけど、このバンドはやはり南米特有の原始性が染みついていて、ノイズコア期OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOのようなブラジリアン・グラインド・パンク・ファンから、デスコア・ウルトラ・メタル・ファンにもオススメdeath!!



leviatan-aberracion.jpg



・LEVIATAN (Peru) - Aberracion Sonora... CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

「ペルーでいち早くノイズ・コアを演奏したとされるバンド」とATROFIA CEREBRALで解説させておきながら、そのメンバーが更に以前に独りでやってたプロジェクトの音源まで発掘リイシュー!!!こちらは1987年に録音されていたデモとリハをまとめた25曲入りCDです。

そしてこれがもうこの時点でかなり凶悪なノイズコア、というか超AxCx!!ピッチ上げたようなVo.や、アンプラグドAxCxみたいなパートもあるし、これは本当に1987年にペルー人が録った音源なんでしょうか??Vo.のピッチシフトだけでなく、ちょっと再生スピード上げてるような感じもなくはないし、とにかく謎の多い発掘リリースです。しかしノイズコア・ファンには文句なしの発狂音源death!!



yogsothoth-peru-demo.jpg



・YOG SOTHOTH (Peru) - Demo & Rehearsal 1988 CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

まだもう一つあります。こちらはLEVIATHANの人物が1988年に残していたバンド形態3ピース・ノイズコアのデモ&リハーサル音源全52曲入りCDです。これもまた本当に1988年音源なら凄いもので、AxCxスタイルのLEVIATHANよりもバンド形態らしさのあるモービッド・グラインド・ノイズコア・サウンドです。RAPT, 7 MINUTES OF NAUSEA, FEAR OF GODなどのノイズコア・パイオニアと、OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOなどの南米崩壊パンク・ノイズのミックスのようで、マニアには文句なしの内容となっております!!

SISSY SPACEK - Expanding Antiverse CD+DVD


sissyspacek-expanding.jpg

・SISSY SPACEK - Expanding Antiverse CD+DVD 税込2,160円 (dotsmark)

MERZBOWやPAINJERKといった日本の大御所とも作品リリースのある実験/現代音楽家、John Wiese氏によるグラインド・ノイズコア・ユニット SISSY SPACEKの来日を記念したCD+DVD2枚組セットがDotsmarkからリリース。John Wiese氏はex. BASTARD NOISE、そしてドラムのCharlie Mumma氏はパワーバイオレンスのBLOODY PHOENIX, リチュアル・デス・メタルとパワーエレクトロニクスのクロスオーバー KNELT ROTEなどもやってた人物で、このユニットも日本のアヴァンギャルド/エクストリーム・ミュージック・シーンでは昔から良く知られているようです。さらに、近年のデス/ブラック・メタルのグラインド回帰傾向と、Charlie Mumma氏との交流もあり、新作が先ごろNWN!からもリリースされたりして(もちろん、そちらも追って入荷致します)、このところ多方面で話題となっています。

サウンドはまさにグラインド・ノイズコア以外の何物でもない、鬼気迫るズピードで駆け抜ける雑音の嵐です。7 MINUTES OF NAUSEAが開拓したウルトラ・ショートカット即興グラインドコアがCharlie Mumma氏の凄まじいドラミングによりキレと生々しさが見事に同居し、そしてそこにJohn Wiese氏によるノイズの塊がかぶさる、ノイズコア・グラインドの人力轟音と冷徹なエレクトロニクス雑音の融合!!7 MINUTES OF NAUSEA, WORLD, INTOLITARIAN, DEATHKEY, etcのファンにオススメの不快指数マキシマムな暴力速雑音塊death!!

Grind Madness!!

world-st.jpg

・WORLD - S/T CD 税込2,160円 (dotsmark / 死体カセット)

復活を果たした伝説の大阪ノイズコア・グラインド、WORLDのディスコグラフィーCD!!当時世界中で猛威を振るっていた即興性グラインドコアを、大阪の地らしい暴力的ノイズとハードコアの原始性でたたき出した、ジャパニーズ・ノイズコアの金字塔的カルト・バンドです!!


90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。
代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、
"Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、
"SPACE"(2nd solo EP /1998)、
"NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、 
"DEMO 1995"(cassette / 1995)そして
"Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、
"V.A.19.1.17.5.46 - 1:41"(Cassette/1995)、
"V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。
原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。
デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る!

WORLD:
VOX : kovLA
THROAT : HIROSHI “tama” ZEN
DRUMS : AONO TADAHIKO
DRUMS : KANAME (WHY WHO WHAT)
1993年結成、1995年京都舞鶴にてライヴデビュー。
グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発、テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。
1998年、EP"NEW WORLD"で悪意の完成を迎える。
1999年、預言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI “tama” ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。
2018年、難波BEARSで19年振りにライヴ活動を再開。
(インフォメーションより)




codeerror-st.jpg



・CODE ERROR - S/T CDEP 税込1,080円 (Obliteration)

グラインドコア創成期から長い歴史を誇るエクストリーム・メタル&ハードコア・レーベル、UKのEaracheが初めて契約したアジアのバンド WORMROTのメンバーが結成したシンガポールのバンドの7曲入りCDEPがObliteration Recordsからリリース!!

WORMROTよりもオールドスクール・ハードコア・テイストも感じさせるグラインドコア・サウンドで、これまた世界標準クラスにかっこいい!!緩急を使い分けた緊張感の高い楽曲はかなり初期パワーバイオレンス風味だし、Vo.もかっこよく、324やASSUCKなどのファンにも絶対聴いてもらいたいです。オススメdeath!!



whoresnation-mephitism.jpg



・WHORESNATION - Mephitism CD 税込1,620円 (Obliteration)

2018年夏に来日も果たしたフランスの3ピース・グラインドコア・バンドの2ndアルバムCDがObliteration Recordsからリリース。2009年の結成から300以上のライブをこなしているとあって、サウンドも驚愕のハイパー・グラインドなアルバムとなっています。

ジャケからちょっとだけ匂わせる昨今のアングラ・デス・メタルが好きなファンも抵抗なく聴けるであろう感触もありますが、とにかく演奏の切れ味とドラムの超人的スピードが凄まじく、ストップ&ゴーを多用する曲などは、YACOPSAEすら彷彿させます。全20曲でトータル20分、最初から最後まですさまじい速さで駆け抜けます。超人系スピードフリークス即死級アルバムdeath!!



warfuck-thiswas.jpg



・WARFUCK - This Was Supposed To Be Fun CD 税込1,620円 (Obliteration)

先ごろ2度目の来日ツアーも慣行した2011年結成フレンチ・グラインダーズの3rdアルバム。来日をサポートしたObliteration Recordsによる日本盤CDです。

2人組のながらバツグンの切れ味と圧倒的なスピード感のあるバンドで、この作品は録音をELECTRIC WIZARDなどのライブ・サウンド・エンジニアの経験もあるSerge Spiga氏、そしてマスタリングをEDGE OF SANITYのDan Swano氏が担当しています。それによりサウンド・プロダクションも完璧に仕上がっていて、NASUMを彷彿させるドラマチックでプログレッシブな展開を組み込んだハイパー・ブラスティング・グラインドが素晴らしい完成度に達しています。ROTTEN SOUNDやPIG DESTROYERなどのファンも絶対に必聴death!!



meatspreader-aswarm.jpg



・MEAT SPREADER - A Swarm Of Green Flies Over The Rusty Pot CD 税込1,728円 (Obliteration)

ポーランド・カルト・ゴア・グラインド DEAD INFECTIONやSQUASH BOWELSのメンバーらによる2016年結成グラインダーズ全14曲入り1stアルバムCDが日本のObliterationからリリース。

DEAD INFECTIONの特徴でもある初期グラインドのハードコア・ルーツを体現したスタイルですが、ジャケから絶対に連想させるCARCASSウォーシップとは違い、REPULSIONとE.N.T.のミックスのようなスタイルの、よりクラスト・グラインドなサウンドです。しかもVo.の暴力的シャウトが激渋で、324すら思わせます!!2018年10月の浅草デス・フェストにも出演予定!!



deadinfection-brain.jpg



・DEAD INFECTION - Brain Corrosion DIGIPACK CD 税込1,944円 (Obliteration)

ゴア・グラインドの歴史を語る上では決して外すことの出来ないバンドの一つとされる1990年結成ポーランド出身バンド DEAD INFECTIONの2004年アルバムが、2003年日本ツアー時のライブ映像もボーナス収録したデジパック・バージョンCDで再発!!

結成当初のデス・メタル色の強いサウンドから、1995年発表2ndアルバム “A Chapter of Accidents”でグラインド・コア・スタイルに接近。破壊力とダーティーな疾走感のあるサウンドで、スウェーデンのREGURGITATEやドイツのGUTなどと並び、CARCASS影響下グラインドのカルトとされアンダーグラウンドで絶大な支持を集めました。NAPALM DEATHやCARCASSなどの初期グラインドやクラストコア・ファンにもオススメのかっこよさdeath!!


08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR