RECORD BOY

HERETIC RITES - In Satan’s Claws (鮮血!!悪魔の爪) CD


hereticrites-insatans.jpg



・HERETIC RITES - In Satan’s Claws (鮮血!!悪魔の爪) CD 税込1,728円 (梵天)

東京のSITHTERと2016年11月に日本ツアーを行ったセルビアのドゥーム・メタル・バンドの、2016年3月にカセットテープで発売されたEPに、5人編成で新たに録音したボーナス・トラックを追加した日本盤CD。先着ステッカー付きです。

ELECTRIC WIZARD影響下のオカルティックなドゥーム・サウンドで、パンク要素を排除した2ndアルバム以降のSATAN'S SATYRSからのインスパイアも強く感じさせます。ヴィンテージ・サイケ寄りのオカルト・ドゥーム・メタル・ファンにオススメ!!

Epicus Doomicus Metallicus!!


theritualist-hells.jpg



・the RITUALIST - Hell's Doom Eternal CD 税込1,296円 (I Hate)

スウェディッシュ・デスラッシュ・メタル TERRORAMAシンガーのPeter Liden氏が運営するI Hate Recordsは、当店でもスラッシュ系にファンの多い人気レーベルですが、ドゥーム・メタルもまた、I Hate Records / Peter氏の核を成す要素として断じてハズせない重要な部分です。なので、I Hateのドゥーム系も毎度頑張って入荷させてますが、これがまぁーー、サーーーーーッパリ売れません。1枚も売れないなんてザラ。1枚売れただけでも自分には達成感があります。でも、あんな凶暴なデスラッシュ・メタル・サウンドをバックにVo.を務めるPeter氏のレーベルの実は大半がドゥーム・メタル作品だし、NOMINON, DIE HARD, ALTAR, etcもやってたドラムのPer Karlsson氏(現DESTROYER 666)はHeathendoom Musicというドゥーム・メタル専門レーベルもやってたりと、北欧のデス/ブラック・メタル・シーンでエピックなドゥーム・メタルは基盤を形成する非常に強固な部分なのは確実なので、やはり「売れない」だけで簡単に切り捨てることはできないのです。I Hateのドゥーム作品は、正統派ドゥーム・メタラーにしてみればドレもハズレのないようなものばかりですから、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

こちらはHOUR OF 13をはじめ、多くのバンド/プロジェクトでその才能を発揮するChad Davis氏による新プロジェクトの4曲入りCDで、全パートを彼が担当しています。4th~5thアルバムのヴァイキング・メタル期BATHORYと、NEMESIS~CANDLEMASSなどを念頭に置いたドゥームのようですが、個人的にはさほど北欧の重苦しい美しさは感じられません。しかしエピック感はたまらないくらい素晴らしい!!これでPhilip Swanson氏が歌ったらかなりHOUR OF 13の1stっぽくなりそうなので、そうなるとやはりCANDLEMASS型のエピック・ドゥームということになります。ラストのSadomatic Ritesは、そうです、BEHERITのカバー!!これも最高のエピック・ドゥーム・ナンバーに仕上がっています。



dawnofwinter-inthe.jpg



・DAWN OF WINTER - In the Valley of Tears DIGIPACK 2CD 税込1,944円 (I Hate)

こちらはI Hate Recordsから再発されたジャーマン・ドゥーム・メタル・バンドの1998年発表1stアルバムにボーナス・ディスクも付いた2枚組CDです。1stアルバムはIron Glory RecordsからLPとCDでリリースされたオリジナル盤以降、これまで1度も再発されてなく、ダイハード・ドゥーム・メタラーにはそこそこ需要も多かった名作です。


CD 1
01-10 : In the Valley of Tears ALBUM 1998

CD 2
01-04 : "The Skull Of The Sorcerer" EP 2012
05-07 : "Slow Is The Suffering" EP 2001
08-11 : "In Servitude To Destiny" Demo 1996


SAINT VITUSやPENTAGRAMなどのアメリカン・ドゥームのソウルフルな泥臭さと、ちょっとQUEENSRYCHE影響下のUSプログレッシブ・メタルみたいな冷たさにも聴こえてくるVo.からは、荘厳な欧州産ドゥームよりも、90'sドゥーム・メタル・リバイバルを支えた伝説のレーベル Hellhound Recordsバンドを思わせますが、ディスク2に収録の1996年デモ音源は、これぞヨーロピアン・ドゥーム!な絶望系エピック・ダークネスが強くて、これまたグッときます!!



terminal-zadnji.jpg



・TERMINAL - Zadnji Izlet 12" 税込2,160円 (Electric Assault)

ENFORCERのベーシスト Tobias Lindqvist氏による驚愕の完全80年代共産圏鋼鉄型独りプロジェクト TERMINALの3rd EPが、初の12"サイズでリリース。今回も母国スウェーデンからカセットと、このNYのElectric Assaultからの12"ヴィニールの、アナログ・フォーマット2種で発売されましたが、やはりまたしても両バージョン即完売!!MIDNIGHTのShox of Violence MLPみたいな(と言うか昔の12"シングルなんだけど)盤を直入れするスリーブで、軽度のジャケット角打シワがありますが、再入荷はありませんので、ファンの方々は逃さず確保してください。今回は内容もオドロキです!!

ENFORCER以外にも、MOTORHEADishなCC COMPANY, THIN LIZZYど真ん中すぎてちょっといやらしいDEAD LORD, あともう覚えてる人も少ないだろうけどMERCILESSやHYPNOSIAなどの暴走スウェディッシュ・デスラッシュの伝統を継承したデモが最強キラーだったCORRUPTなど、様々なスタイルでこれまでもファンをうならせてきたTobias氏のへヴィメタル・マニアックぶりを爆発させた、恐るべきプロジェクトです。現代の熱さやガッツとは断じて異質の憂いを帯びながら疾走するクサレ・スピード・メタル。だったんですが、今回は2曲とも完全なエピック・メタル!!いや、もはや80'sメタル流バラードと言うべきほどのメランコリック・スロウ・ナンバー2曲です。しかし、Tobias Lindqvist氏のVo.はもちろんスロヴェニア語Vo.で、イタリアあたりの南欧エピック・メタルの情熱的なシケっぷりとは違う、鉄のカーテンの向こう側の、80年代東欧特有のあの冷徹な郷愁が全開で切なすぎます。あと今回のもう一つのポイントは、B面ナンバー Epilogを、ANTICHRIST(もちろんスウェディッシュ・スラッシュ・メタルの方)やEVISCERATEDのギタリストのGabriel Forslund氏が作曲してるという点。こちらもやはりバラード調のスロウ・ナンバーですが、プログレッシブな展開でよりドラマチックな激しさも途中あって、ちょっとQUICKSAND DREAMみたいなエピック・メタルも彷彿させるド渋さです。しかもこのGabriel Forslund君、1990年生まれの27歳だってよ・・・。信じられん、おかしいでしょう!!でもアッパレだ!!!仮りにサバ読みでもデッチ上げでもなんでもいいから、とにかく必聴です!!!


Weird Truth Production new releases


imindain-theenemy.jpg



・IMINDAIN - The Enemy Of Fetters And The Dweller In The Woods CD 税込1,296円 (Weird Truth prod.)

UKドゥーム・メタル IMINDAINの4曲入りCDがWeird Truth prod.からリリース。ちょっと久しぶりですので忘れてた人も居るかと思いますが、ストーク・オン・トレント出身で、CRUCIAMENTUMメンバーも在籍していあます。INDESINENCEとGRAVE MIASMAとか、ESOTERICとBINAH, GSOLSTICEとCRAVEN IDOLなど、UKデス・メタル・シーンの最前線バンド・ミュージシャンにはドゥーム・メタル・シーンでも活躍する人物はわりと居て、ハードコア・パンクもそうだけどイギリスは伝統を継承する頑固な姿勢をエクストリームなサウンドに反映させる気質が強いです。2010年型のリチュアル・アンビエントなドゥーム・ミュージックを追求するのも面白いですが、Dark DescentやMSUOなどを追ってる現行デス・メタル・ファンには、横目ででもかまわないのでこの辺のフューネラル・ドゥーム・メタル・シーンは忘れずにチェックしていてほしいです。と、実際自分も忘れかけてたIMINDAINの新作を聴いて痛感した次第であります。diSEMBOWELMENTのカバーも収録。

MOUNFUL CONGREGATIONとESOTERICを結ぶラインのフューネラル・ドゥーム・メタルが好きならば、絶対に必聴の素晴らしさです。このテの英国のバンドに共通する力強いウネリあるダイナミズムはデス・メタル級の破壊力とメランコリーを同時に兼ね備えていて、浮遊するメロディーと攻撃的なVo.のミスマッチも抜群。オープニングのピアノのメロディーで落ちてしまった絶望系ドゥーム・ファンも大満足であろう号泣重厚作品です。



funeralium-ofthoses.jpg



・FUNERALIUM - Of Throes and Blight 2CD 税込2,160円 (Weird Truth prod.)

ATARAXIEメンバーや、Me Saco Un Ojo / Dark DescentからリリースのあったABJVRATIONのドラマーも在籍するフレンチ・デス・ドゥーム・メタルの2017年発表3rdアルバムです。今回もWeird Truthからのリリースで、そしてまた前作同様2枚組という、拷問重遅地獄作品となっています!!

ABJVRATIONにも感じられた、ENCOFFINATIONの遅苦しさと、Southern Lord系スラッジ・ドゥームの圧殺をミックスして、フレンチ・エクストリーム・メタル特有の前衛的退廃感もかすかににじませたような、前作路線をさらに突き詰めた地獄のフューネラル・ドゥーム・メタル作品です。CATHEDRALやTROUBLEみたいなドゥーム・メタルの古典的ハーモニーや、ILL OMENのような荘厳さ、さらにはスーサイダル・ドゥームな様相も呈して、ドゥーム・メタル今昔ないろんなパターンを組み込みつつ、土台となる窒息しそうなスロウネスはさらに磨きがかかった、ダイハード・ドゥーマーは必聴&Dieなウルトラ・ピュア・ドゥーム壮絶作!!ATARAXIE関連バンドは地味なイメージがありましたが、この作品はサイコパス・エクストリーム・メタル・ファンもかなり魅了することでしょう。

SLEEP - The Clarity New Edition


sleep-clarity-orange.jpg



・SLEEP - The Clarity ONE-SIDED 12" ORANGE VINYL / WHITE VINYL 各税込3,240円 (Southern Lord)

もはや伝説的存在とも言えるUSカリフォルニア・オークランド出身ドゥーム・メタル・バンド SLEEPが、2014年に自主製作で遂に正真正銘の新作をリリースして世界中のドゥーム・ファンをパニックに陥れた1曲入り片面EPが、初回盤発表から3年近くも経ちましたがようやく再プレスされました!!今回は自主盤発売の際に流通を担当したSouthern Lordが製作も担当していますので、自主盤の時のような即完売にはならないでしょうが、自主盤としっかりバージョンを変えてありますので、ファンは油断せずコツコツ買い集めましょう。ブラック/ホワイト/オレンジの3種ヴィニールでの片面プレスで、B面はエッジング加工されています。収納しているクリア・プラスチック・スリーブにロゴとタイトルがプリントされていて、スリーブのフタを丸いハイプ・ステッカーで留めてあります。。今回はホワイト・ビニールとオレンジ・ビニールの2種入荷しました。

ドゥーム・クラスト・バンド ASBESTOS DEATHを母体として、91年に1stアルバム Volume One, 92年に2ndアルバム Holy Mountainを発表。98年に解散して、ギターVo.のMatt PikeがHIGH ON FIREを結成、ベースのAl CisnerosとドラムのChris HakiusはOMを始めて、10年以上SLEEPは活動を停止していました。その間、お蔵入りとなっていた96年録音1曲入りアルバム Jerusalemがオフィシャル・ブートで先攻発売されるなどの紆余曲折を経てリリース。さらに、Jerusalemのオリジナル・ロング・バージョンに未発表曲もプラスしたDopesmokerが2003年にリリースされて、解散後もなおそのカリスマ性は増す一方でした。そして2009年にNEUROSISのJason Roederをドラムに迎えて再始動。このThe Clarityは、2014年の夏ごろから、SLEEPが遂に20年ぶりに新曲を書いたと、ファンの間で話題となっていた最新曲です。

淡々と進行する呪術的ドゥーム・ナンバーに抒情的なMatt Pike氏のギターソロが絡まって、私が言っても説得力ないでしょうけど、SLEEP節全開の10分弱だと思います。SLEEPの20年ぶりの新曲スタジオ音源に躊躇するSLEEPコレクターはいないと思いますが、間違いなく必聴必須です!!!


* アウター・スリーブに抜けがあるものが少しありましたので、ダメージのないものから販売致します。



sleep-clarity-ts.jpg

・SLEEP - "The Clarity" Astronaut T-SHIRT 税込2,916円 (Southern Lord)

Southern Lord製SLEEPオフィシャルTシャツも入荷!SLEEPのマーチャンダイズは前にも少し入れたら品切れ後も問い合わせが多かったので、前回逃した方はこの機会にどうぞ。HanesのComfortBlendボディで、サイズはS / M / Lの3種。



sleep-clarity-hoodie.jpg

・SLEEP - "The Clarity" Astronaut ZIP HOODED SHIRT 税込5,400円 (Southern Lord)

こちらはThe Clarity EPのエッジング・アートをバックにプリントしたジップアップ・パーカーです。Independent Trading Companyというブランドで、特におかしな作りなどもない、しっかりしたボディです。サイズはS / M / Lの3種。

Epicus Doomicus Metallicus!!


tyrantskall-glaaki.jpg



・TYRANTSKALL - Gla'aki CD 税込1,728円 (Witches Brew)

PYOVELIやDEVIL LEE ROT, etc,スラッシュ/ブラック系を中心に、愛すべきナイス・キャラクターなクサレ・メタル・バンドをリリースする一方、SAURON, DEATHHAMMER, SALUTEなど、当店でも大好評のグレート・バンドも輩出してきた、"現代のNew Renaissance Records" とBOYでは捉えて勝手に応援しているレーベル Witches Brew Recordsからリリースされた、ベルギー産女性Vo.ブラック・ドゥーム・メタル・バンドの2015年発表2ndアルバムCDです。1stはアナログ盤で入荷してたけど、この2ndは初めて入荷しました。

ニュー・スクール系メタリック・ハードコア CONGRESSや、Relapseからの初期作品が凶裂にヘイトフルだったレーザー・グラインダーズ LENG TCH'Eのメンバーなど、ハードコア系ミュージシャンも参加してるドゥーム・メタル・バンドで、モーンフルなデス・ドゥーム, 残忍で殺伐としたブラック・ドゥーム, トラディショナルなエピック・ドゥーム, etcなど、細分化したドゥーム・メタルの各分野を切り貼りしたような曲展開が独特で惹きこまれます。しかもそれを見事にまとめ上げてるのが、ルックスも声も強烈なインパクトを放っている女性ヴォーカル。DERKETAすら思わせるs-lowドゥームが、THORR'S HAMMERのような凶暴性も備えながら、ヴィンテージなウィッチング・ドゥームもパートも導入してしまって、こうしてテキストにすると、誰でも思いつくことをホントにやっちゃったムチャクチャなバンドみたいに思われそうですが、確かにムチャクチャだけどこれが最高!!ドゥームと名のつくメタルが好きな人は絶対に1度体験してほしいバンドです。



solstice-deathscrown.jpg



・SOLSTICE (UK) - Death's Crown is Victory CD 税込1,620円 (Dark Descent)

日本のヘッド・バンガーズにも崇拝者の多いUKエピック・ドゥーム・へヴィメタル・バンド SOLSTICEの2013年発表ミニ・アルバムが、US盤CDもようやくリリース、しかもなんとDark Descentから!!しかし本作のUK盤CDを出していたInto The VoidはInvictus prod.などと密接なので、充分に考えられます。2014年デモも1曲追加した5曲入りとなっています。

クラスティーズ, メタル・クラスト・ファン, ノイズコア・グラインダーズなどに熱烈に支持されるLate 80's UKハードコア・パンク SORE THROATの中心人物だったRich Walker氏が、SORE THROAT解散後すぐに始動させたへヴィメタル・バンドです。ISEN TORRやPAGAN ALTAR等、彼が関わった他のへヴィメタル・バンドにも共通する、所謂エピック・メタルなスタイルだけど、凡百のエピック・メタルとはまるで違う感触で、それ故に熱狂的に全面支持する信者がいる反面、正直これはちょっと苦手・・・という声も、ハードコア要素も求められる傾向が強い当店では少なからず聞かれます。癒されるような優しいメロディーではなくて、英国やヨーロッパの民謡を土台にしたような土着的な哀愁を歌い上げるVo.と、それを強固に支える演奏との融合が完璧すぎるまでに男臭いのです。楽曲は、SOLITUDE AETURNUSに代表されるCANDLEMASS系統の重厚で荘厳なタイプに通じるかと思いますが、ドゥーム・メタルの特徴の一つである退廃的や鬱などといったネガティブな要素はなく、戦いに挑む英国戦士の勇壮さを掻き立てるような力強いメロディーは、個人的に以前から思っていたのですが、MEADS OF ASPHODEL / GUNSLENGERのAlan Davey氏や、AMEBIXのRob "The Barron" Miller氏などと並んで、メタル/パンク・ミュ―ジックに英国トラッドなスピリッツを導入しているアーチストと同じ志向を感じてしまいます。

へヴィメタルが大好きな方でも苦手な人もいれば、SORE THROAT云々抜きにSOLSTICEに初めて触れて、「これは素晴らしいですね!」と虜になるハードコア・パンク・ファンの方もいらっしゃいます。純然たる大英帝国産鋼鉄だけど、このEPはファンには非常に評価の高い作品ですので、音楽をピュアに探求したい人はぜひこの機会に1度体験してほしいです。



magiccircle-journey.jpg



・MAGIC CIRCLE - Journey Blind LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (20 Buck Spin)

MIND ERASERやBOSTON STRANGLERなどで現行ボストン・ハードコア・パンク・シーン最前線を長年引っ張るJustin DeTore氏を始め、ボストンのパンク・シーンで活躍する実力派ミュージシャンが結成した本格派エピック・ドゥーム・メタル・バンドとして大いに話題を呼び、そしてダイハードな正統派メタル・バンガーズをもうならせたMAGIC CIRCLEの2015年2ndアルバムです。20 Buck Spinは相変わらずやりにくいので、遅ればせながら当店にもようやく入荷しました。

絶望を激情的に表現したようなパワフルでエモーショナルなバッキングと、オジーとメサイア・マーコリンの融合と絶賛され、音源リリース以前から久々の逸材Vo.と評判になっていたVo.は相変わらず素晴らしく、今回もパンク・バンドが本業のミュージシャンとは到底思えない完璧な仕上がりです。しかし曲調には前作からちょっと変化も感じられて、以前はWITCHFINDER GENERALの丸パクリみたいなパートもほほえましかったのですが、本作ではより泥臭さの強いドゥーム・メタル・ナンバーが印象的です。合衆国産エピック・メタルの伝統的手法と、初期TROUBLE的な鋼鉄サウンドのミックスのような雰囲気から、エモーショナルなコシの強いグルーヴはWinoやVictor Griffin関連バンドの影響も思わせますし、そして疾走感はTROUBLEと言うよりもBIBLE OF THE DEVILなどの現行アメリカン・ハードロック・メタルのようなドライブ感にも近い気がします。しかしVo.のBrendan Radigan氏はやっぱり極上級ウェットな熱唱スタイルで、彼の歌声がエピックなムードを盛り上げています。メンバー被ってるSTONE DAGGERと並んで、ある意味メタルパンクなアメリカン・エピック・ハードロック最高峰バンドです!!



supertimor-double.jpg

・SUPER TIMOR - Double Impact 2LP 税込2,484円 (La Gueule Du Ciel)

既に解散しているフランスのスラッジコア・ドゥーム・バンドの2枚組LP。非常に情報の少ないリリースなのですが、2008年にレコーディングされていた音源をヴィニール化したもののようです。フランスのバンドらしい前衛さも漂うオルタナ・ドゥーム・スラッジ!!

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR