RECORD BOY

SHITFUCKER - Sex with Dead Body


shitfucker-sexwithdeadbody-lp.jpg



・SHITFUCKER - Sex with Dead Body LP 税込3,300円 / CD 税込1,980円 / TAPE 税込1,320円 (Hells Headbangers)

毎度お騒がせしておりますデトロイト・メタルパンクス SHITFUCKERの2ndアルバムがHells Headbangersからリリース。今回も既にこのジャケットと、これ以上に汚くて酷い写真満載のゲートフォルド・スリーブ内側とポスターが早速物議を呼んでいまして、こんなご時世でも手抜きなくお仕事されてる川崎の某の目に留まりはしないかと届くまでヒヤヒヤでしたが、無事キレイな状態で、この史上最悪きったねーメタルパンク・アルバム、入荷できました!!アナログ盤は限定500枚クリア・スプラッター盤での入荷です。

これまで通り、ジャパニーズ・メタルコアを基礎にしたスカム・バイオレンス・サウンドに大きな変化はありません。ハードコア・パンク、クラスト、スピード・メタル、ブラック・メタルをミックスしたようなスタイルはヴィジュアル並みに凶劣ではありますが、ちょっとブルージーなコブシを効かせたりしてるのを聴いて気付いたのは、ANTISEENほどカントリー&ブルースの根っこをさらけ出したものではもちろんないんだけど、やはりアメリカ人ならではのスカム感覚が根底にあるんだなー、とも思いました。しかしこのご時世によくやりますね。。。大丈夫なんでしょうか?まぁとにかく、No More Censorship Scum Violence大爆発の問題作です!!

Metal Hard!!Punk Free!!


obnoxiousyouth-mouths.jpg



・OBNOXIOUS YOUTH - Mouths Sewn Shut MLP 税込2,420円 (Svart)

前作2ndアルバム Disturbing The GravesがToo Circle RecordsからCDもリリースされて、日本でも現行北欧パンク/ハードコアを熱心にフォローしているマニアには評価の高いOBNOXIOUS YOUTHの新作6曲入りMLPがSvart Recordsからリリース。WINTERの2枚組LPと一緒に到着してたのですが、SNSで前フリした時点で反響もそこそこあり、それと最近は他の入荷品も最近多かったので、こちらはオンライン販売開始までじっくり時間もらって聴きこみました。さもカラー盤が存在するかのように、"black vinyl"のステッカーが貼ってありますが、黒盤のみのプレスの限定500枚リリースです。

メタリック・スラッシュじゃないピュア・クロスオーバーなハードロッキン・パンクコアという基本路線に変わりありません。それ故に、スラッシュとひとくくりにされた80年代のパンクとメタル全般、そしてそれ以前のR&Rという現代に至る流れをおおまかでも知ってないと、なかなか単純には楽しめない音楽かとも思います。いきなヴィンテージ・ロック風味エピックなオープニングで幕を開け、70年代風ハードロッキン・フレーズが随所にピロピロ顔をのぞかせながら、スピードコアの猛速スラッシュで目まぐるしく展開させたようなサウンドは、ADRENALIN O.D., GANG GREEN, C.O.C., ACCUSED, POISON IDEAといったハードロッキン・フレーバーUSHCの代表的なバンドなどよりも、RKL, JERRY'S KIDS (1stだけじゃなく2nd風味もある), OUTPATIENTS, CHINA WHITEといった一癖あるバンドのような渋さを感じさせます。過去作よりも聴けば聴くほどハマってくる、今回も超オススメ・グレート・ヘヴィメタル・パンク傑作です!!



initiated-world.jpg



・INITIATED - World on Fire CD 税込1,650円 (Svart)

HOODED MENACEシンガーでRIDE FOR REVENGEドラマーでもあるHarri Kuokkanen氏がヴォーカル、現FORESEENでex. SPEEDTRAP / ex. RANGERのJaakko Hietakangas氏がギター、ドラムもFORESEENのMarten Gustafsson氏のフィンランド・ヘルシンキ出身ヘヴィ・ドゥーム・パンク・メタル・バンドの2016年1stアルバムCD。未チェックでしたが、なかなか興味深いラインナップで結成されたバンドですので、入れてみました。

サバス的なスロウネスじゃないけど、ドゥーム・テイストの強いヘヴィなグルーヴと重厚リフが特徴のストーナー・メタルで、90年代中~後期のRise Above、Hellhound、Man's Ruin系バンドも思い起こさせる懐かしい雰囲気です。ロウなドラミングはガレージ・パンク感も強く、垢抜けないアングラ感があるのもナイス。そして最大の特徴は、恐らくバンマスであろうHarri Kuokkanen氏のヴォーカルで、かなりGlenn Danzig意識のElvisコブシを効かせまくってます。雰囲気としては、RISE AND SHINEとかのNight Tripper Recs系のスウェディッシュ・ストーナー・メタルに近い気がします。Danzigウォーシップ・パンク・メタルということで、初期Speedwolfなどのファンもぜひチェックを!!



secondsun-autonomic.jpg



・SECOND SUN - Autonomic Pilot 7" 税込1,320円 (Electric Assault)

TRIBULATIONドラマーのJakob Ljungberg氏がギター&Vo兼任で率いるスウェーデンのフォーク/スペース・ロック・バンドの2018年2曲入り7"EP。ヴィンテージ・ロックからD-Beatパンクやエクストリーム・メタルまで、興味深い作品を各種リリースするElectric Assault Recordsからの限定300枚リリースです。

サイケデリックに深化するTRIBULATIONメンバーの中でも、Jakob氏はベルボトムで口ひげの、いちばんサバスとかPENTAGRAMっぽいルックスのあの人です。サウンドも、Jakob氏のルックスと現在のTRIBULATIONの深化をダブらせて考察できるファンならば、間違いなく楽しめる内容のヴィンテージ・ロック。とは言っても、このテは全くの門外漢なので知ってるバンド名を羅列してなんとかイメージしてもらうしかないのですが、現行バンドならば、WITCHCRAFT, NOCTUM, GRAVEYARDなどのスウェディッシュ・ドゥーム・ハード・ロックと共通するタイプでしょうか。B面の曲は、BADDAT FOR TRUBBELというスウェーデンの現行パンク・バンドのカバーのようですが、これまた渋いですね。



satanssatyrs-wild.jpg



・SATAN'S SATYRS - Wild Beyond Belief! ORIGINAL MIX CD 税込1,980円 (At War with False Noise)

オリジナル・ミックス盤CDデッドストック?入荷!!!

USヴァージニアのパンクメタル、サタンズ・サテュロスの8曲入り1stアルバムCDのオリジナル盤は、UK/ユーロ盤LPをリリースしてたAt War with False NoiseとUSのBlack Shit Noiseの共同による限定1000枚プレスで、ジャケはUS盤アナログ仕様の赤ジャケで再現されていました。UKのBad Omen Recordsからの再発盤は大胆にリミックスしてありますので、バフバフにノイジーなオリジナル・ミックスが聴けるCDはこれだけです。未体験の人はぜひこの機会に聴いて下さい!!

2010年の1st EP Lucifer Lives!が衝撃的なまでにカッコよぎたので、この1stアルバムは聴いてみるまで期待と不安でいっぱいでしたが、やっぱり激烈にカッコいいーーー!!!EPの時と同じく、やっぱりVENOM!!かなりVENOM!!!しかし完全にVENOM!という一歩手前の激渋さがEPの時と違ってまして、BLACK FLAGの神経衰弱フレーズ, まるでStay CleanなMOTORHEADパーツ, BLACK SABBATHのオカルティック・サイケ・ドゥームなどを、曲調によって使い分け完璧なバランスでミックスして、ファズ・ギターで大爆発させています。これらのレジェンド・バンドを、よくぞここまで同一線上で表現できたものです。ありそうでなかったタイプ、とよく言ったりしますが、このSATAN'S SATYRSの1stアルバムこそ、まさしくその素晴らしい成功例ではないでしょうか。BLACK FLAGがBLACK SABBATHのパブリック・イメージに惑わされずサバスの真の狂気を感じとってインスパイアされていたことや、「VENOMはBLACK FLAGの痛烈なヴァイオレンスも強く匂うし、古典的サバスを猛スピードで回転させたとも言える」と見事に指摘した、Lords of Chaos~ブラックメタルの血塗られた歴史~著者の的確すぎる発言なども、この作品を聴くことによって、再確認できてしまうはずです。もちろん、USHCの狂気を内包したVENOM影響下パンク・メタルということで、NMEファンも絶対に必聴。オープニング・ナンバー Sadist 69の、極悪VENOMousエネミー・ロウ・パンクメタル・ナンバーがスタートした瞬間に、EP聴いてノックアウトされた人は間違いなく地獄に落とされることでしょう!!とにかく、アシッドでヴァイレンスでブラックなロウネスが並みじゃない極悪っぷりで文句なし!!!



midnight-rebirth-lp.jpg



・MIDNIGHT - Rebirth by Blasphemy LP GREY MARBLED VINYL 税込2,970円 / DIGIPACK CD 税込2,200円 (Metal Blade)

ご存じUSクリーブランド・ブラック・スピード・メタル MIDNIGHTの、Metal Bladeに移籍して発表した2019年新作アルバム。契約が切れたHells Headbangers作品もキレイサッパリ全種廃盤にして、Athenar氏の人生も遂に勝負に出てきたような感もある、まさにMIDNIGHTの本当の意味でのターニングポイントといえる作品です。今回はヨーロッパ仕様の入荷で、アナログ盤はグレイ・マーブル・ビニール、CDはデジパックです。

過去作もレーベル移籍1発目はそれまでのMIDNIGHTにはなかった魅力を引き出した作風にして並々ならぬ意欲を感じさせていましたが、今回はさらに大きなメタル・マーケットへと殴り込んでいるわけですから、今までとはかなり感触の違う音になっています。まぁ平たく言えばメジャーの音なんですが、曲調は大きくは変えずに、現代のメタル・ヤングにも取っつきやすいドライブ感とキャッチーさで聴かせています。



wraith-absolute.jpg



・WRAITH - Absolute Power CD 税込1,650円 (Thrashing Cult)

先頃入荷したPARASITE他、ABIGAILやBIRTH RITUALなどのジャパニーズ・バンド作品でもおなじみの中国Thrashing CultからリリースされたUSインディアナ州出身スピード・メタル/メタルパンク・バンドの2019年発表アルバムCD。

MIDNIGHTやTOXIC HOLOCAUSTから影響されまくったであろう、初期METALLICAとVENOMのミックスのようなロッキン・イーヴィル・スラッシュ・パンキー・メタル!!



beersoldiers-alcoholic.jpg



・BEER SOLDIERS - Alcoholic Roars of Total Destruction CD 税込1,980円 (Rotten Leather prod.)

Dystopian DogsからATOMIC ROARとのSplit 7"が出ていたALCOHOLIC FORCEメンバー絡みのコロンビア・スピード・メタル・バンドの2018年1stアルバムCD。PYOVELIやPURGATORなどのリリースでちょっとセンスの良さも感じさせるRotten Leather prod.から。

パンキーなイーヴィル・スピード・メタルという、さすがに食傷気味のスタイルですが、このバンドはギターの音が素晴らしい!!初期SODOMやDESTRUCTION、90年代以降だとVOMITORなどのあの感触に近く、ド下手でリズムをキープできないドラムはSODOMっぽいけど、曲はDESTRUCTIONを非常につまんなくダサくしたようなタイプです。このRotten Leather prod.はなかなかいいですね。ポンコツ好きも、ジャーマン・スラッシュ好きも、メタルパンク好きも、全員まとめて、八つ裂き!!

Metal Thrashing Mad Punx!!



**3月29日(日)は臨時休業となりますので、ご来店でご精算のお客様はご注意下さい。


concretesox-sewercide.jpg



・CONCRETE SOX - Sewerside CD 税込1,980円 (Black Konflik)

UKクラスト・メタルコア・パンク・スラッシュ・バンドの1989年発表3rdアルバムが、マレーシアBlack Konflik Recordsから遂に初CD化再発!!これまで1度も再発されなかった作品をまたしてもBlack Konflikがすっぱ抜いてくれたわけですが、UKHC業界人の間では、これはこの先ひと悶着あるのでは?との噂が早速広まっています。Boss Tuneageが1stと2ndを再発した時にもこの3rdの再発の噂は全く出なかったけど、そもそも考えてみれば本作は発表当時からUSライセンス盤も存在しませんでした。このLPをリリースしたBig Kissというレーベルは、実はFLUX OF PINK INDIANSメンバーが運営していたらしくて(確かに言われてみればレーベル・ロゴがそれっぽい)、過去に再発を試みた者がどれだけ居たか知りませんが、非常に困難なライセンス料を要求してくる、という話を先日耳にしました。Black KonflikもCONCRETE SOXもいざと言う時の打つ手ゼロで臨んだ再発ではないでしょうけど、十中八九メンバー・ライセンスであろうこの再発、逃して後悔しないようにしましょう。限定300枚です!!

UKHCパンクスらしさ全開のメタルコア・スラッシュながら、ENGLISH DOGS, SACRILEGE, ONSLAUGHTなどとまるで違う感触が特徴のクロスオーバー・バンドです。音楽的核だったギタリストのVic氏と、HERESYシンガーJohnのドラムが素晴らしかった1stアルバムは、LEGION OF PARASITESなどにも通じる粗さ満点のかっこよさ。2ndはクセの強いSean氏がVo.で加入して、よりパンキーなメタルコア・クロスオーバー感が増し、この3rdではギタリストも変わり、2ndアルバムの路線を推し進めています。しかしUSクロスオーバーとは完全に異質のメタリックなタッチは相変わらずで、UK Thrash AssaultとかのC.M.F.T. Records系マイナー・メタル・スラッシュ好きにもぜひチェックしてほしいクラスト・スラッシュです!!



bonehunter-devilmetal.jpg



・BONEHUNTER - Devil Metal Force CD 税込1,980円

少量入荷!!!

日本のファンにもすっかりおなじみのフィンランド・メタルパンクス BONEHUNTERの2019年ジャパン・ツアーCD限定200枚!!


1. Devil Power Soldier
2. Nightmare Angel 2099
3. Turn Up the Evil
4. O.M.E.K.O.
5. Friday Nightmare (Sacrifice cover)


BLACK UNIFORMS - Straight Edge My Ass CD


blackuniforms-straightedge-cd.jpg

・BLACK UNIFORMS - Straight Edge My Ass CD 税込1,650円 (Black Konflik)

地獄の再発シリーズの様相を呈してきたBLACK UNIFORMSリイシュー第3弾は、活動末期にカセットでリリースしたコンピレーション・アルバムのCD化再発!!!

もともとが、Faces Of Death 1stアルバム以前に発表したBack from the GraveデモとHorror Holocaustデモの2種をまとめて新曲をプラスしたモノだったので、先に再発されたSplatter Punx on Acidコンピレーション・アルバムと大多数の曲が被ってますが、ボーナストラックの音源は初CD化かな?もはや当人のCliff Lundberg氏も完璧に把握しきれてないのか、タイトルと録音データ以外の詳細は載ってないので丸2日間調べたけど、結局ボートラの詳細は解明しきれませんでした。とりあえず聴いてわかったのは、Be A Manという曲はSEX PISTOLSのBelsen Was A Gasカバーで、ラストもDISCHARGEカバー。他の曲もなんか聴いたことある気がするんだけど、思い出せません。中でもInvocationって曲はかなりサタニック・デスラッシュ・メタル風味で、なんだかBATHORYみたいでカッコいい!!こういうところはBLACK UNIFORMS聴いてて楽しい点の一つであります。でもどっかで聴いたことある気がする曲だなぁ。

本編部分は音質が素晴らしくて、オリジナルのカセットを持ってる人もこのCDでガンガン楽しめることでしょうし、まぁもうBLACK UNIFORMSをコレクションしてたら、後々こういうのが欠けてると非常に気分悪いので、高いモンじゃないですし、四の五の言わずに買いましょう。サンプルのyoutube貼っちゃうと、そういう音質だと思われかねないので、今回は貼りません。


Tracklist :
1- Vi Fulla (1986)
2. Do U Conform (1986)
3. Fuckoffanddie (1986)
4. Never surrender (1986)
5. Freddy (1986)
6. Smell Of Death (1987)
7. Teenage Waste (1987)
8. Suck My Cock (1987)
9. Computer World (1987)
10. Sacrifice (1987)
11. Acid Punk (Live,1989)
12. A Good Cop (Live,1989)
13. Cannibal Carnage (1990)
14. Ticket To G-Town (1990)
15. CB's on The Loose (Live,1990)

Extra Track
16. Invocation (1987)
17. CB's on The Loose (1988)
18. Invocation (1988)
19. Be a Man (Live,1989)
20. Protest & Survie (Live,1989)


MODERAT LIKVIDATIONのベーシストだったCliff Lundberg氏と、同じくMODERAT LIKVIDATIONシンガーのWisemark氏が中心となり結成したスウェーデン・マルメ出身のメタリック・ハードコア・パンク・バンドです。Cliff氏は当初ドラムを担当していて、その編成で録音した1stデモはまださほどメタルエッジは強調していませんでしたが、2ndデモからブラック・スラッシュ・メタル VIRGIN SINの故Andy Rydell氏がギターで加入して一気にメタルコア・パンクの魅力が増しました。その後、Andy氏が抜けてCliff氏がギターとなってもその進化は留まることなく、むしろ完成されて、1989年の名作 Faces Of Deathに至る、という感じです。このへんのヒストリーはEL ZINEでより詳しく書いてますので、そちらをぜひお読みください。まぁでも、そのネタは全てSplatter Punx On Acidコンピレーション・アルバム・オリジナル盤に載ってたライナーノートなんですけどね。

ANTI-CIMEXのAbsolut Country of Sweden LP再発盤入荷時にも言ったけど、このバンドは今では考えられないくらいに当時の日本では不評で、関東ローカルに限定した印象では、ENGLISH DOGSのForwad Into Battleと並んで、東京ハードコア・パンク・バンド諸先輩方はガッカリしたり最初から相手にしてなかったようなバンドでした。「BLACK UNIFORMSが好きだ」っていう話は、CFDL, SDS, あとZOEのメンバーさんくらいからしか昔は聞こえてこなかったように記憶しています。でも個人的には、BOYプロデュース・ライダース・ジャケット(通称デストラクジャン)のモデルになったPetroffブランドのライダース・ジャケットを、Splatter Punx on Acid comp.アルバムのジャケとインナーで細部まで飛躍的に確認することができて大興奮だったし、何よりもこのビッグヘアー・パンクス・ルッキングと、スラッシュ・メタルにほとんど影響されてないメタルコア・パンク・サウンドには、日本のDEATH SIDEに通じるものを感じて魅了されました。

Michigan Rocks!!


shroud-distort.jpg



・SHROUD - Distort Order EP 7" 税込1,100円 (Sangreal)

デトロイトのメタル・パンク・レーベル Sangreal Recordsからリリースされた地元のハードコア・パンク・バンドの5曲入り7"EP。情報が少ないリリースなのですが、当店で馴染みのメタルパンク・ミュージシャンがらみということも特になさそうな、ミシガン・ローカルなバンドのデビューEPです。

サウンドもメタルパンク・テイストのないUSHCパンク・スラッシュですが、日本のハードコア・パンクの影響はありそうで、9 SHOCKS TERRORなどのファンにオススメ。と言っても、もう覚えてる人も少ないかな。ポスター・スリーブで、COLORED RICE MENみたいなアートや日本語タイトルも載ってるので、やはり日本ハードコア好きかもです。



dungeonbeast-vault.jpg



・DUNGEON BEAST - Vault of Delirium CD 税込1,650円 (Dystopian Dogs)

BORROWED TIMEギタリストのMatt Preston氏を中心に、DEMON BITCH, WHITE MAGICIAN, PRELUDE TO RUIN, THE SWILL, WASTELANDER, HANRBINGER, ISENBLAST, JOINT CUSTODY, WANDERER OF THE WASTE, etc,,, 要するに当店でフォローしてきたミシガン・ヘヴィメタル・ミュージシャンの多くが参加してきたバンドのディスコグラフィーCDが、ミシガン・メタル・シーンの顔役、SAURONギタリストのVictor氏のレーベル Dystopian Dogsからリリース。

本当はHELVETETS PORTのような北欧などの正統派butクサレたメタルの素晴らしい現行バンドも余裕があればもっとちゃんとフォローしたいんだけど、なかなか時間と予算がなくて出来ないのが現状ですが、当店が追いかけているミシガン/デトロイトのシーンは規模は小さいようなので、スラッシュ/ブラック/メタルパンクを追っかけてても、BORROWED TIME, DEMON BITCH, WHITE MAGICIANなどのように極上のクサレ・エピックな正統派メタルにたどり着くところが面白いところです。このバンドもまさにそのタイプで、これはWHITE MAGICIANに続いて面白いの見つけたぞ!と嬉しくなったのですが、既に解散しちゃってリリースされたのがこのコンピレーション・アルバムとのことです。残念!


Tracks 1-4 : "The Fool" DEMO (2018年)
Tracks 5-7 : "Hell's Eyes" DEMO (2014年)
Tracks 8-10 "Noxious Consecration" DEMO (2012年)


まず、のっけからBROCAS HELMばりのフレーズを聴かせるMatt Preston氏のエピック・ギターが全編に炸裂してて素晴らしい。1曲目は出だしがいいけどVoはかなり危なっかしいなぁ、4曲目はなんだかヨレヨレのHOUR OF 13みたいだなぁ、なんて思って聴いてたんですが、1曲目はWASTELANDERやHARBINGERなどのシンガーのMatt Watrous氏が歌ってるようなので、ちょっとこのDUNGEON BEASTの本格派シケシケ・エピックなスタイルはフィットしないのは仕方ないかな。4曲目は実際HOUR OF 13のPhil Swanson氏がゲストVo.やってました。このCDは前半が後期音源で、進行するにしたがって初期にさかのぼるような構成なんだけど、CD後半の初期音源の方がまとまりがいいと思います。シンガーに恵まれず終了したのでしょうか。しかし、Matt Preston氏のシケた哀愁フレーズは本当に素晴らしいので、BORROWED TIME, DEMON BITCH, WHITE MAGICIANなどのファンは必聴でお願いします!!

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR