RECORD BOY

Crust Metal!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかった商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



hellkrusher-wasteland.jpg



・HELLKRUSHER - Wasteland LP + CD 税込2,160円 / CD 税込1,944円 (Boss Tuneage)

再入荷!予想外のアナログ盤大ヒットにつき再入荷しましたが、今回は限定300枚なので、日本で流通をしているWaterslide Recordsさんの取り扱い枚数もこれで一旦終了となるようです。今回売り切れましたらLPは次回入荷の予定はありませんので、おはやめにどうぞ。

カルト・マイナー・メタル・ファンに人気のUKスラッシュ・メタル・レーベル R.K.T.作品の中でも発見難易度の高い作品でありながら、日本のクラスト・パンク・ファンには非常に人気の低いUKクラストコア・パンク不運の名作 HELLKRUSHERの1990年発表1stアルバムが、オリジナル・リリースから25年以上の歳月を経て遂にアナログ盤再発。いきなりRACER Xばりの早弾きギターのイントロで幕を開けメタルヘッズのドギモを抜いた後は、ブリブリに黒いメタルコア・リフで突進する、UKHCプライド全開のアナザー・クラスト・パンク・スラッシュ・クラシック!!

と、久しぶりにワタクシ大倉が紹介コメントを任されたHELLKRUSHERの1stアルバム再発LPです。厳密には、Boss TuneageによるUKHCクロスオーバー・スラッシュ再発シリーズ Mosh Tuneageとは別の、RIPCORDやHERESYなどと同じUKHC再発シリーズになるかと思いますが、やはりこれはイギリス独特のクロスオーバー現象として語らなければならない作品だと思います。HELLKRUSHERは日本では1992年に発表した2ndアルバム Building for the Richがクラストコア・パンクスに注目を集めて認知度が上がったバンドで、その2ndは当時(と言うか今も)ほとんど存在しなかったVARUKERSウォーシップの渋いクラスト・スラッシュでしたが、その後は知名度の上昇と反比例するが如く人気は降下していき、今では7"や3rdアルバムなどは中古盤激安特価品の主のような存在になってしまいました。しかししつこいけど2ndアルバムはカッコよくて、しかも発売当時から流通が非常に悪く、入手に難儀したモノですが、さらにそれを上回る入手困難な作品としてメタル・クラスディーズの間で幻と語り継がれていたのがこの1stアルバム、と言う感じです。

その後、いろいろな情報が入ってくるようになり、この1st LPはWARFAREが後期の1991年に発表したライブ・アルバム Deathcharge LPをリリースしていたR.K.T.から出ていることがわかり、METAL DUCKの単独&Split LPと並んで、日本のクラスト・スラッシャー達の間でちょっとした人気レコードとなりました。って言っちゃっていいのかな?METAL DUCKはけっこう探してる人が多かったけど、このHELLKRUSHER 1stに関しては発見は困難でも、メタル・クラスト・ファンの極一部しか話題にしてなかったような気がします。メタル・クラスティーズに人気の高かったHELLBASTARDのScottyはHELLKRUSHER結成当初はベースで、Vo.はVinyl Solutionから発表した唯一のLPがオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアにカルトな人気を誇るENERGETIC KRUSHERのAli。その2バンドの名前から取って、HELLKRUSHERと名乗ったと聞いてますが、その2バンドの要素が一番強く表れてるのがこの1stです。曲調はONSLAUGHTの1stとは違った感じながら、初期SLAYERっぽさもある抑揚のないダーク・スラッシュをUKクラスティーにしたような感じでもあり、イントロではメタル・フレーズが炸裂しています。よく「メタル・ファンにオススメのハードコア」とか、その逆も言ったりしますが、このアルバムは別にメタル・ファンにすすめたりはしません。ただ、メタル・クラストでもスラッシュ・メタルでもない、まさにこんな感じの黒い雰囲気こそが、自分にとってはイギリスのメタル・パンク・スタイルの一つとして、とても愛着があるのです。日本流通仕様にはシールドの上に帯も付いて、同内容のCDもセットにした限定300枚でのリリースです!!



carcinogen-kure-lp.jpg



・CARCINOGEN - Kure LP 税込2,700円 (Dirty / Cop)

無事届いたぜ!!良かった・・・。DYSTOPIAのDinoがやってたデス・メタル・バンド唯一の音源のデモがLP化!!という事で、これは面白そうだと思い、誘導されるがままに去年の12月にホイホイと送金してからは音沙汰がなくなり、心配になってきたのでこのLPについていろいろ調べたら、メールをやりとりした相手と違う名前にたどり着きまして(どうやら別人ではなく偽名でメールしてきたくさい)、一瞬にして凍りついてしまったドキドキ・リリースです。その名前は、フランスのオリバー、、、。日本でも90年代のパワーバイオレンス/クラスト・レーベルに携わったオジサン達ならピンとくる名前でしょう。その昔、当店もまんまといっぱい食わされたことのある初期パワーバイオレンス/クラストコア・カルト・レーベルですが、明言は避けときます。MULE SKINNERとか、かなり渋いグラインドコアだったなー。

で、このリリースをオファーしてきた時から「セミ・オフィシャルだ」なんて言ってきて、こりゃ完全にブートだろうな、と思ってましたが、インナーを見るとセミ・オフィシャルと言って食い下がる資格はちゃんとあるリリースだということがわかりました。このデモのオリジナルはDinoのレーベルのLife Is Abuseから1992年にカセットでリリースされていて、オリバーとDinoは当時この音源のLP化を試みてたみたいです。Dinoからオリバーに宛てた手紙がインナーに掲載されています。あと、DYSTOPIAのギターで、昨年デッドストックCDが入荷したCONFRONTATIONもやってた、Misanthropic RecordsオーナーのToddも絡んで、Sludge Records(結局レーベル名言ってしまいました)はこのCARCINOGENのみならず、CONFRONTATIONのリリースも目論んでいたようです。しかし、Toddからオリバーへの「全く話が進まないが、一体どうするんだ?」みたいな雰囲気の手紙もインナーに掲載されてる通り、オリバー君は新しい生活を始めるだかなんだかで、Sludge Recordsは消滅してしまいました。

そして肝心のCARCINOGENのサウンドなんですが、これが予想通りの90'sカリフォルニア・クラスト・スラッジ・デス・メタルで最高です。Dinoのあの絶叫が乗ってくるとどうしてもDYSTOPIAに聴こえてきそうになるけど、DYSTOPIAのオルタナ・スラッジも消化したウネるダイナミズムを、初期デス・メタルのトーンとリフ&フレーズにしたような感じで、オリジナル・デモのスリーブのサンクス・リストでMINDROTをGod!と慕ってるように、MINDROTやMORGIONなどの黄昏たグルーム感と初期デス・メタルならではのドゥーム・グラインドな楽曲のバランスが絶品デス!!サンクス掲載バンドもPHOBIAやFEAR FACTORYなど納得のバンド名が並んでますが、その中に既にDYSTOPIAの名前があるように、DYSTOPIAの前身と言うよりも、Dinoは並行してやってたデス・メタル・バンドということになります。

限定300枚ナンバリング入り。存在も内容も、そしてリリースの経緯も全て最高なので、オブスキュア・デス・メタル発掘マニアや、パワー・バイオレンス・ファンもお買い逃しなく!!


Metal Hard!Punk Free!!


midnight-shoxofviolence.jpg



・MIDNIGHT - Shox of Violence MLP CLEAR VINYL / BLACK VINYL 各税込2,484円 (Hells Headbangers)

全世界のメタルパンク・ファンを熱狂させ、2014年のSAMHAIN再結成の際にオープニング・アクトとして抜擢され、そしてこの2017年新作発表のタイミングでは、KREATOR, OBITUARY, HORRENDOUSとの全米24都市ツアーにも参加する(HORRENDOUSが入ってるのも凄い!)USクリーブランド・ブラック・パンク・スピード・メタル MINIGHTの新曲4曲入り12"が到着!!追ってリリースされるCDはボーナス曲も追加してるので、お得な方を選びたい方はCDの入荷をお待ちください。でも「CDなら聴かない」っていう、ホントに好きなんだかなんだかよくわかんない連中がゴマンといる海外ではやっぱり先行リリースのこのアナログ・バージョンは凄まじい勢いで売れてるそうなので、アナログ・ファンは油断せずに確実に押さえておきましょう。今回はHells HeadbangersのヨーロッパでのパートナーのようなレーベルのドイツHigh Roller限定のバージョンというのもあったようですが、もちろん気付いた時には完売していました。他のバージョンはこのクリア・スプラッター・ビニールとブラック・ビニールのみのようです。

Satanic Royalty 1stフル・アルバムではMIDNIGHT流の80'sへヴィメタル・マニアックスっぷりを大爆発させ、アダルトな渋さすら感じさせましたが、その後はメタルパンク路線を爆走。今回も2ndアルバム No Mercy for Mayhem路線のブラック・スピード・メタル・パンクと考えてもらってもいいのですが、どうも感覚はNo Mercy for Mayhemよりも、2004年のWhite Hot Fire 7"で初めて聴いた時を思い起こさせる曲調に戻ってきてるような気がします。BATHORYやHELLHAMMERのようなリフとスピード感なのにバツグンにキャッチーな、あの感覚です。まぁ、No Mercy for Mayhemアルバムも同じって言えば同じなんですが。そう考えると、Satanic Royaltyアルバムは異質な作風の大傑作でしたが、とにかく今回も初期からのMIDNIGHTファン大満足のイーヴィル・パンク・スピード・メタルで突っ走ってます!!



bat-wings.jpg



・BAT - Wings Of Chains CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

MUNICIPAL WASTEのRyan Wasteを中心に、Ryanと一緒にVOLTUREもやってたMUNICIPAL WASTEのNick Poulos、そして歴代D.R.I.ドラマーで一番有名なFelix Griffinの3人によるUSクロスオーバー・メタルパンク・スラッシュ BATの1stフル・アルバムCDです。40代スラッシャーにはお馴染みのFelix Griffin氏が参加してるとあって、日本でもクロスオーバー・スラッシュ/メタルパンク・ファンには既に注目を集めていたバンドです。

サウンドはMUNICIPAL WASTEのスラッシュ感よりメタルパンク・テイストが強く、なお且つパーティーのりはあまり無くて、メタルパンク・スラッシュとしては思ってた以上にピュアなスタイルです。しかも2000年代以降のメタルパンク・ムーブメントとはある意味正反対の位置にあるWOLFBRIGADEやTRAGEDYなどのメロディック・クラストっぽい叙情フレーズもけっこう随所に出てくるのも面白いです。しかし、モロにVENOMのHeaven's on Fireな曲など、80'sスラッシュ&ハードコアのオマージュのようなどこかで聴いたことのあるリフも多く飛び出し、最初から最後まで楽しく聴けるメタルパンク・スラッシュ・アルバムです!!



poisonrites-2016demo.jpg



・POISON RITES - 2016 4 song Demo TAPE 税込1,080円 (Splattered)

USデンバーから登場して2010年前後に暴れまくったメタルパンク・バンド SPEEDWOLFが活動を停止して、中心メンバーだったVo.のReed氏らが新たに結成したガレージ・パンク・バンドです。こちらはデビュー作となる4曲入りデモ・テープで、SPEEDWOLF時代からの自主レーベル、Splattered Recordsでのリリース。ダウンロード・コード付きです。

MOTORHEADをバックにDanzigのVo.が乗る!!と現地で話題となってるのを聞きつけてすぐさま仕入れたSPEEDWOLFの2009年デモは評判通りの内容で、その後Split & 単独EPを発表した後にHells Headbangersと契約してリリースした1stアルバムは、メタルヘッズに大好評だったけど、あの1stデモを聴いていた人にはEP以降のSPEEDWOLFに物足りなさも感じた人は少なくなかったはずです。2000年代のメタルパンク・ムーブメントとは全く別のシーンから出てきたような、Reed氏のダンジグ・コブシが当初はさえまくってましたが、このPOISON RITESではダンジグ・ウォーシップを封印しながらも、やはり彼のR&Rシンガーとしての非凡さを充分に感じさせるスタイルで、これはかなりいいんじゃないでしょうか!!メタル・シーンのミュージシャンによるこのテのバンドとしての存在感はHELLACOPTERSを思い出させますが、Reed氏のVo.はNicke風でも北欧ナスティーな爆音R&Rよりアメリカン・ガレージ・パンクっぽさが強くて、NEW BOMB TURKSなども視野に入れてる、というコンセプトも完全に納得してしまいます。



poisonrites-st-tape.jpg



・POISON RITES - S/T TAPE TAPE 税込1,080円 (Splattered)

こちらは10曲入りの1stアルバムで、この後他フォーマットもリリースされるのか詳細は不明ですが、今のところカセットのみのリリースのようです。こちらも同じくSPEEDWOLF時代からの自主レーベル、Splattered Recordsでのリリース。

サウンド・プロダクションはデモよりも向上しても、非メタルなタッチは頑なに維持していて、メタルパンク・ムーブメントとは切り離して注目していきたいバンドです。



deadconspiracy-st-cd.jpg



・DEAD CONSPIRACY - S/T LP 税込1,944円 (Necromantic Press)

USオレゴン州ポートランド初のデス・メタル・バンドとされるDEAD CONSPIRACYが、念願の1stフル・アルバムLPをリリース。1985年結成で1990年まで活動して、当時はデモ数種を発表し、あのカルト・レーベル New Renaissanceと契約をしてアルバム制作の予定もありましたが、結局アルバムを発表することなくバンドは解散。デモ以外は1990年にNew RenaissanceからプロモCDEPをリリースしただけに終わったオブスキュア・バンドです。しかし2006年にHells Headbangersが突如ディスコグラフィーCDをリリースして、バンドも2012年に復活を果たしました。その後2014年にリリースしたAbomination Underground LPは、ジャケがダサいせいで全く盛り上がりませんでしたが、復活後初録音の2013年自主リリースCDEP音源と、1987年1stデモ音源をまとめた、最高の内容でした。

ポートランドはパンク・ファンにはハードコア・シーンの盛んな地域として知られていて、このバンドのギタリストは、過去に作品が入荷したことのあるメタリック・クラストコア・パンクのSKULL SPLITTERや、G.A.T.E.SとSplit 7"を出していたロッキン・メタル・パンク BURNING LEATHERなどにも参加していたChris Carey氏で、後期POISON IDEAをベースで長年支えた人物でもあります。そしてなんと本作から新Vo.を担当してるのは、レスラー級のガタイがインパクト大だったex.GRAVEHILLのMike Abominator氏!!復活後のDEAD CONSPIRACYは「パンクinfluencedオールドスクール・デス・メタル」をモットーにしてますが、POSSESSED影響下のスラッシュとデスの中間的なスタイルを基盤にしたUSデス・メタルにハードコアのダイナミズムもプラスしたようなサウンドは、確かにGREAVEHILLとの共通性も感じさて、Unspeakable Axeリリースの現行スラッシュ/デス系バンドが好きならばぜひ聴いて欲しい内容です!!

ジャケにちょっと角打ちがあるものもあったのでキレイなヤツから販売していきますが、今回はジャケ・デザインのステッカーとダウンロード・コードも付けて送ってきてくれました。ステッカーは多めに入れてくれたので次回入荷しても余分はあるけど、ダウンロード・コードは次回も付くかはお約束できませんので、ぜひこの機会にどうぞ!!



blackrat-hailtohades.jpg



・BLACKRAT - Hail to Hades CD 税込1,944円 (Vulkan)

カナダ出身クラスト・ブラック・パンク・メタル・スラッシュ・バンドの2016年発表2ndアルバム。当店未入荷でしたが、1stアルバムは日本のメタルヘッズにも評判が上々だったというバンドです。先日入荷して大反響だったEVIL ARMYのコンピレーションCDも出してたVulkan Recordsからのリリースで、こちらも限定300枚です。

MIDNIGHT以降のメタルパンク・キッズ、の一言で片づけるのはちょっともったいない個性的なサウンドです。ヘタクソだけどドラムがかなりロウで、ジャーマン・スラッシュ系落下型スラッシュ・ナンバーから、ドライビング・ナンバーまでドカドカ叩きまくってます。同じカナダのCHAPELに近いタイプだろう、と安易に考えてましたが、サイケでエピックなオカルティック・パートも導入したりして、随所に工夫が感じられます。そしてそれが良い具合に消化不良で、かなりアクの強いブラック・スピード・メタルパンク・アルバムに仕上がってます!!



rawhide-murderone.jpg



・RAWHIDE - Murder One CD 税込1,728円 (Dybbuk)

スウェディッシュ・ブラックメタル重鎮 BESTIAL MOCKERYやKILLでも活躍するコワモテ・ドラマー Carl Warslaughter aka El Wocko氏, 同じくBESTIAL MOCKERYで過去にベースを担当していたRob DevilPig aka Rambling Rob氏, さらに現在スウェーデンを拠点にして復活したPROTECTORにも参加してる Nocturnal Skullsodomizer aka Little Mike氏らの筋金入りヘッドバンガーズよるスウェディッシュR&Rパンク・バンドの2013年発表2ndアルバです。これまでアナログ盤で入荷させてきて好評でしたが、CDバージョンも入荷しました。

この面々なので、1stアルバムで初めて聴いたときは、GG AllinやANTiSEEN系の、そりゃもうゴリゴリに極悪なメタル・パンクなんだろうな、と勝手に思い込んでたら、HELLACOPTERSやZEKEなどに通じるキャッチーさとノリの良さで、正直ちょっと肩透かしくらった感じもあったけど、その後にPatac Recordsから出たEPで、ちょっとTURBONEGRO系の郷愁も漂う、2nd EPの頃のIRON LAMBみたいな雰囲気が好印象でした。今回の2ndアルバムはそれらの要素を見事にブレンドしていて、MOTORHEAD系のブルージーなテイストや疾走感も増してますから、こうなってくるとやはりこの辺のメタルヘッズは強いです。IRON LAMBのファンにもかなりオススメできる北欧トラッシュR&Rメタル・パンクで、過去作品のモヤモヤを吹き飛ばす痛快作だと思います!!

Metal Punk 'till Armageddon!!


* 毎週水曜は定休日ですが、NWN & Hells Headbangers商品を中心に昨晩各種カート・アップしましたので、ぜひチェックしてみてください。受注メール返信対応は明日木曜日以降になります。


capeofbats-violent.jpg



・CAPE OF BATS - Violent Occultism LP 税込2,484円 (Trabuc)

カナダのD-Beatメタル・パンク ABSOLUTの1st LPヨーロッパ盤などをリリースしていたスペインのTrabuc Recordsから発売された、女性ドラマーを擁するUSフィラデルフィア出身のブラック・メタル・パンク・バンドの13曲入り1stアルバムLPです。このバンドはPARASITEのリリースで日本のメタル・パンク・ファンにもお馴染みのINTEGRITY Dwid氏によるHoly TerrorからEPも発表していたバンドで、日本でもマニアックなメタル・パンク・ファンにはそこそこ認知されていた存在でした。もともとカセットで限定100本リリースされていた音源をLPにした1stアルバムです。

妖しくも胡散臭いジャケットのイメージとタイトルにピッタリのブラック・メタル・パンクで、ハーシュなプリミティブ・ブラックの手法とはちょっと違い、ダークなミドル~スロウ・テンポのパートにブラック・メタルっぽさを際立たせていて、疾走するパートとVo.は完全にハードコアのアグレッションです。そして一番のポイントは何といっても妖艶なギター・プレイで、日本のメタルコア・パンク的哀愁と、サイケデリックなヴィンテージ・テイストを備えた昨今のリチュアル・オカルト・メタルのミックスのような必殺ソロがかなり独特でカッコいい!!この旋律にはグッと来てしまう人も多いのではないでしょうか。整然とさせずに起伏の激しい曲調で突進するところは、ブラック・メタルのカオスではなく明らかにハードコアの激情性ですし、カオティック・ハードコアとブラック・メタルを見事に融合させています。実はADOLESCENTS, D.I., CHRISTIAN DEATHなど多くのバンドで活躍したLAパンク・レジェンド Rick Agnewが1曲ギターソロで参加!との宣伝文句に引かれて入荷させたのですが、確かにコーラス掛かったようなサイケな音色はCHRISTIAN DEATHにも通じますし、Rick Agnewが弾いてるソロはイッパツで分かります(超ヤッツケな仕事のソロですが 笑)。メタル・パンク・ファン必聴の奇怪なる超力作death!!



nuke-st.jpg



・NUKE - S/T CD 税込1,620円 (Hells Headbangers)

Dystopian Dogsからのデモが好評だったUSミシガン・スピード・メタル・パンク、NUKEがHells Headbangersから1stアルバムCDをリリース。ボーカルがSHITFUCKERのベース&Vo.のDemonbitch氏, ギターがACID WITCH / HARBINGER / ex. BORROWED TIMEギタリストのMike Tuff氏と、SHITFUCKERの初代ドラマーで現ANGUISHドラムのTony Pratt氏によるツイン・ギター編成、ベースにREAPERのRedbeard氏、ドラムにPERVERSIONのPeteという、デモの時から不動のラインナップで制作された全9曲入りです。

いずれもキャラクターの濃い面々が集まったのでデモの時から話題を振りまいてたけど、個人的にはどうしてもSHITFUCKERもやってるDemonbitch氏に気を取られがちでしたので、メタル・パンク・プロジェクトなセッション・バンドの印象が強かったです。しかしこの1stアルバムはバンドとして非常にまとまりが良くて、HHRからしたらキャラ勝負で契約したのかも知れないけど、現行のクサレ気味スピード・メタル・ファンとかにもぜひチャレンジしてもらいたいメタル・パンクの力作に仕上がっています。と言うか、ヴィジュアルを知らずにこの音を聴かされたら、むしろダイハードなヘッドバンガーズの方が気に入ってしまいそうな内容でしょう。RAVENやEXCITERあたりすら彷彿させるスラッシュ・リフとパワー・スピード・メタルな曲調の融合と、デスラッシュ・メタル・ドラマーのPete氏の素晴らしいドラミング、IRON MAIDEN影響下合衆国産パワー・メタルの伝統を継承したツイン・ギターのハーモニー、そしてDemonbitch氏のVo.もデモの時のようなシュミーア・シャウトをシャレでやったようなお遊び感はなくなり、かなり気合いが入ってます。HARBINGERやWASTELANDERのパンキー・スピード・メタル・パンクと、(バンドの方の)DEMON BITCHやWHITE MAGICIANなどのクサレ・エピックの融合のような、まさにミシガン・メタル・パンク・シティーなサウンドながら、それらのどのバンドよりもサウンドからはパーティー感覚はありません。予想以上に気合満点な力作です!!



rottenuk-thatis.jpg



・ROTTEN UK - That Is Not Dead CD 税込1,620円 (Hells Headbangers)

BLUDWULFのVo. Jimmi Sinn率いるNYパンク ROTTEN UKが、Hells Headbangersから1stアルバムCDをリリース。すったもんだもありながら、これまで当店でいろいろ入荷させてきたデモやら7"で聴き馴染みのある曲も多くて、なんだか勝手に感慨深い気分にもさせられる、1stアルバムにして集大成のような全14曲です。マスタリングはSinn氏の盟友、と言うよりも良き理解者と言ったほうがピッタリな、TOXIC HOLOCAUSTのJoel Grind氏が担当しています。

2000年代のメタル・パンク・ムーブメントを切り開いたバンドと言っても過言ではないNYのBLUDWULFは、2007年に1stアルバム Cryptic Revelationを発表する以前に既にバンドとしてのピークは過ぎていて、奇跡的なカッコよさで後に7"ヴィニールEP化もされた2004年のデモ Full Metal Warriorは、当時はUSのアンダーグラウンド・メタル・シーンの方で先に火がつき話題となりました。その後はグラムに寄ったり、BROKEN BONES型のスラッシーなナンバーをやったりと試行錯誤を繰り返し迷走の末解散。かと思いきや、実はSinn氏はBLUDWULFの解散は名言していなくて、このROTTEN UKはメタル・パンクに行き詰まったSinn氏が彼のルーツであるUK82パンク・ロックに回帰すべく始めたバンドです。EXPLOITEDを土台に、DISORDER型や、アナーコ・エピックな曲調など、彼が愛してやまない80年代のUKパンク・スタイルのナンバーで構成されていますが、かなり黄昏感が強いエピック・パンクなナンバーは、こうしてしっかりプロデュースされたアルバムで聴くと、ちょっとスウェーデンのUmeaパンクみたいな感触もあります。なんて、何も知らないくせに言うとブーイングを浴びそうですが、Sinn氏の胡散臭いいかがわしさは、大きな愛で包まれてるような高級感は一切ないので、やはり中央線沿線にはこういう真にドロップアウトしたパンクの方がお似合いなのです。またしても何を言ってるかわからない解説になってるかと思われるでしょうが、何を言ってるのかがわかってしまった人は必聴&die&deathでお願いします!!

Metal Hard!Punk Free!!


aninvitation-fuck-ep.jpg



・AN INVITATION - Fuck the Police 7" 税込1,296円 (Trash King prod.)

現SATAN'S SATYRSドラマーのStephen James Fairfield氏が率いるバンドの3曲入り1stデモが、限定500枚で7"ヴィニール化!!今のSATAN'S SATYRSから気持ちが離れかけてる当店のお客さんの心を鷲掴みにした傑作デビュー・デモです。

もともとSATAN'S SATYRSは、ELECTRIC WIZARDにも加入したClaythanas氏のほぼワンマンなバンドだったけど、正式メンバーを入れてから、よりヴィンテージ・ドゥームな方向に接近しています。しかしこのAN INVITATIONを聴くと、Die ScreamingアルバムからSATAN'S SATYRSに参加したStephenは、初期SSのような爆裂ガレージ・ドゥーム・パンクがやりたくてうっぷんが溜まってるのでは?と思わせるほど、初期SATAN'S SATYRS的なサウンドです。初期SSを形成していた、BLACK SABBATH, VENOM, BLACK FLAGの3大要素のうちVENOMを排除して、BLACKサバスFLAGな爆音ロウ・トラッシュ・パンクをブチまけています。しっかりドゥーム・パンク的アプローチも踏襲してるし、そして何よりStephenのVo.が、まだバイオレンス・スタイルだった頃のClaythanasがリバーブを掛けないでシャウトしてるような絶叫で、これはカッコいい!!



aninvitation-lifeas-tape.jpg

・AN INVITATION - Life as the Victim TAPE 税込972円

1stデモ Fuck The Policeが好評だった現SATAN'S SATYRSドラマー Stephen James Fairfield氏が率いるAN INVITATIONの3曲入り2ndデモ・テープです。前作とはアプローチが少し変わってますが、今のSATAN'S SATYRSに前ほどのめり込んでない者にとっては、やはり今回もとても興味深い深化を感じさせてくれる内容です。

今回はギターの出音イッパツですぐに前作とは違う感触なのがわかるかと思いますが、ところが曲調は相変わらずBLACK FLAGみたいな神経衰弱な暴力性が爆発していて、初期SSの3大要素がBLACK SABBATH, VENOM, BLACK FLAGならば、このAN INVITAIONの2ndデモは、THE CRAMPSやTHE DAMNEDみたいなガレージ・サイケな妖艶サウンドでBLACK FLAG型サイコパス・ハードコア・パンクをやってるかのようで最高です!!



abigail-thefinaldamnation.jpg



・ABIGAIL - The Final Damnation CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

東京ブラック・パンク・メタル ABIGAILの5thアルバムがNuclear War Now!からリリース。発表がアナウンスされた数か月前から心待ちにしていた方々も多いでしょうし、Chris Moyen氏によるジャケットの雰囲気にも表れているように、今回は初心に帰ったようなブラック・メタル色濃厚という情報も流れていて、発売前から話題を振りまいていた作品です。

前作 Sweet Baby Metal Slutアルバムで頂点に達したスリージー・パンク・メタル・スラッシュを通過してのブラック回帰のような作風で、BULLDOZERをルーツとした今までのABIGAIL流メタルパンク・スラッシュとは違いながらも、ある意味今までで最もジャパニーズ・メタルコア的アプローチが強いブラック・パンク・メタル・スラッシュな作品に仕上がっています。Yasuyuki氏の絶叫&割れた低音ベース、Jero氏のメロディック・ギター、そしてYouhei氏の爆裂ドラミングが一体となった強烈な一撃!!

Ataque Thrash!!


whipstriker-ophicvs.jpg



・WHIPSTRIKER / OPHICVS - Satanic Metal Army SPLIT CD 税込1,728円 (Tribulacion prod.)

精力的に活動を続けるブラジルのWHIPSTRIKERと、LUCERAメンバーによるコロンビアのイーヴィル・スピード・メタル・プロジェクト OPHICVSの、独りサタニック・スピード・メタル対決状態のSplit CDです。貼りつけたサンプルは各バンドの曲をダイジェストで交互に再生されるようになってますが、CDは普通のSplitアルバムのように前半がWHIPSTRIKERの5曲、後半がOPHICVSの7曲で、全12曲入りとなっています。

WHIPSTRIKERはMIDNIGHTから触発されてスタートしたクラスト・パンクスによるメタル・パンク・スラッシュ、といった感じだった初期のスタイルから、このところかなりの成長がうかがえますが、このSplitでもルーツのVENOMをさらに研究したようなR&R色の濃いドライビング・スピード・メタルで、近年のWHIPSTRIKER作品を堪能してるファンは大満足間違いなし!!

対するOPHICVSもなかなか面白いタイプで、VENOMの影響よりも強く感じさせるのが、LUCERAでSplitを実現させたSABBATへの崇拝です。Gezol氏からの影響丸出しのVo.を、SABBATよりもうちょっとR&Rテイストの強いサタニック・ドライビング・メタルに乗せていて、このスタイルはけっこう斬新なのではないでしょうか!!

ジャケ・ブックレットにはこのテのサタニック・メタル・パンク作品らしいオッパイ写真満載で、メタル・パンク・ファンからSABBATファンにまでオススメのSplitアルバムです!!



hellmaistroz-maldicion.jpg



・HELLMAISTROZ - Maldicion Violenta FLEXI 税込756円 (Exabrupto)

メキシコのハードコア・パンク・バンドの2曲入りソノシートです。ジャケットはダイカット・スリーブでなかなか良く出来ています。

D-Beatクラスト系の重厚な感触でロックンロール色の強いドライビング・ナンバーに仕上げた1曲目はINEPSY風。しかし途中に叙情クラスティーなフレーズもあるように、土台はTRAGEDYやWOLFBRIGADE影響下のクラストであるのが、2曲目からもうかがえます。中南米パンクっぽい点はVo.だけですが、エピック・クラスト・ファンにはオススメの内容です。

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR