RECORD BOY

Metal Punk Jawbreakers!!






・CHILDREN OF TECHNOLOGY - Apocalyptic Compedium 2LP 税込3,780円 (Ripping Storm)

イタリアン・メタル・パンクを代表するC.O.T.のレア音源集コンピレーション・アルバムが、ポスター付き限定500枚ホワイト・ビニールの2枚組でアナログ盤もリリース!2014年リリースの2nd アルバム Future Decayの初回バージョンに付属していた7"収録曲や、G.A.T.E.S.とのスプリット7"音源も収録。motor-chargedロッキン・メタル・パンク、クラスティー・スラッシュ・チューン、WARFARE全開ナンバーからBATHORY、BLACK UNIFORMSのカバーも含めた全17曲の、ファンには嬉しい一枚です!!

Track 1 : Future Decay Bonus 7" (2014)
Track 2-3 : Mayhemic Speed Anarchy 7" (2012)
Track 4-5 : 3 WAY Split w/ Blüdwülf / Tiger Junkies / Children of Technology PICTURE LP (2011)
Track 6-7 : Chaosmutant Hordes 7" (2009)
Track 8 : V.A. - Speed Punk Metal Crust 7" (2009)
Track 9 : Split w/ G.A.T.E.S. 7" (2009)
Track 10-11 : Give Me Gasoline or Give Me Death 12" (2009)
Track 12-17 : The Day After Demo CD (2008)







・BONEHUNTER - Children Of The Atom CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

東京のEVILとの来日ツアーから1週間遅れてしまいましたが、到着しました。フィンランド・イーヴィル・メタルパンク BONEHUNTERの3rdアルバムCDです。作品ごとの確実な成長を見せてきた彼らの集大成のような充実した内容となっています!!

メンバーはバンド結成前からちょくちょく日本にも遊びに来てたりして、以前はとにかくジャパニーズ・メタル&パンク愛のみを好き放題放出したようなスタイルでしたが、徐々に北欧バンドらしいブラック・イーヴィルなムードを増してきて、独特のメタルパンク・スタイルを確立しているバンドです。今回はドライブ感のある曲調を中心にして、VENOMやBATHORYなどのブラック・スピード・メタルとジャパニーズ・ハードコア・パンクの融合路線ではあるけど、世界中にごまんと存在する安易なメタルパンクのような退屈さには陥らず、冷たくメロディックなギターとバツグンにタイトなドラミングで質の高いメタルパンク作品に仕上げています。







・MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD 税込756円

ラストストック納品してもらいました!!!

世界中でやりたい放題が暴走する2010年代メタルパンク・シーンに登場した救世主と言い切ってしまいたい、大注目の東京若手正統派メタルパンク・バンド MILITARY SHADOWが遂に1st CDを自主リリース。ドラムは先頃1stアルバムを発表したばかりのSLAMMING AVOD NUTSにも参加してるGoblin氏ですし、ギタリストのBranded Rebel氏はRUNNING WILDウォーシップ・ソロ・プロジェクト BRANDED REBELの方でも当店はお世話になっておりますが、そのBRANDED REBELデモCDR納品時にチラッと聴かせてもらって以来、非常に気になって仕方なかったのがこのMILITARY SHADOWでした。今年になって東京のシーンでもそのライブ・パフォーマンスが話題となり一気に注目度がアップしてきて、絶好のタイミングでリリースされたこのCDは、今後彼らを全国区に、または海外のマニアックなメタルパンク・ファンにも大いに刺激を与えることでしょう!!

"This is the New Age Of Metal Punk Anarchy"を掲げ、このバンド名ですから、WARFAREを連想してしまいますが、サウンドは"正統派"と強調したくなるほどのピュア・ジャパニーズ80'sスタイル・メタルコア・パンク。GASTUNKを筆頭にいろんなバンド名を羅列してオススメするのは簡単ですが、東京のSCOURGEとか、ちょっとタイプは違うけどメタルパンク移行期のNO EVACUATIONSなどといった、ファッションやイメージ先行だけでなく音楽に真摯に向き合っていた若手メタルコア・パンクスに年甲斐もなくワクワクしたあの頃の興奮がよみがえります。全メタルパンク・ファン必聴大注目&大推薦!!!

Metal Thrashing Mad Punx!!


atackepileptico-convulsoes-cd1.jpg

atackepileptico-convulsoes-cd2.jpg



・ATACK EPILEPTICO - Convulsoes & Disturbios Da Consciencia DIGIPACK CD 税込2,484円 (Cogumelo)

ブラジリアン・デスラッシュ・メタル最重要レーベル Cogumelo Recordsによる南米最凶クロスオーバー崩壊クラシック ATACK EPILEPTICOの1990年発表1stフルレングス・アルバムが、遂にオフィシャル再発AAARRRGGGHHH!!!過去にはブートレグCD(恐らくペルー製)が2000年代に出回り、日本の南米ノイズ・パンク・スラッシュ・マニアにはその時に一気に注目を集めカルトと認知されたバンドです。昨年発刊されて大ヒットした伝説のブラジリアン・スラッシュ・メタル&パンク・ファンジン United Forcesの編集号でもキョーレツな写真が載ってたので、気になったメタル・ファンも居たことでしょう。Cogumeloリリースながらこれまで1度もオフィシャル再発されたことがなく、オリジナル盤LPも日本では滅多に出てきません。しかも今回の再発はさらに輪をかけて入手が難しい、1988年にやはりCogumeloから発表された彼らのデビュー作Split LP w/ OFFENSOR音源も追加収録した怒涛の全29曲!!


Tracks 1-17 : Convulsoes & Disturbios Da Consciencia LP (1990年)
Tracks 18-29 : Decadencia Social SPLIT w/ OFFENSOR LP (1988年)


まずはなんと言っても凄まじいメンバーのルックスに誰もが声を上げてしまいます。モホーク・ヘアーとスパイク・ヘアーのパンクスが居ますが、このスパイキーの方が、時にはヒマワリ風、またある時はスーパーサイヤ人風、さらにまた別の写真にだとズワイガニかゴキブリの足みたいなモノ凄いツンツン・トゲトゲ・ヘアーで最高なんですが、このファッションからクロスオーバー・スラッシュ・ファンならば思い浮かぶであろう、CRYPTIC SLAUGHTERの南米版のようなサウンドがルックス以上にグレートなのです。スピードコア・クロスオーバーをブラジリアンらしい崩壊っぷりで連射する様は、ノイズコア・グラインド期OLHO SECOがメタリック・グラインディングになったようでもあります。このCD、音質もかなり向上してるので、Cogumeloという点で興味を持ったSARCOFAGOやSEXTRASHなどの南米デスラッシュ・ファンも満足いただける名作と信じています。しかし、ボーナスのSplit音源はこれぞ南米ノイズコア!なズタボロ演奏までは隠しきれずEXTERMINATORのパンク版のようなグダグダっぷりですが、この辺はメンバーが革ジャンにペイントしているRUIDO DE RABIAとULTIMO GOBIERNO(のSplit LPをきっと聴いて、どっちのバンド名も革ジャンにロゴ描いたんだろうな)などのスパニッシュ・ノイズコア・パンク・スラッシュの影響もデカかったようです。全部ポルトガル語ですがブックレットも充実で、デジパックはトリプル・フォールドのシックス・パネル。南米崩壊デス・スピード・ノイズ好きを自負する人は、パンクスもメタルヘッズも全スラッシャー必聴&Dieeeggghhh!!!



schoolofviolence-wethe-cd.jpg



・SCHOOL OF VIOLENCE - We The People...? CD 税込2,160円 (Marquee)

大好きだったスラッシュ・メタルで再発されてなかったオブスキュア・クラシックのリイシューを、またしてもブラジルMarquee Recordsがやってくれました。Metal Blade傘下のDeath Recordsから1988年に発表されたNYのハードコア・スラッシュ・メタル・バンド SCHOOL OF VIOLENCE唯一のアルバムが遂に初オフィシャル再発。2000年代にブラック・ディスクCDRのブートが出回ってたようですが、このCDは1987年デモと1986年のPeople Are Hungry Compilationというオムニバス・カセットに提供した曲もボーナス収録した全19曲入り。ジャケ・ブックレットに掲載のライナーノートはUSHCファンにはかなり面白いと思います。Marqueeお得意のスリップケース付きで文句なし!!


Tracks 1-11 : We The People...? ALBUM (1988年)
Tracks 12-16 : Demo 1987
Tracks 17-19 : People Are Hungry comp.提供曲 (1986年)


80'sクロスオーバー・スラッシュ・メタル&パンク名門 Death Recordsリリースなのに当時から全く人気が無くて、でもこのクサレたジャケと男臭いサウンドが大好きで、若い頃から愛聴していた作品です。しかし、インターネットが普及していろんな情報を得ることが出来た時、このバンドのシンガーのKarl Agell氏が、あのC.O.C. "Blind"でVo.を担当したKarl Agell氏だと知って腰を抜かしました。個人的な趣向と思い出話ばかりで恐縮ですが、C.O.C.は1stのEye For An Eyeのサバス・グルーミー・スラッシュか、Blindのグランジ・スラッシュの方が、世間でクロスオーバー名作とされるAnimosityより断然大好きだったので、とにかく驚いたんです。自分だけでなく、Blindアルバム・ファンならば、100人中100人がこのSCHOOL OF VIOLENCEでのKarl Agell氏を聴いて、まるで故Peter SteeleとTom G. Warriorのミックスのようなアダルトに男臭い低音域中心の歌唱法に絶対驚くはずです。C.O.C.は、UGLY AMERICANSでパッとしなかったSimon Bob Sinisterも引き抜いてかっこよくしてたし、シンガーの発掘力が凄いってことでしょうか。それにしても、CARNIVOREにも引けを取らないほどのMOTORHEADとBLACK SABBATHの影響絶大のこのSCHOOL OF VIOLENCEの激渋重厚サウンドはマジ最高激渋かっこいい。。。かっこよすぎる!!!

Karl Agell氏以外の人脈も非常に興味深く、初期のギターは来日もしたDISSASSOCIATEのちっさいオッサン Matt Melnick氏。ボストンのグレート・ドライビン・ハードコア・パンク OUTPATIENTSとツアーを廻ったことがあって、OUTPATIENTSメンバーも3人出入りしています。そのうち1人はDEEP WOUNDでDARKSIDE NYC。そう言われるとSCHOOL OF VIOLENCEのこの重厚ロッキン・タフ・スラッシュも、OUTPATIENTSとSHEER TERRORのミックスのようにも聴こえてきます。Metal ArchivesにはBROKEN BONESのNobby氏も過去メンバーに名を連ねていますが、関係者じゃないと知らないところまでかなり詳しく書いてるライナーノートではNobbyの名は一切出てこないので、これは未確認(でもNobbyが長年NYに住んでるのは間違いない事実。WRECKING CREWギターのラルフさんがご来店された時に教えてもらいました)。しかし、C.O.C.のReed氏がヘルプでSCHOOL OF VIOLENCEでも叩いたことがあったとか、Karl氏がSEIZUREだったとか、とにかくライナーノートは面白い。あと、ドラムのMark S. Evans氏はチンピラに絞殺され死体を焼かれたという衝撃的な最期を遂げているそうです。とにかく、US東海岸の都会的でクールなハードコア・スラッシュ好きには絶対に聴いてほしいアンダーレイテッド・グレート・スラッシュです!!!

Sex till Death!!






・SEKKUSU - Slash The Pose 7" 税込1,296円 (Sangreal)

Dystopian Dogsからのデモが好評だったミシガン・デトロイトのメタルパンクス、SEKKUSUの1st7"がSangreal Recordsから限定300枚でリリース!!BATHORYカバー含む5曲入りです。

Unspeakable Axeからリリースのあるオーストラリアのデスラッシュ・メタル SEWERCIDEにも参加していたメンバーを中心にした3ピースで、ANNTI-CIMEXとジャーマン・スラッシュ・メタルとジャパニーズ・パンクを融合したようなデモの時と基本は変わっていませんが、今回はそのANTI-CIMEXテイストがちょっとBLACK UNIFORMSみたい!!1曲目なんてかなりBLACK UNIFORMSっぽいです。ナスティー・バイオレンスなVo.はMIDNIGHTみたいでもあるけど、メタルパンク・シーンに氾濫するMIDNIGHTフォロワーとはまるで別モノ。これはやはり、SLAYERのようなスラッシュ・リフが功を奏してるのかと思います。個人的にはBOYが2000年代に全力を注いだBLUDWULFが、おかしなコトにならず成長してたら案外こんなかもなー、なんて思ったりもしました。メタルパンク・ファンは今後も大注目です!!

MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD BACK IN STOCK NOW!!






・MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD 税込756円

再入荷!!

世界中でやりたい放題が暴走する2010年代メタルパンク・シーンに登場した救世主と言い切ってしまいたい、大注目の東京若手正統派メタルパンク・バンド MILITARY SHADOWが遂に1st CDを自主リリース。ドラムは先頃1stアルバムを発表したばかりのSLAMMING AVOD NUTSにも参加してるGoblin氏ですし、ギタリストのBranded Rebel氏はRUNNING WILDウォーシップ・ソロ・プロジェクト BRANDED REBELの方でも当店はお世話になっておりますが、そのBRANDED REBELデモCDR納品時にチラッと聴かせてもらって以来、非常に気になって仕方なかったのがこのMILITARY SHADOWでした。今年になって東京のシーンでもそのライブ・パフォーマンスが話題となり一気に注目度がアップしてきて、絶好のタイミングでリリースされたこのCDは、今後彼らを全国区に、または海外のマニアックなメタルパンク・ファンにも大いに刺激を与えることでしょう!!

"This is the New Age Of Metal Punk Anarchy"を掲げ、このバンド名ですから、WARFAREを連想してしまいますが、サウンドは"正統派"と強調したくなるほどのピュア・ジャパニーズ80'sスタイル・メタルコア・パンク。GASTUNKを筆頭にいろんなバンド名を羅列してオススメするのは簡単ですが、東京のSCOURGEとか、ちょっとタイプは違うけどメタルパンク移行期のNO EVACUATIONSなどといった、ファッションやイメージ先行だけでなく音楽に真摯に向き合っていた若手メタルコア・パンクスに年甲斐もなくワクワクしたあの頃の興奮がよみがえります。全メタルパンク・ファン必聴大注目&大推薦!!!

MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD BACK IN STOCK SOON!!


*初回入荷分は早々に品切れましたが、10/20(土)~10/21(日)を目途に再入荷の手配が完了しましたので、今度の土日以降のお受け取りが可能な方は、ぜひこちらでご予約のうえ確保ください!!!


militaryshadow-metalpunkironfist.jpg



・MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD 税込756円 (ご予約受注商品)

世界中でやりたい放題が暴走する2010年代メタルパンク・シーンに登場した救世主と言い切ってしまいたい、大注目の東京若手正統派メタルパンク・バンド MILITARY SHADOWが遂に1st CDを自主リリース。ドラムは先頃1stアルバムを発表したばかりのSLAMMING AVOD NUTSにも参加してるGoblin氏ですし、ギタリストのBranded Rebel氏はRUNNING WILDウォーシップ・ソロ・プロジェクト BRANDED REBELの方でも当店はお世話になっておりますが、そのBRANDED REBELデモCDR納品時にチラッと聴かせてもらって以来、非常に気になって仕方なかったのがこのMILITARY SHADOWでした。今年になって東京のシーンでもそのライブ・パフォーマンスが話題となり一気に注目度がアップしてきて、絶好のタイミングでリリースされたこのCDは、今後彼らを全国区に、または海外のマニアックなメタルパンク・ファンにも大いに刺激を与えることでしょう!!

"This is the New Age Of Metal Punk Anarchy"を掲げ、このバンド名ですから、WARFAREを連想してしまいますが、サウンドは"正統派"と強調したくなるほどのピュア・ジャパニーズ80'sスタイル・メタルコア・パンク。GASTUNKを筆頭にいろんなバンド名を羅列してオススメするのは簡単ですが、東京のSCOURGEとか、ちょっとタイプは違うけどメタルパンク移行期のNO EVACUATIONSなどといった、ファッションやイメージ先行だけでなく音楽に真摯に向き合っていた若手メタルコア・パンクスに年甲斐もなくワクワクしたあの頃の興奮がよみがえります。全メタルパンク・ファン必聴大注目&大推薦!!!

02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR