RECORD BOY

ASOCIAL / DISTRUST - Live At International Youth Centre 28/4-84 CD


asocial-distrust-live.jpg



・ASOCIAL / DISTRUST - Live At International Youth Centre 28/4-84 CD 税込1,870円 (Black Konflik)

メンバーが後にSVART PARADやUNCURBEDなどで活躍したスウェディッシュ・ハードコア・パンク・バンド ASOCIALと、そのASOCIALのメンバーも在籍していたという知られざる80'sスウェディッシュ・ハードコア・パンク DISTRUSTによる1984年リリースのSplitカセット・アルバムが、このところ凄い再発を連発しまくってるマレーシアのBlack Konflik RecordsからCD化再発。オリジナルはASOCIALが6曲、DISTRUSTが5曲の全11曲入りでしたが、両者ともボーナス追加で全24曲入りとなっています。

ASOCIALはデス・メタル・バンドのINTERMENTやCENTINEXのメンバーも在籍していたこともあって、重厚ブルータルなサウンドの印象が強いスウェディッシュ・パンク・レジェンドですが、1984年のデモでとんでもないスピードのノイズコア・ローファイ・スラッシュをやっていたりもしていました。このライブ音源はスウェディッシュ・ハードコア・バンドらしいパンク・スラッシュで一直線に爆走していて、ちょっとCRUDE SS風味にも聴こえてくるSvart感のある直線的ロウ・ハードコアがかっこいいです。DISTRUSTも注意して聴いてないとどこでASOCIALサイドからDISTRUSTサイドに切り替わったかがわからないくらい、こちらもブリブリした黒さが下地にあるロウ・パンク・ハードコア・スラッシュでかっこいい!!ジャケ・ブックレットは16ページで当時の写真ももちろん掲載。オリジナル・リリースDis RecordsオーナーでありDISTRUSTメンバーのHakan Aspnas氏監修による限定300枚リリース!!


Track list :
1. Asocial - Total Slakt
2. Asocial - Glöm Era Planer
3. Asocial - Jag Hatar Dom
4. Asocial - Djurens Låt
5. Asocial - Sjukt System
6. Asocial - Militär Diktatur
7. Distrust - Vi Rustar Dom Dör
8. Distrust - Torterad Ångest
9. Distrust - Fred Med Vapen
10. Distrust - Ungdomens Agressioner
11. Distrust - Da Utslagnas Samhälle

Bonus tracks
12. Asocial - En dod snut,en bra snut
13. Asocial - Krossa nazismen
14. Asocial - Samhallets offer
15. Asocial - Lat dom inte lura dig
16. Asocial - Untitled
17. Asocial - Religios moral
18. Asocial - Sjuk tortyr
19. Asocial - Untitled 2
20. Asocial - Hardcore song
21. Distrust - Valj ditt liv
22. Distrust - Regeringens javla pahitt
23. Distrust - Det ar dags att vakna nu
24. Distrust - Fred och frihet

Hardcore Legends!!


cromags-dontgive.jpg



・CRO-MAGS - Don't Give In 7" 税込1,650円 (Victory)

近年はソロ・プロジェクト名義での作品発表が続いていたHarley Flanagan氏が、バンド名としての"CRO-MAGS"使用権をJohn Joseph氏から遂に奪還。Alpha-Omega ~ Near Death Experience期ギタリスト Gabby Abularach氏、SUICIDAL TENDENCIESでもおなじみの名物ブラック・ギタリスト Rocky George氏、そしてドラムにGarry "G-Man" Sullivanという、HARLEY'S WARから近年のHarley氏ソロまでサポートしてきた心強いメンバーを従えて、Victory Recordsから3曲入り7"を発表。Harely氏にしてみたら、自分が(独りの力ではなかったにしろ)全て作り上げてきたCRO-MAGSを追放されて、ようやくスタートラインにまで戻ってきたような心境ではないでしょうか。考えてみたら、CRO-MAGSの7"EPというフォーマットも初めてです(ブートの類でも存在した記憶がない)。各種カラー・ビニールでリリースされていますが、ltd.800枚ナンバリング入りのクリア・ビニールでの入荷で、歌詞インナー/DLコード/ステッカーが付いています。

サウンドについては全く何も心配ありません。大人気であるHarley氏のSNSでは、すっかりお爺さんな顔つきになって楽しい投稿を毎日してくれていますが、肉体は若い時と変わらずバッキバキ、そしてサウンドも往年のCRO-MAGSから近年のソロ作品まで一貫したゴリッゴリのストロング・スラッシュ全開一直線で、もーーー感動的なまでに激烈かっこいい!!!しかも、タイトルにもなっているオープニングのインストなんて、絶対にWe Gotta Knowのセルフ・オマージュのような緊張感あふれるBAD BRAINS型スロウ・ナンバーで、もうのっけっから感動的。この人こそ超人と呼ぶにふさわしい。凄すぎる!!!



thepsychos-onevoice-lp.jpg



・the PSYCHOS - One Voice LP 税込2,860円 (Radio Raheem)

メンバーは流動的ながら、S.O.D. / M.O.D.のBilly Milano氏やAGNOSTIC FRONTのRoger Miret氏もベーシストとして在籍していたことでNYHCファンには伝説的にその名が知られていたthe PSYCHOSが、遂に念願待望の初再発!!!これまでBig City Recordsの名作オムニバス Big City's One Big Crowd LPの1曲でしか聴いたことのなかった人がほとんどなのではないかと思います。自分もそのうちの1人ですが、レアNYHCのブート・リリース花盛りだった90年代にもthe PSYCHOSのブートは1度も出なかった筈なので、1985年録音デモ以外に音源もないのだろう、と思ってたら、このLPでは1984年/1985年/1986年の3回のセッションを発掘収録!!!再プレス以降に仕様が変わることはないと思うけど、1stプレスは611枚プレスとのこと。カラー写真満載12"サイズのブックレットも最高の仕上がりです!!


Tracks A2–A11 recorded October 1984 at Don Fury Studio
Tracks B1–B6 recorded early 1985 at Don Fury Studio
Track B7 recorded live March 3, 1985 at CBGB
Tracks A1, B8, B9 recorded early 1986 at Don Fury Studio


初期NYHCのほとんどのバンドが影響されていたBAD BRAINSからの影響をこのバンドも公言していますが、CRO-MAGSやthe MOBのようなタイプではなく、直線的なパンク・スラッシュとしても革命的だったBAD BRAINSの荒々しく速いスタイルを継承したサウンド。よって他の多くのBig City Records近辺初期NYHCと共通するロウ・ハードコア・サウンドがかっこよくて、初期NYHCファンのみならず全ての80's USHCファンに聴いてもらいたいです。AGNOSTIC FRONTのUnited Blood 1st 7"に収録された"Discriminate Me"と”Fight"の2曲は、元々このthe PSYCHOS時代にRoger Miret氏が書いていた曲だったということですので(残念ながらthe PSYCHOSバージョンでのその2曲は未音源化)、それを考えるとこのthe PSYCHOSの1985デモ時のシンガー Big Rob氏のスタイルは、ちょっとRoger Miret氏も無意識に影響されているような感じにも聴こえてくる似たスタイルです。タイトルもOne Voiceだし。

Billy Milano氏の鮮明な写真が見つからないのが唯一ちょっと残念ですが、ブックレットにはBC Richイーグル・ベースを弾くサスペンダー姿のスキンズera Roger Miret氏の貴重な写真も掲載して、ほぼ完璧に近い素晴らしいブックレット。これだけでも大変価値のあるレコードです。Buy AND Dieeeggghhh!!!



flexyourhead-japanlp.jpg

・V.A. - Flex Your Head LP 税込2,970円 (Dischord)

Dischord Recordsアーリー・クラシック・リイシュー・シリーズが、帯&解説付きで日本流通バージョンも登場!!こちらはLess Than TVの谷ぐち順氏の解説付き。様々なジャケ・パターンでリリースされてきたUSHCの金字塔的名作オムニバスですが、Alternative TentaclesバージョンXXX色違いで再現したのはなかなかかっこいいのではないでしょうか。NYHCスキンズにも熱烈に支持されたIRON CROSSや、単独作を残すことなく消滅してメンバーはFAITHやYOUTH BRIGADEメンバーなどへと発展した幻のバンド UNTOUCHABLESなど、言うまでもなく隅々まで聴き逃し厳禁の必聴作。


Teen Idles
Untouchables
State Of Alert
Minor Threat Stand Up
Government Issue
Youth Brigade (DC)
Red C
Void
Iron Cross
Artificial Peace
Deadline



dischord1981-japanlp.jpg

・V.A. - DISCHORD 1981 : FOUR OLD SEVEN INCHES ON A TWELVE INCH LP 税込2,970円 (Dischord)

Dischord Recordsアーリー・クラシック・リイシュー・シリーズが、帯&解説付きで日本流通バージョンも登場!!こちらはBEYONDSの谷口健氏の解説付き。


the TEEN IDOLES - Minor Disturbance E.P. (1980年)
STATE OF ALERT - No Policy E.P. (1981年)
GOVERNMENT ISSUE - Legless Bull E.P. (1981年)
YOUTH BRIGADE (DC) - Possible E.P. (1981年)


もはや溜め息しか出てこないくらいに生きてるうちに拝むこともないであろうthe TEEN IDOLESのEPを筆頭に、アメリカ全域のみならず、世界中の80年代ハードコア・パンク・シーンに多大すぎる影響を与え指標となったDCハードコア・シーンの拠点レーベル Dischord Recordsを代表するハードコアEP 4種収録。



svartsno-den-lp.jpg

・SVART SNO - Den Sista Spiken I Den Sista Kistan 1987-1997 LP 税込2,530円 (Skrammel)

1987年結成スウェディッシュ・ハードコア・パンクの、未発表含む全22曲入り限定500枚コンピレーションLP。ゲートフォルド・スリーブ内側には当時のフライヤーやカラー写真満載。バイオグラフィー&歌詞掲載インナーも付いてます。

80年代後期~90年代初期に7"とCDを数種リリースして、日本にもけっこう各種輸入されて知名度はそこそこあったバンドですが、世はまさにプレ・クラストなスウェディッシュ・ハードコア・レジェンズ再検証の絶頂期で、こういうDISCHARGE直系の王道スウェディッシュ・スタイルじゃないバンドは全く人気がありませんでした。しかいUSHC影響下の北欧ロウ・スラッシュコアの最高峰と言ってもいいくらい渋いバンドです。90年代の作品などは、SKITKIDSやMOTORBREATHなどのファンも必聴ですが、その辺のドライヴィンな疾走感よりも畳みかけるような曲展開が特徴で、よりオリジナルUSHCの感覚に近いです。


Under Watchful Eyes Records!!


sutu-wrath.jpg

・SUTU - Wrath from Above LP 税込2,860円 (Under Watchful Eyes)

毎年9月に東京で行われるジャパニーズ・スキンヘッズ・イベント「Icepick」にオーナー氏が今年も訪れてたUnder Watchful Eyes Recordsの新作。琥動、二拾九、猿臂、雷矢、Crawler、真摯、RAISE A FLAGなどでシーンの最前線で活動してきたメンバーによる東京スキンズ SUTU(シュト)の2019年新作12曲入りアルバムLPです。

フォーク・テイストの強いジャパニーズ・スキンズ独特のスタイルよりも、楽曲は海外スキンヘッド・ロックにも近い雰囲気もあり、尚且つそこにジャパニーズ・スキンズならではの力強い哀愁メロディーも絶妙にプラスした、男らしさ全開渾身の力作!!ジャケットは鐵槌の田中正司氏によるデザインで帯付。限定250枚プレスで、アクア・ブルー・ビニールとスプラッター・ビニールの2種入荷しています。



growlstrike-sutu-lp.jpg

・GROWL STRIKE / SUTU - Blow Of Judgement SPLIT 12" LTD.50 BLACK VINYL / LTD.100 ORANGE VINYL / LTD.100 SPLATTER VINYL 各税込2,530円 (Under Watchful Eyes)

再入荷!

関東スキンヘッズ・シーンを長年支えてきた面々が結集した各2曲/全4曲収録のSplit 12"EPです。1991年結成のGROWL STRIKEは、メタリックなギターと力強く哀愁のある日本語詞のVo.で、ハードコア・シーンでもファンの多い重鎮3ピース。琥動、二拾九、猿臂、雷矢、Crawler、真摯、RAISE A FLAGなどでシーンの最前線で活動してきたメンバーによるSUTU(シュト)は、泥臭くブルージーなテイストもある男臭さ満点のロックンロール。インナーx2枚とポスター、そして帯も付いて、ltd.50枚ブラック・ビニール/ltd.100枚オレンジ・ビニール/ltd.100枚スプラッター・ビニールのトータル250枚プレス、全3種入荷しています!!



libertycorps-dealer-lp.jpg

・LIBERTY CORPS - Dealer of Death LP 税込3,960円 (Under Watchful Eyes)

Oi &ハードコアのオールスターズながら正体はトップシークレットだというバンドの全8曲入り1st LP。インナースリーブ/歌詞インナー/ポスター/ドッグタグ/デス・カード/ミリタリーIDといった付属品が封入された、全てブラック・ビニールのみの限定99枚リリース。

サウンドはハードコア・テイストもあるアメリカンOi-Coreスタイル全開で、正体をいろいろ探りたくなってしまいます。ミニマム・プレスで付属品が多いので高額ですが、それでもレーベルは赤字のリリースだそうですので、NEW GLORY, MOONSTOMP, 初期the BRUISERS, Oi Core Records, US of Oiあたりのファンはこのチャンスにぜひどうぞ!

LAPINPOLTHAJAT - Lauluja Suomesta CD


lapinpolthajat-lauluja.jpg



・LAPINPOLTHAJAT - Lauluja Suomesta CD 税込1,500円 (Vox Populi)

THINK AGAINとのSplitリリースもあったSOTATILAのメンバーなどが在籍するフィンランド・ロウ・パンク・バンドの、2019年アルバム、Vox Populi盤CD。来日ツアーも間近に控えているバンドです。フィンランド・パンク独特の語感でぶっきらぼう且つ熱くメロディーを歌い上げるVo.が、疾走感満点のハードコア・パンク・チューンに乗った、これぞフィニッシュ・ハードコア・アタック・ロウ・パンクがバリバリ全開です。KOHU-63などのファンにはたまらないでしょうし、ASTA-KASKなどのファンにももちろんオススメ!!


SOTATILA、NEUROOTTISET PELIMANNIT、PAA KII、UHRIT等のメンバーからなるフィンランド産哀愁ハードコアパンクバンド、LAPINPOLTHAJATが遂に日本ツアーを敢行!!

それに合わせて彼らの最新アルバムが全世界先行してCDでリリース!

VOX POPULIからCDでもリリースされた前作同様、FINNISH 70's PUNKと80's PUNK/HARDCOREを無作為的に体現した哀愁ハードコアパンクアタックで、よりシンガロングできる曲もあったりで今作も最高!!

これ聞いて各会場で乾杯を待ちわびてるメンバーに会いに行くのをオススメします!!

LAPINPOLTHAJAT JAPAN TOUR
10.4(金) 札幌 Counter Action
10.5(土) 函館 Casa
10.6(日) 盛岡 ましまし04
10.7(月) 仙台 B/2 STUDIO
10.8(火) 新潟 WOODY
10.9(水) 水戸 Sonic
10.10(木)東京 鶯谷 What's Up
10.11(金) 東京 新宿 Antiknock
10.12-14 東京 Kappunk
10.15(火) 四日市 Vortex
10.16(水) 広島 Coma
10.17(木) 大阪 Kingkobra
10.18(金) 名古屋 Red dragon
10.19(土) 東京 Antiknock
10.20(日) 横浜 El Puente

(インフォメーションより)

Hardcore Punk Holocaust!!


inepsy-losttracks-lp.jpg



・INEPSY - Lost Tracks LP 税込2,592円 (Feral Ward)

2011年の解散後もいまだに人気の衰えないカナダ・モントリオールのメタル・パンク・バンド INEPSYの2009年録音未発表音源が、Feral Wardからアナログ盤でリリース。2000年録音の未発表デモ The Demo / Loudhouse 2000も発掘リリースしていたレーベルから2017年にカセットで初リリースされていたのですが、当店はマゴマゴしてるこっちの未発表デモ・カセットは入荷できなかったので、ヴィニール・バージョンで入荷できてちょっとホッとしています、けっこうお問い合わせもらってたので。See You in Hell 1st 7"ジャケ・アートの特大ポスターも付いています!!

2009年の録音ですから、本作がまさしくINEPSYの最期の作品として発表されるべき音源だったようです。そして、これが当時世に出なかったのが悔やまれます。。。一般的な最終作とされる2007年のアルバム No Speed Limit For Destructionは、かなりR&Rのルーツに寄ったような曲調で、MOTORHEADタイプからKISSやAC/DCなどのテイストも強めていたので、パンクから脱却を図り最期を迎えた、、、という勝手な印象を持っていたけど、この音源の1曲目なんかチョーーーーー初期BATTALION OF SAINTSみたいな(カナディアンだけど)アメリカン・チンピラmotor-chargedドライビング・パンクだし、他の疾走ナンバー以外でもBones脱退後DISCHARGEタイプや、LAメタル風シャッフル・ビートなど、バラエティー豊かでありながら散漫になってなく完成度も高い。そして2000年代パンクスを代表する本物の不良 Chany氏のヴォーカルも完全に仕上がっているかっこよさ。これはもう後期INEPSYに納得いってなかった人でも認めざるを得ないクォリティーでしょう!!



fetish-world-lp.jpg



・FETISH - World Eater LP BLACK VINYL 税込2,916円 / PURPLE VINYL 税込3,996円 (Skrammel)

アナログ盤入荷!!!

POISON IDEAを脱退したThee Slayer Hippy氏とThe VegetableことEric Olsen氏が、PI近年作でギターを担当していたBrandon Bentley氏と、さらにLONG KNIFEからシンガー/ギタリスト/ベーシストの3人と結成した話題のバンド FETISHの1st アルバム、ヨーロッパ・アナログ盤です。先に日本のBreak The RecordsからCDバージョンがリリースされて、その素晴らしい内容にノックアウトされてしまいましたので、けっこう高かったんですが限定パープル・ビニールも欲しくて入れちゃいました。パープル・ビニールは布パッチとポスター付き。このポスターもオールドスクールでかっこいい!!シュリンク・ラップは到着時から開封されて到着していおります。

彼らと親交の深いFORWARDソウイチ氏がこのバンドの発足時からいち早く紹介していましたので、2018年の1st 7"以前から日本でも楽しみにしていた方は多かったバンドだと思いますが、この1stフルレングスはEPで満足していたファンの期待をさらに上回るような素晴らしい内容です。トリプル・ギターの6人編成で、プロデュース力も高いThee Slayer Hippy氏がバンド全体をコントロールしているものと思われ、R&Rのルーツも踏まえたキャッチーさを必殺のドライビング・スピードで畳み掛けてきます。PIの御三方は言うまでもないにしても、抜擢されたのがLONG KNIFEの3人だからこそ、ここまでの完成度に仕上がったのでしょう。EPで披露した2曲も収録していて、60年代アメリカン・サイケ/フォーク・ロック・バンド LOVEをカバーするセンスもまた、まるでThee Slayer Hippy氏在籍時PIを彷彿させるド渋さ。7曲目"Ride On"が”Welcome to Krell"、8曲目"The Walk"が"Feel The Darkness"に似てるのはわざとかな?ま、なんにせよ全く枯れてない!!ホントかっこいい!!!



kuroishi-sound.jpg



・KUROISHI - Sound the Alarm CD 税込1,620円 (Break The Records)

TERVEET KADETの元メンバーが在籍するフィンランド・ハードコア・パンク KUROISHI(黒い死)の2019年2ndアルバムCDが、2018年の来日ツアーもサポートしたBreak The Recordsからリリース。Sugi氏によるアートワークのペーパーフォルド・スリーブです。WOLFPACKやTRAGEDYなどの1990~2000年代抒情クラストを土台に、熱いシンガロングなコーラスなどでジャパニーズ・ハードコアのスピリッツも導入したような、ネオ・クラスト・ファンにもオススメの爆走ハードコア!!多彩なゲスト陣の顔ぶれにも表れている通り、単調にならずに随所に工夫も感じさせます。

地元FINLANDでもメンバーがハードコアフェスを主催し、WARHEADやSYSTEMATIC DEATH、DROPDEADなどを招致するなど、現在のシーンを引っ張る活躍を見せる中、ここ日本でも2018年に来日し、NoLA、NO EXCUSEと共に全国を行脚。その存在感を広くアピールした。黒く、陰鬱とした雰囲気を内包しながら加速させていくD-BEAT。コーラスパートも厚く、そして熱い。絡み合う二本のギターの妙も彼らの音楽的な下地がしっかりと活きているのを感じる事が出来るものだ。ゲストワークにはD-TAKT & RÅPUNKのJOCKや、NoLAのTAKERU、NO EXCUSEのHAYATO、SYSTEMATIC DEATHのRYUの名前が並んでいる。メインのアートワークは言わずもがなのSUGI氏。そしてEnormous Doorによるマスタリングという事で、鉄壁の布陣で制作された事がお分かりいただけるであろう。(インフォメーションより)


10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR