RECORD BOY

EL ZINE Vol.43


elzine43.jpg

・EL ZINE - Vol.43 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号#43!


●SPECIAL DUTIES
(『Punk Is Dead』と歌ったCRASSに対して、真っ向からケンカを売った作品『Bullshit Crass』でも知られているUK82バンド、SPECIAL DUTIES。そのオリジナル・ベーシストにして現在はヴォーカルを務めているSteve Dutyへのインタヴュー&バイオグラフィ)

●UNDERGROWTH VANCOUVER 2020
(カナダ/バンクーバーの現在のパンク/ハードコア・シーンに関するテキストと、3バンドへのインタヴュー)

●SPECTRES
(過去にはLEBENDEN TOTEN/FrankのレーベルであるWhisper In Darknessからも作品をリリースしていた、バンクーバーのポスト・パンク・バンドSPECTRES。そのヴォーカリストであるBrianへのインタヴュー)

●PHANE
(バンクーバーのUKスタイル・ハードコア・パンク・バンドPHANEのギタリストにして、当地のパンク・フェスHave A Good Laughの主催者でもあるCordieへのインタヴュー)

●BOOTLICKER
(バンクーバーなどを拠点に活動している、Oi! meets ボストン・ハードコア meets D-Beatなバンド、BOOTLICKERのヴォーカリストであるLewisへのインタヴュー。※Lewisは5月に来日を予定していたMASS GRAVEでもヴォーカルを務めている)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、イギリスのDIEとアメリカのWARCRYのライヴ・フォト・レポート)

●Distort Reality
(アメリカ/ポートランドのノイズ・パンク・バンドFRENZYのベーシストにして、日本のバンドも数多くリリースしているハードコア・レーベルDistort RealityのオーナーであるSkellへのインタヴュー)

●SOLPAATOS
(昨年にディスコグラフィCDを、そして今春にはそのディスコグラフィのアナログ盤をリリースした、新潟のフィンランド式ロウ・ハードコア・パンク・バンドSOLPAATOSへのインタヴュー)

●NAGASAKI NIGHTMARE
(STAGNATION/C etcのAzusaが主催し、今年は8月9日に長崎で開催される予定のイヴェント『NAGASAKI NIGHTMARE』。そのイヴェントや長崎、そして平和に関するコラムby山下大介/VELOCITYUT)

●ROOTS OF T.K. FROM NAGASAKI PUNK HISTORY
(大阪で活動するDEFORMATION QUADRICのメンバーにして長崎出身のT.K.による、自身のルーツに関するコラムby T.K./DEFORMATION QUADRIC)

●record KNOX
(茨城県水戸市のパンク/ハードコア・レコード専門店record KNOXのオーナーである橋本氏へのインタヴューby Shooter/the GEROS)

●うしろ前さかさ族
(東京で活動するうしろ前さかさ族のフロントマンにして、cuntsではドラムを務める関口マーフィー氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●ANTIGEN
(ドイツのゲッティンゲンとチェコのプラハに暮らすメンバーらによる、女性ヴォーカルのメロディアスなポリティカル・ハードコア・パンク・バンド、ANTIGENへのインタヴュー)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

●Destroy Noise Photos
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai/弓場井宜嗣による写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS:オマージュ/パロディ・ジャケット博覧会
(パンク~ハードコア・バンドなどに見るオマージュ/パロディ・ジャケット、例えばTHE CLASH『London Calling』のジャケット・デザインがエルヴィス・プレスリーの1stアルバムのオマージュだったり、といった事例を紹介したテキストby大越よしはる)

●CLUSTER CORONA UNIT
(新型コロナ・ウイルス・パンデミックの中、海外のパンクスはどのような生活をしているのか?今号でインタヴューをした海外バンドのメンバーに聞きました)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

関西ハードコア BOOK 重版



kansaihardcore-book.jpg

・関西ハードコア BOOK 重版 税込1,980円

初回版完売につき重版決定!!到着しました!!


重版決定!

4月30日に刊行したハードコアファン待望の書籍「関西ハードコア」が刊行後瞬く間にソールドアウト!多くの問い合わせにより新版により重版が決定いたしました!

今回は新たに1983年に阿木譲氏が刊行した「rock magazine」の61号にて特集した関西ハードコア「We Are The Boys」の特集ページを新たに掲載しての刊行となります。内容はそのままに、写真やイラストページが増量して重版いたします。お届けは6月上旬頃になります。今回も部数が限られておりますので、買い逃した方は本当のラストチャンス!

当時起きた関西ハードコアシーンを深く掘り下げる内容で、ライターにはハードコアバンドのFORWARD / DEATH SIDEにて活躍しておりますISHIYA氏。 さらにインタビュアーには当時の関西シーンから現在まで活躍しているRAPESのSHINTANI氏を迎え、 通常世に出ることができなかったであろう内容で、秘蔵写真も含め盛りだくさんと、まさに関西ハードコアの決定版です!

全部が実話実録ハードコア!
関西で一番ヤバくて凄くてワルくてカッコイイやつらの記録!
──JOJO広重(非常階段)──


収録
WESTERN HARDCORE
Cherry & Shintani
SxOxB
Nightmare
OUTO
M.O.B.S
K-YAN(EGG PLANT)
CHARMY & PON
RAPES WARHEAD
SHIGA-Chang
rock magazine(We Are The Boys)


「関西ハードコア 」
定価1,800円+税/A5版並製 
158ページ
(インフォメーションより)


EL ZINE - Vol.42


**新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、2020年4月16日から5月6日まで臨時休業しておりますが、通販に関しましては、引き続きご注文を受け付けます。実店舗での対面販売は5月6日まで休止致します。オンラインで商品確保のうえで、配送による受け取りが困難な方は、ご相談ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。



elzine42.jpg

・EL ZINE - Vol.42 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号#42!なんと言っても今回はScreaming Mad George氏のインタビューが最高に面白い!!数年前にバウンティハンター・ヒカル氏が紹介してて私は初めて見た「裸のロックンロール」は、可愛すぎる小学生のハーレー・フラナガン氏よりも、メンヘラ全開のリッチー・ストッツ氏や、関西弁でガイドする船原長生氏の姿に、思い描いていたNYパンクとのギャップを感じながらも大興奮してしまいましたが、本誌でインタビューに答えるScreaming Mad George氏は、初期NYパンク生き証人どころか完全に気のいい関西のおじさん(と言うかおじいちゃんな歳だけど)で、しかも面白く、少年の心のままで、ほんとカッコいい。素晴らしい。憧れます。あ、あと、バンドマンに紛れてなぜか私も革ジャン紹介させられてますので、BOYが気にいらない人やBOYなんか気にならない人は、そこは飛ばして読んでください。


●SCREAMING MAD GEORGE from THE MAD
(特殊メイク・アート界の巨匠にして、NYで活動した伝説のパンク・バンドTHE MADのヴォーカリストであるSCREAMING MAD
GEORGE氏へのロング・インタヴューby Shooter/the GEROS)

●掟ポルシェfromド・ロドロシテル
(ロマンポルシェ。のフロントマンとして知られる掟ポルシェ氏のワンマン・デス・メタル・プロジェクト、ド・ロドロシテルへのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●Leather, Bristles, Studs and Spring. エルジン 春の革ジャンまつり
(春なのでバンドマンetcの方々に、ご自慢の革ジャンを紹介してもらいました。登場して頂いたのは:
・Masayasu Futatsugi/G.A.T.E.S
・クボタ/SLIGHT SLAPPERS
・今村紀康/POGO77 RECORDS, TOM AND BOOT BOYS
・ANGEL/the GEROS
・リュウヘイ/kuoleva
・大倉 了/RECORD BOY
・コマツ/ESPERANZA, XIDENTITY
・GORI/CONTRAST ATTITUDE
・モヤシ/DEFORMATION QUADRIC, THE ANTIDOTE, POIKKEUS?
の9名です)

●オスロ・ハードコア・パンク・シーン・レポート
(ノルウェーはオスロのパンク・レーベルBYLLEPESTのオーナーであるDanielによる、当地のシーン・レポート)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●REALIZED
(13年ぶりとなるニュー・アルバムを6月下旬にリリース予定の、札幌のハードコア・バンドREALIZEDへのインタヴュー)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、LIFEWRECKとDISGUISEのライヴ・フォト・レポート)

●TOMAR CONTROL
(南米ペルーのリマで活動するオール・フィメール・ストレートエッヂ・ハードコア・バンド、TOMAR CONTROLへのインタヴュー)

●AMOK RECORDS
(89年に設立され、95年にその活動を停止するも、2019年に復活を遂げたドイツのハードコア・レーベル、AMOK
RECORDSのオーナーHolgerへのインタヴュー)

●WEAKS
(ex.LASTLYなどのメンバーからなる飛騨のハードコア・パンク・バンド、WEAKSへのインタヴューby T.K./DEFORMATION QUADRIC)

●Non Musically Lifestyle
(久々となる発行人の日記です)

●JARADA
(イスラエルはテルアビブのハードコア・パンク・バンド、JARADAへのインタヴューby鈴木智士/Gray Window Press)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

●Destroy Noise Photos
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai/弓場井宜嗣による写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS:V.A.『都市通信』
(1980年のオリジナル・リリースから40年ぶりに再発されたV.A.『都市通信』を、当時の関係者の証言をフィーチュアしながら紹介するテキストby大越よしはる)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

DEBACLE PATH - Vol.2 BOOK


**新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、2020年4月16日から5月6日まで臨時休業しておりますが、通販に関しましては、引き続きご注文を受け付けます。実店舗での対面販売は5月6日まで休止致します。オンラインで商品確保のうえで、配送による受け取りが困難な方は、ご相談ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。


debaclepath2.jpg

・DEBACLE PATH - Vol.2 BOOK 税込1,540円 (Gray Window Press)

無我, TECHNOCRACY, VOCO PROTESTAや、最近はCOTGRAVEでもバンド活動を続ける鈴木智士氏発刊パンク・ファンジンの第2号です。出版物や音楽ソフトはもちろん、商品として流通するあらゆるものには、2作目は1作目より売れないという宿命があり、鈴木氏ももちろんそれは理解していて、「1号より売れないと思う」と以前から言ってたので、1号もまだ隅々まで完全読破していない自分もこの2号には高いハードルを覚悟してましたが、SKAVEN, LACHRYMOSE, ASUNDERのジェフ・エヴァンス氏、625 Thrashcore, PLUTOCRACY, SPAZZ, WHN?, etcのマックス・ウォード氏、Game Of The Arseholes Recordsのスチュアート・シュレイダー氏、この3人のインタビューはなかなかに引き込まれる内容であり、そして個人的に共感する発言がかなりありました。

普段本も読まないバカが一部の箇所だけ脳にすりこんで「共感」したつもりになり即席の理念を語るのが一番イタいのは理解してるつもりなので自己弁護しておきますと、共感したのは彼らの住むアメリカ社会の問題などの話ではなく、ステンチコア・クラストとフューネラル・ドゥーム・デス・メタル(ジェフ氏)、パワーバイオレンス(マックス氏)、80'sハードコアやロウ・パンク(スチュアート氏)の各シーンで功績を残した3人に共通する、「当時流行ってる音楽がつまらなかったから、自分の好きな音楽を追求したらダサいと笑われ、地元やシーンでは半ば村八分のように扱われてた」と言う点。これは孤立したようなスタンスで店を続けてる者にとっては非常に勇気づけられます。パワーバイオレンス回顧録に付き物のウザい武勇伝もないし、あとDEFORMED EXISTENCE久保景氏の、UKクラストmeetsインダストリアルも面白そうなので、当店でハードコアもメタルも両方聴いてる人も、こういう機会にこそじっくり読んでみてはいかがでしょうか!!


ハードコア・パンクの出版レーベル、Gray Window Press が発行する雑誌の第 2 号。今号の小特集は「ハードコア・パンクと学術」として、パンク生活から大学院/アカデミックな「知」の道へ進んだアメリカのパンクス3人、Spazz などのバンドやレーベル 625 Thrashcore のマックス・ウォード、Skaven、Asunder といったバンドで活動したジェフ・エヴァンス、レーベル Game of the Arseholes のスチュアート・シュレイダーにインタビューを行った。パンクとの出会い、バンド生活から学術生活への移り変わり、またアメリカの現状―ジェントリフィケーション、民主党の対トランプ候補者選びに影響を与えている DSA(アメリカ民主社会主義者)、今のパンクスのことなど―について聞いた。

その他、前号に引き続きイタリア・トリノのスクウォット(空き家占拠運動)事情、Voĉo Protesta 植本氏へのインタビュー後編、小説家のモブ・ノリオ氏による連載「絶対兵役拒否宣言 NEVER SAY DIE!」第 2 回は、Abraham Cross のリミックス音源のアートワークをめぐるエッセイを掲載。またトルコ・イスタンブールのパンク史についての寄稿や、組版者の前田年昭氏による音楽/天皇制/日本語の関係の考察、Ignition Block M のヴォーカル・アイシャによるパンクシーンのフェミニズムへの意見、Deformed Existence 久保氏によるインダストリアルミュージックの UKクラストへの影響を振り返った論考、編者による「パンクス登場映画」約 50 本を網羅した記事に加え、各種レビューも増え、前号よりボリュームアップしてようやく発売!


■■小特集: ハードコア・パンクと学術
〔インタビュー〕
・パンクは常に、「学校」だった/ジェフ・エヴァンス (Skaven, Lachrymose, Asunder)
【80 年代初頭のパンクとの出会いから 90 年代ベイエリア・シーンの話、アジア思想研究へ進んだ経緯から、現在のベイエリアのハイパー・ジェントリフィケーションの話まで】
・パワーバイオレンスから思想犯罪まで/マックス・ウォード (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth 他)
【日本のパンクス、スラッシャーズもお世話になった Max 625。「パワーバイオレンスとは何だったのか」という回想から、アメリカの大学制度の基本的情報、日本史研究者として現在の日本社会をどう見ているかまで、24,000 字超のロングインタビュー!】
・私たちのパンクのアイデアを積極的に再考すべき/スチュアート・シュレイダー (Game of the Arseholes, ShitFi.com)
【知る人ぞ知る学者パンクス、スチュアートが見る現代の DIY パンクシーンとは? 過去にリリースもしていた Discloseについての言及は読み逃し厳禁!】
・〔付録〕DSA(アメリカ民主社会主義者)について/A. K.アコスタ
・解説―学びの場としてのハードコア・パンク・シーン/鈴木 智士
■エッセイ、寄稿
・混迷こそが人生!/植本 展弘(Voĉo Protesta)
・誰のために歌うのか 天皇の戦争責任と日本語の歴史/前田 年昭
・絶対兵役拒否宣言 NEVER SAY DIE! ② ある絵が訴えかけてくるもの/モブ・ノリオ
・“Women’s Power”にパワーはあるのか? 脅迫的な自己主張の時代に表現するということ/アイシャ (Ignition Block M)
・〔イタリア〕 トリノのスクウォット事情 その2: インタビュー:Ossa Cave/Edera Squat/しろー
・〔トルコ〕 「パンク世代はいらない」 ―イスタンブールのパンクス/エリフ・エルドアン
・劇映画の中のパンクス ―『処刑教室』からアンゲロプロスまで/鈴木 智士
・〔レポート〕マンプラン バンドンのアーティスト 10 人展
・UK CRUST meets INDUSTRIAL/久保 景(Deformed Existence)
■レビュー(音源、書籍、映画)
・Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 /Beth Gibbons and
the Polish National Radio Symphony Orchestra /鈴木 智士
・The Caretaker/Everywhere At The End Of Time/ Terroreye (Kaltbruching Acideath)
・Thergothon / Through the Pits Of Time /鈴木 智士
・離散者がいずれの国家も選択せず生きる道のり ――中村 一成『ルポ 思想としての朝鮮籍』/新井 一三
・私たちの物語を ――チョ・ナムジュ『82 年生まれ、キム・ジヨン』/堀エマソン
・「私たちの将来を考えなくてはいけない」――『異国に生きる 日本の中のビルマ人』/どあのぶ

(インフォメーションより)


SAKEVI YOKOYAMA - Oppressive liberation spirit Volume 1 ART BOOK



**新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、2020年4月16日から5月6日まで臨時休業しておりますが、通販に関しましては、引き続きご注文を受け付けます。実店舗での対面販売は5月6日まで休止致します。オンラインで商品確保のうえで、配送による受け取りが困難な方は、ご相談ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。



sakeviyokoyama-oppressive.jpg

・SAKEVI YOKOYAMA - Oppressive liberation spirit Volume 1 ART BOOK 税込11,000円 (BEAST ARTS International)

視 覚 的 音 響 療 法 始 動

G.I.S.M.創世記からのフライヤーやジャケット
WARPやBURSTに掲載したアートワーク
自身のブランド「stlTH®️」
横山SAKEVIによる数々の作品から醸し出される
シニカルな狂気を堪能せよ!!
画集第1弾、遂に世界一斉発売。

■仕様:ハードカバー、A4サイズ、320ページ

(インフォメーションより)


06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR