RECORD BOY

EL ZINE Vol.34


elzine34.jpg

・EL ZINE - Vol.34 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#34です。今回は今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いと言った感じのTHE TITSが表紙&特集。インタビューや、海外コレクターも翻弄されるこれまでのリリースなどが紹介されています。さらに、念願の来日を果たしたUSスカム・パンク帝王 ANTISEENとそれをサポートした流血ブリザード、香川ブラックメタル ungodly、さらにはG.A.T.E.S二ツ木氏も最後の最後にチラッと登場しています!!


●THE TITS
(2019年1月に1st LPをリリースする東京のハードコア・パンク・バンド、THE TITSへのインタヴューと、Voの狂介氏によるTHE TITSの音源紹介)

●RECORDSHOPS RECOMMENDED RECORDS 2018
(レコード屋さんに、今年リリースされたor入荷させた音源の中から、オススメの作品を挙げて頂く年末恒例のコーナー。今年参加して頂いたお店はコチラです↓)
・recordshop ANSWER
・WATERSLIDE RECORDS
・RECORD SHOP BASE
・RECORD SHOP DIGDIG
・RECORD BOY
・record KNOX
・PUNK AND DESTROY
・TIMEBOMB RECORDS
・disk union
・disk shop MISERY

●SMIERC
(ex.IMPERIAL LEATHERやex.ABDUCTEE
S.D.などのメンバーからなる、"ポーランド語"で歌うスウェーデンの女性Voハードコア・バンド、SMIERCへのインタヴュー)

●ハードコア・パンク・レーベル座談会
(BREAK THE RECORDSの安藤氏、POGO 77 RECORDSの今村氏、OVERTHROW
RECORDSの森下氏による座談会。「どうして音源は売れなくなったのか?」、「限定盤の是非について」、「レコードとCD、どちらが優れているか?」などのテーマについて語ってもらいました)

●Inner Space Photography
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●WANNA
(ex.D-CLONEとex.HATSURIのメンバーによる長崎拠点の日本語パンク・ロック・バンド、WANNAへのインタヴュー)

●Dra at helvete!
(正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのVoであるSkitkatt氏によるコラム)

●ANNEX
(テキサスのD-Beatパンク・バンド、BASTARD SONS OF
APOCALYPSEのメンバーだったMigasとOmarによる女性Voポスト・パンク・バンド、ANNEXへのインタヴュー)

●COZ
(神戸のパンク・バンドBLONDnewHALFのドラマー、COZ氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、WARTHOGとGOVERNMENT FLUのライヴ・フォト・レポート)

●ungodly
(香川県高松市を拠点に活動しているブラッケンド・デスラッシュ・メタル・バンド、ungodlyへのインタヴュー)

●LASHING SPEED DEMONS:流血ブリザードvs ANTiSEEN
(11月に初来日を果たした米国ノースカロライナのANTiSEENのVoであるジェフ・クレイトンと、流血ブリザードのVoであるユダ様による対談&ライヴ・レポートby大越よしはる)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●チャレンジ・インタヴュー
(フタツギマサヤス氏[God Admires The Evil Soul]、サカイコウスケ氏[NONONO])

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

VINTAGE AND EVIL BOOK


*毎週水曜は当店の定休日ですが、本日は通販対応/入荷処理/大掃除など出来たらいいな、と思いまして出勤しております。ご来店も対応致しますが、チョクチョク店を出て留守にしたり、あと当初は20時くらいまで頑張ろうと考えてましたが、やっぱり19時くらいで引き上げたい気もしますので、ご来店前にお電話かメールで状況確認くださるとありがたいです。


vintageandevil-book.jpg

・VINTAGE AND EVIL - BOOK 税込2,160円 (オルタナパブリッシング)

東京メタルパンク WITCHSLAUGHTギターの杉本憲史氏監修のヘヴィメタル・ディスコグラフィー・ブック。音楽性でサブジャンル分けすることよりも、60年代のプレ・ヘヴィメタルなハード・サウンドから現代のエクストリーム・メタルにまで、伝統様式と美学に根差したバンドを紹介しています。便宜上、ヴィンテージと言うのが手っ取り早いけど、オールドスクールなヘヴィメタルとメタルパンクにも興味があるような人にとってうってつけの入門書でしょう。こちらは国内商品ですが、5400円以上お買い上げで送料全国一律500円 / 16200円以上お買い上げで送料無料サービス対象商品となっておりますので、ぜひお買い求めください!


監修・著者:杉本憲史
執筆ライター:別府“veppy”伸朗(音楽ライター)、濱島浩輝(Outbreak Riot)、Yu(Witchslaught)、Minachin(Witchslaught)、加藤隆雅(梵天レコード)
発行:オルタナパブリッシング

「これは、アンダーグラウンド・メタルの精神史である。」
現代のメタルシーンでは、レコードの再発ブームや多くのバンドのオールドスクール・スタイルへの回帰により「ヴィンテージ・リバイバル」が叫ばれて久しいが、アンダーグラウンドではそんなこと今に始まったことじゃあない。今も昔もマニア達はレコード盤買い漁り、アナログ音質に感涙し、ライヴハウスで飲み、騒ぎ、愛するバンドや名盤の魅力を語り合って夜を明かす。本書は、そんな地下メタルシーンの音楽史と精神史を総覧することを目的とし、ハードロック黎明期から現代までマニア達に語り継がれる“Vintage”かつ“Evil”な音源を年代順に定番商品から再発モノ、カルトアイテムまで約800枚紹介する。

■「ヴィンテージ」とは
アナログ盤の真に迫るようでいて心安らぐような音質、ローファイな録音環境で収録された低出力な音量、一発録りに近いレコーディングでなされた生々しい臨場感。

■「邪悪」とは
歌詞や音楽のコンセプト上で悪魔や魔術、一般的な社会通念上美徳とされていることに対しての不徳をモチーフとしていること、(あくまでリスナーの主観によるが)音自体が魔術性を帯びていること。

■60年代後半~70年代(サイケ、ガレージ、ハードロック)
■80年代前半(NWOBHM、パワー・メタル、スピード・メタル、ハードコア・パンク)
■80年代後半(スラッシュ・メタル、デス/ブラック・メタル・オリジネイター、メロディック・パワー・メタル、メタル・クラスト)
■90年代(ドゥーム・メタル、オールドスクール・デス/ブラック・メタル、ブラッケンド・スラッシュ・メタル)
■00年代~(NWOTHM、メタル・パンク、ヴィンテージ・ハードロック、スラッシュ・メタル・リヴァイヴァル、再発音源)

掲載バンド(一部)
Coven、Blue Cheer、Black Sabbath、Budgie、Sir Lord Baltimore、Motorhead、Iron Maiden、Venom、Pagan Altar、Angel Witch、Witchfinder General、Pentagram、Saint Vitus、Trouble、Plasmatics、Discharge、Zadkiel、Doom(UK & JPN)、Anti Cimex、G.G. Allin、Mentors、Mercyful Fate、Hellhammer、Bathory、Candlemass、Slayer、Bulldozer、Razor、Sodom、Sarcofago、Bolt Thrower、Obituary、Nihilist、Darkthrone、Von、Beherit、Blasphemy、Sabbat(UK & JPN)、Sigh、Abigail、Nifelheim、Gehennah、Cathedral、Electric Wizard、Church Of Misery、Toxic Holocaust、G.A.T.E.S、Midnight、Witchcraft、Ghost、Satan’s Satyrs、Admiral Sir Cloudesley Shovell、The Shrine、Zex、Evil、Nepenthes、etc......

(インフォメーションより)


THE MISFITS - Teenagers From Mars : The Misfits Among Us, 1978-2006 BOOK




・THE MISFITS - Teenagers From Mars : The Misfits Among Us, 1978-2006 BOOK 税込4,428円 (Bazillion Points / Presspop)

お待たせしました!!当店にはこれまでCELTIC FROSTのTom G. Warrior自伝 Only Death is Realなどメタル系を中心に数々の興味深い書籍が入荷してきたUSの音楽出版社 Bazillion PointsがMISFITSの写真集を発売!!しかも今回は日本流通版で日本語訳ブックレットが付き、これがかなり面白い。BLACK FLAGとの初御対面エピソードや、長きに渡りグレン・ダンジグ氏に尽くすSteve Zing氏の三歩下がって歩く健気な性格など、MISFITS結成前からの友人であったバンド最初の専属カメラマンが当時を振り返ったコラムが、今回は日本語ブックレットでしっかり理解して読むことができます。もちろん初公開写真満載!!!


ハードコア”ホラー”パンクの父、ミスフィッツ写真集!

火星からやってきたティーンエイジャーたち
“はみだし者たちの軌跡 1978-2006”
フランク・ホワイト
ケン・カイアファ

1977年、米国ニュージャージー州のローディという町でグレン・ダンジグとジェリー・オンリーはパンクロックとB級ホラー映画を融合させた唯一無二のバンド、ミスフィッツを結成し、音楽界に革命を起こした。ジェリーとバンドのギタリストでもあったドイルの弟、ケン・カイアファは、彼らの自宅等でバンドの結成時の様子を活き活きと捉えたスナップ写真を撮影していた。
また、1970-80年代には、ニューヨーク市のアービング・プラザやマックス・カンザス・シティ、サンフランシスコのロック・オン・ブロードウェイ、カリフォルニア州のカッコーズ・ネスト等で行われた伝説のライブの様子もカメラで捉えていた。
一方で1970年代から様々なミュージシャンを撮影し続けてきた伝説的音楽写真家フランク・ホワイトは90年代の再結成後のバンドを追い、モンスターが登場するミュージックビデオの撮影の様子やニューヨークのCBGBやヨーロッパのフェスでのステージの様子を撮影していた。
そんな二人の貴重な未公開写真を集めて構成されたこの本はそのユニークで激しいアイデンティティで我々を魅了し続けるハードコア”ホラー”パンクの父、ミスフィッツの30年にも及ぶ貴重なビュアル史だ。

👀70,80,90年代及び2000年代に渡って撮影された400枚にも及ぶ未公開写真がホラーパンクスたちの誕生から開花そしてそれ以降の軌跡をドキュメント!

👀ミスフィッツ一家での暮らしやバンド活動の様子を知ることができるフランク・ホワイトとケン・カイアファによるエッセイの日本語訳付き!

👀海外ではローリングストーン誌、NPRラジオ、Viceマガジン、デシブル、リボルバー、ザ・ガーディアン、各種ソーシャル・メディアやポッドキャストによる絶賛のプレス!

👀バンドは2016年に再再結成し、それ以降2年間の間のライブでは100,000枚以上のチケットをソルドアウトにし、2019年の4月にはアリーナでのライブを予定!

著者:フランク・ホワイトとケン・カイアファ
言語:英語(✳日本語訳ブックレット付き。翻訳:村上史子)
ハードカバー
192ページ
サイズ:215×282x 20mm
(インフォメーションより)

EL ZINE Vol.33 w/ GALVANIZER INTERVIEW


*定休日夜中ですけど、これだけアップさせてください!!


elzi-33-1.jpg

elzin-33-2.jpg

・EL ZINE - Vol.33 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#33です。今回はフィメール・パンクの特集号なんですが、ここはやはり私も関わりましたデス・メタル関連ページについて語らせてください。Me Saco Un Ojoオーナー氏から依頼され、Asakusa Deathfestで来日したフィンランド・ヤング・デス・メタル GALVANIZERのインタビューが掲載されています。しかしEL ZINEの貴重な誌面をいただいたはいいけど、パンク・マガジンに唐突にGALVANIZERだけ載っても果たしてプロモーションになるのか?ということで、急遽BUTCHER ABC / Obliteration Recordsの関根氏とFAST ZINEの松本氏にも協力をいただき、フィンランド・デス・メタル座談会を行いました。Asakusa Deathfest前で大忙しの関根氏と、お仕事を早く切り上げてもらった松本氏のお二方を新宿の居酒屋に呼び出して、飲み代は自腹で語ってもらうという、なんとも急で失礼な提案にも関わらず快諾していただき、非常に面白いフィンランド・デス・メタル談義ができたと思います。当店でデス・メタル商品を買って下さっている方全員必読と断言致します!!!


●WOMEN in HARDCORE

・EXOTICA (11月に来日ツアーを予定しているニューヨークの女性Voハードコア・バンド、EXOTICAへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・MALIMPLIKI (EXOTICAと共にツアーを廻る、東京の女性3人組ロウ・ハードコア・パンク・バンド、MALIMPLIKIへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・KRIMEWATCH (THE COMES meets NYHCなサウンドで話題沸騰中の、日本人女性がVoを務めているニューヨークのハードコア・バンド、KRIMEWATCHへのインタヴュー)

・RINA (メキシコ・シティの女性Voロウ・ハードコア・バンド、RINA [VoとBaはex.ANTI-SEX]へのインタヴュー、その後編)

・PAST (THE FIGHT [vol.5にてインタヴューを掲載]などのハードコア・バンドで活動してきたGosiaがVoを務めるポーランドのポスト・パンク・バンド、PASTへのインタヴュー)

●BLACK KONFLIK RECORDS (カセット・テープでのリリースをメインに行なっている、マレーシアのクラスト・パンク/ハードコア・レーベル、BLACK KONFLIK RECORDSのオーナー、Aizuへのインタヴュー&ディスク・レヴュー)

●フィンランド・デス・メタル座談会 (BUTCHER ABC etcの関根氏、FAST ZINEの松本氏、RECORD BOYの大倉氏による、フィンランドのデス・メタルについて語ってもらった座談会)

●GALVANIZER (Asakusa Death Fest 2018で来日を果たすフィンランドの若手デス・メタル・バンド、GALVANIZERへのインタヴューby Edu/ATARAXY)

●Inner Space Photography (前号vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●ATARAXIA (茨城のクラスト・パンク・バンド、ATARAXIAのVoであるAsao氏 [ex.DESTRUCTION]へのインタヴュー)

●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●TOM AND BOOT BOYSカナダ・ツアー・レポートPART.2 (6月にカナダ/バンクーバーで開催されたHave A Good Laugh Festivalに出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポート、その後編by 今村紀康/TOM AND BOOT BOYS, POGO 77 RECORDS)

●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、AXE RASHとBATTLE RUINSのライヴ・フォト・レポート)

●BARROWS (9月に自主で1st 7インチをリリースした兵庫/但馬のD-Beatパンク・バンド、BARROWS。そのBa & VoであるAsada氏へのインタヴュー)

●Dra at helvete! (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのVoであるSkitkatt氏によるコラム)

●ナカムラルビイ (酢酸カーミンetcのフロントマンにして、中村達也氏の娘さんでもあるナカムラルビイ氏へのインタヴューby ツトム/悲観レーベル)

●MAD MANIAXヒロシ vs DEFORMATION QUADRICカラクリ (11月にリリースされるMAD MANIAXとDEFORMATION QUADRICによるスプリットCDを記念した、両バンドのメンバーによる対談)

●LASHING SPEED DEMONS:PINK FAIRIES (MOTORHEADの前身バンドの一つとも言える、PINK FAIRIESの詳細なバイオグラフィby 大越よしはる)

●LO-FI (ブラジルのリグレッシヴ(回帰的)ロックンロール・バンド、LO-FI へのインタヴューby Rafael Yaekashi)

NAUSEA - #1 BOOK + RATTUS / DOOM (UK) Split CD




・NAUSEA - #1 BOOK + RATTUS / DOOM (UK) Split CD 税込1,620円

2011年にブラジルで発刊されたCD付きのファンジンです。テキストはブラジル母国語のポルトガル語表記で、ブラジル国外には恐らく今まで全く流通してないかと思いますが、付属のCDがフィランドRATTUSとイギリスDOOMというハードコア・パンク大御所2バンドによるSplit CDということで、世界中に熱狂的信者を抱えるその2バンドのファンにとっては非常に入手難易度の高いリリースとして知られています、かな?日本では恐らく未だに存在も知られていないCD付きファンジンですので、ぜひこの機会にどうぞ!!

掲載バンド : EXTREME NOISE TERROR, 7 MINUTES OF NAUSEA, RATOS DE PORAO, SPEED KILLS, INEPSY APOLALYPTIC RAIDS, RATTUS, DOOM

RATTUS / DOOM (UK) - Split CD
1. Rattus - Ahneus
2. Rattus Rumia Ruumiita
3. Rattus Jos Ei Olis Armeijoita
4. Rattus Viima Ei Peta
5. Rattus Sodan Tragedia
6. Rattus Reaganin Joululahja
7. Rattus Miks Haluat Tapella
8. Rattus Medley
9. Doom - A Dream To Come True
10. Doom - Relief
11. Doom - Natural Abuse
12. Doom - Fear Of The Future
13. Doom - Sympton Of The Universe + Life Lock
14. Doom - Slave To Convention
15. Doom - Drowning In The Mainstream
16. Doom - Same Mind
17. Doom - Police Bastard
18. Doom - Means To An End

Track1 : 2010年録音
Tracks 2-8 : 2006年録音
Tracks 9-18 : 1992年リハーサル
12 | 2019/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR