RECORD BOY

Scandinavian Jawbreaker Punks!!


blackuniforms-faces-cd.jpg



・BLACK UNIFORMS - Faces Of Death CD 税込1,620円 (Black Konflik)

80'sメタルパンク永遠のマスターピース、スウェーデンのBLACK UNIFORMSが1989年に発表した唯一のフルレングス・アルバムが、マレーシアのBlack Konflik Recordsから限定500枚CDで遂に再発。告知されて即レーベルで完売し、日本国内でも予約の申し込みがレコード屋各店に殺到しているようで、このCDは恐らくそういつまでも楽に入手できる状況は続かないでしょう。deathが!!!!!、当店は2019年上半期の運命をPOISON IDEAとこのBLACK UNIFORMSに委ねていますので、もちろん十分な枚数をガッチリ押さえて仕入れました。このltd.500枚初回赤帯バージョンは即完売につき、バンドとレーベルはすぐさま緊急追加プレスも決めて、その2ndエディションはltd.200枚青帯バージョンとなっていますが、そちらももちろん追ってまた大量に入荷しますので、1stエディション赤帯も2ndエディション青帯も両方欲しい!!という声もたくさん聞きますから、ご希望の方は備考欄にて一言添えてお問い合わせください。本日からお取り置きスタートご注文の方には、2ndエディションの到着も待ってまとめてご精算できるように前向きに検討致します。既に他商品のお取り置きがある方は、2ndプレス青帯のご予約は現在進行中のご注文と別清算でお願いします。

MODERAT LIKVIDATIONのベーシストだったCliff Lundberg氏がギターを担当し、同じくMODERAT LIKVIDATIONシンガーのWisemark氏と中心となり結成したメタリック・ハードコア・パンク・バンド。この作品の前後にデモ数種を発表していて、それらデモを集めたコンピレーション・アルバム Splatter Punx On AcidがUSのHardcore Holocaust Recordsから2001年にLPとCDでリリースされていましたが、そのCDバージョンのボーナス・トラックとして、本作アルバムは過去に1度だけCD化されていました。今回の初単独CD化は、オリジナル盤LPの裏ジャケで使われてた激渋写真を表に持ってきています。1989年オリジナル・ミックス・バージョンと、2001年Splatter Punx On Acidリミックス・バージョン、そしてSplatter Punx On Acid compアルバムで初公開された未発表テイクもボーナスで追加収録した全27曲入りとなっています。

まぁとにかくBLACK UNIFORMSに関しては言いたいことが山盛りありすぎます。BOYは旧店舗の時からプロモ・ポスター(オリジナル盤LPには、ジャケ・アートとメンバー写真のミニポスターが付いてるのがあった)を壁に貼ってたけど、当時この作品は今では考えられないくらいに日本で不評で、関東ローカルに限定した当時の印象では、ENGLISH DOGSのForwad Into Battleと並んで、東京ハードコア・パンク・バンド諸先輩方はガッカリしたり最初から相手にしてなかったようなレコードでした。ANTI-CIMEXのAbsolut Country of Sweden LP再発盤入荷時にも言ったけど、Splatter Punx on Acid comp.アルバム・リリースの2001年当時だって、日本ではたいして話題にもならなかったのです。「BLACK UNIFORMSが好きだ」っていう話は、CFDL, SDS, あとZOEのメンバーさんくらいからしか昔は聞こえてこなかったように記憶しています。でも個人的には、BOYプロデュース・ライダース・ジャケット(通称デストラクジャン)のモデルになったPetroffブランドのライダース・ジャケットを、Splatter Punx on Acid comp.アルバムのジャケとインナーで細部まで飛躍的に確認することができて大興奮だったし、何よりもこのビッグヘアー・パンクス・ルッキングと、スラッシュ・メタルにほとんど影響されてないメタルコア・パンク・サウンドには、日本のDEATH SIDEに通じるものを感じて、改めて魅了されました。

で、今こうしてまた聴いても、当時クロスオーバーしてパンク・シーンにも影響を与えていたスラッシュ・メタルからの影響が希薄だったメタルパンク・サウンドだったことがよくわかります。Cliff氏はMACHINEGUN KELLYというナスティー・グラム・ロック・バンドもやってましたが、これは決して見逃せないポイントで、Cliff氏のビッグヘアー原点は完全にMOTLEY CRUEだったのはマニアには有名です。MODERAT LIKVIDATIONのメドレー・カバーがすんなりハマってるように、曲調はスカンジナビアン・ハードコアらしいパンク・スラッシュの土台をキープしながら、ギターはメタリックだけど速いスラッシュ刻みリフなどは全くなく、名曲"Uncut"のようなミドルテンポのナンバーは鋼鉄タッチの初期モトリーを彷彿させます。さらに妄想を膨らませると、この"Uncut"は、モトリー経由で知ったジャパニーズ・ヘヴィメタル LOUDNESS(1985年に2バンドで全米ツアーを敢行)を知って、"Crazy Doctor"にヒントを得たような最高のメロディック・ギターソロと、そしてスラッシュには影響されてないとしつこく言った後にズッコケるようなことを言いますが、後半の重厚リフは"For Whom The Bell Tolls"を拝借したようでもあって、BLACK UNIFORMSは、ミドルテンポのナンバーに注意して聴くべきポイントが多い、珍しいタイプのメタルパンクだったと思います。あと、もう一つ言っておかなきゃないのはBATHORYとCliff氏の関係。以前からCliff氏がBATHORYに参加したことがある、という情報は流れていましたが、これはまだdiscogsにもMetal Archivesにも未掲載だけど実証済みの事実で、恐らくそう遠くない未来に、音源発掘などとは違う形(音源は一切残してない)で、世間に広く認知される事態が起きることでしょう。

と、まぁ、一応すっごい昔からBLACK UNIFORMSを好きだったと自負してる人間として、嫌みなくらい好きなこと書きましたが、ご購入に際しておさらいをもう1度。限定500枚で今回のみの入荷となるこの初回プレス赤帯バージョンと、追って到着する限定200枚2ndプレス青帯バージョンをまとめて購入ご希望の方は、備考欄にて一言添えてご注文ください。先にお取り置き商品のご注文がある方は、申し訳ございませんがまだ到着してない2ndプレス青帯バージョンは別清算でお願いします。皆様このチャンスをお見逃しなきよう、何卒宜しくお願いします!!!!!







・D.N.A. - Retrospective CD 税込1,620円 (Black Konflik)

ANTI CIMEXの1st EP"Anarkist Attack"でVo.だったNillen氏がANTI-CIMEX脱退後に結成したハードコア・パンク・バンドのベスト盤CDが、限定500枚帯付ペーパースリーブでマレーシアのBlack Konflik Recordsからリリース。

スウェディッシュ・パンク名門レーベル Hardcore Horror RecordsからLP(1985年)とEP(1987年)を1枚ずつ発表していたバンドでしたが、7"EPはけっこう90年代でもデッドストックが残ってたりして、日本ではイマイチ人気のないバンドでした。その要因は、ANTI-CIMEX初代シンガーのバンド、と聞いて連想するようなサウンドとちょっと違い、王道のスウェディッシュ・ハードコア・パンクを土台にしながらも、もっとダークなグルーム感もあったからだと思います。でも改めて聴くと"Vagra"って曲なんか、どっかで聴いたことがあるような気がするくらいANTI-CIMEXっぽいし、初期のASOCIALなんかのファンには問題なくオススメできます。ダークなムードは昨今流行りのニューウェービーなヤツじゃなくて、ホラー風味なところも、グラム・ロックが根強い北欧らしい渋さです。







・BOMBANFALL - Asiktsfrihet CD 税込1,620円 (Black Konflik)

BLACK UNIFORMSの再発CDと同時にBlack Konflik Recordsからリリースされた、スカンジナビアン・パンク・マニアにとってはBLACK UNIFORMS以上に衝撃的な再発盤CD。BLACK UNIFORMSは再発の経緯をしっかりBlack Konflikに問い合わせて、裏も取り、オフィシャルの確証を得てオーダーしましたが、こちらはいまだに信じられないくらいの快挙リイシューです。謎多きスウェーデンのハードコア・パンク・バンド BOMBANFALLが1987年に発表した唯一の作品6曲入りEPが限定350枚ゲートフォールド・ペーパースリーブの日本語帯付きCDで再発!!!既にレーベルで完売して、これは再プレスされないそうですので、お買い逃しなきように。

オリジナル盤EPでは、TWO MOON RISINGというバンドが母体?のような記述がありましたが、そっちのバンドについても正体は一切不明。CRUDE SSに代表される、DISCHARGE影響下スウェディッシュ・ハードコア・パンクから後のスウェディッシュ・デス・メタルへの橋渡し的スタイルとも捉えることの出来る重厚lowブルータルなD-Beatを、SVART PARADとともに確立したバンドという見方をしたくなるような、とにかく極上級に鈍いブルータル・パンク・スラッシュが激渋です。名曲ラスト・トラック "Mot en Stralande Framtid"のヘンなサビなんて、まさに奇跡としか言い様のないかっこよさだし、まるで後のスウェディッシュ・デス・メタルの誕生を予見したようです。絶対必聴death!!

Japanese New Releases

nonono-livefast.jpg

・NO NO NO - Live Fast EP 7" 税込864円 (悲観)

悲観レーベルからのライブ・カセット、自主制作CDと立て続けに発売後即完売させてきた茨城の女性Vo.パンク・バンド NO NO NOが1st 7"EPをリリース!現代的なロウファイ感覚とオールドスクール・パンク・スラッシュのバランスがより際立った好内容に仕上がっています!!

昨年の秋に復活を遂げた茨城産ハードコアバンド"NONONO"。今年1月に自主CDをリリースし瞬く間にソールドアウトさせたのも記憶に新しい。現在は活動拠点を東京に移し、ほぼ毎週ライブを行なっている。そんな合間この初夏にレコーディングまでやりのけてしまった。技術のスキルアップには目もくれず、活動も曲調も速くなるばかり。結果今作は7インチシングル8曲入り45回転という仕上がりに。しかしながらこの短期間にコレだけの内容を作ってしまう事に驚いている。NödslaktやThe Comesを引き合いに出さなくとも、彼女(彼)等のハードコアパンクは確立した。45回転の黒い円盤から生き急ぐハードコアパンクを是非体感して欲しい。(インフォメーションより)



codered-wolves-cd.jpg

・CODE RED - Wolves of Warfield CD 税込2,000円 (Thrashing Cult)

神奈川スラッシュ・メタル CODE REDの2007年発表1stアルバムCDが、彼らの2ndアルバムやBIRTH RITUALのディスコグラフィーなどもリリースして精力的に活動する中国Thrashing Cult Recordsからボーナス曲多数収録して再発!!帯/メンバー自身による日本語ライナーノート/ステッカー付。

発表当時の海外スラッシュ・メタル作品と肩を並べる正統派スラッシュ・サウンドで、現行スラッシュ・メタル・ファンならば間違いなく必聴です。ボーナス曲も聴きどころが多く、前身バンド MIND FIELDはドライビンなロッキン・スラッシュで、ちょっとThrash Live in Savageryな雰囲気も漂う懐かしさがナイスです!!

Tracks 1~9 : Wolves of Warfield (2007年)
Track 10~11 : Thrashing Warfield Split w/ FASTKILL (2011年)
Track 12~13 : various rehearsal sessions
Track 14~15 : Demo 2001
Track 16~18 : MIND FIELD (Pre-CODE RED) 1st demo tape

Hardcore Street Thrash!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかた商品アップを先ほど完了しました。受注対応は木曜日以降になります。


lifesentence-st.jpg



・LIFE SENTENCE - S/T LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Jet Speed)

日本でも80's USHCファンに人気の高いシカゴのハードコア・パンク・バンド LIFE SENTENCEの1986年発表1stアルバムが、バンド自身の手により待望の再発!!2006年のNat Records盤オフィシャルCD以外はブートLPがたびたび出回ってましたが、アナログ盤は今回が初の公式再発となります。しかもデモ/アウトテイク/ライブをボーナスで追加した全16曲入り増量版で、オリジナル盤LPには無かった歌詞インナー付き!!


“Open Your Eyes” and “Gun Control” : S/T Album Outtakes (1986)
“Home”, “Fall In Line” and “Addiction” : 4-track demos by Alex Olvera (1986)
“Actions” : Live at Caberet Metro, Chicago (Sept. 20, 1986)


なかなかグレートなオブスキュア・スラッシュ・メタル BURNT OFFERINGなんかも出してたシカゴのローカル・レーベル Walkthrufyreから、ZOETROPEドラム&Vo.の故Barry Stern氏とギターのKen Black氏の2人によるプロデュースでリリースされ、METALLICAのジェイムズ・ヘッドフィールドの初来日時着用をはじめ、C.O.C.やD.R.I.などのメンバーもよくTシャツを着ていたハードコア・バンド。と、ここまでの説明だけで、スラッシュ・メタル/クロスオーバー・ファンも俄然興味が湧いてくるでしょうが、このバンドの武器や魅力はスピード・メタル・テイストでは無く、各メンバーの高い演奏力とキャッチーな楽曲センスのバツグンすぎるコンビネーションでした。特にゴロゴロと唸りをあげながらもテクニカルなフレーズを駆使するJoe Losurdo氏のプレイは、OFFENDERSの故Mikey Offender氏と共通するものも感じてしまいます。名曲 Punks for Profitに代表されるように、楽曲やギター・フレーズはライトでキャッチーなのに、リズム隊の演奏はUSHC特有の軽さとは裏腹に素晴らしくラウド&ロウなのが最高で、この辺はニュージャージーのADRENALIN O.D.に近いテイストだと思います。レコーディング開始当初は専任シンガー Ray Morris氏も含む4人編成でしたが、制作途中でRay Morris氏は解任され、残る3人で完成させたという面白いエピソードもあるUSHCクラシックです!!



zoetrope-amnesty-2lp.jpg



・ZOETROPE - Amnesty 2LP BLUE VINYL 税込3,996円 (Floga)

後にTROUBLEに加入し、近年ではLee Dorrian氏のハードコア・パンク・ユニット SEPTIC TANK発足時のメンバーであったことで話題にも上がったりした、故Barry Sterrn氏が率いたUSシカゴ・ハードコア・ストリート・メタル ZOETROPEの1985年発表1stアルバムが、2ndアルバム Life of Crimeに続いてギリシャFloga Recordsから遂にアナログ盤再発。Century Mediaが1990年代後期に初CD化して1度再発されていましたが、Floga RecordsはCentury Mediaライセンスのアナログ・フォーマット・リイシューを近年請け負っていますので、このLPもCentury Media盤CDと同じ追加内容の、1983年1st/1985年2ndデモを追加収録したボーナスLP付き2枚組でのアナログ盤初再発となっています!!!ブラック・ビニールとブルー・ビニールともに250枚プレスの限定500枚で、今回はブルー・ビニールでの入荷になります。ジャケはゲートフォルド!!


SIDE A & B : Amnesty ALBUM (1985年)
SIDE C : Metal Log Vol. 1 DEMO (1983年)
SIDE D : Metal Log Vol. 2 DEMO (1985年)


ZOETROPEほど激渋という形容がピッタリなバンドはいないと思います。2ndアルバムはよりハードコア・ストリート・メタルの呼び名にふさわしい非常に緊迫感のあるスラッシュ・サウンドがかっこいいですが、この1stはパワー・メタル風味やハードロックの古典的フレーズみたいなのも飛び出すところが最高に激渋です。NYのCARNIVOREも同じようなハードコアとメタルの中間スタンスで、やはり1stがヘヴィメタル色濃く2ndがハードコアだったけど、CARNIVOREとは違う個性がZOETROPEにはあります。デモの時点で既にハードコア・ストリート・メタル・スラッシュ・サウンドは確立されていますが、実はZOETROPEは1980年に7"EPでデビューしていて、その時は完全なハードロック・サウンドだったという情報があります。そしてこれが今のこのご時世に珍しく、youtubeでも長年出てこないんですよーー。誰かが投稿しても私が見逃してるうちに削除されてるのかもだけど、いやー、1度も聴いたことないんだなーー。たまにレア盤で出てきてもカビだらけのケースがほとんどなので、死ぬまでに入手&聴きたいレコードmy5本の指に入る夢の音源です。これだけ煽っておきながらアレですが、もちろん今回もその1st 7"音源は収録されてませんので、封印されたということでしょう。

ドラム&Vo.のBarry Sterrn氏とギタリストのKen Black氏は80's USHCパンク大傑作、同郷シカゴのLIFE SENTENCEの1stアルバムをプロデュースしていましたし、ARTICLES OF FAITHメンバーもこのZOETROPEの激渋なロゴTシャツ着てましたね。ハードコアの連中とも交流のあるところをただ見せたかっただけのような、当時のクロスオーバー・トレンド・ポーザーとは明らかに違うので、自らを"ハードコア・ストリート・メタル"と名乗っていたのにも説得力があります。後にTROUBLEに参加して第2期全盛期を支えた、Barry Stern氏のリードVo.兼任でのドラミング、黒人ベーシスト Calvin Humphrey氏の存在感、交友関係、そしてサウンド、もう全てが最高かっこいい!!!!!ZOETROPEを好きじゃない人とは、友達にはなれません。


Japanese Hardcore Punk!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかった国内外パンク系商品を先ほどカートアップしました。


forward-future.jpg

・FORWARD - Future Troops CD 税込2,484円 (Break The Records)

11月にはハードなスケジュールでUSツアーも控えている東京ハードコア・パンク FORWARDの2018年新作アルバムCDがBreak The Recordsからリリース。まさに留まることを知らない重鎮パンクスのパワーが爆発しています!!

日本が世界に誇るBURNING SPIRITS HARDCOREの代名詞、FORWARDが放つ最新作アルバム。2018年11月に敢行される、25本に及ぶタイトなUSツアー用に制作された10曲収録のLPと2曲収録のEPが一つとなり、日本盤12曲収録CDとしてリリースされる。
結成より22年の歳月を経て表現方法が更に広がり、2018年型のBURNING SPIRITS HARDCOREを提示。メンバーそれぞれの個性が引き立たされながらも、一個小隊としての繋がりは一層強固なものとして全ての核となっている。その音像に乗る辛辣なメッセージは、現代社会の歪みがそうさせたものであろう。これがHARDCORE PUNKがHARDCORE PUNKである為の正しい形であるのだと痛感させられる。そしてこの作品が生み出された混沌とした平成の終わりが、前向きな一歩を踏み出す契機になる事を心から願うばかりだ。
(インフォメーションより)



camarada-kamiau.jpg

・カマラーダ (CAMARADA) - 噛み合う歯車 CD 税込2,160円 (Break The Records)

静岡ハードコア・パンクの2018年リリース11曲入りCD on Break The Records!!曲間に寸劇も挟んだ独特の作品。



eiefits-mezame.jpg

・EIEFITS - メザメ DIE HARD YELLOW VINYL 税込3,240円 (F.O.A.D.)

イタリアF.O.A.D.からアナログ盤もリリース!!今回はダイハード・イエロー・ビニールでの入荷です。

独自のキャラクターと独自のセンスで我が道をひた走る東京ハードコア・パンク、EIEFITSの3rdアルバム。本作からドラムがSLOWMOTIONSのIzumi氏が担当。ハードコア・パンクとしてこれ以上無駄の無く、しかし長年積み重ねてきたものを凝縮したような芯の強いサウンドを出すミュージシャンは、世界広しともそうは存在しないはずです。全ジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファン必聴!!!

2ndアルバムから4年、ドラマーチェンジを経て制作された3rdアルバム”メザメ”!ex-HECKのボーカルSAHO、ex-FORWARD、KGSのT.T.がギター、ex-COMES/LIP CREAM/COLORED RICE MENのMINORUがベースという結成時からのメンバーと、新たに現- SLOWMOTIONSのIZUMIをドラマーに迎えた新体制で2017年から活動開始、約1年という期間を経て生み出された今作は生粋のPUNK ROCKドラマーIZUMI氏の繰り出すD-BEATならぬEIE-BEATとでも呼びたくなる 切れ味鋭いタイトなビート感によりバンド全体のPUNK ROCK度が倍増!うねりまくるベースにハードで多彩なギターワーク、更に力強さを増したボーカル、EIEFITSでしか創り上げられないメロディアスで強靭なHARDCORE PUNK!明確なメッセ―ジを持った歌詞も力強く胸に響き、歌われる事象に対し考える事をさせられる。PUNK ROCKは考えるきっかけになる音楽だと言う事を改めて認識させられる傑作!全15曲!(インフォメーションより)



vulgaritykids-noone-lp.jpg

・VULGARITY KIDS - No One / Bloody Splatter LP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込2,808円 (F.O.A.D.)

1985年結成の栃木宇都宮シティ・ハードコア・パンク VULGARITY KIDSの、復活して録音した2017年音源と1989年デモを収録したLPがイタリアF.O.A.D.からリリース。限定300枚リリースで、今回はそのうちのltd.100枚ダイハード・スプラッター・ビニールで入荷しました。

Asia Recordsからリリースされていた8"ソノシートが近年中古市場で価格が高騰していましたが、このA面に収録にされている新録も時代が止まったような80年代後期国産アメハー・スタイル全開で凄い!!北関東産ながら、まるでAsia Records/モルガーナ系三多摩シティー・ハードコア/Adventure Familiy系京浜スラッシュなサウンドで、いや~、これは古い。勘違いしてもらっては困りますが、この「古い」は完全なる賛辞です。現代の20代にこの感覚は残念ながら絶対に出せないでしょう。80年代アメハーに影響された純正日本産パンク・スラッシュ。F.O.A.D.がサポートし続けるのも納得です。そしてB面の1989年音源が、VULGARITY KIDS全音源の中でも最もロウ・ダーティー・バイオレント且つクロスオーバー・タッチの暴走ハードコア・スラッシュでグレート!!初期RIPCORD、デモ時代FINAL CONFLICT、そしてその辺に強く影響されたスタイルを日本でイチ早く実践していた横須賀MAD CONFLUXなどのファンは絶対必聴の激渋発掘音源です!!

Japanese Punks!!


systema-1011.jpg

・SYSTEMATIC DEATH - Systema-1011 DIGIPACK CD 税込2,160円 (Fade In)

復活後もそのサウンド・スタイル同様にノンストップで突き進む横浜シティ・ハードコア・パンク SYSTEMATIC DEATHの11曲入りCDがFade-Inからリリース。Ryu氏(ex.THINK AGAIN)とYuzuka氏(borderline case)が加入した新編成で初めて録音した2017年の音源で、昨年のヨーロッパ&USツアー用に海外レーベルに提供されていたものです。このCDの前半に収録された音源はイタリアF.O.A.D.から片面LPでリリースされ、当店も不覚にもダイハード・バージョンを逃してしまい、レギュラー・バージョンもあっという間に完売したレコードでしたので、このCDバージョンの発売を待っていた人も少なくなかったかと思います。海外でのジャパニーズ・ハードコア・パンク需要は相変わらず熱狂的に高いので、我々日本人の知らぬ間に海外で発売され、知らぬ間に完売、なんて話もたまに聞きますが、後半の音源は既に海外でアナログ盤リリースされているのでしょうか??いずれにしろ、SysteMania待望&必聴の最新作です!!

とにかく今回も猛烈なフル・スピード・スラッシュで暴走してて圧巻以外の何物でもありません。新しい血が若返りさせてるところもあるのでしょうが、でもオープニング・ナンバーなんかは、まるで80年代後期~90年代初頭の京浜ハードコアなキャッチーさでぶっちぎるパンク・スラッシュコアで最高です。これは昔の曲か何かかな?ジャパコア・スラッシュ・ファンならば、初めて聴くのになぜか懐かしさを感じるようなナンバーです。あと、スウェディッシュ・ハードコアのロッキン・スラッシュ・ナンバーに通じるような感じもあって、新旧システマ・ファン大満足間違いナシ!!



toricomycin-live.jpg

・TORICOMYCIN - Live at Last TAPE 税込1,080円 (Noymann)

沖縄ハードコア・パンク 馬鹿衆のボーカル以外のメンバーでやってたバンドの2013年11月東京新宿アンチノックでのライブを収録した6曲入りカセット。限定50本生産のようです。

昔で言うアタック・パンクとか、現代だとロウ・パンクなどと呼ばれたりするタイプだと思うんですが、その辺に精通してない当店を選んで取り扱いオファーしてくれたのが嬉しくなるようなかっこいい内容です。KRIEGSHOGの登場で新世代ジャパニーズ・ハードコア・パンクの新たな波が押し寄せてきてた2010年代のバンドらしい感覚で、UK82meetsグレートパンクヒッツな黒い雰囲気は、スウェーデンのハードコア・パンクっぽさもあります。ライブ録音ながら音質も演奏も完璧。まるでNew AgeとかFuture Terrorなギターが飛び出すところはご愛敬としても、なぜこのクォリティーのバンドが当時全然話題にならなかったのかが不思議です。残念ながらこのライブで解散したそうですが、かなりオススメです!!

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR