RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!




・SIEGE - Drop Dead-Complete Discography DIE HARD 2LP SILVER x BLACK VINYL / SILVER x WHITE VINYL 各税込3,996円 / REGULAR BLACK VINYL 税込3,240円 (F.O.A.D.)

カスタム・クリアランスの名の下に徹底的に痛めつけられて到着しましたが、CRIPPLE BASTARDS来日の際にスペア・ジャケットを持ってきてもらって、ようやく販売開始となりました(無地の共通スリーブ抜けだけはご勘弁ください)。これまで様々な仕様でリリースされてきた伝説のUSボストン・ハードコア・パンク SIEGEのコンピレーション・アルバムが、完全盤とも言える内容でイタリアF.O.A.D. Recordsから2枚組LPで発売!!ダイハード・カラー盤はシルバーxブラックとシルバーxホワイトの2種で、各150枚プレス。今回のみの入荷となります。レギュラー・バージョンは限定400枚ブラック・ビニールです。

NAPALM DEATHなどのグラインドコア始祖バンドに大きな影響を与えた、スピード・スラッシュの原点とされるボストン・ハードコア・パンク・レジェンド SIEGEは、80年代後期~90年代にはアナログ盤での正規リリースが一度もなかったわけですが、2004年にDeep Six Recordsが初の12”サイズで遂にSIEGEのアナログ盤をオフィシャル・リリースして以降、2006年版のプレスには未発表2曲を追加し80'sハードコア・ファンを驚愕させ、さらに2009年プレスの3rdエディション時には別の未発1曲を発掘、そしてトドメにPatac Recordsが故Seth Putnam氏(AxCx, VAGINAL JESUS, etc)参加の1991年セッションをオープン・ザ・グレイブするなど、90年代にブート7"EPが出るたびに毎度買ってた40代のファンの心理を永遠に支配し続けてきました。そんな状況に終止符を打つべくしてリリースされたのがコレです。


Tracks A1-A6 : ''Drop Dead'' (1984)
Tracks B1-B3 : "Cleanse The Bacteria" Comp. Tracks (1984)
Tracks B4-B7 : Out Takes From The Original 1984 Studio Session
Tracks C1-C4 : Lost Session 1991 With Seth Putnam On Vocals
Tracks D1 : "Grim Reaper" Session 2016


SIEGEやDEEP WOUND, OUTPATIENTSなどは、SSDに代表される所謂crew系のボストン・ハードコア・シーン表舞台バンドとはちょっと違う雰囲気が感じられましたが、都会的なcrew系にはない(Mr. Devour Records氏によると、実際SIEGEやDEEP WOUNDはボストン郊外のバンドだったそうです)、粗野で洗練されていない激烈なロウ・スラッシュ・サウンドが魅力でした。Pushead氏の、「当時の2大カルト・スラッシュ・バンドに参加してもらうのが夢でCleanse The Bacteria comp.を企画して、一つのバンドは実現できなかったけど、もう一方のSIEGEに参加してもらえたのは本当に誇りに思っている」という話を聞いたことがありますが、SEPTIC DEATHではSSDをカバーをしながらも、自らのレーベルではSIEGEに熱烈なラブコールを送っていたように、当時からやはりこのバンドの激烈性には、何か神掛かったようなオーラが漂っていたそうです。F.U.'sとJERRY'S KIDSのスピードもファストコアの原型とも言える相当な速さでしたが、SIEGEの速さは人間味の感じられない冷徹で重厚なウォール・オブ・ノイズがブルータルに迫りくる様で、グラインド・コアはもちろん、クラスト・コア・パンクにも大きな影響を与えていたと思います。間違いなく、エクストリーム・スラッシュの原点の一つとして絶対に体験しなくてはならない、リアル・カルト・バンドです。







・CRIPPLE BASTARDS / RAW POWER - Japan Tour 2019 SPLIT 7” FLEXI 税込1,620円 (F.O.A.D.)

ジャパニーズ・ハードコア・パンク関係者にもすっかり馴染みのバンドとなったグラインドコア重鎮 CRIPPLE BASTARDSと、80年代から止まらず活動を続けるレジェンド RAW POWERによるカップリング日本ツアー用に制作された限定250枚ナンバリング入りSplitソノシート!!Sugi氏のジャケも素晴らしくかっこいいです。

ともに初公開新録2曲を提供していて、CRIPPLE BASTARDSはタイトなパワーバイオレンス・グラインドコア・スラッシュが文句無しに素晴らしい新曲と、シンガーGiulio氏が愛してやまないゲロゲリゲゲゲのカバー披露!!RAW POWERは相変わらずにキャッチーでオールドスクールな新曲2曲。

Japanese New Releases

nonono-livefast.jpg

・NO NO NO - Live Fast EP 7" 税込864円 (悲観)

悲観レーベルからのライブ・カセット、自主制作CDと立て続けに発売後即完売させてきた茨城の女性Vo.パンク・バンド NO NO NOが1st 7"EPをリリース!現代的なロウファイ感覚とオールドスクール・パンク・スラッシュのバランスがより際立った好内容に仕上がっています!!

昨年の秋に復活を遂げた茨城産ハードコアバンド"NONONO"。今年1月に自主CDをリリースし瞬く間にソールドアウトさせたのも記憶に新しい。現在は活動拠点を東京に移し、ほぼ毎週ライブを行なっている。そんな合間この初夏にレコーディングまでやりのけてしまった。技術のスキルアップには目もくれず、活動も曲調も速くなるばかり。結果今作は7インチシングル8曲入り45回転という仕上がりに。しかしながらこの短期間にコレだけの内容を作ってしまう事に驚いている。NödslaktやThe Comesを引き合いに出さなくとも、彼女(彼)等のハードコアパンクは確立した。45回転の黒い円盤から生き急ぐハードコアパンクを是非体感して欲しい。(インフォメーションより)



codered-wolves-cd.jpg

・CODE RED - Wolves of Warfield CD 税込2,000円 (Thrashing Cult)

神奈川スラッシュ・メタル CODE REDの2007年発表1stアルバムCDが、彼らの2ndアルバムやBIRTH RITUALのディスコグラフィーなどもリリースして精力的に活動する中国Thrashing Cult Recordsからボーナス曲多数収録して再発!!帯/メンバー自身による日本語ライナーノート/ステッカー付。

発表当時の海外スラッシュ・メタル作品と肩を並べる正統派スラッシュ・サウンドで、現行スラッシュ・メタル・ファンならば間違いなく必聴です。ボーナス曲も聴きどころが多く、前身バンド MIND FIELDはドライビンなロッキン・スラッシュで、ちょっとThrash Live in Savageryな雰囲気も漂う懐かしさがナイスです!!

Tracks 1~9 : Wolves of Warfield (2007年)
Track 10~11 : Thrashing Warfield Split w/ FASTKILL (2011年)
Track 12~13 : various rehearsal sessions
Track 14~15 : Demo 2001
Track 16~18 : MIND FIELD (Pre-CODE RED) 1st demo tape

Hardcore Street Thrash!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかた商品アップを先ほど完了しました。受注対応は木曜日以降になります。


lifesentence-st.jpg



・LIFE SENTENCE - S/T LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Jet Speed)

日本でも80's USHCファンに人気の高いシカゴのハードコア・パンク・バンド LIFE SENTENCEの1986年発表1stアルバムが、バンド自身の手により待望の再発!!2006年のNat Records盤オフィシャルCD以外はブートLPがたびたび出回ってましたが、アナログ盤は今回が初の公式再発となります。しかもデモ/アウトテイク/ライブをボーナスで追加した全16曲入り増量版で、オリジナル盤LPには無かった歌詞インナー付き!!


“Open Your Eyes” and “Gun Control” : S/T Album Outtakes (1986)
“Home”, “Fall In Line” and “Addiction” : 4-track demos by Alex Olvera (1986)
“Actions” : Live at Caberet Metro, Chicago (Sept. 20, 1986)


なかなかグレートなオブスキュア・スラッシュ・メタル BURNT OFFERINGなんかも出してたシカゴのローカル・レーベル Walkthrufyreから、ZOETROPEドラム&Vo.の故Barry Stern氏とギターのKen Black氏の2人によるプロデュースでリリースされ、METALLICAのジェイムズ・ヘッドフィールドの初来日時着用をはじめ、C.O.C.やD.R.I.などのメンバーもよくTシャツを着ていたハードコア・バンド。と、ここまでの説明だけで、スラッシュ・メタル/クロスオーバー・ファンも俄然興味が湧いてくるでしょうが、このバンドの武器や魅力はスピード・メタル・テイストでは無く、各メンバーの高い演奏力とキャッチーな楽曲センスのバツグンすぎるコンビネーションでした。特にゴロゴロと唸りをあげながらもテクニカルなフレーズを駆使するJoe Losurdo氏のプレイは、OFFENDERSの故Mikey Offender氏と共通するものも感じてしまいます。名曲 Punks for Profitに代表されるように、楽曲やギター・フレーズはライトでキャッチーなのに、リズム隊の演奏はUSHC特有の軽さとは裏腹に素晴らしくラウド&ロウなのが最高で、この辺はニュージャージーのADRENALIN O.D.に近いテイストだと思います。レコーディング開始当初は専任シンガー Ray Morris氏も含む4人編成でしたが、制作途中でRay Morris氏は解任され、残る3人で完成させたという面白いエピソードもあるUSHCクラシックです!!



zoetrope-amnesty-2lp.jpg



・ZOETROPE - Amnesty 2LP BLUE VINYL 税込3,996円 (Floga)

後にTROUBLEに加入し、近年ではLee Dorrian氏のハードコア・パンク・ユニット SEPTIC TANK発足時のメンバーであったことで話題にも上がったりした、故Barry Sterrn氏が率いたUSシカゴ・ハードコア・ストリート・メタル ZOETROPEの1985年発表1stアルバムが、2ndアルバム Life of Crimeに続いてギリシャFloga Recordsから遂にアナログ盤再発。Century Mediaが1990年代後期に初CD化して1度再発されていましたが、Floga RecordsはCentury Mediaライセンスのアナログ・フォーマット・リイシューを近年請け負っていますので、このLPもCentury Media盤CDと同じ追加内容の、1983年1st/1985年2ndデモを追加収録したボーナスLP付き2枚組でのアナログ盤初再発となっています!!!ブラック・ビニールとブルー・ビニールともに250枚プレスの限定500枚で、今回はブルー・ビニールでの入荷になります。ジャケはゲートフォルド!!


SIDE A & B : Amnesty ALBUM (1985年)
SIDE C : Metal Log Vol. 1 DEMO (1983年)
SIDE D : Metal Log Vol. 2 DEMO (1985年)


ZOETROPEほど激渋という形容がピッタリなバンドはいないと思います。2ndアルバムはよりハードコア・ストリート・メタルの呼び名にふさわしい非常に緊迫感のあるスラッシュ・サウンドがかっこいいですが、この1stはパワー・メタル風味やハードロックの古典的フレーズみたいなのも飛び出すところが最高に激渋です。NYのCARNIVOREも同じようなハードコアとメタルの中間スタンスで、やはり1stがヘヴィメタル色濃く2ndがハードコアだったけど、CARNIVOREとは違う個性がZOETROPEにはあります。デモの時点で既にハードコア・ストリート・メタル・スラッシュ・サウンドは確立されていますが、実はZOETROPEは1980年に7"EPでデビューしていて、その時は完全なハードロック・サウンドだったという情報があります。そしてこれが今のこのご時世に珍しく、youtubeでも長年出てこないんですよーー。誰かが投稿しても私が見逃してるうちに削除されてるのかもだけど、いやー、1度も聴いたことないんだなーー。たまにレア盤で出てきてもカビだらけのケースがほとんどなので、死ぬまでに入手&聴きたいレコードmy5本の指に入る夢の音源です。これだけ煽っておきながらアレですが、もちろん今回もその1st 7"音源は収録されてませんので、封印されたということでしょう。

ドラム&Vo.のBarry Sterrn氏とギタリストのKen Black氏は80's USHCパンク大傑作、同郷シカゴのLIFE SENTENCEの1stアルバムをプロデュースしていましたし、ARTICLES OF FAITHメンバーもこのZOETROPEの激渋なロゴTシャツ着てましたね。ハードコアの連中とも交流のあるところをただ見せたかっただけのような、当時のクロスオーバー・トレンド・ポーザーとは明らかに違うので、自らを"ハードコア・ストリート・メタル"と名乗っていたのにも説得力があります。後にTROUBLEに参加して第2期全盛期を支えた、Barry Stern氏のリードVo.兼任でのドラミング、黒人ベーシスト Calvin Humphrey氏の存在感、交友関係、そしてサウンド、もう全てが最高かっこいい!!!!!ZOETROPEを好きじゃない人とは、友達にはなれません。


Japanese!!


dendomarionette-kairai.jpg

・DENDO MARIONETTE (電動マリオネット) - 傀儡電伝 税込3,500円 (Haunted House)

1981年発表のソノシートが海外コレクターにも高い人気を誇るレア盤として知られる大阪ニューウェーブ・パンク 電動マリオネットのコンピレーションが、2枚組でCDもリリース。先にアナログ盤LPで発売されて即完売しましたが、このCDバージョンはLPに入りきらなかった多数の曲も収録。ハードカバーのフォールド・デジパックで豪華な仕上がりです。


[収録曲]

[DISC.1]
1 Frozen Edge 1981
2 Waltz(for Lauteamont)-Alchemist 1981
3 DENDO MARIONETTE 1981
4 Consciousness 1981
5 Night Wing -slow- 1980
6 NEOISM 1982
7 Celebration of night 82
8 NEGATIVE 1982
9 DENDO MARIONETTE 82
10 Behind the wall 1982
11 Disperso 1982
12 Waltz Ⅱ 1981
13 Sentinel 1981
14 ZIPANG 1980

DENDO MARIONETTE &Celebration
(at eggplant b-studio)
15 kingdom 1985

[DISC.2]
1981.8.29 新宿ロフトLIVE
(FRIGHT 7DAYS )
1 Frozen Edge
2 DENDO MARIONETTE
3 Night Wing
4 NEGATIVE
5 Celebration of night
6 Save a Machine
7 Lonely cry

1981.12.20 スタジオあひる LIVE
(LAST ANSWER )
8 Frozen Edge
9 Save a Machine
10 Celebration of night
11 NEGATIVE

(Demo )
12 Sumeru 1980
13 GENOCIDE 1980
14 MARCHE 1980
15 MOON GATE 1980
16 NEOISM 1980


1980年代初頭の猥雑とした大阪を中心に活動したカルト・シンセパンク/ニューウェーブ、DENDO MARIONETTE。
2017年秋にMOUSEとBITTER LAKE RECORDINGSからリリースされた編集盤LPに続いて、その編集盤LP収録曲全て(Night wingのみ別バージョン)に、初期未発表音源や、スタジオあひる、また新宿ロフト伝説の「FRIGHT 7DAYS」でのライブ音源など大幅に追加した、豪華ハードタイプデジパック2枚組CD。全31曲収録。

当時まだ二十歳そこいらだったメンバーの自宅にて蒐集した機材を並べレコーディング/DIYリリースされた、この時代のドキュメントともいえる貴重な音源。
ポップでポジティブなニューウェーブサウンドだけにはとどまらず、初期インダストリアルやダークアンビエントからの影響がアルミ色の電車に灯りが反射する大阪の夜を這う全31曲の退廃とスリル。
また中心メンバーであったTono氏はその後、関西アンダーグラウンド/ヘビーメタル等の重要作をリリースするNight Galleryを設立。
そして2017年、Justy-Nasty/AUTO-MOD、SPEECIESメンバーを迎え新生DENDO MARIONETTEとして再始動。

(インフォメーションより)




wolfgangjapantour-amutable.jpg

・WOLFGANG JAPANTOUR - A Mutable World CD 税込1,944円 (Crew For Life)

ex.ナックルヘッド, Protess, Motivelessのメンバーが参加する札幌の女性Vo.パンクの2017年アルバムが、Crew For Lifeからリリース。共演バンドやミュージシャンなど、信者を増やし続ける話題騒然のバンドです。

テクニカル且つエモーショナルなギターワークで目まぐるしく展開するバックのサウンドとはまるで無縁のような女性Vo.が相変わらず強いインパクトを放っています。楽曲のエモっぽさも際立ってきて、このミスマッチももはや見事にマッチングしてるのが素晴らしい。エモとか全然聴かないのでわかりませんが、こんなバンド、世界中探しても他にそういないんじゃないでしょうか?信者は今回も大満足間違いナシ!!

Japanese!!





・BUTCHER ABC - North of Hell PAPERSLEEVE CD 税込1,620円 (Obliteration)

東京グラインド・デス・メタル BUTCHER ABCが、レコーディング・プロジェクト・バンドとしての1994年結成から数えて実に20年以上の歳月を経て遂に制作した1stアルバムが、ペーパースリーブ・ゲートフォルドCDでリリース。USのEXHUMEDやスペインのHAEMORRHAGEとともにCARCASS影響下のゴア・グラインド・デス・メタル代表格として認知されてきましたが、この1stアルバムは彼らの原点に帰ったうえでより広い層へとアプローチする、並々ならぬ気迫と完成度を追求した傑作に仕上がっています。"ゴア"や"グラインド"というワードに拒絶反応を起こす自称正統派デスメタラーは、これ聴いてズッタズタにメッタ切りに切り刻まれて殺られてください!!

Obliteration Records運営と数々のイベント・プロデュースなどで長年シーンのサポートを念頭に置いて活動してきた中心メンバーのギター&Vo. Naru氏は、ある意味現行シーンの動向を映しだす鏡のような役割に徹して、このBUTCHER ABCも活動してきたのかも知れません。そんな推測をさせるくらい、この1stアルバムは私達の世代には最高に痛快なオールドスクール・テイスト全開です。CELTIC FROST, HELLHAMMER, SLAYER, etcの初期スラッシュ・メタルと、80'sスラッシュ以降のスウェディッシュ・デスやREPULSIONなどのプレ・グラインド、そしてどこかCARCASSのロック・テイスト下地のグルーヴも匂わせ、オールドスクール・デス・メタルとして完璧な作品。間違いなく最高傑作death!!!





・SLIGHT SLAPPERS - Sweet Power Violence 7" 税込1,296円 (Break The Records)

前作7"シングルから5年ぶりとなる、東京パワーバイオレンス・バンドの新作7"がBreak The Recordsよりリリース!!ダウンロード・コード付きです。

パワー・バイオレンス・スタイルのハードコア・パンクを日本でいち早く取り入れたバンドの一つですが、ユーモアを効かせた奇天烈なヒネりとポップな感覚も兼ね備えたスタイルは、当時から見ても独創の存在感を放っていて、、今作でもそれは爆発してます!!ノイジーな質感の音をすさまじいテンションで放つ激速スタイルは変わりませんが、これまで以上に遊び心と緊張感が交錯する、ファン大満足の全10曲!!





・the TITS / 対人嫌悪 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

過去にデモテープを2種制作、先日入荷したEL ZINE Vol.28にも登場している東京ハードコア・パンク・バンド THE TITSの1stシングルがPogo 77よりリリース!

ノイズ・コア基盤のドカドカの突進力と雑音要素に加え、ジャパニーズ・ハードコア特有の黒いバイオレンスも色濃くでたサウンドで、衝動と嫌悪感が強烈な全3曲!今回は限定400枚プレスですが、レーベルでも即完売した話題のリリースです!
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR