RECORD BOY

Japanese Metal!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、国内外のメタル系商品が到着していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降となります。



revenger-blackrider.jpg



・REVENGER - Black Rider EP CD 税込1,620円 (A-No.1)

BATTLE SHRINEの仙田氏がギター&Vo.で在籍する北海道産正統派ヘヴィメタルの自主製作6曲入り1st CDが入荷。以前から関東でも粛誠心報関係者を中心に大いに期待されていたバンドで、先日2018年11月10日に西横浜で行ったライブも話題となり、より注目度が上がっていたバンドです。NWOBHM影響下のジャパニーズ・メタル・ファンは完全必聴作です!!



magane-mortes.jpg

・凶音 (MAGANE) - Mortes Saltantes CD 税込1,500円 (Black Flame)

US盤で超久々入荷!現在はZOMBIE RITUAL, 怒号, MIASMA DEATHでも精力的に活動するYasuhiko氏らによる東京ブラック・メタルの1999年発表1stアルバム。オリジナルは知る人ぞ知るハードコア系カルト・レーベル Loud Hatred Recordsからリリースされて、当時は屍やMETAL SKULLなどのハードコア系バンドとの共演も多かったので、当店でもよく売れましたが、こちらはボーナス曲を追加した9曲入りで2005年にBlack Flame Recordsからライセンス・リリースされたUS盤です。レーベルは機能していないので、デッドストックということになります。



magane-begining.jpg

・凶音 (MAGANE) - 黄泉呪詞 (Beginning at the End) CD 税込1,500円 (Black Flame)

こちらも超久々再入荷!オリジナルは台湾のレーベルからの2003年にリリースされた2ndアルバムの、2006年にBlack Flame Recordsからライセンス・リリースされたUS盤です。前身となったMORTES SALTANTES時代からの特徴であったオリエンタルなテイストを導入したブラック・メタルですが、土台はシンフォニック且つヘヴィメタル基盤の北欧ブラック・メタルに肉迫した激しくも美しい正統派ブラック・メタルで、高い演奏力と個性的な楽曲で海外でも非常に評価の高いジャパニーズ・ブラック・メタルの金字塔的バンドです!!



skullviolence-heritage.jpg

・SKULL VIOLENCE - Heritage of Violence CD 税込1,000円 (Black Satan)

Stinger Recordsのオムニバス・シリーズ Sword of Death to Thrashシリーズに参加もしていた90's東京ハードコア、FORCE SKELTORがSKULL VIOLENCEと改名して復活CDをリリース!!スリムケースで全10曲入り。

メンバーはAPOLOGISTとしてブラック・メタル・シーンで活動していますが、東京のジャパニーズ・ハードコア・シーンで活動していたFORCE SKELTORの頃からメタリックなスラッシュ・サウンドが持ち味でした。やはりブラック・メタルのAPOLOGISTとは違うハードコアな疾走感ながら攻撃的なスタイルは健在で、メタルコア・ジャパニーズ・パンク・ファンにオススメです!!

Thrash till Death!!


destruction-bestial-lp-white.jpg



・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell CD 税込1,836円 (Vic)

CDもリリース!!

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモ、初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!先にギリシャFloga RecordsからLPでリリースで大反響を呼びましたが、CDバージョンはオランダVic Recordsからのリリースです。ジャケ・ブックレットには、ゲートフォルド・ジャケLPで発売された時に目を引いた、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどをもちろん掲載しています。音質もビックリするくらい良すぎる!!

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!



outrage-germany-1985demons.jpg



・OUTRAGE (Germany) - 1985 Demo(n)s CD 税込1,836円 (Vic)

1983年~1988年にかけて活動し、2004年の復活以降もマイペースに地下で活動するカルト・ジャーマン・ブラック・スラッシュ・メタル・バンドの、1985年録音の1st&2ndデモをまとめた9曲入りCDです。これまでアナログ・フォーマットでは再発されてきてマニアに好評でしたが、オリジナル音源の録音から30年以上経過してようやく初めてデジタル・フォーマットでの初再発となりました。音質もバツグンにいいです。

インナーに掲載のフライヤーでPOIOSNとの共演した時のモノがあるけど、ジャーマンPOISONの人気が沸騰して、SLAUGHTERLORD, NECROVORE, SADISTIK EXEKUTIONなどのpre.デス/ブラック・メタルの再検証が盛んだった2000年代にちょっとだけこのバンドの名前もあがったりしたものですが、再発などには至らず、現在までそれらカルト・バンド代表格からは人気では一歩遅れをとっているような存在です。しかしプロト・ブラック・メタルな初期スラッシュ・メタル検証好きは絶対にチェックしておいてほしいアナザー・カルト・バンドです。サウンドはSODOMとHELLHAMMERのミックスのようなプリミティブ・ブラック・スラッシュで、NECROVOREやジャーマンPOISONなどの邪悪ブラック・デスラッシュ・ファンは、特に1stデモは必聴です。非人間的且つ原始人的なドラムのチタチタ具合は南米バンドをかなり思わせます。2ndデモは数ミリだけSLAYERっぽく進化していますが、欧州地下鋼鉄特有の殺伐旋律も絡めて、MANTASなんかがジャーマン・デスラッシュっぽくなったような感じでもあります。インタビュー、写真、フライヤーなど掲載のブックレットも見てて楽しいナイス・リイシューdeath!!



infected-dark.jpg



・INFECTED - Dark Century CD 税込1,836円 (Vic)

スイス・チューリッヒのスラッシュ・メタル・バンドの1989年発表唯一のアルバムがオランダVic Recordsから初CD化。残した音源はこのアルバムの9曲と、Swiss Avalanche UndergroundというコンピレーションLPに参加したのみで、そのオムニバス提供曲2曲も追加収録した全11曲入りディスコグラフィーとなっています。

しかしまぁ、これまたオランダのNOCTURNと並んで、「あぁ、これもオブスキュア・スラッシュ・メタル・カルト・クラシック化してるのかぁ、、、」と、40代ハードコア・パンク・マニアにとってはため息が出そうになるくらい懐かしく、そして何十回と3桁プライス中古コーナーで手に取りスルーしてきたレコードです。リリースしてるのがNYHCのUNDERDOG "Demos" LPのヨーロッパ・ライセンス盤やFEAR OF GODの1st 7"の最初の再発盤出してたFar Out Recordsという完全なパンク・レーベルで、しかもこのダッサいジャケですから、実は私も今回の再発まで1度も聴いたことがなく、また興味すら抱いたことがなかったのですが、サウンドはまさにパンク流通されたユーロ・スラッシュ・メタル、といった感じのクサレ・マイナー感が絶妙です。Roadrunner移籍後初期のSEPULTURA型のようなSLAYER系統スラッシュ・メタルが、ジャーマン・スラッシュ(メタル&パンク)的なアカ抜けないガムシャラ感を導入したような感じで、無意味に主張の強いベース・サウンドとロウなドラミングのリズム隊はハードコアな個性があります。よくもこれだけ書くことあるな、ってくらいの文字数のライナーノートと当時の写真も満載で、ブックレットも超充実。Shark Recordsあたりのユーロ・スラッシュ・メタル好きに大推薦です!!



disciplesofpower-ominous.jpg



・DISCIPLES OF POWER - Ominous Prophecy CD 税込1,836円 (Vic)

先に1stアルバム Power Trap CDが再発されて話題を呼んだカナディアン・デスラッシュ・メタル・バンド DISCIPLES OF POWERの1992年発表2ndアルバムCDが、オランダVic Recordsから再発。1st同様、オリジナル・リリースはカナディアン・スラッシュ・メタル&ハードコア名門 Fringe Productからのリリースで、当時アナログ盤は発売されずCDとカセットのみだったようです。やはりオリジナルCDはけっこうな高額で取引されるレア盤だそうですから、ぜひこの機会に入手してください。

1993年の3rdアルバム Invincible Enemyも流通の良くないスモール・レーベルから再発されて以前1度だけ入荷し、その時に初めて聴いて1stと3rdの音楽性の違いの激しさにちょっと驚かされたけど、この2ndの時点で既に一気にテクニカル・デス・メタルな領域に突入しています。土台にはDBC, BLIND ILLUSION, CORONERなどのテクニカル・スラッシュ・メタル的なインテリジェント・クールなムードが漂い、しかし繊細でテクニカルなフレーズはアヴァンギャルドなテイストも強く、MARTYR, GORGUTS, CRYPTOPSY, etcのカナディアン・テクニカル・デス・メタル・ファンに断然オススメ。オブスキュア・デス・メタル発掘マニア必聴death!!

EXOTICA/MALIMPLIKI JAPAN TOUR

exotica-japantour-flyer.jpg

EXOTICA/MALIMPLIKI JAPAN TOUR
musique exotique in japan

November
10(sat) Tokyo @Nakano Heavysick Zero w/ UNARM, SKIZOPHRENIA(Tsuyama), Solvent Cobalt, NOISECONCRETE×3CHI5(Toyota), HALFKILL(Shizuoka)
11(sun) Osaka @Namba Bears w/FRAMTID, Ferocious X
12(mon) Mie @Yokkaichi Vortexw/ UNSKILLED LAB
13(tue) Hiroshima @Spyder w/ XIDENTITY, anndoe(jailbird Y), novadies
14(wed) Okayama @Tsuyama K2 w/SKIZOPHRENIA, NEED FOR SPEED
16(fri) Nagoya @Tsurumai Bar Ripple w/ NICFIT
17(sat) Tokyo @Nakano Moonstep w/ G.A.T.E.S, KRIEGSHOG, MILK(Aichi), M.A.Z.E., THE DEAD PAN SPEAKERS


EXOTICA
エキゾティカ(ニューヨークシティ/アメリカ合衆国)
2016年冬に結成。結成後わずか3か月でリリースしたデモテープが世界中に衝撃を与える。パンクを知って4年程のドラマーに、ラテンアメリカ出身の弦楽器隊、英語とスペイン語を織り交ぜて唄うボーカル。そして、思い浮かんだ曲の片鱗たちをそのRAWな形のまま一気に落とし込むその作曲スタイルは、バンド名の如く、EXOTICA (他と比べ異質な)なオリジナリティをバンドにもたらした。2年弱という短い活動歴ながらも、2枚のEP、1枚の12LPをリリースし、米国、欧州のツアーを行うなど精力的に活動を続ける。2018年11月、これまでの来日バンドにはない異例の速さで日本に上陸。初期衝動マンゲルハードコアパンクMalimplikiと日本ツアーを敢行する。観るものはこれまでに観たことのない異質な空間を体験する。

Japanese New Releases

nonono-livefast.jpg

・NO NO NO - Live Fast EP 7" 税込864円 (悲観)

悲観レーベルからのライブ・カセット、自主制作CDと立て続けに発売後即完売させてきた茨城の女性Vo.パンク・バンド NO NO NOが1st 7"EPをリリース!現代的なロウファイ感覚とオールドスクール・パンク・スラッシュのバランスがより際立った好内容に仕上がっています!!

昨年の秋に復活を遂げた茨城産ハードコアバンド"NONONO"。今年1月に自主CDをリリースし瞬く間にソールドアウトさせたのも記憶に新しい。現在は活動拠点を東京に移し、ほぼ毎週ライブを行なっている。そんな合間この初夏にレコーディングまでやりのけてしまった。技術のスキルアップには目もくれず、活動も曲調も速くなるばかり。結果今作は7インチシングル8曲入り45回転という仕上がりに。しかしながらこの短期間にコレだけの内容を作ってしまう事に驚いている。NödslaktやThe Comesを引き合いに出さなくとも、彼女(彼)等のハードコアパンクは確立した。45回転の黒い円盤から生き急ぐハードコアパンクを是非体感して欲しい。(インフォメーションより)



codered-wolves-cd.jpg

・CODE RED - Wolves of Warfield CD 税込2,000円 (Thrashing Cult)

神奈川スラッシュ・メタル CODE REDの2007年発表1stアルバムCDが、彼らの2ndアルバムやBIRTH RITUALのディスコグラフィーなどもリリースして精力的に活動する中国Thrashing Cult Recordsからボーナス曲多数収録して再発!!帯/メンバー自身による日本語ライナーノート/ステッカー付。

発表当時の海外スラッシュ・メタル作品と肩を並べる正統派スラッシュ・サウンドで、現行スラッシュ・メタル・ファンならば間違いなく必聴です。ボーナス曲も聴きどころが多く、前身バンド MIND FIELDはドライビンなロッキン・スラッシュで、ちょっとThrash Live in Savageryな雰囲気も漂う懐かしさがナイスです!!

Tracks 1~9 : Wolves of Warfield (2007年)
Track 10~11 : Thrashing Warfield Split w/ FASTKILL (2011年)
Track 12~13 : various rehearsal sessions
Track 14~15 : Demo 2001
Track 16~18 : MIND FIELD (Pre-CODE RED) 1st demo tape

11月8日(木)17時で閉店致します

boytag-gold.jpg

本日11月8日(木)は、体調不良により勝手ながら17時で閉店とさせていただきます。
通販発送、受注対応も本日は全く対応できておりませんので、明日以降順次進めてまいります。
ご不便/ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。

RECORD BOY 大倉
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR