RECORD BOY

G.A.T.E.S - Back From The Grave CD COMING SOON!!!


gates-back-cd.jpg

・G.A.T.E.S - Back From The Grave CD (ご予約受付商品)

2017年5月20日発売!!!!!本日よりご予約受付開始します!!!


2000年初頭より活動を開始。昨今のメタルパンクブームの先駆けバンドとして数々のリリースがあるがコレがなんと満を辞してのファーストフルアルバム!2016 年夏より西東京の最早聖地として名だたるレコーディングスタジオNOISE ROOMにて半年間かけて録音された音霊は一旦アメリカに渡り昨今ではPOISON IDEAのレコーディングをも手掛けた、エンジニアとしての評価も高いTOXIC HOLOCAUSTのJOEL GRINDがマスタリングを担当!!

縦横無慈悲に暴れ回る進化を拒んだ生ける化石の如きドラム!に今作品より正式に加わったストレート且つテクニカルなベースを軸にアグレッシブに時折メロディックに駆けヌケるエレクトリックなギター、そしてそれらバックを束ねる、繊細且つケモノの如き雄叫びをあげるボーカル!三重doom BLIND WITCHそして昨今では再びSABBATでギターをプレイするElizaveat氏によるカバーアートとゲストボーカル東京 Metalanarchy Terror Squad 宇田川氏のシャウトがそれらを更に助長させる完璧な仕上がり!!ヘヴィメタルとパンクロックにおいて百戦錬磨の戦いをくぐり抜けて来た男達によるメタルパンク ロックンロールに地獄を見よ!!

再録を含む全11トラック収録!

収録曲
1. MR-666(instrumental)
2. Screaming Sinner
3. Demoncrusade
4. Dead Emotion
5. Oppressions
6. Back from the Grave
7. Dogs of Lust
8. Hatebringer
9. Nerve
10. Selfish/Selfless
11. A Traitor or A Martyr

(インフォメーションより)


G.A.T.E.S - Back From The Grave CD
11 tracks including re-recorded numbers


Formed in the beginning of 2000, as one of the pioneers of metalpunk movement, G.A.T.E.S have put out several releases. Finally the first full album is ready! Since the summer of 2016 the band had been working on this album at the infamous unholy studio NOISE ROOM in west Tokyo. After a 6 months struggle, those tracks were sent to the USA and mastered by Joel Grind/TOXIC HOLOCAUST who is very well known for his hyper excellent work on POISON IDEA recordings.

Merciless drums are rushing around wildly like a living foosile which refused to evolve. The straight and technical bass lines are layered by the new bass player who joined the band from this album. Electric guitars are running through aggressively with some fine melodies. On the top of them, delicate but brutal roars are raised.

Cover art by Elizaveat from a doom metal band BLIND WITCH (from Mie), who recently come back to SABBAT to play the guitar for them. Guest vocals by Udagawa from TERROR SQUAD (Tokyo metalanarchy). They added more pain and brutality to make this album perfect and complete in every respect!!

METALPUNK R&R by the four hard-bitten guys who went through fire and damnation both in heavy metal and punk rock scene.

Witness the hell in it!


Anti-Goth!!


sacrificio-guerra.jpg




・SACRIFICIO - Guerra Eterna DIE HARD LP 税込3,996円 / REGULAR LP 税込2,484 / CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

インパクトのデカいルックスも話題を呼んで前作が大好評だったスペイン・マドリード出身3人組デス・ブラック・メタル・バンド SACRIFICIOが、1stフル・アルバムをNWNとIron Boneheadの共同でリリース。ダイハード・バージョンLPはレッド・ビニールで、ステッカーとダイカスト・メタル・ピンバッジが付きます。

レザー/スタッズ/チェーン、そして鉄仮面武装のファッションは今回も徹していますが、デビュー当時はあまり公にしていなかったその正体は今はもうほぼバレバレで、やはり全員がPROCLAMATIONの連中(ウチ1人はTEITANBLOODもやってます)でした。しかし、BLASPHEMYウォーシップとしてRoss Bay Cultもいち早く認定した初期PROCLAMATION連中のメタル土壌が、このSACRIFICIOで表現してるところの80'sスラッシュ・メタルにあったという事実は、やはり非常に興味深いです。今回もどこかで聴いたことのあるリフやフレーズがポンポン飛び出しながら、VENOM, BATHORY, CELTIC FROST, DESTRCTION, BULLDOZER, SARCOFAGO, etcの影響を爆発させています。スペイン語Vo.が野蛮性を盛り立ててるので、ちょっとチリあたりの南米バンドがスウェーデンのMORDANTみたいな感覚でやってるようにも聴こえました。NWNファンはもちろん、ヨーロッパで盛り上がる昨今のブラック・スピード・メタルが好きな人にもオススメです!!



holocausto-warmetal.jpg



・HOLOCAUSTO - War Metal Massacre DIE HARD LP 税込3,564円 / REGULAR LP RED VINYL 税込2,808円 / CD 税込1,620 (Nuclear War Now!)

先にNuclear War Now! Fest 2016会場販売用限定100枚ピクチャー盤LPで極少量入荷していたブラジリアン・ウォー・デスラッシュ・メタル・カルト HOLOCAUSTOの8曲入り新作です。ダイハード・バージョンはグリーン・ビニールで、ステッカーとパッチが付きます。レギュラー・バージョンLPは限定レッド・ビニールで入荷しました。

2005年の復活第一弾作品 De Volta ao Frontアルバムは、スラッシュなキャッチーさで南米デスっぽい曲調もあったりする、言わばベスチャル・クロスオーバー・デスラッシュとでも呼べそうな独特の内容でしたが、今回はジャケットから既に初期のあの凶暴なサウンドを期待させてくれます。前半の3曲が最凶カルト・クラシック1stアルバム Campo de Exterminioからの再録なので、1stアルバムのオマージュのようなこのジャケ・アートになってるわけですが、これが完全に期待を上回るカッコよさでガッツポーズ!!SODOM型のカオティック・デスラッシュを、現行バンド(notモダン)らしいダイナミックなサウンドと演奏力で爆発させたような仕上がりになっていて、しかも後半の3曲が前半の再録曲からの流れで聴いてても全く遜色のないベスチャル・デスラッシュでこれまたカッコいい!!!666!!!SODOMで例えたら、初期曲再録もアップグレードして激渋スラッシュに生まれ変わったExpurse of Sodomy EPのような感じでしょうか。とにかく、期待以上の傑作デス!!



ritesofthy-artispatial.jpg



・RITES OF THY DEGRINGOLADE - Arch Spatial LP 税込2,592円 (Nuclear War Now!)

遂に復活を果たし、およそ10年ぶりに新曲デモも発表したRITES OF THY DEGRINGOLADEの、デモ/EP/未発表をまとめたコンピレーション・アルバムがNWNからリリース。アナログ盤は限定250枚プレスでダイハード・バージョンは存在せず、パッチとステッカーが付きます。


1. Arch Spatial (Totality recording session 2001)
2. Totalitys Kommand (Totalitys Kommand 7″)
3. Ad Infinitum (Totalitys Kommand 7″)
4. Succubus (Totalitys Kommand 7″)
5. Rites of Thy Degringolade (1999 Demo)
6. Nay I bellow (1999 Demo)
7. Who Hath Employed the Labyrinth of Utter Turmoil (1999 Demo)
8. For I have Cast Sand Into Thine Eye, Yet Thy Vision is so Serene (1999 Demo)


SACRAMENTARY ABOLISHMENT (後のAXIS OF ADVANCE)でドラムを担当していた Paulus Kressman氏がソロ・プロジェクト的に1997年に始めたカナディアン・デス・ブラック・メタル・バンドで、2001年に発表したAn Ode To Sinアルバムは、後の北米デス・ブラック・メタル・ムーブメントを予見したような、カオスと激烈の果てに黄昏も見え隠れする独特の暗黒世界を構築して、現役のカナディアン・デス/ブラック・メタル・ミュージシャンに大きな影響を与えているレジェンド・バンドです。このコレクション・アルバムに収録されてるTotality's Kommand 7"EPは比較的入手しやすかったので持ってる人も少なくないかと思いますが、久しぶりに聴いてもホントかっこいい。畳みかけるようなPaulus Kressman氏のドラミングで演奏は切れ味鋭く、オールドスクールなテクニカル・デス・メタル土台の楽曲に、カオスとエピックのブラック・メタル要素を完璧に導入しています。そして今回初めて聴くことが出来た1stデモは、予想以上にブラック・メタリックな邪悪コールドネスが強く、しかしプリミティブではなくて、これもまた激渋カッコいい!!北米デス・ブラック・メタルを語る上で、絶対に外せない重要バンドの一つです。



bestialraids-mastersatans.jpg



・BESTIAL RAIDS - Master Satan's Witchery DIE HARD LP + T-SHIRT 税込3,996円 / REGULAR LP CLEAR VINYL 税込 \2,592円 / CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

今やポーランドを代表するベスチャル・ブラック・デス・メタルと呼んでも過言ではないBESTIAL RAIDSの2017年発表新作3rdアルバムです。ダイハード・バージョンLPはシルバー・ビニールで、付属品はステッカーとTシャツ!!SサイズとMサイズが入荷しています。レギュラー・バージョンLPは限定クリア・ビニールで入荷しました。

今回も流行に流されない暗黒デス・ブラック・メタル炸裂で、ベスチャル・メタル・ファン必聴の内容です。フィンランドやデンマークなどの北欧ベスチャル・デス・ブラック・メタルよりもグラインド感の強い極黒音塊は、REVENGEやCONQUERORなどのBLASPHEMY系統ウォー・ブラック・メタルからの影響を強く感じさせます。しかしREVENGEのようなインプロ・グラインディングや、CONQUERORのようなカオティックな感じとちょっと違い、本家BLASPHEMYの黒音塊を、東欧(not北欧の極寒)らしい人間味のない冷徹な黒さで包んで、なおかつ演奏も畳みかけるようなアグレッションで、日本では全く人気ないけどNWNオーナー氏が一貫してサポートするのが完全に納得できるかっこよさデス!!



pervertedceremony-sabbatof.jpg



・PERVERTED CEREMONY - Sabbat of Behezael TAPE 税込972円 (Nuclear War Now!)

デビュー・デモ・カセットもNWNからリリースしていたベルギー出身ブラック・メタルの9曲入り1stフル・アルバム・カセットです。今後ヴィニール・バージョンの発売も予定していますが、実は話題のプロジェクト DEATH WORSHIPに次いでこのところ問い合わせの多かったNWNリリースがこのPERVERTED CEREMONYの1stアルバムで、欧州産真性ブラック・メタル・マニアには既にかなり高く評価されているようです。

BEHERIT, DEMONCY, ARCHGOAT, PROFANATICAに影響され、それらのミックスを目指してるそうで、確かにプリミティブな鈍さと冷たさが同居したベスチャル・ウォー・ブラック・メタルは、SADOMATORのような北欧バンドが好きな人にオススメですし、隣国オランダのカルト・ブラックのような前衛性もどこか漂います。ノイズ寄りウォー・ベスチャル・デス・ブラック・メタル・ファン要注目!!



necrosic-putrid.jpg



・NECROSIC - Putrid Decimation CD 税込1,620円 (Nuclear War Now!)

AUTOPSYのギタリスト Eric Cutler氏が参加するUSカリフォルニア・オークランドの新鋭デス・メタル・バンドの4曲入りデビュー作がNWN!からリリース。アナログ盤が1年前に出てましたが、CDもようやく入荷しました。

他メンバーもカリフォルニアのデス・メタル・シーンで活動してきた面々で、Vo.はRazorbackの看板バンド GHOULやIMPALED,さらにはメタルクラストのSTORMCROWなどもやってた人だし、ツイン・ギターの片割れはex.GRAVEHILL, ドラムはGHOULGOTHA, etc様々ですが、恐らくこのバンドが結成されるきっかけになったのは、日本であまり知られていないSCOLEXというバンドではないかと思います。SCOLEXはMLPを1枚出していて、何年か前にそのメンバーが日本に遊びに来ていて、そのMLPや友達バンドのカセットだのをたくさんプロモ用にくれてったんですが、このNECROSICのメンバー5人のうち3人がSCOLEXでもプレイしていた人達で、Eric Cutler氏は今もSCOLEXに籍を置いているようです。

サウンドはパンキッシュなわけでは全くないけどカリフォルニアらしいメタルとハードコアのクロスオーバーも感じさせるデス・メタルで、BOLT THROWERの影響を受けたUS西海岸デス・メタル、といった感じです。WAR MASTERのようなウォーシップ型ではなく、STORMCROWのようなBOLT THROWER影響下メタル・クラストでもないけど、クラストとパワーバイオレンスとデス・メタルが入り乱れるカリフォルニアらしいオールドスクールなサウンドです。最近のNWN!やDark Descentのリリースよりも、20 Buck Spinあたりのデス・メタル・バンドが好きな人にオススメ!!



howlsofebb-vigils.jpg



・HOWLS OF EBB - Vigils of the 3rd Eye DIE HARD 2LP 税込4,320円 / REGULAR 2LP CLEAR VINYL 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

アンダーグラウンド・シーンで高く評価され、デビューしていきなり注目を集める存在となったUSサンフランシスコのブラック・メタル・バンド、HOWLS OF EBBが2014年にCDで発表した1stアルバムを、NWNが2枚組LPで再発。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、ステッカーとダイカスト製ペンダントが付いています。レギュラー・バージョンは限定クリア・ビニールで入荷しました。

とにかくこの薄気味悪いジャケットが強い印象を与えるレコードですが、サウンドがまたこのジャケの雰囲気にピッタリのサイケなオカルト・ブラック・メタルで、昨今のリチュアル・ブラック・メタル・トレンドとは明らかに異なる感触です。デス・アンビエント系の音圧で圧倒するタイプではなく、NEGATIVE PLANEやVON GOATなどのサイケデリックな不気味さにも近いけど、サンフランシスコ出身という気質のせいか、オルタナ系ジャンク・ロックみたいな要素も随所で感じられ、3曲目なんかはまるで、TODAY IS THE DAY, MINISTRY, VOIVOD, DOOM(日本),etcをごちゃ混ぜにしたようなジャンク・ノイズ・サイコ・ブラック・メタルに聴こえてきて、これが極渋!!もうちょっとデス・メタルの方法論が強いと、REVEALやINVIDIOUSあたりのスウェーデンMetal Of Death一派の若手が狙ってるような感覚にも近いかも知れません。

どうやら中心人物はキャリアのあるアラフォー世代のミュージシャンのようですが、エクストリーム・ミュージックのバックボーンが90年代をスタート地点とする若い世代には、やはりこういう身体の芯から黒くて激しく妖しい音、つまり音響などの装飾だけではたどり着けない生々しさを是非とも体験してほしいです。Sepulchral Voiceリリースが好きなファンにも絶対オススメ。グレートです!!

Rock Hard!Punk Free!!


virulence-ifthis.jpg



・VIRULENCE - If This Isn't A Dream...1985-1989 CD 税込1,620円 (Southern Lord)

長らくSouthern Lordやってなかった時に、こんなCDも出てたとは・・・。全く気づきませんでした。RKLの2nd、POISON IDEAの2nd、NEUROSISの1stなどが有名な80年代USカリフォルニアのパンク・レーベル Alchemy Recordsから1989年にLPを1枚出していたハードコア・パンク・バンドのディスコグラフィーCDです。このバンド、この後ひっそりと改名、と言うか別バンドへと発展しまして、実はFU MANCHUの前身となったバンドなのであります。確かに、このLPはよく見かけたけど、Alchemyの中でもこれとCLOWN ALLEYは全くそそられないジャケだったので全然眼中になかったUSHCファンがほとんどだと思います。


Tracks 1-8 "If This Isn't A Dream..." LP (Alchemy Reords, 1989)
Tracks 9-11 recorded 9/30/1989 live at Berkley, CA.
Tracks 12-13 recorded 2/26/1988 at Spot Studio - Santa Ana, CA.
Tracks 14-15 recorded 12/28/1987 live in Irvine, CA.
Tracks 16-19 recorded 6/13/1986 at Public Recordings - Placentia, CA.
Track 20 recorded Summer 1985 at Public Recordings - Placentia, CA.


しかしFU MANCHUの前身だったとわかって手のひら返すわけではありませんが、ちゃんと聴いてみれば80's USHCファンには十分な内容の作品です。西海岸ハードコアらしい軽速パンク・スラッシュもあれば、BL'ASTを彷彿させるBLACK FLAGタイプのナンバーや、さらにMELVINSからの強い影響を感じさせるオルタナティブ・ジャンク・スラッジ・コア・ナンバーなど、いかにもアメリカン・ハードコアらしいウネリとカラッとした感触のミスマッチがけっこう聴き応えあります。この爽やかさと重苦しいヘヴィネスのアンバランスさを上手くまとめて成功したのが、FU MANCHUだということです。ストーナー・ロック・ファンにも絶対オススメのオブスキュアUSHCリイシューです!!



annihilationtime-incomplete.jpg

・ANNIHILATION TIME - Incomplete Discography CD 税込2,160円 (Annihilate)

2000年代に活躍したUSカリフォルニア出身ハードロッキン・パンク ANNIHILATION TIMEが来日!!当時は当店でもなかなか評判の良かったバンドでしたが、2015年に復活を果たしていて、今年2017年のゴールデンウイークに来日ツアーを慣行します。このCDは来日に合わせて日本流通仕様でリリースされたもので、2004年発表2ndアルバム IIと、Cosmic Unconciousness EP (2006年)、Bad Reputation EP (2003年)などからの曲をボーナスで追加した全18曲入り。裏ジャケの曲クレジットでは19曲入りとなっていますが、実際は15曲目は未収録なので全18曲です。

ある意味アメリカン・ハードコアの王道とも言える、BLACK FLAGが切り開いたハードロック・ベースのパンク・ロックで、My War節全開の神経衰弱フレーズで切り込みつつも、サイコなハードコア・アプローチはさほど強調せず、サバスをUSパンクの陽気さで表現したようなヴィンテージR&Rパンク・サウンドは、個人的にも当時かなり強く印象に残っています。この後、3rdアルバムはBOULDERなども出してたTee Peeからリリースして、「なるほど、確かにそういうタイプのバンドだな」とその時は納得しましたが、このANNIHILATION TIMEのスピリッツを継承して、よりヴィンテージR&Rに回帰した独自のスタイルで大ブレークしたのが、SHRINEということになるのでしょう。久しぶりに聴いたけど、BL'ASTタイプのBLACK FLAGウォーシップなハードコア・パンク・ナンバーも最高にカッコいい!!

END ALL - Signs of Life CD


endall-signs.jpg



・END ALL - Signs of Life CD 税込 2,000円 (Till Your Death)

関東で活動するスラッシュ・メタル・バンド END ALLの1stアルバムCD。ライブには定評のある実力派として、メキメキと知名度を上げてきた期待のスラッシャーです!!


1.Through New Eyes
2.The Sign Of Life
3.Cut It Out
4.Flash Back
5.Strike Down
6.Get Thrashed! Get Drunk!
7.If I Don’t
8.Breakaway
9.In A Loud Voice
10.Knowledge & Technology
11.It’s Time To Metal

Deathrash Armageddon!!


gladiador-in.jpg



・GLADIADOR - In...Requiescat in Pace CD 税込1,500円 (Deathrash Armageddon)

南米パラグアイ出身スラッシュ・メタルの2014年にバンドが自主製作CDRで発表した1stアルバムを、日本のDeathrash Armageddonが初プレスCD化したものです。Deathrash Armageddonのパラグアイ・バンドと聞くと、MASTER OF CRUELTYが真っ先に思い浮かびますが、このバンドもまた、初めてMASTER OF CRUELTYを聴いた時とは違った驚きを与えてくれます。

これまでのD.A.作品の中で最も鋼鉄感の強いスラッシュ・メタルではないでしょうか?と言うか、驚異的テクとかじゃないのですが、演奏が素晴らしい。小気味よくタイトで、ドラムのリズム感は最高です。リフやソロなど、ギターの演奏と楽曲もしっかりヘヴィメタルの基礎を積み重ねたスピード・メタルと言った感じで、崩壊感ゼロという点では真性D.A.信者向きではないかもですが、パーティー感覚ゼロのこういう南米スピード・メタルは応援したいです。ちょっとパンキーなキャッチー・ナンバーですらパーティー・スラッシュになってないのもエライ。ぜひとも正統派スラッシュ/スピード・メタル・バンガーズにチェックしてもらいたいD.A.リリースです!!



vomitofdoom-magnus.jpg



・VOMIT OF DOOM - Magnus Cruelty 7"+CDR 税込1,200円 (Deathrash Armageddon)

Deathrash Armageddon、久しぶりの7"アナログ盤リリース!!2009年結成アルゼンチン出身スラッシュ・ブラック・スピード・メタル・バンドの3曲入り7"と7曲入りリハーサルCDRのセットです。

チリのバンドを彷彿させる硬派なイーヴィル・スラッシュですが、リフが完全にスラッシュ/スピード・メタル土台なので、ブラスト・ビート・パートがあってもデス・メタル以降のエクストリームな感触は全くありません。要するに、非常にオールドスクールな質感です。SODOMを基盤にしたガリガリなリフなどは、ちょっとVOMITORなどの影響もありそうだし、現行の北欧スラッシュのような熱血ヘッドバンギングなリフも飛び出します。スピード・メタル寄りのブラック・スラッシュ好きは要チェックです!!

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR