RECORD BOY

Metal Deadness!!

gruesomeus-savage.jpg

・GRUESOME (US) - Savage Land CD 税込1,944円 (Relapse)

EXHUMED, DEKAPITATOR, etcなどで活躍するご存じMatt Harveyを中心に、伝説のフロリダ・オール・フィメール・デス・メタル DEMONOMACYのメンバーで現DERKETAのベーシスト Robin Mazenも在籍する話題のUSデス・メタル・バンドがRelapseからデビュー。参加メンバーの話題性と、フロリダDEATHウォーシップを強烈に打ち出したサウンドで、既に日本でもオールドスクール・デス・メタル・ファンを熱狂させています。

それにしても、見事に初期フロリダDEATHしています。メンバー編成もツイン・ギターで、Matt氏とその相棒に抜擢された現POSSESSEDのギタリストでもあるDaniel Gonzalez氏とのコンビネーションは、2ndアルバム Leprosyの頃のDEATHを彷彿させるメロディックなギター・ソロを絡めて、まだデス・メタルがSLAYER型スラッシュの発展系であり過激派と目されていた、古き良き初期アメリカン・デス・メタルそのもの。と言うかLeprosyまんまです。MALEVOLENT CREATIONにも在籍していたこともあるドラマーのGus Rios氏もオールドスクールなプレイに徹していて、日本のメタル・ヘッズにもお馴染みの初期フロリダDEATHドラマー Bill Andrews氏の、あの疾走感を殺したような独特なベッタリ・ドラミングを再現しようとしてるかのようで涙ぐましいです。フロリダDEATHファンはもちろん、80年代後期のUSデス・メタルは好きだったスラッシュ・ファンにもぜひ聴いてもらいたいデス!!ロゴもかっこいいな~!!




johanssonandspeckmann-mask.jpg

・JOHANSSON & SPECKMANN - Mask of the Treacherous CD 税込1,836円 (Vic)

ご存じMASTERのPaul Speckmann御大と、Obliterationからのリリースで日本のデス・メタル・ファンにお馴染みの、RIBSPREADERやPAGANIZERなど多くのバンドで活躍するRogga Johansson氏のお二人による、US(と言ってもSpeckmann氏はもう長年チェコを拠点にしていますが)&スウェーデン・デス・メタル・ベテラン・ミュージシャン・コラボ・プロジェクトの2ndアルバムです。

1stアルバムが良くなかったわけではないですが、アルバムを何枚も出すようなテンションは続かないだろうと思ってたので、この2ndには正直あまり期待しないでいましたが、今回はMASTERテイストのゴリゴリ・ドライブ感を後退させて、疾走感がスウェディッシュ・デス寄りになってるような気がして、大味な一本調子じゃないので最後まで飽きずに聴けました。激速ビートが多いのもカッコいいです。なんかギター・ソロがほとんど適当な感じがするのが引っ掛かりますが、NECROCURSE, BOMBS OF HADES, TORMENTEDみたいに、重鎮によるピュア・デス・メタル・リバイバル・バンドとして今後も続いてほしい!と思わせる内容です。




carbonized-forthe.jpg

・CARBONIZED - For The Security LP 税込2,376円 (Vic)

CARNAGE, DISMEMBER, GENERAL SURGERY, THERION, etcでもVo.を務めたMatti氏を筆頭に、初期スウェディッシュ・デス・メタル・シーンを支えた数々のバンド・メンバーが在籍した、スウェーデン・ストックホルムのバンドの91年発表1stアルバムが、オランダのVic Recordsから再発。オリジナルはフランスのThrash Recordsからのリリースで、近年もブートが出回っていました人気作です。もちろんCDもオーダーしてましたが、1枚も含まれずに届いてしまったので、今回はアナログ盤のみの入荷です。すみません。

初期スウェディッシュ・デス・メタルの名盤でありながら、一般的なスウェディッシュ・デスとは全く異なる音楽性で、2ndアルバムで強めるプログレッシブなテイストも既に大きく作用しています。スラッシュ土台のデス・メタルと違い、アヴァンギャルドなグラインド・コアとの共通性を強く感じさせていて、後のパワー・バイオレンス・シーンで猛威を振るったマセマティックなグラインド・コアの先駆けのような部分もあります。この独自のスウェディッシュ・グラインディング・デスコア・メタルに至った経緯については、「CARCASSとNAPALM DEATHに魅了されて、尚且つVOIVODやCELTIC FROSTも大好きだったし、そしてガキだった」と、ライナー・ノートで語られています。スウェディッシュ・デス・メタル・マニアならずとも、GORGUTSやMORGUEのようなグラインディング・デス・メタル好きもぜひこの機会に入手して堪能してほしい名作デス!!




mefisto-themegalomania.jpg

・MEFISTO - The Megalomania Puzzle LP 税込2,376円 (Vic)

LPも再発されました!

BATHORYに次いでスウェーデンでブラック・メタルのルーツとなったサタニック・スピード・メタルをイチ早く実践されたとされるカルト・バンドのディスコグラフィーが、オランダのVic Recordsから超待望の再発。86年にデモを2種制作して消滅したバンドで、99年にRegain RecordsがThe Truthというタイトルでそのデモ2種をまとめたアルバムをリリースしていました。残された音源がデモ2本のみなので、今回の再発も収録内容は同じですが、今回はメンバー自身によるセルフ・ライナー・ノートがインナーに掲載されていて、Quorthonと初めて会った時のことなども触れてて、かなり面白いです。やはりBlack MarkはMEFISTOにリリースのオファーをしてたそうで、結局それもかなわず解散したそうです。あと、今回のライナーでは触れてないけど、99年のRegain Records再発の時も解説しましたが、BLACK UNIFORMS, DRILER KILLER, ANTI-CIMEX, MODERAT LIKVIDATIONなどで活躍した極悪メタル・パンクス Cliff Lundberg氏が、BLACK UNIFORMS時代にこのMEFISTOのTシャツを着ています。

MEFISTOのサウンドはBATHORYよりもスラッシーで、特に1stデモは、VENOMなどの影響よりも、METALLICA影響下のユーロ・スラッシュみたいな感じで、スイスのMESSIAHなんかが近いように思います。ちなみに、MEFISTOのメンバーがQuorthonと初めて会った時に、CELTIC FROSTのTシャツを着てたらQuorthonに凄いイヤな顔された、とライナーに書いてあります(Quorthonが同世代のスラッシュ・メタルを嫌っていた逸話は数多くあります)。MEFISTOはスラッシュとしては未熟だったかもしれないけど、2ndデモではエピックなパートも導入したサタニックなデスラッシュ・メタルを確立して、後のスウェディッシュ・デス・メタルの多くのバンドに影響を与えました。この2ndデモが86年11月録音というのはちょっと凄いことで、BATHORYのUnder The Sign~が86年9月の録音ですから、ほぼ同時期です。しかもBATHORYはUnder The Signでブラック・メタルのスタイルを完成させましたが、MEFISTOの場合は後のデス・メタルのプロト・タイプのような起伏に富んだ展開のエピック・オカルト・スラッシュ・メタルを実践していたのが、とても興味深いです。これはMERCYFUL FATEからの影響が大きかったようで、当時King Diamondの電話番号を入手したMEFISTOメンバーは、Kingに電話をかけまくっていろいろアドバイスもらった、とライナーに書いてあります。

こういうエピソードやトリビアを挙げだしたらキリがないくらい、カルトで魅力的で、そしてスウェディッシュ・デス/ブラック・メタルのレジェンド・バンドに影響を与えたバンドですので、未聴の方はぜひこの機会に聴いてみてください!!




obscenity-suffocated.jpg

・OBSCENITY - Suffocated Truth CD 税込1,836円 (Vic)

HOLY MOSESのSabina Classen姐さんと、ギターだったAndy Classen氏によるレーベルのWest Virginia Recordsから92年に発表されたジャーマン・デス・メタルの1stアルバムが、これまでもWest Virginia Records作品をいくつか再発してきたオランダのVic Recordsから再発。他のWest Virgina Recsリイシュー同様、こちらもまたオリジナル盤CDはメガレアで、マニアの間では200~300ドルで取引されるカルト・デス・メタル・クラシック・アルバムです。

ズグズグ徘徊するリフ・ワークにメロディックなソロも絡みつく、初期スウェディッシュ・デス・メタルのオブスキュア名盤にも似た魅力のある作品ですが、恐らく基礎はPESTILENCEの名作2ndあたりを手本にしたような正統派のデス・メタルです。時折うっすらキーボードを乗せて荘厳さを出してるところも、PESTILENCE 2ndのちょっとエピックなパートを思い出します。ただ、感触はPESTILENCEのようなダイナミズムと爆発的突進力と全く違い、神経質な展開の曲調はWOMBBATHなどのスウェディッシュ・デス・メタルっぽいし、ゴアリーなジャーマン・グラインディング・デス・メタルほどじゃないけどlowでノイジーなリフがステンチで最高です。POSSESSED型のリフになると、ジョリジョリ具合がPENTAGRAM CHILEにも通じるように聴こえてきます。とにかく、初期デス・メタル・ファンならば、オリジナル盤が驚くような値段で取引されるのも完全に納得できる、アングラ・カルト・デスの名盤デス!!あと、ジャケもいいですね。




korsakov-unique.jpg

・KORSAKOV - Unique Remains CD 税込1,836円 (Vic)

80年代後期に結成されてデモを3本残して解散したオランダのデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDです。3種デモ全17曲を収録しています。


TRACKS 1-4 : Prolong The Agony DEMO (1994年)
TRACKS 5-10 : Radiation Exposure DEMO (1991年)
TRACKS 11-17 : Hangover Hero's DEMO (1989年)


時代をさかのぼるように収録されていて、前半の94年3rdデモは適度にエピックなソロも効果的にきまったスウェディッシュ・デス・メタルに近いスタイルです。Sunlightスタジオで録音していれば、まるでオブスキュア・スウェデスなデモに仕上がっていたことでしょう。91年2ndデモはもう少し全体的にラフで疾走感も強く、ソロはやっぱりメロディックなので、フロリダDEATHっぽくも感じます。89年1stデモはよりイーヴィル&ノイジーで、最初から最後までなかなか楽しめるオブスキュア・デス・メタル再発盤デス!!




toxodeth-morbidest-cd.jpg

・TOXODETH - Morbidest Reality (An Observation) CD 税込1,944円 (Chaos)

オリジナルは、"Lo mas morbido de la realidad (una observacion)"のタイトルで発表されていたメキシカン・デス・メタル TOXODETHの93年発表2ndアルバムが、1stアルバムに続いてChaos RecordsからCD再発。BLASPHEMYの1stアルバムなどで知られる伝説のUSカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Rags Recordsから90年にリリースされた1stアルバムは、当時から日本のマニアックなデス/スラッシュ・メタル・ファンにはおなじみのカルト・クラシックですが、恐らく当時1stを聴いた大多数の人が失笑してすぐにレコード棚にしまったか売り払ったと思われるため、この2ndについて語られることは日本では今までほとんどなく、存在についても知らなかった人が少なくないかと思います。まぁ、2ndが存在したことを今になって知ったって「ふーん、あ、そうなの」程度の人がほとんどでしょうが、当時はCDでしかリリースされなかったっぽいこの2ndは長年入手がとても困難で、探してた人は躍起になってたようですので、これもまた念願の再発と言って騒ぎたいと思います。後半にBlack Metal Old School Demosと銘打って初期の未発表デモ音源がボーナス収録されていますが、たぶん以前にCDでリリースされてた "Demons Black Metal Demons"デモ・アルバムと被ってる内容だと思います。


Tracks 1-13 : Lo mas morbido de la realidad (una observacion) アルバム
Tracks 14-24 : 1985年~2003年録音デモ各種


1stアルバムは、CORONER, DESTRUCTION, MEKONG DELTAあたりのユーロ・スラッシュに影響されたと思われるテクニカルなフレーズと目まぐるしい展開の応酬が見事に崩壊しまくった、中南米ロウ・テク・メタル・ファン感涙の名作ですが、この2ndはだいぶやりたいことができるようになってしまってます。しかしこれが出来てないほうがまだ良かったような意味不明すぎる世界観で、前述したユーロ・テクニカル・スラッシュよりも、VOIVODやGORGUTSのようなアヴァンギャルドさに近づこうとしているのが感じられます。フロリダのNOCTURNUS / AFTER DEATHや、スウェーデンのDECOLATION, あとSIGHのようなアヴァンギャルド・デス/ブラック・メタル・ファンにもオススメ、などと言ったら、名前を挙げた全てのバンドのメンバーとファンからたぶん叱られるでしょうが、支離滅裂な展開とロウなサウンドのミスマッチは、この店内で聴いてる限り最高すぎます!!かっこいいなー。わけわからん!!

Hardcore Holocaust in Hell!!

discharge-citygarden-black.jpg

discharge-citygarden-3lps.jpg

・DISCHARGE - Live At The City Garden New Jersey LP LTD. 100 SPLATTER VINYL 税込3,456円 / LTD. 150 CLEAR VINYL 税込3,024円 / LTD. 250 BLACK VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

DISCHARGEの83年USツアー時ニュージャージーでのライブを収録したLPが、イタリアのF.O.A.D.から再発。オリジナル・リリースは89年で、90年代に入ってから1度シングル・ジャケでも再発されてましたが、それ以来ですから相当久しぶりの再発のはずです。ltd.100枚スプラッター・ビニール / ltd.150枚クリア・ビニール / ltd.250枚ブラック・ビニールの500枚プレスで、100枚限定のスプラッター盤は早々にレーベルで完売していますので、やはり当店にもスプラッター盤の問い合わせはボチボチありました。気になってた方はこの機会を逃さないでください!

Poochが入って早々のツアーで、まぁーPoochのプレイは適当です。PoochがDISCHARGEに加入した経緯を妄想すると、後にGaryを誘って始めたHELLS BELLESの音楽性を考えても、ただそこに居たというか、ただ単に誘いやすかった関係なだけで、別に音楽性で意気投合してたわけではないのは間違いないでしょう。しかし、そんなDISCHARGEとPoochが本当にカッコいい!!!SORE THROATの再発でF.O.A.D.と良好な関係にある世界有数のDISCHARGEマニア Rich Walker氏(SORE THROAT, SOLSTICE, etc)が全面協力していて、ゲートフォルド・ジャケ内側の写真が、マニアならずとも思わず「カッコいい!」と声を上げてしまいそうになるRich氏提供のお宝激渋未公開写真がオール・フルカラー切り貼りに今回は変わっていますが、よくわかんない激渋なギターで、しかも初めて見る革ジャン姿で演奏するPoochとか、ホント最高にメガ渋いです。Rich氏のライナーノートも、賛否両論あるこの時代のDISCHARGEをしっかり客観的にとらえながら愛を込めて検証していて、必読に値します。当時のツアー・ポスターのレプリカも付いた、最高の再発盤です。


* F.O.A.D.リリースによくある、ジャケ角打ちが少しありますので、なるべく綺麗なヤツからお売りしていきます。




disorder-agathocles.jpg

・DISORDER / AGATHOCLES - Massacre Of Fish / Total Braindead SPLIT 10" 税込2,268円 (Power It Up)

ドイツのグラインド・パンク/ポリティカル・ハードコア系老舗レーベルのPower It UpからリリースされたSplit 10"です。アガソもDISORDERも全種追っかけて入荷させたりしてませんが、この素晴らしいカップリングはやはり1度手に取ってみたいと思い、入荷させてしまいました。AGATHOCLESとのSplitをリリースするのが夢だというベテラン・ミュージシャンは実は時々居て、その代表的な人物がKawakami氏だったと思いますが、このSplitもTafからのオファーだったら最高なんですけど、未確認です(たぶん違うでしょう)。限定500枚リリースです。

DISORDERは、先にリリースされているSplit w/ STAGNATION提供曲と同内容という、実にDISORDERらしいレコードです。ノルウェー時代のバフバフ・ノイズ・スラッシュではなく、聴き様によってはちょっとアナーコ・パンクみたいなアヴァンギャルド風味もあって、格の違いと言うか、Tafにも大人のノイズ・パンク・コアと言う感じの渋さが感じられるようになりました。

片やAGATHOCLESはいつまでたってもrawなノイズコア・サウンドが爆発しています。しかし本来AGATHOCLESは、SORE THROATや7 MINUTES OF NAUSEAタイプのサウンドを指して言うノイズコアの方に近い位置に居るバンドですが、このSplitではハーシュなノイズ・サウンドはそのテのグラインド・ノイズ・スタイルながら、曲調はDISORDERに敬意を表したような感じにしていて、なかなか面白いことをやっています。

とりあえず、こんな最高の組み合わせ、持っていないと気が済みません!!




chaoticend-infront.jpg

・CHAOTIC END - In Front of Paranoia LP 税込2,484円 (Skuld)

ギリシャのクラスト・パンクを代表するバンドの一つ CHAOTIC ENDの93年発表1st LPが、ドイツの老舗ポリティカル・パンク・レーベル Skuldから再発。アラフォーDIYパンク・ファンには懐かしいレコードですが、当時の日本では某クラスト・パンク・バンド・メンバーの一部(と言うか約一名)に支持されてたぐらいで、一般的に人気が出た事は1度も無かったです。しかしギリシャのアンダーグラウンド・シーンの特徴もだいぶわかるようになってきましたので、ズバリ言いまして、ギリシャのブラック/デス・メタル・ファンに今こそ是非触れてもらいたいクラスト・パンクの重要名盤だと思います。ミニ・ポスター状のインナーとダウンロード・コードが封入されてます。

Nuclear Winter RecsオーナーでDEAD CONGREGATIONギタリストのAnastasis氏が若かりし頃にやっていたバンドのNUCLEAR WINTERの97年デモが数年前にLP再発されてましたが、結成当初はAMEBIXとBOLT THROWERに強く影響されたクラスト・デス・メタルのNUCLEAR WINTERも、恐らくこのCHAOTIC ENDと接点があったのでは?と思われます。実際このバンドは、DEATH COURIERなどと共演もしてたりしたようです。初期AMEBIXの灰色のたそがれを継承したサウンドもNUCLEAR WINTERとの共通性を強く感じさせて、この感覚はAMEBIX云々以前に、ROTTING CHRISTに代表されるアトモスフェリックなブラック・デス・メタルと同様に、ギリシャのバンド特有の叙情だと思われます。AMEBIXウォーシップ・クラスト・パンク・ファンから、ギリシャ・エピック・デス・メタル・ファンにまでオススメです!!




siege-30thcd.jpg

・SIEGE - Drop Dead 30th Anniversary Edition CD 税込2,000円 (Armageddon / Disk Union)

NAPALM DEATHなどのグラインド・パンク始祖バンドに大きな影響を与えた、スピード・スラッシュの原点とされるボストン・ハードコア・パンク・レジェンド SIEGEのディスコグラフィーが、30周年記念版として再発。伝説のエクストリーム・パンク・レーベル Off The DiskがブートEPを出すなど、80年代後期~90年代にはアナログ盤での正規リリースが一度もなかったわけですが、2004年にDeep Six Recordsが初の12”サイズで遂にSIEGEのアナログ盤をオフィシャル・リリース。2006年版のプレスには未発表2曲を追加し80'sハードコア・ファンを驚愕させ、さらに2009年プレスの3rdエディション時には別の未発1曲を発掘してきて収録。しかし、2006年版のボーナス2曲は2009年の3rdプレスには収録されてませんでしたが、今回の30周年記念盤はその過去のプレスで追加された未発表ボーナス曲を全て収録しています。CDバージョンはボストンのArmageddon Labelからのリリースで、さらに1984年録音の未発表アウトテイク "F-Minus"も1曲追加収録。日本流通盤には帯が付いています。

SIEGEやDEEP WOUND, OUTPATIENTSなどは、SSDに代表される所謂crew系のボストン・ハードコア・シーン表舞台バンドとはちょっと違う雰囲気が感じられましたが、都会的なcrew系にはない(Mr. Devour Records氏によると、実際SIEGEやDEEP WOUNDはボストン郊外のバンドだったそうです)、粗野で洗練されていない激烈なロウ・スラッシュ・サウンドが魅力でした。Pushead氏の、「当時の2大カルト・スラッシュ・バンドに参加してもらうのが夢でCleanse The Bacteria comp.を企画して、一つのバンドは実現できなかったけど、もう一方のSIEGEに参加してもらえたのは本当に誇りに思っている」という話を聞いたことがありますが、SEPTIC DEATHではSSDをカバーをしながらも、自らのレーベルではSIEGEに熱烈なラブコールを送っていたように、当時からやはりこのバンドの激烈性には、何か神掛かったようなオーラが漂っていたそうです。F.U.'sとJERRY'S KIDSのスピードもファストコアの原型とも言える相当な速さでしたが、SIEGEの速さは人間味の感じられない冷徹で重厚なウォール・オブ・ノイズがブルータルに迫りくる様で、グラインド・コアはもちろん、クラスト・コア・パンクにも大きな影響を与えていたと思います。間違いなく、エクストリーム・スラッシュの原点の一つとして絶対に体験しなくてはならない、リアル・カルト・バンドです。

Grind for Speed Freaks!!

controlledbyfear-blackvinyl.jpg

controlledbyfear-redvinyl.jpg

・CONTROLLED BY FEAR - The only Good Cop Is A Dead One LP LTD. RED VINYL 税込3,888円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,484円 (Hate Ape prod.)

RUPTUREの2000年代作品をいくつかリリースしていたHate Ape prod.からリリースされた、オーストラリアのハードコア・パンク・バンドの89年デモ22曲に、同年ライブ2曲を追加したLPです。Vo.のAndrewは故Gus Chamber氏、ギターのMattはStumblefuck氏として後にRUPTUREを結成する2人で、ドラマーは後に白(KURO)の熱狂的マニアらが結成してKings Worldからのリリースも果たしたクラスト・パンク・バンド NAILED DOWNに加入した、知られざる短命OZハードコア・レジェンド・バンドです。エクストラ・フォールド・スリーブが付いたレーベル直販限定レッド・ビニールと、レギュラー・ブラック・ビニールの2種入荷しました。

イギリスのDOOM, スウェーデンのG-ANX, そしてバンド名の由来になったスイスのFEAR OF GODなどのクラスト/グラインド・パンクに強く影響されたというグラインド・パンク・スラッシュなんですが、これがまるでRUPTUREまんまでグレートなカッコよさです!!95年発表アルバムのSex, Drugs and Ruptureから露骨にGG Allinの影響を表す前の、USHCの延長線上でスピード・アップしたような初期RUPTUREの猛スピードに既に達していて、Andrew氏のバイオレンスなシャウトとMatt氏のローファイなギター・サウンドはまさにRUPTUREそのものです。Andrew氏はCRYPTIC SLAUGHTERのTシャツ着てますが、その辺の80年代中~後期のスピード・コア・スラッシュ・ファンにもオススメですし、VOIDやNEOSのようなローファイ・トラッシュ・パンク・スラッシュにも通じるところがありますので、80'sオブスキュア・ハードコア発掘好きも絶対にチェックしといてください!!




ulcerousphlegm-phlegmas.jpg

・ULCEROUS PHLEGM - Phlegm as a Last Consequence LP 税込2,484円 (Power It Up)

90年代に7"EPを2種リリースしていたドイツのグラインド・コア・バンドで、後のジャーマン・ゴア・グラインド・バンドにも大きな影響を与えたというリアル・カルトなバンドのディスコグラフィーが、グラインド・パンク/ポリティカル・ハードコア系老舗レーベルのPower It Upからリリース。


Tracks A1-A3 : Sick Evolution 7"EP (1992年)
Tracks A4-A15 : International Problems Can't Be Solved By Intern Nationalism 7"EP (1990年)
Track B1 : Sick Evolution EPセッション未発表 (1992年)
Track B2 : ライブ (1990年9月)
Track B3 : ライブ (1990年7月)
Tracks B4-B5 : リハーサル (1992年4月)
Tracks B6-B8 : ライブ (1991年1月)


ゴア・グラインドの聖地ドイツのシーンでは知らぬ者は居ないというほどの伝説的バンドのようで、シールドの上に貼ってあるハイプ・ステッカーには、YACOPSAEメンバーやNuclear Blastスタッフ、スペインのHAEMORRHAGEメンバーがコメントを寄せています。ゴアと言ってもファニーなモッシュ・ゴアや便所系ではなく、CARCASSルーツのダウン・チューニング・ズルズル殺人的lowなギター・リフによる初期SORE THROAT系ノイズコアで、これは初期グラインド好きにはたまらない感触です。さらに92年2nd 7"では、東京のGRUDGEのようなドンマイ・グラインドとはまた違う遅いグラインド大爆発で、これは凄い!!このノイズコア・スラッジな感触は、GONKULATORファンにもオススメしたくなります。スウェディッシュ・デス・メタルのCARNAGEのカバーもやってたりして、BLOODやNAKED WHIPPERなど、デス・メタル・ファンにも人気の高いジャーマン・カルト・グラインドが好きな人にもオススメ致します。




capitalistcasualties-liveinkochi.jpg

・CAPITALIST CASUALTIES - Live in Kochi Chaotic Noise CD 税込1,620円 (男道)

パワー・バイオレンスを代表するUSサンフランシスコ出身 CAPITALIST CASUALTIESの、2014年に行った3度目の日本ツアーの際の10月7日高知でのライブをフル収録したCDが男道レコードからリリース。ペーパー・フォールド・スリーブCDで、見開きジャケの内側には来日時の写真が満載です。

音質は完璧に文句なし、演奏もレコードをそのまま再現したようなC.C.らしい切れ味で、さらにライブ盤の長所を最大限に生かした破壊力バツグンのテンションなので、これはレコードで聴く以上のカッコよさではないでしょうか?パワー・バイオレンス・ファンには懐かしい初期の名曲満載ですが、C.C.を特に熱心に追いかけてきたような人だけでなく、むしろ初めて聴く人に一番オススメできる作品かと思います。LACK OF INTEREST, NO LESS, PLUTOCRACY,etc リアル・ギャング・パワー・バイオレンス一派の最高峰バンドらしい、極悪に強力なライブ・アルバムです!!




nausea-condemned.jpg

・NAUSEA (L.A.) - Condemned to the System LP 税込2,484円 (Deep Six)

TERRORIZERのヴォーカル Oscar Garciaが在籍したことで知られる、L.A.のグラインドコア・デス・メタル・レジェンドの、オリジナル・アルバムとしては悲運の名作1stアルバム Crime Against Humanity以来20年以上ぶりとなる新作2ndアルバムLPです。レッド・マーブル・ビニールでの入荷です。

2000年代に入ってからも地道に活動を続けてきて、Awesome Mosh Power RecordsからはUNHOLY GRAVEとのSplit 7"をリリースし、F.O.A.D.からのコンピレーション・アルバムも大反響だったので、いまだにWild RagsからのCrime Against Humanityアルバムの亡霊に憑りつかれているグラインド・ファンはいないかと思いますが(40過ぎて聴くと、Crime Against Humanityもけっこういいんですけどね・・・)、とりあえず本作も痛快にカッコいいグラインドコア・アルバムに仕上がっています。MAJESTY時代からバンドの中心だったギター&Vo.のOscar GarciaとドラムのEric Castroの両氏は不動で、2012年からもう一方のギターにIMPALED, ex.EXHUMED, ex.PHOBIA, etcのLeon del Muerte氏も参加しています。デス・メタルのダイナミズムと整合感を備えつつ、ブラスト・パートはカオティックに、尚且つクラスティーな疾走感は切れ味良くて、LAエクストリーム・メタル/ハードコア特有のサグい爆走グラインド・メタルは、今のTERRORIZERよりもTERRORIZERらしいと言ったら怒られてしまうのでしょうか?文句なしデス!!




cretin-stranger.jpg

・CRETIN - Stranger CD 税込2,160円 (Relapse)

初期EXHUMEDにも在籍したベーシストのMatt Widenerや、近年のREPULSIONにも参加してたギタリストのDan Martinezらによるグラインドコア・バンドとして、2006年に発表した1stアルバム Freakeryがその内容の良さもあって話題となったUSカリフォルニアのCRETINが2ndアルバムを発表。実はバンドは92年から活動していたそうですが、Matt氏の海兵隊任務と、Dan Martinez氏のゲーム・プログラマーとして仕事を優先して、96年2001年までは活動を停止。2000年代から本格的に活動を再開したバンドだったようです。

この作品、まずは衝撃的な事実があります。メンバーに女性が2人加わっているのですが、そのうちのオバサンの方のMarissa Martinezは、なんと性転換したギター&Vo.のDan Martinez氏本人です!!!!!ヒゲのあのメタルヘッズが、妖しくもゴツいオバサンになってしまいました・・・。しかし声質は全く変わってなく激渋です。そして彼の性転換という衝撃的事実以上に強く言いたいのが、このアルバム、最強にカッコいい!!!REPULSION直系の汚濁グラインドコアなサウンドが素晴らしかった1stよりも少しデス・メタル寄りになっていて、しかしグラインドコアのキャッチーさを失わずに、切れ味鋭く暴走しています。ドラマーのCol Jones氏は1st~3rdアルバムの絶頂期EXHUMEDでドラムを担当した人物でもありますが、新加入の女性ギタリスト Elizabeth Schallさんのギター・ソロがまた1stの頃のEXHUMEDみたいなJames Murphyスタイルのメロディック・ソロを聴かせてくれて、たまりません。これは本家EXHUMEDより、Gore Metal時のEXHUMEDに近いバンドの登場ではないでしょうか!!まったくもって素晴らしい!!

HARDA TIDER - Discography 2007-2014 CD

hardatider-discography.jpg

・HARDA TIDER - Discography 2007-2014 CD 税込1,404円 (Crew For Life)

CRUCIAL SECTIONとの日本ツアーを7月に控えているスウェディッシュ・ハードコア・パンクのディスコグラフィーCDがCrew For Lifeからリリース。


"Hardcore 2007" TAPE
"Var sak" 7" (2008年)
Split 7" w/ BALANCE (2009年)
"Catan kallar" 1st Album (2010年)
"Scandinavian Hardcore Insanity" 2nd Album (2013年)
Split LP w/ NIGHT FEVER (2014年)


SKIDKIDSのメンバーが在籍するバンドで、初期の音源はSKITKIDSにも通じるドライビンなリフと疾走感が心地よい、スウェディッシュmeetsジャパニーズ・ハードコアのようなスラッシュ・パンクですが、徐々にメタリックなギターも強調してきて、しかもそれがクロスオーバー・スラッシュと言うより、オールドスクールNYHC的な強靭なブルータル・スラッシュコアっぽくてなかなかカッコいい!!WARZONEのカバーもやってます。Critical Massシリーズcomp.に参加してたりしても全然OKな感じです。

OIDAKI - Live at Nishi-Yokohama El Puente, 2013.3.9 CDR

oidaki-live.jpg

・OIDAKI - Live at Nishi-Yokohama El Puente, 2013.3.9 CDR 税込200円

以前にもデモCDRが入荷していて、その後Zero DimensionalからFATAL DESOLATIONとのSplit CDを発表した仙台出身ドゥーム・スラッジ・メタルコア OiDAKIの、2013年横浜でのライブを収録した4曲入り20分強に及ぶCDRです。

Split w/ FATAL DESOLATIONでは伝説のジャーマン変態ジャズ・グラインド Le SCRAWLのカバーもやってたように、アヴァンギャルドなテイストもあるパワーバイオレンス・スラッジ・バンドです。この2013年ライブもスロウ一辺倒なドゥームじゃない、ハードコアな起伏もあるドゥーム・コアで、EYEHATEGOD, BUZZOV-EN, DYSTOPIAなどの海外スラッジ・メタル・コア・ファンにもぜひチェックしてもらいたいです。デモ作品にしたのも納得の、よい内容のライブCDRです。
05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR